「企業版ふるさと納税」導入へ 高岡市

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.11.25 18:55

 財政再建中の高岡市は、市政課題の解決に、市が計画しているプロジェクトを示して全国の企業からの寄付を募ります。

 角田市長は25日、記者会見で地方創生の取り組みを加速させるため、新たに「プロジェクト型企業版ふるさと納税」のメニューを立ち上げたと説明しました。

 寄付を募るのは高岡スポーツコアの芝生広場の改修や、夜間照明設置などの「リフレッシュプロジェクト」と、開園から四半世紀が過ぎた高岡おとぎの森公園の「魅力向上プロジェクト」です。

 角田高岡市長
 「まずはこれらのことに関して関心を持っていただきながら、共にどのような解決策があるのかを考えていきたいなというふうにも思っております」

 寄付は企業を対象に10万円から受け付け、法人関係税の税額控除があります。これまで通り、第2期高岡市総合戦略に基づき、企業版ふるさと納税として受け付けるものもあります。

 また角田市長は通常のふるさと納税について、今年度の寄付額が過去最高の5億円に達する見通しを示しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース