阿蘇中岳が噴火 火口見学は中止【熊本】

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.10.14 12:14

福岡管区気象台は、14日午前4時43分に阿蘇中岳が噴火したと発表した。火口見学も中止になっている。

■京都大火山研究センター 大倉敬宏教授
「噴石の一部が柵に当たって、柵が壊れた。小規模な噴火があった模様」

気象台によると、阿蘇中岳で噴火が発生し、大きな噴石が弾道を描いて火口縁付近に飛散する様子が確認されたという。
噴火の発生は去年6月15日以来。

火口周辺では立ち入り規制が始まり、火口見学も中止になっている。

■福島からの観光客
「一生に一度くらいしか来られないところなので残念」

気象台は火口周辺からおおむね1キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけている。
中岳は火山活動が活発になったとして、13日に噴火警戒レベルが2に引き上げられた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース