「益城町の誇りに」こだわりぬいた復興ラーメン【熊本】

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.10.13 22:04

【中継】熊本地震の前震から5年半。地震で被災した益城町の製麺所が今年ラーメン店をオープンさせた。1杯のラーメンに込めた思いとは。

■益城町「富喜製麺研究所」

今年7月にオープン。行列ができる人気店。

富喜製麺所はラーメン、うどん、そばなど様々な麺を製造していたが熊本地震で工場は1か月間停止に。それでも被災者や全国から訪れたボランティアのためにと益城町のテクノ仮設団地で約1年間、ラーメンの提供を続けた。まさに仮設団地の「憩いの場」となっていた。

■こだわりぬいた1杯

メニューは「つけそば」「中華そば」の2種類

店長の村上誠一郎さんは「益城町を元気にするラーメン店にしたい」と笑顔で話した。

・木曜定休
・営業時間 午前11時半~午後2時30ラストオーダー

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース