砺波市で「焼納祭」神棚に感謝

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.01.13 18:55

 使われなくなった神棚をはらい清めて燃やす「焼納祭」が13日、砺波市で行われ、関係者が神棚への感謝を捧げました。

 砺波市の長田神具店砺波店で行われた「焼納祭」では、神職が買い替えなどに伴って店が顧客から引き取ったおよそ50体の神棚をおはらいしました。

 近年は、リフォームなどで昔ながらの大きな神棚を現在の住宅に合わせて小さくて造りの良いものへと買い替える傾向があるということです。

 参列した関係者は、柏手を打つなどして役目を終えた神棚への感謝を捧げていました。このあと、はらい清めた神棚は解体し、店の専用の焼却炉で焼いて納めるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース