うそ電話詐欺の被害相次ぐ

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.02.19 11:44

山口県内では、うそ電話詐欺による被害が相次いで発覚している。このうち岩国警察署によると岩国市に住む70代の女性は15日から17日までの間、息子をかたるうそ電話詐欺で現金100万円や通帳、キャッシュカードなどをだましとられた。さらに盗まれたキャッシュカードからは現金50万円が引き出されている。また山口南警察署によると山口市に住む80代の女性の家には15日、警察官をかたるうそ電話がかかり、キャッシュカード5枚をだましとられた。このキャッシュカードを使いあわせて195万8000円が引き出されている。警察では、家族を名乗り「お金を準備して欲しい」といった電話は、まず本人かどうか確認し警察に通報すること、また「キャッシュカードを交換する、暗証番号を教えて欲しい」といった電話は詐欺を疑うよう注意を呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース