八代市の商店街ひな人形展示 豪雨被災者も提供

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.02.21 18:06

八代市の商店街で「城下町やつしろのお雛祭り」が開かれている。八代市本町アーケードなどの雛飾りの展示場には、商店街のおかみさんが作ったユーモラスな表情の創作ひな人形や市内の家庭から提供された様々な大きさの雛飾りが並べられ、買い物客の目を楽しませている。また、広場には去年の7月豪雨で被害が大きかった坂本町に思いを寄せてもらおうと被災した住民から寄せられた雛飾りも展示されている。このイベントは来月7日まで開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース