八代市の女性殺害 自殺した容疑者は71歳の男

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.02.20 17:39

今月12日、八代市で女性が殺害された事件で、犯行後に自殺した容疑者が近くに住む71歳の男であることがわかった。

この事件は、今月12日の朝、八代市宮地町で平田久美子さん(41)が包丁で刺されて殺害されたもの。

事件の2日後に1キロほど離れた山中で、被害者の知人の男が首を吊って死亡しているのが見つかり、近くで被害者の血が付いた包丁が見つかった。

警察は、この男が被害者を殺害後に自殺を図ったと見ているが、その後の関係者への取材で男が近くに住む奈須幸則容疑者(71)であることがわかった。

奈須容疑者は、被害者が住むアパートを訪ねたことがあったという。

また事件当日は、朝7時すぎに家を出たとみられている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース