富山県で22人感染 富山市でクラスター

この記事をシェア

  • LINE
富山2021.09.15 19:04

 新型コロナウイルスの感染状況です。15日、県内では新たに22人の感染が確認されました。また富山市は、市内の介護老人福祉施設で職員1人、入所者10人に感染が確認され、感染者集団=クラスターが発生したとしました。

 新たに感染が分かったのは、富山市・射水市・砺波市に住む20代から90歳以上までの男女22人で、中等症は3人、残る19人は軽症です。またきのう新たに2人が死亡しました。

 富山市は市内の介護老人福祉施設で、11人の感染が確認されたとして、市内36例目・県内56例目のクラスター=感染者集団が発生したとしました。

 うち10人は入所者で90歳以上が5人、80代が3人、70代が1人、60代が1人です。このうち2人の感染が12日に分かり、同じフロアの33人を検査したところ、新たな感染者が分かりました。

 はじめの2人の感染経路は分かっていません。

 11人のうち職員を含む8人は、2回目のワクチン接種後2週間以上経過していることから、いわゆる「ブレイクスルー感染」とみられます。

 富山市保健所は、介護度が高いなどの理由でマスクを付けられない人が多いことから、感染が広がったとみています。

 この施設は今後、別のフロアの職員や入所者50人以上を検査する予定です。

 県内の感染者は累計で4712人となり、入院中は98人と3桁を切りました。重症者は5人、自宅療養または入院調整中の人は77人です。死者は2人増えて累計で48人となりました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース