九州のニュース

地域をつなぐ手作り弁当

あさぎり町でひとり暮らしの高齢者の見守りもかねて弁当を届ける活動をしている人たちがいる。新型コロナウイルスの影響で休止していたが27日から配達を再開した。

ロールキャベツにエビチリなどが入った彩り豊かな弁当。
あさぎり町石坂地区の住民ボランティアが作った弁当でなんと200円。

石坂地区では孤立しやすい一人暮らしの高齢者などに今年4月から週に1回弁当を届けていたが新型コロナウイルスの影響で活動を休止していた。

住民主体で取り組むこのサービスは地区の6分の1にあたる15世帯が利用していて今後も毎週水曜日に行われる。

熊本2020.05.27 20:04

おうちで“北海道気分”

鶴屋で人気の「夏の北海道展」。今年は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、おうちで“北海道気分”を味わえる新たな企画が始まった。

鶴屋百貨店で毎年5月末から6月にかけて行われている「夏の北海道展」。毎年、売り上げは3億円以上と大人気のイベント。
今年は中止になったが新しい取り組みが始まった。

永島由菜アナウンサー
「毎年6月ごろに開催される夏の北海道展。今年は人気商品をネットや電話でお取り寄せすることができる」

その名も「おうちで北海道」。
毎年、行列ができるお菓子や今回特別に作られたお得な海産物のセットなど約60商品をお取り寄せできる。

鶴屋百貨店食料品部・守部賢正グループ長
「お客さんからの問い合わせが一番多い催事でしたので少しでも熊本の方に北海道のものをご案内できれば」

鶴屋の「おうちで北海道」のインターネットでの注文は6月21日まで受け付けている。

熊本2020.05.27 20:02

JR豊肥線 8月8日全線開通

熊本地震で被害を受け一部区間で不通となっているJR豊肥線。今年8月8日の全線での運転再開が決まり地元からは期待の声があがった。

再開するのは今も不通となっている大津町の肥後大津駅から阿蘇市にある阿蘇駅までの約27キロの区間。

4年前の熊本地震で大規模な土砂崩れが発生し線路が寸断されるなど大きな被害を受けた豊肥線。再開すれば熊本地震以降初めて、全線開通することになる。

JR九州・青柳俊彦社長
「新型コロナからの復興を後押しできるような思いで運転再開向けて頑張っていきたい」

阿蘇市・佐藤義興市長
「いろんな産業と生活においても通勤通学でもなくてはならない大切な交通網のひとつ。開通をいつと言っていただいたのはありがたいしうれしく思っている」

道の駅阿蘇・山本章夫理事長
「阿蘇市の観光が大きな一歩を踏み出せると後押しになってくれると確信を持っている。非常に喜んでいる」

豊肥線の全線開通は熊本地震や新型コロナからの復興に大きな弾みとなりそうだ。

熊本2020.05.27 19:51

県高校総体の代替案「練習試合形式」で

 新型コロナウイルスの影響で中止が決まった県高校総体を巡り、新たな動きだ。県の高校体育連盟は、代わりとなる大会の開催は難しいとした上で、練習試合の形式で区切りの場を設けるよう具体的な方針を発表した。
 県の高校体育連盟は、中止となった県高校総体の代わりとなる試合について具体的な方針を発表した。それによると、大会形式での開催は難しいとした上で「かごしまメモリアルマッチ2020」と題し、速やかに練習試合形式で実施することとした。
 学校の部活動単独で行う発表会やチーム内の紅白試合、複数校で行う練習試合が対象で、ケガや熱中症の予防のため、十分な練習が行えた場合に実施することができる。具体的には、休みの日に1日から2日間の日程で行うこと、複数校で行う場合は、宿泊を伴わない近くの学校の部活動同士で行うこととしている。
 合わせて新型コロナウイルス感染を防ぐ対策をとるよう求めている。これに合わせ、県の高体連は今回、試合会場の使用料などについて、1部活動あたり1万円の補助金を出すという。具体的な試合の実施については各部活動の顧問に委ねられており、いつ開催するかは、学校単独の場合は27日以降、複数校での実施については来月13日以降に開催するよう求めた。 
 県高体連の山元晃一理事長は「県大会の規模で1位を決める大会ができないのは非常に残念。そういう状況で、出来る方法を模索した結果。区切りをつける競技や演技ができれば」と話した。
 鹿屋工業高校ボクシング部の荒竹一真選手は「インターハイが最後だった3年生は試合がなくて悔しいと思うので、そういう人達のためにはあった方がいい」と話す一方、鹿児島情報高校柔道部の田中航太選手は「大会はあってほしかった。最後にみんなで優勝旗持ったり、円陣を組んだりしたかった」と複雑な心境を吐露した。
 同じく中止が決まった夏の甲子園の代替案に関して、県の高野連は来月初旬に協議するとしている。

鹿児島2020.05.27 19:33

コロナ便乗の不審な電話・メールに注意

 新型コロナウイルスに関係する不審な電話やメールの相談が、県の消費生活センターに多く寄せられている。県の担当者は、こうした事案が今後も増える可能性があると注意を呼び掛けている。
 県消費生活センターによると、新型コロナウイルスに関する相談が今年2月から今月21日までで184件寄せられていて、中でも一番多いのは詐欺や悪質商法が疑われる相談だという。その数54件に上る。なかにはマスクに関する相談もあった。
 他には「給付金の代行業者を名乗る案内のメールが届いた」と、一律10万円の「特別定額給付金」を狙ったものもあったという。スマートフォンにいきなりメールが届くケースも報告されていて、若者から高齢者まで幅広い年代から相談が来ているという。
 県消費者行政推進室の橘木真由美室長は「悪質商法や詐欺は今後も増えてくるのではないかと考えている。行政機関から特別定額給付金に関して電話やメールで個人情報を直接聞くことはないので気を付けていただきたい」と話した。
 県は、不審なメールや電話があった場合は全国共通の消費者ホットライン「188(いやや)」に電話するよう呼びかけている。

鹿児島2020.05.27 19:27

京アニ放火殺人 容疑者逮捕で遺族は…

 京都アニメーションで、去年7月に起きた放火殺人事件で、警察は27日、青葉真司容疑者(42)を逮捕した。犠牲となった県内出身の女性の遺族は「事件は終わっていない」とコメントを出した。
 逮捕された青葉真司容疑者(42)は、去年7月に京都市の京都アニメーションにガソリンをまいて火をつけ、36人を殺害したなどの疑いが持たれている。青葉容疑者は全身に重いやけどを負い入院していたが、警察は勾留に耐えられるまでに回復したと判断し事件から10カ月が経過した27日に逮捕に踏み切った。
 この事件では、県内出身の大當乃里衣さん(当時26)も犠牲となった。逮捕を受け大當さんの両親は「家族にとっては事件は終わっていない。まだ、話せることはない。そっとしておいてほしいだ」とコメントを出した。
 事件の詳しい動機はまだわかっておらず、これから本格的な取り調べが行われることになる。

鹿児島2020.05.27 19:26

日田彦山線の復旧 東峰村長がBRT容認 JR社長も「一歩前進」

九州北部豪雨で被災したJR日田彦山線の復旧をめぐり、福岡県東峰村の渋谷村長はバスが専用道を走るBRTで復旧するとした福岡県の案を容認しました。東峰村の渋谷村長と添田町の寺西町長は27日福岡県議会を訪れ、県が提示したBRT案を受け入れたことを報告し、地域振興策などの要望書を手渡しました。東峰村は鉄道での復旧を求めていましたが、渋谷村長は26日夜の報告会で「鉄道の要求は現実的に不可能」と住民に説明しました。東峰村渋谷村長会見「東峰村だけが鉄道での復旧を要求し続けても、現実的に鉄道での復旧は不可能と判断し、私は断腸の思いで小川知事の提案を受け入れる苦渋の決断をしました。」村が容認した小川知事の提案は村内のほぼすべての区間がバス専用道となる復旧案です。これに対しJR九州の案はバス専用道を添田町の彦山駅から東峰村の筑前岩屋駅までの区間としています。沿線のすべての自治体でBRTでの復旧が受け入れられたことについて、27日JR九州の青柳社長は一歩前進と語りました。JR九州青柳社長会見「鉄道以外の方向でも復旧をしようという話になったことは一歩前進だと。」今後福岡県はJR九州側にバス専用道の延伸案への理解を求めるとともに、東峰村と添田町の地域振興にあてる基金10億円の補正予算案を6月の定例議会に提出する方針です。

福岡2020.05.27 19:24

福岡県小竹町男性職員 飲酒運転で停職4か月の処分

福岡県小竹町の男性職員が飲酒運転をしたとして停職4か月の処分を受けました。停職4か月の処分を受けたのは小竹町の管財課に勤務する40代の課長補佐です。この課長補佐は今月23日の夕方自宅で缶チューハイ2本を飲んで車を運転し、買い物から帰宅していたところ、パトロール中の警察官に停車を求められ飲酒運転が発覚しました。呼気からは基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたということです。小竹町は「全国的にも飲酒運転を撲滅しようとしている中で2度と起きてはいけない。外部を招いての研修などを充実させ、再発防止に努める」としています。

福岡2020.05.27 19:23

世界初!男性の不妊原因を解明

今年2月、不妊原因の仕組みを解明した熊本大学が、今度は男性の不妊原因の解明につながる画期的な研究成果を発表した。

熊本大学発生医学研究所・石黒啓一郎准教授
「精子の形成に必要な減数分裂組み換えにかかわる新規の遺伝子を発見した。不妊症の原因の解明にさらに貢献することが期待される」

ヒトの生殖に必要な卵子や精子は細胞分裂が「減数分裂」という特殊な分裂に切り替わることで作り出される。
石黒准教授のグループは今年2月この仕組みの解明に成功し分裂のきっかけを作る遺伝子「マイオーシン」を世界で初めて見つけた。

今回はマイオーシンが活性化させる400程の遺伝子の中から正体不明だった遺伝子「C19ORF57」を見つけ、この遺伝子が乳がんの抑制遺伝子「BRCA2」と結合することで精子の形成に重要な役割を果たしていることが分かった。

これは精子の形成ができなくなる「無精子症」の解明につながるとグループでは期待を寄せている。

石黒啓一郎准教授
「着実に研究していってそれぞれの遺伝子の機能を解明することによって将来的には不妊の病態解明を総合的につながっていくのではないかと考えている」

実際の治療に結びつくには10年以上の研究が必要だということだが今回の成果もスウェーデンと共に世界初の発見となった。

熊本2020.05.27 19:23

窃盗容疑で逮捕の伊万里市の小学校教頭を懲戒免職

佐賀県教育委員会は窃盗容疑で逮捕されていた伊万里市の小学校の教頭を、27日付けで懲戒免職にしました。懲戒免職の処分を受けたのは伊万里市立黒川小学校の池田竜一教頭(56)です。池田教頭は今月13日長崎県のゴルフ場の売店でシャツを万引きした疑いで現行犯逮捕されていました。佐賀県教委は池田教頭がことし3月にも同じ店でシャツを盗んでいたことを確認しています。池田教頭は県に対し「子どもたちや保護者の方々、県民すべての皆様の教育への信用を裏切り申し訳なく思っています」と話しているということです。佐賀県の落合教育長は「服務規律の徹底に全力を挙げて取り組む」としています。

佐賀2020.05.27 19:23

熊本城“特別通路”来月から公開

熊本市は延期していた熊本城特別公開第2弾を来月から始めることを明らかにした。

熊本市の大西市長は25日までの2週間に新たな感染者が出ていないことなどからレベル2の「警戒」からレベル1の「注意」に引き下げると発表した。

その上で延期が続いている熊本城特別公開については1時間ごとに200人を目安に当日整理券を配布するなど人数を制限し6月1日から始めることを明らかにした。

大西一史市長
「特別公開の扉が開かれることは前向きにみなさんが希望をもって、これからの生活を進めてもらう大きなきっかけになる」

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大西市長は6月18日までは県内に住む人を対象に公開したいとして「県外からの来城を遠慮してもらいたい」と述べた。

熊本市動植物園は6月1日から観覧エリアを拡大するとともに、これまでのツアー方式から自由観覧に変更する。
開園時間は午前9時から午後5時までに戻るが屋内施設の閉鎖や遊戯施設の運休は続けるほか、当面の間、最大1500人の入園制限を設ける方針。

熊本2020.05.27 18:53

外出自粛中…消防士が飲酒後、器物損壊

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が出され外出自粛が呼びかけられていた中問題を起こしていた。5月6日長崎市の男性消防士が飲食店で酒を飲んだ後事業所のガラスを割ったとして懲戒処分を受けた。

減給10分の1の懲戒処分を受けたのは長崎北消防署の警防1課に所属する男性消防士(50)だ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が出され外出自粛が呼びかけられていた5月6日長崎市新地町の飲食店で酒を飲んだ後徒歩で帰宅中事業所の高さ2m幅1mのガラスを肘で割ったということだ。この日は非番日で午後5時半以降2度に渡って飲食店を訪れビールを中瓶で1本焼酎を3合程度飲んでいた。帰宅中大声も出していたということで110番通報を受けた警察に身柄を確保され警察署に連行されたが上司が身元引受人となり釈放された。事業所から被害届は提出されていない。長崎北消防署は「再発防止に取り組みたい」と陳謝した。

長崎2020.05.27 17:05

自治会が独自の商品券配布

新型コロナウイルスの影響を受けた地元の店を応援しようと自治会が独自の商品券を配布している。キーワードは「がんばろう住吉!」だ。

長崎市の住吉商店街で20年以上店を構える「蛸焼道場」。県の休業要請が終わった7日から通常営業に戻しているものの客足の戻りは鈍いと言う。こうした新型コロナウイルスの影響を受けた店を応援しようと地元の住吉町自治会が行うのが自治会に加入している世帯への「商品券」の配布だ。27日から始まっていて6月10日からの1か月間利用できる。キーワードは「がんばろう住吉!」。商店街を含めた自治会の区域内の約100店舗で利用できる。住吉地区ではこれまで商店街の情報発信を担う拠点「でんぱ」のオープンや長崎大学の学生と連携した「すまいるフェスタ」などを開催。“地域とのつながり”を大切にしている。商品券の発行にかかる費用は自治会が負担。目指すのは地域経済の循環だ。

長崎2020.05.27 15:49

ゲーム喫茶女性殺害「殺すつもりなかった」

25日、沖縄県那覇市のゲーム喫茶で起きた強盗殺人事件で逮捕された男が、「殺すつもりはなかった」などと話していることがわかりました。 この事件は25日、那覇市のゲーム喫茶で、女性店員に金を要求したうえ、刃物で切りつけ殺害したとして、糸満市の真境名宏容疑者が、強盗殺人の疑いで逮捕されたものです。 27日、接見した弁護人によりますと、真境名容疑者は、容疑を大筋で認めたうえで、「殺すつもりはなかった」「被害者の女性に大変申し訳ないと思っている」などと話しているということです。 また、真境名容疑者は経済的に困窮していた様子だったということで、警察は詳しい動機などを調べています。

沖縄2020.05.27 13:01

平和祈念式 規模縮小を5月中に

規模の縮小が検討されている8月9日の平和祈念式典について長崎市は5月中に具体的な方針を示す。

平和祈念式典について田上市長は、規模縮小や時間の短縮なども考慮したうえで、平和公園で実施したい意向を示している。緊急事態宣言が全国で解除され、政府がイベントの開催条件を示したことを受け、市は来賓の参列者など具体的な規模を5月中に示すとした。市は海外での原爆展開催など被爆75年に関する一部事業の中止も発表している。

長崎2020.05.27 12:37

園児がサツマイモ苗植えに挑戦

長崎市の育ちの家保育園の2歳と3歳の園児が27日、サツマイモの苗植えに挑戦した。

園では緊急事態宣言中、園外活動を自粛していたそうで土に触れることでストレスを解消してもらおうと企画した。サツマイモは10月に収穫し保護者らと焼き芋にして食べるという。園では食べ物への愛着も感じてほしいと話している。

長崎2020.05.27 12:28

梅雨を前に災害危険か所を調査

梅雨や台風の時期に備え長崎市で警察による災害危険か所の現地調査が行われた。

調査は、急傾斜地に住宅が並び災害危険か所に指定される鳴滝地区の七面山山ろくの一帯で行われ、長崎警察署の署員や住民など13人が参加した。赤外線カメラを搭載したドローンを使い、被災者を捜索するデモンストレーションも実施された。現地調査でドローンを使うのは初めてで長崎署では「救助に活用していきたい」と話している。

長崎2020.05.27 12:27

困窮学生への給付金 申請受け付け

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて経済的な理由で就学が困難になった大学生などを支援する県独自の給付金の申請受け付けが27日から始まった。給付金の対象となるのは生計を維持する人が住民税非課税の世帯で、県内の高校を卒業、または県内の大学や専門学校に在学している学生。申請は1人につき1回で5万円が支給される。県は、県内の企業からの寄付金などで2億1800万円の予算を確保していて、約4000件が対象になると見込んでいる。申請は郵送のみで今年9月15日まで受け付け、順次審査して交付を始めるという。給付金についての問い合わせは県の専用窓口096-333-2738で午前9時から午後7時まで土日・祝日も受け付ける。

熊本2020.05.27 12:19

県高体連 高校総体の代替案を示す

 県高校体育連盟は、新型コロナウイルスの影響で中止が決まった県高校総体の代わりとなる場についての具体的な方針を示した。
 これは県高校体育連盟が明らかにしたもの。新型コロナウイルスの影響で中止が決まった県高校総体。代わりとなるものについて議論されていたが、県高校体育連盟は27日、区切りとなる場を設ける方針を示した。
 これによると、新型コロナウイルスの感染予防に努めた上で部活動内での紅白戦や発表会、複数校による発表会や対外試合を行うとしている。開催方法などは各部活動の顧問に委ねるとしていて、期間は部活動内での実施については27日以降、複数校での実施については来月13日以降に開催するよう求めている。また、県高校体育連盟が1部活動あたり1万円の運営費を1回限り補助するという。
 県高体連の山元晃一理事長は「県大会という規模で1位を決める大会ができないのは非常に残念。そういう状況で、出来る方法を模索した結果がこれ。区切りをつける競技、演技をしれもらえれば」と話した。
 県高体連は「新たな目標に向かって気持ちを切り替えてほしい」としている。

鹿児島2020.05.27 12:15

窃盗などの疑いで組員らが逮捕 道仁会系の組事務所を捜索

高齢の女性の家から現金20万円などを盗んだとして暴力団組員らが逮捕された事件で警察は27日道仁会系の組事務所を捜索しました。27日午前警察は久留米市の道仁会系の組事務所に家宅捜索に入りました。この事件は去年10月久留米市内の89歳の女性の家に侵入し、現金20万円などを盗んだとして道仁会系の組員坂田椋容疑者(23)ら2人が逮捕されたものです。警察の調べに対し坂田容疑者は「黙秘します」と話しています。警察は盗まれた金が上納金などとして暴力団の資金源になっている疑いもあるとみて、金の流れや余罪などを調べています。

福岡2020.05.27 12:12

JR日田彦山線の復旧めぐり東峰村の渋谷村長がBRT案を容認

九州北部豪雨で被災したJR日田彦山線の復旧をめぐり、福岡県東峰村の渋谷村長は専用道をバスが走るBRTで復旧するとした福岡県の案を容認しました。27日午前東峰村の渋谷村長と添田町の寺西町長は福岡県議会を訪れ、県が提示したBRT案を受け入れたことを報告しました。これまで東峰村は鉄道の復旧を主張していましたが、渋谷村長は26日夜の住民報告会で「鉄道の要求は現実的に不可能」と説明、JR九州が提案する案ではなく小川知事が示していたバス専用道を延長する案を容認する意向を表明しました。また渋谷村長らは県議会に対し、沿線の振興策について県が主導して取り組んでいくよう要請しました。

福岡2020.05.27 12:11

4歳の娘の首を絞めた疑い 父親を逮捕

先月、八代市で4歳の娘に、首を絞めるなどの暴行を加え、けがさせた男が、27日に警察に傷害容疑で逮捕された。逮捕されたのは八代市の会社員、岡野聖史容疑者(30)。警察によると岡野容疑者は先月12日の昼頃、八代市内の家で4歳の二女の首を絞めるなどの暴行を加え、全治約1週間のけがをさせた疑い。翌日、保育園の保育士が、登園した二女の異変に気付いて児童相談所に連絡し、事件が発覚した。岡野容疑者は妻と子供3人の5人暮らしで、警察によると事件当時は、二女と長男と近くの両親の家で昼食を食べていたという。警察の調べに対して岡野容疑者は「二女が言うことを聞かずカッとなって首を絞めた」などと話し、容疑を認めている。二女は現在、児童相談所で保護されている。岡野容疑者については、過去にも数回、児童相談所に相談が寄せられていて、警察では日常的に虐待があったとみて調べている。

熊本2020.05.27 12:10

那覇ゲーム喫茶殺傷 出頭の土木作業員逮捕

沖縄県那覇市のゲーム喫茶で25日、店員の男女2人が客の男に切りつけられ、女性店員が死亡した事件で、警察は26日、49歳の土木作業員の男を強盗殺人の疑いで逮捕しました。 この事件は25日午前6時すぎ、那覇市のゲーム喫茶で客の男が店員に金を要求したうえ、店員の男女2人を刃物で切りつけ、逃走したものです。店員の新里美也子さんは首などを切られ、その後、死亡しました。男性店員も首を切られ、重傷を負いました。 警察は26日朝、警察署に出頭してきた糸満市の土木作業員・真境名宏容疑者(49)を強盗殺人の疑いで逮捕しました。真境名容疑者はこの店に出入りしたことがあるということで、調べに対し「間違いありません」という趣旨の供述をしているということです。 警察は、詳しい動機などを調べる方針です。

沖縄2020.05.27 01:32

桜島納涼観光船 今年は中止に

 鹿児島の夏の風物詩の一つ、桜島納涼観光船。鹿児島市は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため今年は運航を中止すると発表した。
 毎年8月に運航される桜島納涼観光船は鹿児島湾を周遊し、花火や夜景を楽しめるということで県民だけでなく県外の観光客からも人気を集めている。去年は約1万5000人が利用した。
 しかし、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため運航を中止することが発表された。43回目にして初めての中止。船内の客室やターミナル内での3密を避けられず、感染を広げる可能性があることが理由だという。
 鹿児島市の担当者は「皆さんが楽しみにしていたイベントが中止になり非常に残念。来年は開催できるようにしたい」とコメントしている。

鹿児島2020.05.26 19:39

緊急事態宣言全面解除 県の対応は

 三反園知事は会見を開き、今後人の移動が増えることが予想されるため、離島の水際対策を強化することを明らかにした。
 これまでも離島の空港では利用者に対して検温を行っていたが、来月1日以降、屋久島や喜界島など4つの離島の空港に体温計と人員を増やすという。
 県は、新型コロナウイルスに感染し入院していた県内5例目の奄美市の40代男性が、今月26日に退院したことを明らかにした。これで、県内で感染が確認された10人全員が退院したことになる。県内では先月20日を最後に、35日間感染者が確認されていないという。

鹿児島2020.05.26 19:38

学校長が新型コロナ対応意見交換会

 学校での新型コロナウイルスへの対応について鹿児島市の中学校の校長が意見を交換した。
 鹿児島市で開かれた会には市内37の中学校の校長が参加した。新しい生活様式を守りながらどんな工夫をして教育活動を行っていくか、意見を交わした。
 参加した校長からは「第2波が来た時の為にリモート授業を取り入れるのも一つの手段」といった意見が出されたり「授業の遅れを取り戻すために1学期は延期や中止になった行事の時間を授業にあてている」などといった取り組みが紹介された。
 また、課題としてあがったのが「2学期に控える体育大会や文化祭などへの対応」。実施については学校が判断することになっている。
校長からは「体育大会は子供たちの実行委員会でプログラムまで含めて企画運営させるという取り組みを始めてる。プログラムを半分まで減らすとか開会式が必要かどうかとかいうところも含めて子供たちの意見も交えながら一緒に作っていく」という意見や「子供たちにとっては大切な教育活動だから行事は基本的には実施できる方向で考えていくのが我々教員の務め。文化祭などにしても発表を体育館でやってそれを全てリモートで教室にとばして教室で観賞するとか工夫ができるだろうから工夫をしながら行事をやっていく必要がある」などの意見が出された。
 参加した校長は情報を共有しながら教育活動を進めていきたいと        話していた。

鹿児島2020.05.26 19:38

鹿児島市 給付金の申請書を発送

 国が、国民1人当たり一律10万円を給付する「特別定額給付金」。鹿児島市でも今月26日から申請書の発送作業が始まった。鹿児島市役所は、間違えやすいオンラインでの申請ではなく、なるべく郵送での申請を呼び掛けている。
 特別定額給付金は国が一律で10万円を給付するもので、鹿児島市でも今月7日からオンライン申請の受け付けが始まっている。この日は、郵送用の申請書の発送作業が行われた。今月28日から鹿児島市の給付対象者、約29万2000世帯、約60万人に送られる。
 申請書にはすでに住所や氏名などは印字されている。申請する世帯主は署名のほか、振込先の銀行口座を記入し身分証明書と銀行口座を確認できる書類を添付して送るようになっている。
 鹿児島市市民協働課の内村賢一課長は「今回、郵送する申請書には住民基本台帳の情報がすでに印字されているので、オンラインよりも間違いなく申請ができると思うのでぜひ郵送での申請をよろしくお願いします」と話した。
 申請書の受け付けは来月1日から始まり、早ければ来月中旬から給付が始まるという。また、鹿児島市役所では給付金に関する相談の専用の電話窓口を設置している。(099-808ー2680)

鹿児島2020.05.26 19:37

判決 強制わいせつなど元自衛官に懲役11年

 複数の小学生の女の子の体を触るなどして、強制わいせつなどの罪に問われた元自衛官の男に、懲役11年の実刑判決が言い渡された。
 判決を受けたのは、海上自衛隊鹿屋航空基地に所属していた、元自衛官の上園大作被告(44)だ。判決によると、上園被告は2019年5月から10月までの間に、県内の小学生の女の子4人に対して、体を触り、裸を撮影した。また、2011年には、当時住んでいた山口県内の自宅などで、小学生だった女の子に対してみだらな行為をした。
 鹿児島地裁の岩田光生裁判長は26日の判決で、「常習性も顕著であり、いずれも悪質な犯行」と指摘。そのうえで、「被害者らの健全な成育に悪影響を及ぼすことが強く懸念され、被告人の刑事責任はかなり重い」として、懲役11年の実刑判決を言い渡した。

鹿児島2020.05.26 19:37

期待と不安・・・緊急事態宣言全国で解除に

 安倍総理は25日、全ての都道府県の緊急事態の解除を宣言した。都道府県をまたぐ移動やイベントの開催などは今後約2か月間かけて段階的に緩和される見通し。
 約ひと月半ぶりとなる、緊急事態宣言の全面解除。街や空港では、感染への不安や経済に対する期待など、様々な声が聞かれた。
 政府は外出の自粛やイベントの開催について、7月末までを「移行期間」とし、段階的に緩和する。今月末までは引き続き、県をまたぐ移動は避けること。来月1日以降は首都圏の1都3県や北海道との間の移動は「慎重に検討」、19日からは全国の移動が可能になる。
 イベントについては人数の上限が徐々に緩和される。屋内でのイベントは、収容率50%以内が上限。例えば、最大収容人数が5700人の西原商会アリーナなら、来月19日以降は1000人まで、7月10日以降は収容人数の半分の2850人までのイベントが可能ということになる。
 ただ、国内での感染は無くなったわけではない。25日発表された感染者は全国で21人。福岡では25日までの3日間に計14人の感染が確認されている。
 専門家は、新規の感染者が報告されている地域への行き来は慎重にすべきとし、そうした移動があった場合は特に家の中や3密の状況に注意を呼び掛ける。鹿児島大学大学院の西順一郎教授は「帰って来られて2週間ぐらいは狭い所での飲食を一緒にしないとか、会議を別にするとか、そういう配慮は必要。移動が増えるということは、鹿児島県での患者発生のリスクが少し上がるということは覚悟して、重点的に絞った感染対策が必要」と話す。人混みでのマスクの着用やこまめな手洗い、風邪などの症状があるときの自宅療養を徹底してほしいという。
 西教授は「これまで無理して風邪症状ぐらいでは人と会ったり出勤したりが当たり前の社会だったが、そこはこれから変えていく必要があるんじゃないか」と呼びかけた。再び感染を拡大させないため、一人一人の意識改革が求められている。

鹿児島2020.05.26 19:36

県境越え移動自粛 6月解除へ

政府がすべての都道府県で緊急事態宣言を解除したことを受けて熊本県の蒲島郁夫知事は、来月から県境を越えた移動の自粛要請を解除する方針を明らかにした。

蒲島知事は九州・沖縄、山口のあわせて9県は、5月末まで県境を越える移動の自粛要請を続け、6月から解除する方針で一致したと説明。
その上で緊急事態が解除された東京など首都圏の1都3県と北海道については「6月1日から18日までは緊急事態宣言が解除されて間もない北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川への県境を越えた移動は慎重に」と呼びかけた。

食事や会話で対面を避けることや時差出勤やテレワークの推進など「新しい生活様式」を実践し、引き続き感染防止に努めるよう求めた。

熊本2020.05.26 19:24

災害時の避難所で新型コロナの感染を防止するための訓練

地震など災害時の避難所で新型コロナの感染を防止するための訓練がきょう、福岡市で行われました。

訓練は広域避難所に指定されている福岡市南区の大学で行われました。

訓練には教職員8人が参加、震度6弱の地震が起きたとの想定で避難してきた人に入り口で検温を行い、37.5度の熱があるか無いかで、誘導する場所を振り分ける手順などを確認しました。

訓練に参加した人はアルコール消毒液や防護服などの準備をすすめるとともに誘導する人の配置や増員についても検討していきたいと話していました。

福岡2020.05.26 19:23

北九州市八幡西区で 住宅2棟焼く火事

きょう午後、北九州市八幡西区で 住宅2棟が全焼する火事がありました。この火事によるケガ人はいませんでした。

もうもうと上がる黒い煙。

きょう午後2時すぎ北九州市八幡西区力丸町で「2階建ての2階から火が出ている」と近所に住む男性から消防に通報がありました。

火はおよそ1時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅2棟が全焼しました。

警察によりますと、火元とみられる家には70代の女性と孫の男性が住んでいましたが、出火当時2人は外出中でした。

また、火が燃え移り全焼した隣の家にいた70代の女性は火事に気づき避難したため、ケガはありませんでした。

警察と消防で火事の原因を調べています。

福岡2020.05.26 19:22

JR日田彦山線の復旧で東峰村が「鉄道断念」今夜にも表明へ

3年前の九州北部豪雨で一部が不通となっているJR日田彦山線の復旧についてです。これまで「鉄道」を主張していた福岡県の東峰村がきょう、鉄道での復旧断念を正式に表明する見通しです。

現在も一部区間で不通となっているJR日田彦山線の復旧方法を巡っては、沿線自治体のひとつ東峰村が一貫して鉄道での復旧を求めてきました。

一方、福岡県は24日の住民説明会で、バス高速輸送システム=BRTの専用道を延伸する案への理解を求めていました。

関係者によりますと昨夜、東峰村の渋谷村長らが鉄道復旧を求める住民団体に県のBRT案を容認する方針を説明したということです。

そしてきょう東峰村では議会が開かれ、渋谷村長は今夜にもBRT案の容認を正式に表明します。

鉄道復旧を求めてきた住民団体の代表はFBSの取材に対し「無念だが、政治判断なので受け入れるしかない」と話しました。

福岡2020.05.26 19:22

乾燥大麻を営利目的で所持の疑い 男2人再逮捕

末端価格で50万円相当の乾燥大麻を営利目的で所持していたとして男2人が再逮捕されました。

大麻取締法違反の疑いで再逮捕されたのは、久留米市の無職山田浩太郎容疑者(36)と佐賀県鳥栖市の飲食店店長 中村豊樹容疑者(40)です。

山田容疑者らはことし3月、別の男と共謀し福岡県築上町の男の自宅でポリ袋に入った乾燥大麻およそ80グラム、末端価格で50万円相当を営利目的で所持した疑いです。

山田容疑者らは、営利目的で大麻を栽培していたとして逮捕・起訴されていました。

警察は山田容疑者らの認否を明らかにしておらず、大麻を密売していたとみて販売ルートなどについても捜査しています。

福岡2020.05.26 19:21

福岡県太宰府市への観光客が9割以上減少

昨年、「令和フィーバー」に沸いた福岡県太宰府市が新型コロナウイルスの影響で市への観光客が9割以上減少したことを明らかにしました。

■太宰府市 楠田大蔵市長
「ことしの4月はなんと(前年比)96%減で64万人の減少と壊滅的な被害だと言える」

太宰府市の楠田市長は新型コロナウイルスの影響で、先月の観光客が激減、去年の4月1か月間と比べて9割以上減少したことを明らかにしました。

また楠田市長は国の10万円の給付金の「支給決定通知書」をめぐって、一部の個人情報が流出した事態を重く受け止め、自ら給与を来月から3か月間、3割カットすることを表明しました。

福岡2020.05.26 19:20

県の支援金の受け付け始まる

新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ事業者向けの県の支援金の受け付けが26日から始まった。

県の支援金は国の持続化給付金の対象とならない売り上げが前年同月比で30パーセント以上、50パーセント未満減少した事業者が対象。

創業時期も国の給付金よりも幅広く、今年1月から4月に創業した場合も対象。

支給額は法人が最大20万円、個人事業者が最大10万円で、国の給付金と重複しての受給はできない。県では約2万5000件の申請を見込んでいる。

熊本県商工振興金融課・時田一弘審議員
「口座振り込みをするので口座番号の間違いやフリガナの間違いがないように気を付けていただきたい」

申請は来年1月15日まで、郵送のみで受け付ける。

熊本2020.05.26 19:19

日本一小さい!ハッチョウトンボ

国内で最も小さいとされる「ハッチョウトンボ」が上天草市で飛び始めた。

体長が約2センチと「日本一小さなトンボ」として知られるハッチョウトンボ。5月中旬ごろから上天草市姫戸町の白嶽森林公園の湿地で姿が見られるようになった。

メスは黄色と黒の縞模様でオスは成長すると赤くなり別名「コアカネ」と呼ばれている。

県内では球磨地方や阿蘇地方でも見ることができるが天草のような離島で見られるのは全国的にも珍しいという。

ハッチョウトンボは県の絶滅危惧種に指定されていて白嶽森林公園では採集が禁止されている。

上天草市マイスターガイドの橋本さんによると「近年は減少傾向。遭遇するチャンスが多いのは6月いっぱいまで」という。

熊本2020.05.26 19:07

県境越えた移動 6月1日~原則認める

政府の緊急事態の解除宣言を受け九州地方知事会議は26日、県境を越えた移動を原則として6月1日から認めることで一致した。

九州地方知事会議は26日、臨時のウェブ会議を開き、九州内での移動を認める時期について協議。これまで通り5月末までは、県境を越えた不要不急の移動は自粛とし、6月1日から18日までは首都圏1都3県と北海道への移動のみ慎重にするよう求めることで一致した。具体的な対応は各県に委ねるとした。県は近日中に対策本部会議を開き、今後の対応を決定するとしている。

長崎2020.05.26 18:58

避難所での3密 対策は

梅雨、台風シーズンに備え避難所での3密を防ぐ対策が課題となっている。

長与町役場では4月、高さ170センチ、段ボール製のパーティションを準備。簡易ベッドは床に付着した飛沫を避けることができる。長与町の指定避難所は27か所。新型コロナウイルスの感染防止策として消毒液やマスクなどもすでに揃えた。避難所の感染症対策について県は4月、21市町にアンケートを実施。「3密」を避けるなどの対策を取る場合に、対応できる避難所が「足りている」と答えたのは3市町で、5市町は「不足」と回答した。災害時の施設提供について県は26日、県内の宿泊施設の組合と協定を締結。高齢者や障害者など避難の際に配慮が必要な人にホテルなどを提供し「3密」を避ける取り組みにもつなげる。

長崎2020.05.26 18:58

手作りのマスク入れをプレゼント

天草市の小学校で休校中の子どもたちに先生が手作りの「マスク入れ」をプレゼントした。

マスク入れは学校が再開して給食や体育の時間などでマスクを外したときに使ってもらおうと教職員が手作りした。

縦20センチ横15センチほどの布製で教職員が生地などを持ち寄って全校児童65人分を3日間かけて作った。

手渡された児童は…
「コロナが早くおさまってほしい。先生方に感謝して大切に使いたい」
担任の坂瀬敬士先生
「子どもたちが喜ぶ姿を想像しながら作ることで楽しく活動することができた。これを機に感染防止に努めて学校が早く通常状態に戻れるようにしてもらいたい」

熊本2020.05.26 18:55

いのちの電話 コロナで相談急増

自殺を防ぐために始まった電話で相談を受ける「いのちの電話」。5月に入り新型コロナウイルスに関する切実な相談が急増している。

全国にある「いのちの電話」。熊本でも35年前に開設され、24時間365日態勢で相談を受けている。

熊本いのちの電話・赤星敦事務局長
「お店が立ち行かなくなったからもう首を吊るしかないなど非常に切迫された相談も全体の1割ぐらいある。残り9割も突き詰めていくと自殺に繋がるような悩みが大半なので全ての相談を受けているのが現状」

新型コロナに関する相談は3月に30件だったが4月は5倍近い140件に。5月は24日までに99件だが「自己破産をした」「内定を取り消された」など深刻さが増しているという。

一方で多い時には130人ほどいた相談員は現在94人。
2回線ある電話に1人で対応せざるを得ないこともしばしばある。このため5月いっぱいまで相談員の募集期間を延長している。

問い合わせは事務局へ 096ー354-4343
月曜~金曜(午前10時~午後5時)

熊本2020.05.26 18:51

3日間で12人の感染確認 北九州市長「警戒」訴え

北九州市で新型コロナウイルスの感染者がきのうまでの3日間で
12人確認されたことを受け、北橋市長がきょう会見しあらためて警戒を呼びかけました。


■北橋健治市長
「24日ぶりに感染者が出て3日連続で12人もの新たな感染者が確認された」「いわゆる第2波の入り口に立っている」「この感染の封じ込めを徹底的に行っていきたい」

北九州市の北橋市長は、このように話し一部公共施設の休館やイベントの中止や延期をきょう午後に開かれる対策会議で具体的に検討する考えを示しました。

北九州市では先月30日から23日連続で新型コロナの感染者が
ゼロでした。しかし、今月23日からきのうまでの3日間で12人の感染が確認されました。

北橋市長は「危機意識を持ってもらい不要不急の外出を控えてほしいと」と「第2波」への警戒を強く呼びかけました。

福岡2020.05.26 12:34

けさ久留米市で住宅1棟が全焼する火事

けさ、久留米市で住宅1棟が全焼する火事があり警察と消防が火事の詳しい原因を調べています。

きょう、午前5時40分ごろ、久留米市宮ノ陣町にある住宅から
火が出ていると消防に通報がありました。

この火事で木造2階建ての住宅1棟が全焼し、倉庫の一部が焼け
火はおよそ3時間後に消し止められました。

警察と消防によりますとこの家には家族5人が暮らしていました。
出火当時、就寝中でしたが火事に気づいて避難しケガはなかったということです。

現場は住宅街で、警察と消防が火事の原因を調べています。

福岡2020.05.26 12:33

障害者をサポート 自動車学校に最新車

障害者をサポートしようと長崎市の自動車学校に最新型の教習車が導入された。

長崎市のあたご自動車学校に導入された最新型の障害者用の教習車。足の不自由な人が手でアクセル、ブレーキを操作する手動運転装置やハンドルに取り付けて運転をサポートする旋回ノブなどが特徴。2002年から県が貸し出している車両の老朽化に伴い更新された。今後は高齢者講習にも活用するという。

長崎2020.05.26 12:04

事業者向け支援金受け付け開始

新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ事業者向けの熊本県の支援金の受け付けが26日から始まった。県の支援金は、国の持続化給付金の対象とならない、売り上げが前年の同じ月と比べて30~50%減少した事業者が対象。創業時期も、国の給付金よりも幅広く、ことし1月から4月に創業した場合も対象。支給額は、法人が最大20万円、個人事業者が最大10万円で、国の給付金と重複しての受給はできない。県では、約2万5000件の申請を見込んでいる。県商工振興金融課の時田一弘審議員は「申請に際しては、口座番号の間違いであるとか、フリガナの間違いがないように気をつけてもらいたい」と話した。申請は来年1月15日まで郵送のみで受け付けられる。

熊本2020.05.26 12:04

子牛せり市で牛肉消費拡大運動

 イベントや外食の自粛が続き牛肉の消費が冷え込むなか、肝属地区で、子牛のせり市にあわせ、生産者が自ら消費を拡大しようという取り組みが行われた。
 肝属中央家畜市場での子牛のせり市。子牛の繁殖農家が、売却した子牛1頭につき2000円分の肩ロース肉を購入し、肥育農家を支援するとともに消費拡大をアピールした。
 JA鹿児島きもつき 下小野田寛代表理事組合長は「自ら牛肉の消費拡大をしようという機運が高まってきた。この運動はしばらく続けていきその中で生産農家肥育農家一体となって和牛を盛り上げていきたい」と話した。
 JA鹿児島きもつきによると、この日の子牛の平均価格は58万6615円で、新型コロナ感染拡大前の今年2月より10万円以上値を下げた。

鹿児島2020.05.26 12:00

女子高生へのストーカー行為で逮捕

熊本市の女子高校生(15)に電子メールを連続送信したり、自宅を見張るなどした石川県の男が26日朝、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは石川県白山市の自称派遣社員中垣沙由樹容疑者(31)。警察の調べによると中垣容疑者は25日、熊本市西区の女子高校生の携帯に「死んで終わらせてやる」など複数回にわたってメールを送り、高校生の自宅を訪れ、見張るなどした疑い。警察官が、25日午後8時半頃、西区の商業施設で中垣容疑者を発見し26日午前4時40分過ぎに逮捕した。警察によると中垣容疑者は容疑を認めていて、今年3月にツイッターで高校生と知り合い、交際していたが、別れ話をされたことから「別れに納得できず、相手の前で死んでやりたかった」と話しているという。

熊本2020.05.26 11:56

男性乗組員(27)海底で死亡

松浦市の港で漁船の男性乗組員が海底に沈み死亡しているのが見つかった。

25日午前9時半頃松浦市の調川港に停泊中の漁船から「乗組員の男性(27)がいない」と警察に通報があった。警察のほか海上保安部などが捜索したところ男性が漁港内の海底に沈んでいるのを発見。その場で死亡が確認された。船内で宿泊していたということで誤って転落したとみられている。

長崎2020.05.26 11:13

緊急事態解除宣言 歓迎と懸念の声

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態の解除宣言が政府の対策本部で出され市民からは歓迎と懸念の声が聞かれた。

政府は昨夜の対策本部で新型コロナウイルスの感染拡大に伴う首都圏の1都3県と北海道の緊急事態の解除を宣言した。今後おおむね3週間ごとに感染状況を評価し県をまたいだ移動については6月19日にも認める。一方安倍首相は台風シーズンを前に「ホテルや旅館などの積極的な活用も含め可能な限り多くの避難所を開設する」と強調した。

長崎2020.05.26 11:10

さつま町 帰省自粛の県外学生に黒毛和牛

 新型コロナウイルスの影響で県外からの帰省を自粛している地元出身の学生を励まそうと、さつま町が黒毛和牛の肉を送った。
 さつま町は今月、県外の大学や専門学校などに通い帰省を自粛している地元出身の学生に特産の黒毛和牛5000円相当を送る事業を始めた。今月15日までに申し込みのあった76人に、焼き肉用のばら肉など2パックずつを発送した。
 学生からは「アルバイト先も休業し生活が苦しい中とてもありがたい」「牛肉を味わい故郷を懐かしく思いながら乗り越えたい」といったメッセージがさつま町に届いているという。
 さつま町の上野俊市副町長は「本町で育てた黒毛和牛のお肉を提供して、故郷への思い、さらには勉学の方も改めてまた頑張って頂きたい」と話した。さつま町では今月末まで学生からの申し込みを受け付けている。

鹿児島2020.05.25 19:27

防衛省「ボーリング調査7月中旬に」

 アメリカ軍の訓練の移転候補地となっている種子島沖の馬毛島について防衛省は島の周辺海域でのボーリング調査を7月中旬から行いたいと西之表市の漁業者に説明した。
 防衛省は25日、種子島漁業協同組合でボーリング調査についての説明会を開いた。
 アメリカ軍の空母艦載機の離着陸訓練の候補地となっている馬毛島。会議は、非公開で行われ施設の整備に向け防衛省は島の周辺海域でボーリング調査を7月中旬から行いたいと説明したという。
 出席した漁師は「調査の場所が1番トコブシがいるところ。そこを調査されたら潮の流れが変わるし地域も汚れる」と話した。
 出席者によると6月1日にトコブシ漁が解禁されるため調査は、  漁の時期と重なるなどとして反対の意見が多く上がったという。防衛省は28日には漁協の理事に対し説明を行う予定。

鹿児島2020.05.25 19:25

かごしま国体・大会「来年に延期」も選択肢

 10月に予定されているかごしま国体について今年、開催できない場合来年に延期することも選択肢の1つとして検討されていることが分かった。
 かごしま国体、かごしま大会は今年10月に開かれる予定でしたが、選手や大会関係者への感染拡大の懸念などから開催するかどうか検討されている。
 これについて10月に開催できない場合1年程度延期することも選択肢の1つとして検討されていることが関係者への取材でわかった。
 しかし延期の場合は追加の費用がかかることが見込まれるほか、来年、再来年の開催地も決まっていることから他の県との調整が必要になるなど課題がある。
 三反園知事は6月上旬をめどに最終的に判断する考えを示している。

鹿児島2020.05.25 19:24

“今年は熱中症のリスクあがる”専門家が警鐘

 県内は25日、気温がぐんぐん上がった。鹿児島市などでは、今年1番の暑さとなった。3日連続の夏日となった鹿児島市。暑さが本格化するなか、「今年は熱中症のリスクが上がる」と専門家は警鐘を鳴らしている。
 鹿児島市では25日、日中の気温が今年最高の29.9度、指宿市では30度を超える真夏日となった。消防によると県内で2人が熱中症の症状を訴え病院に運ばれた。去年5月は1か月で64人が搬送されている。救急医療の専門医は、今年は、熱中症のリスクが高まる恐れがあると指摘する。
 要因は大きく2つ。ひとつは、外出の自粛。米盛病院救急科の冨岡譲二副院長は「春先の暖かくなる頃から外出自粛で運動していない。慣れていない段階で急に暑い所に出ると熱中症になりやすい」と指摘する。運動不足による体力の低下や暑さに慣れていないことを自覚し、普段以上にこまめに休息を取る必要がある。
 熱中症のリスクを上げる2つ目の要因は、マスク。人は汗をかくことや呼吸などで体内の熱を逃するが、マスクをしていると熱い吐息や湿気がこもりやすくなってしまう。また口の中が乾きにくく水分補給が疎かになる恐れも。冨岡譲二副院長は「マスクしていると水分をなかなかとれないが、密集を避け周りに誰もいない所でこまめにマスクを外して水分をとるのが良い」と呼びかける。
 感染症が専門の鹿児島大学大学院・西順一郎教授は「在宅中や周囲に人がいないとき、会話をしないときはマスクを外して構わない。近くで会話する時だけマスクを使うなどメリハリのついた使い方をしてほしい」と話す。
 気象台によると、県内では今週25度以上の夏日が続く見込みだ。例年以上に熱中症になりやすいということを意識して過ごす必要がありそうだ。

鹿児島2020.05.25 19:23

治水工事を成し遂げた薩摩義士の慰霊祭

 江戸時代に岐阜県の三大河川の治水工事を成し遂げた薩摩義士の慰霊祭が鹿児島市で行われた。
 慰霊祭は、工事の指揮をとった平田靭負の命日にあわせ毎年行われている。例年、約600人が参加しているが、今年は新型コロナウイルスの影響で県内の関係者のみ約20人が参加して行われた。 
 265年前の江戸時代に薩摩藩は度重なる水害に見舞われていた岐阜県の木曽川、長良川、揖斐川の治水工事を、苦難の末、わずか1年半で成し遂げ、水害で困っていた人を救ったといわれている。 
 県薩摩義士顕彰会の四本紘代表幹事は「若い人達に語り継がないといけない」と話した。
 治水工事をきっかけに鹿児島県と岐阜県は姉妹盟約を結び、交流を続けているが、今年は新型コロナの影響で中止された事業も出ているという。

鹿児島2020.05.25 19:22

飲酒運転撲滅を訴えフリーペーパー発行し今月で3年

飲酒運転による事故で息子の命を奪われた福岡市の女性が飲酒運転撲滅を訴えるフリーペーパーを発行して今月で3年を迎えました。

きょう福岡市東区のNPO法人はぁとスペースではフリーペーパー「TOMOs」の3周年記念号の発送準備が行われていました。

発行するのは山本美也子さんです。2011年福岡県粕屋町で息子の寛大さん(当時16歳)を飲酒運転による事故で亡くしました。

事故の後、山本さんは飲酒運転の撲滅を訴え全国で1100回を超える講演を行ってきました。

きょうは出来上がったばかりのフリーペーパーを自ら警察署に届けました。

■山本美也子さん
「飲酒運転だけは絶対ダメなんよということが、フリーペーパーを読んだ皆さんから声が上がればいいなと思っています」

福岡県内ではことしも飲酒運転による事故で4人が亡くなっています。

福岡2020.05.25 19:12

大川市でワニガメ捕獲 飼育のワニガメ捨てられたか

大川市の川で男性がワニガメを釣り上げ警察が捕獲しました。何者かが飼育していたワニガメを捨てた可能性があるということです。

警察に捕獲されたのは、体長80センチ、重さ18キロほどのワニガメです。

警察によりますと、きのう昼過ぎ58歳の男性から「釣れた魚にワニガメが食らいついてどうしていいかわからない」と警察に通報がありました。

駆けつけた警察官がワニガメを捕獲し警察署で保管していましたがさきほど保健所に引き渡されたということです。

南筑後保健所によるとワニガメは、飼育には許可必要で「足に埋め込まれたチップで飼い主情報を確認して対応する」としています。

福岡2020.05.25 19:12

アンダーパス冠水による事故防止へ点検作業

梅雨入りを前に、北九州市できょうアンダーパスが冠水したことによる事故を防ぐため、電光掲示板などの点検作業が行われました。

北九州市戸畑区一枝の「一枝アンダーパス」では、きょう市の職員などが冠水時に表示される電光掲示板の点検などを行いました。

北九州市内にはアンダーパスが24か所あり2年前の7月の西日本豪雨ではこのうち15か所が冠水し、通行止めとなりました。

きょうの点検で異常はなく、市内すべてのアンダーパスの点検を今月中に終える予定です。

市の担当者は、「道路が冠水している場合は無理して通らずに迂回してほしい」と注意を呼びかけています。

福岡2020.05.25 19:12

KMバイオが新型コロナワクチン開発開始

熊本市のKMバイオロジクスが新型コロナウイルスワクチンの開発を始めた。安全性を最優先に来年4月以降、ヒトへの臨床試験を始める方針。おととし、化血研(化学及血清療法研究所)から事業継承した明治ホールディングス傘下のKMバイオロジクスは、ワクチンの開発と実用化に高い技術と施設を持ち、特に新型インフルエンザワクチンにおいては、全国民の半数分を生産できる。新型コロナウイルスワクチンの開発については、AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)が行う公募研究に選ばれた。東京の国立感染症研究所などと共にKMバイオが代表研究者となり日本脳炎ワクチンの製造技術を活用して、大量に培養したウイルスから感染性や毒性をなくした不活化ワクチンを製造する。今年度中には、複数の動物で有効性や安全性の評価や分析を行い、結果を踏まえて来年度にはヒトへの臨床試験を始める予定。KMバイオロジクスの永里敏秋代表取締役社長は「スピード感ではなく絶対的な有効性と安全性を優先したい」と語った。公募研究に採択されたことでKMバイオロジクスには約11億円の研究費が交付される。なおWHOの公表によると、ワクチンの開発計画は世界で110以上に及んでいる。

熊本2020.05.25 18:51

緊急事態宣言 全面解除で県内は

安倍首相は首都圏の1都3県と北海道の緊急事態宣言を解除することを表明した。全国で約1か月半出された緊急事態宣言の解除に県内の観光業界からは期待の声も聞かれた。

創業80年、長崎市の稲佐山観光ホテル。新型コロナウイルスの影響で宿泊客数は去年と比べ3月が27%、4月が4%まで落ち込んだ。4月7日から臨時休業していたが感染防止対策をとった上で7月3日から再開することを決めた。

長崎2020.05.25 18:03

交通機関 6月1日から続々再開

新型コロナウイルスの影響が出ている交通機関の情報。

まず県交通局。長崎と北九州を結ぶ高速バス「出島号」が6月1日から運行を再開する。毎日3往復6便。大分を結ぶ「サンライト号」も再開で毎日1往復2便。熊本線の「りんどう号」と宮崎線の「ブルーロマン号」は運休のまま。次に西肥自動車。佐世保・ハウステンボスと福岡を結ぶ高速バスは平日22往復44便で来月1日から再開する。ORC=オリエンタルエアブリッジは長崎と五島・対馬、福岡と五島線は1日2往復4便、福岡と宮崎線は4往復8便での運行。

長崎2020.05.25 17:58

県知事選挙違反取締本部を設置

 7月の県知事選挙に向け、県警本部は25日、選挙違反取締本部を設置した。
 県警本部の正面玄関に25日午前10時、選挙違反取締本部と書かれた看板が掲げられた。
 県警によると、4年前の2016年に行われた前回の県知事選挙では、選挙事務関係者による選挙運動で1人が検挙され、文書掲示違反などで28件の警告が出された。今回は、24日までに文書掲示違反で5件の警告が出されているという。
 県警本部の前山良民刑事部長は、「不偏不党かつ厳正公平な立場を堅持し、選挙の公正を著しく害する悪質な違反の検挙活動を推進していく」と話した。
 県知事選挙は、来月25日告示、7月12日に投開票。
 一方、知事選と同じ日には、県議会の薩摩川内市区の補欠選挙も行われる。薩摩川内警察署に25日、選挙違反取締本部が設置されたという。

鹿児島2020.05.25 13:38

長崎市が青山町の市道拡幅

長崎市青山町の私道が封鎖された問題で、車が通行できるよう別の
道路を整備する工事が25日から始まった。

工事は住民の生活道路を確保するため、長崎市が通行できない私道の近くを通る市所有の道路の一部を拡幅するもので、車両が通行できるよう道幅を4mまで広げる。道路は9月頃完成予定。長崎市青山町の私道では土地を所有する福岡の不動産管理会社が通行を妨害しないよう訴えを起こした7人以外の通行を禁止している。

長崎2020.05.25 13:25

佐賀市の印刷会社で木造倉庫が全焼 放火の疑いも

きょう未明、佐賀市の印刷会社で木造倉庫が全焼し警察は、放火の疑いもあるとみて調べています。

きょう午前2時過ぎ佐賀市高木瀬西で「工場の敷地内の小屋が燃えている」という複数の通報が消防にありました。

消防が消火にあたり火はおよそ40分ほどで消し止められましたが、布類などが入った木造倉庫が全焼したほか、アルミ製の倉庫の一部などが焼けました。

この火事によるケガ人はいませんでした。

現場に火の気がないことなどから警察は放火の疑いもあるとみて詳しい火事の原因を調べています。

福岡2020.05.25 13:11

福岡・粕屋町「フェースシールド」導入し小中学校再開

新型コロナウイルスの影響で臨時休校が続いていた福岡県粕屋町の小中学校がきょう再開しました。すべての児童や生徒にフェースシールドが配布されました。

粕屋町の粕屋中学校でおよそ800人の生徒が登校、授業の開始前、生徒1人1人にフェースシールドが配布されました。

これは新型コロナへの対策で町が導入を決めたもので粕屋町のすべての小学校と中学校で児童と生徒、そして教職員あわせて5400人分が用意されました。

■生徒
「後ろがゴムになっているのでちょっと頭がしめつけられる」
「感染予防にはなるのでいい」
「学校生活大変になると思うけど安心して過ごせます」

■中村国広校長
「学校としての意義を担保しつつ安全対策をとるということで導入した」

■授業
粕屋中学校ではフェースシールドは、学校で保管し体育や昼食の時間を除いて着用するということです。

福岡2020.05.25 13:11

長崎歴博 対策を実施し 再開

新型コロナウイルスの影響で休館していた長崎市の長崎歴史文化博物館が25日再開した。

4月10日から休館していた長崎歴史文化博物館。午前8時半、1か月半ぶりに入館のアナウンスが流れた。再開にあわせ入館者の体温測定や氏名、連絡先の記入など感染防止対策を実施し、閉館時間は当面2時間早める。水嶋英治館長は「再開できて大変うれしい。お客様を万全で受け入れるように準備しているので、ぜひ来てほしい」と話した。政府は、残る首都圏の1都3県と北海道の“緊急事態宣言”の解除について25日夜、正式決定する方針。

長崎2020.05.25 12:34

阿蘇市 5万本のスズランの花

阿蘇市で県の希少野生動植物に指定されているスズランが可憐な花を咲かせている。

標高約750メートルの阿蘇市波野の自生地公園では約5万本のスズランが自生している。

スズランはユリ科の多年草で「君影草」という別名を持ち、5ミリから6ミリほどの白い花を咲かせる。

阿蘇市は自生地としては南限とされ一帯は県の自然環境保全地域に指定されて保護されている。

訪れた観光客は白いかれんな花を写真に収めながら季節の花を楽しんでいた。
阿蘇市によるとスズランの花は今月いっぱい楽しめるという。

熊本2020.05.25 12:21

熊本市の小学校で分散登校

休校中の熊本市の小学校で分散登校が始まり運動場で遊ぶ姿も見られた。

熊本市中央区の碩台小学校。
午前は1年生と2年生の約50人が登校した。

1年生の学級活動は密を避けるため窓を開けままの体育館で行われ、子どもたちは間隔をあけて座り新型コロナの対策などの話を聞いていた。
その後は運動場に出て先生と一緒に外遊びをした。

碩台小学校では来月6日に1年生と保護者、教職員のみで入学式を行うことにしている。

熊本市立の小中高校などは来月1日から午前中の授業と給食を再開し部活動を含めた全面的な再開は来月8日から。

熊本2020.05.25 12:14

日田彦山線復旧で小川知事が東峰村の住民に鉄道復旧断念伝える

3年前の九州北部豪雨で被災したJR日田彦山線について、福岡県の小川知事はきょう、鉄道での復旧の断念を東峰村の住民に伝えました。

説明会には東峰村の住民などおよそ100人が参加しました。

JR日田彦山線は、復旧方法を巡って意見がわかれ、現在も一部区間で不通のままとなっています。

東峰村は一貫して鉄道での復旧を求めてきましたが、小川知事は壁が厚かった」などと鉄道での復旧の断念を伝え県が提案するバス高速輸送システム(BRT)案について理解を求めました。

これに対し、住民からは「到底受け入れられない」などとして反対意見が相次ぎました。

福岡2020.05.24 19:35

コロナ下での避難所は?想定訓練

大雨の時期に開設される避難所で三密を避けて新型コロナウイルスをどのように防ぐか確認する訓練が行われた。
益城町の総合体育館で行われた訓練には町の職員およそ50人が集まった。大雨被害のおそれがあるとして避難所が設置されたと想定し、新型コロナウイルスの感染防止に段ボールの仕切りが設けられた。この仕切りは避難者を家族や地区ごとにわけ密を避ける工夫が施されている。受付に近い場所には車いすなど支援が必要な人が配置された。さらに物資の配給場所では職員が手渡しせず避難者自身が受け取るように促した。
益城町・西村博則町長
「食事を渡す時の手袋の問題や受付の時に鉛筆をつかいまわしていいのかといった問題、なにより人権の問題といったことで体調を崩した方への配慮とかをどうしていくのかが課題と思っている」

熊本2020.05.24 19:00

指宿市 花の生産者が飲食店に花束

 新型コロナウイルスによる影響を受けている飲食店を支援しようと、指宿市の花の生産者が花束を贈った。
 1つ1つ丁寧に花束を作る指宿市の花の生産者。使われたのは、新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが中止となり、出荷できなかった地元産の花。
 この取り組みは、花の需要が落ち込む中、同じように大きな打撃を受けている飲食店を支援しようと企画された。花束は、テイクアウトを行っている指宿市の64の飲食店に10束ずつ贈られ、利用客にプレゼントされたという。
 県スプレーギク研究会の大薗幸平副会長は「この花を見て少しでも心和らいでコロナに打ち勝っていってもらえたら」と話していた。新型コロナによる影響が続く中、さまざまな形で支援の輪が広がっている。

鹿児島2020.05.24 18:58

薩摩川内市で火事 ケガ人なし

 薩摩川内市で倉庫1棟が全焼する火事があった。ケガ人はいなかった。
 薩摩川内市高城町で24日午後2時半ごろ「倉庫が燃えている」と所有者の男性から消防に通報があった。警察によると、火は約1時間半後に消し止められたが、金藤隆典さん(63)の木造2階建て倉庫1棟が全焼した。
 金藤さんは、倉庫と隣接する住宅に1人で住んでいて出火当時は家で寝ていたが火事に気付いて自ら通報したという。ケガ人はいなかった。
 倉庫には草刈り機やエンジンオイル、段ボールなどが置かれていたという。警察と消防が火事の原因を調べている。

鹿児島2020.05.24 18:56

真夏日熊本 人の流れ戻り始める

県内に出されていたすべての休業要請が解除されて初めての日曜日、繁華街では多くの買い物客の姿が見られた。
24日午後2時の熊本市の下通アーケード。休業要請が全面解除されて初の日曜日、多くの買い物客の姿が見られ、街なかは賑わいを取り戻しつつある。149のテナントが集まる大型商業施設サクラマチクマモトもほとんどの店舗が再開していた。NTTドコモによると熊本市通町筋の23日の人出は感染拡大前とくらべて31.6パーセントの減少だった。日中の最高気温は熊本市中央区で31.5度と真夏日となるなど、県内10の地点でことし最高の暑さとなり、マスクとともにサングラスをつけて日差し対策をする人の姿も見られた。

熊本2020.05.24 18:16

築上町のコンビニで強盗の疑いで男2人を逮捕 別の3件にも関与か

福岡県築上町のコンビニエンスストアで起きた強盗事件で男2人が逮捕されました。

警察は2人が別の3件のコンビニ強盗にも関与した疑いがあるとみて調べています。

逮捕されたのは、自称・土木作業員の白石翔太容疑者と自称建設業、白浜亘容疑者です。

2人は、おととい夜、築上町のコンビニで男性店員を工具で脅し、現金7万2000円を奪った疑いです。
白石容疑者は容疑を認め白浜容疑者は否認しています。


この事件の後、豊前市などのコンビニでも未遂を含む強盗事件が3件相次ぎました。

このうち北九州市のコンビニでは事件発生時に近くで車から男が降りて1分後に戻り、走り去る様子が防犯カメラに映っていました。

警察は別の3件にも白石容疑者らが関与した疑いがあるとみて調べています。

福岡2020.05.24 12:14

姶良市の蔵王嶽 登山中の女性が崖下に転落し死亡

 姶良市の蔵王嶽で23日、登山をしていた女性(78)が崖の下に転落し死亡しているのが見つかった。
 死亡したのは、霧島市隼人町内に住む池田さえ子さん(78)。警察によると、池田さんは23日午後1時ごろから姶良市加治木町日木山にある蔵王嶽で息子(50代)と登山をしていた。2人は、8合目付近で道に迷い、息子が道を探していたところ、池田さんの行方が分からなくなった。その後、息子が警察に通報。消防と警察が捜索ていたところ、午後7時頃、行方不明となった場所の近くの崖か約15メートル下で池田さんがうつぶせで倒れているのが見つかった。池田さんは、全身を強く打っていて、その場で死亡が確認された。警察は、池田さんが誤って転落した可能性があるとみて調べている。
 蔵王岳は、標高164メートルで、登山道はあるものの、急な坂道が続いているという。

鹿児島2020.05.24 11:59

上天草市の水族館が営業再開

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため休館していた上天草市の「わくわく海中水族館シードーナツ」が営業を再開した。
「シードーナツ」は先月14日から休館していたが、熊本県が休業要請をすべて解除したのを受けて営業を再開した。館内のあちこちに消毒用の噴霧器が置かれ、客どうしが距離をとるため数メートルおきに印を付けるなどの対策をとっていた。マスク姿の子どもたちは魚に餌をやったりイルカと触れ合っていた。
シードーナツ河野壮志館長
「楽しむ以前に安全安心が確保できていないといけないと思うのでそこは徹底して楽しんで頂けるようにしています」
シードーナツではイルカのショーなどは通常の3分の1程度に参加人数を減らして営業しているという。

熊本2020.05.24 11:41

南阿蘇鉄道トロッコ列車が再開

新型コロナウイルスの影響で運休が続いていた南阿蘇鉄道で、名物のトロッコ列車が運行を再開した。南阿蘇鉄道のトロッコ列車は、3月末に今年の運行を始めたが、その直後から新型コロナウイルスの影響で運休が続いていた。23日は、アルコール消毒の徹底など対策をとって運行を再開し、乗客は開放的な車窓から初夏の南阿蘇を満喫していた。トロッコ列車は高森駅と中松駅の間で11月末まで、毎週土日、祝日と、夏休みなどの期間を中心に運行する

熊本2020.05.23 18:20

“アベノマスク” 県内でも配布始まる

 新型コロナウイルスの感染を防ごうと、政府が緊急対策として行っているマスクの配布が県内でも始まった。
 全国的なマスクの品薄状態を受け政府は全世帯にマスクの配布を行っているが、鹿児島市でも今月23日から配布が始まった。
 配られるのは1世帯あたり2枚入りの布マスクで、鹿児島中央郵便局には今月22日までに約2万9000世帯分が搬入された。この日は集合住宅を中心に約9000世帯に配られるという。
 鹿児島中央郵便局第二集配営業部の南慎一部長は「鹿児島市内の一部からまずは正確に届けていく」と話していた。
 日本郵便によると、県内では約84万世帯にマスクが配布される予定だが、搬入された数はまだ2割に満たないという。

鹿児島2020.05.23 18:13

大口酒造が手作りマスクを贈る

 伊佐市の大口酒造が小学校に手作りのマスクを贈った。社員が一つ一つ手作りしたマスク。使った布は社員が家から持ち寄ったものだという。大口酒造営業企画部の野澤かほりさんは「営業活動が制限されてしまうためその間に自分たちにできることはないかと模索した」と話した。
 地元の小学校に20日、マスクが届けられた。マスクを受け取った児童は「マスクがどこにも売ってないのでもらってうれしい」「ありがたい。何回も洗って学校で使いたい」と嬉しそうに話した。大口酒造は今月いっぱいマスクの製作を続ける予定で、約1400枚のマスクを地元の小学校や飲食店に届けるという。

鹿児島2020.05.23 18:12

避難所の感染対策は?県が説明会を実施

 雨の時期を迎える中で、避難所での新型コロナウイルスの感染をどう防ぐかが課題となる中、専門家が鹿児島県内の市町村の防災担当者向けに感染防止対策について説明会を実施した。
 県防災アドバイザーの鹿児島大学岩船昌起教授が、大雨で避難所を開設する際の新型コロナウイルスの感染対策について話した。
 岩船教授によると、最も大事な点は避難所の受付で検温したりするなど水際対策を行うことで、避難所の密を避けるために車を活用することも一つの手段だとしている。
 ただし、「車の避難は熱中症の可能性もあるしエコノミークラス症候群もある。夜は寒くなるので毛布など持参した方がいい」と注意点もあげた。県では「今回の説明を参考にさらに改善を図ってほしい」としている。

鹿児島2020.05.23 18:08

畜産農家を応援 湧水町職員が牛肉を購入

 新型コロナウイルスによる外出自粛などの影響で牛肉の消費が落ち込む中、湧水町の職員が畜産農家を応援しようと牛肉を共同で購入した。牛肉を共同で購入したのは、湧水町の職員約140人で作る新和会だ。食肉の製造や販売を行うナンチクを通じて、ステーキ用や焼き肉用などの牛肉、343パック、約83万円分を購入した。
 新型コロナウイルスによる外出の自粛で牛肉の消費が冷え込み、子牛の市場価格も下落。そうした中湧水町では地元の畜産農家を少しでも支援しようと、役場内で購入希望者を募ったという。
 職員は「家で楽しく皆で食べて生産者を応援したい」と話した。湧水町では今後も状況に応じて畜産農家を支援したいとしている。

鹿児島2020.05.23 18:06

福岡市の小学校で入学式 コロナで1か月以上遅れて

新型コロナウイルスの影響で延期になっていた入学式が
福岡市のほとんどの小学校できょう、行われました。

このうち福岡市城南区の別府小学校では
当初の予定より1か月以上遅れて入学式が行われ
新1年生たちは待ち望んだ晴れの日を迎えました。

入学式で下田校長は「友達との間隔はとりますが、
気持ちはつながっていてください」と新入生に呼びかけました。

式は、感染を防ぐために
1年生171人を3回に分けて実施され
座席も式ごとに毎回、消毒しました。

新入生女児
「みんなに会えてうれしかった。新しい友達が早くできてほしい」

保護者
「今まで1月半休んでいた分たくさんと友達と
遊んでもらったらいいかなと」

新1年生は、今月28日から学級内を2つに分けて
分散登校するということです。

福岡2020.05.23 17:40

福岡県内3件 大分・中津でも1件  強盗と強盗未遂事件相次ぐ

昨夜遅くからけさにかけて
福岡県築上町や豊前市、北九州市などの
コンビニエンスストアで特徴の似た犯人による強盗事件や
強盗未遂事件が4件相次ぎました。

昨夜11時50分ごろ
福岡県築上町の
コンビニエンスストアに男が押し入り、
工具のようなものでレジカウンターをたたき
「金を出せ」と従業員を脅し現金を奪って逃げました。

その3時間半後にはおよそ8キロ離れた
豊前市四郎丸のコンビニエンスストアにも男が押し入り、
同様の手口で現金を奪って逃げました。

さらに、およそ1時間後には30キロほど離れた
北九州市小倉南区上曽根新町のコンビニエンスストアにも
何者かが店員を脅し何もとらずに逃走する
強盗未遂事件がありました。

いずれの事件も犯人は工具のような物を持ち
目出し帽をかぶっていて警察は同一犯による
連続強盗事件とみて逃げた犯人の行方を追っています。

この3件のほかに
大分県中津市のコンビニでも
きょう午前0時すぎ特徴の似た男による
強盗未遂事件が起きており警察が関連を捜査しています。

福岡2020.05.23 12:22

高速道にブロック投下…殺人未遂で少年3人逮捕

熊本市で高速道路を走る車にコンクリートブロックを投げ落としたとして、少年3人が逮捕された。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、熊本市の専門学校生で19歳の少年2人と、上益城郡に住む会社員の18歳の少年だ。3人は5月20日未明、熊本市東区石原1丁目の九州自動車道にかかる橋から下り線を走るトラックにコンクリートブロックを投げ落とした疑い。ブロックは重さ13kgで、トラックの天井を突き破り荷台で見つかった。他の車からも重さ26kgのブロックが見つかったが、けが人は確認されていない。3人は「投げたことは間違いない」と話しているという。現場の南東側でも同様の被害が出ていて、警察が余罪や動機を調べている

熊本2020.05.23 12:15

奄美南部で地震相次ぐ

 沖縄本島近海を震源とする地震が22日夜から23日未明にかけ相次ぎ、奄美南部では最大震度4を観測した。
 23日4時半過ぎ、沖縄本島近海を震源とする地震があった。震源の深さは約50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.9と推定される。
 この地震で天城町で震度4を観測、伊仙町や知名町、与論町で震度3を観測した。消防によると、伊仙町に住む女性(82)が避難する際に転倒し左足の痛みを訴えていて骨折した疑いがあるという。
 22日8時過ぎにも知名町や伊仙町、和泊町で最大震度3を観測する地震があり、鹿児島地方気象台は「今後も同程度の地震が起こる恐れがある」と注意を呼び掛けている。

鹿児島2020.05.23 11:50

児童クラブに感謝の花プレゼント

菊池市の保育園や児童クラブで働く保育士らに感謝と応援を込めて花やお菓子がプレゼントされた。

休校中も子どもを預かる保育士たちに感謝を伝えようと菊池市の江頭実市長が菊池第2さくら幼楽園を訪れトルコギキョウやカスミソウが入った花束とお菓子の詰め合わせを贈った。

菊池市が県内一の出荷をほこるトルコギキョウやお菓子を買い取り新型コロナウイルスで大きな打撃を受けている花農家や菓子組合を支援する取り組みで、菊池市内の保育園や放課後児童クラブなどあわせて40か所に贈られた。

熊本2020.05.22 20:20

県劇がSNSでアーティスト支援

いまも制限されたままの舞台芸術の活動。そのような中、熊本県立劇場が熊本のアーティストたちを支援する新たな取り組みを始める。

熊本市の熊本県立劇場。
新型コロナの影響で3月から演劇やコンサートなどが全て延期や中止になっている。

そこで舞台での活動ができなくなったアーティストを支援しようと劇場が企画したのが「ケンゲキアートチャンネル」。

熊本出身もしくは県内在住アーティストからパフォーマンス動画を募集しインターネットで公開して“出演料”を支払うというもの。

音楽や演劇などで収入を得ているアーティストの応援と県民に芸術を鑑賞する機会を提供することが目的。

佐藤奈々絵さん(熊本県立劇場)
「県民の皆さんには劇場に気軽に来て頂ける日が来るまでケンゲキアートチャンネルでパフォーマンスを楽しんでいただければ」

動画公開は県立劇場の公式YouTubeチャンネルで6月中に始まる予定。詳細は熊本県立劇場で検索。

熊本2020.05.22 20:16

県が数値目標を発表 クリアすれば支援策を進める

 県は22日、50億7900万円にのぼる、新型コロナウイルスの新たな対策を発表した。県は、経済活動を支援するための数値目標を明らかにし、その目標をクリアすれば、県民を対象に最大1万円の宿泊券を支給するなどの支援策を進めるとしている。
 目標は、直近1週間で新しい感染者の数が2人以上でないこと。感染経路が不明な人が1人以上出ないこと。PCR検査の陽性率が3.5%以上にならないこととしている。ウイルスが全国的になくなったわけではない。
 景気支援策を打つためにも感染拡大防止の徹底が大事。県は、この目標をクリアすれば、県独自の支援事業を始めるとしている。具体的には、観光への支援策として、県民4万人を対象に最大1万円の宿泊券を支給。例えば4人家族が利用した場合は、4万円が支給される。1組3000円分のタクシー券もセットになっている。目標をクリアした場合、来月20日から始めたいとしている。
 このほか、消費の活性化を図るため、県内の飲食店などで使えるプレミアム付き商品券を販売。5000円分を4000円で買える。子育て世帯はさらに1000円安く、5000円分を3000円で買うことができるという。こちらは7月20日からの実施を目指している。
 また、県産の和牛やブリカンパチを県内724の小中学校の給食に提供し生産者の支援につなげる。県は、この支援策の費用に50億7900万円をあてこの費用を盛り込んだ補正予算案を6月議会に提案する。

鹿児島2020.05.22 19:55

コロナで疲れた心を癒して…音楽家が演奏会

 新型コロナウイルスで疲れた心を癒してもらおうと、霧島市でプロの音楽家が無観客での演奏会を開いた。
 霧島市の宿泊施設「天空の森」で行われた演奏会。優しい音色を奏でているのは県内のプロの音楽家。新型コロナウイルスの影響で疲れている人たちの心を癒しイベントの自粛や中止で演奏の場を失った音楽家を元気づけたいと企画された。観客を入れずに行われ、4人の音楽家があわせて6曲を披露。その様子は、SNSでも配信された。美しい自然を前に会場にはゆったりとした時間が流れていた。

鹿児島2020.05.22 19:48

指宿市でテイクアウト商品 タクシーで配達

 飲食店の「お持ち帰り」をもっと利用してもらおうと、指宿市で新たな取り組みが始まった。テイクアウト商品をタクシーが配達しその配達料を市が負担する取り組みだ。
 県内屈指の観光地、指宿市。市の観光協会によると、宿泊施設は休業を続けているところも多く、観光客の姿はほとんど見られないという。
 JR鹿児島中央駅と、指宿駅を結ぶ観光列車「指宿のたまて箱」も、すでに来月末までの運休が決まっている。
 指宿駅前に店を構える老舗の郷土料理店の中村勝信代表は「9割ぐらい売り上げが落ちている。観光客に助けられていたんだなとつくづく感じた」と話した。観光客の6割が注文するというのが、甘辛く味付けした黒豚の上に、温泉卵を落とした「温たまらん丼」。新たな客層を見出そうと、先月半ばからテイクアウトにも力を入れている。
 指宿市では22日、こうしたテイクアウトを市民にもっと利用してもらおうと新たな取り組みが始まった。タクシーを使ったデリバリーサービスだ。仕組みは、飲食店に電話でテイクアウト商品を注文する。すると店から依頼を受けたタクシーが商品代を一旦建て替え、注文者の元へ商品を配達。ここで注文者が運転手に支払うのは商品の代金のみで、タクシー料金は不要だ。代わりに指宿市が、タクシーの経費を負担する。
 指宿市に事業を提案したのは地元のタクシー会社だ。観光客の激減で売り上げが前の年の3割ほどに落ち込む中、デリバリーに活路を見出そうとしている。事業を提案した指宿観光交通の別府竜人社長は「飲食店がテイクアウトに力を入れている中で、商品をタクシーで運ぶことで需要をもっと掘り起こせないか。タクシー料金は一つハードルになるので、市の方で負担して貰えないかと考えた。業界も力を合わせてなんとか生き延びていければ」と話した。
 配達サービスは市内を2つの区域に分けて行われ、指宿地域の飲食店が23店舗、山川・開聞地域は3店舗参加している。配達は毎日夜6時から7時頃に行う予定で、注文の締め切りは店により異なる。指宿市ではこの事業に約218万円の予算を計上し、参加する飲食店をさらに募りながら10月末まで続けることにしている。

鹿児島2020.05.22 19:44

九州知事会 九州間の移動今月末までは自粛を要請

 九州地方知事会は、県境をまたぐ不要不急の移動について今月末までは自粛を要請することで一致した。
 今月22日に開かれた九州地方知事会議で、九州内の県境をまたぐ人の移動について話し合われた。この中で、都市部などで緊急事態宣言が続いていることや九州内の解除後の影響を見極める必要があることなどから、県境をまたいだ不要不急の移動については今月末まで自粛を要請することで一致した。
 九州地方知事会の広瀬勝貞会長は会見で「関西がつい昨日解除された。都市部が不安定で心配な状況ということでもう少し様子を見る必要がある」と話していた。
 また、観光業が落ち込んでいることから九州一丸となって復興を目指していくことも確認された。

鹿児島2020.05.22 19:29

福岡市の「かしいかえん」1か月半ぶりに営業再開

新型コロナウイルスの影響で休園していた、福岡市の遊園地・かしいかえんが22日、1か月半ぶりに営業を再開しました。福岡市東区のかしいかえんは、緊急事態宣言の翌日=4月8日から臨時休園していましたが、22日、1か月半ぶりに営業を再開しました。感染予防のため、園内にはアルコール消毒液を設置、アトラクションは一定の間隔をあけた目印に並ぶよう呼びかけました。一方で、観覧車など一部のアトラクションは、換気などの対策が整うまで、引き続き休止するということです。

福岡2020.05.22 19:27

コロナ禍・戸畑祇園大山笠がことし中止に

夏の夜空を提灯山が彩る、北九州市戸畑区の伝統行事・戸畑祇園大山笠はことしの開催が中止されることが決まりました。感染拡大を防ぐため中止が決まったのは、ことし7月24日から26日に実施される予定だった、戸畑祇園大山笠の一連の行事です。200年以上の歴史がある戸畑祇園大山笠は、昼は絢爛豪華な刺繍で彩られた幟山笠、夜は幻想的な提灯山笠と、昼と夜で表情を変えるのが特徴で、2016年にユネスコの無形文化遺産に指定されました。戸畑祇園大山笠の中止は、戦後にまつりが復活して以降、初めてです。また北九州市では7月に予定されていた「小倉祇園太鼓」の中止と、7月末から8月に開催予定だった「わっしょい100万夏まつり」の延期も、22日に正式決定しました。

福岡2020.05.22 19:27

10万円給付金の申請書類・福岡市は対象の2%台

国民1人10万円配布される特別定額給付金についてです。福岡市が郵便局に持ち込んだ「郵送申請」に必要な書類の数がきょうの時点で対象世帯の2%あまりにとどまっていることが22日午後、福岡市西区の今宿郵便局には、およそ1万世帯分の申請書類が届けられました。福岡市では今月15日から、1人一律10万円の特別定額給付金の申請書の発送を始めています。福岡市が22日までに郵便局に持ち込んだのは2万世帯分。対象となる82万世帯の2.4%にとどまっています。福岡市のコールセンターには「書類が届かない」など、郵送申請に関する問い合わせが、22日時点で2400件寄せられています。福岡市では6月の初めまでには、すべての世帯に届けたいとしています。

福岡2020.05.22 19:27

営業再開後初の週末 かごしま水族館の対策

 かごしま水族館は今月23日、営業を再開して初めての週末を迎える。来館者の増加に備え様々な対策をとりながら対応にあたっている。
 鹿児島市のかごしま水族館は、今週月曜に38日ぶりに営業を再開した。訪れた人は「水族館大好きなのでやっと開いて良かった」と話していた。
 館内には消毒液や飛沫防止シートのほか、受け付けやショップには間隔を空けて並ぶよう案内するシートが張られている。対策は他にもあり、訪れた人の中から感染者が確認された場合に備え、代表者に連絡先などを書いてもらう取り組みも始めた。
 今月23日は、営業を再開してから初めての週末。訪れる人が増えた場合は、館内が混雑する恐れもあることから連絡先のカードを駐車場などで配り記入してもらうことにしてる。
 かごしま水族館の佐々木章館長は「3密防止ということで入場の際に距離をあけて見てもらうなどご協力をいただくことがあると思うがぜひ協力してもらい、生き物たちの様子をご覧いただきたいと思う」と話していた。
 混雑を避けるためにイルカの時間など全てのイベントは中止となっている。

鹿児島2020.05.22 19:11

熊本市の介護施設 虐待で処分

2年前、職員が入居者の女性の腹などを殴って死亡させた熊本市西区の介護施設について、熊本市は複数の虐待があったとして運営会社に対し事業の一部停止などを命じる行政処分を行った。

行政処分を受けたのは熊本市西区にある介護施設「ゆうしん三丁目」を運営する「ゆうしん」。

「ゆうしん三丁目」では2018年、男性職員が当時88歳の入居者の女性の腹などを数回殴るなど暴行を加えて死亡させ傷害致死罪で逮捕・起訴された。

熊本市が施設を調べた結果、2018年3月から7月にかけてほかの男性職員2人も複数の利用者に対し頭をたたくなどの虐待を行っていたという。2人はその後、施設を退職した。

熊本市は22日付けで運営会社の「ゆうしん」に対し「ゆうしん三丁目」で6か月間、新規利用者の受け入れを停止するなどの行政処分を行った。

熊本2020.05.22 19:08

Denkikan 営業再開

新型コロナウイルスの影響で休館していた老舗の映画館「Denkikan」が5週間ぶりに営業を再開した。

創業100年を超える老舗の映画館。
再開初日の22日には心待ちにしていた常連客の姿が見られた。

迎え入れる劇場側も新型コロナへの対策に力を入れている。

松本茜記者
「座席数を制限し密にならないよう工夫している」

140人が座れる会場では隣り合わせにならないように入場人数を50人に制限。上映後の時間も長めにとって換気や消毒をするなど安心して映画を楽しめるよう感染対策を徹底している。

常連客は…
「楽しみに楽しみに指折り数えて待っていた」

休業を余儀なくされ収入が激減したDenkikan。
客足がすぐには戻らない苦しい状況のなかで営業を続ける背景には常連客の存在があった。

Denkikan船津康幸さん
「常連客の存在はとても大事。熊本でもここでしかやっていない映画が多い。それを待つお客さんのため継続させて行けたら」

Denkikanでは当面の間、入場人数や上映数を制限しながら午後6時ごろまで営業するという。

熊本2020.05.22 19:04

熊本地域医療センターが新規患者の診療再開

4人の新型コロナウイルス感染者が見つかり新規や休日夜間の救急患者の受け入れを休止していた熊本地域医療センターが新規患者の診療を再開した。熊本地域医療センターでは今月8日に4人目となる検査技師の感染が確認されたため、9日から新規患者の診療や内科・外科・小児科の休日夜間急患センターでの患者の受け入れを休止していた。4人目の感染者に濃厚接触者はなく、同じ部署の職員を検査し全員の陰性が確認されたことやその後、新たな感染者が発生していないことから22日の午前8時半から新規患者の診療を再開した。休日夜間急患センターについては小児科のみ今月18日にすでに受け入れを始めていて、内科と外科は今月25日から再開する。

熊本2020.05.22 12:33

大津町の小学校で倉庫全焼

火事があったのは大津町の大津東小学校。22日午前3時20分ごろ、近くの住民から消防に通報があった。火はおよそ1時間後に消し止められたが、屋外にあった倉庫2棟およそ50平方メートルが全焼した。けが人はいなかった。大津東小学校によると全焼した倉庫にはボールやテントなど体育用具が入っていて、電気は通っていなかったという。警察と消防で火事の原因を調べている。

熊本2020.05.22 12:26

強盗致傷の疑い鹿児島市の男2人を逮捕

 知人の男性(20代)の顔を殴るなどしてケガをさせ現金を奪ったとして、鹿児島市に住む男(22)2人が強盗致傷の疑いで逮捕された。
 逮捕されたのは、鹿児島市吉野町の建設業東垂水大空容疑者(22)と、鹿児島市吉野2丁目の建設業中馬亮太容疑者(22)。
 警察によると2人は、今月3日の未明に、県内に住むの知人の男性(20代)の顔を殴り胸などを蹴るなどして全治1週間のケガをさせ現金6万円を奪った疑いが持たれている。
 男性が、警察に被害届を出したことから事件が発覚。警察の調べに対し2人は、「暴行は加えたが、金は取っていない」と一部容疑を否認しているという。

鹿児島2020.05.22 12:05

奄美地方 23日にかけ強い雨などに注意

 奄美地方では22日昼過ぎから23日にかけて落雷や突風、急な強い雨に注意が必要。
 鹿児島地方気象台によると、梅雨前線が23日にかけて沖縄付近に停滞する見込み。奄美地方では竜巻などの激しい突風が発生する可能性は低くなったが、梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となりそうだ。奄美地方で23日正午までに予想される雨の量は1時間に最大で30ミリ、24時間に120ミリとなっている。前線に近い奄美地方南部では22日昼過ぎから23日にかけ局地的な落雷や突風、急な強い雨に注意が必要。

鹿児島2020.05.22 12:04

新型コロナ・連合福岡が無料労働相談

休業補償の不払いなど、新型コロナウイルスによる労働問題について、連合福岡は22日から臨時の電話相談を行っています。福岡市の連合福岡では、労働にかかわる制度など、専門知識を持つ相談員などが無料で電話での相談に応じています。連合福岡では、新型コロナが感染拡大したことし3月から4月の2か月で、70件を超える相談が寄せられたということです。相談の内容は「会社から休みを取るように命じられたが補償を支払ってもらえない」や「会社が雇用調整助成金を申請してくれない」など、休業補償に関するものが、特に多いということです。臨時の電話相談、電話番号は0120-154-052です。22,23日は午前10時から午後7時まで受け付けていますが、翌週以降も平日の午前10時から午後5時までは受け付けるということです。

福岡2020.05.22 12:04

御用だ!北九州市でさい銭ドロ

北九州市の神社で、さい銭箱から現金を盗んだとして、男が逮捕されました。未明の神社で、本殿に近づく男。さい銭箱の横にしゃがみ込むと、手慣れた様子で、さい銭箱の底をスライドさせて、何かを持ち去ります。この直後、男は張り込んでいた警察官に現行犯逮捕されました。逮捕されたのは、北九州市小倉南区徳力団地の無職・泉拓弥容疑者(21)です。警察によりますと、泉容疑者は22日午前4時半ごろ、北九州市小倉南区徳力の神社のさい銭箱から現金90円を盗んだ疑いです。この神社では、さい銭を盗まれる被害が今月に入って相次いでいて、警察に相談していました。泉容疑者は「金がなくたばこを吸うことができないので、お金を取りました」と話しているということです。

福岡2020.05.22 12:03

「受診控え」の可能性 福岡県医師会が適切な受診呼びかけ

新型コロナウイルスによるいわゆる「受診控え」が起きている可能性があるとして、福岡県医師会が適切な受診を呼びかけています。

■福岡県医師会 上野道雄副会長
「(受診控えで)がんの発見が遅れる重篤な感染症の発見が遅れる コロナよりも受診控えによる被害のほうが大きいかもしれない」

福岡県医師会はきょうの会見で、慢性疾患の患者が新型コロナウイルスへの感染を警戒して、必要な受診をためらういわゆる「受診控え」が起きている可能性があると指摘しました。

医師会によりますと県内の病院の先月の外来患者は去年に比べ1割から3割程度減少しています。

高血圧や糖尿病など慢性疾患を持つ患者が 適切な受診をせずに、薬の服用を中断した場合、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こすおそれがあるということです。

また、幼児などに行う予防接種も接種率が下がっているということで、県の医師会は、適切な実施を呼びかけています。

福岡2020.05.21 19:41

玄界島82歳女性殺害事件 逮捕の男殺人などの罪で起訴

先月、福岡市の玄界島で82歳の女性を殺害したなどとして男が逮捕された事件です。福岡地検はきょう男を殺人などの罪で起訴しました。

起訴されたのは住居不定の漁師中村雅満被告(45)です。

起訴状などによりますと中村被告は先月29日、福岡市西区玄界島の中学校の旧校舎で、島に住む当時82歳の女性の頭をコンクリートブロックに打ちつけ、首を手やひもで締めつけるなどして殺害したなどとされています。

福岡地検は中村被告の認否を明らかにしていません。

殺害された女性の遺族は「深い悲しみにくれています。いまも現実を受け入れることができていません」とコメントしています。

福岡2020.05.21 19:40

福岡市の小学校できょうから分散登校が始まる

緊急事態宣言の解除を受け、福岡市の小学校できょうから分散登校がスタートしました。

■「久しぶり!」「久しぶり!」

福岡市東区の筥松小学校でも学年ごとの分散登校が始まり、きょうは2年生と4年生あわせて238人がおよそ80日ぶりに校門をくぐりました。

児童たちは新学年の新しいクラスとなりますが、当面は密を避けるため1クラスを2つの班に分けて別々の日に登校することになります。

一方、久しぶりに登校する児童の安全を守ろうと福岡市東区の小学校では東警察署の警察官が校門などに立ち児童の登校を見守りました。

福岡県警はことし3密を避けるため新入生への交通安全教室などが開けないため横断歩道の渡り方などを学校でしっかりと教えてもらいたいとしています。

福岡2020.05.21 19:40

福岡市の博多阪急できょうから全館で営業再開

福岡市の博多阪急ではきょうから全館で営業を再開しました。これで福岡県内のすべてのデパートが営業を再開したことになります。


きょう1か月半ぶりに全館での営業を再開した博多阪急では午前11時のオープンを前に客が間隔を開けて列をつくっていました。

博多阪急では、入り口で客の手の消毒や検温を実施し、体温が37・5度以上の場合は入店ができません。

また従業員はフェイスシールドをつけて接客にあたっていました。

■客
「阪急さんが開かないと不便なんで開いて良かったと」

■客
「人通りが少ないかな。安心しました。密だったらちょっとこわいかな。(買い物を)やめて帰ろうかと思いましたので」

博多阪急では当面、営業時間を短縮し午前11時から午後7時までとしています。

福岡2020.05.21 19:39

自民党県連 選挙対策後に県議に30万円

 夏の県知事選挙に出馬を表明している三反園知事を推薦する自民党の選挙対策会議の直後、県議会議員に現金30万円が配られていたことがわかった。現金を配られた自民党の県議からは「選挙への協力金ではないか」と疑問の声が挙がっている。
 県連外観現金30万円が配られたのは今月8日に行われた三反園知事の選挙対策会議の直後。会議には自民党に所属する県議38人のうち37人が出席し、三反園知事の選挙事務所の幹部からポスターや推薦状の用紙などが配られ選挙への協力が呼びかけられた。 
 会議が終わると自民党県連から封筒に入った現金30万円が「調査活動費」として配られた。調査活動費は県連の予算から党勢の拡大や情報収集などに充てるものとしてほぼ毎年、議員に配られている。新型コロナウイルスの影響で会合が開けず、今年はこの時期に配ることになったと説明する。
 しかし、現金を配られた議員から疑問の声があがっている。ある自民党県議からは「選挙対策会議のあとに配られた。選挙に協力しろということかと受け止めた」と話し、別の県議からは「現職への応援がうまくいっていないから、我々を金で縛ろうとしているのではないか」と話した。
 投票や票のとりまとめを依頼するために現金を配ることは公職選挙法で禁じられている。自民党県連の日高幹事長は21日、今回配ったのは「調査活動費」で、問題はないが、配慮が足りなかったと話す。日高幹事長は「選対会議の中で配ったのではなくて会議は終わって調査活動費を支給した。今回、疑念を持つことになったのは私も配慮が足りなかった。もう少し考えてやればよかった。反省している。」と話した。自民党内からも疑問の声が挙がった今回のケース。三反園知事の応援に向け気を引き締めたいと話していた。

鹿児島2020.05.21 19:34

かごっまふるさと屋台村 一部営業再開

 新型コロナウイルスの影響で約40日間休業していた鹿児島市の「かごっまふるさと屋台村」が21日から一部で営業を再開した。 
 21日午後3時。店のスタッフが久しぶりに集まり、営業再開に向け準備を始めた。先月13日から臨時休業していた「かごっまふるさと屋台村」。感染防止の対策をとりながら、約40日ぶりに、26ある店のうち半分を開けることにした。店主は「ようやく開店できてうれしい。迷惑がかからないよう感染防止をしながら接客していきたい」と話した。4か所ある入口は1か所に限定され、入る際は身分証を提示し、検温、手の消毒をすることになっている。
 午後5時。オープンと同時に、再開を待ちわびた客がお目当ての店に直行した。客は「久しぶりに屋台村に来た。この雰囲気を味わえて楽しい。応援したい」と笑顔を見せた。
 客の約4割が県外や海外からだったが、当面の間は、入店を県内在住者に限る。カウンター席が中心の店では、客同士の間隔をあけるため客席を半分にする。
 今年いっぱいで営業を終える屋台村。休業するまでの先月の売り上げは去年と比べ、9割減っている。徐々に元の活気を戻せるよう、取り組みたいとしている。NPО法人鹿児島グルメ都市企画の古木圭介理事長は「前向きに考えた方がいい。みんなで試練を乗り越えようと言っている。お客さんの癒しの場になれば」と今後に期待を込めた。
 「かごっまふるさと屋台村」は当面の間、営業時間を短縮し、午後5時から10時までとなっている。

鹿児島2020.05.21 19:34

お家で旅気分 駅弁をドライブスルーで販売

 出水市で、駅弁のドライブスルーでの販売が21日はじまった。次から次へと注文が入る鹿児島の名物「えびめし」。50年以上、旅のお供として楽しまれている駅弁が、ドライブスルーで販売されている。
 県外への移動が制限される中少しでも旅行気分を味わってもらおうと出水市を拠点に弁当を販売する松栄軒が企画した。今回は“駅弁仲間”。横浜で大人気の崎陽軒の「シウマイ」も特別に販売されている。
 夜の部では客のニーズにあわせ、黒豚の焼き豚やオードブルも販売される。ドライブスルーでの販売は今月24日まで。

鹿児島2020.05.21 19:31

かごしま国体 専門家「なるべく早い開催を」

 今年の秋に予定されているかごしま国体。予定通りの開催が厳しい状況となっている。県は様々な延期のパターンをシミュレーションしているが、鹿児島の経済にとって、どの時期に開催することが望ましいのか専門家に聞いた。
 かごしま国体、かごしま大会には選手や観客など、80万人の関係者、619億円の経済効果が見込まれている。しかし、予定していた今年10月からの開催が厳しい状況となっている。県は「中止だけは避けたい」と、様々な延期のパターンをシュミレーションしている。
 4年先の滋賀県まで開催場所は決定、内定しているため5年後の2025年に延期するパターン。2度目の開催がすべての県で終わるのは2033年。その翌年、2034年に延期するパターンなど。
 鹿児島の経済にとって、どの時期に開催することがいいのか。九州経済研究所福留一郎部長は、オリンピックが予定される来年の開催が一番効果が期待できるとした上で、5年後の開催については「経済効果がどうかは分からない。ただ、2025年は大阪万博が開催される予定の年なので、インバウンドが回復していれば相乗効果も少し期待できる」と話した。
 14年後の開催については「とても先の話で、状況は見通しづらい。2034年開催は経済効果も含めて全体的にどうかと思う」と話した。疲弊している鹿児島の経済にとっては、新型コロナ収束後、一刻も早い開催が望ましいと話する。
 「よく言われるのが景気の気は気持ちの気。マインドが大事、そこを途切れさせない。我々にとっては今の気持ちモチベーション、今年に近い開催が望ましい。」と話した。三反園知事は20日、来月上旬をめどに最終的な判断する考えを示している。

鹿児島2020.05.21 19:29

感染恐れ歯科受診減少 影響は

 新型コロナウイルスへの感染を恐れ、歯科の受診をためらうといった声が聞かれる。一方で歯科医は、歯の治療を放置すると「新型コロナ感染症の重症化のリスクが高まる」と指摘する。一体どのような危険性があるのか?
 街の人に最近、歯の診察に行ったことがあるか話を聞いた。男性(60代)は「よっぽどひどくない限り行くことは控える。逆に移すことにも危険性がある」と話した。子供の保護者は「定期健診だったら、子供に変化がなければ延期したかもしれない」と話した。感染する、感染させることを不安に思い、急ぎでない限り、歯の治療に行くことをためらうという。
 実際はどうなのか?歯科医療の現場で働く、県歯科医師会の会長に話を聞いた。伊地知博史会長は「コロナの影響もあってか、患者の数が減った」と話した。いぢち歯科クリニックでは、予約をキャンセルしたり、延期したりする患者もいて、歯の治療に訪れる人が減ったという。患者の数が減ったのはこの病院だけではない。
 今月県の歯科医師会が行った来院患者についてのアンケートによると、回答した312人の歯科医師のうち、約85パーセントにも及ぶ263人が、患者が減ったと回答した。新型コロナの影響とみられる。
 伊地知会長は、治療を受けるべき患者が受診をためらうことに対して警鐘を鳴らす。これまでも、口の中が不衛生な状態だと、細菌性の肺炎にかかる可能性が指摘されている。それは、新型コロナに感染した際重症化するリスクが高まることを意味する。また、歯の痛みで食事を我慢し、栄養が不足することは、免疫力の低下にもつながる。
 口内環境を整えるために、私たちがすぐにできることを聞いた。伊地知会長は「歯ブラシ、歯間ブラシ、舌を磨くことも大切」と話した。細菌がたまりやすい舌の洗浄も大事だという。
 歯の痛みや違和感があるときは、自分で判断せず、まずはかかりつけの歯科医院に相談してほしいという。

鹿児島2020.05.21 19:25

国あっせんの消毒液受け取り拒否

消毒液が不足している医療機関などに届けられた、国があっせんした消毒液が、定価の数倍以上したり、医療機関で使えないものだったりしたため、医療機関側が受け取りを拒否するケースが出ていることがわかった。
医療機関や高齢者施設などの消毒液不足で国は3月以降、都道府県を通して消毒液のあっせんを行った。熊本県では県から依頼を受けた県医師会が注文をとりまとめたが、その際「通常のものより割高になる」と説明したという。
ただ、消毒液は10種類あり、価格もバラバラで選ぶことはできない仕組みになっていた。このため定価の数倍もする消毒液や、医療機関では使えない低アルコール濃度の消毒液が届いたところもあったうえ、キャンセルも出来ないため、県や医師会に苦情の電話が寄せられたほか、受け取りを拒否した医療機関も数件あるという。
県医師会は「せめて定価ベースであっせんしてほしかった。患者が不安になるのがいちばん心配」としている。また熊本県は「低濃度の消毒液については国に対応を申し入れた」としている。

熊本2020.05.21 18:46

コロナ失業備え熊本市20人採用

新型コロナウイルスの影響で失業者の増加が心配される中、熊本市は非常勤職員として雇用していく方針を明らかにし、来週からまず20人を募集することにした。
これは臨時議会で熊本市が新型コロナウイルスについての雇用対策として示したもの。熊本市の広い範囲を管轄しているハローワーク熊本がまとめた3月の会社都合による失業者の数は203人で、去年の同じ月を43人上回った。熊本市は今後失業者の増加が見込まれるとして失業した人や内定を取り消された人を非常勤職員として直接雇用する方針を決めた。
熊本市は来週にも熊本市のホームページで募集を始める。雇用するのは当面20人で、期間は来年3月までを予定している。熊本市では「失業者の増加が懸念されるため、情勢を見ながら雇用の確保に努めたい」としている。 

熊本2020.05.21 18:39

清正公まつり・清正公夜市中止に

7月に予定されていた熊本市の夏の風物詩「清正公まつり」の中止が決まった。
加藤神社の夏祭り・「清正公まつり」は、長年途絶えていた神幸行列を1975年に復活させたもの。加藤清正などに扮して威勢よく街に繰り出す神幸行列は、熊本に夏の訪れを告げる祭りとして親しまれている。ことしは7月26日に予定されていたが、まつりを行う「清正公まつり奉賛会」では、新型コロナウイルス感染防止の観点から中止を決めたという。また、神幸行列の1週間前に加藤神社の境内で行われる「清正公夜市」も中止になった。 

熊本2020.05.21 18:37

熊本県が新型コロナウイルス電話相談窓口を1本化

熊本県は新型コロナウイルスについて各保健所で受けていた電話相談の窓口を21日から1本化して対応している。県は、これまで新型コロナの電話相談を県健康危機管理課と各保健所のあわせて11か所で受けていた。県によると、相談は1日600件を超える日もあり、毎日100件前後の相談が寄せられている。窓口の1本化で保健所の負担を減らし、県民の相談にも迅速に対応したいとしている。専用窓口の電話番号は、096-300-5909、24時間受け付ける。熊本市に住む人の窓口は、これまで通り、096-364-3222または096-372-0705。

熊本2020.05.21 12:45

最後のH2Bロケット 打ち上げ成功

 21日未明、最後となるH2Bロケットの打ち上げが種子島宇宙センターで行われ、打ち上げは成功した。
 H2Bロケット9号機は、21日午前2時31分に種子島宇宙センターから打ち上げられた。その後宇宙ステーション補給機「こうのとり9号機」を予定の軌道で切り離し、打ち上げは成功した。今年度から新たなH3ロケットの打ち上げが始まるため、H2Bロケットの打ち上げはこれが最後となる。三菱重工の阿部直彦防衛・宇宙セグメント長は「終わってほっとしている。次のH3ロケットにヘリテージ(受け継いできたもの)をぜひ引き継いでいきたい」と話した。
 また、国際宇宙ステーションに食料やバッテリー、実験機器などを運んできた「こうのとり」も、最後の任務となる。今回は機体に搭載されたカメラで撮影した動画を、リアルタイムで国際宇宙ステーションに送る実験を行う。このデータは今後導入される後継機、「HTV-X」の開発に役立てられる。こうのとり9号機は、今月25日に国際宇宙ステーションに到着する予定だ。

鹿児島2020.05.21 12:31

菊池渓谷が立ち入り再開

新型コロナ感染拡大防止のため閉鎖されていた菊池渓谷の立ち入りが20日に再開された。菊池渓谷では、先月25日から立ち入りを禁止していたが県内の緊急事態宣言が解除されたことを受け再開した。訪れた人は早速、森林浴を楽しんでいた。訪れた人は「ずっと家にいたのでめっちゃ落ち着く」「やっぱりいい緑多くて一番いい時期」と話した。菊池市では、訪れる人が多い場合、立ち入り人数を制限するとしている。

熊本2020.05.21 12:27

北九州市「新しい生活様式」で避難所を開設

北九州市は、豪雨など災害時に新型コロナ対策の「新しい生活様式」に基づいた避難所を開設すると発表しました。

これは北九州市の北橋市長がきょう、明らかにしたもので災害時に開設する避難所の数を混雑を避けようとこれまでの105カ所から145カ所に増やします。

「3密」を避けるためホールや和室以外にも会議室なども活用しこれまで2平方メートルだった1人あたりのスペースを4平方メートル確保するようにします。

また、避難してきた人の健康観察などのために配置する職員を1人から2人以上に増やし、体温計やマスク消毒液なども配備します。

北九州市は今月29日に避難所の設営訓練を行うなどして市民が安心して避難できる環境づくりをすすめたいとしています。

福岡2020.05.21 12:20

長洲港に「喜望の鐘」設置

長年、航海の安全に使われていた船の鐘が玉名郡長洲町の長洲港いこいの広場に「喜望の鐘」として設置され、20日に贈呈式が開かれた。式では長洲有明ライオンズクラブの木下綽会長から「町の観光資源に役立てて下さい」と中逸博光町長へ贈られた。鐘はライオンズクラブ会員の中村正一郎さんが船長として世界の海を航海していた漁船に付いていた鐘で、レーダーがない時代、濃霧などで視界が悪い時に、この鐘を鳴らしたという。社会に明るい希望を届けたいとの願いを込めて設置された。中逸町長は「この喜望の鐘が明るく未来を照らすようになってもらいたいと思う」と話した。

熊本2020.05.21 12:09

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース