【山口】プレミアム宿泊券 払い戻しへ

この記事をシェア

  • LINE
山口2021.09.14 19:30

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、山口県が発行したプレミアム付き宿泊券とフェリー券の利用が8月21日から停止されている。県は来月から段階的に払戻しを受け付けることを発表した。

 割引率50%の県のプレミアム付き宿泊券は、4月に県内でおよそ30万枚、7月に沖縄を除く中四国・九州で22万枚が販売され即日完売した。7月に発売されたプレミアム付きフェリー券は8月16日時点でおよそ2万2700枚販売されている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県は8月21日からプレミアム付き宿泊券とフェリー券の利用を停止しているが、少なくとも9月26日までの集中対策期間中は停止となり、利用再開の見通しは現時点で立っていない。4月に販売したプレミアム付き宿泊券の利用期限が10月8日までと迫っていることから、県は払戻しを受け付けることを13日に発表した。払戻しの受け付け期間は4月に販売した分が10月11日から11月30日までで、利用期限が来年1月13日までとなっている7月販売分は12月10日から受け付ける。払戻しを受けるにはホームページからダウンロードできる申請書に必要事項を記入し、購入したチケットと振込先の金融機関の通帳の写しなどを同封して書留で郵送する必要がある。詳しくは「やまぐちプレミアム券」で検索するか、事務局のフリーダイヤル0120-100-577まで問い合わせを。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース