14日までで時短要請終了「経済の回復を」【熊本県】

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.10.13 12:23

熊本県の蒲島知事は、13日の会見で新型コロナウイルスの感染状況が改善されていることを受け、熊本市の飲食店に対する時短要請などの対策を予定通り14日までで終了すると発表した。

■蒲島郁夫知事
「今後は感染の拡大を防ぎつつ、県民の生活や地域経済の回復に取り組んでいきたいと考えている」

蒲島知事は14日までで時短要請などの対策を終了することと合わせて、事前に予約を受け付けていた「くまもと再発見の旅」についても15日から再開させるとした。

また国に「GoToイート」の食事券販売の再開を要請し、調整が整い次第、販売を開始する方針だ。

蒲島知事は、第5波収束の要因について学校などでの感染対策が早かったことやワクチン接種が進んでいることをあげたうえで、引き続き基本的な感染対策の徹底を呼びかけた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース