多人数で飲酒会食の林氷見市長謝罪

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.04.07 19:09

 氷見市の林市長は新型コロナ感染防止で市民に多くの人数での会食自粛を呼びかけている中、自らが、飲酒を伴う10人程度の会食に参加したことについて7日、謝罪しました。

 林市長
「市民の皆さんに心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした」

 氷見市の林市長は、2期目の任期がスタートした7日の記者会見の冒頭で、先月29日、多くの人数での会食に出席したことについて謝罪しました。

 会食には林市長のほか篠田副市長や市議会議員など、入れ替わりで10人程度が参加し、1時間半から2時間程度、飲酒しながら懇談したとしています。

 林市長は先月の市議会では…
「新しい生活様式の実践と感染リスクが高まる5つの場面の回避など、引き続き感染予防の対策を徹底していただきますようお願いいたします」

 新型コロナ感染防止のため市民に多人数での会食自粛などを呼びかけていました。

 林市長
「私が言うのは説得力がないかもしれないが、市民の皆さまには感染拡大防止の行動をお願いしたい」

 一方で、給与減額などの対応については他県の状況なども参照したうえで考えていないとしました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース