犯罪被害者週間 街頭で支援と理解呼びかけ

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.11.25 11:54

 25日から全国一斉の犯罪被害者週間が始まり、富山市では支援や理解を呼びかける街頭キャンペーンが行われました。

 電鉄富山駅では、警察や県の職員など13人が支援制度や相談窓口を案内するチラシを配りました。

 犯罪被害者週間は、犯罪被害にあった人や家族が置かれている状況や支援の重要性について、理解を深めてもらおうと、毎年この時期に啓発活動が行われています。

 県警察本部 警察相談課 新村健二次席
「(誰でも)不幸にして犯罪の被害に巻き込まれることがあるかもしれません。各種相談窓口がございますので、ご相談いただければと思っています。」

 来月1日までの期間中、県内では講演会などが行われる予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース