「一生に一度なのに…」阿蘇中岳噴火で火口見学中止【熊本】

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.10.14 22:49

福岡管区気象台は14日、阿蘇中岳が噴火したと発表した。
火口見学も中止になっている。

京都大火山研究センター・大倉敬宏教授
「噴石の一部が1、2か所だけれど柵に当たって柵が壊れて小規模な噴火があった模様」

気象台によると14日午前4時43分に噴火が発生し大きな噴石が弾道を描いて火口縁付近に飛散する様子が確認されたという。

噴火の発生は去年6月15日以来。

京都大学の調査で噴石によって火口付近の柵が壊れるなどの被害が出ていることが明らかになった。また高森町などで降灰も確認されたという。

火口周辺では立ち入り規制が始まり火口見学も中止になっている。

福島からの観光客
「残念。一生に一度くらいしか来れないところなので」

お土産店
「ちょうどお客さんが増えてきていいなと思っていた時期なので早く解除になってほしい」

気象台は火口周辺からおおむね1キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース