甲信越のニュース

本栖湖で男性が死亡

 9日朝、富士河口湖町の本栖湖で心肺停止状態の男性が発見され死亡が確認された。
 警察によると、同日午前6時55分ごろ、地元の住民が本栖湖畔で心肺停止状態の男性を発見し、消防に通報した。
 男性は年齢不詳で死亡が確認された。ウエットスーツなどを着用し、近くにはウインドサーフィンのボードが打ち上げられていた。
 警察は水難事故の可能性があるとみて調べている。

山梨2020.08.09 19:32

長崎原爆投下75年 県内でも犠牲者悼む

 長崎に原爆が投下されてから75年を迎えた9日、県内でも犠牲者を悼み黙とうがささげられた。
 同日は甲州市の常泉寺で焼香が行われ、市民団体のメンバーらが原爆の犠牲者を悼んだ。そして、原爆投下時刻の午前11時2分に合わせて住職が鐘を打ち、参加者が黙とうを捧げた。
 参加者は「平和について改めて考える機会にしたい」と話している。

山梨2020.08.09 19:27

望月幸明元知事が死去

 山梨県知事を3期12年務めた望月幸明氏が8日、亡くなった。96歳だった。
 望月氏は県職員や副知事を経て1979年の知事選で初当選し、3期12年にわたって県知事を務めた。在任中には1986年の「かいじ国体」を成功に導いた。
 親族によると望月氏は8日早朝、老衰のため甲府市内の病院で亡くなった。葬儀は近親者のみで行うという。

山梨2020.08.09 19:17

上高地のキャンプ場 熊テント襲い女性けが

9日未明、長野県松本市にある上高地のキャンプ場でクマがテントを襲い、中にいた50代の女性がけがをしました。 クマが出没したのは上高地の小梨平キャンプ場です。9日午前0時ごろ、クマがテントを引きずり、中で1人で寝ていた50代女性の右足にクマの爪が刺さって、軽いけがをしました。 このキャンプ場では、1週間ほど前からクマの目撃が複数回あり、テントを破って食料をあさられたなどの報告も相次いでいました。 キャンプ場は閉鎖となり、クマを捕獲して安全が確認できるまで再開しないとしています。

長野2020.08.09 18:32

パラグライダー墜落で愛知県の男性死亡

平谷村で8日、パラグライダーをしていて墜落した愛知県名古屋市の宇野金幸さん77歳がその後、死亡したことがわかった。パラグライダーの発着場を管理する地元スクールによると、去年2回ほど飛行経験があったが今年は初めて訪れたという。発着場を出てすぐに、高さ10メートルほどのところから墜落したとみられている。

長野2020.08.09 11:10

お盆の連休始まる 帰省は静かなスタート

8日は三連休の初日。早い人ではお盆休みが始まるが新型コロナウイルスの影響もあり、県内の交通機関に目立った混雑は見られなかった。JR東日本によると例年、お盆前の土曜日は帰省客や行楽客で最も混雑する日だが、8日の中央線特急は上下線ともに満席は1本もなかった。JR東日本は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し「帰省を自粛する人が多いのではないか」としている。一方、8日に甲府駅に着いた帰省客の中にも高齢者がいる実家には帰らないとした人もいた。一方、中央道では下り線の日野バス停付近で最大17キロの渋滞が確認されたが、昨年の半分ほどにとどまっている。

山梨2020.08.08 18:33

新型コロナ 新たに50代女性の感染確認

山梨県は新たに50代の女性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新たに感染が分かったのは富士北麓地域を生活圏とする無職の50代女性。女性は5日に感染が確認された60代男性の濃厚接触者としてPCR検査を行ったが、一度は陰性となっていた。その後、発熱したため再度PCR検査をしたところ、陽性が確認されたという。一方、7日夜は甲府市内に住む30代、60代、80代の女性3人の感染も確認された。甲府市によると、80代の女性は6日に感染が判明した看護補助者が勤める甲府共立病院の入院患者だった。県内では10日連続で感染者が確認され、128例となった。

山梨2020.08.08 18:27

お盆の感染対策で県が帰省客に呼びかけ

 8日からお盆休みが始まった。
 県は帰省してくる人に対し感染拡大防止のための注意喚起を行った。
 8日のJR新潟駅の新幹線改札口には首都圏などから帰省する人の姿があった。
 お盆休みの感染対策のため県は帰省客に対しサーモグラフィで体温を計測したほかリーフレットを配布し注意を呼びかけた。
 千葉県から帰省した人は「特に出かける予定はないので家族でひっそりと過ごそうと思っている」と話していた。
 県は飲酒を伴う会食は慎重に判断するほか、感染拡大地域から移動した人には家の中でもマスクの着用を呼びかけている。

新潟2020.08.08 17:29

目的は慰霊の花火打ち上げ 児童が枝豆収穫

 新潟県長岡市の黒条小学校で8月7日、児童が自分たちで育てた枝豆を収穫した。収穫した枝豆を販売して得るお金で、この秋に白一色の慰霊の花火『白菊』を打ち上げることを計画している。

 枝豆の収穫を行ったのは黒条小学校の6年生。
 近所の農家の畑を借りて今年6月から育ててきた枝豆を収穫した。
 自分たちで育てた枝豆を、児童は「固くて根性がある良い感じに育った豆です。」と紹介した。
 児童は互いに協力し合いながら、次々に枝豆を引き抜いていった。
 黒条小学校の6年生は、総合学習で長岡空襲などを学んでいる。 その学習の一環として、空襲の犠牲者を慰霊する白一色の花火『白菊』を打ち上げるプロジェクトを進めている。
 収穫した枝豆を児童の家族や地域の住民などに販売し、その売り上げを『白菊』を打ち上げる代金に充てようという計画。
 児童は「この枝豆が10万円売れないと花火が買えないので、絶対おいしくなるように願いを込めて育てました」と話していた。
 黒条小学校の『白菊』は今年10月末ごろに打ち上げられる予定。

新潟2020.08.07 20:03

相次ぐイルカの死を調査 第三者委の初会合

 上越市立水族博物館『うみがたり』で飼育するイルカが相次いで死んでいる問題を受け、上越市教育委員会は7日、第三者委員会の初会合を開いた。

 『うみがたり』は2年前のオープン当時、6頭のイルカがいた。
 しかし、シロイルカがことしの5月と7月に相次いで死に、バンドウイルカもおととしと去年に1頭ずつ死んでいて、現在イルカは2頭に減っている。
 第三者委員会はこの原因究明と再発防止のため、上越市教育委員会が立ち上げた。
 7日の初会合では、建築や水質、飼育などの専門家が『うみがたり』を視察して意見を交換した。
 日本大学・生物資源科学部の鈴木美和教授は「水槽の構造とか、運ばれてくる前と後ではどう違うのかとかそういったところが少し気になるので、データを提出してくださいとお願いした」と話した。
 第三者委員会は今後も検証を続け、ことし秋には結果を出したいとしている。

新潟2020.08.07 19:28

奥庭周辺に自生するシャクナゲが見ごろ

 富士山5合目の手前にある奥庭周辺に自生するハクサンシャクナゲが見ごろを迎えている。
 亜高山体に育つシャクナゲは、富士山では3合目から5合目に自生している。
 近くの山小屋「奥庭荘」によると、シャクナゲの花は先月上旬に咲き始め今月中旬まで楽しめるという。
 厳しい風雪に耐えて育つ富士山のシャクナゲは、背丈が低いのが特徴。
 また、富士山では貴重な水場がある奥庭は絶好の野鳥の観察スポットで、この日もカメラマンがシャッターチャンスを待っていた。
 富士スバルラインは、マイカー規制中の上、ことしは富士登山も禁止されていることから例年より人出は少なく、山には静かな時間が流れている。

山梨2020.08.07 18:52

元勤務先に押し掛けた猟銃男に有罪判決

 ことし6月、勤務先に散弾銃などをもって乗り込んだ男に懲役1年執行猶予3年の判決が言い渡された。
 銃刀法違反の罪に問われていたのは大月市大月町の元社員、佐藤久司被告(42)。
 甲府地裁の青木美佳裁判官は「売掛金の使いこみに端を発した犯行の動機は自己中心的」と指摘。
 一方「反省し更生が見込まれる」とし執行猶予付きの判決を言い渡した。

山梨2020.08.07 18:44

長崎知事「感染の第2波」の認識示す

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。
 県内ではきのう、新たに男女合わせて10人の感染が確認された。
 1日の確認数としては最多で長崎知事はきょう、感染の第二波を迎えたとの認識を明らかにした。
 感染が確認されたのは、いずれも県内に住む20代から60代の9人と年代性別非公表の1人。
 このうち20代の男女と30代の男性、非公表の合わせて4人は、今月4日に女性従業員の感染が分かった甲府市のキャバクラ店「AMULET」の関係者で、県はクラスターが発生したとの認識を示している。
 残る5人は、甲府共立病院に勤務する30代女性や女性と同居する30代男性、60代の夫婦などで県内の感染例は124例となった。
 直近1カ月の新規感染者数を見ると、先月上旬はほとんどいなかった感染者が中旬以降は日を追うごとに増え、きのうまでの1週間だけで30人の感染が確認された。
 入院患者も31人に急増した。
 ここまで長崎知事は、きょう緊急の会見を開き感染の第二波を迎えたとの認識を示した。
 クラスターとなった甲府市のキャバクラ店は、感染防止対策を講じずに営業していたとし「極めて危険な迷惑行為」と厳しく批判し、今後、感染対策を行わない悪質な店については、店名を公表することも示唆している。
 また長崎知事は、県内の医療機関にコロナ用の病床を130床に増やすよう指示したことも明らかにした。
 ただ医療現場からはマンパワーの不足を懸念する声も上がっている。
 防護具などの資材にも限りがあるとし県民に感染対策の徹底を呼び掛けている。

山梨2020.08.07 18:37

新潟県内で4人の感染確認 帰省中の男性など

 新潟県内では7日、東京からの帰省中の男性など新型コロナウイルスの感染者が計4人確認された。県内の感染者はこれで125人となった。

 新潟市では7日、中央区の20代女性と西区の50代女性の2人の感染が確認された。いずれも発熱などの症状があり検査を受け、6日に陽性が判明した。
 中央区の20代女性は、6日に市内で感染が確認された女性の友人で、7月27日に2人で夕食とドライブに出かけていた。
 この友人は、クラスターが発生した新潟市のキャバクラ店「クラブアルバトロス」の出入り業者の女性などと7月23日に食事をしていたことがわかっている。
 新潟市保健衛生部の野島晶子部長は「(20代女性を)クラブアルバトロス関連のところに入れるかどうかはこれからの感染の広がり具合をみて判断することになります」と述べた。
 一方、西区の50代女性については現時点で感染経路が分かっていないという。
 こうした中、県も7日午後3時から会見を開き、長岡市に帰省していた会社員の10代男性と柏崎市の40代男性の感染を確認したと発表した。
 10代男性は東京都在住で家族が車で迎えに行き、8月1日に長岡市の実家に帰省。発熱などの症状があり検査の結果、7日に陽性が判明した。
 柏崎市の40代男性は8月3日に感染が確認された男性の同僚で、濃厚接触者として検査をうけ陽性と判明した。
 県健康対策課の中山均課長は「もどってきたときのご家族、家庭内感染も問題となっておりますのでリスクを考えて行動していただきたい」と話した。
 一方、県は8月3日に感染が確認された県立柏崎工業高校の男子生徒の濃厚接触者50人は、7日までに全員陰性が確認されたと発表した。
 県内の感染者はこれで125人となった。

新潟2020.08.07 16:27

新潟県警と大学生がサイバーパトロール

 食事などの対価に男性から金銭を受け取る「パパ活」などを防ごうと、県警は大学生ボランティアとサイバーパトロールを行った。

 6日に県警本部少年課が実施した「サイバーパトロール」には、新潟市内の大学に通う3人の学生が参加した。
 大学生たちは、少女がSNS上に投稿したとみられる「パパ活」を呼び掛けるメッセージを検索した。
 約1時間行われたこの日のパトロールでは、6件の書き込みを発見し、県警の担当者が性被害を未然に防ぐため注意喚起のメッセージを送った。
 新潟大学に通う石井菜々子さんは「検索していく内に自分の知らないところで犯罪の目がたくさんあるということに気づきとても驚きました」と話した。
 県警本部少年課は今後も定期的にサイバーパトロールを実施していく考えだ。

新潟2020.08.07 12:00

下越や佐渡を中心に大雨のおそれ

 7日の新潟県内は下越や佐渡を中心に大雨となる見込みだ。気象台は土砂災害などに注意・警戒を呼びかけている。

 7日朝の県内は大気の状態が不安定となり各地で雨や曇りとなった
 気象台によると県内は8日にかけて1時間に20ミリの強い雨が降るおそれがある。
 8日正午までに予想される24時間降水量は下越や佐渡で70ミリ、上越や中越で40ミリなどとなっている。
 さらに9日にかけては多いところで50ミリから100ミリの雨が降る見込みで、警報級の大雨となるおそれがある。
 気象台は下越・佐渡で土砂災害に注意・警戒を呼びかけるほか、上越・中越を中心に気温が30度を超えるため熱中症に注意を呼びかけている。

新潟2020.08.07 11:59

極早生品種の「五百川」 早くも稲刈り

 新潟市西蒲区で6日、早くも稲刈りが行われた。8月中旬には早くも店頭に新米が並びそうだ。

 6日に稲刈りが行われたのは極早生品種の「五百川」。福島県のコシヒカリの突然変異によって生まれ、古米が店頭に並ぶこの時期に新米を食べてもらいたいと生産がはじまった。
 小粒で甘味や粘りがあるのが特徴だ。
 生産者の渡辺忍さんは五百川を3.5ヘクタール栽培していて、6日はその一部をコンバインで刈り取った。
 ことしは長雨で日照不足の影響を受けたというが、もともと成長がはやい品種で、4月末の田植えから約100日での稲刈りとなった。
 生産者の渡辺忍さんは「食味はぜったい的に大丈夫な品物だと思いますので、ぜひ新潟の農家を元気づけるためにもみなさんに食べていただきたいという品種になっています」と話した。
 今後も天気を見ながら刈り取りを進め、8月15日前後には県内のスーパーなどに早くも新米が並ぶという事だ。

新潟2020.08.06 19:15

魚沼基幹病院 応援の30代医師の感染確認

 魚沼基幹病院は6日、首都圏から応援に来ていた30代の男性医師1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県は医師と接触した患者などに感染がないか調べている。一方、県内では柏崎市と新潟市であわせて女性2人の感染が確認された。

 6日、リモートで会見した魚沼基幹病院の鈴木栄一院長。
 鈴木院長は「感染された方は首都圏在住の医師の方、30代の方で当院の救急外来の応援として勤務していただきました」と述べた。
 感染が確認された30代の男性医師は、8月1日の正午から翌2日の正午まで救急外来で勤務。勤務後、その日の夕方からかぜの症状が出た。4日に首都圏でPCR検査を行い、5日に陽性が判明した。
 鈴木院長は「基本的には(男性医師は)首都圏で感染して症状が出る前に当院に来られた。接触者と思われる方は全員検査をし、陰性を確認したいと思っている」と話した。
 魚沼基幹病院では、この医師と接触した患者など52人の検査を実施。このうち33人の検査結果が判明し、全員陰性だという事だ。
 魚沼基幹病院は、一般外来や入院については通常通り運用するものの、重篤な患者の救急対応は8月12日まで受け付けず、代わりに長岡市内の病院などで行うという事だ。
 病院の利用者からは「不安に決まってます」、「こういうところはお医者さんが少ないわけですから、県外からいらっしゃることに感謝している。これを機に来られる方が減らないようにという気持ちが強い」などという声が聞かれた。
 一方、県は新たに柏崎市に住む医療機関職員の20代の女性が感染したと発表した。
 この女性は夫や高校生の息子の感染も確認されている40代女性の同僚で、同じ部屋の中で働いていたという事だ。現在の症状は無症状に近いという。
 県健康対策課の中山均課長「患者さんと接する可能性はあります。濃厚接触者についてもいま調べている所です」と述べた。
 一方、新潟市中央区に住む20代の女性会社員1人も感染が確認された。
 この女性は、7月23日、すでに感染が判明している新潟市のキャバクラ店「クラブアルバトロス」の出入り業者の女性や東区の30代の女性と3人で食事をしていた。
 この店をめぐっては市が「クラスターが発生した」とみていて、関係する感染者は計9人となる。
 県内の感染者はこれで121人となった。

新潟2020.08.06 19:14

県内各地で「猛暑日」予想 熱中症に注意

 8月6日の新潟県内は最高気温が35度以上の猛暑日となるところもある見込みで、気象台は熱中症に注意するよう呼び掛けている。

 朝から気温が上昇している6日の県内。
 午前11時現在の最高気温は胎内市中条で33.9度、三条市で33.5度などを観測。
 県内29の観測地点のうち25か所ですでに30度を超えている。
 日中の予想最高気温は長岡市や阿賀町津川で35度と「猛暑日」となる予想だ。
 街の人は「今日はすごい暑くて、外で仕事があるので熱中症にならないように気をつけたいです」と話した。
 新潟市や長岡市、上越市では30度以上の時間帯が午後6時ごろまで続く見込みで気象台は熱中症への注意を呼び掛けている。

新潟2020.08.06 12:12

広島原爆投下から75年 新潟市で追悼式

 広島市に原爆が投下され、8月6日で75年が経つ。新潟市では被爆者などが集まり犠牲者を追悼した。

 新潟市役所で開かれた原爆犠牲者への追悼式。被爆者など約150人が集まり広島市に原爆が投下された午前8時15分に合わせて黙とうを捧げた。
 県原爆被害者の会 西山謙介事務局長は「自分が亡くなったことすらわからずに死んでいった人たちもいる。その人たちの気持ちを無にしないように被爆の実相を何らかのかたちで伝え続けていかなければならないだろうと思います」と話した。
 県原爆被害者の会は、高齢化にともなう会員の減少を理由に今年度末で活動を停止する。
 その後は、連絡窓口を設け、戦争の悲惨さを訴え続けていきたいとしている。

新潟2020.08.06 12:12

経年累進課税制度 国の同意に桜井市長は

 使用済み核燃料への課税額を保管する期間によって増やす制度の導入を柏崎市がめざしていたが、国は8月4日付で導入に同意した。柏崎市長は5日、「使用済み核燃料の搬出をうながすきっかけになりうる」とあらためて強調した。

 柏崎市は、2003年から柏崎刈羽原発に保管されている使用済み核燃料に税金を課している。
 新たに導入される「経年累進課税」制度は、保管している期間に応じて税額が上乗せされる仕組みだ。
 対象は保管期間が15年以上の使用済み核燃料で、柏崎刈羽原発から運び出せるようになった年の翌年から、保管期間が1年経つごとに1キロあたり50円ずつ税額が上がる。
 桜井市長は「少なくともこれができたからといってすぐにスムーズに搬出が進むとは考えていない。少しでも搬出をしなければならないというきっかけになりうるだろう」と述べた。
 また、使用済み核燃料に課される税額は、現在の1キロあたり480円から620円に増え、年間、2億1200万円の増収となる。
 新たな税制度は、ことし10月1日から適用される。

新潟2020.08.05 19:12

濃厚接触者に高校生 柏崎市で施設一部閉鎖

 8月3日、新潟県内で初めて柏崎市の高校生が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。桜井市長は濃厚接触者に多くの高校生が含まれているとして感染拡大を警戒。公共施設の一部を閉鎖する対策などをとっている。

 8月3日、新型コロナウイルスの感染者が3人確認された柏崎市。
 濃厚接触者が利用した可能性があるとして、4日から市内にある5つのコミュニティセンターを閉鎖している。
 桜井市長は6日の会見で「一番心配してるのが濃厚接触者として位置づけられている高校生がたくさんおられます。学校関係者、部活動関係者といったところに、そしてその活動場所に広がりが出てくるのではないかと心配しております」と話した。
 感染が確認されたのは県立柏崎工業高校に通う男子生徒とその両親の3人だ。
 県によると、男子生徒は7月31日まで学校に出席。8月1日には運動部の練習試合に参加している。濃厚接触者は部活動の関係者を中心に51人にのぼる。
 県は濃厚接触者の検査を進めていて結果は6日以降、順次判明する見通しだ。

 こうした中、例年なら帰省する人が増えるお盆の時期が近づいている。
 花角知事は5日の会見で「きょうのこの時点で、一律に県境を越えて移動することについて、規制をするとか、制約をかけることは考えてはおりません。発熱、風邪の症状、体調の不良を感じている方は帰省を控えていただきたいというのが第一点」と述べた。
 県は5日の時点で県境をまたぐ移動については制限しない考えだ。
 一方、首都圏など感染が広がっている地域からの帰省については、家の中でもマスクを着用するなど感染防止策をとるよう呼びかけている。

 また県は新型コロナウイルスに対応した慰労金として、県内の医療機関や介護施設、障害者施設の職員、約14万8000人に対して最大20万円を支給すると発表した。
 花角知事は「最前線でリスクと背中合わせの形で緊張感をもって活動していただいている。感謝の気持ちをお伝えしたい」と話した。
 原則、オンラインでの申請となり8月17日から受け付けが始まる。

新潟2020.08.05 19:11

大相撲 関川村出身の王輝が「十両」昇進

 大相撲7月場所で幕下二枚目で勝ち越した関川村出身の王輝関が9月の秋場所で「十両」に昇進することが決まった。

 王輝関は8月5日、オンラインで会見を行い喜びを語った。
 王輝関「今場所で決めるって思いは強かった。村のみんなが応援して下さっているので、そういう期待に応えられて良かったです」
 王輝関は関川村出身の24歳。2013年に糸魚川市の県立海洋高校を中退し錣山部屋へ入門。少しずつ番付を上げ幕下2枚目として迎えた7月場所で5勝2敗と勝ち越した。
 県内出身の力士として十両に昇進したのは新潟市北区の豊山関以来4年ぶりだ。
 会見に同席した元関脇・寺尾の錣山親方も昇進を喜んだ。
 錣山親方は「うれしい、喜ばしい、楽しみこういう感じです。ほんとに両親に親孝行ができたんじゃないかなと思います」と話した。
 王輝関は「これからも稽古場でも人一倍汗かいて弟弟子の見本になるようにやっていきたいです。豊山関もいるので早く追いついて追い越せるように頑張ります」と意気込みを語った。
 十両として初めて迎える大相撲・秋場所は9月13日から東京の両国国技館で行われる予定だ。

新潟2020.08.05 19:09

お盆近づく 知事「発熱ある人は帰省控えて」

 首都圏などで新型コロナウイルスの感染が広がるなかお盆の時期が近づいてきた。花角知事は8月5日の会見で、「発熱や風邪の症状がある人は帰省を控えてほしい」と呼びかけた。

 5日の会見で花角知事は次のように述べた。
 花角知事「きょうのこの時点で、一律に県境を越えて移動することについて、規制をするとか、制約をかけることは考えてはおりません。発熱、風邪の症状、体調の不良を感じている方は帰省を控えていただきたいというのが第一点」
 例年なら帰省ラッシュとなるお盆の時期が近づいている。
 県は5日時点で県境をまたぐ移動については制限しない考えだ。
 一方、首都圏など感染が広がっている地域からの帰省については、「家の食事でも感染の可能性がある」として家の中でのマスクの着用など感染防止策をとるよう呼びかけている。
 また県は5日、新型コロナウイルスに対応した慰労金として、県内の医療機関や介護施設、障害者施設の職員、約14万8000人に対して最大20万円を支給すると発表した。
 原則、オンラインでの申請となり8月17日から受け付けが始まる。

新潟2020.08.05 16:18

各地で真夏日 熱中症に注意を

 8月5日の新潟県内は高気圧に覆われ各地で真夏日となっている。気象台は熱中症に注意するよう呼び掛けている。

 朝から気温が上がった新潟市中央区。照り付ける日差しの中、マスク姿で歩く人の姿がみられた。
 県内は高気圧に覆われ午前11時までの最高気温は魚沼市小出で32.8度、柏崎市で32.7度を観測するなど各地で真夏日となっている。
 日中の最高気温は長岡市で34度、新潟市や上越市などで33度と予想されている。
 街の人からは「(マスクを)外したいくらい熱い」「服装的にも急に夏物引っ張り出してきた感じ」などという声が聞かれた。
 気象台は熱中症に注意するよう呼び掛けている。

新潟2020.08.05 12:53

長岡市 市立の小中学校に消毒作業員を配置へ

 教員の負担を減らして感染症対策を図ろうと、長岡市は小・中学校に消毒作業にあたる清掃員を配置する。

 清掃員は特別支援学校を含む長岡市立のすべての小中学校・84校に配置される。
 このうち4校で先行して作業にあたっていて、旭岡中学校では布きんに消毒液をつけ手すりなどをふいていた。
 学校の消毒作業は教員がおこなっていたが、長岡市は清掃員を配置することで教員の負担を減らす考えだ。
 シルバー人材センターと委託契約を結ぶほか、臨時職員を募集し、計90人を確保する。
 長岡市教育委員会学校課の笠井晃課長は「学校における児童・生徒の健やかな学びを保証するとともに、教職員の方々の負担を軽減する」と話した。
 清掃員は8月20日から配置される予定だ。

新潟2020.08.05 12:52

原発事故に備え 船での避難を想定した訓練

 柏崎刈羽原発で原発事故が起きたとの想定で船による避難訓練が行われた。ことしは新型コロナウイルスへの感染対策に重点を置いた訓練となった。

 東京電力・柏崎刈羽原発を望む柏崎港で8月4日、船による避難訓練が行われた。
 最大震度6強の地震によって原発事故が発生。さらに道路が被害を受け住民の一部が船で避難するとの想定だ。
 ことしの訓練には新型コロナウイルス対策が新たに加わり、感染防止の観点から住民の参加を見送り県や柏崎市の職員が避難者を演じる。
 花角知事や柏崎市の桜井市長が訓練を視察。船内での密集対策など避難する際の状況を確認した。
 花角知事は「部屋の中での対応についてもさまざま防止策が取られていることを今回確認できた。引き続き感染防止策についてはしっかりと対応を考えていかなければならない」と話した。
 一方、桜井市長は訓練に住民が参加できなかったことから海上が荒れた場合など条件を変えて訓練を重ねていくことが必要だと指摘した。
 桜井市長は「昨年の訓練からみると想定が違えば違うのかもしれないが一般的にみれば訓練はスケールダウンしたのではないのかと少し心配しています。訓練を重ねていくことが大事だと考えています」と話した。
 課題となる住民の避難計画。県はことしの10月に住民参加の総合訓練を行い実効性を検証する方針だ。

新潟2020.08.04 19:28

お盆に向け 寺の消防設備など確認

 お盆の墓参りでロウソクなどが原因となる火災を防ごうと8月4日、消防が新潟市の寺を訪れ消防設備などを点検した。

 消防署の職員が検査を行ったのは新潟市中央区にある勝念寺だ。
 お盆で多くの人が墓参りに訪れ、火を扱う機会が増えることから毎年この時期、市内約420の寺院で実施している。
 4日は消防設備の管理状況を確認したほか、通報訓練などを行った。
 新潟市中央消防署の山内大祐・消防指令は「火の取り扱い、後始末こういったとこにはしっかり対応をお願いしたい」と話した。
 このような中、墓の掃除に訪れる人がいた。例年であればお盆に東京から親戚が帰省し大勢で墓参りするというが男性は「今年は無理だと思います。東京の人に“来い”なんか言えない。その人たちが来れなくなればお盆は静かになるんじゃないでしょうか」と話した。
 新型コロナウイルスの影響でことしのお盆は例年と異なる過ごし方となりそうだ。

新潟2020.08.04 19:26

上越市の男性が感染 パチンコ店クラスターか

 8月4日、上越市で新型コロナウイルスの新たな感染者が確認された。すでに感染が確認されていたパチンコ店の従業員の同僚だ。このパチンコ店で感染者が相次いでいることから県はクラスターが発生したとみている。

 4日、新たに感染が確認されたのは、上越市に住む20代の男性会社員だ。男性は県内98例目の感染者の同僚で上越市内のパチンコ店に勤務している。
 店は開業準備中のため営業していない。
 このパチンコ店をめぐっては感染者が相次いでいる。
 7月29日に県内98例目として男性従業員の感染が確認され、翌日には同僚3人の感染が確認された。
 4日に感染が確認された男性は7月31日に陰性と診断され健康観察を続けていたが、8月3日に発熱の症状を訴え、あらためてPCR検査をしたところ陽性が判明した。
 同じパチンコ店の従業員から感染が相次いでいることから、県は「クラスター」との見方を示した。
 県健康対策課の中山均課長は「98例目から感染したという人が4人になりますので、クラスターという形になります」と述べた。
 また県は一度陰性と診断された理由についてウイルスの潜伏期間だった可能性があるとみている。
 男性の濃厚接触者は家族2人で陰性が確認されている。
 県内の感染者はこれで119人となった。

新潟2020.08.04 19:23

男性社員の感染 「リケン」が公表

 東京に本社を置く自動車部品メーカー「リケン」は柏崎市の工場に勤める男性社員が新型コロナウイルスに感染したと公表した。

 県は8月3日、柏崎市に住む40代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 その後、この男性会社員について自動車部品メーカー「リケン」が柏崎市の工場で働く社員であると公表した。
 男性会社員は娘の感染が富山県で確認され、2日に濃厚接触者と判明してから出社していないという。
 男性会社員は無症状で一緒に住む妻と高校生の息子の感染も確認されている。
 「リケン」は男性会社員と接触の機会が多かった同僚11人を3日から自宅待機としていて、3日夜までに一部の生産ラインを止めて消毒作業をおこなったという。

新潟2020.08.04 12:54

原発再稼働“事前同意”求め 研究会発足へ

 柏崎刈羽原発を再稼働する際、東京電力が事前に同意を得る対象を半径30キロ圏内の自治体に拡大することをめざし、県内の議員有志が研究会を立ち上げることが分かった。

 東京電力は柏崎刈羽原発を再稼働する際、安全協定を結んでいる県と柏崎市、刈羽村から事前に同意を得る方針だ。
 関係者によると、研究会には原発から半径30キロ圏内にある8市町の議員有志が参加する予定で、事前同意の対象を拡大することをめざす。
 再稼働の賛否を問わず、超党派の研究会となるという。
 こうした動きが広がれば柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働をめざす東京電力の対応にも影響を与えそうだ。
 研究会は8月末にも発足する予定だ。

新潟2020.08.04 12:53

佐渡汽船 「あかね」売却方針を説明

 佐渡汽船は8月3日、関係者が集まる協議会で佐渡市と上越市を結ぶ高速カーフェリー「あかね」の売却方針を説明し理解を求めた。

 この協議会は佐渡航路の維持をめざして県や関係する自治体などが集まり話し合いを重ねているものだ。
 3日は佐渡汽船が高速カーフェリー「あかね」について売却を決めた経緯などを改めて説明した。
 「あかね」は佐渡市の小木港と上越市の直江津港を結んでいる。
 佐渡汽船はこの航路が年間10億円の赤字を抱えていることから「あかね」を売却してジェットフォイルへと切り替え赤字を圧縮したい考え。
 しかしジェットフォイルでは車を運ぶことができず物流に影響を与えることなどから、佐渡市と上越市は売却に合意していない。
 佐渡市と上越市は「あかね」の建造費の一部を負担していた。
 佐渡汽船の尾崎弘明会長は「小木直江津航路の赤字を圧縮する方向に向かわせないと(佐渡汽船の)全体的な経営が難しくなる」と述べた。
 佐渡汽船はことし9月にも「あかね」を売却する手続きを始めたい考えで今後も佐渡市や上越市などと協議することにしている。

新潟2020.08.03 19:24

文化芸術活動支援 感染症対策のモデル公演

 新型コロナウイルスの影響で文化・芸術に関する活動は中止や延期が相次いでいる。新潟市などは、開催を支援しようと「ガイドライン」を策定し、8月3日、関係者向けのモデル公演を開いた。

 新潟市の「りゅーとぴあ」に響く優雅な音色。感染症対策のモデル公演として開かれたクラシックコンサートだ。観客はマスクをつけ座席の間隔をあけて座る。
 新型コロナウイルスの影響で、中止や延期が相次ぐ文化芸術活動を支援しようと、新潟市と芸術文化振興財団はコンサートなどを開く際の対策をまとめた「ガイドライン」を作成した。
 入場前の検温の徹底。チケットを確認する際は対面で行わないこと。そして、感染が確認された場合に備えて連絡先の把握などを呼びかけている。
 8月3日は、これから「りゅーとぴあ」の利用を検討している市民や関係者が参加し、説明に聞き入っていた。
 参加した市民は「こちらの会場を借りたりするが、どういう風に開いたらいいかヒントをいただければと思い参加しました」と話していた。
 アーツカウンシル新潟の杉浦幹男さんは「芸術文化を親しむ市民の側からするとそういう機会が失われてくる。活動を再開していくことが大事」と話した。
 新潟市は感染状況を踏まえた上でガイドラインにそった形での開催を呼びかけている。

新潟2020.08.03 19:24

柏崎市の家族3人が“新型コロナ”感染

 新潟県は8月3日、柏崎市に住む10代から40代の家族3人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち10代の男性は県立柏崎工業高校の生徒だという。

 新たに感染が確認されたのは、いずれも柏崎市に住む会社員の40代男性、医療機関に勤める40代女性、県立柏崎工業高校に通う10代男性の計3人。
 3人は2日に富山県で感染が確認された20代女性の家族という。
 20代女性は富山県射水市に住み、7月25日から27日にかけて柏崎市に帰省していた。
 2日に女性の感染が確認されたため両親と弟が濃厚接触者として検査を受けたところ、3日に陽性が判明した。3人とも無症状だという。
 このうち県立柏崎工業高校に通う弟は7月31日まで登校していた。
 学校は8月8日から夏休みの予定だったが、8月4日から7日まで臨時休校となる。
 県健康対策課の中山均課長「こういう時期ですので家族のだんらんで大皿料理も大事なんですけど、家族だからということに関わらず、他人と同じような感じで皿は共用しないとか」
 県内は7月28日から初めて7日連続で感染者が確認されている。
 8月1日は3人、8月2日は2人の感染が確認された。
 このうち1日に感染が確認された新潟市中央区の30代男性は中央区のキャバクラ店「クラブアルバトロス」の利用客だった。
 この店に関係する感染者はスタッフが4人、出入り業者が1人、利用客が1人の計6人となった。
 また、2日はこの店の出入り業者の濃厚接触者として検査を受けた中央区の20代の男性会社員と東区の30代の女性会社員の感染が確認された。
 2人は7月後半、別々に出入り業者と会ったという。
 過去にキャバクラ店への出入りがあったかどうかはわかっていない。
 このほか8月1日は上越市の20代男性と中央区の80代女性の感染も新たに確認されている。
 20代男性は7月23日から26日まで東京都内へ旅行していて一緒に会食した友人の感染が確認されていた。
 80代女性については感染経路がわかっていない。
 県内の感染者は計118人となった。

新潟2020.08.03 19:22

九管本部と海上自衛隊 断水を想定した給水訓練

 災害で被災地が断水した事態を想定し第九管区海上保安本部と海上自衛隊が8月3日、合同で給水の訓練を行った。

 新潟市中央区の新潟港で始まったこの訓練。第九管区海上保安本部と海上自衛隊の連携を強めようと今回、初めて行われたもので、計90人が参加した。
 災害で被災地が断水した想定で行われ、飲料水や生活用水を届けるため九管本部の船から自衛隊の船へ1トンの水を移す手順を確認した。
 第九管区海上保安本部の赤木竜逸環境防災課長は「被災地の皆様が困らないように、県民・国民の安全安心に備えていきたい」と話した。
 災害時に備えて九管本部は海上自衛隊舞鶴地方隊と協定を結んでいて今後も定期的に訓練を行う考えだ。

新潟2020.08.03 12:27

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース