県が有識者と懇談 富山アラート出さず

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.04.06 19:20

 新型コロナウイルスの感染者が県内でも増加傾向にあることから、県は6日、感染拡大警報の「富山アラート」を出すかどうか有識者と検討しました。その結果、感染経路を把握しているケースが多いことや、医療ひっ迫の心配がないとして富山アラートは見送りました。

 県は6日、最近のコロナ感染状況を踏まえ、今後の対応などについて県医師会長など有識者から意見を聞く懇談会を開き、県独自の感染拡大警報の「富山アラート」を出すかどうか検討しました。

 富山アラートは、県が外出自粛や営業時間短縮を呼びかける3段階の基準のうち、最も低い現在のステージ1から夜間の外出や、接待を伴う飲食店の利用自粛を求めるステージ2に引き上げる前の段階で、感染拡大防止を促すために出します。

 5日現在、富山アラートを出す4つの基準のうち新規陽性者数が直近1週間の平均で4.4人、感染経路不明者の数が1.2人と2つで上回り、どう判断するかがポイントでした。検討したうえで、新田知事は富山アラートは現時点では出さないと説明しました。

 新田知事
「今回、増えてはいるものの、特定の仲間うちの交流とか食事の場で広がりが起きてしまったということなので、いわゆる市中感染で不特定に広がっているわけではないという現状がある。そして、比較的若い20代、30代の方が今回多いので、重症化はほとんどなく、医療の逼迫の心配はないと判断しております」

 一方、変異株の広がりについて県医師会の馬瀬大助会長は。

 馬瀬大助会長
「今のところ変異株もイギリス型の方が中心で、南アなどの型ではほとんどないんですね。一応、静観していいだろうと。ワクチン接種が始まりますから、これが予定通りの数が入ってくれば、ワクチンが効くだろうと言われていますので、ある程度、イギリス株に関しては対応できるだろうと期待しております」

 このように述べて、ワクチンが予定通り入ることへの期待を示しました。

 こうした中、氷見市の林市長が先月29日、飲酒を伴う10人程度の会食に参加していたことがわかりました。

 林市長は先月、市民に5人以上の飲食などの回避を呼びかけていて取材に対し「軽率だった」と述べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース