新型コロナワクチン「夜間」接種始まる

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.09.12 11:41

 若い世代への新型コロナワクチン接種を加速させようと、県は11日、「夜間」の接種を始めました。

 夜間接種を始めたのは、富山市の県東部会場です。学生や働いている人でも接種しやすいよう、土曜日の午後5時から午後7時までの実施としています。

 県によりますと初日の11日はおよそ220人が1回目の接種を受け、このうち9割が30代以下だったということです。

 夜間接種を受けた人
 「次の日も休みですし、夕方に受けたら休みもしっかりとれると思うので土曜日の夕方はいいと思う」

 今月18日からは県西部会場でも夜間接種が始まり、11月末までに両会場あわせておよそ2000人に接種する予定です。

 夜間接種は12歳以上の県内に住んでいる人が対象で、市町村のコールセンターやウェブサイトから予約することができます。

 また、富山市でも新たに夜間の集団接種を今月15日から週2回、実施します。時間は午後7時から午後9時まで、接種予定人数は1600人を見込んでいます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース