東北の地震 北陸新幹線に最大68分の遅れ

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.05.01 18:14

 1日午前に発生した宮城県沖を震源とする地震の影響で、東京発の一部の北陸新幹線に最大で68分の遅れが出ました。

 1日午前10時27分ごろに、宮城県で震度5強を観測した地震の影響で、東北新幹線が午後3時30分まで、大宮駅から仙台駅の間などで運転を見合わせました。

 JR西日本によりますと、これら影響で北陸新幹線は、午前11時24分東京発のはくたか561号と午前11時48分東京発のかがやき527号の2本の出発がおよそ1時間の遅れました。

 このほか、そのあと東京を出発したはくたか563号、かがやき529号、はくたか565号にも60分から20分の遅れが出て、あわせて5本に影響が及びました。

 午後5時現在は、ダイヤ通り運行しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース