球磨川整備計画 専門家「流水型ダムが一番効率的」【熊本】

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.10.14 12:18

熊本豪雨で氾濫した球磨川流域の河川整備計画の策定に向けて、国や専門家による現地視察が行われた。
専門家からは「流水型ダムが一番効率的」という意見が出た。

■球磨川水系学識者懇談会 小松利光九州大学名誉教授
「やっぱりダムしか有効な手だてはないだろう」

13日、従来の川辺川ダム建設予定地などを10人の専門家が視察した。
九州大学の小松名誉教授は「環境と治水が両立するような流水型ダムが必要」と述べた上で、「地質や地形がダムの構造に適している」として、建設場所は「当初の予定地が適切」との見解を示した。
国は今後、ダムや遊水地などを盛り込んだ河川整備計画の策定に取り組む。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース