時の記念日 ドン打ち上げ

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.06.10 19:27

 6月10日は時の記念日です。富山市の神通川河川敷では正午を告げる、恒例の「ドン」と呼ばれる花火が打ち上げられました。

 これは江戸時代から鐘や空砲、花火で毎日正午を告げる「時鐘」の伝統を富山市が引き継いだものです。第2次世界大戦がはじまった1939年には、火薬節約のため廃止されましたが、市民の懐かしむ声に応え1956年に復活しました。復活から今年で66回目の「ドン」花火です。

 そして正午ちょうど…
 「ドン」

 直径21センチ、7号の大玉が上空200メートルで、「ドン」と鳴るまでの時間を逆算し、正午7秒前に点火します。KNBの調べでは誤差はなんと0.1秒。まさに職人技です。

 有限会社マツダ 松田利彦さん
 「きょうはほんとに(正午)ぴったり。ぴったりすぎてこわいくらい」

 正午ぴったりに響き渡ったドンの音。見守った人はしばらく空を見上げていました。

 見ていた人
 「わあびっくりした」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース