【山口】時短要請協力金など補正予算約90億円

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.09.13 19:40

 山口県は時短要請に応じた飲食店への協力金などを盛り込んだおよそ90億円の追加の補正予算案を13日、県議会に提出した。協力金の予算案については、同日可決された。

 追加提出されたのは飲食店への時短要請の協力金63億3000万円と、飲食店以外の業種を対象にした支援金26億2000万円。このうち、協力金については13日から時短要請期間となっていることから分離採決することが決まり、総務企画委員会で可決された。時短の協力金については、すでに専決処分された額とあわせて126億6000万円が予算として使われることになる。また、飲食店以外の支援金については個人に20万円、法人に40万円を支給する予算案がこの議会で審議される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース