高岡市 故人にワクチン接種券を誤送付

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.04.30 19:20

 新型コロナウイルスの高齢者接種で、高岡市は、市内の既に亡くなった人51人に誤って接種券を送っていたことを明らかにしました。

 高岡市は、今月26日から市内の65歳以上の高齢者およそ5万8000人にワクチンの接種券を送付していますが、市によりますと今月10日から22日までに市内で亡くなった51人にも、誤って送付したということです。

 高岡市は、間違った接種券が届いた場合は破棄するよう呼びかけていて、今後は、仕分け作業を送付直前まで行えるよう改善するとしています。

 高岡市は5月6日から、市のコールセンターや専用のサイトで、高齢者からのワクチン接種の予約を受け付け、5月17日から市内の医療機関85か所で接種を始める予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース