荒尾市教委いじめ防止対策審が初会合

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.02.23 11:54

荒尾市の中学校の女子生徒がいじめが原因で自殺を図り、その後、転校を余儀なくされた問題で、荒尾市教育委員会は22日、初めてのいじめ防止対策審議会を開いた。

この問題は、去年、荒尾市の中学校に入学した女子生徒が、複数の生徒からいじめを受けたというものだ。

生徒の母親は複数回、学校に相談していたが、この女子生徒は不登校になり、2回、自殺しようとしたうえに、転校を余儀なくされた。

荒尾市教育委員会は、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」と認定し、22日に初めてのいじめ防止対策審議会を開いた。

審議会は弁護士や医師など5人で、構成されていて、熊本大学教育学部の八ツ塚一郎教授が会長に選ばれた。

次の審議会は来月上旬に開かれる予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース