半導体工場建設で萩生田経産相が熊本を視察

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.11.24 11:55

半導体世界大手で台湾のTSMCが熊本に工場を新設することを受け萩生田経済産業大臣が24日、熊本入りした。

24日朝県庁を訪れた萩生田大臣は蒲島知事らと工場建設に関して意見交換した。

■萩生田光一経済産業相
「先端半導体工場は単に工場を建設するだけでは動かない。必要な人材の確保や地場産業との連携などについてもしっかりと進めていくことが必要だと思っています」

また蒲島知事は、「九州シリコンアイランドを復活させるような大きなインパクトの企業誘致にしていきたい」と国と連携して工場建設を進めることを確認したと述べた。

萩生田大臣はその後、菊陽町にあるTSMCとソニーグループの工場の建設予定地を視察した。工場建設の設備投資には約8000億円かかる見込みでTSMCCは2024年末までに生産開始を目指すとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース