富山市議会 ひとり親世帯給付金など可決

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.04.30 19:11

 富山市議会は30日、4月臨時会を開き、ひとり親世帯を支援する国の給付金を計上した補正予算案を原案通り可決しました。

 ひとり親世帯への特別給付金は今回が3回目で、児童一人当たり5万円が支給されます。対象となるのは2600世帯、児童数3750人の見込みで、経費の1億9100万円余りは全て国の支出です。

 今月分の児童扶養手当受給者へは、申請手続きなく、5月中旬をめどに支給される見通しです。

 また、新型コロナウイルスの影響で児童扶養手当の受給水準まで収入が減った人や、公的年金などを受給していて、手当を受けていない人も支給の対象となり、その場合は来年2月末までに申請する必要があります。

 また、市議会は30日、新たな議長を選出し、一連の政務活動費不正発覚後の2016年補欠選挙で初当選した高道秋彦市議(57)が議長に就任しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース