五月人形や鎧、兜がずらり 光ふるさと郷土館で「端午の節句」展

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.05.04 12:23

五月人形や兜など端午の節句にちなんだ展示会が光市の光ふるさと郷土館で開かれている。
展示会「端午の節句」は2008年から毎年この時期に開かれていて、ことしは歴史を感じさせる五月人形や鎧、兜などおよそ30点が展示されている。光ふるさと郷土館の原田啓志館長は「お子さん連れでお越しいただいて陣羽織を羽織って写真撮影も出来る、お楽しみいただけたら」と話している。「端午の節句」は、光ふるさと郷土館で5日まで開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース