人馬疾走 梅林天満宮で2年ぶり流鏑馬奉納【熊本】

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.11.26 11:48

玉名市の梅林天満宮で2年ぶりに流鏑馬が奉納された。

矢を放つ様子疾走する馬から放たれる矢。
梅林天満宮の流鏑馬は380年以上の伝統があり県の重要無形民俗文化財にも指定されている。
11月の秋季大祭に合わせて行われているが、去年は新型コロナの影響で中止となり今年2年ぶりの開催となった。

約400メートルの馬場を駆け抜けながら騎手が的を射抜くと、訪れた人たちから歓声が上がった。
流鏑馬の的や矢は縁起物とされているため持ち帰る人の姿も見られた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース