近畿のニュース

大阪・ミナミの一部 路線価初めて「補正」

 新型コロナウイルスの影響は土地の価格にも及んでいる。国税庁は、大阪・ミナミの一部地域で地価が大幅に下落したことを受け、相続税などを算定する基準となる路線価を初めて減額し、補正すると発表した。  新型コロナの打撃を受ける大阪・ミナミの道頓堀。今回この地域が全国でも初めての路線価の減額修正の対象になった。26日に発表された去年の路線価の減額補正。対象となったのは道頓堀1丁目などミナミの3つの地域で、4%減額される。  路線価は、相続税や贈与税を算定する基準となる価格で、毎年1月時点の地価の8割程度に設定されている。しかし、去年は1月以降に新型コロナの感染が拡大し、地価が大幅に下落。一方で路線価はそのままなため、実際の地価と乖離が出ていた。  路線価は地価の8割程度が目安。たとえば、去年1月の時点で地価が1000万円、路線価が800万円と評価された土地の場合、実際の地価が路線価の800万円を下回ると、税額が本来より高くなってしまう。このため、国税庁は納税者に不利益が生じないよう、路線価を引き下げる減額補正を決めた。  補正は大規模災害を除けば、制度が始まった1955年以来、初めて。  今回、路線価の補正の対象となったのは全国でミナミだけ。専門家はその理由について、外国人観光客をターゲットにしてきたことが関係していると分析する。 不動産鑑定士の山内正己さん「かなりインバウンドに依存したところで期待値も高まっていた。令和2年から渡航制限でインバウンド需要が消滅したというところで、ミナミ地域のホテル、飲食、観光、この辺がすべて売り上げが大きく下がってしまった。(コロナ収束による)回復が見込めないというところが大きく影響している のかなと」  新型コロナの感染拡大前は、外国人観光客を中心に多くの人でにぎわっていたミナミの街。今は、空き店舗が目立ってきている。道頓堀商店会は店を閉める事業者が相次いでいるという。 道頓堀商店会の北辻稔事務局長「全体で撤退した店が12店、今休業中が15店。100会員くらいいますから、もう25パーセントくらいの店がオープンしていないという、商店街も店がこんなにしまっている状態というのは初めてで」  道頓堀商店会では、この1年間で約100の事業者のうち、12店が撤退し15店が休業。4分の1の店が営業していない。 (Qこちらテナント募集と書いてあるが、ここの店も撤退?)「去年の秋に撤退したんです。大きな薬屋さん(ドラッグストア)でしたが、そのあと決まるかなと思ったけど、まだ決まっていないということですね」 (Qこれまでテナントいなくなって次が決まらないことは?)「(これまでは)撤退すると即、次の日から新しい店が入っている。こういうテナント募集という張り紙、僕は見たことないですね」

大阪 2021.01.26 19:39

コロナ直撃の関西で…ホテル1泊390円に

 新型コロナウイルスは、関西経済を直撃している。  東京商工リサーチは、去年1年間に休業・廃業した企業の数を発表。近畿2府4県は6734件で、調査開始以来、過去最多を記録した。業種別では、飲食業や宿泊業などのサービス業が最多だった。  関西を支えてきたインバウンドにも、回復の兆しは見えない。関西エアポートは去年の関空の旅客数を発表し、655万人と前の年から約8割減少。1994年の開港以来、最低となった。  そんな中、大阪のホテルでは生き残りをかけた取り組みが…。 JUNONホテル事業部の古川凛さん「感謝を込めて1泊390円、サンキュープランということで390円に」  通常1泊2000円の宿泊料金が一泊限定で、なんと390円に。先週から始めたこのプラン、ホテルのツイートをリツイートするのが条件で、すでに20人が利用したという。 利用客「本当に390円かなと、この辺りに泊まったことあるんですが、その中では一番良かった」  新世界に立地するこちらのホテルは、新型コロナの影響で外国人観光客がほぼゼロに。客室の稼働率は4割程にまで落ち込み、苦肉の策に出た。 JUNONホテル事業部の古川凛さん「赤字なんですけど、就活活動とか受験シーズンでもありますので、そのような方にご利用いただきたいと思います」  コロナ禍で苦境に立つ関西経済。春はいつになったら訪れるのだろうか。

大阪 2021.01.26 19:38

吉村知事 「約150の病床確保に目途」

 病床の確保が課題となっている大阪府。府内では、軽症と中等症患者の病床使用率が高止まりしていることから、200床の病床確保を目指し、民間病院を中心に要請を行ってきたが、吉村知事は26日、約150床の確保の目途がたったことを明らかにした。 吉村知事「入院する場所がなくて亡くなる方を一人でも減らしたい」  吉村知事は、民間病院に対して引き続き、協力を求めたいとしている。  一方、多くの病院で患者を受け入れられない状況も明らかになった。  約6000人の医師が加盟する「大阪府保険医協会」は26日、府内の病院を対象に行った調査結果を公表。  調査によると、大阪府から病床確保の要請通知を受けた府内40の民間病院のうち、要請に応じて受け入れ病床を登録したのは、わずか5つの病院にとどまっていることがわかった。 大阪府保険医協会の高本英司理事長「第1位は『病院の構造上の問題』ですね。間口がせまくて、感染者と非感染者を分けるゾーニングができない構造になっているというのが多かった。二番目は専門のスタッフがいない。いつわらざる民間病院の悩ましいところ」  依然厳しい状況が続く医療の現場。接種の準備が進むワクチンは局面を変える切り札となるだろうか。

大阪 2021.01.26 19:28

京都府 「パルスオキシメーター」貸し出し

 全国で相次ぐ自宅療養中の死亡例。これまでに自宅療養中の高齢者2人の死亡が判明している京都府は26日、臨時の会見を開き、新たな対策を発表した。 京都府の西脇隆俊知事「自宅療養者に対する支援ということで、健康管理という視点でパルスオキシメーターと体温計の貸し出しを」  京都府で自宅療養する患者は、24日時点で864人に増加。京都府は、すべての自宅療養者に容体悪化の目安となる血液中の酸素量を測定する「パルスオキシメーター」を貸し出すことを決めた。  また、希望者を対象に、食料や日用品の無償提供も始め、自宅療養者への支援を充実させるとしている。 西脇知事「自宅療養者の健康管理により万全を期していきたい」

京都 2021.01.26 19:27

さい銭箱から現金盗む 46歳男を逮捕

 神戸市北区の神社のさい銭箱から現金を盗んだとして、46歳の男が逮捕された。この神社では先月から、被害が相次いでいた。  今月4日の未明、神戸市北区の神社に設置された防犯カメラが捉えた映像。男がライトを照らしてさい銭箱の中を確認した後、いったん姿を消す。その4分後、戻ってきた男の手には細い木の棒のようなものが握られている。そして、1分足らずで器用に紙幣を取り出し、現場を立ち去った。  神社では、去年の末からさい銭泥棒の被害が相次いでいて、警察が警戒していたところ、26日午前2時ごろ、さい銭箱から同じ手口で現金1000円を盗む男を発見し、46歳の無職の男を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。  男は「複数回やった」と容疑を認めていて、警察は過去の被害についても関連を捜査している。

兵庫 2021.01.26 19:25

滋賀・母親殺害控訴審 娘に懲役10年判決

 滋賀県守山市で母親を殺害して遺体を切断し遺棄したとされる女の控訴審で、大阪高裁は26日、懲役15年とした一審の判決を破棄し、懲役10年の判決を言い渡した。  殺人などの罪に問われていた桐生のぞみ被告は、3年前、守山市の自宅で母親のしのぶさんを殺害し、切断した遺体を市内の河川敷などに遺棄したとされる。  一審の裁判員裁判で、桐生被告は殺害を否認していたが、大津地裁は殺害事実を認定し、懲役15年を言い渡していた。控訴審で、桐生被告は一転して「一審の判決を熟読し、心を動かされた」として、殺害についても自白した。  大阪高裁は、この日の判決で、桐生被告の自白の信用性を認め、「犯行の経緯と動機には酌むべき事情があり、殺害について自供し、反省を深めている」として、一審を破棄し、懲役10年判決を言い渡した。

滋賀 2021.01.26 19:24

わいせつ容疑の神職「どこか悪い所ないか」

 祈祷中にわいせつな行為をしたとして、逮捕された神職は「どこか悪いところはないか」などと言いながら、女性の体を触っていたことがわかった。  大阪市西区にある「サムハラ神社」禰宜の川端孝和容疑者(70)は、祈祷中に30代の女性2人の胸や尻にかぐら鈴を押し当てたり、素手で触ったりするわいせつな行為をした疑い。  川端容疑者は当時、拝殿で女性と2人きりだった事がわかっているが、その際、女性に対して「どこか悪いところはないか」などと言い、後ろを向かせるなど祈祷行為と信じ込ませて、胸などを触っていたとみられることが、警察への取材でわかった。  川端容疑者は「祈祷の一環だ」などと容疑を否認しているが、神社側は取材に対し、「祈祷中に体を触ることはありえない」と話していて、警察はほかにも被害者がいる可能性があるとみて、調べている。

大阪 2021.01.26 19:23

食料宅配配達員に不正登録 ベトナム人送検

 食料宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員に、他人名義の在留カードなどを使って登録したとして、ベトナム人の男が追送検された。外国人配達員の不正登録の立件は、全国初とみられる。  電磁的記録不正作出・同供用などの疑いで追送検された大阪市都島区に住むベトナム国籍の男(24)(入管難民法違反などの罪で公判中)は去年4月と8月、「ウーバーイーツ」の配達員に登録する際、他人名義の在留カードなどを使用した疑いがもたれている。  警察によると、男は3年前に技能実習生として来日し、岡山県の建設会社で働いていたが、半年後、低賃金などを理由に失踪していた。その後、SNSを通じて出会ったベトナム人ブローカーから、他人名義の在留カードなどを購入し、「ウーバーイーツ」に登録したという。  男は、調べに対し容疑を認め、「賃金のピンハネが無い、効率的に稼げる仕事をしたかった」などと話しているという。「ウーバーイーツ」の外国人配達員の不正登録が立件されたのは、全国初とみられる。

大阪 2021.01.26 17:01

大阪・ミナミの一部 初の路線価減額・補正

国税庁は新型コロナウイルスの影響で大阪・ミナミの一部地域の地価が大幅に下落したことを受け、相続税などの基準となる路線価を初めて減額し補正すると発表しました。 補正の対象は、大阪・ミナミの道頓堀1丁目など3つの地域の路線価で、4%「減額」されます。路線価は、相続税などを算定する基準となる土地の評価額で、去年1月時点の地価をもとに作られていますが、これらの地域では7月から9月のあいだ新型コロナの影響で外国人観光客が激減し、地価が大幅に下落したため、路線価が割高になっていました。 「減額補正」は大規模災害の後をのぞくと制度が始まった1955年以来、初めてで、国税庁は、確定申告の際補正した額で提出するよう呼びかけています。

大阪 2021.01.26 14:03

ひき逃げか 女性重体 大阪・岸和田市

 25日夜、大阪府岸和田市の住宅街で女性が倒れているのが見つかり、意識不明の重体。警察は、ひき逃げ事件とみて調べている。  現場は岸和田市上松町の住宅街で、午後8時半すぎ、「大きな音がして外に出てみたら女性が倒れていた」と近くの住人から119番通報があった。  救急隊員が駆け付けると、近くに住む大阪市職員の門林順子さん(58)が血を流して倒れていて、すぐに病院に運ばれたが、意識不明の重体。  警察は現場の状況などから、女性がひき逃げされたとみて目撃者や防犯カメラを確認するなど、詳しく調べている。

大阪 2021.01.26 12:01

高齢者施設職員にPCR検査 大阪・寝屋川

 大阪府寝屋川市は、高齢者施設での新型コロナウイルスの集団感染を防ぐため、来月から施設で働く職員を対象とした定期的なPCR検査を始める。  26日朝、寝屋川市の保健所には市内の高齢者施設の担当者が訪れ、PCR検査キットが手渡された。  検査は、来月から21施設の職員約800人を対象に、当面の間、2週間に一度のペースで実施する予定。  寝屋川市では、去年7月から高齢者施設での集団感染が4件起きている。 社会福祉法人・栄光会 寝屋川十字の園・山田和広理事長「我々もちょうど(職員がPCR検査を受ける)必要性を感じていた時期。 何が何でも命を守る為に役立つことあれば、対応していきたい」  費用は市が全額負担し、年度内の利用分約7千万円の予算を確保しているという。

大阪 2021.01.26 11:59

路線価「減額補正」 大阪・ミナミの一部

 国税庁は、新型コロナウイルスの影響で大阪・ミナミの一部地域の地価が大幅に下落したことを受け、相続税などの基準となる路線価を初めて減額し、補正すると発表した。  補正の対象は、大阪・ミナミの道頓堀1丁目など3つの地域の路線価で、4%「減額」される。  路線価は、相続税などを算定する基準となる土地の評価額で、去年1月時点の地価をもとにつくられているが、これらの地域では7月から9月の間、新型コロナウイルスの影響で外国人観光客が激減し、地価が大幅に下落したため、路線価が割高になっていた。  「減額補正」は大規模災害の後を除くと、制度が始まった1955年以来、初めてで、国税庁は確定申告の際、補正した額で提出するよう呼びかけている。

大阪 2021.01.26 11:56

大阪ガス 脱炭素社会実現へ

 大阪ガスは、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロとする、取り組みを発表した。  政府が2050年までの実現を目指す「脱炭素社会」に向け、大阪ガスが新たに開発した「メタネーション」とよばれる技術は、 水素と、温室効果ガスである二酸化炭素を使って都市ガスの原料を合成し、排出される二酸化炭素を実質ゼロにするというものだ。  大阪ガスは2030年をめどに、この技術の実用化を目指しているほか、電力事業における再生エネルギーの比率を50%まで高めるとしている。

大阪 2021.01.26 00:15

違法薬物 密売グループ摘発

 覚せい剤など違法薬物の密売グループが摘発され、25日、リーダーの男ら4人が逮捕・起訴された。  麻薬特例法違反の罪などで逮捕・起訴されたのは、薬物密売グループのリーダーとみられる原田耕司被告ら男女4人。近畿厚生局麻薬取締部によると、原田被告らは、おととし12月以降、大阪市内の複数の民泊を拠点にして、覚せい剤や大麻などの違法薬物を繰り返し密売したなどとされている。  SNSを通じて注文を受け、手渡しや宅配便で販売していて、客の男5人も逮捕・起訴された。少なくとも670万円を売り上げていたとみられ、麻薬取締部は、入手ルートなどを調べている。

大阪 2021.01.26 00:04

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース