近畿のニュース

兵庫県豊岡市 出石焼の風鈴作り

 兵庫県豊岡市では。出石焼の技法を いかした風鈴作りが最盛期をむかえている。  夏を前に風鈴作りが進められているのは、 兵庫県豊岡市にある出石焼の窯元。 江戸中期に伝わったとされる出石焼は、 花生けや、出石皿そばの器として使われ、 その技法を用いて、風鈴作りが行われてる。  出石焼独特の土を溶かした材料を型に流し込み、 素焼きをしたあと、職人が若鮎などの絵柄を手書き。 そのあと、およそ1300度の高温で 20時間ほど焼けば完成。  出石焼の風鈴は、高い音色が特徴で、 音の鳴るお土産として、人気が高いということだ。 風鈴作りは、7月上旬まで続けられる。

兵庫2020.05.31 01:03

神戸港のクルーズ船コンチェルト 運航再開

 先月から運休していた、神戸港を出発する観光クルーズ船「コンチェルト」は30日、運航を全面再開した。  出港前には、乗務員がテーブルやイスを消毒し、レストランやオープンデッキでは、テーブルの数を半分に減らして間隔を広げるなど、対策を行っていた。  西宮市から来た男女は「海の風に吹かれて、気持ちいいかなと思います。明石海峡大橋を見たい」と話し、同市からきた親子は「前から息子を乗せてあげたいと思っていたので」と喜んでいた。  同日の神戸は、最高気温が26、6度まで上がり、乗船客は初夏の陽気を楽しんでいた。

兵庫2020.05.30 17:46

1日に再開の城崎温泉 感染防止対策進める

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全ての旅館が休業している兵庫県の城崎温泉では、1日の営業再開を前に、準備が進められている。  30日朝、城崎温泉の旅館では、館内の消毒やカウンターにアクリル板を設置するなど、観光客を迎えるため、感染防止の対策が行われた。  城崎温泉では、先月27日から組合に加盟する75軒の旅館や、おみやげ物を扱う店などが休業しているが、1日から営業を再開する。  城崎温泉観光協会の高宮浩之会長は「やっと6月1日から城崎温泉でも、お客さんをお迎えできるということになりましたので、なんか今は…ほっとしたというか、嬉しいというか、そういう気持ちです」と語っていた。  観光協会は営業再開にあたり、PR動画を作成し、ホームページで公開するほか、フロントでの対面時間を減らすことなどをガイドラインで定めている。

兵庫2020.05.30 17:44

「ハッチョウトンボ」羽化 和歌山・古座川

 山から水が流れ込む湿地などでしか生息できない貴重なトンボ「ハッチョウトンボ」の羽化が、和歌山県古座川町で始まっている。  体の長さが2cmほどで、成熟すると、雄は鮮やかな赤色が、雌は黄色と黒色のまだら模様が現れる。  7月には、トンボが飛び交う様子を見ることができるが、地元の人によると、環境の悪化などで、数は年々減っているという。

和歌山2020.05.30 17:43

通天閣 1か月半ぶりに再開 感染防止策も

 新型コロナウイルスの影響で臨時休業していた大阪のシンボル・通天閣が30日、営業を再開した。  1か月半ぶりに営業を再開した通天閣では、感染防止のため、入口で体温を測るなどの対策が取られている。  ご利益があるとされるビリケンさんの足の裏には触れず「エアータッチ」するよう呼びかけられてもいる。  もし、感染者が出た際に登録者にメールで伝える大阪府の追跡システムも導入されていて、混雑状況によっては入場制限も行うという。  開場と同時に、早速、家族連れが展望台へのぼり、大阪の景色を眺めていた。  大阪在住という家族連れの母親は「この子が通天閣には来たい、来たいとずっと言うてたんです。けど(きょうから)開く、いうてるし、今やったら観光客もきてないし、行っとこかあ、いう感じで」と話していた。

大阪2020.05.30 11:46

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース