甲信越のニュース

Gスタンドで灯油流出 最大500リットル

富士五湖消防本部は富士吉田市のガソリンスタンドで給油中に操作ミスがあり、灯油が最大500リットル流出したと発表した。消防によると、27日午前8時15分ごろ、富士吉田市竜ヶ丘の旭石油 竜ヶ丘給油所で給油中のタンクローリーから灯油があふれ、側溝などに流出した。給油が終わった際に自動で停止する機能が作動しなかったという。流出した灯油は最大で500リットルに上り、ほとんどが川に流れてしまった。消防はこの事故による火災の危険性は極めて低いとしている。

山梨 2021.02.27 19:55

富士山科学研究所が研究成果を発表

富士山科学研究所の研究員による成果発表会が富士吉田市で開かれた。27日は研究員3人が富士五湖周辺の湧水などをテーマに発表した。安田泰輔主任研究員は航空写真をもとに富士山の植生を解析。斜面の方角や積雪量、春の融雪時期の違いによって育つ植物の種類に違いがあり、富士山で多様な植生が形成されていると発表した。発表内容は富士山科学研究所のホームページで公開している。

山梨 2021.02.27 19:39

贈収賄事件「元理事長の仲介で知り合った」

甲府市の社会福祉法人の贈収賄事件で逮捕された理事長の男が贈賄側のほかの容疑者と「元理事長を介して知り合った」などと話していることがわかった。贈賄の疑いで逮捕されているのは、社会福祉法人「大寿会」の理事長高橋克己容疑者と、奈良県の職業不詳竹山秀雄容疑者、大阪市の自称金融ブローカー板井隆夫容疑者の3人。県警によると、3人の容疑者は共謀し評議員5人にそれぞれ20万円を配り、指示した人物を役員に選任するよう依頼した疑い。捜査関係者によると、高橋容疑者は2人との関係について「元理事長を介して知り合った」などと話していることがわかった。元理事長の山内得立受刑者はおととし法人の口座から3700万円を横領し実刑判決を受けている。山内受刑者と竹山、板井両容疑者は知人関係にあり、県警は長期的に法人の資産を乗っ取ろうとした可能性があるとみて背景を捜査している。

山梨 2021.02.27 19:35

【新潟】新型コロナウイルス感染者 新たに6人発表

県内ではきょう新型コロナウイルスの感染者が新たに6人発表されました。6人の内訳は上越市で3人、長岡市で2人、新発田市で1人です。この内上越市の60代女性は接待を伴う飲食店関連で、県内の累積感染者数は1076人となりました。県内の感染状況についてきょう花角知事は「県内の中で移動したり、何か行動する分には特にリスクが高いという状況ではなくなっているのではないか」と話しています。またきょうはコロナ対策を話し合うオンラインの知事会議が開かれ、花角知事はワクチン接種で自治体の持ち出しがないように、さらなる財源措置を講じるよう政府に提言することを求めました。

新潟 2021.02.27 18:02

サッカーJ2開幕 アルビレックス新潟が4点奪う猛攻で白星発進

サッカー明治安田生命J2リーグが開幕しアルビレックス新潟は4点を奪う猛攻で開幕戦を白星で飾りました。ギラヴァンツ北九州と対戦したきょうの開幕戦。新潟は前半29分、コーナーキックから10年ぶりに新潟に復帰したベテラン・千葉が先制ゴールを奪います。1対1の同点で折り返しサイドがかわった後半12分には、高木のクロスに鈴木が合わせて勝ち越しゴールを決めます。さらにその3分後相手のオウンゴールでリードを広げると、最後は新潟の若き10番・本間至恩がペナルティエリア内でボールを受け相手ディフェンスをかわしてゴール!4対1で開幕戦を白星で飾りました。アルビレックス新潟の次の試合は3月6日(土)、ホームでV・ファーレン長崎と対戦します。

新潟 2021.02.27 17:53

逮捕の理事長「賄賂の資金提供受けた」

甲府市の社会福祉法人を巡る贈収賄事件の贈賄容疑で逮捕された理事長が同じく贈賄容疑で逮捕された男2人から「賄賂の資金提供を受けた」などと供述していることが分かった。 贈賄の疑いで逮捕・送検されたのは、社会福祉法人「大寿会」の理事長高橋克己容疑者と、奈良県の職業不詳竹山秀雄容疑者、大阪市の自称金融ブローカー板井隆夫容疑者の3人だ。 県警によると、高橋容疑者は竹山、板井両容疑者から依頼を受けて共謀し、おととし11月と12月、収賄容疑で逮捕された5人の評議員にそれぞれ20万円を配り、指示した人物を役員に選任するよう依頼した疑いだ。 5人は理事会で決議した推薦提案を無視し、高橋容疑者の指示通り役員の選任に賛同した。 捜査関係者によると、この賄賂の資金について高橋容疑者が「票をまとめる目的で他の2人から100万円の提供を受けた」などと供述していることが分かった。 県警は竹山、板井両容疑者が犯行を主導し法人の乗っ取りを図った可能性があるとみて捜査している。 また、大寿会のある甲府市大津町にはリニア駅の建設が予定されていて、県警は法人の土地など資産の入手が目的だった可能性もあるとみて事件の背景を調べている。 大寿会を巡っては去年6月、理事長を務めていた男が3700万円を着服したとして業務上横領の罪で実刑判決を受けている。

山梨 2021.02.26 21:52

県立大で感染認定看護師を養成へ

長崎知事は26日、県立大学に「感染管理認定看護師」の教育課程を設ける方針を明らかにした。感染症への専門的な知識を持つ看護師を養成し新型コロナウイルスなどへの対策を強化する。 これは県議会の一般質問で明らかにした。県によると、感染管理認定看護師は日本看護協会が認定する資格で、取得のためには約1年間の研修が必要だ。しかし、県内では資格が取得できない状態で県内での取得者は23人にとどまっている。 このため、県は認定看護師の資格が取得できる教育課程を再来年度、山梨県立大に設けることを決めた。 一方、新型コロナのワクチン接種について長崎知事は、接種を受けた人が買い物で割り引きなどの特典を受けられるよう協賛企業の募集を検討する考えを示した。接種率の向上を図る考えだ。 一方、県は「ひとり親家庭」への養育費の不払いに対応するため、来年度から新たな対応を取る方針も明らかにした弁護士への個別相談や養育費について取り決めた公正証書の作成を金銭面で支援する。

山梨 2021.02.26 21:52

信玄公役は筧利夫さん 信玄公祭り10月開催で決定

新型コロナウイルスの影響で今年春の開催を見送った信玄公祭りが10月22日から開催されることになった。26日に開かれた実行委員会の企画部会で決まった。 祭りは10月22日から24日までの3日間の日程で行われ、メインの甲州軍団出陣は23日に行われる。 信玄公役は去年の祭りで信玄公役を務める予定だった俳優の筧利夫さんに決まった。勘助役は俳優の犬飼貴丈さんが務める。 甲州軍団出陣など祭りの規模については、新型コロナウイルスの感染状況などをみながら判断するとしている。信玄公祭りが開催されればおととし4月以来となる。

山梨 2021.02.26 21:51

消費拡大へ 県産日本酒のGI指定を申し立て

県酒造協同組合は県産日本酒のラベルに「山梨」と表示できるGI(=地理的表示)指定を目指し26日、国税庁に申し立て書を提出した。 組合などによると、GIに指定されると「山梨」など産地名を独占的に名乗ることができ、ブランド力の向上が期待される。 組合は「山梨」と明記できる日本酒の条件として「味わい」や「原料」などに基準を設けた。特に「原料」では、水の採取を富士山や八ヶ岳の山麓など6つの水系に限定したという。 組合によると、県産の日本酒は県内での消費が多く、GI指定により県外消費を拡大させたい考えだ。GIの指定を受ければ、県内ではワインの「山梨」に次いで2例目となる。

山梨 2021.02.26 21:50

児童らが聖火リレーコースのガードレールを塗り替え

甲州市の菱山小学校の全児童37人が26日、聖火リレーコースでガードレールの塗り替え作業を行った。児童らは周囲の景観と調和するよう茶色いペンキを使い、約150メートルに渡って塗り替えた。 聖火ランナー内定者で松里中3年の手塚類さんも参加し、児童と一緒に作業していた。 菱山小学校は「東京オリンピックの思い出にしてほしい」としている。

山梨 2021.02.26 21:49

新型コロナ 新たに15人が感染 上越市の“夜の店”から感染拡大

 新潟県上越市の「夜の店」から感染が広がっています。県内では2月26日、新型コロナウイルスの感染者が新たに15人発表されました。このうち7人は上越市内にある接待を伴う飲食店の従業員や濃厚接触者などで、この店に関連した感染者は20人にのぼっています。  2月26日、県内では上越市で9人、長岡市で4人、新潟市と五泉市でそれぞれ1人の計15人の感染が発表されました。  このうち上越市の30代の女性はクラスターが発生したとされている上越市内にある接待を伴う飲食店「クラブエル」の従業員です。  県によるとこの女性以外にも上越市の感染者9人のうち6人が「クラブエル」に関連した感染者で、この店に関連する感染者は計20人となりました。  県健康対策課・富山順子参事「(上越管内では)200件以上は検査を実施しているところなんですけどまた引き続き、相談があった方、それぞれきょう公表した会社の関係の方々、また広く検査はしていくということで進めています」  また上越教育大学附属小学校は26日、女子児童1人の感染が確認されたと発表しました。学校は2月26日から28日まで臨時休校としたほか、女子児童と同じ学年の児童やすべて教員にPCR検査を実施したということです。  県内の感染者は1070人となっています。

新潟 2021.02.26 19:41

柏崎刈羽原発7号機 未完了の安全対策工事を新たに確認

 完了したと発表していた安全対策工事が一部で終わっていなかったことがわかり問題となっている柏崎刈羽原発7号機で、未完了の工事が新たに確認されました。  完了していない安全対策工事が新たに見つかったのは7号機の原子炉建屋の地下1階です。火災防護工事と止水工事を行うべきところで止水工事が完了していませんでした。  この止水工事は、非常時に地下1階に水が溜まっても貫通する配管をつたって地下2階に水が漏れないようにする工事で、26日までに未完了であることがわかりました。  7号機は東京電力が再稼働を目指していて、1月に「新しい規制基準に基づく安全対策工事が完了した」と発表しました。  しかし、その後、相次いで完了していない工事が確認され問題となっています。未完了工事の発覚は今回で3度目になります。  こうした事態を受け、東京電力は26日、当初の予定の見通しが立たなくなったとして、使用前確認申請書の変更を申請しました。  再稼働に向けた一連の工事・検査の最終盤に位置づけられる使用前事業者検査などを当初はことし6月中に完了させるスケジュールでしたが、これを“未定”としています。  26日に行われた2月県議会の代表質問では、柏崎刈羽原発を巡る東京電力の相次ぐ不手際について議員から厳しい意見が出されました。  午前中の質問で自民党県連の小野峯生幹事長は、柏崎刈羽原発のIDカード不正使用問題などを取り上げ、東京電力の保安規定が承認されたことに疑問を呈しました。  自民党県連・小野峯生幹事長「保安規定の再審査を原子力規制委員会に求めるべきではないか」  これに対し、花角知事は「まずは原子力規制委員会の追加検査の結果などを確認したい」とした上で、次のように述べました。  花角知事「このような事案事態を生じさせたことは、東京電力の管理能力についてなんらかの形であたらめて評価すべきと考えています」  柏崎刈羽原発の再稼働への道筋はここにきて混迷を深めています。

新潟 2021.02.26 19:39

住宅火災の焼け跡から1人の遺体 一人暮らしの女性か

 新潟市で2月25日夜、住宅1棟が燃える火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。25日午前11時現在、この家に住む女性と火事の後、連絡が取れなくなっている。  火事があったのは、新潟市西区寺尾東の吉田フミエさん(88)の住宅。  25日午後7時ごろ、通行人から「2階建ての住宅の窓から火が出ている」と消防に通報があった。  火は木造2階建ての住宅と隣の家の外壁を焼き、焼け跡から1人の遺体が見つかった。  吉田さんは一人暮らしで、火事の後、連絡が取れていない。  近くに住む人は「うちの家まで火の粉が降り注いでくる感じだった。」と当時の様子を話した。  警察が遺体の身元の確認を急いでいる。

新潟 2021.02.26 12:37

新潟県議会 原発を巡る東電の不手際に「保安規定の再審査を求めるべき」との意見

 新潟県議会は2月26日、代表質問が行われた。柏崎刈羽原発を巡る東京電力の相次ぐ不手際について、県議から「保安規定の再審査を求めるべき」との意見が出された。  26日午前中の代表質問で、自民党の小野峯生幹事長が柏崎刈羽原発のIDカード不正使用問題などを取り上げ、東京電力の保安規定が承認されたことに疑問を呈した。  小野峯生幹事長が「保安規定の再審査を原子力規制委員会に求めるべきではないか」と質問したのに対し、花角知事は「まずは原子力規制委員会の追加検査の結果などを確認したい」と答え、その上で「このような事案・事態を生じさせたことは、東京電力の管理能力についてなんらかの形であたらめて評価すべきと考えています」と述べた。  2月県議会は3月1日に一般質問が行われる予定。

新潟 2021.02.26 12:33

贈収賄容疑で社会福祉法人理事長ら8人逮捕

甲府市の社会福祉法人「大寿会」の役員人事をめぐって、賄賂の授受があったとして理事長や評議員ら8人が逮捕された。 罰則が強化された改正社会福祉法に基づく贈収賄事件の立件は全国初めてとみられる。 贈賄の疑いで逮捕されたのは、甲斐市富竹新田の大寿会理事長・髙橋克己容疑者(49)と大阪市の自称金融ブローカー板井隆夫容疑者(61)ら男3人だ。 また、収賄の疑いで甲府市上石田の鮮魚卸売業・若林正俊容疑者、韮崎市藤井町の社会保険労務士萩原力容疑者、笛吹市一宮町の飲食店従業員・野沢満容疑者ら大樹会の評議員5人が逮捕された。 県警によると、理事長の髙橋容疑者らはおととし、新理事を決める評議員会で議決を得るため評議員5人に現金を20万円ずつ配り、選任の約束を取り付けた疑いだ。 関係者によると、評議員会では法人を監督する立場の甲府市の理事の推薦提案が無視され、高橋理事長らの意をくむ人物5人が理事に就任したという。 大寿会をめぐっては去年6月、元理事長が3700万円を着服した罪で実刑判決を受けた。元理事長と現理事長の高橋容疑者は将棋仲間で、同じ時期に法人の理事に就任していた。 かつて法人の理事だった男性は取材に対し「長年、信頼できる親戚や知人で社会福祉法人を運営してきたが経緯が分からないまま高橋容疑者らに乗っ取られていた」と話している。

山梨 2021.02.25 20:42

高齢者向けワクチン 県内初回供給は1950回分

河野ワクチン接種担当大臣は24日、高齢者への新型コロナワクチン接種を4月12日から限定的に始めると発表した。ただ、ワクチンは供給が十分でないため全員が一斉に接種を受けられる状況にはならないと説明した。山梨県には初回、1950回分のワクチンが供給される見込みで、県が市町村への配分をどうするか検討している。 市町村はスケジュールの発表を歓迎した一方で、高齢者のワクチン接種に優先順位を付ける判断を国から委ねられたことに頭を抱えている。南アルプス市の担当者は「あまりに数が少ないと希望者が殺到し住民が不安になる」と話したほか、昭和町は1回目の接種はできたとしても2回目のワクチンが確保できるか不透明とし「確保したワクチンの半分を2回目の接種用に取っておく選択肢もある」とした。また、高齢者の間で優先順位を付けると不公平感が生じかねず県が一定量を確保した後で市町村に配ってほしいとする自治体もあった。 なお、県によると4月5日の週に県内に供給されるワクチンは1950回分の予定で12日、19日の週にそれぞれ9750回分が届く見込みだ。各市町村への配分は現在検討中という。

山梨 2021.02.25 20:41

東京高裁が元会計担当の控訴棄却

県消防協会の使途不明金を巡る裁判で25日、東京高裁は約9315万円を支払うよう命じた一審判決を不服とした元会計担当者の控訴を棄却した。 裁判は消防協会で2011年に発覚した使途不明金約1億484万円について、協会が元会計担当者と元事務局長ら8人に損害賠償を求めて提訴したもの。 1審の甲府地裁は元会計担当者に弁済金を引いた9315万円の支払いを命じ、元事務局長らへの請求は棄却した。協会と元会計担当者はともに判決を不服として控訴したが協会側と元事務局長らは和解が成立している。 25日の判決で、東京高裁の岩井伸晃裁判官は「上司の指示があった」とする元会計担当者の主張に対し、「元会計担当者は口座を単独で管理し、上司に秘密で使途不明金を使用していて、指示があった事実は認められない」として、一審を支持し控訴を棄却した。 判決を受け県消防協会は「妥当な判決だ」とコメントしている。

山梨 2021.02.25 20:40

公立高入試 後期倍率0.98倍

25日、公立高入試・後期試験の最終倍率が確定した。平均志願倍率は0.98倍で全県1学区制となった2007年以降で最も低い倍率だ。 後期試験には3606人が出願した。県教育委員会によると、志願変更したのは67人で、平均志願倍率は前の年を0.4ポイント下回る0.98倍で確定した。 最も倍率が高かったのは、農林・造園緑地科1・50倍、甲府南・理数科1・36倍、農林・森林科学科1・33倍などとなっている。 一方で全日制26校48学科のうち16校23学科は定員に達しなかった。後期試験は全日制が来月3日、定時制が3日と4日に行われ合格発表は12日に行われる。

山梨 2021.02.25 20:39

甲斐市の死亡ひき逃げから10年

甲斐市の国道で男性がひき逃げされ死亡した事故から、まもなく10年を迎える。 事件は2011年2月25日甲斐市志田の国道20号で、近くに住んでいた会社員平野隆史さん(当時24)がひき逃げされ2日後に死亡したもの。 事件を巡ってはおととし、道交法違反(=ひき逃げ)の罪が時効を迎え、残る自動車運転過失致死罪も27日午前0時に時効を迎える。県警は「最後まで全力で捜査にあたる」としている。 事件を巡っては、逮捕につながる情報に対し最大500万円の私的懸賞金がかけられている。ひき逃げ事件に関する情報の提供先は、韮崎警察署(電話番号0551-22-0110)だ。

山梨 2021.02.25 20:37

警察官逮捕 県警本部長「県民に深くお詫び」

上野原警察署の20代の男性巡査長が捜査で得た情報を悪用し、女性宅を訪れわいせつ行為をしたとして逮捕されたことを受け、県警の大窪雅彦本部長が謝罪した。 大窪本部長は25日の定例会見で「言語道断の行為で被害者と県民に深くお詫び申し上げ、再発防止に努める」と述べた。 県警は26日、各警察署の副署長らを集めた緊急の会議を開くなどして指導の徹底を呼び掛け、再発防止に努める。

山梨 2021.02.25 20:37

長岡の高校生が手がけた日本酒が完成 糸魚川市の酒造会社と協力

 長岡農業高校の3年生が、卒業の記念に自分たちで育てた酒米を使って日本酒づくりに挑戦しました。どんな酒が出来上がったのでしょうか。  糸魚川市にある「加賀の井酒造」。やってきたのは、長岡農業高校の3年生4人です。  この1年、4人が課題研究のテーマとして取り組んできたのが、「酒粕」についてです。生徒たちは、長岡農業高校初の試みとして、酒粕を肥料に使い、酒米を学校田で育てました。  そして、3月に控えた卒業の記念として、加賀の井酒造に協力してもらい、その酒米を使って日本酒をつくったのです。できた日本酒は実際に販売もされます。  25日は最後の仕上げ作業。日本酒が入った瓶にラベルを貼っていきます。ラベルのデザインも自分たちで考えたもの。美味しく味わってもらえるように…そんな思いを込めて一つ一つ丁寧に貼っていきます。  長岡農業高校・大島光太郎さん「不器用なので怖かったですけど、ちゃんと貼れたのでよかったです」  完成した日本酒の名前は「結」。新型コロナウイルスによって人々との交流が少なくなる中、このお酒が地域の架け橋となって欲しい。そんな願いが込められています。  長岡農業高校・渡邊愛実さん「暑い中、田んぼで作業したりすることが多くて凄く大変だったんですが、商品ができた嬉しさの方が優っています」  大島光太郎さん「ものすごく飲んでみたいですけど、後2年の辛抱なので、時々匂いを嗅ぐくらいで我慢したいと思います」  加賀の井酒造・蔵元の小林大祐さん「僕らもそういう(高校生と日本酒をつくる)機会をいただいて、改めてハッとさせられることがいくつかあった。(酒になるまでの)そういう一連の流れが、学生の間に見る事ができるということは凄くいい事だなと感じました」  完成した日本酒は、3月1日から長岡市内のスーパーなどで販売される予定です。

新潟 2021.02.25 19:19

ジェットフォイル漂流 佐渡汽船が佐渡市長に経緯や検証内容を報告

 2月18日、佐渡汽船のジェットフォイルが航行中に電源を喪失し漂流した問題について、佐渡汽船は25日、佐渡市の渡辺竜五市長に謝罪し、事故の詳しい経緯や検証内容について報告しました。  この問題は2月18日、ジェットフォイル『つばさ』が航行中に電源を喪失し、乗員乗客40人を乗せたまま、約9時間にわたって漂流したものです。  佐渡汽船の尾崎弘明社長は25日、佐渡市の渡辺竜五市長のもとを訪れ、事故について謝罪しました。  尾崎社長は、事故の詳しい経緯のほか、社内で事故調査委員会を立ち上げ、客への対応や事故処理について検証していることを報告しました。  佐渡汽船・尾﨑弘明社長「事故処理の流れやお客様の対応の流れについて検証させていただいてお客様の声も含めて今後どういった対応ができるのか検討していきたい」  渡辺竜五市長「次、もし万が一こういうことが起きても、お客様ができるだけ負担がかからないという形で取り組むということで、市民も多いですし、佐渡に来られるお客様ですし、安心安全を守っていくことは一緒に取り組んでいきましょうとお話しさせていだきました」  佐渡汽船は今後、検証を進め、再発防止策や客対応の改善策などをとりまとめる方針です。

新潟 2021.02.25 19:19

新型コロナウイルスの感染者 新たに3人感染・1人死亡

 新潟県内では新型コロナウイルスの感染者が新たに3人確認され、患者1人の死亡が発表されました。一方、菅首相は24日夜、65歳以上の高齢者を対象としたワクチン接種を4月12日からスタートさせることを明らかにしました。  県は長岡市の30代の自営業の男性と、村上保健所管内の30代の福祉施設職員の女性の感染を確認したと発表しました。女性は2月19日以降勤務しておらず、施設内での「濃厚接触者はいない」と説明しています。  一方、新潟市は西区に住む40代の自営業の男性の感染を確認したと発表しました。海外への渡航歴があり、2月18日に帰国。空港の検疫では陰性でしたが、発熱の症状が出たため24日にPCR検査を受け、陽性と判明しました。  県内の感染者はこれで1055人となりました。  また、新潟市は患者1人の死亡も発表しました。県内の死者はこれで15人となりました。  一方、感染収束の切り札として期待されるワクチンの接種。  菅首相は24日夜、65歳以上の高齢者を対象としたワクチン接種を4月12日からスタートさせることを明らかにしました。  65歳以上の高齢者へのワクチン接種。対象は全国で3600万人に上ります。  河野ワクチン担当相「(高齢者接種は)3600万人が対象になるので仮に全市区町村でスタートしても“すべての方が一斉に受けられるということにはなりません」  それでも、高齢者への接種スケジュールが具体的に示されたことについて新潟市の担当者は…  新潟市保健管理課・田辺博課長「ようやく日にちが示されたということで、県の方が配分すると聞いてますので情報共有しながら進めていきたい」  高齢者への接種は数量を限定して全国で4月12日からスタート、26日の週から本格化する予定です。

新潟 2021.02.25 19:15

国公立大前期日程 県内で1500人が挑む

国公立大学入試の前期日程が25日に始まり、県内では山梨大学と県立大学で約1500人が試験に臨んでいる。 このうち、山梨大学では去年より332人少ない905人が出願した。甲府キャンパスでは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため座席間隔を広げるなどの対策が講じられる中、受験生が試験に臨んだ。 前期日程の全体倍率は山梨大学が2.2倍、県立大は4.2倍となっている。合格発表は山梨大が来月6日県立大が来月5日だ。

山梨 2021.02.25 12:42

コロナ禍で生じた困りごとを無料で電話相談 全国一斉に開設

 新型コロナウイルスの影響で生じた困りごとについてアドバイスを受けることができる電話相談が2月25日、全国一斉に開設されれた。  電話相談の番号は、フリーダイヤルで0120-254-994。  この電話相談は日本弁護士連合会などが行うもので、新型コロナウイルスの感染拡大で生じた生活の不安やローンの返済など幅広い相談を無料で受け付ける。  午前10時に始まるとさっそく新潟県弁護士会館の電話には、飲食店の経営に関して“店を続けるか、休業するか”といった相談が寄せられていた。  新潟県弁護士会の水内基成会長は「収入が減ったとか仕事を失ったとか、特に飲食業とかは営業困難な状況に陥っている。そういったあらゆる困りごとについて、相談を広く受けたいと思っています。」と話した。  この電話相談は2月25日午後7時まで受け付けている。

新潟 2021.02.25 12:22

国公立大学入試の2次試験始まる 新潟大学では感染対策を徹底

 国公立大学入試の2次試験が2月25日から始まった。新潟大学では新型コロナウイルスの感染対策が取られる中、試験が行われている。  25日朝の新潟大学・五十嵐キャンパス。マスクをした受験生たちが緊張した様子で試験会場へ向かっていた。  新潟大学では2次試験の前期日程が2月25日から3日間行われれる。  10学部1340人の定員に対して3131人が出願。平均志願倍率は去年より0.3ポイント低い2.3倍となった。  新型コロナウイルスの感染対策として試験会場に除菌用のウエットティッシュなどが用意された他、受験生に37.5度以上の発熱がある場合は後日、追試験を受けてもらうことにしている。  新潟大学の前期日程の合格発表は3月8日に行われる。  県内では25日、ことし4月に開学する三条市立大学や長岡技術科学大学、上越教育大学などでも試験が行われている。

新潟 2021.02.25 12:14

「古町芸妓」がフレーム切手に 新潟の風景を切手で届ける

 古町芸妓をデザインしたオリジナルフレーム切手が3月から発売されます。2月24日、モデルを務めた芸妓に出来たばかりの切手が手渡されました。  切手が手渡されたのは古町芸妓の津乃あおいさん、さつきさん、結衣さんの3人と新潟商工会議所の福田会頭です。  3月1日から販売されるこのフレーム切手。  切手は10種類あり、古町芸妓とともに新潟市の名所がデザインされています。コレクションとしてはもちろんのこと、県外との往来が難しいいま、切手を貼ることで県外の人に新潟市の風景を届けることができます。  この古町芸妓のオリジナルフレーム切手は1070セット限定で3月1日から新潟県内の郵便局で販売されます。

新潟 2021.02.24 19:26

新型コロナウイルスの感染者 新たに11人 上越市の飲食店で感染相次ぐ

 新潟県内では2月24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに11人発表されました。上越市の飲食店で感染が相次いでいます。一方で、県は、感染の確認が遅れたケースがあるとして、かぜ症状のある高齢者に早めの受診を呼びかけました。  県が発表した感染者は上越市に住む8人と長岡市に住む3人の計11人です。  県によると上越市の8人はいずれも20代の男女で、上越市にある接待を伴う飲食店「クラブエル」の従業員です。この店に関連する感染者は23日も3人が発表されていて、計11人となりました。  県はクラスターの可能性が高いとみていて、「クラブエル」を2月16日から22日にかけて利用した人は上越保健所へ連絡してほしいと呼びかけています。  一方、県はかぜの症状のある高齢者に対して早めに受診するよう呼びかけました。これまでに症状があっても受診せず感染の確認が遅れたケースがあるといいます。  県高齢福祉保健課の若杉直樹課長は「クラスター・感染拡大を防ぐ上で、早めの受診・検査が大切です。デイサービスなど居宅系のサービスは入所系と異なり利用者の皆様自らが受診していただく必要があるため、改めてお願いを申し上げます」と述べました。  県はかかりつけ医や「県新型コロナ受診・相談センター」に電話をした上で、で早めの受診と検査をするよう呼びかけています。  また、デイサービスなどの利用も止めてほしいとしています。

新潟 2021.02.24 19:25

新潟県内 山沿い中心に雪 風雪や着雪に注意

 24日朝の新潟県内は冬型の気圧配置の影響で各地で冷え込み、山沿いを中心に雪となりました。気象台は風雪や着雪に注意を呼び掛けています。  山沿いを中心に雪が降った24日朝の県内。津南町では雪かきに追われる住民の姿がありました。  午前11時までの24時間に降った雪の量は、湯沢町で42センチ、津南町で31センチなどとなっています。  日中も気温は上がらず、最高気温は長岡市で3度、上越市高田で2度などと予想されています。  25日は高気圧に覆われ晴れるところもありますが、冷たく湿った空気が流れ込む影響で気温は上がらない見込みです。  気象台は下越と佐渡で風雪に、中越では大雪や電線などへの着雪に注意を呼びかけています。

新潟 2021.02.24 12:17

湯沢町で“雪室開き” 雪を生かして特産品をブランド化へ

 雪国の観光を盛り上げようと湯沢町で雪室を使った特産品の開発が進んでいます。2月24日、貯蔵していた商品が取り出されました。  湯沢町の「体験工房大源太」では県内に住む外国人などを招いて「雪室開き」が行われました。  越後湯沢温泉観光協会では特産品を雪室に貯蔵することによってブランド化する取り組みを今年度から始めました。コロナ禍で落ち込む雪国の観光を盛り上げようと企画されたもので、24日は1月から保管していた日本酒や調味料などが取り出されました。  参加者は「こういう環境に住んでいる人たちの知恵という感じですよね。雪があるから雪を利用するのも大事ですね」と話していました。  午後からは取り出した食材を味わう試食会が開かれます。

新潟 2021.02.24 12:16

新型コロナ 新潟県内で新たに9人の感染者

 新潟県は2月23日、新型コロナウイルスの感染者を新たに9人確認したと発表した。上越市の飲食店でクラスターが発生した可能性もあるとみられる。  感染が確認された9人のうち8人は、上越市の10代から30代の男女で、一部には友人関係などの交流が確認されている。  新潟県によると、上越市内の接待をともなう飲食店で感染した可能性がある人もいるという。  富山順子参事健康対策課「集団感染も含めて、保健所の方でいま確認をしている」と説明した。  残る1人の感染者は燕市の女性で、クラスターが発生したとされる保育園に通う園児の同居家族。  新潟県内の感染者は、累計で1041人になった。

新潟 2021.02.23 19:35

用心棒代を受け取った疑いなどで7人を逮捕

 JR長岡駅周辺の複数の風俗店から“用心棒代”を受け取った疑いなどで2月23日、新潟市の暴力団組長など計7人が逮捕された。  新潟県警は23日、『新潟県暴力団排除条例』違反の疑いで新潟市中央区の稲川会系暴力団の組長・新通一昭容疑者など計7人を逮捕した。  県警によると、新通容疑者は去年9月、JR長岡駅周辺の『暴力団排除特別強化区域』で営業する複数の風俗店から“用心棒代”として 現金合わせて9万円を受け取った疑いがもたれている  また、六代目山口組系暴力団の幹部など6人も23日、JR長岡駅周辺の別の店から“営業を容認する対価”として現金を受け取った疑いで逮捕された。  『新潟県暴力団排除条例』による逮捕は、JR長岡駅周辺が『暴力団排除特別強化区域』に指定されてから初めての適用となった。

新潟 2021.02.23 19:24

新潟県内の生産者に対し JA「非主食用米への転換を」 主食用米の需要減で

 主食用米の需要が大きく減少しているとして、JAは2月22日新潟県内の生産者などに対し需要に応じたコメを作るよう呼びかけました。  新潟県内の生産者など260人が集まった22日の集会で、JAグループは、県内でことし生産する主食用米を去年より1割以上少ない52万トンに減らすと発表しました。  その上で米菓や飼料などに加工する非主食用米への転換を呼びかけました。  JA新潟中央会・今井長司会長「なんとしても、ことしの令和3年度の生産については生産を抑制していかなければならない」  主食用米の需要が減っている理由についてJAは、近年の「コメばなれ」に加え、新型コロナウイルスの影響で外食の機会が減り在庫が増加したためとしています。

新潟 2021.02.23 12:28

新潟・阿賀野市の瓢湖 野鳥の死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルス

 新潟県阿賀野市の瓢湖で見つかったオオハクチョウの死骸から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。  環境省や新潟県によると2月16日、阿賀野市の瓢湖で回収されたオオハクチョウの死骸からA型の鳥インフルエンザの陽性反応が出ていました。  その後、環境省が詳しく検査したところ、22日に高病原性の鳥インフルエンザが検出されました。  瓢湖では去年11月に回収した水と野鳥のフンからもこのウイルスが見つかっています。  22日現在、近くの養鶏場で異常は確認されていません。  県は瓢湖から半径10キロ圏内に死んだ野鳥がいないかなどを調べる緊急調査を行うとしています。  今シーズン県内で野鳥から高病原性の鳥インフルエンザウイルスがつかったのはこれで2例目です。

新潟 2021.02.23 12:19

苦境続くホテルや結婚式場 “飲食伴わない宴会プラン”登場 抗原検査キット販売も

 新型コロナウイルスの影響を受けるホテルやブライダル業界。いま、あの手この手でこの苦境を乗り越えようとしています。2月から始まった新たなサービスとは?  広々とした宴会場がある新潟市中央区の万代シルバーホテル。新型コロナウイルスの影響で、書き入れ時の忘年会や新年会シーズンは大打撃を受けました。  万代シルバーホテル・販売部の岡田直樹課長「コロナ禍で大半の宴会がキャンセルになっている。売り上げも9割減という状況」  まもなく、卒業式や送迎会といった節目の季節を迎えます。そこで打ち出したのが…「飲食を伴わない」宴会プランです。  販売部・岡田課長「セレモニー・式典だけは会場を使ってやっていただき、お持ち帰りのお弁当をご用意し持ち帰っていただくプランです」  収容人数を50人ほどから20人ほどに減らし、受付などにはアクリル板を設置し感染症対策を徹底。そして会場で飲食をしない代わりに、弁当を持ち帰ることができるんです。  弁当は3000円台から5000円台まで3種類から選ぶことができ、新潟市の支援制度を活用すると最大で2000円が割引されます。さらに会場費も正規料金の半額で使用することができます。  販売部・岡田課長「その一年の節目については会場でリアルで自分の思いを伝えていただきたい。そういう機会を作るのが宴会場を持つホテルの使命・義務だと思って作らせていただいた」  一方、新潟市内の結婚式場「ブレストン」。予約が途絶えた時期もありましたが、現在は徐々に増え始めているといいます。  そうした中、2月10日から新型コロナウイルスの抗原検査ができるキットの販売を始めました。事前に式場に申し込むと人数分のキットを受けとることができます。「感染拡大地域の人を招待するか迷っている」そんな声にこたえたといいます。  ブレストンの若杉真結さんは「諦めないで、結婚式に前向きに行っていただける後押しの存在になれたら」と話しました。  大切な節目の瞬間をどう迎えるか。ホテルやブライダル業界が工夫を凝らしています。

新潟 2021.02.22 19:57

県内各地でことし1番の暖かさ 「梅の開花」発表 平年より21日早く

 2月22日の県内は気温が上がり、各地でことし1番の暖かさとなりました。平年より20日以上早く梅の開花も発表されました。  春の陽気となった22日朝の新潟市中央区。コートを手に持って歩く人の姿が見られました。  街の人は「暑くなるから薄着で来ました。(コートは)途中で脱ぎました」「これからどんどん暖かくなって春が来ればいいなと思ってます」などと話していました。  22日の県内は高気圧に覆われ、各地で気温が上がりました。  最高気温は糸魚川市で18.9度、柏崎市で18.2度など各地で4月中旬から下旬並みとなり、21の地点でことしの最高気温を観測しました。また、阿賀町津川では2月の観測史上最高の気温を記録しています。  ぽかぽか陽気の中、新潟市内の神社では、梅が白やピンクの花を咲かせていました。  22日は新潟地方気象台が「梅の開花を観測した」と発表しています。平年より21日早い開花となります。  一方、長岡市では20日、通行人から「道路が崩れている」と警察に通報がありました。県道が長さ30メートルにわたって崩れ落ち、22日現在、片側交互通行となっています。  県はここ数日の気温上昇によって雪解けが進み、地盤が緩くなったことが原因とみています。  23日の県内は22日から一転し、冬型の気圧配置となり、雪が降るところもある見込みです。

新潟 2021.02.22 19:43

新型コロナウイルスのワクチン先行接種 上越市の病院でも始まる

 全国で2月17日から始まった新型コロナウイルスワクチンの医療従事者への先行接種。県内でも進んでいて、22日から上越市の病院でも始まりました。  ワクチンの先行接種が始まったのは上越市の新潟労災病院です。  初日の22日は、スムーズにワクチン接種を行うための体制の確認も兼ねていて、院長や看護部長など計6人の病院職員が接種しました。  接種を受けた病院職員は「注射自体はそれほど痛みを感じずに、終了いたしました」「今回私たちが試験的に先行接種することで、体温測ったりしてデータをとりますので、それによって心配がないワクチンなんだということがみなさんに伝わってくれればと思います」と話していました。  この病院では3月5日までに129人が1回目の接種を受ける予定です。その後、順調に進めば3月にも先行接種の対象となっていない医療関係者に優先接種がはじまります。  入江誠治院長は「このコロナ禍の中で1年以上閉塞感に包まれた社会に対してもより明るい方向へ導くようなターニングポイントになればと考えています」と話しました。  また、ファイザーのワクチンは第2便が21日、成田空港に到着しましたが、政府は今後の供給量には限りがあるとしていて、4月から予定されている高齢者への優先接種は、段階的に少しずつ拡大していく見通しです。

新潟 2021.02.22 16:23

日本でスキー発祥から110年 糸魚川市で一本杖スキーを披露

 日本に初めてスキーが伝えたとされてからことしで110年を迎えます。これを記念して糸魚川市のスキー場で2月21日、一本杖スキーが披露されました。  2月21日、糸魚川市のスキー場で披露された“一本杖スキー”。1911年、オーストリアの「レルヒ少佐」がこの“一本杖スキー”を指導したことで日本にスキーが伝わったとされていて、イベントはスキー発祥から110年を迎えることを記念して行われました。  一本杖スキーの継承などを行う「レルヒの会」のメンバーが長さ2メートルの杖を巧みに使い、スキーを滑らせていました。  見た人は「非常に難しい滑りだなと思いました」「今とは全然違くてすごかったです。進化を感じました」などと話していました。  会場には県のゆるキャラ、レルヒさんも登場し限定の缶バッチが配られました。

新潟 2021.02.22 13:03

新潟県内 高気圧に覆われ春の陽気 融雪による土砂災害や雪崩に注意

 県内は高気圧に覆われて朝から気温が上がり、春の陽気となっています。気象台は融雪による土砂災害や雪崩に注意を呼びかけています。  青空が広がった22日朝の新潟市中央区。県内は高気圧に覆われて、朝から気温が上がっています。  街の人は「いつもだいたいマフラーとかしてるんですけど、きょうはしてこなくても大丈夫ですね」と話していました。  午前11時までの最高気温は糸魚川市で18.9度、柏崎市で18.1度などを観測しています。  日中の予想最高気温は上越市高田と新潟市で17度、長岡市で16度など、4月中旬並みの暖かさとなる見込みで、気象台は上・中・下越で融雪による土砂災害や雪崩に、注意を呼びかけています。  一方、23日は一転して冬型の気圧配置となり、雪となるところもある見込みです。

新潟 2021.02.22 13:02

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース