富山市の空き地で火事 野焼きが原因

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.06.07 18:58

 7日昼ごろ、富山市の空き地で枯草などを焼く火事がありました。警察によりますと、近所に住む人が除草した雑草を燃やし、目を離した隙に燃え広がったということです。

 真っ赤な炎と、もくもくと黒い煙があがっています。警察や消防によりますと、7日午前11時42分ごろ富山市吉倉で「野火が燃え広がって、建物にも燃え移りそうだ」と近所に住む人から消防に通報がありました。

 火はおよそ40分後に消し止められ、空き地の枯草などを焼きましたが、建物への延焼はなく、けが人もいませんでした。

 空き地を管理している男性が除草した草を焼いていて、目を離した隙に燃え広がったということです。7日は県内全域に乾燥注意報が出されていました。

 県環境政策課は「枯れ草などごみを屋外で燃やす『野焼き』は法律で禁止されている。火災につながる恐れもあるため、ごみの収集場所へ出してほしい」と呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース