部活動の外部委託に教員約9割が賛成

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.06.09 12:35

 教員の長時間労働の一因とされる部活動についてのアンケート調査で、教員のおよそ9割が休日の活動の外部委託に「賛成」と答えたことがわかりました。

 国は休日の部活動を2023年度から外部に委託する方針を示しています。

 県教職員組合が去年、県内の中学校教員に対し行ったアンケートでは、全体のおよそ9割が「賛成」「どちらかと言えば賛成」と答えました。

 また、部活動時間の短縮について尋ねたところ「勤務時間内に収めればよい」と答えた人が4割、「30分程度短縮すればよい」と答えた人が2割余りに上った一方、およそ2割が「短縮しなくてもよい」と答えました。

 組合は「教員の質の確保のために、学校の働き方改革を進めることが必要で保護者や地域の協力が不可欠」だとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース