第100回全国高校サッカー県大会 対戦は

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.09.15 19:03

 ことしで100回目を迎える全国高校サッカー選手権富山県大会の抽選会が15日、高岡市で行われ、合同チーム2チームを含む41校39チームの組み合わせが決まりました。

 まずはAブロックです。ことしの県高校総体を制し、初の選手権出場を狙う第1シードの高岡第一は、初戦で高岡向陵と富山南の勝者と対戦します。このブロックには、優勝経験がある富山商業と富山中部も入りました。

 続いてBブロックです。7年連続32回目の選手権出場を目指す富山第一。県高校総体は準々決勝で敗れ、第1シードを逃しました。初戦で片山学園と対戦します。合同チームで出場する入善・泊は氷見と対戦し、勝ったチームが去年の県大会、そしてことしの県高校総体と2大会連続でベスト4の龍谷富山と対戦します。

 Cブロックです。25年ぶり5回目の選手権出場を目指す富山工業は 魚津工業と富山西の勝者と対戦します。この他、富山北部・富山東・不二越工業など強豪校が多く入り一番の激戦ブロックとなりました。

 最後はDブロックです。このブロックにも国際大付属・桜井・滑川など実力校が多く入りました。注目は、県立高校の再編統合で来年春に閉校する水橋。選手権出場7回を誇る名門校は、今回が最後の挑戦になります。有終の美を飾ろうと7年ぶりの頂点を目指す大会の初戦は、滑川と高専本郷の勝者と対戦します。

 各会場の観客は、準々決勝までは家族や学校関係者のみで、一般の入場はできません。準決勝と決勝は、人数の上限を設けて入場が可能となります。大会は来月2日に開幕し、KNBは1回戦からインターネットでライブ配信する予定です。

 決勝戦は11月6日に高岡スポーツコアで行われ、KNBテレビで正午から実況生中継します。

 そして今回の大会はそのポスターも気になります。ことしの高校サッカー選手権地区大会のポスターです。100回大会を記念して「キャプテン翼」や「シュート」など、歴代の人気サッカー漫画7作品が集合しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース