富山県民の約49%がワクチン2回接種完了

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.09.10 18:55

 県は10日の県議会で、県民のほぼ半数が2回目の新型コロナワクチン接種を終えたことを明らかにしました。ことし11月までに、希望者全員の接種を終える方針です。

 これは10日の県議会代表質問で、自民党議員会の山本徹議員の質問に、新田知事が答えたものです。

 それによりますと、県民のおよそ49パーセントが8日までに2回目の接種を終えたということです。1回目の接種を終えている人はおよそ60パーセントです。

 接種希望者全員への接種を11月末には完了させるため、新田知事は、県内2か所の特設接種会場の設置期間延長や夜間接種で接種を加速させるとしました。

 また県は、飲食店への時短要請を今月30日まで延長するため、協力店舗への協力金として32億6500万円の補正予算を追加提案し、自民党議員会と自民党新令和会、2つの会派による代表質問終了後に可決しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース