県内新たに4人感染 重症者最多10人に

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.06.07 19:04

 県内の新型コロナウイルスの感染者は7日、新たに4人確認されました。これで5日連続で10人未満となっています。一方で重症者は6日から2人増えて10人で、初めて2桁となり、過去最多となっています。

 7日新たに感染がわかったのは、いずれも富山市の10代から50代の男女4人で10代の男性1人が中等症、残る3人は軽症です。このうち3人は感染経路がわかっていません。

 一方で、県内の重症者は6日から2人増えて、過去最多の10人となりました。

 県が新型コロナの警戒レベルとしているステージを判断する指標は、重症病床の稼働率を除き最も重大なステージ3相当の状態が続いています。さらに重症病床の稼働率も重症者の増加に伴い、6日時点で1週間連続で20%を超えました。基準は「30%未満」ですから、さらに増加すればステージ3相当となる可能性も出てきます。

 県内の感染者は累計で1926人、入院中は106人、入院調整中または自宅療養中の人があわせて14人となっています。

 そして県は県内のワクチン接種状況を発表しました。65歳以上の高齢者は対象となるおよそ33万5000人のうち、1回目を終えたのは7万2000人あまりで先週の発表から3万人あまり増えました。率にして、21・5%です。2回目を打ち終えたのは3200人あまりで1%足らずです。

 一方、医療従事者は、県が対象としていたおよそ3万9000人を上回る人が1回目の接種を終えています。県は「希望者は概ね全員1回目の接種を終えた」としていて8割以上の人が2回目の接種も済ませています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース