【山口】年末年始を前に 下関で防犯パトロール

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.11.26 11:12

人の動きが増える年末年始を前に25日夜、下関市で防犯ボランティアと警察による合同パトロールが行われた。
パトロールしたのは、地元の防犯ボランティアと警察関係者およそ20人。防犯ボランティアは、「地域の安全は地域で守る」を合言葉に地元の有志が行っているもので、およそ300人が下関警察署に登録している。この日は、うそ電話詐欺防止を呼び掛けるチラシも配られた。警察によると県内の刑法犯の認知件数は2003年から17年連続で減少しているという。しかし、うそ電話詐欺事件についてはことし先月末までで93件起きていて、前年の倍となるおよそ2億円の被害が出ている。警察は今後も防犯ボランティアと連携し活動を行いたいと話している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース