サッカー宝田沙織選手 代表初得点の活躍

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.06.10 19:29

 サッカー女子日本代表なでしこジャパンは10日、広島県で国際親善試合を行い、立山町出身の宝田沙織選手がスタメン出場。代表初ゴールも決め、東京オリンピック代表入りへアピールしました。

 東京オリンピックに向け、世界31位のウクライナとの国際親善試合に臨んだ11位の日本。立山町出身の宝田沙織選手がDFとして先発出場しました。

 8日の会見で、オリンピックへの思いを語っていた宝田。

 宝田沙織選手 記者会見
 「オリンピックに向けて、自分の最後のアピールの場というところはしっかり意識して、ミスを恐れずいろんなことにチャレンジしていきたい。自分が必ずオリンピックのメンバーに入って優勝するっていうのが、一番の恩返しになると思うので」

 10日の試合では、前半38分、コーナーキックからのクロスに反応した宝田。右足でダイレクトボレーを決め、ゴールネットを揺らします。これがフル代表初ゴール、東京オリンピック出場へ大きくアピールしました。

 なでしこジャパンは今月13日にはメキシコと親善試合を行い、オリンピックの代表メンバー18人は今月中旬に発表される予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース