富山2区 自民党上田県議擁立へ

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.06.10 19:32

 自民党の衆院選富山2区の公認候補をめぐる選考委員会への申請の受け付けが10日締め切られ、提出は、先月、立候補を表明した
上田英俊県議1人だけでした。これで上田県議が富山2区に擁立されることが確実となりました。

 魚津市の自民党2区支部で、引退を表明した宮腰光寛衆議院議員の後継となる、公認候補の擁立に向けて行われていた選考委員会への申請の受け付けは、10日午後5時に締め切られました。

 申請があったのは先月28日に立候補を表明し、その後自民党の入善町支部が提出した上田英俊県議だけで、これで上田県議が富山2区に擁立されることが確実となりました。

 自民党の2区支部は12日選考委員会を開いて、上田県議について「次の選考段階に入る」としています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース