落差日本一 称名滝への遊歩道開通

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.04.28 19:35

 こちらは立山町の称名滝です。滝につながる遊歩道が今シーズンの開通を迎えました。あいにくの雨でしたが、雪解けの時期しか見られないハンノキ滝も姿を見せていました。

 28日に開通したのは、滝の手前の称名橋までです。

 「あいにくの雨となりましたが、称名滝とハンノキ滝、2本の滝が残雪に流れる今しか見られない光景が広がっています」

 落差およそ350メートルの称名滝に加えて、雪解け時期など水の量の多い時にだけ見られる落差およそ500メートルのハンノキ滝も現れています。

 訪れた人
「晴れたときには見られない名もなき滝が、いっぱい落ちているなという部分で、これもひとつラッキーかなって」

 町の観光協会によりますと去年、称名滝を訪れた人は18万人余りでした。観光協会は、団体客は減ったとしながらも、密集を避けて個人で訪れる客などに期待しています。遊歩道は、橋から先の滝見台園地までは5月中旬に開通する見込みで、11月下旬まで通ることができます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース