緊急事態宣言の解除で緩む?飲酒運転取り締まり

この記事をシェア

  • LINE
熊本2021.02.20 11:48

熊本県独自の緊急事態宣言が解除されて初めての週末、県警は飲酒運転の取り締まりを強化している。

熊本南署・村上寿一交通一課長
「今まで我慢していたのが一気に爆発して、飲酒運転も増加するのではないかと危惧している」

去年、県内では飲酒運転による人身事故と検挙件数が3割前後減少した。

しかし去年12月は飲酒運転の検挙件数が前年より増加し、県独自の緊急事態宣言が出された先月も前年より増加した。

県警では、18日に緊急事態宣言が解除されたことから、さらなる増加を警戒している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース