ブルーインパルス 県内初飛行へ

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.04.07 11:48

 航空自衛隊のブルーインパルスが、今月22日に開幕するとなみチューリップフェアの開会式終了後にフェア会場上空を飛行することになりました。県内では初めてです。

 ブルーインパルスとは、宮城県松島基地の第4航空団に所属する第11飛行隊のことで、青と白にカラーリングされた6機の機体が、一糸乱れぬフォーメーションやダイナミックな演技を披露します。

 去年は、新型コロナウイルスに立ち向かう医療従事者に感謝と激励を伝えました。

 この飛行が今月22日、富山県で初めて砺波市で行われることになり、砺波市の夏野市長と防衛省自衛隊富山地方協力本部の平田浩二本部長が発表しました。

 陸上自衛隊富山駐屯地の拡張工事完成も兼ねたおよそ20分の展示飛行で、天候によっては中止されるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース