プレミアム宿泊券 認証施設で17日開始

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.09.14 18:26

 富山県独自の警戒レベルのステージ3への引き上げに伴い、先月16日から利用自粛が求められていたプレミアム宿泊券について、県は今月17日から「感染防止対策を徹底した県独自の認証施設」での利用を可能にするとしました。

 これは14日に開かれた県議会9月定例会一般質問で自民党議員会の山崎宗良議員の質問に対し新田知事が答えたものです。

 新田知事
 「この度、とやま安心の宿認証施設に限って、今月17日からプレミアム宿泊券の利用自粛要請を解除することとし、必要な手続きを進めることにしたいと考えます」

 「とやま安心の宿認証施設」は、県が支援・協力し県ホテル・旅館生活衛生業組合が、感染防止対策を徹底した宿泊施設を認証するもので13日まで156施設が認証されています。

 県は独自の警戒レベルがステージ2になった後に、プレミアム宿泊券の利用を含めた県民向け観光キャンペーンについて、再開する方針を示していましたが、宿泊事業者の現状や認証施設については感染対策が徹底されていることなどの要因をふまえ、今月17日から認証施設でプレミアム宿泊券を利用できるようになります。

 県内では、まん延防止等重点措置が解除されたことに伴い、感染防止対策の認証を受けた飲食店については、通常営業か時短営業かを選択できるようにしていて、宿泊施設についても感染対策を徹底している施設に配慮を示したことになります。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース