コロナ禍に負けるな 子どもたち新学年開始

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.04.06 18:58

 サクラの花とともに子どもたちは新学年がスタートです。南砺市を除く県内14市町村の小中学校と義務教育学校で6日、1学期の始業式が行われました。

 このうち高岡市の五位小学校では、2年生から6年生までの児童173人が体育館に集まり、互いの距離をあけるなど新型コロナウイルス対策をとったうえで始業式に臨みました。去年の春は新型コロナの感染拡大で県内では始業式の日に休校となった学校もありましたが、ことしは対策を取りながら、1学期がスタートです。

 式では、秋野信義校長が「コロナに負けず、みんなが健康に過ごせるようお互いに頑張りましょう」と呼びかけました。

 6年生の児童
「去年の春はみんなになかなか会えなくて少し不安だったけど、ことしはみんなに会えてよかった。楽しく小学校生活を終われるような1年にしたい」

 式のあと教室に入った児童たちは担任の先生から真新しい教科書を受け取り、新学年への期待に胸を弾ませていました。7日は南砺市の小中学校で始業式が行われます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース