九州のニュース

3回目のワクチン接種実施へ 福岡の反応

銀杏庵 穴生倶楽部(北九州市八幡西区) 「町内会の人が敬老のお祝いと言って持ってきてくれてたよ。 栗まんじゅう」 きょう、北九州市の特別養護老人ホームでは、入居する高齢者の家族が訪れ、面会を行っていました。 この施設では、パーティションなどの感染対策を行い、15分間という限られた時間での面会を1年以上続けています。入所者と職員の9割以上がワクチン接種を終えていますが、感染への不安は消えないと話します。 銀杏庵 穴生倶楽部 権頭喜美恵理事長 「ワクチン接種終えてから、日数がたってきますと効果も低下してくるということで、感染するリスクを感じておりますので怖いです」 そんな中、議論が始まった3回目の接種について入所者は。 「(3回目)打ちますかと聞かれたら一番に打ちますよ」 「打たないと心配」 一方、施設側は葛藤も抱えています。 「できれば(3回目の接種も)高齢者を優先していただけるといいなと思います。ただ、今のところ1回目、2回目、まだの方もいらっしゃるからですね、ワクチンの数が足りないという話も聞きますし、その前に3回目していいのかなというのもあります」 ワクチンを2回接種した場合でも有効性が低下することが報告されていることから国は3回目の接種を行うことを決めました。きのう厚生労働省が自治体向けのオンライン説明会を行うなど準備に向けて動きだしています。説明会では2回目の接種から8か月以上あけ、早ければことし12月にも医療従事者の接種を始める予定です。 3回目の接種が議論されている背景にはワクチンの2回接種後に感染する「ブレイクスルー感染」が少しずつですが広がっているからです。福岡市によりますとことし6月末から今月10日までの感染者、およそ1万6000人のうち2回目接種後の感染はおよそ600人で3.9%を占めます。 コロナの重症患者の治療にあたる福岡大学病院では、医療従事者の2回目の接種からおよそ半年が経過し警戒感を強めています。 福岡大学病院救命救急センター 石倉宏恭センター長 「日本もまた第5波が収束してきているがそれが再度第6波が来ることは十分考えておかなければならない。患者に接しているわれわれは感染する可能性があるので怖いなというそういう意識はあります。私はこの世界の状況を見ると(3回目は)打つべきだと思います」 石倉センター長はワクチンの効果を継続することが医療体制を守ることにつながると話します。 「スタッフにいろいろと指示をするときワクチンを打っていないとき少しブレーキがかかったことがあった。それが(ワクチン接種で)解消された部分もあるそういうこと(安定した医療体制)が継続してできる」 3回目の接種に向けて関心が高まっているのが体内に侵入してきたウイルスとたたかう抗体についてです。 福岡市のベンチャー企業では虫のカイコが作るたんぱく質を活用して体の中の抗体量を測定できるサービスを今月から開始しました。 発売から2週間でこれまでに4000箱が完売し、さらに1万箱を増産するなど需要の高まっているといいます。 KAICO開発担当 江崎啓一さん 「ワクチンの接種がかなり多くの方が2回接種されてただワクチンを打ったあとにみなさんそれぞれの体の中に新型コロナに対する抗体がどの程度できているかみなさんの関心事になっている」 5段階の抗体レベルのうち、2回接種した人は平均してレベル4の値が出ますが、中には抗体が少ないレベル1や2の値を示す人もいるということです。 「ある研究だと3か月くらいで半分とか4分の1に抗体が下がる人もそういった方は早めに確認してワクチン3回目打っていただければ個人で判断できる指標参考に活用できる」 日本ワクチン学会の理事長で福岡看護大学の岡田賢司教授は、3回目のワクチン接種の必要性を訴えます。 岡田教授 「やっぱりワクチンの一番の目的は重症化、死亡の予防ですよね。 感染予防までは、やっぱり100%はなかなか得られないけれも、やっぱり今のところまだ2回まででほぼ重症化予防、死亡者の予防はかなり保たれていますよね。感染者をできるだけ減らすという意味合いからしても、3回目の接種は多くの国々でやられているように、日本でもやっぱり必要になってきているんだろうというふうに思います」 その上で、接種の対象などについては今後のウイルスの変異などを注意深く見ていく必要があると話します。 岡田教授 「ウイルスの変異パターンとワクチンの効果と重症者、死亡者の数、そういうものをいろいろ見ていかないと、今3回目が絶対必要ですとか、いや3回目はいらないのではないかとか、どういう対象でしょうかとかっていうのは今の時点での話であって、もしかしたら1か月後にはまた全然違う局面になっている可能性があるとは思いますよ」 国は2回目の接種を受けた全員が3回目の対象になることを想定していて今後、福岡でも接種に向けた動きが加速することになります。

福岡 2021.09.23 19:55

長崎県 新型コロナ新たに15人感染確認

新型コロナウイルスは23日、県内で新たに15人の感染が確認された。 新型コロナウイルスは佐世保市6人、長崎市5人、諫早市と佐々町で各2人の計15人の感染を確認。このうち4人の感染経路が特定できていない。時津町運営のスポーツ施設「B&G海洋センター」で活動する市民のサークルで23日までに6人の感染が確認され新たなクラスターに。22日までに21人を検査し陽性者を除く15人は陰性が確認されている。施設は町が消毒を行った上で通常通り開館しているという。また、長崎市ではクラスターが発生しているグループホームで新たに1人が確認され感染者は6人となった。

長崎 2021.09.23 19:50

シルバーウイーク後半 秋の行楽“不安”も

新型コロナウイルスは23日、新たに15人の感染が確認された。「秋分の日」の祝日にあわせ行楽地では多くの家族連れなどの姿がみられた一方で不安の声も聞かれた。 シルバーウイークは「秋分の日」から後半の飛び石連休がスタート。行楽地には多くの家族連れなどの姿が見られた。県は感染状況に応じたステージを独自の緊急事態宣言が出されている佐世保市も含め25日から県全域で「2」に引き下げ外出自粛の制限も解除する。夏休みも外出の機会が少なかったという子どもたちが元気に駆け回る一方で親からは感染の再拡大に不安の声も聞かれた。感染ステージ引き下げに伴い県は県民対象の宿泊キャンペーンも再開し23日から予約の受け付けを開始。25日の宿泊分から割引が適用される。

長崎 2021.09.23 19:47

「コロナ」福岡で123人 4日ぶりに100人超

福岡県ではきょう、123人の新型コロナウイルス感染を確認しました。4日ぶりに100人を上回っています。 感染者の保健所管轄別の内訳は福岡市が50人、北九州市11人、久留米市15人、そのほかの地域で47人です。 検査数は2744件で陽性率は4.5%でした。 90歳以上の女性1人が亡くなっています。 また、宮若市の病院と福岡市の介護老人保健施設で新たなクラスターが発生しています。 新規感染者123人は先週の木曜日より110人減り、30日連続で前の週の同じ曜日を下回っています。 病床使用率も改善傾向が続き、きのうの時点で30.3%と前の日より6ポイント近く下がっています。

福岡 2021.09.23 19:47

糸島「田んぼアート」ことしのメッセージは?

福岡県糸島市では田んぼをキャンバスにした「田んぼアート」が毎年披露されています。 去年はコロナ禍をみんなで乗り越えようと「もうひとふんばり」という文字を作り上げましたが、ことしはどんなメッセージだったのでしょうか。 7月上旬、糸島市の二丈吉井地区で田植えの体験会が開かれ、約90人の親子連れが集まりました。 ■吉住公洋さん 「感覚を短めに縁取りしておくと出来上がりがキレイに浮き上がります」 イベントを主催したのはコメ農家の吉住公洋さん。 子どもたちが一生懸命植えた稲には仕掛けがありました。 ■吉住さん 「9月ごろには真っ赤な赤米の中にちょっとしたあるメッセージが浮かんでくるという仕組みになっています」 一般的な白米と稲の穂が赤い「赤米」を使い分けることで田んぼに文字を描いているのです。 地元を盛り上げようと始まったこのイベントもことしで31回目を迎えました。 ■吉住さん 「昨年が”もうひとふんばり”コロナに負けずみんなでがんばりましょうというメッセージだったので…」 コロナ禍の去年のメッセージは「もうひとふんばり」 あれから1年が経って今回はどんな思いが稲穂に込められたのでしょうか。 田植えから2か月―。青々としていた稲穂がようやく赤く色づきました。 8月の記録的な大雨。そして先週の台風14号。 自然の猛威にもなんとか耐えて浮かびあがったことしのメッセージがこちらです! “ようふんばりました” ■吉住さん 「ちょっと残念ですけど(コロナが)落ち着くまでは時間がかかるみたいですけどみんなよう頑張ったよね、もうちょっとよねというメッセージをデザインしてみました。(来年はコロナとは)全く違うことで願いを込めたり盛り上がったりできるようなメッセージを考えられる年になっててほしい」 “ようふんばりました”と心から思えるその日まで―。 コロナ収束への願いが込められた田んぼアートが私たちにエールを送っています。

福岡 2021.09.23 19:45

新型コロナ 新たに県内5人感染

 新たに感染が確認されたのは鹿児島市の10代の男性と出水市の30代の女性、奄美市の50代の男性と霧島市の20代の男女2人の計5人だ。このうち3人の感染経路が今のところ分かっていない。感染者は4日連続で1桁となった。県内で確認された感染者は累計で9030人だ。  22日時点で病床の使用率は18.4%、人口10万人当たりの療養者数や、直近1週間のPCR検査の陽性率、人口10万人当たりの新規感染者数など全ての指標が、ステージ3の基準を下回っている。  これまでアレルギーなどでワクチン接種をできなかった人にむけ、県はアストラゼネカ製のワクチンの集団接種を行う。  対象はファイザーとモデルナ製のワクチンを接種できない18歳以上。またアストラ製のワクチン接種を希望する40歳以上も受けられる。  会場は鹿児島市立病院で、100人の接種を予定している。1回目の接種は来月2日、2回目は11月27日で、接種時間は午前10時から正午までだ。  予約は24日からで、午前9時から午後5時半まで県のコールセンターで受け付けている。

鹿児島 2021.09.23 19:45

天文館で働く人などに“食材を”

 コロナ禍で苦境に立たされている天文館で働く人たちなどに、食材などが配られた。  「明日へつなげ隊プロジェクト」と題されたこの取り組み。建設業界の有志と鹿児島市社交業組合が行ったもの。県内企業約60社から寄付を募り県産の米2キロや野菜、卵などが準備され、新型コロナの影響を受ける天文館で働く人たちや鹿児島市の飲食店で働く人に配られた。  天文館で働く人は「すごくありがたい。気持ち的に明るくなれるのでまた頑張ろうと思う」と話した。  明日へつなげ隊プロジェクト発起人の若大将会メンバー水口竜成さんは「コロナの前はやはり天文館で我々も会合があったり飲み会があった。本当にみんなの笑顔を思い出したら寂しい思いになってなんかしたいなと言うのが最初の思い」鹿児島市社交業組合谷川麻奈美理事長は「ありがとうを聞きたいわけではなく気持ちから笑顔になってハッピーになってほしいなという気持ちでやっているのでそれが励みになっている」と話した。  今後もプロジェクトを続けていきたいと話していた。

鹿児島 2021.09.23 19:45

“漁に出る準備中に誤って転落か”55歳男性が死亡

 指宿市の漁港で23日朝、男性(55)が海中に沈んでいるのが見つかり、その後死亡が確認された。  死亡したのは、指宿市岩本の漁業高木豊二さん(55)。警察によると、23日午前4時過ぎ、指宿市岩本の今和泉漁港で、近くにいた釣り人が「海に人が落ちたようだ」と警察に通報した。  漁港にいた漁師が付近を捜索したところ、港に係留していた高木さんの漁船のそばで高木さんが海に沈んでいるのがみつかり、搬送先の病院で約1時間半後に死亡した。死因は水死とみられている。発見場所の水深は3メートルほどだったという。  警察によると、高木さんは当時、漁に出る準備をしていたということで、誤って転落したとみて詳しく調べている。

鹿児島 2021.09.23 19:44

指輪をかざすだけで支払い完了 スマートリング登場

福岡市中央区六本松にある書店にきょう登場したのは、スマートリング「EVERING」です。 真っ黒でスタイリッシュなこの指輪。 実は…こちらの指輪を端末にかざすだけで簡単に決済できます。 現金やスマートフォンを取り出すことなく、この指輪をかざすだけで支払いが完了。スマートフォン経由してクレジットカードから好きな金額をチャージして使います。 価格は1万9800円。一般での販売は来月からですが、こちらの会場では実際に指にはめてサイズを確認し購入の予約をすることができます。 「スマート決済ということですごく便利だなということで、きょう朝一番で鳥栖から走ってきました。すごく不思議な気持ちもある使うのをすごく楽しみにしています」 こちらの指輪。日常生活のさまざまな場面でつけたまま使用可能です。例えば…、輪をつけたまま、手を洗うこともできます。 防水機能もついているため、プールや温浴施設でも問題なし! さらに、充電も不要!充電のためにつけたり外したりしなくていいんです。 EVERING マーケティング部 富重豪さん 「生活の中になじむ未来のリングというか、そういった見え方をしてくれるとうれしいなと思います」 このEVERING、大手コンビニやスーパーで決済に利用できるということです。日常生活で使う場面が増えている非接触型の決済、さらなる進化を遂げています。

福岡 2021.09.23 19:44

糸島で2年ぶりの鯉攻め

福岡県・糸島市できょう ユニークな伝統行事、「鯉攻め」が行われました。 「今、参加者たちがため池の中へ入ってきました」 糸島市の井原地区で古くから行われている伝統行事の「鯉攻め」。 その名の通り、鯉を攻め続け一匹残らず鯉を捕まえます。 中には体長80センチほどの大物も! 楽しそうな行事ですが年に一度、古くから行われているのにはきちんとした「理由」もあります。 農業用のため池の水を20日かけて抜き人が入れるくらいの深さにしてそこから鯉攻めを始め1時間で水を抜ききります。 ため池の清掃の意味もありますが参加者が動き回ることで 底にたまった泥も一緒に排水しため池に貯める水の量を保つ狙いもあるんだそうです。 去年は新型コロナの影響で中止となったため、2年ぶりの開催となったことし。 例年より泥が深く溜まっていていつにも増して参加者も悪戦苦闘です…。 地元の小学生 「でっかいコイがとれてよかったです」 緊急事態宣言下ということもあり、参加者を地元の人たちに限定にするなど規模を縮小して行われたことしの「鯉攻め」。 地元では来年こそはより多くの人たちが参加できるようになればと願っています。

福岡 2021.09.23 19:41

鹿児島市“第三者認証店”24日から“酒提供を再開”店は準備に追われる…

 まん延防止等重点措置の影響で禁止されていた鹿児島市の飲食店での酒の提供だが、24日から県の第三者認証を取得した店で再開される。約1か月ぶりの酒の提供。第三者認証店は準備に追われていた。  鹿児島市の飲食店での酒の提供について、県は23日から第三者認証を取得した店について提供を認める。時間は午前11時から午後7時半までで、1グループ4人以内、または同居する家族のみの利用に限る。  天文館の第三者認証店「まえわり屋」。自慢は店名にもなっている焼酎の“前割り”。約1か月ぶりとなる酒の提供。店は「前割り」の仕込みに追われていた。  まえわり屋の大田晃士代表は「やっと仕事が始まった。前もって焼酎と水を割っておくので、もう少し早く決まってくれれば。段取りが難しい」と話した。  いつもは提供する2週間前に仕込む前割り。急ピッチで作業を進めていく。しばらくはこれまで仕込んだ分でしのぐという。  料理長も気合が入る。塚本和成料理長は「まん延なので、刺身も止めて仕込みも仕入れも抑えていたので、明日からたくさん来ると思ったらある程度量を増して仕込みをしないといけない」と話す。  店では“第三者認証”取得の意義を感じていた。大田代表は「最初とった時は何も変わらなかったから意味ないなと思ったけど、こういうので早くお酒を出せるようになったから、とってて良かった。ご飯だけよりは売り上げも上がるし、お客さんも来てくれると思うので、期待してる」と話した。

鹿児島 2021.09.23 19:34

鹿実新体操部“3年生最後の全国大会”

 コミカルな演技が全国で人気を集める鹿児島実業高校男子新体操部。23日にオンラインの全国大会にのぞんだ。3年生にとっては最後の大会だ。  23日に行われた男子新体操全国オンライン選手権。今年は緊急事態宣言などで部活動ができない高校が多かったため、出場校は5校6チームのみ。大会の模様はインターネットで生配信された。鹿実からは、2チームがエントリー。1チーム目はインターハイ出場が叶わなかった3年生たちで組まれたチームだ。コミカルな演技を"封印"し"まじめな演技"を披露した。  そしてもう1チームはコミカルな演技で全国を魅了したあのチーム。インターハイで初めて披露した新作、人気アニメ"名探偵コナン"だ!鹿実らしいコミカルな演技を披露。コナンになりきるべく、衣装も細部にまでこだわっている。  結果は5位と6位だったが…コナンの演技が視聴者の投票で1位に輝き、視聴者賞をもらった。東鳳雅キャプテンは「画面越しにみんなが笑顔になってくれると信じて演技した。他では味わえないような新体操ができて楽しい3年間だった」と話した。  また、泉凛空キャプテンは「練習も本当にきつかったので3年間最後の大会に向けて頑張れたことは自分でも褒めてあげたい」と話した。3年生にとっては高校生活最後の大会。最後まで鹿実らしい演技でたくさんの人を魅了した。

鹿児島 2021.09.23 19:31

さつま町流水小学校“最後の運動会”

 来年3月に閉校するさつま町の流水小学校で最後の運動会が行われた。145年の歴史を誇るが、現在の児童数は36人。来年からは鶴田小学校と再編されることが決まっている。この運動場、親子3代にわたって思い出の場所だ。  卒業生は「地域から小学校が亡くなるのはすごく寂しい」「俵に砂を入れて、40キロを肩に担いで走る競技があった、それが今思い出だ」などと思いを馳せていた。  卒業生の思いも背負いながら、子どもたちは元気いっぱいに体を動かした。フィナーレでは、トラックを歩きながら、ひと家族ずつ思い出を語っていた。

鹿児島 2021.09.23 19:16

25人の感染確認 熊本市の女性が死亡【熊本】

新型コロナ、県内で新たに25人の感染が確認。 前の週の木曜よりも11人少なくなっていて31日連続で前の週の同じ曜日を下回った。 熊本市が16人、合志市が3人、菊池市、山鹿市が2人、玉名市、荒尾市が1人。 また熊本市では60代女性の死亡が確認され、県内で亡くなった方は133人となった。

熊本 2021.09.23 18:48

世界遺産の案内は任せて!中学生ガイドが活躍【熊本】

世界遺産の案内は任せて!中学生ガイドが活躍 天草市の﨑津地区を案内していたのは河浦中学校の3年生のボランティアガイド。 これは授業に取り入れている「世界遺産学」の一環で、天草中学校の1年生に﨑津教会の建築様式などを説明した。 中学生ガイド 「﨑津教会はこうもり天井という天井の形をしている。こうもり天井はこうもりが羽を広げたような形をしている」 世界遺産を案内した地元の中学生ガイドに天草中の生徒たちも刺激を受けたようだ。 天草中の1年生 「同じ中学生なのに自分たちより歴史や集落のことなどを知っていて、とてもすごいなと思った」 ガイドした河浦中の3年生 「皆が目線を合わせて聞いてくれたので楽にできた。他の中学生にも﨑津のことを知ってもらえる機会があってよかった」 河浦中の3年生ガイドの任期は今年12月までで、その後は1、2年生が引き継ぐという。

熊本 2021.09.23 18:48

黒板アート動画完成…県警と高校生がタッグ【熊本】

熊本県警は交通安全の意識を高めてほしいと啓発動画を作った。タッグを組んだのは高校生。試行錯誤の動画作成に密着! 熊本県警が配信を始めた動画に登場するのは「黒板アート」。 黒板に横断歩道を渡る高校生の姿や道路標示の1つ「ダイヤマーク」を描く。テーマは「信号のない横断歩道での歩行者保護」。 黒板アートを制作したのは大津高校美術コースの生徒たち。県警の依頼を受けて交通安全を呼びかける動画の制作に協力することになった。 県内では信号のない横断歩道での車の一時停止率が25.7%。 4台に3台が止まっていないのが現状だ。 動画で取り上げたのが信号のない横断歩道の手前に表示される「ダイヤマーク」。「このマークを見かけたら横断歩道に注意」するよう呼び掛けている。 黒板アートは初挑戦。お互いに話し合いながら作業を進めていく。 大津高校美術コース・長野芽依奈さん 「こうした活動もコロナが流行ってしまったことで減ってしまったのでみんなで協力してできるのはうれしい」 一方、動画で女子高校生役を演じたのは演劇部の生徒。撮影は大津町の信号のない横断歩道で行われた。 プロのカメラマンと一緒に一つひとつのシーンを確認しながら撮影を進める。 大津高校演劇部・内川美優さん 「動画を見てたくさんの方が信号のない横断歩道でもちゃんと止まって歩行者優先という意識が広まると嬉しい」 高校生の力で完成した動画。熊本市・通町筋のスクリーンや県警のYouTubeなどで公開されている。

熊本 2021.09.23 18:20

広がる秋の絶景 阿蘇を気球で空中散歩【熊本】

きょうは「秋分の日」。阿蘇山頂ではススキが風に揺られすっかり秋の景色に。この秋空の下、県内各地で自然を満喫する家族連れなどの姿が見られた。 暦の上では秋とはいえ、県内では30度を超える真夏日になった場所も…。玉名市の菊池川で開かれた川遊びのイベント。 天候にも恵まれ家族連れなどがカヌーなどを楽しんだ。 サップを体験した男の子 「寝そべって目を閉じたら、お布団に入っているようで気持ちよかった」 けさの最低気温が13.9℃と少し冷え込んだ阿蘇市。 県内外から訪れた観光客が熱気球の「空中散歩」を楽しんだ。 ところ変わって天草市では…。なんと桜!!春と秋から冬にかけて1年に2度咲く桜。 福岡の男性 「もともと天草地元だけど知らなかった。初めて見たけど小さくてかわいい」 新和町にある竜洞山みどりの村のキャンプ場には7本の10月桜が植えられていて9月に入って咲き始めたそう。 竜洞山みどりの村・髙田誠さん 「都会からの喧騒から逃れて景色や花を愛でながらゆっくりしていただきたい」■ あす以降も朝晩の気温差が大きくなりそう。体調管理には気を付けて。

熊本 2021.09.23 18:14

義理の弟の頭を“なた”で何度も…殺人未遂の疑いで逮捕【熊本】

人吉市で義理の弟を殺害しようとしたとして80歳の男が逮捕された。 「金を返さないからやった」。犯行に使ったのは“なた”だった。 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは兵庫県加古川市の無職木原洋治容疑者80歳。 木原容疑者は23日午前11時頃、人吉市内の住宅で78歳の義理の弟の頭を鉄製の“なた”で何度も切りつけ殺害しようとした疑いがもたれている。 弟は外に逃げ出して助けを求め車で通りかかった男性が通報した。 緊迫した現場を近所の人が目撃していた。 近所の住民 「『助けてくれー!助けてくださーい!』ていう声が聞こえたからすぐ行ったら、一生懸命、相手の方の手を握っていた。その時に刃物は落としただろうと、すぐ近くにあったから。そのまま座り込んで手を握って『もう絶対離さん!』と言っていた」 弟は頭に切り傷を負ったが、命に別条はないという。 警察によると木原容疑者は突然、家に入り居間に座っていた弟を襲ったという。刃渡り約20センチのなたは兵庫から持って来たとみられている。 動機について「昔貸した金を返さないからやった」と供述する一方で、殺意については否認しているという。

熊本 2021.09.23 18:08

パチンコ店で財布を“置き引き”教員の男逮捕

昨夜、北九州市のパチンコ店で財布を置き引きしたとして特別支援学校の教員の男が逮捕されました。 男は「棚の上に財布があったので盗んだ」と容疑を認めています。 窃盗の疑いで逮捕されたのは福岡県築上郡の特別支援学校教員、正木俊輔容疑者(35)です。 警察によりますと正木容疑者は昨夜10時半すぎ、北九州市戸畑区のパチンコ店でスロット台の上にある棚に置かれていた現金1万円などが入った財布を置き引きした疑いがもたれています。 防犯カメラには正木容疑者が財布を盗む様子が映っていたということです。 調べに対し「金に困っていたわけではないが棚に財布があったので盗んだ」と容疑を認めています。 正木容疑者は「財布は川に捨てた」と話し、盗んだとみられる1万円が近くの道路の側溝で見つかっています。

福岡 2021.09.23 16:47

感染ステージ「2」へ 宿泊割の予約開始

県は、新型コロナウイルスの感染状況に応じたステージを独自の緊急事態宣言が出されている佐世保市も含め25日から「2」に引き下げる。 県は、ステージ引き下げに伴い県民対象の宿泊キャンペーンも再開し23日から予約の受け付けを開始。割引は25日の宿泊分から適用される。また、宿泊キャンペーンやすでに13日から食事券の販売を再開した「GoToイート」事業の割引対象は、今後、第三者認証を受けた店に限定する方向で検討を進めている。一方、日本郵便九州支社はクラスターが発生していた佐世保郵便局の郵便物の配達の遅れが22日までに解消したと発表した。

長崎 2021.09.23 14:07

彼岸の中日 家族で墓参り 福岡市

彼岸の中日の23日、福岡市の霊園では墓参りに訪れる人の姿が見られました。 福岡市の平尾霊園では、朝から家族連れが墓参りに訪れ、花の水を替えたり、掃除をしたりしたあと静かに手を合わせていました。 ■墓参りの人は 「人は少ない感じがする。家族の健康とコロナが収束するようにと祈りました」 「お水をあげた」 「いつも見守ってくれてありがとうと伝えました」 2年続けてコロナ禍の「秋の彼岸」となりましたが、平尾霊園によりますと、今週月曜の彼岸の入りから22日までに墓参りに訪れた人は1600人あまりで、去年とほぼ同じ人数だということです。

福岡 2021.09.23 12:41

行楽客に交通安全呼びかけ 北九州市・平尾台

秋の交通安全県民運動の一環として、北九州市の行楽地・平尾台で、警察による交通安全キャンペーンがありました。 23日午前、北九州市小倉南区の「平尾台自然の郷」で、平尾台周辺の3つの警察署などが合同で、行楽で訪れた訪れた観光客らに交通安全を呼びかけるビラを配りました。 平尾台を含む北九州地区ではことしこれまでに去年より8人多い22人が交通事故で死亡していて、平尾台周辺でも2人が亡くなっています。 秋の交通安全県民運動は今月30日まで行われ、警察は特に重大な事故につながる速度違反について重点的に取り締まりを行うことにしています。

福岡 2021.09.23 12:39

鹿児島市7飲食店に2度目の「時短命令」店舗名公表

 県は、まん延防止等重点措置に伴う営業時間短縮の要請に応じていない鹿児島市の7つの飲食店に対し、「時短命令」を出し店舗名を公表した。  塩田知事は22日の会見で「このコロナの危機を皆さん一丸となって乗り越えるという趣旨をご理解いただいて、残り日数は少なくなってきたが、応じていただければありがたい」と話した。  「まん延防止等重点措置」により、今月30日まで県内全域の飲食店では、営業時間を午前5時から午後8時までに短縮するよう求められている。こうした中、県は22日夜、時短要請に応じず午後8時以降も営業を続けていた鹿児島市の7つの飲食店に対し、特別措置法に基づく「時短命令」を出し、県のホームページに店舗名を公表した。県が時短命令を出し店舗名を公表するのは、今月10日に続き2度目だ。  時短命令に応じた場合店舗名は、ホームページから削除されるが、引き続き命令に応じなかった場合、20万円以下の過料が科される。

鹿児島 2021.09.23 12:28

新型コロナ助成金をだまし取った男を逮捕 【熊本県】

新型コロナによる休業手当てなどを助成する国の制度を悪用し、500万円あまりをだまし取ったとして、福岡市の男が逮捕された。 詐欺などの疑いで再逮捕されたのは、福岡市の飲食店従業員西田憲生容疑者(49)。 警察の調べによると西田容疑者は国の2つの助成金制度を悪用し、経営していたバーの従業員の去年4月から10月分の休業手当て509万円をだまし取った疑い。 また去年11月分の67万円もだまし取ろうとした疑いが持たれているが、熊本労働局が不自然な点に気づいて支給しなかった。 西田容疑者は別の飲食店経営者に不正受給を指示したとして今月、逮捕されたが処分保留でいったん釈放され、再び逮捕された。 警察は、今回の容疑について認否を明らかにしておらず、余罪についても調べている。

熊本 2021.09.23 12:28

“漁の準備中に転落か”55歳男性が死亡

 指宿市の漁港で23日朝、男性(55)が海中に沈んでいるのが見つかり、その後、死亡した。死亡したのは、指宿市岩本の漁業、高木豊二さん(55)だ。  警察によると、23日午前4時過ぎ、指宿市岩本の今和泉漁港で、近くにいた釣り人が「海に人が落ちたようだ」と警察に通報した。    その後、高木さんの漁師仲間が付近を捜索したところ、港に係留していた高木さんの漁船のそばで、高木さんが海に沈んでいるのがみつかり、搬送先の病院で約1時間半後に死亡した。  警察によると、高木さんは当時、漁に出る準備をしていたということで、最中に何らかの原因で転落した可能性が高いとみて、詳しく調べている。

鹿児島 2021.09.23 12:28

「オーラが違う」富田宇宙選手が母校を訪問【熊本県】

東京パラリンピック・水泳で3つのメダルを獲得した富田宇宙選手が母校・濟々黌高校を訪れた。 母校の1年生約200人に出迎えられた富田選手には花束が贈られた。 ■花束を渡した徳永一心さん 「済々黌の誇りというかそういう大きなものを感じた」 ■女子生徒(1年) 「様々な苦労を乗り越えてきた方ということで、まとっているオーラが違った」 富田選手は熊本市出身のパラスイマー。濟々黌2年の時に視力が低下する進行性の病「網膜色素変性症」になり、社会人になってからパラ水泳を始めた。 東京パラリンピックでは3つのメダルを獲得し、母校でその活躍を報告した。 ■富田宇宙選手 「僕がこの学校にこういう形で帰って来るとは障害を負った頃は全く思っていなかったので、笑顔でここに帰って来られたということにすごく価値を感じる」

熊本 2021.09.23 12:05

全国1の下落率…熊本豪雨被災地で地価急落

熊本豪雨の影響で、被災地の土地の価格が大幅に下落した。 熊本県によると2021年7月1日時点で、県内481地点のうち約4割の地点で地価が下落。平均変動率は住宅地では前年に続き下落、商業地では5年ぶりに下落に転じた。 商業地の要因は新型コロナで、特に熊本市中央区の繁華街では空き店舗が増加し、安政町や下通1丁目では前年の上昇から下落に転じた。 一方、熊本駅周辺は4月のアミュプラザくまもとの開業で熊本市西区春日2丁目が商業地の上昇率1位となった。 熊本豪雨の被災地では地価が軒並み大幅に下落。球磨村は人口減少にさらに拍車がかかり、住宅地の下落率は渡が全国1位の19.2%、一勝地が全国2位の16.1%となった。 商業地でも浸水被害が大きかった人吉市九日町が全国3位の12.3%の下落率。 調査にあたった不動産鑑定士は、被災地の今後の見通しについて治水対策や復興状況を注視したいとしている。

熊本 2021.09.22 21:19

「復旧を住民の力で」つなぐ熊本豪雨被災地 宮城の重機ボランティアが伝えたもの

熊本豪雨で大きな被害を受けた球磨村に2020年、宮城県から駆け付けた重機ボランティアがいる。一年間の支援活動の中で、被災した住民たちに新たな動きが起きていた。ボランティアがつないだ復興の姿を取材した。 熊本豪雨から1年を迎えた球磨村神瀬地区。 重機を操縦するのは地元に住む女性だ。 慣れない手つきもそのはず、2021年6月に免許を取ったばかり。指導するのは、萬代好伸さん(57)。1700km離れた宮城県からやって来た。 熊本豪雨の3週間後に球磨村に駆けつけた萬代さんは、災害復旧にあたる重機ボランティア団体「OPEN JAPAN」の一員だ。 メンバーは、新型コロナ「陰性」を証明するPCR検査や2週間の行動記録など、感染対策を徹底して熊本入りした。 活動の拠点となった神瀬地区は、球磨川の支流や山から流れてきた濁流で、集落は大量の土砂に埋まった。 黙々と土砂を片付ける萬代さんの活動の原点には、忘れられない体験がある。 10年前、自らも東日本大震災で被災。助けてくれたのがボランティアだった。その恩を次の被災地で返そうと全国を回り、重機を使った支援を続けてきた。 一面土砂に覆われて途方に暮れていた住民にとって、萬代さんたちは一筋の光だった。 「復旧が遅れれば、生活再建への気持ちがくじけやすくなる…」 萬代さんが大切にするのは、住民との対話。 ■萬代好伸さん 「ただ流れてきた土砂をかき出す、ただ家財の整理を片づけを手伝うだけじゃない。  心の負担を取り除く、それが一番、住民さんが一刻も早く自立して立ち上がるきっかけになると思う」 その信念は、しだいに神瀬の住民に伝わっていった。 萬代さんたちに教わりながら、重機の操縦を覚えようとする被災者が出てきたのだ。 岩崎ちふみさん(44)は福祉関係の仕事を辞め、小型重機の免許を取った。 ボランティアに頼るだけではなく、自らできることを増やしたいと考えるようになったという。 「復旧を、住民自らの力で」…萬代さんたちの思いが届いていた。 豪雨から1年後。萬代さんたちが球磨村を離れる日がきた。 萬代さんは「災害はいつかまたやって来る。それでも、今の神瀬であればきっと大丈夫」、そうメッセージを贈った。 ■萬代好伸さん 「今度は自分たちで何とかできる、そういったコミュニティーがここにはある。どうぞそのコミュニティをいかしてください」 ボランティアが去った神瀬で、岩崎さんが田んぼに溜まった土砂を撤去していた。見守るのは、息子の明生くん。 ふるさとの復旧に汗を流す母の姿を見るうちに、芽生えた思いがあった。 ■岩崎明生くん 「スコップで砂を掘る手伝いをしたりとか、石を拾ったりとか、自分にできることをするっていうこと。  神瀬が元のようになればいいかなあ」 元の生活を取り戻すにはまだ時間がかかる。 しかし、岩崎さんは自分たちが動くことで着実に前に進むと確信している。 ■岩崎ちふみさん 「私がここで作業していることで、住民さんが車で通って話しかけに来てくれて 『いつもしよるね』『じゃあうちらもしようか』って思ってくれたら一番」 自分たちの力でふるさとを取り戻す。 被災地から被災地へと受け継がれた、復興の姿だ。

熊本 2021.09.22 20:57

熊本市の飲食店・認証店で酒の提供再開へ

熊本県は新型コロナ対策会議を開き、熊本市の飲食店に要請している酒類提供の自粛を24日から緩和すると発表した。 一方で「まん延防止等重点措置」が解除されても熊本市の飲食店への時短要請は10月以降も継続する考え。 蒲島知事は対策会議で、熊本市の飲食店に要請している酒類提供の自粛について、感染対策を徹底した認証店に限り24日から容認すると表明。熊本市の飲食店約4500店のうち認証店は2219店と半数にのぼる。 一方「まん延防止」については9月末で解除されるとの見通しを示したが、飲食店に対する時短要請は、熊本市は10月14日まで延長、その他の地域は解除すると発表した。 ただし、熊本市の認証店は10月1日から通常営業に戻すことも可能。 時短要請の継続について県は、熊本市の病床使用率が国の指標で最も深刻な「ステージ4」水準の50%を超えているためとして、10月14日頃には「ステージ3」の20%を下回ると予測している。

熊本 2021.09.22 20:06

今月24日から 第三者認証店酒類提供容認

 まん延防止等重点措置の影響で、鹿児島市内の飲食店では、酒類の提供が禁止されていたが、感染者が減ったことなどから、県の第三者認証を取得した店に限り、今月24日から酒の提供を認める。また、塩田知事は、まん延防止が今月末で解除された場合、県内全域に出している時短要請は解除する方針を示した。  塩田知事は22日の記者会見で、「感染が減少傾向にあり、医療提供体制のひっぱくも一定程度緩和、鹿児島市において感染防止対策について第3者認証を取得した店舗に限り9月24日から19時半までの酒類の提供を認める。」と述べた。  まん延防止等重点措置の措置区域に指定されている鹿児島市の飲食店では、酒類の提供が認められていなかったが、県は、第三者認証を取得した店に限り、認めることにした。酒類の提供ができるのは、今月24日からで、午前11時から午後7時半まで。ただし、1グループ4人以内、または同居する家族のみの利用に限っている。対象となるのは529店舗。  鹿児島市内の飲食店で酒類の提供が認められるのは、約1カ月ぶり。塩田知事は「客も感染防止対策への協力をかかせないので、そういったことを前提に少人数というところから少しずつ始めていきたい。県民にもそういう趣旨を理解の上、厳しい状況にある飲食店を応援するそういう気持ちも持って利用してほしい」と話した。  鹿児島市以外の地域の飲食店は、これまで、酒類の提供は、午前11時から午後7時までだったが、24日からは午後8時までの営業時間内であれば提供できる。また、塩田知事は、「現時点の感染状況を踏まえると県内全域の飲食店で時短要請をお願いする必要はない」と述べまん延防止が今月末で解除された場合、鹿児島市を含む県内全域で時短要請を解除する方針を示した。  一方で、病床の使用率は下がっているものの、このまま、感染を抑え込むためにも、ステージは4を維持し、県独自の緊急事態宣言も今月30日まで継続するという。  県の発表を受け鹿児島市の飲食店は歓迎するとともに、より一層の感染対策を行おうと気を引き締めていた。  鹿児島市天文館にある郷土料理の老舗、吾愛人。4つのグループ店全てが第三者認証を取得しているが、まん延防止等重点措置が適用されてから、全ての店舗を休業していた。  吾愛人本店の濱田海斗店長は「正直第三者認証って必要だったのかなというのはあった。今回の話を聞いたときに第三者認証を受けていてよかったなというのが率直な意見」と話した。 今回の県の対応を受け、本店のみ、24日から営業を再開することにした。店には、早くも再開を待ちわびた客から予約の電話が入っていた。  濱田店長は「安心して感染症対策をしているので、来ていいよという証を1週間だけど、もらえた気がする。第三者認証をもらっているので、札を付けている以上は人一倍感染症対策に力を入れていきたい」と話した。

鹿児島 2021.09.22 20:00

22日、新たに4人の感染確認

 22日、県内では新たに4人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。感染者は3日連続で一桁となった。  新たに感染が確認されたのは、瀬戸内町の10歳未満と70代の女性、霧島市の20代の男性、志布志市の40代の女性のあわせて4人。鹿児島市では2日連続で感染者が確認されなかった。県内で確認された感染者は累計で9025人となった。  21日時点で病床の使用率は17.7%。人口10万人当たりの療養者数や、直近1週間のPCR検査の陽性率、人口10万人当たりの新規感染者数なども、ステージ3の基準を下回っている。全ての指標がステージ3の基準を下回るのは7月27日以来57日ぶり。  一方、県は緊急的な措置としてコロナの受け入れ病床を622床まで増やしていたが、感染状況が落ち着いたことから、22日から474床に減らした。

鹿児島 2021.09.22 19:44

長崎県】IR誘致に向け有識者会議が発足

カジノを含む統合型リゾート施設=IRの誘致に向け国に提出する「区域整備計画」を作成するための有識者会議が発足し22日初会合が開かれた。 県が佐世保市のハウステンボスに誘致を目指すIR。有識者会議は、国に提出する「区域整備計画」作成にむけ、意見を聞くため設置され、観光や交通、ギャンブル依存症の専門家など9人で発足した。会議には、県が「設置運営事業予定者」として正式決定したカジノ オーストリア インターナショナル ジャパンも参加。施設の概要のほか、九州圏内への経済波及効果は年間およそ3200億円、雇用創出効果は3万人と試算されることなども説明された。県は、有識者の意見を反映させながら事業予定者と共に「区域整備計画」の素案をまとめ、11月議会に示す方針。

長崎 2021.09.22 19:44

コロナ 感染再拡大は?警戒すべきことは?

 新型コロナウイルスの新たな感染者数が、3日連続で1桁の日が続く県内。この現状を専門家はどう見ているのか。感染が再び広がる恐れは?さらに、今まで以上に警戒が必要なことがあった。  先月、感染が急激に広がった県内。1日の新たな感染者数は、先月19日にこれまでで最も多い251人を確認するなど、新型コロナが猛威を振るった。  一方、今月に入ると100人を下回る日が続き、20日からは3日連続で1桁だ。  感染者が急激に減った状況について、感染症が専門の鹿児島大学大学院の西順一郎教授は「お盆にかけて非常に多くの人が帰省で鹿児島に帰ってきて、会食などで大幅に広がったことが、8月の陽性者の増加の原因としては1番大きい。お盆が過ぎて自然に減っていたところに、色々な規制が加わって急激に減った」と話した。  感染者が減少傾向で迎えたシルバーウィーク。県は、まん延防止等重点措置の対象となっている鹿児島市の一部の飲食店に限り、24日から酒類の提供も認める。徐々に規制が緩和される中、今後の感染の動向について、西教授は「今度の連休、あすの休み、週末にかけて、今週は人の動きが多くなると思うので、1~2週間後の感染の増加は見られるのではないか」と分析。シルバーウィーク明けの感染の増加、そしてお盆と同じように、年末年始の帰省で再び爆発的な感染拡大の恐れもあると警戒を呼びかけた。  さらに、これまで以上に気を付けなければならないのが、新型コロナとインフルエンザの同時流行だ。西教授は「インフルエンザが去年もおととしも、かなり少なかったので、私たちの免疫が落ちている。インフルエンザウイルスに対する免疫が落ちている状況で広がってくると、コロナ以上に爆発的な流行につながる恐れがある」と警戒を呼びかけ、「新型コロナワクチンを優先して接種し、終えた人は10月から遅くても11月ごろまでにインフルエンザワクチンを接種してほしい」とした。  西教授は「換気、密集の回避、不織布マスク、この3つがコロナでもインフルでも最も大事な対策。今後、冬に向けてしっかりと、ワクチン接種しているとはいえ守ってほしい」と話した。  今後も引き続き、感染対策の徹底が求められる。

鹿児島 2021.09.22 19:44

西郷隆盛銅像周辺で清掃活動

 鹿児島市の観光名所の1つ、西郷隆盛の銅像の周辺をきれいにしようと22日、清掃活動が行われた。  これは県造園建設業協会が県内の環境や景観を整えようと行っているものだ。銅像周辺の清掃は西郷隆盛の命日である24日の前に行われていて、今年で21回目となった。  22日は協会のメンバー20人が参加し、草刈りや高く伸びた木々の剪定が行われた。 県造園建設業協会の井上恒治会長は「周りに数多くの植栽がされている。それを健全に維持できれば修学旅行とか数多くの観光客が昔通りにたくさん来ると思う。そういう時に備えて少しでもきれいに保ちたい」と話した。  清掃活動できれいになった銅像周辺。西郷さんも喜んでいるようだった。

鹿児島 2021.09.22 19:43

夢をもう一度 ハロウィンジャンボ始まる

 先月、1等と前後賞、合わせて14億円の当たりが出た天文館チャンスセンターでは次の当たりもここから出そうと気運を高めていた。  ハロウィンジャンボ宝くじの販売が22日から始まり天文館チャンスセンターは賑わいを見せていた。先月、1等と前後賞、合わせて14億円の当たりが出た時には南九州商事の金子良太支店長がこんな噂を教えてくれた。「世界遺産に登録されるとその近くの売り場で1等など大当たりが出るとマニアの間で言われている」。  この話には続きがあるそう。金子良太支店長「何回か連続して出るとそういうジンクスがあって鹿児島県もこれから何回か大あたりが出たらいいと思う」と話した。  次もこの場所から当たりを出そうと金子さんは本気だ。験かつぎで縁起のいい虹の絵が描かれたおそろいのTシャツを作った。次もこの場所から当たりが出るのか・・・  ハロウィンジャンボ宝くじは来月22日まで販売している。

鹿児島 2021.09.22 19:43

鹿児島 全国一のひどい頭痛持ち なぜ?

 頭が痛くて辛い。そんな経験はありませんか?大手製薬会社の調査で鹿児島県民は全国一ひどい頭痛持ちが多いという驚きの結果が出た。一体なぜ?どう対処したらいいのか疑問を取材した。  季節の変わり目やストレスなどで「頭痛」に悩まされるという経験はありませんか?大手製薬会社の第一三共ヘルスケアが初めて行った頭痛に関する調査で、鹿児島県民は全国一「ひどい頭痛持ち」が多いという結果が出た。過去1年間に頭痛を経験したことがある人を対象に調査したところ、自分は「ひどい頭痛持ちだと思う」と答えた人が鹿児島は25.7%に上った。  なぜ、鹿児島はひどい頭痛持ちの人が多いのか、要因の一つに考えられるのか、第一三共ヘルスケアマーケティング部の細田英臣さんは「鹿児島県の皆さんが自分たちの出身県の方に対して抱いているイメージとして、我慢強い、一本気、頑固という意識が高いことが調査で分かっている」と話した。  実際の調査で、頭痛が起きるときは、「疲労がたまっているとき」が62.7%でトップ。次いで「肩こり・首こり」などが58%、「ストレスがたまっているとき」が53.8%となっている。新型コロナによる自粛生活で運動不足になったり、リモートワークが増えたせいか、頭痛を訴える人が増えているのも最近の特徴。  肝心なのは、痛みをとる方法とタイミングだという。細田さんは「痛みは我慢しない、痛みが出てきたと思ったらすぐに鎮痛薬を服用してもらうことが大切。鎮痛薬を上手に使って、良い良い生活をおくってもらいたい」と話した。自分に合った頭痛との付き合い方を見つけていきましょう。

鹿児島 2021.09.22 19:42

佐世保市の“緊急事態”前倒しで解除へ

長崎県は、25日から県全体の感染ステージを「2」に引き下げ、佐世保市への県独自の緊急事態宣言を24日までで解除すると発表した。 中村知事は、会見を開き、県内の自治体ごとの病床使用率や新規感染者数など感染段階の指標はいずれも「2」から「3」になっていると説明。25日から県全体のステージを「2」に引き下げ、30日までとしていた佐世保市への県独自の緊急事態宣言は24日までで解除するとした。県全体のステージが「2」となるのは7月29日以来。また、先月10日から停止となっている県民対象の宿泊キャンペーンについては25日の宿泊分から再開。予約は、23日午前10時から受け付けるという。一方で感染事例では依然として県外・飲食関連が4割を超えているとして、緊急事態宣言地域などとの不要不急の往来の自粛や飲食の際は大人数、長時間を避け普段一緒にいる人と、また、飲食店は対策を実施している認証店を利用することなどを呼びかけている。

長崎 2021.09.22 19:38

佐賀県警トップ 「初動捜査では事件性の判断は困難だった」

佐賀県鳥栖市で高齢の女性が殺害された事件で、佐賀県警のトップは22日「初動捜査では事件性の判断は困難だった」との見解を示しました。 この事件は、佐賀県鳥栖市で大塚千種さん(79)の頭をハンマーで複数回殴り殺害した疑いで、長崎大学4年の山口鴻志容疑者(25)が10日に逮捕されたものです。 佐賀県警は事件の疑いがあるにも関わらず、すぐに司法解剖を行わず、事件が公表されたのは遺体発見の4日後でした。 22日に行われた定例会見で、佐賀県警の松下徹本部長は「事件事故の両面で捜査していた検視や聞き込みなどの初動捜査の情報では、事件性の判断は困難だった」と県警としてのこれまでの見解を繰り返しました。 松下本部長は、司法解剖について遅れがあったかどうかは明言せず、今後「迅速に解剖する体制を構築する」と強調しました。 具体的には、現在提携している佐賀と福岡の4つの病院に対し、緊急の司法解剖ができる対応を要請し、さらに新たに県外2つの病院でも司法解剖ができるよう依頼したということです。

佐賀 2021.09.22 19:12

閉園前の「かしいかえん」 家族の思い出づくりをサポート

年末に閉園する福岡市東区のかしいかえんで22日、思い出づくりをサポートするイベントが行われました。 シルバニアファミリーのキャラクターと写真を撮影する1組の家族。かしいかえんが閉園を前に企画した『夢を咲かせようプロジェクト』に応募した福岡県糸島市の前田さん一家です。前田さん夫婦が初めてデートをした場所は、このかしいかえんでした。当時、鹿児島と福岡で遠距離恋愛中だったということですが、シルバニアファミリーが好きだという妻の栞さんの希望で訪れました。それから約7年、子どもたちもシルバニアファミリーが大好きです。そこで「思い出の場所が無くなる前に」と、七五三の前撮りを希望し、かなえることができました。 ■前田浩伸さん(33) 「最後にいい思い出をつくっていただいて、ありがとうという気持ちでいっぱいです。」 ■妻・栞さん(29) 「本当にとてもうれしいです。家族のすごく大事な思い出ができました。」 ■長女・潤依ちゃん(6) 「たのしかった!」 この企画への募集はすでに終了していますが、かしいかえんは、閉園まで思い出づくりの手伝いをしていきたいとしています。

福岡 2021.09.22 19:11

PCB処理の再延長 小泉環境相が北九州市に申し入れ

小泉環境相が22日、北九州市を訪問し、有害物質PCBの無害化処理について協議しました。 有害な化学物質PCBは、国際条約で2025年までの全廃が決まっています。国は処理のための特殊会社を設置し、若松区の事業所などで、全国の業者が出すPCBを含んだ廃棄物の無害化処理を行ってきました。 国が決めた処理期限が来年3月に迫っていますが、全国で新たな廃棄物が次々と見つかっていて、処理能力を上回り、期限までに処理が間に合わないおそれが出ています。 北九州市を訪れた小泉大臣は22日、北橋市長に若松事業所での処理作業の2年延長を申し入れました。期限は当初の2015年春から一回すでに延長されていて、北橋市長は「前回の延長時、期限内で安全に処理を終わらせる約束だった。2回目の要請を安易に受け入れることはできない」と返答し、国から地元住民への説明を要請しました。

福岡 2021.09.22 19:06

「緊急事態宣言」解除後どうなる? 飲食店での酒の提供

福岡県に出されている緊急事態宣言について、服部知事は22日、「期限の9月30日での解除は可能」との認識を示しました。酒の提供解禁を望む声があがる中、県は飲食店への酒の提供自粛要請を継続するかどうか、難しい判断を迫られています。 9月30日で緊急事態宣言が解除された場合、酒の提供を再開できるのか。街では22日朝、賛否の声が聞かれました。 ■会社員(50代) 「Qお酒の提供についてどう考えますか?お酒のみに行きたいです。個人的には。飲食店の方もかわいそうになっちゃうので。」 ■会社員(50代) 「この3連休で人出も増えて、また密になってるところもあると思うので、(酒の提供はせずに)様子を見たほうがいいのではと個人的には思います。」 22日、洋酒を取り扱っている福岡市博多区の酒店を訪ねると。 ■シャルム デュ ヴァン・伊東勇三社長 「こういう珍しいワインがですね、いつもならすぐ1週間ぐらいでなくなるんですが、3か月ぐらい残ったままになっています。」 売り上げはコロナ前の半分以下。飲食店からの注文が激減する中、酒の提供解禁に大きな期待を寄せています。 ■伊東社長 「早くお酒が出せるようになってほしいですけどね。これだけワクチンが進んできて、(感染者の)減り方も大きくなってきたんで、なんとかなるんじゃないかと思っているんですけれど。」 9月30日での宣言の解除が可能との考えを示した服部知事。しかし、まん延防止等重点措置に移行した場合の対応について問われると「国の対処方針では基本的に対象区域では酒の提供はできない」と説明しました。その上で。 ■福岡県・服部知事 「ただし、知事の判断で、第三者認証店につきましては、酒の提供を一定の条件のもとで可とするということも認められております。」 服部知事は感染対策などを県が認めた飲食店に限定し、酒の提供を可能とすることも含め、酒の提供の自粛要請を継続するかどうか、慎重に判断する考えです。 各県の対応は分かれています。まん延防止措置が実施されている8県のうち、九州の3県など6県では対象区域での酒の提供は認められていません。 その一方で、宮城県や石川県では県の「認証」を受けた飲食店に限り、対象区域でも酒の提供が認められています。 席の間隔や換気など40項目に及ぶ福岡県の認証制度に合格した店からは期待の声が。 ■串匠・野中一英社長 「項目がたくさんあって大変だったので、いったんあきらめかけたんですけれど。もう調査員のチェックも終わって(認証マークが)送られてくるのを待っている状況です。」 これまでランチ営業やテイクアウトで乗り切ってきましたが、経営は限界が近づいています。自慢の串揚げと一緒に酒が提供できない中、夜に訪れる客は新型コロナウイルスの感染拡大前の1割にまで減ったといいます。 ■野中社長 「毎日のように予約の電話で『やっぱりお酒出してないよね?』と言われて、『すみません出していません』と言ったら、『じゃあ、お酒出せるようになったら来ますね』と切られます。認証マークをとっていると、10月1日で酒の販売を認めるようにしてほしい。」 政府は宣言を解除するかどうかについて、9月28日に対策本部を開き、正式決定する方向で調整しています。

福岡 2021.09.22 18:22

“伝えたい私のコロナ”#11 感染リスクの不安 飲食店経営者

“伝えたい私のコロナ”です。語られたのは、飲食店を感染リスクのある場にしてしまうかもしれないという不安でした。 ■北九州市・飲食店経営(40代男性) 「いくら予防しても何をしても、かかるときはかかってしまうということが分かったので。」 北九州市で飲食店を営む男性は、ことし5月に感染が分かりました。店と自宅を往復する日々でした。しかし。 ■北九州市・飲食店経営(40代男性) 「正直あまり外に出ていなかったので、外での(感染)はないなという気はしていた。そこそこお客さんも来てくれていた状態で、当時はアルコール提供も大丈夫だった。」 店では、消毒や換気設備の導入などできるかぎりの感染対策をしていたつもりでした。 ■北九州市・飲食店経営(40代男性) 「まさか自分が…というのはありましたね。ひどかったらしくて肺炎が。その日のうちに入院となった。万が一のことがあるかもとい う話が(医師から)あった。」 男性は重症の一歩手前まで症状が悪化しましたが、2週間の治療を経て、退院することができました。 しかし、店はいまも休業をしたまま。宣言が明けた後も営業再開にためらいがあると言います。 ■北九州市・飲食店経営(40代男性) 「(店を)開けたい気持ちも半分あるし葛藤がありますよね。もし、お客さんがたくさん来て、それで感染したとなれば申し訳ない。」 男性は人数や時間の制限など店独自のルールを検討していますが、何が正解かは分わかりません。 感染したからこそ、伝えたい。 ■北九州市・飲食店経営(40代男性) 「自分は感染しないだろうという考えはやめたほうがいいかな。みんながルールを守れば感染も減るだろうし。(店側も客も)一人一 人が責任感をもって行動すべきじゃないかなと思います。」

福岡 2021.09.22 17:52

自宅療養者に寄り添う訪問診療 命を守る最前線では

福岡県内で新型コロナウイルスに感染し、自宅で療養している人は、20日の時点で3000人を超えています。容体急変への対応や患者の不安を和らげるため、福岡県久留米市のクリニックでは、新型コロナウイルスの患者の訪問診療に取り組んでいます。 駐車場に止められた車へと向かう防護服姿の医師と看護師。 車内にいたのは10代の女性です。前日に38度を超える熱が出ていました。 ■むたほとめきクリニック・牟田文彦院長 「ちょっとのどを診せて。のど痛い?大丈夫?」 診察をするのは久留米市の「むたほとめきクリニック」の牟田文彦院長です。去年3月から発熱外来を開き、これまでに約500人の新型コロナウイルスの感染が疑われる患者を診察してきました。PCR検査を行った10代の女性。約15分後に出た結果は。 ■牟田院長 「コビット19、陽性となっています。状態によってはホテル療養だったり、入院だったりというのを保健所のほうで、検討していただけると思います。」 「陽性」となった患者は保健所の指示で入院やホテル療養、もしくは、自宅療養を行います。 牟田院長のクリニックでは久留米市と連携し、8月から県内で初となる自宅療養者を対象にした訪問診療を始めました。 ■牟田院長 「中で着替えさせてもらいますね。」 これは9月9日に撮影された新型コロナウイルスの患者への訪問診療の様子です。 感染から1週間、自宅療養をしていた30代の男性。熱はないものの、ひどいせきに悩まされていました。 まずは酸素飽和度が測定できるパルスオキシメーターで状態を確認します。 ■牟田院長 「96.97、ゆっくり。やっぱ、しゃべるとダメね。」 ■患者 「そうですね」 ■牟田院長 「しゃべると95とか、96になるね。大きく息を吸える。それでせきが出るね。」 少し体を動かすだけで呼吸困難になることも。 ■牟田院長 「ちょっと胸の音を聞きます。」 容体の悪化や聴診した時に、背中側に雑音が聞こえるため、牟田院長は「入院が必要」と判断し、保健所に連絡。その後、男性は市内の医療機関に入院することになりました。 容体が急変しやすいコロナ患者。自宅療養中も細心の注意を払う必要があると言います。 ■牟田院長 「感染した後も3日間で状態が急変するとか、そういう悪い話もあります。患者さん自身が判断するんじゃなくて、それを診るドクターであり、保健所の人間でありですね、その方たちがしっかり判断ができる状態であれば、そこは患者さんたちも命は守れるんじゃないかなとは思っています。」 久留米市では、ことし4月から5月にかけての第4波で病床が逼迫。当時、自宅療養者は多い時で300人を超えました。 今後、さらに大きな感染の波が押し寄せ、入院が困難になる事態も想定して、8月から自宅療養者への訪問診療を始めたのです。 訪問診療での医師の派遣は、保健所が療養者の容体を踏まえて判断し、14の医療機関の医師に往診を依頼するケースと自宅療養者から保健所への依頼をもとに判断するケースの2つがあります。 久留米市では、8月末時点で19人に対して訪問診療が行われ、牟田院長は21日までに10人を往診してきました。 ■患者(70代女性) 「のどがね、なんか痛いんよね、あたまも痛いけれど熱はないんです。」 ■牟田院長 「いま全然問題ないからね、安心しとってよか」 ■患者 「どうもありがとうございました。すみませんでした。よかったです。」 訪問診療を行う中で牟田院長は、患者の気持ちの部分に「ある共通点」があると感じていました。 ■牟田院長 「不安でどうしたらいいかというのが、一番訴えが大きい。この先、呼吸困難が出てくる。今後、入院に移って、人工呼吸器をしないといけなくなるのかとか、そういう不安感が(患者には)ものすごくあります。それを僕たちが行って診察するというのが一つの今回の往診の一番大切なところかなと思っています。」 命を守ることが最大の使命ですが、直接話をすることで、自宅療養をする人に「安心感」を与えることも重要だといいます。 ■牟田院長 「今回は統括をしてくれているのは保健所です。ですので保健所に心配な方は電話していただいて、そこで僕らにつなげていただく。できる限り地域の方たちのために、やれることは、やっておくべきですから、そこは頑張っていくべきところだと思います。」 自宅療養者は減少傾向にあるものの、いまだに3000人を超えている福岡県の医療現場では、行政と連携して、新型コロナウイルスの患者の命を守るための取り組みが続いています。

福岡 2021.09.22 17:51

福岡県初 酒造会社が挑むウイスキーづくりの現場

福岡県朝倉市の酒造会社が福岡県で初めてとなる「クラフトウイスキー」づくりに乗り出しました。コロナ禍でお酒を楽しむ場が減っている中、世界に挑む熱い思いを取材しました。 福岡県朝倉市で江戸時代から続く蔵元「篠崎」。甘酒や焼酎などが人気の酒造会社ですが、今回、新たな酒造りに挑みました。それは小規模の蒸留所が手がける「クラフトウイスキー」です。福岡県で初めての試みとなります。老舗酒造会社が長年温めてきた一大プロジェクトです。 ■蔵元「篠崎」・篠崎倫明さん 「ウイスキーは先人の皆さんが頑張っていただいたおかげで、ジャパニーズウイスキーは世界共通言語にもなっているので、世界を舞台に頑張っていきたい。」 ■重信アナウンサー 「琥珀色の蒸留機。そこで蒸留されたこちらが、まさにウイスキーの原液です。」 ウイスキーは、まず原料となる麦芽を機械で細かく砕き、お湯を加えます。すると甘い麦汁が抽出されます。その麦汁に酵母を加え、アルコールを生成した後、この蒸留機に投入します。工程の多くは機械化されていますが、最後に行う香りの確認には、職人の手が欠かせません。 ウイスキー製造の責任者に抜擢された入社5年目の窪田一也さん(25)です。 ■窪田一也さん 「アルコール度数の高い製品なので、辛みや薬品のようなすごいにおいがするので、それが製品に入らないように香りを嗅いでチェックしています。」 アルコールの角がなく、麦本来の香りやまろやかさが感じられる匂いを嗅ぎ分けています。 ■重信アナウンサー 「まろやかです。ツーンとこないですね。アルコールでも、やさしくふんわりくる感じ。」 厳選された原液だけを樽につめ、最低3年かけて熟成させると、福岡初の「クラフトウイスキー」の誕生となります。 新型コロナウイルスの影響で飲酒を伴う食事の場が減少し、酒造業界も打撃を受けています。篠崎でも、新型コロナウイルスの感染拡大前と比べて、売り上げは約2割減りました。 一方で国産のウイスキー、いわゆる「ジャパニーズウイスキー」は世界的な評価の高まりなどを背景に、輸出額が増加。その額は10年前の約16倍の271億円となっています。 ■篠崎倫明さん 「ウイスキーは世界中の皆さんが知っている。文化に根付いている。国境も越えているので、福岡のウイスキーと言えば、これなんだと愛していただけるようなウイスキーを作りたい。わたしたちは蒸留酒の方が、むしろ得意ではあるので、その経験も生かせる。」  篠崎はウイスキーと同じ蒸留酒である焼酎を長年手がけてきました。その経験で培った技術こそが、篠崎がウイスキーに挑戦する礎となります。今回、ウイスキーの蒸留機は、焼酎の蒸留機をもとに、自分たちでデザインしました。一方で、ウイスキー作りには20代から30代の若い社員を起用し、新たな感性を生かそうとしています。 ■窪田さん 「他社さんで勉強させていただいたり、海外にも行かせていただいたりして。伝統的なスコットランドの製法をまねながら、新しい方法、若手目線で見つけたことを、どんどん取り入れられるのが強みだと思います。」 世界への夢も詰め込んだ福岡初の「クラフトウイスキー」。 3年後には琥珀色の輝きとともにグラスへと注がれます。

福岡 2021.09.22 17:48

24時間テレビの募金で 子ども食堂支援に福祉車両贈呈

24時間テレビに寄せられた募金で22日、フードバンクを運営する福岡県内の団体に福祉車両が贈られました。子ども食堂への食材運搬用として使われます。 福祉車両が贈られたのは「NPO法人チャイルドケアセンター」です。チャイルドケアセンターは、子ども食堂に特化したフードバンクを運営していて、太宰府市や大野城市など5つの市の子ども食堂50団体に食材を提供しています。贈られた車両は、その食材の運搬用に使われるということです。 24時間テレビでは毎年寄せられた募金で福祉や環境、災害復興などの支援事業を行っていて、子ども食堂への支援は、おととしから始まりました。 車両を受け取ったチャイルドケアセンターの代表は「活動の幅が広がる。子どもたちの健やかな成長に役立てたい」と話していました。

福岡 2021.09.22 17:47

殺人事件の対応に遅れ? 佐賀県警は“対応の不備”明言せず

佐賀県鳥栖市で79歳の女性が殺害され、大学生の男が殺人の疑いで逮捕された事件です。対応の遅れが指摘されている佐賀県警は、22日の会見で“不備”があったかどうかについて明言を避けました。 この事件は、佐賀県鳥栖市で大塚千種さんの頭をハンマーで複数回殴り殺害した疑いで、長崎大学4年の山口鴻志容疑者が9月10日に逮捕されたものです。 佐賀県警は、事件の疑いがあるにも関わらず、すぐに司法解剖を行わず、事件が公表されたのは遺体発見の4日後でした。 佐賀県警の22日の定例会見では、報道陣から司法解剖がすぐに実施されず、事件公表が遅れたのではないかと質問が集中しました。 これに対し佐賀県警は、事件と事故の両面で捜査を進めていたとの見解を繰り返し、事件の対応に不備があったかどうかは明言しませんでした。 その一方で、現在司法解剖を依頼している佐賀と福岡の4つの病院に対し、緊急の司法解剖ができる迅速な対応を要請し、新たに県外の2つの病院でも、司法解剖ができるよう病院側に依頼したと明かしました。

佐賀 2021.09.22 17:46

第三者認証店 24日から酒類提供認める

 鹿児島市で新型コロナウイルスの感染者が減少していることなどから、県は、まん延防止等重点措置の対象区域となっている鹿児島市内の第三者認証を取得している飲食店に限り、24日から、酒類の提供を認める方針を固めた。  22日朝、報道陣の取材に応じた塩田知事は「政府は感染者数が減少傾向の場合には、措置区域においても、アルコールの提供を19時半までは知事の判断で認めてもよいとなっている。そういったことを検討していきたい。」と話した。  鹿児島市は、今月30日までまん延防止等重点措置の対象区域となっていて、飲食店での酒類の提供は禁止されているが、知事は、酒類の提供の制限を一部、緩和する考えを示した。県は、鹿児島市内で第三者認証を取得している飲食店については24日から午後7時半まで、酒類の提供を認める方針。また、鹿児島市以外の地域では、まん延防止の期限内は、引き続き、営業時間の短縮を求めるが、酒類が提供できる時間を延ばすことも含め、見直しを検討するという。  一方、塩田知事は、まん延防止等重点措置が解除された場合、今の感染状況が続けば、鹿児島市内を含む、県内全域の飲食店で、時短を継続するような状況ではない。との考えを示した。  県は22日午後、対策本部会議を開き、鹿児島市の第三者認証店の酒類の提供や、それ以外の地域の飲食店の対応などを正式に決定する見通し。

鹿児島 2021.09.22 13:21

“妻子殺害事件”で死刑判決の元警察官が上告

福岡県小郡市で、妻と子ども2人のあわせて3人を殺害した罪に問われている元福岡県警の警察官の男が、死刑を言い渡した控訴審判決を不服として上告しました。 上告したのは、元福岡県警の巡査部長・中田充被告(43)です。 中田被告は、福岡県警在職中の2017年、福岡県小郡市の自宅で、妻と2人の子どもの首を絞めるなどして殺害したとして起訴され、福岡地方裁判所での1審判決で死刑を言い渡されました。 9月15日の控訴審判決で、福岡高等裁判所は1審判決を支持し、被告の控訴を棄却しました。中田被告は、この判決を不服として、9月17日に上告したということです。中田被告は、一貫して3人の殺害を否認していました。

福岡 2021.09.22 12:04

高校生がDJポリスに挑戦【熊本】

秋の全国交通安全運動に合わせて、高校生が「DJポリス」となり交通安全を呼びかけた。 ■高校生 「思いやりとゆずり合いの二刀流」 DJポリスに挑戦したのは翔陽高校の生徒たち。大津町の交差点で、警察車両の上に立ってドライバーに交通安全の徹底を呼びかけた。 例年秋の全国交通安全運動では、啓発チラシを配っていたが、密をさけるため、去年からは高校生が「DJポリス」として参加している。 ■翔陽高校3年 永江萌花さん 「交通事故で命を落としたりする方がたくさんいると思うので、少しでもなくせるように伝えたいと思い頑張った」

熊本 2021.09.22 11:58

KMバイオ 新型コロナワクチン来年度実用化へ【熊本】

熊本市の製薬メーカーKMバイオロジクスが開発中の新型コロナワクチンについて、「来年度中の実用化を目指す」と発表した。 KMバイオロジクスが開発しているのは、ウイルスの毒性や感染性をなくした新型コロナの不活化ワクチン。 20歳以上の210人を対象に初期の臨床試験を行い、「優れた安全性と有効性が期待できる結果が得られた」と発表した。 副反応についても、接種部位の痛みなどのほか、1人が発熱があったのみだったという。 KMバイオロジクスは10月から最終段階の試験の準備を開始し、当初の予定を1年前倒しして来年度中の実用化を目指している。

熊本 2021.09.22 11:55

中秋の名月 熊本城でも美しい月が…

中秋の名月の21日、熊本市内でも美しい満月が見られた。 今年の中秋の名月は8年ぶりの満月。県内は広い範囲で雲に覆われたが、時折中秋の名月が顔をのぞかせた。 21日は「世界アルツハイマーデー」として、熊本城がオレンジ色にライトアップされ、見物客はいつもと違う熊本城とともに美しい月を堪能していた。 ■見物客 「なかなか熊本城と月を一緒に見られないのでいいですよね。情緒がある」

熊本 2021.09.22 11:55

「緊急事態宣言の30日解除は可能」 福岡県知事が言及

福岡県に出されている緊急事態宣言について服部知事は22日、「期限の9月30日での解除は可能」との認識を示しました。 ■福岡県・服部知事 「この改善傾向が維持できれば、30日を期限としている緊急事態措置の解除、これはできると思っています。」 22日朝、記者団の取材に対して、このように話した服部知事は、その理由として新規陽性者数と病床使用率の改善を挙げました。8月半ばに1200人を超えた1日の新規陽性者は、20日以降100人を切っています。また最新の病床使用率は37.6パーセントと8月のピーク時の半分近くまで改善されています。「宣言」解除後、飲食店への酒の提供自粛要請を継続するかは専門家と相談し慎重に判断するとしています。

福岡 2021.09.22 11:51

ゆっぴーも衝突体験!交通ルールを守って!【熊本】

ゆっぴーも衝突体験!交通ルールを守って!【熊本】 秋の全国交通安全運動初日のきょう。 八代市のショッピングモールに設置されたのは… 衝突事故を体験できる「シートベルトコンビンサー」。時速5キロ程度でもこの衝撃。このほか自転車の安全な走行を学ぶ「自転車シュミレーター」もあり参加した人は交通ルールを再確認していた。 一方、こちらは長洲町の腹赤小学校前の交差点。 「追突注意」や「横断歩行者優先」のプラカードを掲げた警察官などがドライバーに注意を促したり、登校する児童に声掛けをしたりした。 今年に入っての県内の交通事故による死者は24人。秋の全国交通安全運動の重点項目に掲げているのは子どもやお年寄りをはじめとする歩行者の安全確保や夕暮れ時と夜間の事故防止など。 荒尾警察署・合瀬勝彦署長 「横断歩道を渡る歩行者がいた場合は、必ず一時停止をして安全に歩行者を渡らせていただきたい」 県警は9月30日までの期間中、交通安全を呼びかける。

熊本 2021.09.21 20:21

復興応援!工夫も魅力も詰まった鉄道模型【熊本】

八代工業高校の作品が「JR九州賞」を受賞。熊本の魅力が詰まった模型。こだわりもすごい! 熊本豪雨で被災した人吉市の青井阿蘇神社に…球磨川くだりの様子も。 鉄道模型は八代工業の生徒9人が半年かけて作り上げた。 熊本地震と熊本豪雨からの復興がテーマで、人吉市、八代市、そして、熊本市を巡る旅をすごろくに見立てて表現している。 材料に使われているのは身近なもの。 例えば…国宝の青井阿蘇神社は…ほうきの穂先を使って茅葺屋根を表現した。人吉市の山は発泡スチロールとティッシュ、八代市の金波楼の屋根は紙ストローで作っている。 費用は、わずか7000円。 生徒の工夫と熊本の魅力が詰まった模型は9月いっぱい展示される予定。

熊本 2021.09.21 20:14

まん延防止期限前に…“第三者認証飲食店”酒類提供など制限の一部の緩和を検討

 今月30日までとなっているまん延防止等重点措置だが、県は期限を前に、鹿児島市内の第三者認証を受ける飲食店に対し、酒類の提供を認めるなど制限を一部緩和することを検討していることが21日、分かった。  今月30日までの期限となっているまん延防止等重点措置。措置区域となっている鹿児島市では、第三者認証店を含め全ての飲食店で酒類の提供ができない。  一方、県内の新型コロナの感染者の減少を受け、塩田知事は21日、KYTの取材に対し、鹿児島市内で第三者認証を取得している飲食店に酒類の提供を認めることを検討していると明らかにした。重点措置の期限を前に、酒類の提供を認める可能性もあるという。   これまでに県内で第三者認証を取得した飲食店は742店舗。重点措置区域では、新規感染者数などが減っている場合、知事の判断で、第三者認証店など一定の要件を満たした飲食店では、午後7時半まで酒類を提供することが認められている。  県は、最新の感染状況を見ながら医療関係者など専門家から意見を聞き、最終的に判断するとみられる。関係者によると、県は対応を話し合うため近く対策本部会議を開く方向で調整しているという。

鹿児島 2021.09.21 20:12

想定外をなくせ!高まる避難訓練への意識【熊本】

去年の熊本豪雨では福祉施設などからの避難が大きな課題となった。 こうした災害から命を守るために必要なのが「避難訓練」。 熊本豪雨をきっかけに意識も変わってきている。 熊本県がオンラインで開催している避難訓練研修。 水害に備えた情報の取り方や訓練の方法を伝えている。 参加したのは「要配慮者利用施設」で働く人たち。「要配慮者利用施設」とは避難するときに手助けが必要な高齢者や障害者、子どもが利用する施設のことで病院や学校も含まれる。 こちらは熊本豪雨で浸水被害を受けた芦北町の特別養護老人ホーム「五松園」。日頃から訓練を行い、わずか5人の職員で90人の入居者の命を守り抜いた。 五松園・長岩間睦生さん 「夜間の避難訓練や昼間の避難訓練はしていたが2階にあげる訓練はしていなかった。職員の機転だった」 “想定外”から“想定内”へ。豪雨をきっかけに避難訓練への意識も高まり今回の研修には1000を超える施設から応募があった。 さらに洪水や土砂災害に備え県内では85%以上の「要配慮者利用施設」が避難計画を作成したという。 県土木部河川港湾局河川課・堤康博課長補佐 「近年熊本県は災害が多いので施設のみなさんの危機意識は非常に高まっている」 防災への意識が高まった一方、新型コロナの影響で実際の訓練ができない状況も続いている。 堤康博課長補佐 「実効性を高めるためには訓練が重要と考えている。もしコロナがあけたら実際に入所者の方が参加しての訓練をされると思うので我々も一緒に参加したり考えたりしていきたい」 熊本県は今年度中に「避難計画書」の作成率100%を目指すとしている。

熊本 2021.09.21 20:11

新型コロナ県内4人感染 死亡者情報を一部公表

 県内では新たに4人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。新規感染者が1桁となったのは2日連続。  新たに感染が確認されたのは、曽於市の60代女性、瀬戸内町の30代女性と50代女性、60代男性の計4人。鹿児島市では6月24日以来、89日ぶりに新規感染者が確認されなかった。20日時点で159人が医療機関に入院していて、重症は5人、酸素投与が必要な中等症は29人となっている。  また県は新型コロナウイルスに感染して死亡した人に関する一部情報を公表した。それによると、亡くなった55人のうちほとんどの人が60代以上だが、20代、40代で亡くなった人もいるという。基礎疾患の有無については亡くなった55人のうち、53人が基礎疾患があった。また、ワクチンを接種していない人は54人、2回接種して亡くなった人は1人だった。

鹿児島 2021.09.21 20:10

続く野菜価格の高騰“今こそレシピ”食卓の工夫は?

 食卓に欠かせない野菜の価格の高騰が続いている。消費者は頭が痛い状況だ。今回エブリィでは、家計を守るため、家族の健康を守るために、食卓の様々な工夫を聞いた。  鹿児島市の青果店を訪ねると、葉物コーナーでは、レタス1玉299円、ハクサイは4分の1カットで299円だった。客は「家計に響く。毎日食べる品だから。買えない」と頭を悩ました。  8月下旬の長雨による発育不足などで、野菜の価格が高い状態が続いている。  かごしま産直市場の池畠正社長は「ハクサイやダイコン、レタス、葉物関係が、値段が特に高くなっている。価格高騰は、10月半ばごろまでかかるんじゃないか」と話した。  葉物野菜の価格は、去年の同じ時期に比べ、約1.5倍。  買い物客に話を聞くと、様々な努力でこの時期を乗り切ろうとしていた。  客は「いつもレタスを1玉買うが、今日は高いから半分で」、「以前はキュウリを100円で買えていた。ジャガイモ、キュウリを入れて、卵、ハムを2,3枚入れて、マヨネーズで」とキュウリの量を他のものでカバーするという。また「味噌汁の具材を変えて貝汁にしてみたり、葉物が高いから買わないようにしている」、「常備菜を作っている。乾燥野菜とか干し大根やひじきを煮て」と工夫は様々だ。  池畠正社長は「サツマイモやニガウリ、オクラなどは値段的には安い。そういう物を上手に使ってもらえれば」と話した。  価格の高騰の中、野菜をどう補うのか。管理栄養士の長友ゆかりさんは「野菜で得られる栄養素がビタミンやミネラル、抗酸化物質なので、毎日補充しなければいけない。野菜が高くてあまり買えない時は、乾燥野菜や冷凍野菜や缶詰、紙パックに入った水煮のもので代用するチャンス」だと話した。  乾燥野菜や冷凍野菜は栄養が保たれやすく、干し大根は生の大根よりもミネラルの量や旨みもアップしているという。  缶詰のトマトなども、栄養価の高い品種を使っていることも多く、濃縮してとれる優れものだそう。  コロナ下ならではのオススメは、ニンニクだ。長友さんは「私もたくさん買って黒ニンニクにしたが、ニンニクの臭いの元は硫化アリルという非常に血流を流したり栄養効果の高いものなので、今こそ人にあまり会わないときに、ニンニクで血流サラサラの成分を取ってもらうのもいい」と話した。  管理栄養士の長友さんによると、乾燥野菜などの加工品や価格が手ごろな野菜のほか、キノコ類や水耕栽培のトウミョウやカイワレなどは価格が通年安定していて取り入れやすいという。手頃な時期に野菜をたくさん買って冷凍保存するのも、一般的に2,3カ月は日持ちして活用できるそうだ。  長友さんのオススメレシピは、切り干し大根を煮て、トウミョウやカイワレ、オクラ、ハムなどをドレッシングと和えると、加工品も生の野菜も一緒に、有効にとることができるそうだ。  また、農林水産省も”野菜を食べようプロジェクト”として、お買い得の野菜などを使ったオススメレシピを投稿している。  続く野菜価格の高騰をひと工夫で乗り切っていきたい。

鹿児島 2021.09.21 20:09

「秋の全国交通安全運動」始まる

「秋の全国交通安全運動」が21日からスタートした。子どもや高齢者の交通事故防止を重点目標に掲げる。 長崎市で行われた出発式には、取り締まりを行う、交通機動隊員など12人が参加した。今年の「秋の交通安全運動」では、子どもと高齢者をはじめとする歩行者の安全の確保、夕暮れ時と夜間の事故防止、飲酒運転などの悪質・危険な運転の根絶を重点目標に掲げている。長崎県内では、今年に入り歩行者が犠牲になる交通事故が20日までに10件発生し、亡くなった10人のうち8人が65歳以上の高齢者だったという。またこのうち6人は、道路の横断中に事故にあっていて、夜間の時間帯が多くなっている。また、飲酒運転による事故は今年23件発生していて、去年より7件多くなっている。秋の全国交通安全運動は今月30日まで。

長崎 2021.09.21 20:08

“天文館かごしま横丁”年内に再オープンへ

 コロナが収束した後を見据え天文館の飲食業界も動き始めている。6月に閉店した天文館かごしま横丁が年内のリニューアルオープンを計画していることがわかった。  2018年にオープンした天文館かごしま横丁。8店舗が入って営業していたが、今年6月、新型コロナウイルスの影響で東京の運営会社が倒産し閉店した。施設の再生を計画するのが飲食店の経営支援などを行う東京の「favy」。複数の出店者が共同で調理場を使うシェアレストランとして年内にオープンする予定で、東京の銀座に次ぐ2店舗目を目指す。初期費用は無料で家賃は売り上げに連動した歩合制。15%をfavyに支払う。担当者は「コロナ収束後の若い世代の起業を応援したい」と話す。  周囲の飲食店は「賑やかになる。最近はシャッターが下りる店も多くさびしい」と歓迎する声が聞かれた。集客に期待が集まるが経済の専門家、バードウイングの鳥丸聡さんは「ターゲットにしているのは若い世代だろうが、鹿児島中央駅界隈に足が運ぶようになっている。それを引き戻せるかどうかだと思う」と指摘。「近年、東京に増えるネオ横丁のような若者に特化した施設を作るのもいいのでは?」と話していた。

鹿児島 2021.09.21 20:08

「数十件やった」窃盗グループを逮捕【熊本】

空き家や別荘を狙って犯行を重ねていた窃盗グループを逮捕。 逮捕された5人の中には「数十件やった」と供述する男もいて、警察が余罪を調べている。 逮捕されたのは住所不定の無職、岩﨑辰徳容疑者、熊本市中央区の会社員、細波敢努容疑者、熊本市北区のリサイクル業、後藤嘉成容疑者、菊陽町の無職、蠣原照光容疑者、それに韓国国籍の職業不詳李和成容疑者の5人。 警察によると岩﨑容疑者らは熊本市北区の別荘に侵入し骨とう品など31点、227万円相当を盗んだほか、熊本市内の空き家に侵入し車のヘッドライトを盗むなどした疑いがもたれている。 事件によって5人の組み合わせは違うが、少なくとも2年前から空き家や別荘での窃盗をくり返していたとみられる。 5人の自宅などから押収された盗品は1000点にのぼるという。 後藤容疑者と蠣原容疑者は「数十件やった」などと供述していて、警察が余罪を調べている。

熊本 2021.09.21 20:08

野党共闘に乱れ?“調印式延期”背景は

 次の衆院選で野党共闘を目指す市民グループが県内野党3党と共通政策の調印式を行う予定だったが、延期となった。背景には野党共闘への足並みの乱れが。  野党共闘を目指す市民グループは先週末、鹿児島市内で集会を開いた。この日は、立民、社民、共産、県内野党3党の衆院選の立候補予定者が出席のもと、目玉となる「共通政策」の調印式を行う予定だった。しかし、鹿児島3区から立候補を予定している、立憲民主党、元職の野間健さんが欠席したことなどが理由で延期となった。  この延期について、市民グループはもう一つの理由を指摘する。高岡茂共同代表は「野党共闘自体に連合は少し難色を示しているので我々が世論を作っていって今の社会の矛盾の中で野党共闘で政権を交代させるという力が克服していくだろう」と話した。立憲民主党の支持組織である連合鹿児島が、政策合意の過程に難色を示したことが要因だと話す。  原発政策などを巡り意見が食い違う連合鹿児島と共産党。連合鹿児島の下町和三会長は、今月18日付で、立憲民主党県連に対し、共産党を含む野党と共通政策を結ぶのではなく、あくまで「市民団体からの政策提言を受け止める」立場に留めるよう申し入れたという。下町会長は「野党間の協力はあるにしても共産党を含める野党共闘はあり得ないとみている。申し立てを立憲民主党県連がどう受け止められるか、判断は立憲民主党にある。その結果を見て説明を受けるなり私どもの判断をすることになる」と話した。  野党共闘についての考え方の違いが浮き彫りとなった。市民グループは今月中にも調印式を行いたいとしているが、見通しはたっていない。  衆院選には、鹿児島1区には立憲民主党・現職の川内博史氏と自民党・比例九州・現職の宮路拓馬氏。鹿児島2区には自民党・現職の金子万寿夫氏、共産党・新人の松崎真琴氏、無所属、新人の三反園訓氏。鹿児島3区には自民党・現職の小里泰弘氏、立憲民主党・元職の野間健氏。鹿児島4区には自民党・現職の森山裕氏と社民党・新人の米永淳子氏、NHK党・新人の宮川直輝氏が立候補を予定している。

鹿児島 2021.09.21 20:04

県地価“30年連続下落”鹿児島市商業地も“コロナ影響”

 県全体の平均の地価は30年連続の下落で、下落幅は1.5%となった。去年まで4年連続で上昇していた鹿児島市の商業地も、下落に転じた。新型コロナウイルスの影響で、天文館の飲食店などで土地の取引が停滞していることなどが要因とみられる。  商業地の最高価格は鹿児島市東千石町14番3で1平方メートル当たり101万円。上昇率が最も高かったのは、鹿児島市中央町24番25で、3.9%伸びている。  住宅地で最も高かったのは鹿児島市上荒田町17番5で1平方メートルあたり23万2000円。9年連続だ。  上昇率が最も高かったのは鹿児島市谷山中央1丁目4317番2のプラス4.8%。谷山駅周辺の区画整理で、利便性の高まりを受けているとみられる。

鹿児島 2021.09.21 20:01

21日長崎県】新型コロナ13人感染確認

新型コロナウイルスは長崎県内で新たに13人の感染が確認された。長崎市、佐世保市ともに感染者は「ゼロ」でしたが、五島市では小学校のクラスターが拡大している。            新たに感染が確認されたのは五島市10人、諫早市、長与町、時津町でそれぞれ1人のあわせて13人。長崎市で感染者が確認されなかったのは7月24日以来約2か月ぶり、佐世保市では2日ぶり。五島市ではクラスターとなっている緑丘小学校で新たに児童2人の感染が確認され、関連の感染者は11人に。残りの児童、教職員計470人程度の検査が進められていて、このうち約50人は陰性だったという。また、近隣の小中学校1校ずつも22日から26日まで休校が決まっている。このほか、富江給食センターで職員1人の感染が確認されたため、小中学校4校で22日と23日、給食の提供を停止するとした。

長崎 2021.09.21 19:57

指定暴力団・浪川会の本部事務所跡地 第三者が大牟田市に寄付

指定暴力団・浪川会の本部事務所跡地について、福岡県大牟田市は土地を取得した第三者から寄付を受けたと発表しました。 大牟田市に寄付されたのは、大牟田市上官町にある土地・約140平方メートルです。 この場所には、かつて指定暴力団・浪川会の本部事務所があり、前身の九州誠道会の時代から、指定暴力団・道仁会との抗争を繰り返してきました。 去年12月、地域住民から委託を受けた福岡県の暴追センターが使用差し止めを求めて、福岡地方裁判所に提訴し、ことし7月に浪川会側が、その請求を受け入れる形で訴訟が終結していました。 その後、この土地を取得した第三者から大牟田市に対し「再び暴力団の手に戻ることがないよう市に寄付したい」と申し出があったということです。 大牟田市は今後、跡地の活用について検討していきたいとしています。

福岡 2021.09.21 19:13

国際郵便による密輸増加 門司税関が取り締まりを強化

新型コロナウイルスの影響で、国際郵便による密輸が増加し、税関は取り締まりを強化しています。 門司税関は21日、ことし1月から6月までの間に国際郵便を使った密輸事件5件を摘発し、液体大麻や麻薬など約20グラムを押収したと発表しました。 門司税関によりますと、ことしは新型コロナウイルスの影響で、航空機や船を利用し、旅行客を装っての密輸がない一方で、国際郵便での密輸の摘発が増えているということです。 門司税関は「郵便物を取り扱う出張所の人員を増やすなどして取り締まりを強化していく」としています。

福岡 2021.09.21 19:12

24時間テレビの義援金 大雨被災の佐賀県に贈られる

8月の大雨で被災した佐賀県に24時間テレビから義援金が贈られました。 義援金は8月の「24時間テレビ」に寄せられた募金の一部500万円でFBSの廣瀨健一社長から佐賀県の山口祥義知事に目録が手渡されました。 佐賀県によりますと、8月の記録的大雨では県内で住宅3棟の全壊や床上・床下浸水など、合わせて3570棟が被災しました。20世帯39人が避難生活を送っています。 義援金を受け取った山口知事は「支援の気持ちをみなさんに届け、前を向いてがんばりたい」と話していました。

佐賀 2021.09.21 19:12

熊本市「時短要請」10月以降も継続へ【熊本】

新型コロナウイルス。県内で新たに20人の感染が確認された。 熊本県は「まん延防止等重点措置」が9月末で解除されても熊本市の飲食店の時短要請については10月以降も継続する方針。 先週火曜日の52人からは32人減少していて9月で最も少ない感染者数となっている。 しかし、新たなクラスターも発生。荒尾市の認定こども園第二四ッ山幼稚園ではこれまでに園児5人と職員1人の感染が確認されている。幼稚園は9月18日から休園している。 ■直近1週間の新規感染者数 先週、リスクレベルが国の指標の「ステージ3」に引き下がった熊本県だが公表日ベースで243人とステージ3の水準の262人を下回った。 病床使用率は県が24.7%と「ステージ3」の20%近くまで改善している状況。 一方で熊本市は52.9%と引き続き高い水準。 こうした中、県は正念場と捉えていたきのうまでの3連休も感染が減少傾向だったとして22日の対策会議で熊本市の飲食店へ要請している酒類提供の自粛を認証店に限り9月24日から緩和することを発表する予定。 一方で「まん延防止等重点措置」が9月末で解除されても飲食店の時短要請については10月以降も熊本市は継続する方針。

熊本 2021.09.21 18:36

死亡事故の減少へ 秋の交通安全県民運動がスタート

秋の交通安全県民運動が21日始まり、福岡県警の野村本部長は「死亡事故減少のため、積極的に取り組んでほしい」と訓示しました。 北九州市で21日に行われた出動式で、福岡県警の野村護本部長は「悲惨な交通死亡事故を1件でも減少させ、安全安心の福岡県を実現するため、積極的に取り組んでほしい」と訓示しました。 福岡県内ではことし、去年の同じ時期に比べ15人多い、76人が交通事故により亡くなっています。 特に北九州地区では去年より8人多い22人が交通事故で死亡していて、福岡県内4地区のうち最も死亡者の数が増えています。 県民運動の期間中、警察は歩行者の安全確保や飲酒運転の撲滅などに重点を置き、県内一斉での取り締まりを行うことにしています。

福岡 2021.09.21 18:31

「基準地価」発表 福岡市博多区で明暗分かれる

土地を取引する際の指標となる「基準地価」が21日、発表されました。福岡県では地価の上げ幅が拡大し、上昇率で全国1位となりました。その一方で、新型コロナウイルスの影響を受けた福岡市の繁華街・中洲は、県内の商業地で唯一、地価が下落しました。 調査は県内の60の市町村、922地点で行われるもので、商業地や住宅地などの土地の値段を調べます。 福岡県の地価の上昇率は去年から1.9%アップ。40年ぶりに全国トップとなりました。商業地も6年連続で上昇し、去年より2.7%アップで初の全国1位となりました。 ■加藤記者 「福岡県内で最も地価が高かったのは、ここ福岡市の天神木村屋ビルです。1㎡あたりの価格はなんと850万円です。」 もはや九州では不動のトップともいえる天神のこの場所は5年連続の県内1位です。 ことしの商業地の上昇率の全国ランキングを見てみると、上位10地点のうち、なんと8地点が福岡県内で、そのうち7地点が福岡市内となっています。 全国トップとなった福岡市博多区綱場町は、オフィスビルが立ち並び、博多駅と天神の両方から約2キロの距離があり、これまであまり注目されてきませんでした。なぜ今回、上昇率1位になったのでしょうか。 ■日本不動産研究所・高田卓巳さん 「高い上昇率となっている地域については、これまでの賃料が割安感があって、買い主がいままでの水準よりも高く貸せたりすると判断。」 また県によりますと、『天神ビッグバン』や来年度に予定されている地下鉄七隈線の博多駅までの延伸などによって、都市部の集客力向上が見込まれ、地価を押し上げているということです。 さらに世界的な新型コロナウイルス対策も地価上昇の背景にあります。 ■高田さん 「世界的な金融緩和で世の中にお金が溢れている状況が続いていて、その資金が不動産に流れ込んでいる。」 一方、福岡市で唯一地価が下落した場所があります。 ■加藤記者 「午後8時を過ぎた中洲です。人通りは少なくなっています。」 福岡市博多区中洲は九州一の歓楽街として、新型コロナウイルスの感染拡大以前のおととしまでは、地価が7年連続で上昇していましたが、今回は2.1%下がりました。“コロナ”による打撃を受けた形です。 こちらは中洲地区にある焼き肉店です。この店では、県の要請に従い、酒の提供はせず、閉店時間を午後8時に繰り上げ、営業を続けてきました。売り上げは“コロナ前”と比べて1割以下に減少したといいます。 ■大衆焼肉まんげつ・大畑健一郎さん 「誰も歩いていないし、観光客や外国の方、地元のサラリーマンもほとんどいないので、街が死んでいますね。いまは」 飲食店の苦しい経営が続く中こんな動きもあります。 ■伊都の明里・福原政幸さん 「不動産の方と話してみて、中洲は全体的に1割~2割ぐらいは落ちてきているということを聞いたので、思い切って出店した。」 家賃下落を逆にチャンスととらえ、飲食店が新規出店に乗り出す決断をしました。 中洲地区の物件を取り扱う不動産会社によりますと、中洲地区のテナントの賃貸相場は“コロナ前”と比べて、2割から3割下落したといいます。 そんな中でも飲食店の新規出店を後押しするのは、コロナ収束への期待です。 ■福原さん 「ワクチン接種や国の支援策などがいろいろ整ってきて、あと1年か2年くらいで、コロナ前みたいな人の動きに戻る可能性が大いにあるので、そういった総合的な部分で(これから)良くなっていくのでは。」

福岡 2021.09.21 17:56

行動制限緩和への期待 福岡県内の事業者が集客へ動き出す

国民の半数以上が2回目のワクチン接種を終える中、政府は11月以降に行動制限を緩和することを目指しています。福岡県内の飲食店や旅行会社などでは制限の緩和を見据えた動きが、すでに始まっています。 21日北九州市小倉北区の地ビールが売りのレストランでは、緊急事態宣言が明けた後の営業に向けた準備が進められていました。現在、このレストランではメインの地ビールが提供できないことから、テイクアウトのみの営業を続けています。感染対策を徹底した上でオープンしましたが。 ■門司港地ビール工房・宮本桃子さん 「この1年間で、フルで営業できたのが何日あるんだろうというのが、この1年弱。料理の内容もビールにあった料理となっているので、アルコールが出せない状況で料理だけお楽しみくださいと言っても、どうしてもお客様に来店してもらえない。」 そんな中、県が新たに開始したのが感染防止の認証制度です。この店では9月、県の認証を受けました。今後、営業再開に向けた後押しにならないか期待を寄せています。 ■宮本さん 「感染対策をしっかりしているから、安心して来てくださいという認証制度だと思うので、認証制度が出ている店には、お酒が出せる、営業時間が延びる、人数が増えるような具体的なメリットが感じられるような規制緩和がされたらいい。」 政府はワクチン接種が行き渡る11月以降をめどに、2回接種した人や検査で陰性だった人の行動制限を緩和することを目指しています。 福岡県は政府が行う実証実験に参加する意向で、エリアを絞って県の認証を受けた飲食店に酒の提供を認めることも検討しています。 県によりますと認証を受けた店は、すでに700店を超えていて申請を行う店は増えていると言います。一方、福岡市のホテルでは、ワクチンを接種した人へのサービスを始めています。 ■須田キャスター 「こちらのホテルでは、ワクチン接種を2回した証明書を提示すれば、部屋に最大24時間滞在できるプランを販売しています。」 このホテルでは、ワクチンを接種した人に対して、通常午後3時から20時間の滞在時間を、正午から24時間に延長するプランを9月から販売しています。 コロナ禍で旅行を控えていた人に限られた時間をゆっくり過ごしてほしいという取り組みで、すでに予約や問い合わせが増えてきていると言います。 ■ホテルモントレ・ラ・スール福岡宿泊課・黒江義弘支配人 「いままでコロナ禍の中で旅行を控えている方、なおかつワクチンを2回接種して、安心して旅行に行きたいというお客様の需要を見すえて今回のプランを作成させていただきました。このプランが起爆剤として、いろいろなお客様がホテルにお越しいただくことを期待しています。」 インターネットでツアー旅行を販売するラド観光は、ワクチンを1回でも接種した人に旅行代金から1000円値引きし、オリジナルグッズをプレゼントするキャンペーンを始めました。また接種してしない人は無償でPCR検査を行うことができます。 政府が行動制限緩和の方針を示した後は、1週間で約80件の予約が入ったということです。 ■ラド観光・大槻将利支店長 「今回行動の規制の緩和ということで、行っていいですよということではないと思うんですけれど、お客様に旅行をおすすめしやすくなるということと、お客様自身も旅行に行っていいのかというところが出てくると思いますので、旅行であったり出張であったりとかに、非常に期待しています。」 読売旅行は10月から出発するすべての団体ツアーの参加者をワクチンを2回接種した人か、出発前の検査で陰性だった人に限定する取り組みを始めます。 添乗員やバスの運転手も同じ条件を満たしている人に限るということです。 読売旅行は行動制限の緩和について「需要回復の切り札になると期待している。感染対策に万全を期した上で、お客様の思いに応えていきたい」としています。

福岡 2021.09.21 17:55

白菜は例年の3倍に 野菜の高値続き家計を直撃

8月の大雨などの影響で野菜の高値が続いています。例年の2倍以上の値段となっている野菜hがあり、消費者からは「高くて買えない」という声があがるなど家計に大きな影響を与えています。 21日午前、福岡市中央区の青果店を訪ねると。 ■鬼丸記者 「大根1本238円で売っています。」 店によると、例年の2倍にあたる値段だと言います。さらに白菜は例年の3倍にもなるといいます。 ■買い物客 「葉物が欲しかったんですけれど、値段が高かったから、たまねぎを買いました。」 ■買い物客 「ちょっとずつでいいんで安くなってほしい。」 またこの店では、卸値が高騰しているため、8月上旬から春菊が、まったく入荷できない状況が続いているほか、水菜やナスの入荷も困難だと言います。 ■かいぶつくん薬院店・篠原加代子店長 「お盆すぎの雨の後から、1か月以上、全般的に全部の野菜が高いです。ちょっと形が悪いものでも、もってきてお客さんに少しでも安く提供したいけれど。」 福岡市東区の青果市場・ベジフルスタジアムでは、この時期、福岡や熊本が主な産地のナスやトマトは、例年の1.5倍、レタスも2倍近くでの取引されています。 競りに参加した仲卸業者によりますと、17日の台風の影響は、ほとんど出ていないものの、8月の記録的な大雨の影響で野菜の高値が続いているということです。 中でも葉物野菜を中心に品薄の状態が続いていて、仲卸業者は「緊急事態宣言が明けると、飲食店からの野菜の需要が高まり、さらに高値になる可能性もある」と話しています。 21日午前、8月の大雨で大きな被害をうけた福岡県久留米市北野町の野菜の生産者を訪ねました。行われていたのはチンゲンサイの収穫です。生産者の佐藤弘也さんです。 ■野菜農家・佐藤弘也さん 「葉っぱがすれてしまってゴミが多いんですけれど、それでも収穫できてよかったなと思っています。」 8月の大雨で佐藤さんの16棟のハウスは、ほぼ半数が浸水しました。出荷目前だったチンゲンサイをはじめ、多くの野菜を廃棄せざるをえませんでした。 17日には台風14号が福岡県に上陸。幸いにも被害はなく、21日、本格的な収穫を迎えることができました。 ■佐藤さん 「僕たちはお天気仕事なので天候が悪いと野菜の収量が落ちたりして出荷する量が減ってしまう。そうなると消費者さんの負担になっていくので、そこは防ぎたいと思う。」 私たちの食生活に欠かせない野菜。価格が落ち着くまでには、しばらく時間がかかるとみられています。

福岡 2021.09.21 17:48

“鳥栖女性殺害”逮捕から1週間 県警の対応に専門家が疑問

佐賀県鳥栖市で79歳の女性を殺害したとして、大学生の男が警察に逮捕され、21日で1週間となります。発生後、殺人事件と断定するまでに4日間を要した佐賀県警の対応に、専門家から疑問の声があがっています。 この事件は9月10日、佐賀県鳥栖市の住宅の庭で大塚千種さん(79)の頭をハンマーで複数回殴り殺害した疑いで、長崎大学4年の山口鴻志容疑者(25)が逮捕されたものです。 山口容疑者は長崎市内の自宅アパートの1室を放火した後、福岡市内に宿泊し、市内で事前に凶器のハンマーを購入し、鳥栖に向かったとみられています。 一方で警察の調べに対し山口容疑者は「鳥栖に来たのは初めて」と話していて、被害者とは面識もなく動機などに不可解な点も残っています。 大塚さんの頭には前の部分と頭頂部付近に傷がありましたが、佐賀県警は、当初転倒して亡くなった可能性もあるとして、事件とは断定しませんでした。 このため死因を特定する司法解剖は、すぐに行なわれず、事件について公表していませんでした。 死因のわからない遺体をみて、死因を特定する「警察医」として、これまで6000体を超える遺体と向き合ってきた大木医師は今回の佐賀県警の判断に疑問を呈します。 ■大木整形・リハビリ医院・大木實院長 「Q検視の経験の差か?これは非常に残念ですけれど、これを誤認検視、誤検視と言わずして、何を誤認検視というんですかと思いますね。」 ■大木医師 「Qハンマーで複数回たたいているにも関わらず、事故転倒と思われるようなキズなのか?自己転倒というのは、あくまでもかかるのは自分の体重ですから、ハンマーの場合は骨折を伴っているはずですよ。そうすれば現場で分からなくても病院でレントゲンとか、CTとかそういったのでも判断はできると思いますね。」 また遺体の確認以外にも事件と判断できる材料があったのではと指摘します。 ■大木医師 「近くにいた人によると、ぎゃーという悲鳴を聞いたと、これだけでも普通じゃないですね。要するに現場のご遺体を含む環境の調査が不十分だったとしか言えないですね。」 事件発生から3日後に山口容疑者が自首するまで、佐賀県警は殺人事件と判断できず、犯人の捜索もなされていませんでした。 その間も山口容疑者はリュックサックに凶器のハンマーを所持したまま、電車での移動を繰り返していたとみられています。 佐賀県警に大木医師の指摘について質問しましたが「捜査に支障があるため答えない」との回答でした。 ■土井記者 「男の逮捕から1週間、捜査が進められる一方で、佐賀県警の対応が問題なかったかも検証が必要です。」

佐賀 2021.09.21 17:48

“伝えたい私のコロナ”#10 職場で感染した女性

“伝えたい私のコロナ”は、クラスターが発生した職場で感染した女性の証言です。 ■職場で感染した女性 「もう水の中にずっといるような、吸っても吸っても酸素が入ってこないような感じで、このまま亡くなったら荼毘に付されて(自宅に)帰るんだなってちょっと思いました。」 死を意識したという40代の女性は、肺炎で4週間入院し、その後、回復するまで3か月かかりました。その感染経路は。 ■職場で感染した女性 「コールセンターで感染しました。そこが感染経路です」 勤務していたコールセンターでの感染対策が、不十分だったと指摘します。 ■職場で感染した女性 「コールセンターにも関わらず、パーティションも全部に設置されていない。フェースシールドのみで仕事可能にしていた。」 さらに、職場で感染者が出ましたが、伝えられることはありませんでした。 ■職場で感染した女性 「患者が1人この同じフロアで出ていましたっていう事後報告だった。それが分かってからあっという間に半数がかかりました。」 結局約20人が感染しました。防げたかもしれない集団感染。いま、伝えたいこととは。 ■職場で感染した女性 「会社にとってもものすごくマイナス。社員を失う。(クラスターが発生)した会社だというようなレッテルも貼られる。のちのち(後遺症で)体調が悪い社員を抱えていかないといけない。やっぱりそこはちょっと自分の会社のことも社員のことも思って、(対策を)取り組むべきだと思う。」

福岡 2021.09.21 17:48

子どもと同居世帯のワクチン優先接種 福岡市が22日から

福岡市の高島市長は21日、小学生までの子どもと一緒に暮らす家族などを対象に、新型コロナウイルスのワクチンの優先接種を行うと発表しました。 ■福岡市・高島市長 「ワクチン接種の対象外となっている子どもたちを守るためにも、同居している家族をしっかり守っていくことが大事。」 高島市長は21日、このように述べ、小学6年生までの子どもと一緒に暮らす家族などを対象に、優先接種を行うと発表しました。 福岡市では12歳以下の感染者の約9割が家庭内感染で、接種の対象外となっている子どもたちの感染リスクを下げる狙いがあります。 1回目は22日から10月5日まで、市内7か所の集団接種会場でファイザー製のワクチンを使って行われます。予約枠は一日あたり400人です。 電話による先着順で、当日から2日後までの予約を受け付けるということです。

福岡 2021.09.21 16:03

“速度違反取り締まり”県警が新たな機械を導入

 秋の全国交通安全運動が始まった。県警は速度違反の取り締まりに新たな機械を導入した。  秋の全国交通安全運動に合わせ県警が新たに導入したのは、持ち運びができる速度違反を取り締まる機械だ。速度違反した車を自動で撮影することができ、車両を特定したあと違反者に通知を送り、違反切符を交付する。取り締まる場所の必要がなく、通学路や生活道路などの道幅が狭い場所でも、今後は取り締まりを行えるという。鹿児島中央警察署の河﨑伸也交通課長は「生活道路通学路を中心に、速度の高いところを中心に積極的に運用して、通行車両の速度を落として、交通事故の防止に繋げていきたい」と話した。  新たな機械の活用による今後の取り締まりに注目だ。

鹿児島 2021.09.21 13:03

青果市場で野菜の高値続く 8月の記録的な大雨の影響

8月の記録的な大雨の影響で福岡市の青果市場では、レタスやトマトなど多くの野菜が高値で取り引きされています。 20日が祝日だったため、福岡市東区の青果市場・ベジフルスタジアムでは、21日の朝、3日ぶりの取り引きが始まりました。 競りに参加した仲卸業者によりますと、17日の台風14号の影響は、ほとんど出ていないものの、8月の記録的な大雨の影響で野菜の高値が続いているということです。 この時期、福岡や熊本が主な産地のナスやトマトは例年の1.5倍、レタスも約2倍での取り引きが続いています。 ほかにも葉物野菜を中心に品薄の状態が続いていて、ある仲卸業者は「緊急事態宣言が明けると飲食店からの野菜の需要が高まり、さらに高値になる可能性もある」と話しています。

福岡 2021.09.21 11:52

秋の交通安全県民運動スタート 自転車の利用者向けに啓発

秋の交通安全県民運動のスタートにあわせて21日朝、福岡市で、自転車の利用者に対する啓発活動が行われました。 21日午前8時ごろ、福岡市博多区の大博通りでは、警察官が交差点に立ち、自転車の利用者にビラを配ったり、イヤホンをつけた「ながら運転」をしないよう指導したりしました。 福岡県内では9月15日現在、去年の同じ時期より14人多い、73人が交通事故により死亡しています。 博多警察署の管内でも5人が死亡していて、このうち3人が自転車に乗っていました。 ■鈴木衆策交通管理官 「自転車も車両。事故のないよう交通ルールを守って運転してほしい。」 秋の交通安全県民運動は9月30日までとなっています。

福岡 2021.09.21 11:51

ミカン狩り始まる 家族連れが満喫【熊本】

玉名市の観光農園でミカン狩りが始まった。 天水町の水本オレンジガーデンでは、2.5ヘクタールの農園で約2500本のミカンの木を栽培。現在「肥のあかり」が収穫の時期を迎えていて、家族連れなどが訪れハサミを使って1つずつ丁寧に収穫しながらミカン狩りを体験していた。 肥のあかりは、熊本県が開発した極早生温州ミカンで、皮が青くても食べることができ甘みが強く豊かな香りが特徴。 肥のあかりは今月いっぱい、ミカン狩りは来年5月まで楽しむことができるという。 一方、宇城市三角町では、肥のあかりの選果作業が最盛期を迎えている。 JA熊本うき柑橘選果場では、糖度の高いものが光センサーで選別され箱詰めされている。 8月の長雨の影響が心配されたが、その後の晴天で良質なミカンに仕上がったという。 出荷は東北や関東地方を中心に今月下旬まで続き、出荷量800トンを目指しているという。

熊本 2021.09.21 11:49

「子どもの安全確保を」秋の全国交通安全運動スタート【熊本】

秋の全国交通安全運動が始まり、玉名郡長洲町では「歩行者優先キャンペーン」が行われた。 腹赤小学校前の交差点では、荒尾警察署の職員や中逸博光町長が「追突注意」や「横断歩行者優先」と書かれたプラカードを掲げて、ドライバーに注意を促したり、登校する児童に声掛けをしたりした。 秋の全国交通安全運動は今月30日までの10日間で、子どもやお年寄りをはじめとする歩行者の安全確保や、夕暮れ時と夜間の事故防止などの徹底を図る。 ■荒尾警察署 合瀬勝彦署長 「横断歩道を渡る歩行者がいた場合は、必ず一時停止をして安全に歩行者を渡らせていただきたい」 荒尾警察署では期間中、児童の登下校時間に合わせて、通学路での見守り活動やパトカーでの巡回などを強化するという。

熊本 2021.09.21 11:48

まん延防止解除後初の週末 長崎市観光地は

県内に出されていたまん延防止等重点措置が解除され、はじめての連休。行楽地には、観光客の姿が少しずつ戻ってきた 3連休最終日を迎えた長崎市の南山手地区。マスクを着けた観光客の姿があった。軍艦島の上陸・遊覧ツアーを展開する軍艦島コンシェルジュ。まん延防止措置が解除されてからも台風などの影響で営業ができない状態が続いていた。客足が戻ってきたとはいえまだコロナ禍以前と比べると予約状況は5割ほどに留まっている。

長崎 2021.09.20 21:35

理容室が取り壊し前に「最後の壁画展」

6月に閉店し、取り壊しが決まっている長崎市の理容室で絵画展が開かれている。60年以上地元に愛されてきた店がアートの空間に生まれ変わっている。 長崎市船大工町、丸山公園の向かいにある「理容マロミ」。今年6月、64年の歴史に幕を下ろした。ここで開かれているのが「最後の壁画展」。長崎市出身の美容師久米 保さんが、両親が営んできた店の最後の思い出を作ろうと企画した。1957年、久米さんの母・節子さんが美容室としてオープンした「マロミ」。父・敏吉さんが18年後に理容室として新装開店し、多くの地元の人たちに愛されてきた。6月、高齢を理由に両親が引退。店は閉じることになり、建物も老朽化していたことから取り壊すことになった。両親が守り続けてきた店の最後をアートで飾りたいと久米さんが知り合いの若手アーティストに声をかけ、実現したのがこの「壁画展」。理容室があった2階。3か月前まで使われていたイスやハサミなどはそのまま残されているが壁や天井は、さまざまな模様でいっぱいに。手掛けたのは県内を拠点に活動する山脇 理奈さん。また、飲食店として貸していた1階部分では県内のカフェやカレー店などが日替わりで出店している。今月27日の「壁画展」の終了後、建物は解体される予定。久米さんはその後、新たにギャラリーとカフェが一体となった店をオープンさせたいと話す。

長崎 2021.09.20 21:25

大家族の母・岸信子さんが備蓄テーマに講演「地震は予告がない 普段から備えを」熊本地震経験

宇土市の大家族・岸さん一家の母信子さんが20日、災害が起きた時の備蓄をテーマに講演した。 ■岸信子さん 「1週間、ライフラインが止まっても過ごせるだけのものをまずは準備しよう」 講師の岸信子さんは、宇土市に住む7男3女の大家族の母親。この日の講演テーマは「災害に備えた家族の食糧貯蔵」で、オンラインも含め県の内外から約170人が参加した。 20代の頃からもしもに備えた貯蔵を始めたという信子さん。真剣に考えるようになったのは5年前の熊本地震がきっかけだった。 ■岸信子さん 「地震は予告がないです。地震というのは普段備えておかないとその時では間に合わないんだというのをすごく感じました」 信子さんが強調したのは、それぞれの家庭に合わせて計画を立てること。防災リュックの中身を見せながら、食糧貯蔵のコツを伝えた。 ■岸信子さん 「防災マニュアルに3日間これが必要だよと書いてあるのを参考にしつつ、自分の家の自分の家族に必要なものを考えて準備するのが凄く必要だなって思いました」 講演会に参加した人たちは… ■参加者 「ちゃんと(信子さんが)工夫してるから、私もまず(食糧を)ストックするところをキレイにしようかなと思って。今日はとても良かったです」 「面白かったです。たくさん分からなかったことも教えてもらって。(防災)リュックを準備するのは多分この後やります」 ■岸信子さん 「食べては補充し、食べては補充しという行為自体を楽しみながら貯蔵を続けていくことができたらいいなと思っています」

熊本 2021.09.20 20:12

熊本県内で21人の新型コロナウイルス感染 28日連続で前週の同じ曜日下回る

熊本県内で20日、新たに21人の新型コロナウイルス感染が確認された。前週月曜よりも2人減り、9月で最も少ない人数となった。また減少傾向は続いていて28日連続で前の週の同じ曜日を下回っている。 市町村別にみると熊本市7人、荒尾市5人、合志市、御船町各3人、南関町2人、玉名市1人。年代別では全員が50代以下で最も多いのは10歳未満の7人だった。 県内の病床使用率は26.1%、熊本市の病床使用率は56%で、前日と比べいずれも下がっている。

熊本 2021.09.20 20:08

“約2か月ぶり1桁”県内感染4人 病床使用率のみステージ3

 県内では20日、新たに4人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。新規感染者数が1桁となったのは約2か月ぶりだ。19日時点で、ステージ3の指標を上回るのは、病床の使用率だけとなっている。  新たに感染が確認されたのは、鹿児島市の10歳未満の男女3人と、薩摩川内市の40代の女性の計4人だ。県内の新規感染者数が1桁となったのは、7月24日以来、58日ぶりだ。また県は新たに感染者の1人が亡くなったと発表した。  県内で確認された感染者は累計で9017人となった。19日時点で164人が医療機関に入院していて、重症が5人、酸素投与の必要な中等症が30人だ。  19日時点で病床の使用率は21.5%。人口10万人当たりの療養者数や、直近1週間のPCR検査の陽性率、人口10万人当たりの新規感染者数などは、ステージ3の指標を下回っている。

鹿児島 2021.09.20 19:53

鹿児島 連休の人出の様子は?

 晴天に恵まれた3連休。まん延防止等重点措置が延長され、コロナ下で迎えた県内の様子を取材した。  釣りや公園など、密を避けた場所で多くの親子連れの姿が見られた。  また携帯電話の位置情報の分析によると、19日午後1時の鹿児島市の繁華街・天文館の人出は、1週間前と比べ、15パーセントアップしていた。その一方、例年なら多くの観光客でにぎわう“白熊”の老舗を訪ねると、人の姿はまばらな様子。売り上げは、GoToトラベルなどの観光支援事業があった去年と比べ、6割ほどに とどまっているということだ。  全国で緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置が続く中、観光の需要が戻るには、もうしばらく我慢の時期が続きそうだ。

鹿児島 2021.09.20 19:52

大人気 〝二郎系″ラーメン店が開店

 鹿児島市にできた長い行列。そのお目当ては新しく出来たラーメン店。世界、そして全国で人気の“二郎系”と呼ばれるラーメン店が鹿児島に。オープン前日からエブリーが密着した。  世界、全国計16店舗を展開する二郎系ラーメン「夢を語れ」。オープン前日の今月17日、店は最後の仕込み作業に追われていた。  オーナーの〝ヒョードル″こと兵頭竜哉さん。大阪出身だが、長渕剛さんと桜島の雄大さに惹かれ鹿児島にやっていた。  豚骨をじっくり炊いたスープに。自家製の太麺が自慢だ。  オーナーは「二郎系ラーメンは重い、こってりしていると思われるが、豚の味が強い。味が強いだけでこってりはしてない」とその魅力を話す。  店には客に夢を書き込んでもらうドリームウォールという壁も作った。「鹿児島でも見たことないラーメンだと思う。見た目で楽しんで全力で食べておなかいっぱいになって楽しんでもらいたい」とオープン前の意気込みを語った。  オープン当日。店の前には長~い行列が。中には前日から並んだという客も見られた。  器からはみ出そうな具材が特徴の二郎系ラーメン。客の食欲も全開。用意していた120食は完売。大好評のスタートとなった。  オーナーは「子どもたちもいたのでいろんな人に楽しんでもらえるラーメン店。夢を語れる場所が作れたらいいなと思う」と話した。

鹿児島 2021.09.20 19:50

鹿児島駅近くに再開発ビル 地元からは歓迎の声

 再開発が進むJR鹿児島駅周辺に、マンションや店舗が入る2棟のビルが建つ予定だ。コロナ下で人通りが減る中、地元の人たちからは「活気が戻れば」と期待の声が上がっている。  鹿児島駅周辺の再開発事業の一つとして建設されるのは、13階建てと14階建ての2つの棟からなるビル。マンションや店舗などが入る予定だ。鹿児島市浜町にある築60年以上が経過した「鹿児島観光ビル」を解体し、JR九州が所有する土地と合わせて建設する予定で、総事業費は、約49億円。  地元からは「便利になりそう」「コロナ下で、なかなか人通りがない。再開発ビルができたらお客さんも多くなるのでは」などの機体の声が上がっている。再開発ビルは2024年1月に完成する予定。

鹿児島 2021.09.20 19:49

出水市の米ノ津川で男性水死

 出水市で20日午前、川に流された男性(74)が心肺停止の状態で発見され、その後、死亡が確認された。  男性が見つかったのは出水市住吉町を流れる米ノ津川。警察や消防によると、20日午前11時すぎ、近くにいた釣り人から「川に流されて助けを求めている人がいる」と消防に通報があった。  消防が現場に駆け付けたところ出水市明神町の無職・濱田勝さん(74)が岸から約10メートル離れた水面に、うつ伏せに浮いた状態で見つかった。発見時、濱田さんは心肺停止の状態で、病院に運ばれたが、約1時間後に死亡が確認された。死因は水死だったという。  警察と消防が濱田さんが溺れた原因など、事件と事故両面で調べている。

鹿児島 2021.09.20 19:46

立憲民主党 泉政調会長が鹿児島入り

 次の衆議院議員選挙に向けての動きが活発となっている。立憲民主党の泉健太政調会長が鹿児島入りし、政権交代の必要性を訴えた。  週末。県内各所に姿を現したのは立憲民主党の泉健太政調会長。鹿児島1区から立候補を予定している現職の川内博史氏と、鹿児島3区から立候補を予定している元職の野間健氏の応援のため、鹿児島入りした。  泉政調会長は「菅政権のコロナ対策は対策ではなく対処だ」と批判し、「追加のコロナ支援策が絶対に必要。自民党が出来ないのであれば政権交代が必要だ」と訴えた。  泉政調会長「自民党は総裁選なんて悠長なことをやらずにすぐにでもできる政策を実現しなければいけない。それが出来ないのであれば「根こそぎ変えるなら政権交代」」。  具体的には、持続化給付金など追加の支援金や子どもの感染対策を強化していくべきと訴えた。

鹿児島 2021.09.20 19:44

ユナイテッド アウェーで鳥取に勝利

 鹿児島市喜入町にユナイテッド専用の練習場が19日完成し、セレモニーが行われた。  徳重剛代表は「いよいよこれで言い訳が出来ない環境になる。ますます強い鹿児島ユナイテッドを目指して、選手スタッフ、クラブ一丸となって頑張っていきたいなと思う」と話した。  悲願だった練習場の完成に、結果で応えたいユナイテッドは18日、ホームで敗れた前節からスタメンを6人入れ替えた。相手は、金鍾成前監督が率いる鳥取だ。  試合が動いたのは31分。ユナイテッドはテンポの良いパス回しから山本がシュート!こぼれ球をフォゲッチが豪快に決め、先制に成功する。フォゲッチはJリーグ初ゴールだ。  さらに後半立ち上がり、フォゲッチの絶妙なクロスに米澤が合わせ、追加点、フォゲッチのアシストで米澤の今シーズン6ゴール目が生まれる。試合はこのまま2対0。ユナイテッド、7試合ぶりの無失点での勝利。  上野展裕監督は「選手たちが最後の最後までよく頑張ってくれた。この勝ちを次につなげていきたい」と話した。  アウェーで勝ち点3を得たユナイテッドは現在8位。首位との勝ち点差は8に縮まった。次の試合は今度の土曜日、今シーズン初の連勝をかけホームで岐阜と対戦する。

鹿児島 2021.09.20 19:24

「は虫類カフェ」のトカゲ3匹を盗んだ疑い 男を逮捕

福岡市内の「は虫類カフェ」で320万円相当のトカゲ3匹を盗んだとして男が逮捕されました。 これは福岡市中央区にある「は虫類カフェ」の防犯カメラの映像です。店内を物色する懐中電灯を持った不審な人物。持参したバッグに何かを入れる仕草をした後、店を出ていきました。 警察によりますと、この「は虫類カフェ」は9月16日の夜から17日にかけて、アルマジロトカゲ2匹とニシマツカサトカゲ1匹、あわせて320万円相当が盗まれる被害にあいました。 警察が捜査していたところ、20日午前、警察署に男が自首してきました。男は福岡市博多区の会社員・春田悠輔容疑者(38)で、窃盗などの疑いで逮捕されました。警察の調べに対し春田容疑者は「隠しきれないと思った、トカゲが好きで盗んだ」と話しています。

福岡 2021.09.20 19:05

福岡県に初の直接上陸 台風14号 なぜ異例のコースを?

1951年の統計開始以来初めて、福岡県に直接上陸した台風14号が、異例のコースをたどった理由は何だったのでしょうか。 17日に福岡県を横断した台風14号。佐賀市では17日午後に最大瞬間風速33.5メートルの非常に激しい風を観測しました。 福岡県と佐賀県では風にあおられ転倒するなどして、あわせて5人がケガをしました。 台風14号が上陸したのは福岡県福津市付近でした。気象庁によりますと台風が長崎県など通過せず、福岡県に直接上陸したのは1951年に統計開始以来“初めて”です。 これには、台風の進路を左右する偏西風が影響していました。 ■日本気象協会気象予報士・佳留耕太さん 「台風を北東方向に流す偏西風に乗りますので、日本海の方向に抜けるのが普通なコース。今回に関しては、その偏西風の気流が弱くて、ほぼ東に進めた。」 偏西風はこの時期、北東方向へ吹いていることが一般的です。しかし今回は、東向きに吹いていた風に乗って上陸し、横断したということです。さらに北側に高気圧があったことも影響したと言います。 まだまだ続く台風シーズン。気象台は秋の台風は急に速度をあげ、突然近づいてくることも多いため、早め早めの台風対策を講じてほしいとしています。

福岡 2021.09.20 19:04

連休最終日 熊本県は海水浴できる暑い一日

3連休最終日、熊本県内は暑い一日となった。 天気に恵まれた県内の行楽地はコロナ禍の中、どんな状況だったのでしょうか。 ■山鹿市菊鹿町番所地区 彼岸の入りの20日、山鹿市菊鹿町の「番所の棚田」に広がるのは黄色く色づき始めた稲と、真っ赤なヒガンバナ。 山あいの斜面に石垣を積み上げて作られた約200枚の棚田は、景観の美しさから「日本の棚田百選」にも選ばれている。 ヒガンバナは今週いっぱいが見頃だという。 ■東京五輪マラソン大迫傑さんが指導 熊本市のパークドーム熊本に姿を見せたのは、東京オリンピック男子マラソンで6位に入賞した大迫傑さん。 オリンピックの後、第一線を退き、子どもたちに「走る楽しさ」や、「夢を叶える考え方」などを伝える取り組みをしている。 全国8か所目となる熊本でのイベントには県内の小・中学生60人が参加。 大迫さんが普段やっているストレッチや走り方を体験した後、「夢を叶える方法」について語り合った。  大迫傑さんインタビュー  「目標を立てれる人は多いと思うんだけど   実際に行動する人がなかなか多くはないと思うので   子どもたちにはその一歩を踏み出してほしい。   僕自身のこういう活動が彼らの彼女たちの背中を   少しでも押せるようなそういう活動であってほしい」 ■熊本市 9月の下旬にも関わらず暑い一日となり、多くの観測地点で30度を超える真夏日となった。 目立ったのは、日傘をさす人や半袖姿の人。繁華街は祝日ということもあり家族連れなどで賑わっていた。 ■天草市本渡海水浴場 天草市の海水浴場では子どもたちが元気いっぱいに海に飛び込む姿もあった。 こちらはSUPを楽しむ地元の家族。夏休みは雨が多かったため今年初めて海水浴場に訪れたそうだ。 ■阿蘇草千里 阿蘇の草千里にも九州各地から連休を楽しむ観光客が訪れていた。 台風一過の行楽日和で賑わいを見せた観光地。一方でまだまだ続くコロナ禍。好きなところへ気兼ねなく外出できるのはもう少し先になりそうだ。

熊本 2021.09.20 18:40

熊本大が線虫で健康寿命を見える化する技術を開発

自分はどれだけ健康に長生きできるのか? 関心が高まる「健康寿命」について熊本大学研究グループが画期的な技術を開発した。 カギを握るのは「線虫」。一体、どんな生物なのか? ■熊本大学薬学部・首藤准教授 「この中に線虫が入っている。肉眼で見るとほとんど見えないんだけれども…顕微鏡だとこんなにリアルに見えちゃう。ほーら動いている」 顕微鏡にうつるのは「線虫」。 土の中や水の中に生息する非常に小さな生物だ。 この線虫を使って熊本大学の研究グループがあるものを「見える化」した。それは…「健康寿命」。介護などを必要としない自立して健康に生きられる期間のことだ。 研究グループのリーダー薬学部の首藤剛准教授が研究を始めたきっかけは、自分自身の苦い経験があった。 ■首藤剛准教授 「一番の背景は自分がけっこう不健康だったていうのが大きくて。26歳で痛風の発作が出た。いろんな病気をしてやっぱり健康に生きるってどうしたらいいんだろうとか。だからある意味自分が100歳まで生きるためにあったらいいなと思うものを今回作ったと」 そこで首藤さんが目を付けたのが線虫だった。一体、なぜか? ■首藤准教授 「生きざまが全体的に似てる」 体長わずか1mm程の線虫。小さいながらも私たちヒトと同じように老化する性質を持ち、1か月という寿命でヒトの一生を再現する。 この特徴を使って首藤さんたちが開発したのが、食べたものや生活習慣などによって健康で長生きする線虫や不健康になったり早死にしたりする線虫にグループ分けする技術だ。 ■首藤准教授 「薬や食品を線虫に与えておいてその線虫がその後どういう運命を辿るか」 例えば、健康寿命を延ばすことで知られる薬「メトホルミン」。糖尿病の治療などにも使われる。これを線虫に投与すると健康で長生きする線虫が約2.5倍に増えたのだ。一方、不健康や早死にする線虫は減るという研究結果が出た。 線虫に与えた薬や食べ物が健康で長生きすることにつながるかを評価することで人間にとっても健康かどうかが分かるようになったのだ。 逆に、与える食べ物を減らす「カロリー制限」をするとまたも「健康で長生きする線虫」が増加。 ■首藤准教授 「カロリー摂取を制限するとちゃんと健康寿命が延びるていうのがはっきり見えてきてこの指標はなかなかインパクトがあるな、面白いなと思ったんだね」 適切な「ダイエット」はヒトと同じように線虫の体も健康にする結果が出た。 ■首藤准教授 「やはり人間の健康に良くないよなと思われていることをやると線虫も健康寿命を落とすし、人間でいいよと言われているものをすると健康寿命を延ばすので、そこもやっぱり結局なぜこの線虫を使うかっていうところに通じている」 線虫を使って健康寿命を見える化する新たな技術。すでに県の内外にある5社が共同研究を始めていて、ほかにも20社以上が関心を示している。 今後は今ある健康食品などが本当に効果があるかを調べたり、薬草などの天然素材から、健康に良いものを探したりすることに応用するという。 ■首藤准教授 「ゴール設定がまだできないぐらいいろんな広がりを見せるんじゃないかなと思う。たかが線虫と思いきやされど線虫ということで、発想を変えれば世の中が変わっていくんじゃないかなていうことを改めて感じているところだ」 人生100年時代に向けて健康寿命の研究はこれからも進み続ける。

熊本 2021.09.20 18:25

夫婦で177歳のご長寿ボウラー その腕前と継続の秘訣

人生100年時代とも言われる中、健康に過ごしているシニア世代が増えています。長寿ボウラーとしては2人あわせて福岡県内最高齢の177歳という夫婦が北九州市にいます。 北九州市八幡西区のボウリング場で、つぎつぎとストライクやスペアを連発しているのは、遠賀町に住む畑好さんと妻の末子さんです。ピンと背筋を伸ばし、全身をつかって腕を振り抜く、きれいなフォームで約5キロあるボールを投げ込みます。仲間の拍手に迎えられVサイン。2人の年齢は? ■好さん 「87歳。」 ■末子さん 「90歳。」 ともに昭和1ケタ生まれの畑さん夫婦、20年以上ボウリングを続けています。週2回、練習を重ね、腕を磨いてきました。調子が良い時のスコアは、末子さんが180超え、好さんは200を超える実力の持ち主です。 ■好さん 「日常にとけ込んでいるから、これがないと持て余す。」 ■末子さん 「やめようかやめようかと思うけれど、時々いいスコアが出るでしょう。だからもう少しいいかなと思って続けてやっています。」 畑さん夫婦は2人とも北九州市の旧八幡製鉄所で30年以上勤務し、定年を迎えました。時間に余裕ができ、地元のボウリング教室への参加をきっかけに、のめり込んでいったと言います。 敬老の日に合わせて日本ボウリング場協会が発表する長寿ボウラー番付で、畑さん夫婦は「横綱」として認定されています。「横綱」とは、月1回以上ボウリング場に通い、2人の年齢を足して170歳以上の夫婦のことで、県内にわずか7組しかいません。このうち畑さん夫婦は、最高齢の177歳です。 ■末子さん 「年齢で最高最高って言われても嬉しくはないけれどね。」 適度な運動量で健康維持にも効果があるとされるボウリング。女性75歳、男性80歳以上の長寿ボウラーの数は20年前に比べて10倍以上の約8500人に増えています。しかし去年は新型コロナウイルスの影響でボウリング場も一時、休業を余儀なくされました。1か月の休業の間に常連のお年寄りの中には、体を動かす機会が減ったことなどから体調を崩す人もいたといいます。 ■折尾スターレーン・寺田正知支配人 「体を動かすことによって健康を維持してもらうことは非常に大事なことだと思うので、できる限りボウリング場でもコロナ禍の感染症対策をしながら営業していきたい。」 コロナ禍で地域の老人会でのカラオケや食事会などが軒並み中止される中、畑さん夫婦にとってボウリングが大きな支えになっていると言います。 ■末子さん 「投げてスコアが出るでしょう。その成績でダメだったから次に頑張らないととか。家でじっとしていたら、こんなに元気はないと思う。張りがある」 ■好さん 「せっかく夫婦で年齢が上になっているからそれを続けられたらいい。」 この日もベストスコアを目指して3ゲームに熱中した畑さん夫婦、目標は2人そろっての「100歳現役ボウラー」です。

福岡 2021.09.20 17:58

覚醒剤使用直後に ドライブレコーダーがとらえた事故の瞬間

ことし2月、覚醒剤を使用した疑いで福岡市の40代の男が20日、警察に逮捕されました。男は覚醒剤を使用した直後に交通事故を起こしていて、ドライブレコーダーが事故の瞬間をとらえていました。 ことし2月、福岡市南区で、タクシーが青信号で交差点を通過しようとしたその時、突然、車内が激しく揺れました。赤信号で突っ込んできた軽乗用車が右側から衝突したのです。 この事故で軽乗用車は大破し横転。衝突されたタクシーもフロント部分が激しく壊れてしまっています。タクシーを運転していた50代の男性は首などを打撲するケガを負いました。一方、軽乗用車の男はこの事故により骨折などの大ケガをしました。 ■松枝記者 「車はあちらから猛スピードで交差点に突っ込んだ。」 病院への搬送時、男の言動が不自然だったことから、警察が調べたところ、覚醒剤を使用していた疑いが強まり、警察は男の回復を待って、覚醒剤取締法違反の疑いで20日逮捕しました。 逮捕されたのは福岡市城南区神松寺の無職・山崎寛嗣容疑者(47)です。 警察によりますと山崎容疑者は、入院中に病院を抜け出し、19日夜、福岡市博多区のビルの敷地内で酒を飲んでいたところを、パトロール中の警察官に発見されたということです。 山崎容疑者に衝突されたタクシー運転手の男性がFBSに当時の状況を語りました。 ■衝突されたタクシーの運転手 「クラクションの音が、軽(自動車)独特のビーっていう音が聞こえてきたんです。すごいスピードで赤信号で相手の車が入ってきて、私の車の右前にぶつかってきたという感じ。」 男性は事故後、足の震えが止まらないなど、事故による後遺症で仕事ができなくなったと言います。 ■衝突されたタクシーの運転手 「怒りしかないですよね。相手に対しては。」 山崎容疑者は警察の調べに対し「間違いない」と覚醒剤使用の容疑を認めているということです。 警察は覚醒剤の使用が事故につながった疑いもあるとみて、危険運転傷害容疑での立件も視野に捜査しています。

福岡 2021.09.20 17:58

福大病院でエクモ治療の研修会 医師や看護師ら180人が参加

新型コロナウイルスの治療で最後の砦と言われているのが人工肺「エクモ」です。そのエクモ治療に対応できる人材を育成しようと医師や看護師などを対象にした研修会が20日、福岡市の福大病院で行われました。 研修会は20日、福岡市の福岡大学病院で行われ、オンラインも含め県内45の医療機関から約180人の医師や看護師らが参加しました。 福大病院では、これまでに78人の新型コロナウイルスの重症患者を受け入れ、そのうち41人にエクモ治療を行いました。 講義では最前線で治療にあたる医師がエクモ治療を実施する際の判断基準や合併症の対応などを説明。人体の模型を使って実際にエクモを装着する実技指導も行われました。 ■参加した医師 「本で読んだだけではわからない部分がたくさんあると思いますので、本当に経験は大事だと思います。」 ■参加した看護師 「隔離された場所で限られた人数でしないといけなくて看護師も何かできればなと。」 ■福岡大学病院ECMOセンター・星野耕大副センター長 「職種を超えてチームでみるということがエクモにとっては大事になってきますので 地域ごとにエクモの患者さんを共有してお互い連携をとりあうことが非常に大事になってきます。」 研修会を主催した福岡県は県全体でエクモを含めた重症患者への治療体制を充実させ、今後の感染拡大の波に備えていきたいとしています。

福岡 2021.09.20 17:58

軽乗用車が壁に衝突 70代男性意識不明

 県内では19日から事故が相次いだ。鹿児島市では20日朝、70代の男性が運転する軽乗用車が壁に衝突し、意識不明の重体。  事故があったのは鹿児島市宇宿の市道。  警察によると20日午前5時すぎ、通行人から「軽自動車が土手にぶつかっている、運転手の意識がない」と110番通報があった。  この事故で軽乗用車を運転していた男性(70代)が病院に運ばれたが意識不明の重体。現場は急なカーブとなっていて警察が事故の詳しい原因を調べている。  一方、阿久根市脇本の国道で19日、車4台が絡む事故があった。  近くに住む山添つるみさん(60)が運転する軽乗用車が、前を走る普通乗用車に接触。そのまま対向車線にはみ出し前から走ってきた軽乗用車に接触。さらに、その後ろを走る普通乗用車と正面衝突した。  この事故で、山添さんが胸などを強く打ち病院に運ばれたが意識不明の重体。そのほか1人が軽傷だという。

鹿児島 2021.09.20 12:00

流水型ダム反対の住民が河川敷で集会【熊本】

川辺川への流水型ダム建設に反対する住民集会が19日、相良村で開かれた。 集会は熊本豪雨や球磨川流域の未来をテーマに行われ、川辺川の河川敷に約100人が集まった。 この中で主催団体が今年8月に実施したアンケートでダム建設を求める被災者が4%に満たなかったことなどが報告された。 また、国交省が2度行った球磨川豪雨検証委員会について「どのような洪水だったか」「どのように命を失った人がいたか」などの検証がしっかりと行われていないという意見が出された。 最後に自然の恵みを生かした地域づくりを求める宣言文が採択された。

熊本 2021.09.20 11:57

日本の棚田百選の「つづら棚田」 彼岸花が見頃

「秋の彼岸入り」の20日、福岡県うきは市のつづら棚田では彼岸花が見頃を迎えています。 日本の棚田百選にも選ばれたうきは市のつづら棚田では、あぜ道に沿って真っ赤に咲いた彼岸花が見頃を迎えています。 晴天に恵まれた3連休の最終日、棚田を訪れた人たちは、彼岸花と黄金色の稲穂の風景を写真に収めていました。彼岸花の見頃は25日ごろまでということです。

福岡 2021.09.20 11:55

“覚醒剤使用”男を逮捕 覚醒剤が事故につながったか

ことし2月、福岡市内で車を運転中に事故を起こした男が、事故当時覚醒剤を使用していた疑いが強まり、20日に逮捕されました。警察は危険運転傷害の疑いも視野に調べています。 ことし2月、福岡市南区でタクシーのドライブレコーダーに記録された映像です。青信号で交差点を通過しようとしたところ、突然車内が激しく揺れます。右側から軽乗用車が衝突したためです。 この事故でタクシー運転手の男性が軽いケガをしました。また軽乗用車を運転していた男は骨折などの大ケガをして病院に搬送されましたが、事故直後の言動が不自然だったことから、警察が調べていました。そして事故当時、覚醒剤を使用していた疑いが強まったため、警察は回復を待って、20日に男を逮捕しました。 覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは福岡市城南区神松寺の無職・山崎寛嗣容疑者(47)です。警察の調べに対し山崎容疑者は「間違いない」と容疑を認めています。 警察は覚醒剤の使用が事故につながったのではないかとみて、危険運転傷害の容疑での摘発も視野に調べています。

福岡 2021.09.20 11:55

福岡県で19日 133人の新型コロナ感染確認

福岡県で19日、新たに133人が新型コロナウイルスへの感染が確認されました。 感染者の保健所別の内訳は福岡市で40人、北九州市で23人、久留米市で14人などとなっています。 先週の日曜日より159人減り、26日連続で前の週の同じ曜日を下回っています。 政府が緊急事態宣言解除を判断する際の指標の1つ、病床使用率は18日時点で40.3%で、目安の“50%”を下回っています。

福岡 2021.09.19 19:44

福岡市で高校生はねられ意識不明 自称会社員を逮捕

福岡市で、自転車の女子高校生を車ではねたとして、自称、会社員の男が逮捕されました。高校生は意識不明の重体です。 18日午後10時すぎ、福岡市博多区竹下の交差点で、横断歩道を自転車で渡っていた15歳の女子高校生が、進行方向から左折してきた軽乗用車にはねられました。高校生は頭を強く打ち、意識不明の重体です。 警察は、車を運転していた自称、福岡市博多区の会社員、中村祐容疑者(37)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。容疑を認めているということです。

福岡 2021.09.19 19:38

19日 新型コロナ長崎県で新たに5人確認

新型コロナウイルスは長崎県内で新たに5人の感染が確認された。 新たに感染が確認されたのは長崎市3人、五島市と長与町でそれぞれ1人のあわせて5人。長崎県全体で1ケタとなるのは7月26日公表の8人以来55日ぶり。佐世保市では9月末まで県独自の緊急事態宣言が継続されているが、感染者が確認されなかったのは8月2日以来となる。また、17日台風の影響で中止となっていたワクチンの大規模接種について、県は長崎市と佐世保市の2会場とも10月2日と3日に振り替えるという。

長崎 2021.09.19 19:12

新型コロナ 県内新たに15人が感染 1人が死亡

 県内では19日、新たに15人が新型コロナウイルスに感染し、感染者の1人が亡くなったことが分かった。  新たに感染が確認されたのは、鹿児島市で6人、瀬戸内町で4人など計15人。また県は新たに感染者の1人が亡くなったと発表した。  県内で確認された感染者は累計で9013人となった。18日時点で187人が医療機関に入院していて、5人が重症、35人が酸素投与の必要な中等症。  前の週の同じ曜日と比べた感染者の数は、25日連続で減っている。  18日時点で病床の使用率は23%。  人口10万人当たりの療養者数と、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は、ステージ3の指標を下回っている。

鹿児島 2021.09.19 19:05

天草市で椿油の原料 ツバキの実の収穫盛ん【熊本県】

熊本県天草市天草町で椿油の原料となるツバキの実の収穫が盛ん。 天草町の西平椿公園には、ヤブツバキ約2万本が自生していて、地元住民で作る「西平カメリアクラブ」のメンバーが、実を収穫している。 今年は豊作だが新型コロナの影響で椿油の売れ行きが落ちたため、需要を見越しながら300キロを収穫予定。 収穫した実から取り出した種を天日で干した後、来月下旬から油を搾る。 椿油は地元の物産館などで販売される。

熊本 2021.09.19 18:34

東京パラ競泳でメダル3つ富田宇宙が里帰り【熊本県】

東京パラリンピック競泳でメダル3つを獲得した富田宇宙選手が19日、熊本に凱旋した。 富田選手が空港に到着すると家族らが盛大な拍手で出迎えた。 富田選手は、今回の里帰りで、自粛期間中に練習施設を提供してくれた人たちへの挨拶をするという。 ■富田宇宙選手 「たくさんの方が拍手もしてくださってお出迎えくださったので改めて自分が大きな仕事をして帰って来れたんだなと実感した」 富田選手は20日のてれビタに生出演する予定だ。

熊本 2021.09.19 17:35

熊本市が来年の成人式を2回に分け開催計画【熊本県】

熊本市は、来年の成人式を午前と午後の2回に分けて開催する計画だ。 新型コロナの影響で今年は中止となった熊本市の成人式。 同市は来年の成人式を1月10日に熊本城ホールで開催予定だ。 式典は45分に短縮し、会場の収容率を50%に制限、午前と午後の2回に分けて開催する計画で、3800人の出席を見込んでいる。 しかし新型コロナの感染状況によっては「中止の可能性もある」としている。

熊本 2021.09.19 17:28

新型コロナ 福岡で18日165人の感染確認

福岡県で18日、165人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 感染者の居住地別の内訳は福岡市62人、北九州市23人、那珂川市9人、古賀市7人などとなっています。 検査数は3631件で、陽性率は4.5%でした。80代の女性が亡くなっています。 那珂川市の有料老人ホームで10人、福岡市南区の整骨院で5人の新たなクラスターが確認されています。 新規感染者は2日連続で100人台となりました。 政府が緊急事態宣言を解除する指標の一つとなる病床使用率は、17日時点で41.3%と目安の50%を下回っています。

福岡 2021.09.19 12:04

児童が県産黒豚の給食に舌鼓

 おいしい黒豚を食べて元気を出してもらおうと、南さつま市の小中学校で県産の黒豚を使った給食が振る舞われた。  南さつま市の小学校で振る舞われたのは、県産の豚肉を使ったスタミナ炒め。  コロナ下で頑張る子供たちに、運動会シーズンを前に元気をつけてもらおうと、地元の食肉製造会社が約100キロのモモ肉を無償で提供した。  コロナ対策で「黙食」をする子ども達も、そのおいしさに表情が緩む。  子どもたちは「いつもは食べられないので今回食べられてうれしかった。美味しかったし柔らかかった」「全国的にも鹿児島県の豚の生産量は上なので、たくさん豚をこれからも食べられるといいな」と話した。  黒豚は市内すべての小中学校や義務教育学校の給食で振る舞われたという。

鹿児島 2021.09.19 12:00

映画「MINAMATA」水俣市で先行上映【熊本県】

水俣病を世界に発信したアメリカ人写真家を描いた映画「MINAMATA」の先行上映会が18日に水俣市で開かれた。 上映会は、新型コロナの感染対策として入場者数を半分に制限し、午前と午後の2回で約1000人が鑑賞した。 映画「MINAMATA」は、1970年代、水俣病患者の暮らしなどを撮影し世界に発信した写真家ユージン・スミスを俳優のジョニー・デップさんが演じている。 ■映画を見た人は… 「素晴らしい。涙が出た」「私たちも知らないので子どもたちにどう説明していいか教えていいか分からない時代になってくる。こういう形に残してくれて嬉しい」 映画は、今月23日から全国で上映される。

熊本 2021.09.19 11:45