奥田交番襲撃事件初公判 被告は黙秘

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.01.14 12:01

 2018年に起きた富山市の奥田交番襲撃事件で、強盗殺人などの罪に問われている島津慧大被告の裁判員裁判が14日から始まりました。島津被告は罪状認否などに対して黙秘しています。

 裁判は、午前10時から始まりました。そのおよそ40分前に、強盗殺人などの罪に問われている立山町の元自衛官・島津慧大被告(24)を乗せたとみられる車が富山地裁に入りました。

 この事件は、2018年6月、島津被告が富山市の奥田交番で当時の交番所長 稲泉健一警視を刃物で刺し殺したうえ拳銃を奪い、その拳銃で、奥田小学校の正門近くにいた警備員の中村信一さんの頭を撃って殺したとして、強盗殺人などの罪に問われているものです。

 14日の初公判で島津被告は、起訴内容を認めるか問われても何も話さず、黙秘しています。弁護側は、拳銃を奪おうと決意したのは交番所長の殺害後で、強盗殺人ではなく殺人と窃盗の罪だと主張しました。

 争点は、強盗殺人罪が成立するかどうかと量刑です。検察側は、冒頭陳述で島津被告は、社会への不平不満を高める中で、拳銃をもつ制服警察官を無差別に殺す計画を実行したと指摘し、高い殺意や計画性があり生命を軽視した重大な犯罪だと述べました。

 島津被告は裁判長から名前や住所、職業を聞かれても何も話しませんでした。裁判長は、検察側と弁護側に島津被告で間違いないことを確認する異例の展開となりました。

 被害者参加制度を利用して傍聴している警備員の妻は、島津被告の横顔を見据えていました。

 島津被告の裁判は、今月29日に被告人質問が行われ、来月4日に検察側が求刑して、判決は、3月5日に言い渡される予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース