【熊本】時短継続も…酒提供に期待の声

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.06.11 12:26

6月13日に解除される「まん延防止等重点措置」。熊本市のみ「時短継続」となるが酒の提供ができることについて飲食店から期待の声が聞かれた。

政府は熊本への「まん延防止」適用を6月13日で解除することを正式に決定した。一方で県は熊本市の病床がひっ迫しているとして6月末まで熊本市で酒を提供する店に限定して時短要請を継続するとした。営業時間は午後9時までだが酒の提供は可能になる。

タビビトノバル・馬場健輔オーナー
「モラルを持って美味しいものを楽しみたいというお客さまもたくさんいらっしゃうし、そういう意味でお酒の提供が可能になるのはとても嬉しい」

熊本市を除く県全域の時短要請は6月13日で終了する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース