24日かけ山間部で積雪か 暴風にも要警戒

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.11.23 19:01

 県内は冬型の気圧配置の影響で寒気が流れ込み、日中の気温は12月上旬並みとなり、高岡市内ではあられが降りました。この後、23日夜から24日にかけて、さらに強い寒気が流れ込む見込みで、標高の高い山間部では雪が降り、積もる所があるでしょう。また、県東部北の海上では、西の暴風に警戒してください。

 午後2時前、高岡市上北島で撮影した映像です。

 降っていた雨にあられが混じり、ほんの数秒間、続くといった状態を繰り返していました。

 初雪の定義は、「雪またはみぞれ」のため、あられでは初雪となりませんが、富山の初雪の平年日は12月3日で、雪の訪れも近いことを感じます。

 日中の最高気温は、高岡市伏木で10.6度、富山市で10.2度と12月上旬並みで、この秋一番の寒さとなりました。

 こちらは、富山駅に近い牛島公園です。茶色いじゅうたんのように落ち葉が広がっていました。

 寒気の影響で、各地とも午後から気温が下がり、この後23日夜から24日にかけて、上空およそ5500メートルにマイナス24度以下のさらに強い寒気が流れ込む見込みです。

 標高の高い山間部では、雪が降り、積もる所がある見込みです。交通障害に注意してください。

 また、県東部北の海上では、24日夕方にかけて最大風速20メートルの西の暴風が予想されるので、警戒してください。

 本格的な雪のシーズンを前に冬用タイヤの無料交換です。

 富山市野々上の富山自動車整備専門学校では開校以来、毎年この時期に、地域住民のタイヤを無料で交換しています。

 作業にあたるのは1年生38人で、空気圧の調整を含め事前に申し込みのあった車60台のタイヤを入れ替えました。

 タイヤ交換に来た住民
 「22日は小雪でしたっけ?(交換時期は)この頃が一番いいのでは」

 生徒たちは車をジャッキで持ち上げたあと、工具を使って夏タイヤのナットを取り外し、別の班が空気圧を調整した冬用タイヤを手際よく付け替えていました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース