奥田交番襲撃事件 控訴審初公判日程決まる

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.11.19 19:06

 3年前の奥田交番襲撃事件の裁判について、控訴審の日程が19日決まりました。初公判は、来年1月11日に開かれます。

 2018年6月に富山市の奥田交番を襲撃し、交番所長を殺害して拳銃を奪い、近くの奥田小学校前で警備員の中村信一さんを射殺したとして、立山町の元自衛官、島津慧大被告(25)に対し、富山地裁はことし3月、弁護側が主張した無期懲役の判決を言い渡しました。

 この判決を不服として検察と島津被告の双方が控訴していました。

 名古屋高等裁判所金沢支部によりますと、控訴審の初公判は来年1月11日の午後2時から、2回目の期日は来年3月24日の午後2時から開かれる予定です。

 関係者によりますと、審理が長引かなければこの日に判決が言い渡される見込みです。

 遺族の中村信一さんの妻は取材に対し、「待つだけの1年、長かった。1審で何も話さなかった島津被告本人が事件について語ることを望んでいる」とコメントしました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース