南砺市の刀利ダムで身元不明の男性遺体

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.04.05 22:02

 5日午前、南砺市の刀利ダムで身元不明の男性の遺体がみつかり、警察が身元を調べています。


 南砺警察署によりますと5日午前8時ごろ、南砺市の小矢部川上流にある刀利ダムで、水が流れ落ちる「水たたき」と呼ばれる場所に男性の遺体が浮いているのを、付近を捜索していた警察官が見つけました。刀利ダムでは4日の夜、公衆トイレの駐車場に長時間停まっている無人の車が見つかっていて、警察が辺りを捜索していました。
 見つかった男性の遺体は、年齢が中年から高齢とみられ、身長はおよそ180センチ、中肉体型で、頭は丸刈りです。服装は、横縞柄の黒のパーカーに灰色のズボン姿で、白色のスニーカーを履いていました。
 遺体に目立った外傷はなく、警察は、停まっていた車と遺体との関係を調べるとともに、司法解剖を行って身元や死因を調べることにしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース