近畿のニュース

「副首都・大阪に」知事と市長が東京で会見

 大阪府の吉村知事と大阪市の松井市長は、23日東京で会見を開き、都構想の実現で大阪を日本の成長をけん引する「副首都」にしたいと主張した。  大阪都構想の是非を問う住民投票の実施が決定したことを受け、東京の日本記者クラブで会見した吉村知事と松井市長は、都構想の意義は「東京への一極集中を分散させることだ」と訴えた。  吉村知事は「日本全体の成長力を高めていくためには、日本に複数の成長する拠点都市が必要だ。我々大阪がまずは先導を切っていく、先陣を切っていく、というのが都構想であり、『副首都・大阪』を作り上げていく」、松井市長は「いま一体で成長戦略や経済戦略、都市経営できているこの状態を未来永劫継続させるために制度として担保させるのが都構想だ」と述べた。  2015年以来、2度目となる住民投票は、大阪市内の有権者を対象に来月12日に告示、11月1日に投開票が行われる。  賛成多数であれば大阪市は廃止され、4つの特別区になり、反対多数の場合、市は存続する。

大阪2020.09.23 19:05

ヘリで阪和道上空から取り締まり 大阪府警

 秋の全国交通安全運動に合わせ、大阪府警は23日、ヘリコプターを使った上空からの取り締まりを行った。  取り締まりでは、ヘリコプターが阪和自動車道の上空を飛行し、交通違反がないかを監視。地上で待つパトカーと無線で連携して、違反車両を取り締まった。  1時間半ほどの間で、速度違反をした車など合わせて7台が摘発されたという。  また、サービスエリアでは、利用客にエコバッグなどを配り、安全運転を行うよう呼びかけた。  府警は、9月末までの期間中、より監視を強化するとしている。

大阪2020.09.23 19:04

チュニジア国籍の男逮捕 料理店放火の疑い

 先月、大阪市中央区の飲食店に侵入し、放火したとして、チュニジア国籍の男が逮捕された。  逮捕されたのは大阪市中央区に住むチュニジア国籍のクレイ・アフマッド容疑者(32)。  アフマッド容疑者は先月24日、大阪市中央区にある沖縄料理店に侵入し、厨房などを燃やした疑いがもたれている。  警察の調べに対し、アフマッド容疑者は「放火なんかしていない」と容疑を否認している。  警察はレジ付近に物色された跡があることから、窃盗目的の可能性もあるとみて捜査を進めるとともに、今年6月に近くの空き家が燃えた火災についても関連を調べている。

大阪2020.09.23 19:03

スマホで税関申告 関空でも運用開始

 関西空港の帰国した際に通る税関検査場で、スマートフォンを使った税関申告の運用が23日から始まった。  23日、関西空港で公開された「電子申告ゲート」は、海外から入国する人が事前にスマートフォンの専用アプリで、携帯品などの情報を入力しておけば、表示されたQRコードとパスポートを端末にかざすと顔認証で税関検査場を通過できる仕組み。  職員が対面で検査する従来の方法と比べ、手続き時間の短縮が期待されている。  電子申告ゲートは、今年7月に全国5か所の空港ですでに運用が始まっているが、関西空港では新型コロナの影響で税関検査場を縮小していたため、23日からの運用になったという。  関空税関は「渡航者と職員の接触も減り、新型コロナ対策にもなるので積極的に利用してほしい」としている。

大阪2020.09.23 19:02

京都で民家火災 76歳女性死亡

 22日夜、京都市西京区の民家で火事があり、この家に住む高齢女性が死亡した。  火事があったのは、京都市西京区下津林佃にある木造2階建ての民家で、2階の約50平方メートルが焼けた。  この火事で、2階の寝室から住民の牧野登喜子さん(76)が心肺停止の状態で見つかり、病院に運ばれたが、その後、死亡が確認された。  牧野さんのいた寝室が激しく燃えていたといい、警察と消防が出火の原因を調べている。

京都2020.09.23 19:01

兵庫県 全国初“ボウガン規制条例案”提案

兵庫県は、ボウガンで4人が死傷した事件を受け、ボウガンを所有する人すべてに届け出を義務付ける全国で初めての条例案を県議会に提案しました。 条例案によりますと、県内でボウガンをすでに所有している人と新たに購入する人すべてに、住所や名前などの届け出を義務付けます。違反した場合、罰則として5万円以下の過料が科されます。 兵庫県ではことし6月、宝塚市で、ボウガンで撃たれ、3人が死亡、1人が大けがをする事件が起き、県は別の条例でまず、18歳未満への販売を禁止しましたが、今回、新たな条例案では、成人も含め年齢を問わずボウガンを所持する人すべてを届け出制とする全国で初めての規制が盛り込まれています。 採決は来月5日に行われます。

兵庫2020.09.23 14:04

ボウガン所有者に届け出義務 兵庫県条例案

 兵庫県は、ボウガンで4人が死傷した事件を受け、ボウガンを所有する人すべてに届け出を義務付ける全国で初めての条例案を県議会に提案した。  条例案によると、県内でボウガンをすでに所有している人と新たに購入する人すべてに住所や名前などの届け出を義務付ける。  違反した場合、罰則として5万円以下の過料が科される。  兵庫県では今年6月、宝塚市でボウガンで撃たれ、3人が死亡、1人が大けがをする事件が起き、県は別の条例でまず、18歳未満への販売を禁止したが、今回、新たな条例案では、成人も含め年齢を問わずボウガンを所持する人すべてを届け出制とする全国で初めての規制が盛り込まれている。  採決は 来月5日に行われる。

兵庫2020.09.23 12:12

ハロウィンジャンボ発売 大阪で特設会場も

 1等と前後賞を合わせて5億円が当たるハロウィンジャンボ宝くじが23日、全国で発売された。  大阪・梅田の特設会場でも、朝早くから宝くじを買い求める人の姿が見られた。  新型コロナウイルスの感染予防対策として、営業時間を午前9時から午後7時までに短縮したほか、窓口には消毒液が設置された。  ハロウィンジャンボ宝くじは来月20日まで販売され、抽選は来月27日に行われる。

大阪2020.09.23 12:10

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース