新しいデザインの御朱印

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.01.14 11:17

山口県下関市の神社では疫病を退散させると言われる妖怪「アマビエ」を描いた御朱印が人気となっている。このほど、新しいデザインの御朱印が出来上がった。
下関市の亀山八幡宮では去年5月からフグを抱えたアマビエが描かれた御朱印を渡している。愛嬌のある姿が人気となりこれまで2万枚以上が配られた。そしてこのほど、新たなデザインが完成した。アマビエが抱えているのはことしの干支「丑」。描いたのは神職19年目の竹中信彦禰宜。新たな御朱印は今月まで亀山八幡宮で配られる予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース