北陸のニュース

金沢市の高校で看護師が魅力伝える出前授業

地域の医療現場で働く看護師が仕事の魅力を伝える出前授業が27日、石川県金沢市内の高校で行われた。 県看護協会では毎年、高校での出前授業を行っていて、今年は、金沢錦丘高校で実施された。 授業では、講師の看護師が、コロナ禍での患者への接し方など対応の難しさを紹介。一方で「患者からの感謝の言葉が励みになった」という実体験を交え、看護の仕事の魅力を生徒たちに伝えた。 また、生徒たちは指先を意識した手洗いの仕方を教わるなど、医療現場での感染対策にも理解を深めていた。

石川 2021.07.28 20:18

石川県「まん延防止等重点措置」適用要請

約2か月ぶりに新型コロナ新規感染者数が3桁を超え119人となった石川県は、28日午後7時から対策本部会議を開き、国に対し「まん延防止等重点措置」適用を要請することを決定した。 県のモニタリング指標では病床使用率についてはステージ3、重症病床使用率はステージ1にとどまっているものの、新規感染者数と経路不明者数がステージ4の基準を大きく超えたため、ステージ4「感染拡大緊急事態」に移行し、「まん延防止等重点措置」の適用を要請することとした。 金沢市内の飲食店への時短要請について、当初8月15日までの要請だったが22日まで延長する。 さらに7月31日から8月22日までの期間は飲食店における終日酒類提供の自粛、カラオケ設備の利用自粛を要請する。 実施中のGOTOイートについては発行済みの食事券も31日からはテイクアウト・デリバリーに限定する。新規予約を停止している県民旅行割については既予約分についても事業を停止し、割引の対象外とする。 兼六園やいしかわ動物園、のとじま水族館、ふれあい昆虫館など県有施設は8月22日までの間、臨時休園・休館する。 また若年層へのワクチン接種の促進を図るため、大規模ワクチン接種センターの体制を拡充し、土日の予約枠を7レーンから10レーンに拡大し、一週間あたり7350人の接種を目指す。

石川 2021.07.28 19:54

県が「富山アラート」発出 新規感染21人

 県内では28日、新たに21人の感染が確認されました。  この状況を受けて県は、感染拡大防止に向けた県独自の警報、「富山アラート」を出しました。富山アラートは4回目です。  新たに感染が確認されたのは富山市、高岡市、黒部市などの10歳未満から60代までの男女21人です。  このうち1人が肺炎の症状がある中等症、それ以外は軽症または無症状です。1日に20人以上の感染確認はことし5月28日以来2か月ぶりです。21人のうち14人の感染経路が不明で市中感染が広がっている可能性があります。残る7人はすでに感染が判明した人の濃厚接触者で、うち5人は県外で感染確認された人の濃厚接触者でした。  また、これまでの感染者の中からインド由来のデルタ株と疑われるウイルスが新たに3人確認されました。これでデルタ株は、確定が4人、疑いが12人となりました。  県内の感染者は累計で2199人となりました。入院中は78人、このうち重症者は3人、入院調整中のため自宅などにいる人は14人です。  感染拡大の状況を受けて県は28日午後、対策会議を開きました。  新田知事は、直近1週間の新規感染者が前の週のおよそ3倍に急増していることなどから、このままでは、現在ステージ1である県独自の警戒レベルを引き上げ、外出自粛などの要請を行わざるを得なくなるとして、県独自の感染拡大警報「富山アラート」を出しました。  富山アラートはことし4月以来4回目です。

富山 2021.07.28 19:28

「ステージ1に踏みとどまろう」会見で知事

 28日の定例記者会見で新田知事は、富山アラートについて次のように述べました。  新田知事  「趣旨は、繰り返しますが、ステージ1に何とか踏みとどまりましょう。ステージ2に誰も行きたくない」  その上で、緊急事態宣言が出されている地域などへの移動の自粛を求めたほか、飲食は少人数でマスクをつけて行うなど感染対策の徹底を改めて呼びかけました。  さらに新田知事は高齢者へのワクチン接種が一定の効果を上げている一方で、若い人に感染対策を徹底してほしいと呼びかけました。  新田知事  「若い方には、特に無症状の方も多いわけでありますから、自分が感染していると気づかないうちに周りに感染を広げている、そんなことも十分に考えられるのです」  一方、石川県では28日、過去最多となる119人の感染が確認されました。このうち経路不明の感染者は75人で6割以上に上っています。

富山 2021.07.28 19:28

決勝は高岡商と高岡第一 高校野球富山大会

 2年ぶりの夏の甲子園をかけた富山大会28日、準決勝が行われました。  準決勝・第1試合は、高岡商業と富山商業の伝統の両商対決となりました。  高岡商業は初回、ランナーを3塁に置いて3番の堀内。  詰まりながらもライト前に落ちるタイムリーヒットで、高岡商業が1点を先制します。  その後は、高岡商業先発の川渕が10奪三振。  一方、富山商業先発の岩城も14奪三振と両エースが持ち味を発揮し、緊迫した投手戦となります。  試合は、9回に大事な追加点を奪った高岡商業が2対0で富山商業を下し、去年中止になった102回大会を挟んで4大会連続の決勝進出を決めました。  続く準決勝第2試合は高岡第一が9対1、7回コールドで砺波工業を破り、15大会ぶりの決勝進出です。  決勝戦は30日午前10時から、富山市民球場で行われる予定で、春の大会の決勝と同じカードとなる高岡商業と高岡第一が対戦します。  オリンピック、高校野球ともに熱戦が続きます。

富山 2021.07.28 19:06

原因物質は「下痢原生大腸菌」と推定

 富山市の小中学校や保育施設で先月、児童生徒などおよそ2000人が食中毒の症状を訴えた問題について、市は「原因物質は牛乳の高温殺菌の不備による下痢原生大腸菌と考えられる」と報告しました。  この菌が集団食中毒の原因となったのは、全国でも初めてとしています。  これは28日、冒頭を除いて非公開で行われた専門家会議で、出席した有識者14人に対し富山市保健所が報告しました。  会議後に保健所が行った説明によりますと、国立医薬品食品衛生研究所が検査した結果、食中毒の原因物質は、「下痢原生大腸菌」と推定されるとしました。  原因の1つとして、落雷の影響で牛乳を製造した内田乳業の殺菌機の温度感知機能が故障し、牛乳の高温殺菌ができていなかったことを挙げました。  今回検出された「下痢原生大腸菌」が集団食中毒の原因となったのは、全国で初めてとしています。  一方で保健所は、故障した機械の交換などの対策を行い、改めて検査したところ、牛乳に問題は見られず、安全性が担保されたとしました。  28日の会議で専門家から異論はなく、保健所は牛乳製造業者の内田乳業に対する営業禁止の処分を来月上旬に解除することを目指しています。

富山 2021.07.28 19:05

富山グラ元選手に執行猶予付き判決

 大麻の成分を含む液体を密輸入したなどの罪に問われた富山グラウジーズ元選手のソロモン・ザ・サード・リチャード被告に対し、富山地方裁判所は28日、懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を言い渡しました。  判決を受けたのは、バスケットボールBリーグの富山グラウジーズの元選手、ソロモン・ザ・サード・リチャード被告(29)です。  判決によりますとソロモン被告は、ことし4月、富山市内の自宅で大麻を含む液体を所持したほか、ことし2月には母国アメリカから大麻を密輸入したなどとされています。  28日の判決で細野高広裁判官は「大麻をポケットに隠して国内に持ち込むという手口は巧妙で、被告の刑事責任を軽視することはできない」としました。  その一方で、「被告は反省の態度を示していて、二度と日本に来ない意思を示している」などとして、懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を言い渡しました。

富山 2021.07.28 19:04

秋のダイヤ改正で城端線ワンマン化 JR西

 JR西日本は28日、ことし10月に実施するダイヤの見直しについて発表しました。富山県内では高岡市と南砺市を結ぶ城端線で 全ての列車がワンマン運行になります。  JR西日本によりますと、城端線は、平日朝夕のラッシュ時間帯で車掌が乗務する列車が上下合わせて14本、それ以外の時間帯で ワンマン運行している列車が28本ありますが、10月2日のダイヤ見直しにより、運行している全列車、上下合わせて42本をワンマン運行とし車掌の乗務を取り止めます。  JR西日本金沢支社は「コロナ禍による利用減少などを受け、運行の安全を確保することを大前提に乗務員の働き方を見直した。利用者に周知を図り混乱がないよう取り組みたい」としています。

富山 2021.07.28 19:03

小浜線・越美北線ダイヤ見直し発表 JR西

JR西日本は28日、秋のダイヤ見直しの内容を発表した。平日で小浜線が最大6本、越美北線が3本減便される。(7月28日) 小浜線は敦賀-小浜間で平日30本から24本へ6本の減便となる。また休日は28本から24本へ4本減便となる。小浜-東舞鶴間では平日と休日ともに26本から22本へ4本減便される。 越美北線は福井-越前大野間で18本から15本へ3本の減便となる。越前大野-九頭竜湖間は9本で変更はない。 JR西日本はいずれも乗客の少ない夜間や早朝の時間帯を中心とした見直しで、利用状況が回復すれば再び増便を検討するとしている。 ダイヤ改正は今年10月2日の予定。

福井 2021.07.28 18:45

インターハイ福井でも開幕 県内13競技

福井をメイン会場にした全国高等学校総合体育大会(インターハイ)は28日、福井市で陸上競技が始まった。同大会は8月24日までの日程で、県内ではサッカーやハンドボールなど13競技が開催される。(7月28日) 福井市の9.98スタジアムでは、400メートル走やハンマー投げなどの競技が行われ、選手たちが記録に挑戦した。 大会は感染対策のため無観客で開催され、試合前2週間以内にチーム内で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合や、3日以内に濃厚接触者が確認された場合は出場の辞退が求められる。 このルールによって、これまでに北陸高校男子を含むバスケットボールで3校、ソフトボールで1校の合わせて4校が出場を辞退している。 8月13日に越前市のサンドーム福井で総合開会式が開かれ、競技が本格化する。

福井 2021.07.28 18:35

東京オリンピック県勢選手の結果 28日

東京オリンピックは28日、県勢ではバドミントンの山口茜選手がベスト16入り、野球の吉田選手と栗原選手の侍ジャパンは初戦でサヨナラ勝ちを収めた。(7月28日) バドミントン女子シングルスの予選ラウンド2戦目に臨んだ山口選手はイギリスのカースティ・ギルモア選手と対戦。緩急を使った多彩な攻めで21対9で第1セットを取ると、落ち着いたプレーで第2セットも21対18で取り、ストレート勝ちした。山口選手は「試合自体はミスも多くて課題が残るものになったが、とりあえず決勝トーナメントに進めてよかった」と振り返った。29日から決勝トーナメントに臨む。 ともに福井市出身の吉田正尚選手と栗原陵矢選手がメンバー入りしている野球の侍ジャパンは1次リーグの初戦でドミニカと対戦。吉田選手は3番レフトで先発出場し、チーム最初のヒットを放った。試合はドミニカに先制され、2点差を追う9回裏。ランナー1・2塁で8番村上選手がタイムリー。さらにスクイズで同点に追いつくと、満塁のチャンスに2番坂本選手がセンターオーバーのサヨナラタイムリーを放ち、4対3でドミニカを破った。次は31日にメキシコと対戦する。 越前市出身でビーチバレー女子の村上めぐみ選手のペアは、1次リーグの最終戦で世界ランキング7位のスイスと対戦。村上選手の所属会社では社員が大型モニターで試合を観戦した。村上選手のスパイクやサービスエースが光って第1セットを先取。第2セットはスイスに奪われ、勝負の行方は最終第3セットへ。村上選手がライン際ギリギリのディープショットを決めるなど好プレーを見せたが、あと一歩及ばず惜しくも敗れた。対戦成績を1勝2敗とし、他のグループの試合結果によって決勝トーナメントに進むのか、敗者復活戦に回るのかが決まる。 池田町出身でフェンシング男子サーブルの徳南堅太選手は1チーム3人の選手が対戦相手を変えて試合をする団体1回戦のエジプト戦に途中出場。第4試合は6対5と善戦するが、第7試合は3対5とリードを許すなど点差を縮めることができず、32対45で敗退した。 ボート女子軽量級のダブルスカルでは、県スポーツ協会所属の冨田千愛選手のペアが準決勝2組に出場した。好スタートを切ったものの5位フィニッシュとなって決勝進出を逃し、29日の順位決定戦に回る。

福井 2021.07.28 18:33

県内17人新規感染 特別警報上回る水準に

福井県は28日、新型コロナウイルスに県内で新たに17人が感染したと発表した。感染拡大警報が出ている中、感染状況は一段階上の特別警報を上回る水準になっている。(7月28日) 新たに感染が確認されたのは、福井市と鯖江市それに越前市と敦賀市の10代から90代の男女合わせて16人と、これまでに感染が分かっている福井市の中学生の同居家族1人。 病床の占有率と直近1週間の感染者の累計はともに特別警報を上回る水準になっている。 新たに感染が分かった17人のうち10人が県外由来とみられる感染であることを踏まえ、杉本知事は臨時の記者会見を開いて、県境を越える移動にブレーキを強めるなど、感染予防の徹底を改めて呼び掛けた。

福井 2021.07.28 18:22

東京オリンピック 石川県出身選手ら活躍 バスケ女子やハンド女子の初勝利に貢献

連日、石川県関係の選手たちの活躍が見られている東京オリンピック。27日は女子のハンドボールやバスケットボールが初勝利を飾り、石川県勢が躍動した。 大会5日目の27日は、バスケットボール女子の日本代表が登場。強豪フランスを相手に七尾市出身の赤穂ひまわり選手がスターティングメンバーに名を連ねた。 地元・七尾市のコミュニティーセンターでは、かつて赤穂選手も入っていたミニバスケットボールクラブの児童たちがエールを送る。 先制を許した日本だったが前半2分過ぎ。赤穂選手が今大会のチーム初得点を挙げ、同点に追いついた。 終盤は一進一退の攻防となるも、接戦を制し、白星スタートとなった日本代表。赤穂選手は8得点9リバウンドの活躍を見せた。 次は30日、世界ランク1位のアメリカとの戦いに挑む。 一方、県勢6人が代表入りしたハンドボール女子。初戦オランダに敗れ黒星スタートとなった日本の2戦目の相手は欧州の強豪・モンテネグロ。 試合では北國銀行ハニービーの選手たちが躍動。田邉夕貴選手が連続でゴールを決めるなど県勢であわせて10得点を挙げ、予選リーグ初勝利を飾った。 ハンドボール女子の勝利は1976年モントリオールオリンピックのカナダ戦以来、実に45年ぶり。29日はアジアのライバル・韓国と対戦する。 また、能美市出身の平田しおり選手は混合エアライフル団体に出場したが、予選敗退となった。次は7月31日の女子ライフル3姿勢に出場する。

石川 2021.07.28 16:26

【石川県新型コロナ】新たに119人感染確認 75人が感染経路不明

石川県は28日、新型コロナウイルスについて新たに119人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は756件。陽性119人のうち、濃厚接触者・接触者は43人、感染経路不明は75人。 感染経路不明75人は陽性者の6割を超え、これまでで最多。 午後5時から知事らが出席して対策本部会議が開かれる。

石川 2021.07.28 14:19

東京五輪バド山口茜選手 連勝で決勝T進出

東京オリンピック・バドミントン女子シングルスは28日、武蔵野の森総合スポーツプラザで予選ラウンド2戦目が行われ、勝山市出身の山口茜選手はイギリスの選手を相手にストレート勝ちし、ベスト16となる決勝トーナメント進出を決めた。(7月28日) 山口選手はイギリスのカースティ・ギルモア選手から序盤に4連続ポイントを奪われたが、緩急を使った多彩な攻めで逆転し、21対9で第1セットを取った。第2セットは接戦になったが、最後まで落ち着いたプレーを見せ、21対18でギルモア選手を振り切り、初戦に続いてストレート勝ちを収めた。 2連勝の山口選手は29日から決勝トーナメントに臨む。

福井 2021.07.28 14:13

富山県 28日遅くまで大雨に注意・警戒を

 28日朝、宮城県に上陸し東北地方を横断中の台風8号による 湿った空気の影響で、県内は28日、雨の降りやすい状態が続きそうです。夜遅くにかけ大雨に注意・警戒してください。  台風に向かって流れ込む湿った空気の影響で、県内は朝から所々で雨が降りました。  29日午前6時までの24時間に予想される降水量は、県東部・西部とも多いところで80ミリです。  大気の状態が不安定なことから山間部を中心に雷を伴って激しく降る所がある見込みです。  また日中の最高気温は富山市、高岡市伏木とも30度まで上がる予想で、気象台は、こまめな水分補給など熱中症対策や、28日夜遅くにかけて、低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

富山 2021.07.28 12:27

夏休み 福祉の仕事を親子で体験

 富山市の介護施設で28日、福祉の仕事を親子で体験する教室が開かれ、夏休み中の子どもたちが介護現場の様子を学んでいます。  県社会福祉協議会が9年前から行っている教室にはことし、12人の親子が参加しました。  富山市の特別養護老人ホーム「しらいわ苑」では担当者が、高齢者の特徴を踏まえた介護の仕事内容を説明したり、体を釣り上げて車いすとベッドとを移動させる介護用具の使い方を実演しました。  このあと参加者は、車いすや介護レクリエーションの体験のほか、介護食の試食なども行います。  県社会福祉協議会は、体験を通じて高齢者や介護の仕事への理解を深めてほしいと話していて、来月5日にも体験教室を行う予定です。

富山 2021.07.28 12:25

女子ソフト金メダル 石川県からもエール ゆかりある選手らが勝利称える

27日、東京オリンピックのソフトボールの決勝で見事、金メダルに輝いた日本代表。27日夜、石川県金沢市内では代表選手にゆかりのある3人が日本の勝利を称えた。 27日夜、金沢市内でエールを送るのは金沢学院大学ソフトボール部の監督、コーチ、選手の3人だ。 藤本索子さんは北京オリンピックの金メダリスト、長谷部光咲さんは後藤希友選手と高校時代にバッテリーを組んだ同期だ。 金メダルが決まった瞬間、3人からは歓声があがっていた。歓喜の輪を見つめ、それぞれが世界の頂点に立った選手たちを労っていた。

石川 2021.07.28 12:23

「土用の丑の日」金沢市近江町市場に行列

28日は「土用の丑の日」だ。石川県金沢市の近江町市場では朝から「ウナギのかば焼き」を買い求める多くの客でにぎわった。 28日はウナギを食べると夏バテしないと言われている土用の丑の日。 金沢市の近江町市場にある店では熱い夏を乗り切ろうとウナギを買い求める客で長い列ができていた。 ことしは養殖用の稚魚が豊漁だったということで、こちらの店では、1匹あたりの価格は去年より500円ほど安くなっているという。

石川 2021.07.28 12:22

サカイオーベックスMBO実施 上場廃止へ

福井市の繊維メーカー・サカイオーベックスは27日、経営陣が参加する買収、いわゆるマネジメント・バイ・アウト(MBO)の一環として、サカイ繊維を買い付け者に1株3810円で公開買い付けを実施すると発表した。27日の取締役会で決めた。(7月27日) サカイ繊維は、サカイオーベックスの松木伸太郎社長が今年1月に設立した会社で、株主にも応募を勧める。公開買い付けによってスムーズな意志決定のもとで競争力を強化し、事業改革を進める狙いで、今後は生産力の高度化や戦略的な設備投資を進めるとしている。 なお、サカイ繊維によるMBOに伴ってサカイオーベックスは上場廃止となる予定で、95円を計画していた来年3月期の期末一括配当は見送られる。

福井 2021.07.27 18:50

27日 県内で新型コロナウイルス新たに7人確認

 県内では27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに7人確認されました。重症者は26日から1人減って3人となりました。  新たに感染が確認されたのは高岡市、魚津市、砺波市、黒部市、上市町の20代から50代の男女7人で肺炎の症状がある中等症が1人、残る6人は軽症です。  7人のうち2人はこれまでに判明していた感染者の濃厚接触者で残る5人は感染経路が分かっていません。  県内で入院している人は71人、このうち重症者はきのうから1人減って3人、入院調整中のため自宅などにいる人は6人です。  県内の感染者は累計で2178人となっています。

富山 2021.07.27 18:46

北京パラに雄山高校出身・川除大輝選手内定

 来年行われる北京パラリンピックの日本代表に、ノルディッククロスカントリースキーで雄山高校出身の川除大輝選手が内定しました。  川除選手は現在20歳。 雄山高校2年の時に平昌パラリンピックに初出場したほか2019年の世界選手権のクロスカントリー20キロクラシカル男子立位で金メダルを獲得するなど活躍しています。  川除選手は内定に対し 「内定選手の一員となったことを嬉しく思います。前回のパラリンピックよりよい結果を出し日本チームに貢献できるようこれからのトレーニングにより一層励んでいきます。」とコメントしています。

富山 2021.07.27 18:46

美浜3号機が営業運転再開 10月に定検へ

全国で初めて運転開始から40年を超えて再稼働した美浜原発3号機は27日、営業運転を再開した。テロ対策工事が期限までに終わらないことから今年10月23日に再び運転を停止し、定期検査に入る予定。(7月27日) 関西電力・美浜3号機は原子力規制庁の最終検査が終了し、午後5時に営業運転を再開させた。 福島第一原発事故の後に設けられた新たな規制基準のもとでは、原発の運転は原則40年に制限されているが、美浜3号機は国の原子力規制委員会の安全審査に合格したことから、全国で初めて40年を超えた運転が可能になった。 関西電力の森本孝社長は「安全性をたゆまず向上させていくとの強い意志と覚悟のもと、安全・安定運転の実績を一つひとつ積み重ねてまいる」とコメントしている。

福井 2021.07.27 18:35

東京五輪 射撃 石川県の平田しおり選手予選通過ならず

東京オリンピック、射撃の混合エアライフル1次予選が行われ、能美市出身の平田しおり選手が出場したが、予選通過はならなかった。25日に射撃のエアライフル10メートル個人で予選敗退となった平田しおり選手。27日は男女混合で出場するエアライフル団体に挑んだが結果は29組中26位で予選敗退となった。平田選手は今月31日の女子ライフル3姿勢の予選に出場することになっている。

石川 2021.07.27 18:23

【石川県・新型コロナ】直近一週間の感染者過去最多に 新たに72人が陽性 

石川県は27日、新型コロナウイルスについて、新規感染者が72人、新たなクラスターが2件確認されたと発表した。 石川県によると午前10時までに確認された677件の検査の結果、新たに72人の陽性が判明した。 内訳は、濃厚接触者・接触者が32人、感染経路不明者が31人。そのほかの9人は新たに発生が確認されたクラスター2件の関係者だった。 そのうち1件は県内の事業所で、職場内感染。基本的な感染対策は行っていたものの、食事休憩中などはマスクを外す場面もあったという。 もう1件は大学の運動部。運動中は常時マスクをしていたわけではないとみられている。 県内での新規クラスターは7月に入って累計で14件となった。 また、直近一週間の感染者累計は432人で過去最多となっている。

石川 2021.07.27 17:59

東京オリンピック県勢選手の結果 27日

大会5日目を迎えた東京オリンピックは27日、県勢4人が3つの競技に臨み、福井市出身の石立真悠子選手が出場したハンドボール女子は1976年のモントリオール大会以来、45年ぶりの勝利を挙げた。(7月27日) ハンドボール女子の日本代表は1次リーグでモンテネグロと対戦。石立選手は途中出場し、鋭いパスで貴重な1点をアシスト。日本が29対26で勝利してリーグ戦の成績を1勝1敗とした。29日に韓国と対戦する。 一方、ホッケー男子はともに越前町出身の三谷元騎選手と渡辺晃大選手が出場。1次リーグ2連敗中の日本はニュージーランドと対戦。第1クオーターの開始2分、山崎晃嗣選手のゴール近くのシュートで先制。その後2対2となり、第4クオーターに突入。ともに譲らず試合はそのまま引き分けに終わった。日本は1次リーグ2敗1分けとなり、28日にスペインと対戦する。 このほか、トライアスロン女子個人には県スポーツ協会所属の岸本新菜選手が出場。岸本選手は1.5キロのスイムを32位で通過したが、次のバイクで惜しくも途中棄権した。岸本選手は7月31日の混合リレーにも出場が予定されている。

福井 2021.07.27 17:55

コロナ感染インターハイ出場辞退 北陸高校

福井県は27日、新型コロナウイルスに県内で新たに13人が感染したと発表した。このうち2人は北陸高校の生徒で、学校は男子バスケットボール部のインターハイ出場の辞退を決めた。(7月27日) 新たに感染が分かったのは、福井市、あわら市、坂井市、越前市など6つの市の20代から60代の男女と、高校生2人と中学生1人の合わせて13人。 このうち1人は北陸高校のハンドボール部員で、同じ部活動の感染は15人となっている。また別の1人は新たに感染が分かった部員と同じ寮で暮らす生徒だということで、学校は校内の感染状況を踏まえて、男子バスケットボール部のインターハイ出場の辞退を決めた。大会は24日に開幕していた。 このほか、クラスターが発生している坂井市の飲食店関連で新たに1人の感染が分かり、累計は20人になった。 一方、インドで最初に確認されたデルタ株に新たに9人が感染していたことが分かり、県内での感染者の累計は10人になった。 県は県外由来の感染者が増えているとして、県外との往来を控えるほか、県外から帰省した家族がいる場合は家庭内でも食事をする際にマスクを着用するよう呼び掛けている。

福井 2021.07.27 17:54

一乗谷口と福井城址口 福井駅の東西口通称

2024年春の北陸新幹線福井開業に向けて福井市が募集していた福井駅の東西の出入口の「通称」の候補に、東口は「一乗谷口」、西口は「福井城址口」が選ばれた。今後JRなどに提案し、正式決定される。(7月27日) 新幹線開業を前に観光客に親しみやすい名前をつけてもらおうと、福井市が去年12月から今年1月にかけて募集し、国内外から東口に440点、西口に449点の応募があった。 都市計画や観光それに歴史など分野ごとの専門家でつくる委員会で審査が行われ、最優秀候補に東口は福井市の木村富至さん(68)が考えた「一乗谷口」が、西口は福井市の冨田恭平さん(27)の「福井城址口」が選ばれた。 市はJR西日本と鉄道・運輸機構に候補となった名称を提案することにしていて、2023年中に正式決定する。

福井 2021.07.27 16:25

東京オリンピック県勢選手の結果 26日

熱戦が続く東京オリンピックは26日夜、ビーチバレーとホッケー、それにバレーボールで県勢の選手3人が出場した。(7月27日) ビーチバレー女子1次リーグでは、越前市出身の村上めぐみ選手(オーイング所属)の日本ペアが第2戦でドイツと対戦した。初戦は対戦相手だったチェコの選手が新型コロナウイルスに感染して棄権し、不戦勝となったため、オリンピック最初の試合となった。身長165センチと小柄な村上選手は力強いスパイクやフェイントで得点を奪ったものの、セットカウント0対2のストレートで敗れた。第3戦は28日で、スイスと対戦する。 ホッケー女子1次リーグでは、越前町出身の野村香奈選手が出場し、格上のニュージーランド(世界ランキング6位)と対戦した。日本は第2クオーターで先制するが、その後、逆転を許し1対2で敗れて2連敗。野村選手は積極的にゴール前に攻め込んだが得点には絡めなかった。第3戦は28日で、オーストラリアと対戦する。 バレーボール男子予選リーグでは、日本がカナダと対戦。福井市出身の清水邦広選手の出場は少なかったものの、セットカウント3対1で逆転勝ちを収めた。開幕2連勝の日本は28日、イタリアと対戦する。

福井 2021.07.27 16:21

五輪女子バスケ 初得点は赤穂ひまわり選手 日本は白星スタート

東京五輪女子バスケットボールの予選ラウンドで日本がフランスに勝利し白星スタート。石川県七尾市出身の赤穂ひまわり選手が得点を決めるなど勝利に貢献した。予選ラウンドの初戦を迎えた女子バスケットボールの日本代表。強豪フランスを相手に石川県勢の赤穂選手がスターティングメンバーに名を連ねる。先制を許した日本だったがリバウンドからボールを奪うとゴール下の赤穂選手がパスを受け取りシュート。日本の今大会初得点は赤穂選手から生まれた。しかし高さを生かしたフランスの攻撃を前に2点差をつけられ前半を終了。そして後半の第3クォーター。フランスを4分間近く無得点に抑えて主導権を握ると、ここから立て続けにポイントをあげ逆転に成功。第4クオーターも一進一退の攻防となったが最後はファウルで得たフリースローを確実に決め、フランスを突き放し勝利を収めた。長身を生かし得点やリバウンドで勝利に貢献した赤穂選手。次戦は30日に世界ランク1位のアメリカとの戦いに挑む。

石川 2021.07.27 15:25

【石川県新型コロナ】新たに72人感染確認 新たなクラスターも2件確認

石川県は27日、新型コロナウイルスについて新たに72人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は677件。陽性72人のうち、クラスター関連は9人、濃厚接触者・接触者は32人、感染経路不明は31人。新たなクラスターが2件確認されている。

石川 2021.07.27 14:09

富山県内 27日夕方から土砂災害や低い土地の浸水に注意

 台風8号は、27日夜遅くから28日未明にかけて東北地方に上陸する見込みです。  富山県では27日昼過ぎから28日夜のはじめ頃にかけて雷を伴う大雨となる所がある見込みです。  台風8号は関東沖を北上し28日午前中に東北地方に上陸する見込みです。  北陸地方には28日にかけ、台風周辺の湿った空気が流れ込むとみられ、県内は27日昼過ぎから28日夜のはじめ頃にかけて、雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨が降り、道路が冠水するほどの激しい雨の降る所もある見込みです。  28日午前6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、東部60ミリ西部60ミリの見込みです。  台風の進路や勢力によっては降水量がさらに増え、警報級の大雨となる可能性もあります。  27日夕方から28日にかけて土砂災害、低い土地の浸水、そして河川の増水や氾濫に注意してください。

富山 2021.07.27 14:09

26日午後 神通川で女性の遺体見つかる

 26日午後、富山市の神通川で流されている女性が見つかり、その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。  警察が死因を調べています。  富山南警察署によりますと26日午後3時前に富山市須原の神通川左岸付近で道路工事をしていた作業員から、上流から人のようなものが流れてきたと警察に通報がありました。  見つかったのは、富山市に住む無職の79歳女性で、女性は、警察から連絡を受けた消防署員に川から引き上げられましたが意識はなく、搬送先の病院で死亡が確認されました。  女性は、うつ伏せの状態で流されていたということで、目立った外傷や衣服の乱れはなかったということです。  警察はプライバシー保護を理由に女性の氏名を明らかにしていません。27日以降司法解剖をして死因を調べるとしています。

富山 2021.07.27 12:59

東京五輪 重量挙げ八木かなえ選手 11位 金沢学院大OG

26日、ウエイトリフティング女子55キロ級に金沢学院大学出身の八木かなえ選手が登場。まずは頭の上まで一気に持ち上げるスナッチ。3回目で81キロに成功し、かなえスマイルを見せる。 続くジャークでは102キロに挑戦し、再び笑顔!このあと競技に臨む9人を残し、合計183キロでこの時点で2位につけたが、結果はフィリピンのディアス選手が優勝。 八木選手は11位で3度目のオリンピックを終えた。

石川 2021.07.27 09:39

高校野球石川大会 小松大谷36年ぶり優勝 2度目の甲子園出場

夏の甲子園出場をかけた高校野球石川大会は、26日、決勝が行われ、小松大谷が、36年ぶり2度目の優勝を果たした。 決勝のカードは6年ぶりに決勝に駒を進めた金沢と36年ぶりの聖地を目指す小松大谷との対戦。 試合は初回から動いた。小松大谷が、犠牲フライで幸先よく1点を先制すると…、さらに、相手の守備の乱れもあり、この回2点を挙げる。 続く2回、金沢もすぐさま反撃。8番能美のタイムリーで、1点を返す。しかし、その後は、小松大谷ペース。5回までに6点を奪い、試合を優位に進める。 点差を詰めたい金沢は、6回。3番の北戸。左中間スタンド上段に飛び込むソロホームランを放つ。さらに、2アウトながら3塁1塁とチャンスを広げるが、小松大谷のエース北方が、最少失点で切り抜け、金沢の追い上げムードを断ち切る。 そして7回。小松大谷は先頭の4番、奥野。レフトスタンド場外へと消えるソロホームラン。その後、さらに1点を追加し、ツーアウト2塁1塁で、打席には、1番僧野。右中間を真っ二つに破る2点タイムリースリーベースで、この回一挙に4点。 攻撃の手を緩めなかった小松大谷が金沢を突き放し、36年ぶり2度目の甲子園出場を決めた。夏の甲子園は8月9日に開幕する。

石川 2021.07.26 20:23

【石川県・新型コロナ】新たに79人が陽性 飲食店クラスター2件発生

石川県は26日、新型コロナウイルスについて、新規感染者が79人。また、新たなクラスターが2件確認されたと発表した。 石川県によると午前10時までに確認された404件の検査の結果、新たに79人の陽性が判明した。 内訳は、学校関係のクラスターが5人濃厚接触者・接触者が53人感染経路不明者が17人。そのほかの4人は新たに発生が確認された飲食店のクラスター、2件の関係者だった。 いずれも接待を伴う飲食店だが、そのうち1件の店について、県は、マスクあるいは検温、手指消毒、換気といった感染防止対策について、おろそかになっていたという風に聞いているとしている。 県内で感染の拡大が続く状況に感染症が専門の金沢大学の市村特任教授は「首都圏の緊急事態宣言解除に伴い多くの観光客が県内に入ってきたこと」を要因に挙げている。 また、25日までの4連休も多くの観光客が県内に訪れたことなどから、今後、さらなる感染拡大の恐れもあると指摘している。

石川 2021.07.26 20:19

石川県金沢市の飲食店 再び時短要請期間に 片町地区のPCR検査の結果は25人が陽性

石川県金沢市内の飲食店では26日から時短要請の期間がスタートした。片町を訪れると、飲食店では、営業時間の変更を知らせるチラシを貼るなど、準備が進められていた。 営業時間は午後9時まで酒類の提供は午後8時まで。なかには、8月15日までの期間中、休業することを決めた飲食店も。 一方、金沢市が7月14日から1週間、片町地区の接待を伴う飲食店従業員を対象に実施したPCR検査の結果が、26日に報告された。320店舗の790人が検査を受け、25人の陽性が確認されたという。 世代別では20代と30代が全体の7割を占めていて、市では若い世代を対象とする県の大規模接種センターでのワクチンの早期接種を呼びかけている。

石川 2021.07.26 20:17

千葉県の事故受け金沢市で通学路の合同点検 市立小学校全53校の通学路で実施

6月、千葉県八街市で下校中の児童5人が死傷した交通事故を受け、石川県金沢市教育委員会などは26日から金沢市内で通学路の緊急合同点検を始めた。 この緊急合同点検は、市教委のほか、学校、道路管理者、警察の担当者が参加し、金沢市立のすべての小学校53校の通学路で実施される。 初日は、まず、三馬小学校の通学路を参加者が見て回り、抜け道となっていて車のスピードが上がりやすい場所などを確認し、対策を協議した。 この点検は、8月10日まで行われ、今後、場所ごとに具体的な安全確保に向けた対策を進めていくという。

石川 2021.07.26 20:11

五輪スケボー 16歳の中山楓奈選手が銅メダル獲得

 26日行われた東京オリンピックのスケートボード競技・女子ストリートで、龍谷富山高校1年の中山楓奈選手が銅メダルを獲得しました。  中山楓奈選手は、富山市山田地域出身の16歳です。  スケートボードは、今回の東京オリンピックで初めて行われ、ストリートは、階段や手すりなどまちなかに似たコースで技を競います。  中山選手は、26日の競技で大技を次々に決め、初めてのオリンピックで銅メダルを獲得しました。オリンピックに出場した富山県勢としては過去最年少のメダリストです。  金メダルは、同じく日本の13歳、西矢椛選手でした。

富山 2021.07.26 19:13

新型コロナウイルス新規感染 県内は15人

 県内で新型コロナウイルスの感染者が、26日は新たに15人確認されました。感染者数が2けたとなるのは2日連続です。  新たに感染が分かったのは、富山市など県内6つの市と町、そして東京都に住む10歳未満から50代までの男女15人です。  このうち、黒部市の20代女性と50代男性は肺炎などの中等症で入院していて、このほか12人が軽症、1人が無症状となっています。  感染経路は7人が家庭内、2人が知人などから、2人が職場内、残る4人は感染経路が分かっていません。  また、富山市の50代男性は、今月15日から18日まで仕事で東京都と神奈川県を訪れていました。  射水市の40代男性は県外に住む知人の濃厚接触者です。  東京都の10歳未満の女の子は、今月23日までに発熱などの症状がありましたが、24日に家族と来県し、25日に感染が判明しました。  県内の感染者は累計で2171人で、入院中は68人、入院調整中のため自宅などにいる人は9人、重症者は前日から1人増えて4人です。

富山 2021.07.26 19:11

接種済みを証明する「ワクチンパスポート」申請受け付け開始

 新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことを公的に証明する、いわゆる「ワクチンパスポート」の申請受け付けが26日から始まりました。  ワクチンパスポートは、使用可能な国の入国審査で提示すれば、隔離やPCR検査の免除といった優遇措置が受けられます。  県内ほとんどの自治体で26日から申請が始まり、このうち富山市では、市の保健所で受け付けが始まりました。  交付を希望する人は、名前や渡航予定先を書いた申請書のほか、旅券の写し、ワクチンの接種券などを窓口に持参するか郵送で提出します。  このワクチンパスポートを使用できるのは、今月21日現在でイタリアやオーストリアなど5か国となっています。

富山 2021.07.26 19:06

パラリンピック西島「最後まで走りぬく」

東京パラリンピックの女子マラソン・視覚障害に出場する福井市の西島美保子選手(66)が26日、県庁に杉本知事を表敬訪問し「日本代表としての誇りと支えてくれた人への感謝の気持ちで最後まで走り抜きたい」と決意を示した。(7月26日) また、完走を第一目標に掲げ「前回リオ五輪では果たせなかったので完走が一番の目標。私の走りが少しでも皆さんの励みになれば」と話した。 東京パラリンピックの女子マラソン・視覚障害は9月5日に行われる。

福井 2021.07.26 18:55

新型コロナワクチン接種 上市町が中学生への優先接種開始

 新型コロナウイルスのワクチン接種について、上市町では26日から、夏休み期間を利用した中学生への優先接種が始まりました。  上市町は、町内の中学生を対象に優先枠を設けて接種を行うことにしていて、初日は事前に予約した24人が、かみいち総合病院で接種を受けました。  今回接種に使われているファイザー製のワクチンは、12歳から15歳の接種には原則保護者の同伴が必要です。 接種を受けた中学生 「思ったよりも全然痛くなかった。ばあちゃんなど家族にうつしたくないなと思って受けました」 「遠出する時とかも安心かなという気はします」  接種は8月2日までの8日間で、町内の中学生456人のうち104人が接種を受ける予定です。

富山 2021.07.26 18:54

今年度分の燃料取り出し完了 もんじゅ

日本原子力研究開発機構は25日、廃炉作業が進む敦賀市の高速増殖炉もんじゅで、今年度予定していた分の使用済み燃料の取り出しが終了したと発表した。(7月26日) もんじゅは廃炉作業の第1段階として、およそ5年をかけて、炉心にある使用済み燃料を、冷却材のナトリウムで満たされた炉外燃料貯蔵槽に移す計画で、ナトリウムを洗い落とした後、水で満たされた燃料プールで保管する。 原子力機構によると、今年度の燃料取り出しは5月から作業を始め、25日午後3時前、予定していた146体の使用済み燃料をすべてプールに移し終えた。 もんじゅ内にある燃料530体のうち406体が取り出しを終えたことになり、残る124体については2022年終わりまでに燃料プールに移す。

福井 2021.07.26 17:37

新たに18人感染 帰省後は家庭でマスクを

福井県は26日、新型コロナウイルスに県内で新たに18人が感染したと発表した。このうち5人は県外滞在歴があったことから、お盆などに県外から家族が帰省した際は、家庭内でもマスクの着用を徹底するよう呼び掛けている。(7月26日) 新たに感染したのは、福井市と坂井市それに神奈川県の10代から50代の男女合わせて18人。 このうち男女8人は、これまでに従業員らの感染が確認されていた坂井市の飲食店関連で、これでクラスターは19人になった。この中には坂井高校と丸岡高校の生徒3人が含まれていて、生徒と教員あわせて106人がPCR検査を受けている。 また、北陸高校のハンドボール部で新たに生徒5人の陽性が確認され、同じ部活の14人に感染が広がった。 県内の感染者の累計は1490人になり、84人が入院していて、重症者はいない。

福井 2021.07.26 17:24

金沢市で農業する女性たち こども園に野菜 食品ロス減らし有効活用を

石川県・金沢で農業に携わる女性たちが食品ロスを減らそうと、26日、規格外になった野菜を市内のこども食堂に贈った。 この取り組みは金沢で農業に携わる女性たちで構成されるグループ「金沢農女」が廃棄される野菜を減らし、有効活用を図ろうと始めたもの。 26日はメンバーが作ったものの、傷が入ったり、日焼けしたりして、市場に出荷できない11種類約200キロの野菜や花などを市内のこども食堂に寄贈した。 金沢農女では今年度中の秋と冬の2回にわたり旬の野菜を贈る予定だという。

石川 2021.07.26 12:53

金沢市の近江町市場に夏の風物詩「氷柱」 27日には台風8号上陸の恐れ

26日、石川県内は各地で気温が上がり、全ての観測地点で30℃を超えている。こうした中、金沢市の近江町市場では、夏の風物詩となっている氷柱が設置された。 石川県内は、高気圧に緩やかに覆われており、午前11時までの最高気温は、金沢で32.4℃、輪島で30.5℃など、全ての観測地点で30℃以上の真夏日となっている。 金沢市の近江町市場では、縦30センチ、長さ60センチ、重さ30キロの氷柱が設置された。 これは、近江町市場商店街振興組合が毎年行っているもので、日曜・祝日や市場が休みの日を除いて、13か所に設置され、8月いっぱいまで続けられる予定だ。 一方、気象庁によると、台風8号は、日本の東を北北西に進み、27日には上陸する恐れがある。 県内では、27日昼過ぎから28日にかけて雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るところがある見込みで、気象台では、27日から28日にかけて土砂災害や低い土地の浸水などに注意を呼び掛けている。

石川 2021.07.26 12:52

フェンシング青木千佳選手 1回戦で敗退

東京オリンピックのフェンシング女子サーブル個人で26日、南越前町出身の青木千佳選手(31)が1回戦に登場し、ウズベキスタンの選手に敗れ、初戦突破はならなかった。(7月26日) 午前9時過ぎ、リオオリンピックに続いて2大会連続出場の青木選手はウズベキスタン代表のザイナブ・ダイイベコワ選手(18)と対戦した。 幸先よく1点目を先取したが、その後は立て続けに点を奪われた。中盤で追い上げを見せたものの、9-15で敗れた。リオと同じく初戦での敗退となった。 青木選手は7月31日に女子サーブル団体に出場する予定。

福井 2021.07.26 12:40

氷見市の男性 KNB記者が無事を確認

 富山・岐阜県境にまたがる人形山で、24日から氷見市の58歳の男性と連絡が取れない状態になっていましたが、26日朝、取材していたKNBの記者が無事を確認しました。  東海孝信さん  「連絡だけ家内に入れてほしいんで」  KNB記者  「わかりました」  無事発見されたのは、氷見市窪の販売業 東海孝信さん(58)です。  南砺警察署によりますと、東海さんは24日午前7時ごろ登山のため自宅を出発しましたが、午後1時30分ごろ携帯電話で「道に迷った、いまから下山する」と家族に伝えた後、連絡が取れない状態になっていました。  取材のため登山口近くに入ったKNBの記者が26日午前6時30分すぎ、道に座り込んでいる東海さんを発見し、捜索に入っていた警察とも合流しました。  東海さんは腕や首にかすり傷を負いましたが無事でした。

富山 2021.07.26 11:44

漆の黒色に魅せられて…村田佳彦展

 黒い漆を使った作品で自然の美しさを表現する村田佳彦さんの個展が、南砺市で開かれています。  南砺市法林寺の福光美術館では、地元の若手作家を取り上げる展覧会の第一弾として漆作家、村田佳彦さんの作品30点余りを展示しています。  村田さんは、群馬県生まれの43歳で、金沢美術工芸大学を卒業後、金沢の工房で漆の技術を磨き、10数年前から南砺市で創作活動を続けています。  暮らしの中で出会う自然の美しさについて、物体の影に着目し、木を削りだして動物や水が流れるさまなどを表現し、黒の漆で仕上げて、伸びやかな印象を伝えています。村田佳彦さんの個展は、8月1日まで開かれています。

富山 2021.07.26 11:44

戦没者の遺族ら有志 平和への祈り捧げる 新型コロナの影響で県の戦没者慰霊式はことしも中止

戦没者の遺族ら有志が金沢市の野田山にある墓苑に集まり、平和への祈りを捧げた。 新型コロナの影響で県の戦没者慰霊式はことしも中止となった。 こうした中、金沢市の遺族会は慰霊を絶やしてはならないと有志で集まり、平和への祈りを捧げた。 終戦から76年。 戦争の語り部の高齢化が進むが遺族会では、平和の尊さを語り継ぎたいとしている。

石川 2021.07.25 18:56

北陸新幹線の確実な開業を 建設促進同盟会

北陸新幹線の整備促進に向けた総会が福井市内で開かれ、2023年度末までに敦賀までの確実な開業や敦賀・新大阪間を2023年初めには着工し早期に全線開通を目指すことなどを確認した。(7月25日) 北陸新幹線建設促進同盟会の総会は、25日に福井市の福井商工会議所で開かれ、杉本知事をはじめ国会議員や経済界の関係者など約120人が出席した。 総会で杉本達治知事は「昨年末に新幹線については大きな節目があった。工期が遅れる事業費が大変大きくなる。そういう危機を迎えたが、今のところは順調に工事も事業費も進んでいる。」とあいさつした。 総会では、2023年度末までに敦賀までの確実な開業や、敦賀・新大阪間を2023年初めには着工し、早期に全線開通を目指すことなどを確認した。

福井 2021.07.25 18:33

フェンシング見延3回戦敗退 地元では声援

東京オリンピックのフェンシング男子エペ個人で越前市出身の見延和靖選手(34)は、惜しくも3回戦で敗退し準々決勝進出を逃した。(7月25日) フェンシング男子エペでメダル獲得が期待された越前市出身の見延和靖選手(34)は2回戦を勝ち進み、3回戦で前回のリオ五輪金メダリストの韓国のパク・サンヨン選手と対戦した。 見延選手は、パク選手が飛び込んでくる速いフレッシュに苦しみ、たびたびポイントを奪われる試合展開に。 得意の足元を狙った攻撃もかわされるなど、3分3ピリオドで15点勝負の試合は、第2ピリオドで決着がつく6対15で敗れ、前回のリオ五輪のベスト8に及ばず悔しい敗退となった。 一方、見延選手の地元・越前市の南中山小学校ではパブリックビューイングが行われ、家族や地元の人など約160人が詰めかけて、熱い戦いにエールを送っていた。

福井 2021.07.25 18:28

新型コロナ 県内15人の新規感染確認

県と富山市は25日、新たに男女15人の新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表しました。 新たに感染が分かったのは富山市・高岡市・砺波市など7つの市や町の10歳未満から50代までの男女15人です。このうち、11人は感染経路は分かっていません。 また、感染者のうち、砺波市の男性4人は同じ職場に勤めています。この職場ではこのほか5人が濃厚接触者としてPCR検査を受けましたが、すでに全員の陰性が確認されています。 県内の感染者は累計で2156人で、入院中が59人、このうち重症はきのうから1人増えて3人となっています。また、入院調整中のため自宅などにいる人は8人です。 また、石川県では新たに72人の感染が確認されています。

富山 2021.07.25 17:55

東京五輪 富山県勢の活躍光る

東京オリンピック大会3日目の25日、県勢が各競技に出場し、それぞれ活躍を見せました。 このうち、モントリオールオリンピック以来45年ぶりの出場となるハンドボール女子には、高岡向陵高校出身の佐々木春乃選手が出場しました。開始1分。オリンピック初出場の佐々木が、日本最初の得点を決めます。さらに前半15分。 「佐々木ジャンプシュート決まった」 「いいですね、すばらしいシュートです」 佐々木は、初戦で2得点を挙げました。 しかし、日本は2019年の世界選手権のチャンピオン、オランダに21対32で敗れ、予選リーグは黒星スタートとなりました。 バドミントン男子シングルスでは、トナミ運輸所属の常山幹太選手が予選リーグ初戦に臨みました。常山は、初めてのオリンピックとは思わせない安定した試合運びで相手選手を寄せ付けず、ゲームカウント2対0のストレートで勝利しました。 水球男子の予選リーグ初戦には、富山市出身の稲場悠介選手が出場しました。稲場は、エースとしてチーム最初の得点を挙げるなど3得点を上げる活躍をしましたが、日本は13対15でアメリカに 惜しくも敗れました。

富山 2021.07.25 17:50

【石川県新型コロナ】ステージ4相当に

石川県は25日、新型コロナウイルスについて、新たに72人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は311件。陽性72人のうち、クラスター関連は2人、濃厚接触者・接触者は48人、感染経路不明は22人。 新規感染者が70人を超えるのは5月25日以来、2か月ぶり。 直近1週間の新規感染者数は330人となり、最も深刻なステージ4相当にあたる。約2か月ぶりとなる。 ほとんどが軽症もしくは無症状で、中等症は30代から40代の3人。

石川 2021.07.25 15:39

コロナ新たに27人感染 学校関連は9人増

新型コロナウイルスに、県内で10代から60代の男女27人の感染が新たにわかった。中学生と高校生が9人含まれているほか、県外との関連が疑われるケースが6系統あり、県は家族の帰省などを含め県外との行き来が本当に必要か判断するよう呼びかけている。(7月25日) 新たに感染が分かったのは、福井市・坂井市・あわら市・鯖江市・大野市、それに大阪府の10代から60代の男女、合わせて27人。 このうち7人は福井市内の高校の同じ部活動の生徒で、この高校関連の感染者はこれで9人となった。 また福井市内の中学校関連では、24日に258人の検査をして生徒2人の感染が新たに確認され、中学校関連は合わせて5人となった。 県では残りの中学校関係者、254人の検査を進めている。 このほか男女6人は飲食店の従業員と利用客らで、この店ではこれまでに合わせて10人のクラスターが発生している。 これで県内の感染者の累計は1472人で、68人が入院していて重症者はいない。 県では感染者の中で県外由来とみられる感染が6系統あるとして、家族の帰省など県をまたぐ移動は慎重に判断することや、飲食店では会話時のマスク着用を求めている。

福井 2021.07.25 15:20

東京五輪ハンドボール女子1次リーグ始まる 北國銀行ハニービーの選手らも出場

東京五輪のハンドボール女子は、1次リーグの初戦が始まり、北國銀行ハニービーの選手らが出場した。 ハニービーから選手6人が代表入りした日本。初戦の相手は、オランダ。 開始1分。ハニービーの角南選手のアシストで佐々木選手がシュート。オリンピック初得点を挙げる。 しかし、オランダの長身を生かした攻撃に苦しみ得点差を詰められない。 大山選手や田邉選手も得点を決め反撃するが結局21対32で敗れ、黒星スタートとなった。 次は、27日にモンテネグロと対戦する。

石川 2021.07.25 14:55

石川県 ほとんどの観測地点で真夏日を観測 台風8号は28日にかけて最接近する見込み

石川県は朝から気温が上がり、ほとんどの観測地点で30℃を超えている。 一方、大型の台風8号が本州に向かって進んでいる。 4連休最終日の県内は、高気圧に覆われ、晴れや曇りの天気となった。 午前11時までの最高気温は輪島で32.4℃、金沢で32.0℃などほとんどの観測地点で真夏日となった。 熱中症には十分注意が必要だ。一方、本州に向かって台風8号が接近している。 今後の進路だ。 気象庁によると大型の台風8号は27日に東日本から東北地方に上陸する恐れがあり、県内には28日にかけて最接近すると見られている。

石川 2021.07.25 12:11

東京五輪バドミントン男子ダブルス 園田・嘉村ペア初戦白星飾る

24日、東京オリンピックのバドミントン男子ダブルス予選リーグに、トナミ運輸所属の園田啓悟、嘉村健士ペアが登場し、初戦を白星で飾りました。 オリンピックのコートに初めて立った白のユニフォームの園田・嘉村ペアは、予選リーグの初戦でドイツのぺアと対戦しました。低い弾道のラリーで相手を崩し、主導権を握った園田・嘉村ペアは第1ゲームを先取します。 第2ゲームも鋭いショットで相手を圧倒し、2対0のストレート勝ちでオリンピック初戦を白星で飾りました。 メダル獲得へ好スタートを切った園田・嘉村ペアは、26日はアメリカ代表と対戦し、勝てば決勝トーナメント進出が決まります。

富山 2021.07.25 11:50

立山町の貯蔵施設から軽油5万6千リットル流出

立山町は24日、町内の軽油貯蔵施設から軽油推定5万6000リットルが流出したと発表しました。流出は収まっていて、消防は、人や環境への被害はないとしています。 立山町消防署によりますと、「用水路に油膜が浮いている」と住民から町に通報があり調べたところ、立山町芦峅寺の軽油貯蔵施設で地下の配管から軽油が漏れていることがわかりました。施設を管理する会社がタンクの元栓を閉めるなどして流出を止めていて、消防が地中に染み込み、用水に流れた油の回収を行っています。 消防は、人や環境への被害はないとしています。 配管には、小さな穴が2か所見つかっていて、消防は油漏れの原因を配管の老朽化とみています。

富山 2021.07.25 11:42

住民が一斉に「打ち水」でひんやり 福井市

県内は連日30度を超える真夏日や猛暑日が続く中、福井市内では24日の夜に地域の住民が一斉に道路へ水をまく「打ち水」のイベントが開かれた。(7月25日) 24日に「打ち水」のイベントが開かれたのは、福井市松本地区。 午後5時の号砲に合わせて、子どもからお年寄りが一斉に出て道路に水をまいた。 地区では、新型コロナウイルスの影響で2年連続中止となった地区の祭りに代わり住民同士が交流するきっかけにしてもらおうと、公民館の職員や住民らが企画した。 打ち水で水をまいた後は気温が2度ほど下がっていて、真夏日や猛暑日が連日続く地区内を心地よく冷やしていた。

福井 2021.07.25 11:25

ハンド女子・石立が五輪初得点も日本黒星

東京オリンピック・ハンドボール女子1次リーグで、日本は初戦でオランダと対戦し、福井市出身の石立真悠子選手(34)が初めてのオリンピックのコートに立ち、初得点も決めた。(7月25日) ハンドボール日本女子は45年ぶりのオリンピックで、初戦の相手は世界選手権女王のオランダ。 日本は、序盤から高さと上手さがあるオランダにリードを許す。 背番号81の福井市出身の石立真悠子選手は、前半途中から初めてオリンピックのコートに立つが、オランダの堅いディフェンスに阻まれ思うようにシュートが打てない。 10対18で折り返した後半、日本は攻撃のリズムが良くなり石立がシュートしオリンピック初得点を決める。 しかし点差は広げられ、日本は21対32でオランダに敗れ黒星スタートとなった。 日本の第2戦は今月27日で、モンテネグロと対戦する。

福井 2021.07.25 11:15

フェンシング佐藤3回戦敗退 バド山口快勝

23日に開幕した東京オリンピックは、24日に県勢6人が初戦に臨み、越前市出身でフェンシング女子エペ個人の佐藤希望選手は3回戦で敗れ、2大会連続の準々決勝進出はならなかった。(7月24日) 23日に開幕した東京オリンピックには、県勢として過去最多の11競技に17人が出場し、24日は6人が初戦に臨んだ。 このうちフェンシング女子エペ個人で出場した越前市出身の佐藤希望選手は、初戦となる2回戦で格上の韓国の選手に15対14で勝利した。 続く3回戦ではエストニアの選手と対戦したが、10対15で惜しくも敗れ、前回のリオデジャネイロオリンピックに続く2大会連続の準々決勝進出はならなかった。 地元の越前市の式部ふれあい館では、パブリックビューイングが開かれ、家族や地域の人が声援を送り、試合後は佐藤選手の健闘をたたえていた。 またバドミントン女子シングルスでは、勝山市出身の山口茜選手が予選リーグの初戦に登場し、パキスタン選手にストレートで勝利した。 このほかホッケー男子の一次リーグで日本はオーストラリアと対戦し、越前町出身の三谷元騎選手と渡辺晃大選手が出場したが3対5で惜しくも逆転負けした。 ボート軽量級ダブルスカル女子予選は、県スポーツ協会所属の冨田千愛選手のペアが出場し、2組3位となり25日の敗者復活戦に挑む。 バレーボール男子予選リーグで、福井市出身の中垣内祐一監督率いる日本はベネズエラと対戦し、3対0のストレートで勝利。 福井市出身の清水邦広選手が、オリンピック29年ぶりの勝利に貢献した。 一方、24日に行われる予定だったビーチバレー女子一次リーグで、越前市出身の村上めぐみ選手の試合は、対戦相手のチェコ選手が新型コロナウイルスの検査で陽性となり棄権し、村上選手と石井美樹選手のペアは不戦勝となった。

福井 2021.07.24 19:02

【石川県新型コロナ】新たに35人の陽性確認 うち25人が感染経路不明 約2か月半ぶりに最も深刻なステージ4相当に

石川県は24日、新型コロナウイルスについて、新たに35人の陽性が確認されたと発表した。 そのうち25人が感染経路が不明だ。 県によると24日午前10時までに確認された308件の検査の結果、35人の陽性が新たに判明した。 感染者の内訳は、濃厚接触者・接触者が10人、感染経路不明者が25人だ。 直近1週間の感染経路不明者の合計は145人となり、およそ2か月半ぶりに最も深刻なステージ4相当となった。

石川 2021.07.24 18:59

東京五輪水球女子 アメリカとの初戦に挑む 白山市出身の浦映月選手が得点するも一方的な展開に

東京五輪水球女子の日本代表がアメリカとの初戦に臨んだ。 試合は、白山市出身の浦映月選手が得点を決めたものの大差で敗れ、初戦を飾ることはできなかった。 試合は、第1ピリオド1点を追う展開で、白山市出身の浦映月選手が抜け出し、強烈なシュートを決め3対3の同点に追いつく。 試合には、同じく白山市出身の徳用万里奈選手も出場。 しかし、その後は一方的な展開となり、初戦を飾ることはできなかった。 日本は28日、中国との2戦目に臨む。

石川 2021.07.24 18:56

東京五輪の射撃・女子エアライフル平田しおり選手 決勝逃す このあと男女混合エアライフル団体と女子ライフル3姿勢に出場予定

東京五輪の射撃・女子エアライフルは、予選が行われ、石川県能美市出身の平田しおり選手が出場したが、決勝進出はならなかった。 初の五輪出場を果たした平田しおり選手。 決勝に進出するには上位8位以内に入る必要があるが、50人中34位で予選敗退となった。 平田選手は、このあと、27日に男女混合で出場するエアライフル団体と、31日の女子ライフル3姿勢の予選に出場することになっている。

石川 2021.07.24 18:54

夏の甲子園出場をかけた高校野球石川大会 決勝へ進んだのは

夏の甲子園出場をかけた高校野球石川大会は、準決勝を迎えた。 6年ぶりの聖地を狙う遊学館高校は、山本雅弘監督が、今大会を持って勇退することを発表している。 先制したのは、その遊学館だった。 初回、1アウト2塁から、3番森が、レフトへのタイムリーを放つ。 3回に小松大谷が逆転し、2点を追う遊学館の9回の攻撃。1アウト2塁で、キャプテンの新保。 1、2塁間を破る意地のタイムリーで1点差。 しかし、あと1点が届かず、3対4で遊学館高校、山本雅弘監督の夏が終わった。 準決勝第2試合は、金沢が10対9で航空石川を破り、26日の決勝に進んだ。

石川 2021.07.24 18:46

石川県金沢市の電力設備会社がイチゴのクラフトビール開発 川北町の農業法人と共同で

石川県金沢市の電力設備会社が川北町の会社と共同でクラフトビールを開発した。 金沢市の北菱電興は、事業の一環として白山市でイチゴを生産している。 しかし、生産される1割が、形など、見た目の影響で出荷できておらず、今回新たな活用法として誕生したのがクラフトビール。 川北町の農業法人「わくわく手作りファーム川北」と協力し、開発されたのが「イチゴクラフト」だ。 「イチゴクラフト」は7月20日から北陸3県のセブンイレブンで販売されている。

石川 2021.07.24 18:44

安全・安心の地域づくりへの取り組みを確認

7月の社会を明るくする運動の強調月間に合わせて福井市で推進大会が開かれ、コロナ禍の中でも安全で安心して暮らせる地域づくりに取り組んでいくことを確認した。(7月24日) 社会を明るくする福井市推進大会には、犯罪や非行を防ぎ、罪を犯した人たちの社会復帰を地域で支える更生保護活動に携わる人ら200人が参加した。 大会では、社会の機運を高めてほしいと菅首相からのメッセージが読み上げられ、「新型コロナウイルスとの闘いが続く中で、望まない孤独などを克服していくためには、救いの手を差し伸べるコミュニティの存在が大切」と強調していた。 また、犯罪や非行をした人たちの立ち直りをボランティアで支えてきた元保護司の2人に感謝状を贈った。 大会では、コロナ禍でも安全で安心して暮らせる地域づくりに向けて協力の輪をさらに広げることを確認した。

福井 2021.07.24 18:11

富山県で新たに3人感染確認 新型コロナ

 県は23日、新たに男性3人に新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。  新たに感染が分ったのは、砺波市の20代男性と高岡市の30代男性、それに富山市の40代男性です。  このうち砺波市と富山市の男性は感染経路不明で、高岡市の男性は今月21日に発表があった感染者の濃厚接触者です。  これで県内の感染者は累計で2141人となり、入院している人が52人、うち2人が重症者です。

富山 2021.07.24 18:00

水球女子 初戦に富山市出身稲場選手が先発

 水球女子も23日が初戦でした。  5チームの総当たりで予選リーグを行ないます。  日本は世界ランキング1位のアメリカとの対戦に、富山市出身の稲場朱里選手が先発出場しました。  オリンピック初出場の日本に対し、アメリカは東京で3大会連続の金メダルを狙う強豪です。  稲場選手は格上相手に得意の攻撃を仕掛けますが、屈強な体力を誇るアメリカの厳しいディフェンスの前に攻め込めず、この試合無得点でした。  日本は序盤で上げた3点以降得点をなかなか奪えず、第2ピリオド以降アメリカに点差をつけられ、一方的な展開に。  結局4対25で初戦を落としました。  水球女子日本代表の予選リーグ、第2戦は今月28日、中国と対戦します。

富山 2021.07.24 18:00

東京五輪 ホッケー男子初戦に県勢2人先発

 東京オリンピックはホッケー男子の予選リーグが23日から始まり、日本は、世界ランキング1位のオーストラリアとの初戦に石動高校出身の山下学選手と村田和麻選手の県勢2人が先発出場しました。  6チームの総当たりで予選リーグが行われるホッケー男子。  日本はオーストラリアとの初戦、石動高校出身で代表キャプテンを務める山下学選手と、村田和麻選手の2人が先発出場しました。  53年ぶりにオリンピックに出場した日本は、格上のオーストラリアに対し、果敢に攻め込みます。  1点リードを許した前半…。  村田選手が攻撃の起点となり、日本の同点ゴールを演出。  前半はリードで試合を折り返します。  しかし後半は実力で勝るオーストラリアに主導権を握られ、失点を許し、3対5で敗れました。  男子ホッケーはあすの第2戦、前回大会金メダルの強豪アルゼンチンと対戦します。

富山 2021.07.24 17:59

コロナ新たに5人 中学校関連では1人感染

県内で24日、新型コロナウイルスに新たに5人が感染し、県は連休期間中もマスクの着用など感染対策を緩めないよう呼び掛けている。(7月24日) 県によると新たに感染が分かったのは10代から50代までの男女、合わせて5人。 このうち福井市内の中学校関連では、新たに市内の高校の生徒1人の感染が分かり23日に感染が分かった生徒と同じ部活動に所属していたという。 県は部活動で接触のあった生徒や教職員、合わせて30人のPCR検査を進めている。 また、福井市の50代の男性会社員は、7月16日から17日にかけて、私用で石川県に滞在していたという。 これで県内の感染者の累計は1445人になり、入院している人は 5人減って44人で、重症患者はいない。 県は連休期間中もマスクの着用など、感染対策を緩めないよう呼び掛けている。

福井 2021.07.24 17:40

東京五輪開幕 旗手八村が日本選手団を先導

 東京オリンピックの開会式が23日夜、国立競技場で行われ、バスケットボール日本代表で奥田中学校出身の八村塁選手ら、旗手を先頭に日本選手団が入場行進しました。  205の国と地域が参加し、57年ぶりに日本で開かれる東京オリンピックの開会式は23日夜、国立競技場で無観客で行われました。  入場行進で開催国の日本は最後に登場し、旗手を務めた八村塁選手を先頭に、およそ150人の選手団が行進しました。  バスケットボールの馬場雄大選手や、水球の稲場悠介選手など県勢も笑顔で手を振っていました。  17日間にわたるスポーツの祭典には、富山から補欠も含め8競技に史上最多の14人が参加します。

富山 2021.07.24 12:20

80代夫婦の車が街灯の柱に衝突 夫が死亡

 23日、高岡市で85歳の女性が運転する軽乗用車が、信号待ちの車に接触後水銀灯の柱に衝突し、女性の車に乗っていた夫が24日未明、死亡しました。  高岡警察署によりますと、23日午前9時35分ごろ、高岡市戸出大清水の県道交差点で、北向きに走っていた軽乗用車が信号待ちの車に接触したあと、道路左側の水銀灯の柱に衝突しました。  この事故で、軽乗用車の助手席に乗っていた近くの無職、増田信一さん(88)が胸の骨を折り、病院で手当てを受けていましたが 24日午前1時すぎに死亡しました。  警察は軽乗用車を運転していた増田さんの妻(85)から話を聞いて事故の原因を調べています。

富山 2021.07.24 12:20

東京五輪開幕 開会式に松井秀喜さんが参加 24日射撃女子エアライフル出場の能美市出身・平田しおり選手は決勝進出ならず

東京五輪が開幕した。 開会式には、石川県関係の選手や元大リーガーの松井秀喜さんが参加し、開幕に花を添えた。 23日夜、1年の延期を経て開幕した東京五輪。 東京の国立競技場で行われた開会式では、205の国と地域、難民選手団が入場行進を行い、開催国・日本の選手団は最後に登場した。 県勢は、19選手のうち、バスケットボール女子の赤穂ひまわり選手や、水球女子の徳用万里奈選手、浦映月選手、ハンドボール女子の代表選手らあわせて9人が参加。 また、式のフィナーレを飾る聖火リレーには、元大リーガーの松井秀喜さんが登場し、聖火をつないだ。東京五輪は、およそ1万1000人の選手が参加し、8月8日まで開催される。 また、24日は射撃の女子エアライフル予選に、能美市出身の平田しおり選手が出場したが34位に終わり、上位8人による決勝進出とはならなかった。

石川 2021.07.24 12:14

石川県金沢市の魅力を再発見する「かなざわ・まち博」が開幕 1か月に渡り60講座 ことしはオンラインで学べる講座が充実

金沢の魅力を再発見するためのイベント「かなざわ・まち博」の開幕式が行われ、1か月に渡り金沢の文化などに触れる講座などが始まった。 「かなざわ・まち博」は、市民に金沢の魅力を再発見してもらおうというもので22年目を迎える。 開幕式では中川一成開催委員長が「金沢への愛着を深めてほしい」と挨拶した。 8月22日までの期間中、60の講座が開かれ、ことしは、新型コロナ対策として、自宅にいながらオンラインで学べる講座が充実している。 また、24日は、開幕式にあわせて、小中学生が金沢の街並みなどを描いた絵画コンクールの表彰式も行われた。

石川 2021.07.24 12:05

東京五輪 フェンシング佐藤に地元から声援

23日開幕した東京オリンピック。24日は6人の県勢選手が初戦に臨んでいる。(7月24日) 23日開幕した東京オリンピックには、県勢として過去最多の11競技に17人が出場している。 このうち24日は、フェンシング女子エペ個人で、越前市出身の佐藤希望選手が格上の韓国の選手と対戦、15対14で勝ち3回戦へ進んだ。 地元・越前市の式部ふれあい館ではパブリックビューイングが行われ、家族や地域の人が初戦突破を祈り声援を送った。 佐藤選手の長男・匠くんは「勝ったからうれしかった」と話したほか、佐藤選手の父・中野芳樹さんは「大勢の応援が控えていたので心臓がとまるかと思った。娘より私のほうが緊張した。勝ててよかった」と初戦突破にほっとした様子だった。 このほかバドミントン女子シングルスでは勝山市出身の山口茜選手が予選リーグの初戦でパキスタン選手にストレート勝ちした。

福井 2021.07.24 11:48

県内の景気概況は3期連続で「横ばい」に

日本銀行福井事務所は県内の景気概況について、判断を「一部に下押し圧力が続いているが、総じてみると持ち直している」とし、判断を3期連続の「横ばい」に据え置いた。(7月24日) 日本銀行福井事務所が年に4回発表している金融経済クォータリーによると、県内の景気概況は「一部に下押し圧力が続いているが、総じてみると持ち直している」とし、3期連続の「横ばい」に据え置いた。 個人消費や設備投資、それに雇用・所得などの項目で横ばいとなる中、住宅投資では新築住宅の着工戸数が下げ止まっていることから11期ぶりの上方修正となった。 要因として、コロナ禍で着工が大幅に減少していたことの反動や、北陸新幹線の開通で土地の価格が上昇する前に購入しようとする動きがあると見られる。 また先行きについては、感染症の収束に向けた動きが必要とし、ワクチンの接種が進めば下押し圧力の軽減が期待できると見通している。

福井 2021.07.24 09:46

富山県で新たに15人感染確認 新型コロナ

 県内では23日、新型コロナウイルスの感染者が県西部を中心に、新たに15人確認されました。  また、石川県では47人の感染が確認されていて、2桁の感染者数は16日連続です。  新たに感染が分かったのは、小矢部市、高岡市、射水市など、県西部の市を多く含む7つの市の10歳未満から40代の男女14人と、東京都の20代女性の合わせて15人です。  このうち13人については感染経路が分かっていません。  またほか2人は、知人や県外の感染者の濃厚接触者です。  東京都の20代女性は、18日に症状があり、19日に県内に入って、22日に感染が判明しました。  また、これまでの感染者の中からインド由来のデルタ株と疑われるウイルスが、新たに1人確認され、これで県内のデルタ株は、確認が4人、疑いが9人となりました。  県内の感染者は累計で2138人で、入院中が49人、うち重症者は1人減って2人で、入院調整中のため自宅などにいる人が2人です。  一方、石川県では23日、新たに47人の感染が確認されました。  富山県は、感染が増加している地域との往来は緊急事態宣言やまん延防止の措置の有無に関わらず慎重に判断するよう、呼び掛けています。

富山 2021.07.23 19:44

厳しい暑さ 7観測地点でことし最高更新

 23日の富山県内は、朝から強い日差しが照りつけて厳しい暑さとなりました。  また高岡市などでは23日夜も熱帯夜となる見込みで、引き続き熱中症に注意してください。  記者 「午前9時半の八重津浜です。朝から海水局客が訪れ賑わいを見せています。」  夏空が広がった23日の県内は、強い日差しが照りつけて気温が上がりました。 海水浴客(母親) 「暑いですね、海にはぴったりの日ですね。」 子ども 「泥だんご作ったりして遊びました」  日中の最高気温は富山市で32.8度、高岡市伏木で31.2度と、県内10の観測地点全てで真夏日となり、7か所でことし最高を記録しました。  またKNBのまとめでは、魚津市の88歳女性が自宅前で倒れて意識不明の重症となるなど、熱中症とみられる症状で6人が病院に運ばれました。  また2日連続で熱帯夜となっている高岡市伏木は、24日朝の予想最低気温が25度となっていて、23日夜も熱帯夜となりそうです。  こまめな水分補給を心がけるほか、エアコンを適切に使うなど、室内でも熱中症に十分注意してください。

富山 2021.07.23 19:44

笑いのプロからコミュニケーション力学ぶ

 笑いのプロからコミュニケーション力を学びます。上市町は、町の若者などを対象に、吉本興業のお笑い芸人によるセミナーを行いました。  このセミナー=「かみいちDeaiBar」は、若者同士の交流を活発にしようと上市町が初めて行ったものです。23日はお笑い芸人の横澤夏子さんがオンラインで参加し、参加者がコミュニケーションについて質問を交えながら学びました。  参加者  「人見知りってどうやったら直りますか」  横澤夏子さん  「人見知りを直したいってお考えになるという時点で、すごく素敵だと思います」  セミナーは今年度末までに6回実施されます。参加の対象は上市町に在住か、町の企業に勤める20歳から50歳までの男女で、申し込みは専用ホームページから受け付けています。

富山 2021.07.23 19:43

レスリング ポーランド代表 合宿地高岡入り

 東京オリンピックは、いよいよ23日夜開幕します。  レスリング競技に出場するポーランド代表選手団が、ホストタウンとなっている高岡市に到着し、事前合宿に入りました。  高岡市によりますと、ポーランドの選手団は18人で、うち選手は6人です。新型コロナウイルスの検査は、全員が陰性だったということで、23日午後、選手など12人が新高岡駅に到着し、事前合宿の対応にあたる市の職員が、国旗の手旗を振って出迎えました。残る6人は貸切バスで今月25日の早朝に高岡入りする予定です。  到着した選手たちは、「体がなまってしまうのが怖い」として、1時間ほどの軽い練習を行ったということです。  選手団は、24日から30日の日程で、竹平記念体育館で合宿に臨み、31日に新高岡駅から北陸新幹線で東京へ向かい、選手村に入るということです。  新型コロナウイルスの感染防止対策として国からのマニュアルに基づき、毎日、市販のキットによるPCR検査を行うほか、体育館と宿泊先のホテルを専用のバスで行き来し、それ以外の外出はしないことになっています。  レスリング競技は、来月1日から7日にかけて行われる予定です。

富山 2021.07.23 19:43

かつての北方領土 写真カラー化でリアルに

 戦前の北方領土での暮らしを捉えたモノクロ写真が、このほどカラー化されて、入善町で展示されています。  入善町のうるおい館で開かれている北方領土写真展には、千島歯舞諸島居住者連盟富山支部の提案でカラー化された写真39点が展示されています。  写真は、連盟の本部が全国から集めたもので、ラジオ体操をする子どもたちや小学校の運動会、缶詰工場で働く女性たちやクジラの解体作業など、当時の島の暮らしぶりがリアルに感じられます。  岩田弘子さん(多楽島の元住民) 「若い人にもこのカラー写真をみて、関心を持ってほしいです」  戦後、北方四島から富山県への引き揚げ者は1425人ですが、生存者は年々減少していて、記憶の伝承が課題となっています。  この写真展は、今月31日まで開かれています。

富山 2021.07.23 19:42

生き物調査で自然環境の大切さ学ぶ 小浜市

国の特別天然記念物・コウノトリの巣立ちが60年ぶりに確認された小浜市の国富地区で、夏休みの子ども達が生き物調査に参加し、自然環境の大切さを学んだ。(7月23日) 生き物調査には小浜市国富地区の園児と小学生、合わせて35人が参加した。 23日の小浜市は5日連続の猛暑日となり、子ども達は帽子をかぶってこまめに水分を補給するなど熱中症対策をして活動に取り組んでいた。 このうち小学生のグループは、農業用の水路で絶滅危惧種のアブラボテやナゴヤダルマガエルなど、およそ10種類の生き物を捕まえ特徴を観察した。 コウノトリはカエルやヘビ、魚など1日に500グラムのエサを食べるということで、児童たちは多種多様な生き物が生息できる環境を守る大切さを学んでいた。 主催した団体によると、親鳥の2羽は来年以降も国富地区をなわばりに巣を作る可能性が高く、コウノトリの定着には豊富なエサ場が必要だという。

福井 2021.07.23 19:28

4連休2日目 石川県の観光地 にぎわう 

4連休2日目を迎えた石川県内は、22日に続き、多くの人出が見られた。厳しい暑さも続くなか、プールや観光地など各地の様子を取材した。 高気圧に覆われ、朝から気温がぐんぐん上がった23日の石川県内。 長蛇の列ができた金沢市の健民海浜プールでは、新型コロナ対策として入場する際に検温を実施したり、入場人数を最大1500人に制限するなどの対応をとって営業している。 4連休2日目も厳しい暑さとなった県内。各地の最高気温は、志賀で33.3℃、金沢で33℃などと、すべての観測地点で30℃以上の真夏日となった。 こうしたなか、金沢市の兼六園では、日傘をさすなどして暑さ対策をとりながら園内を散策する人の姿が多く見られた。 管理事務所によると4連休初日となった22日の入園者は、営業を再開した6月14日以降、最も多い約5600人に。この前の土日と比べると1日あたりでは3倍の入園者だという。 そしてこの人出は、近江町市場でも。通路にはあふれんばかりの買い物客の姿が。感染対策を取りながら営業する店側は「新型コロナが怖いが、(客を)受け入れるのは1日も早いほうがありがたい」と話す。 ただ、26日からは金沢市内の飲食店を対象とした時短要請が始まることもあり、客足が戻る中でも近くの店からは「基本的には毎月赤字なので大変」という声が聞かれた。 県内で依然として続く新型コロナの影響。加えて、この週末はやはり厳しい暑さにも警戒が必要だ。 環境省と気象庁が発表する熱中症警戒アラートは23日は県内に出されなかったが、消防によると、県内では、午後5時までに8人が熱中症の疑いで搬送されたという。 24日も金沢で33℃、輪島でも31℃まで気温が上がる見込みで、気象台では引き続き熱中症への警戒を呼びかけている。

石川 2021.07.23 18:08

【新型コロナ石川県】新たに47人が陽性 感染経路不明者は20人

石川県は23日、新型コロナウイルスについて新たに47人が陽性と判明したと発表した。そのうち感染経路不明の人が20人となっている。 石川県によると、午前10時までに確認された523件の検査の結果、新たに47人の陽性が判明した。 内訳は濃厚接触者・接触者が27人、感染経路不明者が20人、クラスター関係はいなかった。 年代別では30代がもっとも多く13人、次いで10代、20代が10人だった。 また、症状別で見ると、中等症が3人、無症状が5人、残る39人は軽症となっている。 県内のコロナ専用病床は435床のうち104床が使用されていて、そのうち重症病床は1床となっている。

石川 2021.07.23 17:02

コロナ新たに6人感染 五輪は自宅で観戦を

県内で23日、新型コロナウイルスに新たに6人が感染し、県は東京五輪について、大人数で集まらずに自宅で観戦を楽しむよう呼びかけている。(7月23日) 県によると新たに感染が確認されたのは、福井市と坂井市、それに鯖江市の10代から50代の合わせて6人。 このうち22日に生徒2人の感染が確認された福井市内の中学校関連では、新たに生徒など2人が陽性と分かり23日から3日間かけて全校生徒と教職員、合わせて800人のPCR検査を進める。 これで県内の感染者の累計は1440人になり、入院している人は1人増えて49人で、重症患者はいない。 県はこの連休や盆休みで人の動きが活発になるとして、マスク着用などの感染予防の継続に加え、23日に開幕する東京五輪については、大人数で集まらずに自宅で観戦を楽しむよう呼びかけている。

福井 2021.07.23 15:54

花を照らす幻想的な光の世界 ゆりの里公園

坂井市のゆりの里公園でイルミネーションがリニューアルされ、幻想的な七色の光が福井の夜の新たなスポットとして注目を集めている。(7月23日) 足もとに水が流れ、吸い込まれるような七色の光が幻想的なトンネル。 坂井市春江町のゆりの里公園では、夜の公園を楽しんでもらおうとイルミネーションをリニューアルした。 このうち「あずまや」では、センサーが人の動きを感知し水の音と映像が映し出される体験型のプロジェクションマッピングが整備され、親子連れらが楽しんでいた。 イルミネーションは、毎週火曜日の休園日を除き日没から午後9時半まで毎日行われている。

福井 2021.07.23 14:01

暑さ続く石川県内 健民海浜プールにぎわう 入場制限で感染対策

23日も石川県内は晴れて気温が上がり、ほとんどの観測地点で30℃を超えている。こうした中、金沢市内のプールには祝日ということもあり、多くの人が訪れている。 高気圧に覆われ、朝から気温がぐんぐん上がった石川県内。金沢市の健民海浜プールでは、多くの人が訪れていた。 午前11時までの各地の最高気温は、金沢で33℃、志賀で32℃と、県内のほとんどの観測地点で30℃以上の真夏日となっている。 健民海浜プールでは、新型コロナ対策として、入場する際に検温を実施したり、入場人数を最大1500人に制限するなどの対応をとり、営業している。

石川 2021.07.23 12:08

石川県タクシー強奪事件 金銭目的の犯行か 男は逮捕時現金を所持

22日、石川県白山市の白峰地区でタクシーの運転手が乗客の男に襲われ、車両を奪われた事件で、逮捕された男は金銭目的で犯行に及んだ可能性があることが分かった。 この事件は22日、白山市白峰地区で、自称金沢市のアルバイト従業員の男(44)が乗っていたタクシーの運転手をカッターナイフで切りつけそのまま車両を奪ったとして、逮捕されたもの。 けがをしたタクシーの運転手の男性は、命に別条はなかったが、あごや首などに複数、切りつけられた傷があったという。 警察は詳しい動機などついて調べているが、捜査関係者によると、男は逮捕された際、現金を所持していた。 警察では、タクシーにあった現金を奪った可能性があるとして、金銭目的での犯行も視野に捜査を進めている。

石川 2021.07.23 12:07

県内厳しい暑さ続く 熱中症に十分注意を

 県内は23日朝から強い日差しが照りつけて、厳しい暑さとなっています。熱中症に十分注意してください。  夏空が広がった23日の県内、強い日差しが照りつけ気温が上がっています。  富山市の八重津浜海水浴場では、朝から海水浴を楽しむ人の姿がみられました。 海水浴客 「暑いですね 海にはぴったりの日ですね」 海水浴客 「泥だんご作ったりして遊びました」  23日の日中の最高気温は富山市で33度、高岡市伏木で32度と、ともに真夏日が予想され、22日と同じくらいか高く、厳しい暑さが続きそうです。  できるだけ暑さを避け、こまめな水分補給を心がけるほか、エアコンを適切に使うなど室内でも熱中症に十分注意してください。  ただ県内は午後、大気の状態が不安定となって、山間部を中心に雨や雷雨となり、激しく降るところがありそうです。

富山 2021.07.23 11:45

親子でつむぐ絵画展

 朝日町で22日から、地元ゆかりの画家、向井康子さんの特別展が始まりました。  この特別展は、朝日町のふるさと美術館が開館30周年を記念して開いたものです。  向井康子さんは86歳。朝日町出身の絵本作家、井口文秀さんの長女で画家として活動しています。  特別展には、向井さんがおよそ20年間に渡り描いてきた海外の風景画やスケッチ、それに父・文秀さんが手掛けた絵本関連の作品など300点以上が展示されています。  中には、様々な作者のエッセイに添えた挿絵や、父と合作した絵本の作品もあって、繊細かつ鮮やかな作風に触れることができます。  この特別展は、9月20日まで開かれています。

富山 2021.07.23 11:45

防犯カメラに映っていたのは…クマ?

 21日夜、滑川市の郊外で動物が歩いているのが工場の敷地内にある防犯カメラに映っていました。警察は、映っていたのは成獣のクマだと発表しましたが、映像では小動物のようにも見え、その前後に、周辺でのクマの目撃情報はないということです。  こちらが21日午後8時すぎ、滑川市有金の工場の防犯カメラに映っていた映像です。そこには、目を光らせた動物が歩いている姿。  現場は国道8号線近くの上市川沿いで、近くには住宅地が広がっています。  こちらが、防犯カメラが設置されている現場です。カメラの前にはフェンスがあり、動物は、画面の矢印の方向に歩いていました。  警察や市によりますと、動物はフェンスの向こう側の地面を歩いていたとみて、22日の日中、同じと考えられる場所に人が立って映像と大きさを見比べ、映っていたのは体長1メートルを超える成獣のクマと判断し、注意を呼びかけました。  しかし、防犯カメラの映像をもう一度よく見てみると…フェンスの上を器用に歩いているように見えます。  さらに、別の角度のカメラでは長いしっぽがあるタヌキのような動物にも見え、その後、フェンスから屋根に飛び移って姿を消しました。  真相は果たして…  Qここら辺でクマが出たと聞いたことは  近所の住民  「いや、初耳です」  クマの生態に詳しい専門家にKNBが映像を見てもらったところ、額から鼻にかけて白い線が見えることや尾が長く体も小さく見えること、フェンスの上を器用に歩いている様子からハクビシンの可能性が高いということです。  その後、警察や市が周辺をパトロールしましたが、今のところクマの目撃情報はありません。  クマが平野部に出没する際は、川沿いに降りてくることが多いのですが、今回の映像は果たしてどうなのでしょうか?  ただ県内では近年、クマの平野部への出没が増えています。想定外の事態とならないよう警戒は怠らないようにしたいですね。

富山 2021.07.22 20:10

龍馬と福井藩との縁 福井市と高知市が協定

幕末の志士・坂本龍馬と福井藩との縁で、福井市と高知市が21日、パートナーシップ協定を結び、共同で観光プロモーションを展開する。(7月22日) 福井市が坂本龍馬の生誕の地、高知市と結んだのは「観光プロモーション・パートナーシップ協定」。 福井市郷土歴史博物館で行われた締結式には、東村新一市長と高知市の岡崎誠也市長らが出席し、観光面で連携を強めていくことを確認した。 坂本龍馬はかつて勝海舟の命で海軍操練所の建設資金の援助を福井藩に求めていて、福井藩主の松平春嶽が大金を融通した逸話が残っている。 協定によって今後は龍馬ゆかりの地として、共同の観光PRに取り組む。 なお、福井市郷土歴史博物館は龍馬と福井藩の絆に迫る特別展を8月26日まで開催し、龍馬直筆の書簡などおよそ40点を展示している。

福井 2021.07.22 19:08

路地スイカ出荷最盛期 連日の暑さで需要増

暑さに食べたくなるのがスイカ。坂井北部丘陵地などで露地ものの出荷が最盛期を迎え、甘み十分に育っている。(7月22日) 「夏の天使」のブランド名で親しまれている坂井北部丘陵地と三里浜砂丘地特産のスイカ。 あわら市のJAフルーツセンターでは22日も、生産農家が収穫した露地ものをトラックで次々と運び込んでいた。 担当者はベルトコンベヤーで、流れて来るスイカの表面を軽くたたき中身が詰まっているかどうかをチェックして箱に入れていた。 出荷は今がピーク。 22日は1日で約4000個が県内をはじめ関西方面の市場に出荷された。 今年も甘み十分でおいしく育った露地スイカ。 「夏の天使」は連日の厳しい暑さで需要が高まっていて、出荷は7月いっぱい続く。

福井 2021.07.22 18:59

朝倉氏遺跡に彩り 期間限定の風鈴と和傘

小浜市で4日連続の猛暑日となるなど、22日の県内も気温が上がる中、福井市の一乗谷朝倉氏遺跡では観光客が日傘をさして竹のベンチに座り水分補給をしていた。(7月22日) 22日の県内は4日連続で熱中症警戒アラートが発表される中、気温が上がり、小浜で35.4度と4日連続の猛暑日になった。 また福井で33.9度、南越前町今庄で33.7度などと小浜以外のすべての観測地点でも真夏日を観測した。 厳しい暑さの中、一乗谷朝倉氏遺跡の復原町並みでは、観光客が日傘をさして竹製のベンチに座り、水分を補給しながら休憩していた。 ここでは300個の風鈴とカラフルな15本の和傘が飾られていて、観光地に彩りを生み出している。 観光客は「すごくきれいで、音も涼やかでいい」や、「カラフルで音もきれいで華やか。インスタグラムはしていないが写真を撮った」と話していた。 涼しげな音色を奏でる風鈴と、さまざまな模様のカラフルな和傘が楽しめる朝倉サマーイベントは9月末まで開かれている。 県内は23日以降も真夏日の予想で、熱中症に十分な警戒が必要。

福井 2021.07.22 18:58

福井市へ感謝の横断幕 スロベニア選手団

東京五輪に向け、福井市で合宿をしたスロベニア代表の選手たちから市に横断幕が届き、感謝の気持ちが込められている。(7月22日) 東京五輪スロベニア代表の競泳や男子バスケットボールの選手たちから福井市に贈られたのは、横断幕とサイン入りのバスケットボール。 選手達は7月11日から市内で合宿をしていたが、感染予防で市民との交流ができず、プレゼントには施設の充実や支援に対する感謝の気持ちが込められている。 福井市では横断幕とサインボールを公開する予定。 現在、市内では新体操の選手が合宿をしているほか、来月にはパラリンピックの選手たちもキャンプインする。

福井 2021.07.22 18:58

富山県内新規感染判明は12人

 富山県内では22日、新型コロナウイルスの感染者が県西部を中心に新たに12人確認されました。一方、石川県では62人の感染が確認され、2日連続で60人を上回っています。  富山県内で新たに感染が分かったのは、射水、富山、砺波、高岡、南砺の5つの市の10歳未満から60代までの男女11人と、千葉県の50代男性の合わせて12人です。  考えられる感染経路は、家庭内での感染が6人、知人からが1人、県外での感染が1人、感染経路が分かっていないのは3人です。  千葉県の男性は、今月18日に発症していましたが、21日に仕事で来県し、感染が確認されました。  また、これまでの感染者の中からインド由来のデルタ株と疑われるウイルスが新たに3人確認され、これで県内のデルタ株は、確認が4人、疑いが8人となりました。  県内の感染者は累計で2123人で、入院中が44人、うち重症者は2人増えて3人で、入院調整中のため自宅などにいる人が6人です。  一方、石川県では22日に新たに62人の感染が確認されました。60人を上回るのは2日連続で、感染が広がっています。  富山県は、県西部で感染が広がっていることも踏まえ、石川県の往来に気を付けるよう呼び掛けています。

富山 2021.07.22 18:57

連休初日に厳しい暑さ プールに歓声響く

 海の日の22日、県内は青空が広がり暑さが続きました。魚津市のミラージュランドではプールが営業を開始し、水辺で暑さをしのごうと多くの家族連れなどが訪れました。  「連休初日のきょう、こちらのプールには子どもたちの笑顔が戻ってきました」  ミラージュランドのプールには、午前10時の開園から多くの人が訪れました。コロナ禍で迎えた2度目の夏。ミラージュプールでは入園時の検温や更衣室の換気などを行い、利用者は1日1600人までとしています。  それでも、子どもたちには待ちに待ったプール開き。スライダーで水しぶきを高く上げて楽しんでいました。  プールに来た人  「冷たい」  「楽しい」  「暑くてプール日和ですね。張り切ってきました」  22日の最高気温は、富山空港で33.7度、富山市で32.5度など県内10の観測地点すべてで30度以上の真夏日に、また、南砺市高宮など4地点でことし最も高くなりました。  KNBのまとめでは県内で午後4時30分までに8人が、熱中症とみられる症状で病院に運ばれました。  暑さは23日以降も続く見込みで熱中症に十分気をつけてください。

富山 2021.07.22 18:57

次世代型電動車いす 取り扱い開始

 免許を返納した高齢者などの近距離の移動手段として、富山県内の自動車ディーラーが次世代型電動車いすの販売を22日から始めました。  「こちらの近距離モビリティWHILLは、前後左右、片手一つで操作できるんです。さらに、その場で旋回することができるので室内でも小回りが利いて自由に動くことができます」  ホンダ自販タナカが販売を始めた次世代型電動車いすは、デザインと機能を両立し、近所へのお出かけなどに利用できます。  22日の発表会では、社員らが実際に走らせて、操作方法などを説明しました。最高速度は時速6キロ、5時間の充電で最大18キロの走行が可能です。また、5センチの段差を乗り越えることもできます。  ホンダ自販タナカの浅生忠和社長は、免許を返納した人をはじめ、足の衰えなどで歩行に不安を抱える人なども活用してほしいと話しています。  ホンダ自販タナカ 浅生忠和社長  「ラストワンマイルと呼ばれる、富山市の中心から4キロまでの範囲のところが意外と道が狭くて車が多いので、ドライバーの電動車いすを受け入れるような互いの助け合いの気持ちも大事だと思う」  ホンダ自販タナカは県内5店舗で販売し、来月にはレンタルも検討したいとしています。

富山 2021.07.22 18:56

富山市 ドラマ撮影で4日間の交通規制

 富山市の城址大通りなどでドラマ撮影のために22日から4日間、大規模な交通規制が行われます。市は見学はできないとしていて協力を呼び掛けています。  「富山市の街なか、目抜き通りにバリケードがしかれ、交通規制の規模の大きさを実感します」  この規制は車を使った撮影の安全性を確保するためで、城址大通りや松川べりの道路が対象となります。  期間は22日から今月25日までの4日間、午前6時から午後6時までで、車や歩行者は迂回が必要です。城址公園の駐車場や市役所の展望台は利用することはできません。  富山地方鉄道は、路線バスや高速バスについて一部の区間を変更したり臨時のバス停を設置したりして運行しています。  市は安全性の確保や密の回避のため撮影を見に行かないよう協力を呼びかけています。

富山 2021.07.22 18:56

石川県で運転手襲いタクシー奪って男が逃走 警察が発見し緊急逮捕

22日午前、石川県白山市の白峰地区でタクシーの運転手が乗客の男に襲われ、車両を奪われる事件が発生した。警察はその後、逃げた男を見つけ、強盗致傷の容疑で緊急逮捕した。 事件があったのは白山市の白峰地区で、22日午前9時頃、70代のタクシー運転手の男性が乗客の男に襲われた。 男は持っていたカッターナイフで運転手のあご付近を切りつけ、そのまま車両を奪い逃走。運転手の男性は病院に救急搬送されたが、命に別条はないという。 被害に遭った運転手の所属するタクシー会社や警察によると、男は午前7時45分ごろ、金沢市の香林坊からタクシーに乗車。そして、およそ50キロ以上離れた白山市の白峰地区に入ったところで運転手を襲い、タクシーを奪ったという。 その後、3~4キロ離れた場所で奪われたタクシーが見つかり、警察が近くを捜索したところ、草むらに隠れていた男を発見した。 警察は強盗致傷の疑いで自称金沢市北安江のアルバイト従業員の男(44)を緊急逮捕した。 男は警察の調べに対し「けがを負わせて車を盗んだことに間違いない」と容疑を認めているという。 なぜ、金沢市の中心部から白山麓に向かい、今回の犯行に及んだのか。警察は今後、詳しい動機やタクシーに搭載されていたドライブレコーダーの映像から、犯行状況などを調べることにしている。

石川 2021.07.22 18:42

4連休スタート 石川県内の観光地にぎわう

22日から4連休が始まった。外出の自粛で人出は少ないかと思いきや、石川県内の観光地ではさっそく混み合う場所も見られた。 東京オリンピックの開催に伴って祝日が変更となり、22日から4連休。金沢駅には朝からスーツケースを手にした観光客らしき人の姿が目立った。 JRによると東京方面からの北陸新幹線「かがやき」の指定席は16本中3本が満席、「はくたか」は15本中4本が満席に。また、大阪方面からのサンダーバートは4本、名古屋方面からのしらさぎは2本が満席だった。 そして、金沢市のひがし茶屋街では、多くの観光客が訪れ、飲食店の前には長い列が。 22日、金沢の最高気温は33.3℃。このほか、志賀で34.4℃など全ての地点で30℃以上の真夏日となった。暑い日差しが降り注ぐ中、浴衣姿で歩く観光客の姿もみられた。 一方、輪島朝市では土産袋を手に散策する人の姿がみられた。朝市組合によると夏休みシーズンとしては少ないものの、普段の週末に比べて2倍から3倍の人出があるという。 県では、この連休やお盆休みの期間中も気を緩めることなく感染防止対策の徹底をと呼びかけている。

石川 2021.07.22 18:07

警報に引き下げの日 県内新規感染者8人

県は22日、感染拡大特別警報を1か月間の警報に切り替えた。これは一段階の引き下げだが、県内で新たに8人の感染が確認された。(7月22日) 感染が確認されたのは、福井市と坂井市それに鯖江市と高浜町の10代から70代の男女で、このうち2人は福井市の中学生。 これで県内の感染者の累計は1434人になり、入院している人は2人増えて48人で重症患者はいない。 県は22日からの4連休や、盆休みで人の移動が活発になるとして、マスクの着用など感染予防の継続を呼びかけている。

福井 2021.07.22 17:54

【新型コロナ石川県】新たに62人が陽性 感染経路不明者は半数以上の35人

石川県は22日、新型コロナウイルスについて新たに62人の陽性が判明したと発表した。このうち、感染経路不明者は半数以上となる35人で過去最多となっている。 石川県によると、午前10時までに確認された590件の検査の結果、新たに62人の陽性が判明した。新規感染者数が60人を超えるのは2日連続だ。 このうち、21日にクラスターに認定された、職場関係は陸上自衛隊金沢駐屯地で、新たに2人が陽性となっている。 そのほか、濃厚接触・接触者が25人。また、感染経路不明者が35人で、過去最多となっている。 新規感染者や感染経路不明者が急増していることを受け、県は、21日、県内の感染状況をステージ3の「感染まん延特別警報」に引き上げている。

石川 2021.07.22 17:16

石川県白山市の海岸に新たなフォトスポット 市内全域を恋人たちが集える場所に

22日は「海の日」。石川県白山市の海岸に、恋人などをターゲットにした新たなフォトスポットが完成した。 多くの家族連れなどでにぎわう白山市の徳光海水浴場。近くの人工リーフに新たなモニュメントが完成した。 高さ3メートル、長さ15メートルで、白山青年会議所がクラウドファンディングなどで事業資金を募り、設置した。 市内全域を恋人たちが集える場所にしたいと「ハッシュタグラブ」というモニュメントにしたという。 4月から10月まで、波が高い場合を除いて近くでの撮影が可能だという。

石川 2021.07.22 16:09

全国高校野球石川大会 ベスト4が決まる 遊学館は星稜が出場辞退で不戦勝に

夏の甲子園出場をかけた全国高校野球石川大会。22日、準々決勝が行われ、ベスト4が決まった。 連日、厳しい暑さの中、熱戦が続く高校野球。準々決勝、金沢と鵬学園の試合は、0-0で迎えた4回。口火を切ったのは、13度の夏の甲子園出場を誇る金沢だった。 2番中川が、ライトへの三塁打を放ちツーアウト3塁で迎えた4番吉田。レフトへのタイムリー二塁打で1点を先制。 7回にも2点を追加し、鵬学園を突き放した金沢。投げては、5回からマウンドに上がったエース山崎が、鵬打線をノーヒットに抑える完璧なピッチングで、金沢が6年ぶりにベスト4進出を決めた。 また、2試合目に予定されていた、星稜と遊学館の試合は、星稜高校が部員の新型コロナ感染により出場を辞退したため、遊学館が不戦勝でベスト4進出となった。 準決勝は、24日土曜日に行われる。

石川 2021.07.22 16:07

石川県白山市でタクシーの運転手が襲われる 犯人は刃物を持って逃走中か

22日、石川県白山市でタクシーの運転手が乗客に襲われる事件が発生した。犯人は刃物を持って逃走している可能性があり、警察が行方を追っている。 事件があったのは白山市の白峰地区で、22日午前9時頃、タクシーの運転手が乗客に襲われた。 襲われたタクシー運転手は70歳代の男性で、病院に運ばれたが、命に別条はないとみられている。 警察によると犯人は刃物を持ったまま逃走している可能性があり、現在も、行方を追っている。 警察では不要な外出は控え、不審な人物を見かけたらすぐに通報するよう呼びかけている。

石川 2021.07.22 12:20

石川県・七尾港で海保などが合同パトロール ライフジャケット着用など呼びかけ

「海の日」の22日、石川県の七尾港では、海上保安部などが安全にマリンレジャーを楽しんでもらうための合同パトロールを行った。 パトロールを実施したのは七尾海上保安部と七尾警察署、それに、地元の民間の有志の中から指名を受けた「海上安全指導員」のメンバーだ。 22日は県警の警備艇などが実際に港の中や沖合を巡回しながらプレジャーボートの利用者らに対し、ライフジャケットの着用や安全な航行を呼びかけた。 去年からのコロナ禍で、アウトドアに親しむ人が増える中、新たに小型船舶の免許を取得する人も増えているという。 また、七尾市内では去年に続き、海水浴場の開設が見送られている。監視員がいない状況となるため、関係機関では水難事故への危険が高くなっているとして、遊泳はしないよう、呼び掛けている。

石川 2021.07.22 12:19

カブトムシ100匹が羽化 角がカッコいい

福井市美山地区の農家でカブトムシおよそ100匹が成虫になり、100匹が4連休初日の子どもたちをくぎ付けにしていた。(7月22日) 福井市の美山地区では、シメジの栽培農家が、おがくずを使ってカブトムシを飼育していて、オスとメスあわせて100匹が成虫になった。 4連休の初日の22日は、親子連れが昆虫の王者の堂々とした姿を      見に来ていた。 子どもたちは「長い角がカッコいい」「カブトムシをとりにいきたい」と話していた。

福井 2021.07.22 12:02

暴力団抗争めぐり 賞揚目的の金品やり取りに禁止命令

 2016年、暴力団の抗争に伴い富山市の暴力団事務所に火炎瓶を投げこんだとして服役した六代目山口組傘下の暴力団の組員と、六代目山口組などに対し、富山県警などは、褒めて慰労する目的の金品のやり取りをしないよう命令しました。  この事件は2016年、六代目山口組と神戸山口組の抗争に伴い、神戸山口組に加わる動きを見せていた富山市の暴力団事務所に火炎瓶を投げ込んだとして、富山市の六代目山口組系暴力団 芳賀組の組員に実刑判決が言い渡されたものです。  県警によりますと、この組員が刑期を終えて22日に出所するのに合わせ、褒めて慰労する目的で金品などをやりとりしないよう、上部団体である六代目山口組組長、その傘下の一会会長、そして組員が所属する芳賀組組長に対し禁止命令が、そして組員に対しては仮命令が、きょうまでに書面で通知されました。  六代目山口組と神戸山口組の抗争に伴って慰労の金品の禁止命令が出されたのは、全国で初めてだということです。

富山 2021.07.22 12:00

ミラージュランドのプールがオープン

 祝日の22日、県内は夏空が広がり、厳しい暑さとなっています。  魚津市のミラージュランドではプールが営業を開始し、多くの家族連れなどが訪れています。  ミラージュランドのプールでは真夏の日差しの下、子どもたちはスライダーからプールへと勢いよく滑り込み、水しぶきを高く上げて楽しんでいました。  午前11時の気温は富山市で32度ちょうどなど、各地で既に真夏日となっています。  日中の予想最高気温は富山市で33度、高岡市伏木で32度です。  水分をこまめにとるなど熱中症に十分気をつけてください。

富山 2021.07.22 11:55

石川県 羽咋で34.0℃など厳しい暑さ 22日も熱中症警戒アラート発表

石川県内は21日も厳しい暑さに見舞われ、全ての観測地点で30℃を超えた。県内には、22日を対象にした熱中症警戒アラートが発表されていて、十分な対策が必要だ。 21日も朝から強い日差しが照り付け、最高気温は、羽咋で34.0℃、志賀で33.8℃など、全ての観測地点で30℃以上の真夏日になった。 このため、石川県内には、5日連続で、21日も熱中症警戒アラートが発表された。 環境省と気象庁では、22日も、県内では熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されるとして、熱中症警戒アラートを発表した。熱中症への十分な予防対策を取るよう呼びかけている。 外出はなるべく避け、室内ではエアコンなどで涼しい環境にして過ごす心がけを。 21日、県内では、午後5時までに熱中症の疑いで7人が救急搬送されている。22日も熱中症には十分な対策を取って厳重な警戒が必要だ。

石川 2021.07.21 21:38

甲子園の切符は敦賀気比 高校野球県大会

高校野球県大会は21日、福井県営球場で決勝戦が行われ、投打に勝る強豪・敦賀気比が金津を7対0で破り、3大会連続10回目の夏の甲子園出場を決めた。(7月21日) 敦賀気比は2回ウラ、金津の好投手・藤田から下位打線がチャンスをつくると、1番・東がレフト前へ運び1点を先制。5回には7番・森田の痛烈なタイムリーなどでリードを3点に広げた。 投げては先発の本田が打たせて取るピッチングで金津打線を5回までヒット1本に抑えた。 金津は3点を追う6回表、8番・牧田が内野安打で出塁し、バントで2塁へ進み、2番の堀田のセンター前ヒットでホームを狙うが、好返球でタッチアウト。 敦賀気比が7対0で勝ち、3大会連続10回目の夏の甲子園出場を決めた。

福井 2021.07.21 19:57

星稜高野球部でクラスター 準々決勝を辞退 

石川・金沢市の星稜高校野球部で、複数の生徒が新型コロナに感染しクラスターが発生した。このため22日に行われる夏の甲子園へ向けた石川大会の準々決勝の出場を辞退した。 星稜高校によると、野球部内クラスターの陽性者は6人で、野球部の部活動は当面の間「活動休止」とし、そのほかの部活動についても25日までの活動を休止する。 星稜高校野球部は春夏合わせて34回の甲子園出場している強豪校で、2年前には準優勝も果たしていた。 22日に出場予定だった県大会準々決勝は遊学館高校の不戦勝が決まった。

石川 2021.07.21 19:43

坂井高校に自動車整備教育用のエンジン贈る

北信越で唯一自動車科がある坂井高校に21日、県内の自動車販売店、YOU&iグループの福井トヨタ自動車から教育用のエンジンが贈られ、整備士を目指す生徒たちの実習に役立てられる。(7月21日) 贈られたのは自動車の整備を学ぶために専用に作られたベンチエンジンと呼ばれる教材で、市販の車のエンジンと同じ構造でガソリンタンクやバッテリー、それにコンピューターなども備えていて、意図的に故障の状況を再現することができる。 同校ではすでに持っているベンチエンジンと合わせて活用し、整備技術の向上につなげたいとしている。

福井 2021.07.21 19:28

小浜線と越美北線で13本減へ JRが提示

小浜線と越美北線のダイヤ見直しについて、JR西日本は乗客の少ない早朝や夜間を中心にあわせて13本を減便する案を県や沿線市町に示していることが分かった。(7月21日) 関係者によると、JR西日本の見直し案のうち、小浜線では小浜‐東舞鶴間で4本が、小浜‐敦賀間で6本がそれぞれ減便される。 また、越美北線では福井‐越前大野間で3本が減らされる。 減便のほとんどが利用の少ない早朝や夜間で、見直し案をもとに県や沿線自治体が利便性の確保に向けた協議を始めている。 7月中には、ダイヤの見直し案が公表される見通しで、県は来週中にも再び沿線による協議の場を設け、集約した意見をJR西日本に伝えることにしている。

福井 2021.07.21 19:24

原発建て替えや増設明記せず エネ基本計画

3年ぶりの見直しとなる国のエネルギー基本計画の原案が21日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会で示され、原子力の電源構成比率が2割程度で維持された一方、原発の建て替えや増設については明記されなかった。(7月21日) 2030年度の原子力の電源構成比率が20から22パーセントとする現行の目標達成のためには、原発の建て替えや増設が不可欠との意見もある中で、それらは原案には盛り込まれなかった。 杉本知事は21日の定例会見で原案についてはおおむね評価するとした上で、「原子力について持続的に活用すると言いながら、一方で可能な限り原発の依存度を低減させるという言葉が残っている」と原子力行政の矛盾を指摘し、国に姿勢を質すとした。

福井 2021.07.21 19:24

夏休みの子どもたちが海でハマグリ手づかみ

福井市の鷹巣海水浴場で21日、夏休みに入った子どもたちが海に入り、恒例のハマグリとりを楽しんだ。(7月21日) およそ320キロのハマグリがまかれていて、手づかみをしたり、網を使ったりしながら探していた。 参加した子どもは「めちゃめちゃ楽しい。簡単にこんなにどっさりとれると楽しい」と話した。 21日の県内は気温が上がり、3日連続で熱中症警戒アラートが発表された。小浜で3日連続の猛暑日となったほか、そのほか全ての観測地点で真夏日となった。 県内は22日以降も真夏日が続く予想で、海水浴に出かけた際は日陰に入って休むことや十分な水分補給が必要。 鷹巣海水浴場ではシーズン中にあと4回、ハマグリをまくことにしている。

福井 2021.07.21 19:18

石川県・星稜高校で複数人がコロナに感染

石川県・星稜高校では新型コロナウイルスの感染者が複数確認されていることが分かった。 星稜高校などによると、生徒を含め、複数人が新型コロナウイルスに感染しており、その中には、野球部の生徒が含まれているという。 星稜高校は現在、野球部が夏の甲子園出場を争う県大会に出場していて、学校側は、大会出場について「高野連と調整している」と話している。

石川 2021.07.21 19:07

【新型コロナ石川県】1人が死亡66人陽性 ステージ3「感染まん延特別警報」

石川県は21日、新型コロナウイルスについて1人の死亡が確認されたほか66人の感染が判明したと発表した。新規感染者が急増していることを受け、県は、県内の感染状況をステージ3の「感染まん延特別警報」に引き上げた。 石川県によると午前10時までに確認された780件の検査の結果、新たに66人の陽性が判明した。また、21日は1人の死亡が確認されている。 新規感染者数が60人を超えたのは県内過去最多となる101人が確認された5月25日以来およそ2か月ぶりだ。 新規感染者の内訳は濃厚接触者などが24人感染経路不明者が31人。そして新たに2つのクラスターが発生し、合わせて10人が該当している。直近1週間の合計は232人となっている。 こうした状況を踏まえて、県は午後5時から対策本部会議を開いた。 県内では7月に入り新規感染者や感染経路不明者が急増していることから、感染レベルをステージ2の「感染拡大警報」からステージ3の「感染まん延特別警報」に引き上げた。 ただ、ワクチン接種の効果などで病床使用率は18.2%とステージ2相当、重症病床は2.6%でステージ1相当の水準となっている。 また、ほとんどの感染者が軽症や無症状なことから、GoToイート食事券については利用の自粛ではなく、テイクアウトやデリバリーを推奨。県民旅行割についても予約分は利用を継続すると運用方針を見直した。 一方、7月の新規感染者のうち、金沢市の感染者が7割で飲食関係が多いことから7月26日から8月15日まで金沢市内の飲食店で営業時間の短縮要請を行うとした。 市内の飲食店に対しては午後9時までの時短営業を要請し、酒類の提供は午後8時までとしている。

石川 2021.07.21 19:06

富山県で新たに9人感染確認

 県内では21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに9人確認されました。  また石川県では66人の感染が確認されており、いっそうの感染拡大が懸念されています。  県内で新たに感染が分かったのは、富山市など6つの市と町に住む20代から50代までの男女9人です。  このうち富山市の40代男性は富山刑務所の職員で、受刑者と接する業務でした。  富山刑務所では今月17日にも職員1人の感染が分かっていて、40代の男性職員は濃厚接触者として検査したところ、陽性と分かりました。  そのほかの感染者は家庭内での感染が1人、県外への往来があった人が2人、残る5人の感染経路は分かっていません。  今週に入ってからの感染者は32人で、年代別ではワクチン接種が進んでいる70代以上の感染者はおらず、20代から50代までが多くなっています。  県内の感染者は累計で2111人で、入院中は46人、入院を調整中の人が1人で重症者は1人です。  一方、石川県は21日、新たに66人の感染が確認されました。1日の感染者数では過去4番目に多い人数で、さらに感染拡大することが懸念されています。

富山 2021.07.21 19:06

熱中症に警戒 ことし初の食中毒注意報も

 富山県内は21日も晴れて各地で気温が30度以上の真夏日となりました。  熱中症に注意が必要なほか、県は食中毒が発生しやすい気象条件になっているとして、ことし初めての食中毒注意報を出しました。  富山駅前では朝から強い日差しが照り付ける中、日傘をさして歩く人の姿がみられました。  厳しい暑さが続く県内は、夜の間も気温が下がらず、高岡市伏木では21日朝の最低気温が25.3度で、25度以上のいわゆる熱帯夜となりました。  そして日中はどんどん気温が上がり、最高気温は富山空港で32度ちょうど、富山市で31.2度など、県内10の観測地点のうち9か所で30度以上の真夏日となりました。  この暑さのなか、KNBのまとめでは、県内で午後4時30分までに熱中症とみられる症状で3人が病院へ運ばれました。  また、気温や湿度が高くなり、食中毒が発生しやすい状態になっているとして、県は21日、ことし初めてとなる食中毒注意報を出しました。発令期間は、23日までの3日間です。 高温多湿の状況では、腸管出血性大腸菌やサルモネラ菌など、細菌性の食中毒が発生しやすいため、県は、食品の十分な加熱や冷蔵・冷凍での保管、手洗いの徹底などを呼びかけています。  22日も予想最高気温が富山市で32度、高岡市伏木で31度と、厳しい暑さになりそうです。熱中症や食中毒に十分気をつけてください。

富山 2021.07.21 19:05

高岡工芸高の教諭 器物損壊容疑で再逮捕

 今月、窃盗の疑いで逮捕された高岡工芸高校の男性教諭について、警察は21日、他人の車のタイヤをパンクさせた疑いがあるとして再逮捕しました。教諭は容疑を否認しています。  器物損壊の疑いで再逮捕されたのは、高岡工芸高校教諭で氷見市加納の岩上浩一郎容疑者(54)です。  警察によりますと、岩上容疑者は、去年12月24日の正午すぎ、氷見市内の教育施設で駐車中の普通乗用車2台のタイヤそれぞれ1本に、鋭利な用具を突き刺してパンクさせた疑いがもたれています。  岩上容疑者は、容疑を否認しているということです。  県教育委員会によりますと、この日、岩上容疑者は有給休暇を取得していたということで、警察は調べを進めています。  岩上容疑者は、今月10日に氷見市内の商業施設で培養土を盗んだ疑いで現行犯逮捕され、警察はこの容疑についてはきょう付けで処分保留としました。  県教委は、事実確認をしたうえで厳正に対処するとしています。

富山 2021.07.21 19:04

白山白川郷ホワイトロード2年ぶり全線開通 訪れた人たちが大自然の景色楽しむ

石川県白山市と岐阜県とを結ぶ「白山白川郷ホワイトロード」が21日、2年ぶりに全線開通した。開通式には車の行列ができるなど訪れた人たちが白山の大自然や景色を楽しんでいた。 21日、岐阜県の山あいにできた車の行列。行われたのは白山白川郷ホワイトロードの開通式だ。 去年は2月に石川県側で起きた土砂崩れの影響で部分開通となった白山白川郷ホワイトロード。ことしは石川県側の開通が可能になったが、1月に岐阜県側で雪崩が起き橋が流されたため、例年より1か月遅い開通となった。 2年ぶりとなった全線開通。県境の周辺にあたる三方岩駐車場を訪れてみると…。開通式からおよそ30分。岐阜県側から続々と車が訪れさっそく白山の大自然や景色を楽しんでいた。 一方、今回の全線開通に合わせて白山市の中宮温泉では、足湯が楽しめる温泉床が完成した。 白山国立公園の自然に囲まれたこちらの温泉床では寝そべるなどして足湯を楽しむことができ、誰でも無料で利用できるという。 四季折々の自然が満喫できる白山白川郷ホワイトロード。開通期間は11月10日までを予定しているという。

石川 2021.07.21 19:03

ツクル、ミライ。「自分らしく」を大切に

 国連の持続可能な開発目標=SDGsのなかにある「ジェンダー平等」について、エブリィはシリーズでお伝えしています。  21日は県庁職員から転身し、起業した女性です。取り組んだのは、女性たちに自分の魅力を知ってきれいになることで、自信を持ってもらおうという仕事です。  工藤りささん  「どうぞ、こちらおかけください。」  富山市でイメージコンサルタントのサロンを経営している、工藤りささんです。 工藤りささん 「顔の雰囲気と、服の雰囲気を合わせてあげることが大事。女性らしい顔だったら女性らしい服が似合うし」  一人一人の魅力を引き出す「診断」を行っています。顔の輪郭や目、鼻の形から似合う洋服のタイプを助言する「顔タイプ診断」や、似合う色を見つける「パーソナルカラー診断」、着こなし方を教える「骨格診断」などをトータルに手掛けています。  工藤りささん  「受けたいなと思われたのは普段着で悩まれているから?」  中坪美穂子さん  「いつも同じような服になったりとか、どんな色が似合うのか分からなくて白黒が多くなる。」  この日訪れたのは、富山市の管理栄養士の中坪美穂子さんです。  工藤りささん  「大人顔でいらっしゃいます。大人っぽいと言われることあります?」  中坪美穂子さん  「あります」  工藤りささん  「ちょっと苦手なのが、甘すぎる服とか、カジュアルすぎる服が苦手だったりしますよね」  実際に洋服を当てて比較します。  工藤りささん  「似合わないものはスエット」  中坪美穂子さん  「へえー」  工藤りささん  「童顔の方が着るとおしゃれに見えやすいんですけど、大人顔の人が着るとお疲れ感とか、部屋着感が出やすい」  中坪美穂子さん  「そうなんだ、着ちゃってたな今まで」  工藤りささん  「タイトスカートを合わせるとか、下にきれいめのモノを持ってきた方がバランスが取りやすいかなと思います」  似合う色も、時間をかけて探っていきます。  工藤りささん  「ここらへん馴染みますね。ベージュ系すごく似合われますね」  中坪美穂子さん  「そうですね、違和感が全然ない」 工藤りささん 「ベージュ、ブラウンとかをベーシックカラーに持って来ると、白黒から卒業できるかなと思います」  中坪美穂子さん  「すごーい」  工藤さんは大学を卒業後、神奈川県庁と富山県庁に勤務し、農業や副知事秘書、そして労働雇用分野の仕事を担当してきました。やりがいを感じていましたが、29歳で長女の泉ちゃんを産んだ時…。  工藤りささん  「子どもにどういう背中を見せたいかとか、どういう生き方をしてほしいかって思った時に、誇れる背中じゃないなと思ったんですよ。私自身ずっと外見コンプレックスを十年以上抱いていまして。解消するためにコスメを買ってみたり、いろんな服を買ってみたりしてきたんですけれど、ずっと解消されない状況が続いていた。子どもを産んだらその状況が悪化して。」  自分を変えようとスクールに通って、魅力の生かし方を理論的に学び「自分らしさ」を見失っていたことに気付きました。  工藤りささん  「外見を変えることでこんなに女性ってパワーが出てくるものだと、気付いて、同じように悩んでいる女性を救いたいと思って、この道を選びました」  富山県庁を退職し、去年1月、サロンを開設しました。  自分をどう表現していいか分からずにいた中坪さん。「診断」を元に着替えてもらいました。  工藤りささん  「似合う!すごい素敵。」  中坪美穂子さん  「なんか、自分じゃないみたいで、驚き。感動した。男性が多い場になると、萎縮しちゃったりとか結構あるので、結構今自信がついたので、もっともっと意見を言っていきたいなと思っています」  「きれい」が自信を作り、自信が一歩踏み出す力になる。  工藤りささん  「外見を変えるのって難しそうであって、意外と簡単なんだと思うんですよ。例えば、中坪さんも自分の魅力を隠していたというか、蓋をしていた状態だと思う。自分が気付いていないだけで」  男女雇用機会均等法によって本格的に社会進出した女性たち。  施行から35年、機会は均等になりつつありますが、結果の均等にはつながっていません。  工藤りささん  「切れたー!」  「上手だね上手」  「子育てしていたら、この子はこういう社会に育ってほしいなという思いがあると思うんですけど、思っていてもそうはならないじゃないですか。自分が旗を掲げていくかどうかというところかな、と思うんですよ。そういう背中を見て、あとに続く女性社員とか、子どもたちにも違ったミライを見せることができるんじゃないかなと。女性がより活躍できる環境も外見を整えることでつながる部分があるんじゃないかなと思いますね」

富山 2021.07.21 19:03

石川県加賀市 中央公園を楽しいあそび場に 安全性に考慮しリニューアル

石川県加賀市にある中央公園の改修が完了し、子どもたちが安心して楽しめる遊び場としてリニューアルした。 長年、市民の憩いの場として親しまれてきた石川県の加賀市中央公園。 「魅力ある楽しい遊び場」をテーマに安全性に考慮した木製遊具のほか、噴水広場や休憩所など市が5年の歳月をかけ整備してきた。 公園の噴水広場では8月中は夕方4時まで水遊びができるという。

石川 2021.07.21 19:02

石川県・金沢に自由な創作活動施設オープン 最新のデジタル機器揃う

最新のデジタル技術を使ってこどもたちが自由な創作活動をすることができる施設がお披露目された。 7月、石川県金沢市芳斉町に新たにオープンする施設「ミミミラボ」。 子供たちに気軽に最新のテクノロジーに触れてもらおうと金沢市の総合商社「三谷産業」と全国でテクノロジー教育の普及活動を行っている非営利法人「みんなのコード」がつくった施設だ。 声などを使い簡単に楽曲製作ができるDJ機材や、自分でデザインしたものを立体にできる3Dプリンターといった最新のデジタル機器が揃っている。 施設は10歳~18歳であれば無料で利用することができ、専門家や機材の扱い方に詳しい学生などが常駐していて相談にのってもらうこともできる。 オープンは7月28日で利用には事前の予約が必要となっている。

石川 2021.07.21 19:01

横断歩道で自転車の高齢女性はねられ死亡

 21日午前、富山市の交差点で、自転車に乗っていた73歳の女性が軽乗用車にはねられて死亡しました。  富山南警察署によりますと、21日午前9時40分ごろ、富山市本郷新の市道交差点で、近くに住む無職の渡辺裕子さん(73)が 横断歩道を自転車に乗って渡っていたところ、右折してきた軽乗用車にはねられました。  渡辺さんは病院に運ばれましたが、頭の骨を折るなどしていて死亡しました。  警察は、軽乗用車を運転していた富山市の84歳の女性に話を聞くなどして、事故の原因を調べています。

富山 2021.07.21 18:57

富山市消防局 パワハラで職員2人減給処分

 消防職員に対し、パワハラ行為を行っていたことが分かったとして、富山市消防局は21日付けで40代と30代の男性職員2人を減給処分としました。  富山市消防局の記者会見  「本当に申し訳ありませんでした」  処分を受けたのは、41歳の男性消防司令補と34歳の男性消防士長です。  富山市消防局によりますと、2人は去年12月ごろからことし2月にかけて、消防職員1人に対しパワハラ行為を繰り返していたということです。  具体的には食事に辛いソースをかけて無理に食べさせたり、訓練時間以外に追加の訓練をさせたりしていました。  ことし3月末に被害を受けた職員の家族から消防局へ相談があり発覚したもので、被害者本人は「パワハラ」を受けていた認識はなかったということです。  富山市消防局 石井誠総務課長 「(皆は)盛り上がっているように見えた。ところが事実は被害者は無理をしていたということでございます。」  聞き取りに対し処分を受けた2人は、「いわゆる『いじり』だったが、それがエスカレートした」と話しています。  富山市消防局は、再発防止策として第三者を含む相談窓口を増やすととしています。

富山 2021.07.21 18:56

元常務理事に懲役3年の判決

 銀行の健康保険組合の定期預金を横領した罪に問われた組合の元常務理事に対し、富山地方裁判所は21日、懲役3年の判決を言い渡しました。  判決を受けたのは、富山第一銀行健康保険組合の元常務理事、横山郁夫被告(68)です。  判決によりますと横山被告は2014年から2018年にかけて、常務理事の立場を利用して組合の預金口座から5065万円あまりを横領したとされています。  被告は起訴内容を認めていました。  21日の判決で細野高広裁判官は、結果は重大としたうえで、顧客からかつての過失の口止め料を脅し取られていて、経緯や動機に同情の余地があるが警察に相談するなどの対応をとるべきだった、としました。  一方で被害の弁償が進んでいるなどとして、検察側の懲役4年6か月の求刑に対し、懲役3年の判決を言い渡しました。  弁護側は控訴について「被告と話し合って決める」としています。

富山 2021.07.21 18:54

富山市の城址大通り 22日から交通規制

 富山市の城址大通りなどでドラマ撮影のために22日から4日間、交通規制が行われます。  この規制は車を使った撮影の安全性を確保するためで、城址大通りや松川べりの道路が対象となります。  期間は22日から今月25日までの午前6時から午後6時までで、車や歩行者は迂回が必要になります。  富山市は、安全性の確保や密の回避のため、撮影を見に行くのは控えてほしいと協力を呼びかけています。

富山 2021.07.21 18:54

石川県に22日も熱中症警戒アラート発表 6日連続の危険な暑さ

環境省や気象庁は石川県に22日も「熱中症警戒アラート」を発表した。石川県に発表されるのは6日連続となった。気象庁などによると熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されているため、外出は避けて室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごすよう呼び掛けている。 石川県の21日の午後5時までの最高気温は、志賀で33.5度となったほか、金沢で32.8度となるなど、県内すべての観測地点で真夏日となった。22日の予想最高気温は金沢で33度、輪島で31度と各地で30度を超える予想となっている。

石川 2021.07.21 17:03

22日から感染拡大警報へ 一段階引き下げ

県は21日、新型コロナウイルスの県内での感染状況が落ち着いてきているとして、感染拡大特別警報を22日から一段階下のレベルにあたる警報に切り替え、引き続き感染予防の徹底を呼び掛ける。(7月21日) 杉本知事が定例会見で発表した。直近1週間の感染者の累計と病床の占有率はいずれも警報レベルを下回っているものの、22日からの4連休やお盆休みで人の移動が活発になることから、一段階の引き下げに留めた。 感染拡大警報の発令期間は8月20日までで、県は帰省などで県境をまたぐ際には移動する先の地域の状況を見て慎重に判断するなど、感染予防の継続を呼び掛けている。 県内では新たに坂井市の10代女性と、京都府の40代女性の感染が確認されている。

福井 2021.07.21 15:51

【石川県新型コロナ】新たに66人感染確認 新たなクラスターも2件発生

石川県は21日、新型コロナウイルスについて感染者1人の死亡が確認されたほか、新たに66人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は780件。陽性66人のうち、新たに確認された2件のクラスター関連で10人、既に公表されている飲食店クラスターで1人、濃厚接触者・接触者は24人、感染経路不明は31人。 県は午後5時から知事らが出席し対策本部会議を開く予定。

石川 2021.07.21 14:23

夏休みを安全に過ごして 児童に安全講習会 石川県警が実施

夏休みに児童に安全に過ごしてもらおうと石川県白山市で21日、警察官による安全講習会が開かれた。 この安全講習会は夏休みの期間中、児童たちに道路や海水浴場などでの事故防止への意識を高めてもらおうと石川県警本部が行ったもの。 21日は白山市の蕪城小学校の放課後児童クラブに通う児童約220人が参加し、信号の渡り方や子供たちだけで川や海などに行かないことなどを学んでいた。 一方、21日は2年前に県警が導入した一般的な交番と同じ役割を果たす専用の車「移動交番車」の見学会も行われ、児童たちは警察官の仕事を楽しそうに学んでいた。

石川 2021.07.21 12:13

石川県内 厳しい暑さに 熱中症に注意を 5日連続で熱中症警戒アラート

石川県内は21日も厳しい暑さに見舞われ、午前中に全ての観測地点で30℃に達している。県内には、5日連続で熱中症警戒アラートが発表されている。 21日も朝から強い日差しが照り付け、午前11時10分までの最高気温は、志賀で33.5℃など、全ての観測地点で30℃以上の真夏日になった。 このため、環境省と気象庁は、県内では熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されるとして、5日連続で、21日も熱中症警戒アラートを発表し、熱中症への十分な予防対策を取るよう呼びかけている。 外出はなるべく避け、室内ではエアコンなどで涼しい環境にして過ごすよう心がけを。 また、加賀地方では昼過ぎから21日夜のはじめ頃まで雷を伴って山沿いを中心に激しい雨の降る所がある見込みで、気象台では注意を呼びかけている。

石川 2021.07.21 12:13

1学期の終業式 ことしは長いぞ!夏休み

 南砺市の一部を除く県内のほとんどの公立小中学校で21日、1学期の終業式が行われ、子どもたちは夏休みに入りました。  このうち富山市の桜谷小学校で行われた終業式には、216人の児童が出席し、宮林克人校長が「進んで挨拶をし、規則正しい生活をして夏休みを過ごして下さい」と呼びかけました。  式の後、児童たちは教室で担任から一人ひとり通知表を受け取りました。  2年生の女子児童 「テストで100点取れなかったから、100点取れるようにがんばりたいと思う」  2年生の男性児童 「みんなでおでかけとか、温泉とか入れるのが楽しみです」  去年はコロナ禍による時休校への対応で、市内の小中学校は夏休みを短縮しましたがことしは例年通りで、2学期は来月27日から始まる予定です。

富山 2021.07.21 11:58

厳しい暑さ続く 熱中症対策に万全を

 21日の県内は広く高気圧に覆われて晴れて、気温が上がっています。熱中症に万全の対策をお願いします。  21日朝、富山駅前では強い日差しが照り付けるなか、日傘をさして歩く人の姿がみられました。  県内は広い範囲で夜の間も気温が下がらず、高岡市伏木では21日朝の最低気温が25.3度と、いわゆる熱帯夜でした。  午前11時までに県内10の観測地点のうち8か所で30度を超える真夏日となっています。  日中の予想最高気温は、富山市で32度、高岡市伏木で31度と21日も厳しい暑さとなる見込みで、水分をこまめに補給するなど熱中症に警戒が必要です。

富山 2021.07.21 11:58

上市町の製薬工場 無水硫酸漏れほぼ収束

 19日、富山県上市町の製薬工場で無水硫酸が漏れた事故で、漏れはほぼ収まりました。会社は20日会見を開き、事故の経緯を説明するとともに初期対応が遅れたことに対し謝罪しました。  富士化学工業 西田洋代表取締役社長  「近隣の住民の皆様、そして関係各所の皆様に大変なご心配、そしてご不安・ご迷惑をおかけしていることを心から申し訳なく思っています」  この事故は、19日午前10時ごろ上市町郷柿沢の製薬会社、富士化学工業の工場で無水硫酸をタンクローリー車から工場に送り込む際、漏れて霧状となり周囲に充満したものです。これまでに体調不良を訴える人はいませんでした。  会社は20日に会見を開き、無水硫酸の仕入れ先である東京都の日曹金属化学のタンクローリーのタンクに穴が開いていた可能性が高いとしました。しかし穴の特定には至っていません。  タンク内に残っている無水硫酸を移し替えたり、漏れたものを吸着させる砂を撒くなどの除去作業を進めた結果、漏れはほぼ収まったということです。  19日に会社が事故を把握したのは午前10時ごろ。しかし近くに住む人は…。  近所の住民  「気づかなかった。全然何も(情報を)得ていません」  消防や警察が住民に周知を行ったのは午後4時ごろ。多くの住民はおよそ6時間、事故について知らないままでした。  会社は初期対応について聞き取りを行っているとしつつも、不備を認め謝罪しました。  富士化学工業 西田洋代表取締役社長  「当日ですね、弊社製造現場は動いていたが、会社全体が休日で連絡の遅れは明らかにあったと思います」  会社側は ・無水硫酸の処理に追われたこと、 ・周囲への影響を甘く見積もっていたこと、 ・社内のコミュニケーションもうまく図れなかったことが対応が遅れた原因として考えられるとしています。

富山 2021.07.20 19:43

富山県内 新たに15人感染確認

 富山県内で新型コロナウイルスの感染者が20日、新たに15人確認されました。2桁の感染確認は先月18日以来、およそ1か月ぶりです。  新たに感染が分かったのは富山市など、県内6つの市に住む10歳未満から60代までの男女15人です。  2桁の感染確認は先月18日以来32日ぶりで、このうち高岡市の40代男性は肺炎などの中等症で入院していて、このほか13人が軽症、1人が無症状となっています。  感染経路は5人が家族や知人、職場関係者からの感染とみられていますが、残る10人は分かっていません。また濃厚接触者のうち、検査の結果が出ていないのは、あわせて29人に上っています。  20日に感染が確認された人のうち、小矢部市の50代男性と40代の女性は家族で、男性は今月8日から11日まで仕事で東京都を訪れていました。その後、富山に戻って発熱などの症状がでたため病院を受診したところ18日に、感染が判明しました。  県内の感染者数は累計で2102人で入院中は41人、1人が調整中で重症者は2人です。

富山 2021.07.20 19:17

県内初「熱中症警戒アラート」発表

 富山県でことしから運用が始まった「熱中症警戒アラート」が20日、初めて出されました。熱中症に対する十分な警戒が必要です。  「強い日差しと照り返し。日向にじっと立っているのもつらい状況です。現在、県内に熱中症警戒アラートが出ています。炎天下の外出は避けて、屋内や日陰に移動しましょう」  20日の県内は暑さが厳しく熱中症の危険性が極めて高い状況になることが予測されたことから、午前5時に熱中症警戒アラートが発表されました。  県内10の観測地点すべてで30度を超える真夏日に。日中の最高気温は富山市で32度、高岡市伏木で31度を観測しました。  富山市のいたち川沿いにある名水、延命地蔵の水には、涼を求めて来る人の姿が。  「冷たくておいしいね」  「べしょべしょ」  「たくさんおいしい水飲んで熱中症予防で気を付けたいと思います」 「触っていると気持ちいいですね」  Q今日みたいな暑い日は一仕事も 「いい仕事ですね」  涼しげな水音が、ひととき暑さを忘れさせてくれるようでした。  KNBのまとめでは、午後5時までに5人が熱中症とみられる症状で病院に搬送されました。引き続き熱中症に警戒が必要です。

富山 2021.07.20 19:15

熱中症警戒アラートとは

 熱中症警戒アラートは、ことしから全国を対象に環境省と気象庁が運用を開始したものです。  ポイントは、気温だけでなく、湿度と日差しなどの輻射熱の3つを取り入れた「暑さ指数」という指標を使うことです。中でも重要なのが湿度で、指数の7割を占めています。湿度が高い場所では汗が蒸発しにくいので、熱中症になりやすくなります。  この「暑さ指数」が33以上と予測される時に都道府県単位で発表されます。  20日の予測では、朝日町と高岡市伏木で33、富山市、魚津市、砺波市で32でした。暑さ指数28を超えると熱中症にかかる人が急増するので「厳重警戒」、31以上で「危険」です。ですから33以上というのは、かなり危険だと理解してください。  アラートが発表された際は、 ・外出は避け、昼夜問わずエアコンを使う ・高齢者や子どもに対して注意するよう声をかける ・こまめに水分補給し、屋内外での運動は中止する などが注意するポイントです。

富山 2021.07.20 19:12

むぎや・つくりもん 2年連続で中止に

 新型コロナウイルスの影響で、南砺市の城端むぎや祭と高岡市のつくりもんまつりは、ともに去年に続いてことしも中止されることが決まりました。  9月18日と19日に予定されていた城端むぎや祭は、19日昨夜開かれた祭りの協賛会の臨時総会で、新型コロナウイルス感染拡大のリスクを回避できないなどとして、2年連続の中止が決まりました。  協賛会の岩田忠正会長は、開催をめぐって行った祭り関係者へのアンケート結果などを踏まえ、練習が始まる7月下旬を前に結論を出したと話しました。  むぎや祭は、去年がもともとの第70回で、70回目の実施をめざしていました。協賛会の岩田会長は取材に対し、「苦渋の判断だった」と悔しさをにじませ、来年の祭りこそ実施したいと話しました。  また、9月23日と翌24日に行われる予定だった、高岡市の「福岡町つくりもんまつり」も、このほど開かれた実行委員会の会合で、去年に続いて2年連続の中止が決まりました。  その一方、ホームページを活用し、リモートによるコンテストなどの開催を計画しているということです。

富山 2021.07.20 19:12

北陸最大級「イオンモール白山」影響は

 石川県の白山市で19日、北陸エリア最大級となる商業施設「イオンモール白山」が本格的にオープンしました。広域の商圏をねらう大規模商業施設の開店が続く中、県内への影響と今後の展開のポイントを専門家に聞きました。  「今、イオンモール白山がオープンしました。多くの買い物客が入っていきます」  北陸エリアで最大級となるイオンモール白山。北陸自動車道の白山インターチェンジ近くに立地し、敷地面積およそ17万5000平方メートル。およそ200の専門店が入っています。  買い物客  「家が近くだったので(来た)。すごいきれいだなと思った」  石川県内のイオンモールは金沢市をとり囲むようにこれで3か所目。富山県内は、高岡、そして砺波にイオンモールが2か所さらに、小矢部市には北陸全体を商圏としているアウトレットモールも立地しています。北陸の大規模商業施設は商圏が重なる、いわば和状態とも取れます。  おととし相次いでリニューアルした県内の大型商業施設がコンセプトとして打ち出していたのが、施設内で買い物以外の動きで時間を消費する=「コト消費」。  今回、イオンモール白山も買い物だけでなく、食事や体験といった価値の提供にも重きを置いています。そして、今後はそれぞれの店が地域に根差した取り組みに力を入れたいとしました。  イオンモール岩村康次社長  「基本的には、高岡と白山というものは、規模とかいろんなものはありますけど、十分住み分けできているものと考えている。それぞれの地域性というものを出しながら、手を入れながらそれぞれのモールがそれぞれの個性を発揮して、皆さんがそれぞれの個性を感じて頂ける店づくりに継続して取り組んでいきたい」  とはいうものの、最新の設備を導入し、集客を年間およそ800万人と見込むイオンモール白山は、富山を含む広域的なマーケットをターゲットにするとみられます。  北陸経済研究所の藤沢和弘部長は「コト消費」の競争の先にあるポイントとして「他にはない価値の提供」を挙げました。  北陸経済研究所 藤沢和弘部長  「オリジナルの商品とかサービスを、どれだけ良いものに出していけるか、あるいはAmazonで売ってないもの、今まであるものを売っていくのではなくて、新しいニーズのあるものを開拓していくという。そういう姿勢が必要になってくると思います」  人口減少時代、そしてコロナ終息後を見据えて、大規模施設だけでなくインターネットを含めたし烈な販売競争が続きそうです。

富山 2021.07.20 18:53

ことしの「魚津もも」小ぶりでも充分甘く

 富山県魚津市で生産されているモモの収穫を前に20日に、生産農家がモモを持ち寄って育ち具合などを確かめました。ことしは小ぶりながら、糖度は高めだということです。  魚津市では、魚津市もも研究会の6軒が「あかつき」などの品種を生産しています。  20日は、生産者らが育てた「魚津もも」を持ち寄って、糖度などを測りました。ことしは、4月に低温が続いたことや先月下旬に雨が少なかったことなどから実が小ぶりですが、糖度は高いもので14.5度と収穫開始時期としては充分に甘いモモが出来ました。  魚津ももは、大部分が庭先販売されていて、木の上で完熟させた実を収穫するため、非常に甘みが強いのが特徴だということです。  収穫開始は、例年より若干遅いということですが、早いところでは20日から販売を始めています。魚津ももの収穫は、来月下旬まで続けられます。

富山 2021.07.20 18:50

中国人元技能実習生に懲役13年の判決

 おととし2月、富山県射水市で中国人技能実習生が殺害された事件の裁判員裁判で、殺人の罪に問われた元同僚の男に対し、富山地方裁判所は、20日に懲役13年の判決を言い渡しました。被告と弁護側は無罪を主張していましたが、退けられました。  判決を受けたのは、中国人の元技能実習生、尚林偉被告(38)です。判決によりますと、尚被告は、おととし2月、射水市の建設会社の社員寮で、同じく技能実習生だった鍾学成さん(当時37)の首や胸を包丁で刺すなどして殺害したとされています。  裁判で被告と弁護側は無罪を主張していました。  20日の判決で細野高広裁判長は、事件を目撃した同僚の証言や被告の衣服に付着した血液などから被告が犯人であるとしました。また、被告は犯行時適応障害を発症していたが、障害が犯行に与えた影響は限定的で、行動制御能力はそれほど低下しておらず、責任能力があったと判断し、検察側の求刑通り、懲役13年の判決を言い渡しました。  弁護側は控訴について「被告と話し合ったうえで検討したい」としています。

富山 2021.07.20 18:50

転覆に気をつけて ミニボート実証実験

 多くの人がマリンレジャーを楽しむ夏本番ですが、海の事故に対する備えや理解も必要です。近年、利用者が増えている「ミニボート」の特性を知ってもらおうと、伏木海上保安部が実証実験を公開しました。奥野記者のリポートです。  19日に、高岡市の国分浜海岸で行われたのはミニボートに潜む、危険性の実証と同乗体験。  「立ち上がって少し動いただけでも、すごい船が揺れています」  ミニボートとは、長さ3メートル以下、エンジン出力が2馬力以下のもので、重量が船に乗る人よりも軽く、小回りがきくなどの手軽さが人気です。その一方、風や潮の流れの影響を受けやすいことや、バランスを崩しやすいことが特徴です。  船のふちに腰かけた状態で、もう1人が立ち上がると…。 「うわあ」  船舶検査や免許が不要、気軽に購入もできるということで、近年、釣り人などに普及しているミニボートですが、1度転覆すると、なかなか船に戻ることができません。  「すごい船は不安定な場所で、いとも簡単に海に投げ出されてしまいました。今は天気も良くて波も穏やかですけど、もし海が荒れていたらと思うとゾッとします」  県内では、ことしは既に6件と去年を上回るスピードでミニボートの海難事故が起きています。  伏木海上保安部 桜川正人次長  「海に出る際は、天気の急変が考えられる。すぐに戻れる範囲での行動をお願いします」  伏木海上保安部は、夏場にかけてパトロールや安全指導を強化するとしています。

富山 2021.07.20 18:48

石川・輪島で熱中症の疑いで高齢女性が死亡 21日も「熱中症警戒アラート」5日連続

石川県内は20日も厳しい暑さとなり、志賀町では最高気温が35℃以上となり、県内でことし初の猛暑日となった。21日も気温が高くなる予想で「熱中症警戒アラート」が発表されている。 高気圧に覆われ、朝から気温がぐんぐん上がった石川県内。 すべての観測地点で30℃を超え、そのうち志賀では午後4時前に35.9℃と県内でことし初の猛暑日に。 志賀のほか、羽咋と輪島市の三井でもそれぞれこの夏一番の暑さとなった。 20日、県内では、午後5時までに8人が熱中症の疑いで救急搬送され、このうち輪島市の90代の女性が搬送先の病院で亡くなった。 環境省と気象庁は、21日も熱中症の危険性が極めて高い気象状況になるとして、熱中症警戒アラートを発表している。 外出はなるべく避け、室内をエアコンなどを使用し、涼しい環境で過ごすよう呼びかけている。

石川 2021.07.20 17:50

敦賀気比か金津か 夏の高校野球21日決勝

夏の甲子園出場をかけた高校野球県大会は、21日決勝を迎える。敦賀気比と金津との熱戦は、FBCラジオとテレビそれに高校野球総合サイトで生中継で伝える。(7月20日) 決勝は、打線好調で勢いにのる強豪・敦賀気比と、エース藤田を擁し初めて決勝に駒を進めた金津が対戦する。 2年ぶりに開かれる夏の甲子園大会への切符をつかむのはどちらか。 決勝は、福井県営球場で21日午前10時開始。 FBCラジオとテレビ、それに高校野球総合サイト「バーチャル高校野球」で生中継する。

福井 2021.07.20 17:25

【新型コロナウイルス石川県】23人が陽性 12人が感染経路不明

石川県は20日、新型コロナウイルスについて新たに23人の陽性が確認されたと発表した。そのうち12人が感染経路不明となっている。 石川県によると20日午前10時までに確認された426件の検査の結果、10歳未満から50代までの23人の陽性が新たに判明した。 内訳は濃厚接触者・接触者が11人、感染経路不明者が12人となっている。症状別では無症状が3人、軽症が20人だった。 県内のコロナ専用病床は435床のうち74床が使用されていて、そのうち重症病床の使用数は1床となっている。

石川 2021.07.20 17:16

新たに3人感染 21日に評価指標見直し

福井県は20日、新型コロナウイルスに県内で新たに3人が感染したと発表した。発令中の感染拡大特別警報については、21日に延長か引き下げかを判断する。(7月20日) 新規感染者の内訳は福井市の50代の自営業男性と福井市の20代の無職男性、それに敦賀市の40代女性会社員の合わせて3人。 県内の感染者の累計は1424人になり、入院している人は7人減って50人で、重症患者はいない。 病床の占有率は15.5パーセントと注意報レベルで、直近1週間の感染者の累計は25人と警報レベルを下回る水準となっている。 県はこうした状況を踏まえ、22日を期限としている特別警報について、21日に延長か引き下げかを判断する。

福井 2021.07.20 17:04

高校生がPCR検査の工程学ぶ

敦賀市の敦賀高校で19日、新型コロナウイルスのPCR検査に関する実習が行われ、2年生の生徒が検体を採取する工程などを学んだ。(7月20日) 市内に工場を置く大手化学メーカー・東洋紡が開発した検査キットを使って、同社の社員の指導の下で行われた。 医学部を目指すという生徒は「現代の医療の検査とか、これからも使っていく技術だと思うので、マイクロピペットとかも使えるようになっていきたい」と話した。 また、薬学部を目指すという生徒は「将来コロナウイルスはなくならないと思っている。進路を実現できた時に知識として役立つものになると思う」と話した。 生徒たちはこの実習を通し、職業観を磨いた様子だった。

福井 2021.07.20 17:02

県内小中学校で終業式 涼しい時間帯に実施

20日の県内は小浜で35.2度まで気温が上がり、2日連続で熱中症警戒アラートが発表される猛烈な暑さとなった。21日から夏休みに入る小学校では、児童たちが熱中症予防を約束していた。(7月20日) 高浜町を除く県内の小中学校では20日、一斉に終業式が行われた。このうち坂井市春江町の大石小学校では、熱中症対策で去年より開始を10分早め、涼しい時間帯に行われた。 6年生の児童は夏休みの過ごし方について「安全面に気を付けて楽しい夏休みにしたい。県外には出られないけど、家で出来ることを探してやってみたい」と話した。 県内はしばらく真夏日が続く予想で、熱中症対策が必要。

福井 2021.07.20 17:01

マラソンスイミングの仏選手団 練習を公開 石川県白山市で事前合宿

東京オリンピックのマラソンスイミングに出場するフランスの選手団が20日、石川県白山市内で事前合宿の様子を公開した。 白山市の屋外プールで合宿に臨んでいるのは、「マラソンスイミング」のフランス代表選手2人を含む、選手団9人。 マラソンスイミングは、海や川、湖などを使い10キロを泳ぐ耐久レースで、選手たちは長い距離を泳ぎながら日本の暑さと湿度に体を慣らしている。 選手団は毎日PCR検査を受けていて、移動は宿泊施設と練習場所の間に制限されているという。

石川 2021.07.20 16:19

夏休みを前に石川県内の公立小学校で終業式

石川県内の多くの公立小学校では、21日から始まる夏休みを前に、20日、終業式が行われた。 石川県内ではかほく市と内灘町を除く17の市町の公立小学校で、21日から夏休みが始まる。 このうち、金沢市の中村町小学校では校内放送を通じて終業式が行われた。全校児童298人に向けて河村真吾校長は「夏休み明けもみんな元気に揃って2学期をスタートさせましょう」と挨拶した。 21日から始まる夏休みを前に児童たちは、夏休み中に頑張りたいことや、2学期も頑張って学校に来たいとそれぞれの思いを話していた。 公立小学校の夏休みはかほく市と内灘町では22日から始まる。

石川 2021.07.20 12:13

石川県内で火事相次ぐ いずれもけが人なし 

19日、夕方から深夜にかけ、石川県内の志賀町と金沢市で火事が相次いだ。いずれもけが人はいないという。 火事があったのは志賀町百浦の住宅で、19日午後6時過ぎ、この家に住む男性から「2階の全部が燃えている」と消防に通報があった。 火は木造2階建ての住宅を全焼したほか、隣接する1棟の一部を焼き、およそ1時間半後に消し止められた。 警察によるとこの家には通報した男性1人で住んでいて出火当時、家にいたが逃げ出して、無事だったという。 一方、同日午後11時過ぎには金沢市寺中町の飲食店の入り口など一部を焼く火事があった。けが人はいなかった。 この日、店は定休日で出火当時は営業しておらず、警察や消防は20日朝から実況見分を行い出火の原因を調べている。

石川 2021.07.20 12:12

県内に初めて「熱中症警戒アラート」出る

 富山県でことしから運用が始まった「熱中症警戒アラート」が20日、初めて出されました。熱中症に対する十分な警戒が必要です。  20日、富山県は暑さが厳しく熱中症の危険性が極めて高い状況になることが予測されます。  午前11時までに県内10の観測地点のうち、7か所で30度を超える真夏日となっています。20日日中の予想最高気温は富山市で33度、高岡市伏木で32度です。  外出はなるべく避け、室内でもエアコンなどを適切に使って過ごしてください  一方、魚津市では、魚津市もも研究会の6軒が育てた「あかつき」などの品種を持ち寄って、糖度などを測りました。  ことしは、実が小ぶりだということですが、糖度は高いもので14.5度と収穫開始時期にしては充分甘いモモが出来ました。  魚津ももは、大部分が庭先販売されていて、完熟させた実を収穫するため非常に甘みが強いのが特徴で、早いところでは20日から庭先販売を始めています。

富山 2021.07.20 11:44

上市町の製薬工場 無水硫酸の漏れ続く

 19日に、上市町の製薬工場で無水硫酸が漏れた事故で、現在もガスが漏れていて、除去作業が続いています。会社はさきほど会見を開き経緯を説明しました。  富士化学工業 西田洋代表取締役社長  「住民に不安をかけていることを申し訳なく思います」  この事故は、19日午前10時ごろ上市町郷柿沢の製薬会社 富士化学工業の工場で無水硫酸をタンクローリー車から工場に送り込む際、漏れて霧状となり周囲に充満しました。体調不良を訴える人はいませんでした。  会社によりますとタンクローリーの底に穴が開いている可能性が高いとしつつも、穴の特定に至っておらず、作業完了の目途はたっていません。  霧状となった無水硫酸は大量に吸い込むとせき込む可能性があり、周囲の住民には窓を閉め外出を控えるよう呼び掛けています。

富山 2021.07.20 11:44

馳浩衆議院議員 衆院選への不出馬を表明 石川知事選への出馬表明は衆院選後に

自民党の馳浩衆議院議員が19日、次の衆院選への不出馬を表明した。今後は、石川1区の後任の選考を進め、知事選については衆院選が終わったあとで議論するとしている。 19日、衆参あわせて26年間国会議員を務めた元文科大臣の馳浩氏が次の選挙に出馬しないことを表明した。 理由は来年春の知事選挙への挑戦。しかし、出馬の表明については、衆院選後であると繰り返した。 4月の県連大会で衆院選の選対を立ち上げ、「知事選の議論は衆院選後」としていた馳氏。その際に強調していたのが、前回の衆院選でも厳しい戦いが展開された石川3区。 その能登は、もともと谷本知事を支持する声が強い。いま知事選の議論を進めれば目の前の衆院選への影響が懸念される。 その現職は、まだ知事選への態度を明らかにしていない。19日、県連の役員会に不出馬を伝えた馳氏。その場で「知事選に挑戦したい気持ちがある」ことを話したが・・・、県連は、衆議院選終わるまでは、その影響を考え、知事選への動きは自粛するよう求めたという。 一方、これまでも独自候補擁立の動きが強かった金沢の選挙区。そして、馳氏の後任、石川1区の候補者選考に移ることが決まった。 その候補として名前があがるのが官房副長官に就く岡田直樹参議院議員。短期決戦となるだけに知名度のある岡田氏の待望論が高まる。 今後、選考委員会を開き、石川1区の後任を決めるとしている。来年春の知事選に向けて一歩踏み出した馳氏。しかし、本格的な議論は、様々な事情と思惑が交差するなか、衆院選が終わるまで棚上げとなる。

石川 2021.07.19 20:23

被害額1億円超 石川県警が詐欺容疑者逮捕 警察などをかたり金沢市の80代女性から現金詐取

石川県金沢市内の高齢女性から現金1億1350万円をだまし取ったとして、大阪に住む45歳の男が再逮捕された。 再逮捕されたのは大阪府の無職の男(45)だ。男は、複数人と共謀し、去年3月初旬から8月初旬までの間、警察などを装って金沢市内に住む80代の女性にうその電話をかけ、11回にわたり、現金合わせて1億1350万円をだまし取ったとされている。 警察の調べに対し、「受け取った場所は思い出せない」と一部容疑を否認しているという。 男は6月、奥能登に住む70代の女性から現金合わせて5850万円をだましとったとしてすでに逮捕されている。 この特殊詐欺の被害については去年10月に確認され、県警がすでに発表していたが、県内の特殊詐欺の被害額としては最も多い額となる。

石川 2021.07.19 20:20

無水硫酸が漏れる 付近住民に注意呼びかけ

 上市町の製薬工場で19日午前から、無水硫酸が漏れ出ていることが分かりました。無水硫酸は刺激臭がある化学物質で、引き続き漏れ出ているということで、警察や消防は付近の住民に、注意を呼びかけています。  「周辺住民に対して自宅の窓を閉めるよう呼び掛けています」  漏れがあった現場は上市町郷柿沢の製薬会社、富士化学工業の工場です。上市町などによりますと19日午後1時30分ごろ、住民から町に「工場から煙が上がっている」と連絡がありました。その後、町から警察と消防に通報したということです。  会社によりますと、19日午前、無水硫酸をタンクローリー車から工場に送り込む最中に何らかの原因で漏れはじめたということです。現場は今も無水硫酸による煙が充満していて、タンクローリーに近づけないということです。  富士化学工業 総務部 堀田真司主任 「煙は刺激臭はあるが、そこまで危険ではありませんし、空気中に拡散しておりますし、念のため地域住民の方には窓を閉めるように注意喚起しようとしております」  無水硫酸には刺激臭があり、町は調査中としながらも「すぐに有毒なものとは聞いていない」としています。  いまのところ、けが人や体調不良を訴える人はいないということです。  住民は 「気づかなかった、全然何も(情報)を得てません」  無水硫酸は現在も漏れているとみられ、警察と消防は周囲の住民に対して「窓を閉め、屋外にはなるべく出ないでほしい」と呼び掛けています。

富山 2021.07.19 19:47

県内の新規感染確認は2人

 続いては新型コロナウイルスです。県内では19日、新たに2人の感染が確認されました。  19日に感染が判明したのは、富山市の20代と50代の男性です。このうち20代の男性は、今月16日に感染が判明した男性の濃厚接触者として検査したところ陽性と分かりました。もう1人の感染経路は不明です。  また富山刑務所は、50代の男性職員1人が新型コロナに感染したと発表しました。この職員は受刑者と接する業務で、感染が判明した今月17日以降、施設の消毒や検査など対策をとっていて、19日夕方の時点でこの職員以外の感染者はいないということです。  県内の感染者は累計で2087人、このうち入院中は29人で重症者は2人です。  また県は、き18日までの県内のワクチン接種の進み具合を公表しました。65歳以上の高齢者は27万8000人余りが1回目の接種を、このうち19万3000人余りが2回目の接種を終えたとしています。

富山 2021.07.19 19:23

衆院選富山1区 立候補予定者の動きは

 ことし秋までに行われる衆議院選挙に向けて、県内での各政党の動きが活発化しています。旧富山市を選挙区とする富山1区には、週末に立候補を表明した1人を含めてこれまでに4人が名乗りを挙げ、それぞれが混戦を勝ち抜く決意を訴えています。  富山1区 吉田豊史さん(維新・元)  「今の状況が良くない最大の理由は、有権者からすると『選ぶべき政治・政党が無い』というところが最大の原因だと思う」  17日に、次期衆院選への立候補を表明したのは、元衆議院議員で富山維新の会代表の吉田豊史さんです。  2017年の衆院選富山1区で落選した吉田さんは、ことし4月、富山市長選挙に立候補し、落選したものの5万票あまりを獲得しました。再び衆院選に立候補することについて「富山を応援することに矛盾はない」としたうえで、国政を変えるために保守本来の政治を示す必要性があると訴えました。  富山1区 吉田豊史さん(維新・元)  「女性の力、若い人の力、将来について発展のためには子育て世代、そういう方々を前面に押し出すということを、今やらないといけないというところを最大の政策として力を入れたい」  富山1区 田畑裕明さん(自民・現)  「今度の選挙においても実績や評価というものが問われると思います」  衆院選への態勢を整えようと18日に富山市で開かれた自民党県連の会合で、富山1区現職の田畑裕明さんは「分断から協調、寛容力のある政治を目指し若さと行動力を持って挑む」と4回目の当選への意気込みを語りました。  県知事選や高岡市長選で自民党の推薦候補が敗れたことや、内閣の支持率が低迷していることから、自民党県連は危機感を強め、組織の建て直しを進めています。  富山1区 田畑裕明さん(自民・現)  「毎回の選挙は楽な選挙は1回もないという認識で戦っています。徹底的に多くの皆さんと直接向き合って政治信条や取り組むことについて具体的にお示ししたい」  富山1区 青山了介さん(共産・新)  「これまで続いてきた自民党・公明党の政策がだめだったと(コロナ禍で)浮き彫りになった」  共産党・新人の青山了介さんは、共産党県委員会の常任委員で、これまでに地方選挙に2回、国政選挙に2回立候補しています。青山さんは現在の政権に代わる新たな選択肢を有権者に示していきたいと訴えました。  富山1区 青山了介さん(共産・新)  「今度の選挙では何よりもコロナから国民の命と暮らしを守る選択肢をどう示すかが問われていると思う。今度の選挙は、これまで通りの自民党や公明党の政治でいいのかどうかが問われる選挙になるという意味で、政権交代を進める選挙にしたい」  富山1区 西尾政英さん(立憲・新) 「私たち立憲民主党がもう一つの選択肢をお示ししていきます」  立憲民主党から立候補を予定している新人の西尾政英さんです。立憲民主党の県連組織はことし2月に、社民党の党員の多くが合流して発足しましたが、全国で46番目と遅れました。支持の浸透を図るために西尾さんは市内各地で新型コロナウイルスへの対応など現政権を批判し、民意を受けとめる野党勢力の確立の必要性を訴えています。  富山1区 西尾政英さん(立憲・新)  「保守分裂は飽き飽きだと。失われた20年30年をつくったのは保守じゃないかと、多くのサイレントマジョリティの有権者が気づいていると思いますので、その方たちと一緒になって総選挙に向けて戦っていきたい」  衆議院議員の任期満了は10月21日です。菅首相が、いつ解散を判断するのか、立候補予定者はそれをにらみながら準備を加速させています。

富山 2021.07.19 19:23

まちなかピアノ ペインティングで彩る

 富山駅など富山市中心部で、通りかかった人が自由に演奏できるストリートピアノの準備が進んでいます。19日はピアノを彩るペインティングが施されました。岡田記者がお伝えします。  「普段利用する人も多いここ富山駅ですが、あいの風とやま鉄道改札口の向かい側に、グランドピアノが設置されています。きょうからそのピアノにペインティング装飾が施されています」  富山市は、世界的に人気を集めている街中にピアノを設置して自由に演奏してもらう取り組みでコロナ禍でも生き生きと暮らしてもらおうと、市内3か所にピアノを設置します。  このうち富山駅の南北自由通路のグランドピアノに19日に描かれたのは、「ヒマワリ」。ピアノの黒に黄色が映えます。  通りがかった人  「さっきから気になっていて、ひまわりって意外というか、ここで夏を感じられると思わなかったのでいいですよねぇ」 「ここでピアノを弾くっていうのは良いアイデアだと思いますね」  ペインティングを担当するのは富山大学芸術文化学部の卒業生です。  池田愛花里さん  「ヒマワリの中心の種がはじけるイメージをコンセプトに書いていて、種のスタートと人が駅から出発するスタートを重ね合わせながらそういったテーマで書けたらなって思っています」  ペインティング装飾は今月末まで行われ、ピアノを自由に演奏できる一般開放は来月中旬からの予定です。  ピアノはこのほかオーバード・ホールと大手モールに面するウエストプラザに設置されます。

富山 2021.07.19 19:22

原因の鉱山 50回目の立ち入り調査で

 神通川流域で発生した公害病、イタイイタイ病の被害を繰り返さないために、被害地域の住民たちは、原因となったカドミウムを排出した岐阜県飛騨市の神岡鉱業を、1972年から毎年立ち入り調査しています。17日に行われた調査は、50回の節目でした。  近年、全国で自然災害の被害が相次ぐ中、参加した住民たちは、豪雨による決壊などで再び下流域に被害が及ばないよう対策の徹底を求めました。  ことしの立ち入り調査は、新型コロナウイルスの影響で参加者を例年の60人から22人に大幅に減らし、感染防止対策を徹底しました。  「ことしの調査は、50回の大きな節目にあたります。住民らは、今後も『緊張感ある信頼関係』を続けていこうと神岡鉱業側と記念撮影しました」  この調査は、1972年、イタイイタイ病をめぐる裁判で住民側が勝訴して当時の三井金属と結んだ公害防止協定を基に始まりました。住民が会社に立ち入って調査する権利があるのは、世界でも極めて異例です。  住民たちは、排水処理施設や工場などを見て回りました。かつて、ここから流出したカドミウムが、イタイイタイ病を引き起こしました。  住民  「無筋で大丈夫なのか?」  神岡鉱業担当者 「大丈夫です。重力式擁壁というのは、無筋コンクリートでできるものなので、コンクリートの重みで耐えるという構造ですので無筋で問題ないです」  こうした取り組みなどの結果、神通川の水質は、およそ20年前から自然界の値に戻っています。  その後、住民たちは、会社側と質疑応答を行いました。そこで、質問したのは。  住民  「今月3日、熱海市において大規模土石流が発生し、甚大な被害が出ました…」  静岡県熱海市で発生した土石流。大雨で上流の土砂が一気に流出しました。  神岡鉱業の工場の背後には、かつて採掘していた鉱山の跡が点在しています。土石流が発生すれば、工場が押し流されるおそれがあるのではないかと指摘しました。会社側の回答は。  神岡鉱業担当者  「アスファルト等で被覆し、浸透水を遮断しております。排水路も整備されておりますので今回の熱海市における事例のような盛り土とか造成地はございません」  また、神岡鉱業の上流の谷には、ダムのように鉱石のカスを貯めた巨大な堆積場が今も残っています。  「堆積場のわきに来ました。所々白く濁った土砂が大量に貯められています。この中にはイタイイタイ病の原因となったカドミウムも含まれているということです」  堆積場は、あわせて3つあり、一番大きな和佐保堆積場は、東京ドーム21個分の土砂が谷を埋めています。地震や豪雨で決壊すれば、再び下流域が汚染されるおそれがあります。  イタイイタイ病対策協議会 高木勲寛会長  「50回は通過点ということを訴えました。まさにこれで終わりではないと。やはり公害は人災なんです。その大きなものが50年経ってもこんな形だと、それは県民の皆さんに改めて知ってもらいたいなと思います」 Q住民からはまだ通過点という声が上がっていたが?  神岡鉱業 岡田洋一社長  「その通りだと思っています。我々ここで仕事をする限りにおいては、環境と安全については最重要の課題と認識してやっていかなきゃいけないというのは、そう思っておりますし、それについてはあくまで一つの通過点というのは、その通りだなというふうに私どもも感じています」  イタイイタイ病と認定された患者は200人で、このうち生存しているのは90代の女性1人だけです。患者は2015年に2人が認定されてから確認されていませんが、体内に蓄積したカドミウムの影響で今後も認定される可能性があります。

富山 2021.07.19 19:21

仕事と人生 自分なりのスタイルで

 国連の持続可能な開発目標=SDGsのなかにある「ジェンダー平等」について、エブリィはシリーズでお伝えしています。19日は外資系企業で働く女性たちの姿を通して、働き方について考えます。  八尾の街並みに響くおわらの音色。歌を練習しているのは、水口直美さん42歳です。新型コロナウイルスの影響で、おわら風の盆はことしも中止になりましたが、練習は一年を通して欠かしません。  水口さんが勤めるのは、アメリカに親会社があるプルデンシャル生命保険。昨年度の新規契約高は単体で業界3位、顧客満足度調査や働きがいのある企業ランキングで上位の企業です。  水口直美さん  「人生にかかわる三大資金として家と教育と老後があるので、この3つをイメージしながら計画的に準備すると将来、勝ち組になれますんで!」  契約者の人生をサポートするのが役目だと話す水口さん。以前は県内で、ウェディングプランナーとして働いていました。  「結婚式場は土日がメインの仕事なので、土日の休みはないですし、繁忙期になれば、もう午前様は当たり前っていう。結婚して出産して自分の人生を歩んでいくことを考えた時に、この仕事をずっと続けていくことができるのかなーって」  そんな時に受けたのが、転職の誘いの電話でした。  「世界一の保険会社を一緒に作りませんかと言われて」  時間管理も、キャリア形成も自分次第の企業でした。  「仕事は全て自分で管理していて、ミーティングは週に2回あるんですけど、それ以外は完全に自由に活動して。娘が、いま小学校六年生なんですけど、小さい時から娘の子供の行事を先に予定に入れて、空いているところに仕事を入れるって言う感じでできてるかな」  水口さんは、付加価値の高いライフプランナーをめざし、自己研鑽に力を入れています。世界中の成績優秀者が所属する組織=MDRTの会員資格を10年続けて取得しています。  「MDRTの資格は、毎年毎年リセットされるので、常にチャレンジをしていかなきゃいけないんですけど、そこで得られる人脈とか知識は本当にお客様にとっては価値ある情報になるので」  そんな水口さんに憧れて転職したのは、串田菜々恵さん35歳です。  串田菜々恵さん  「当時の自分を振り返ると、ものすごくくすぶっていたっていう表現が正しいのか、(前職は)業務時間内で収まらない業務量をこなすには自分のプライベートな時間を削るしかなくて。女性の管理職も実際いらっしゃらなかったのもあって、10年後20年後30年後の自分のキャリアを考えた時、想像できる将来像が実際のところなかった」  ライフプランナーから管理職に転向し、営業所長になったのも理由がありました。  「当時のくすぶっていた自分のような女性がもしSOSを出していたりとか、何か変わるきっかけを求めてるとしたら、そのチャンスを提供したいなっていうのをすごく感じてマネージャー職に転向した」  森田照彦さん46歳は、リーマン・ショックをきっかけに住宅会社から転職しました。  森田照彦さん  「自分のやりたい仕事を自分のやりたいようにやれている。子どもとか、奥さんも仕事してるので、そのサポートは以前とは比べ物にならない。朝の洗濯物干すのは僕の仕事。あとごみ捨ても僕の 仕事です。あとは早めに予定が終わった時は、夕飯の支度をしてとか。夕飯の片付けは、全部僕がやっています。長女が高校生なんですけど、学校まで朝送ったりは週四ぐらいでしてますね」  自分のスタイルで仕事に取り組み実績を上げるという働き方が富山でも始まっています。  水口直美さん  「自分を変えてみようと決断するのか、それともどうせ私なんてって変わらない決断をするのかで、すごく大きな違いだと思うので。特に今20代とか30代の方は、若さに加えて体力もあるので、ぜひいろんなことにチャレンジしていってもらえたらなあと思います」

富山 2021.07.19 19:20

石川県で合宿中のロシアのチーム練習を公開 テコンドー選手8人が本番に向け汗流す

東京オリンピックに向けて穴水町で事前合宿を行っているロシアのテコンドーチームが19日、報道陣に練習を公開した。 7月12日から事前合宿で穴水町を訪れているロシアのテコンドーチーム。 選手8人とスタッフあわせて17人が、毎日PCR検査を行い、宿泊施設からは出ないなど、感染対策を徹底しながら練習をしている。 19日はミット打ちや組手などの練習が行われ、選手たちはオリンピック本番に向けて汗を流していた。 選手たちは21日から順次、東京の選手村へ向け出発するという。

石川 2021.07.19 19:14

県内初の熱中症警戒アラート 小浜で猛暑日

19日の県内は高気圧に覆われた影響で気温が上がり、小浜で36.5度と今年初めての猛暑日を記録した。環境省と気象庁は熱中症になる危険性が極めて高いとして、県内に初めて「熱中症警戒アラート」を発表した。(7月19日) アラートは今年度から全国を対象に運用が始まり、危険な暑さへの注意を呼び掛け、熱中症の予防行動を取るよう促す。65歳以上のお年寄りや子どもなどはなるべく外出を避け、喉が渇いていなくてもこまめに水分を補給し、室内では時間を問わずエアコンなどを使ってもらう。 敦賀市の女性は「体が受け付けないくらいだるくなってしまって。こんなに暑いとは予想していなかった。マスクが早くとれたらいいけど、いつになるか」と話した。 FBCが県内各地の消防に確認したところ、19日は熱中症の疑いで8人が救急搬送された。福井地方気象台によると県内はしばらく真夏日が続く予想で、熱中症への十分な対策が必要。

福井 2021.07.19 19:06

真夏の味 朝日スイカ収穫

 19日の最高気温は富山市でことし最も高い32.9度を記録するなど、すべての観測地点で30度以上の真夏日となりました。真夏といえば、こちら富山市婦中町では、特産の朝日スイカが収穫を迎えています。  大きく実ったスイカを割ってみると…。鮮やかな赤色の果肉が目に飛び込んできます。  朝日スイカの産地、富山市婦中町友坂の松田久男さん(92)は60アールの畑で5000個あまりのスイカを育てていて、18日から収穫を始めました。ことしは日照時間が十分で、順調に育っているということです。  松田久男さん  「この天気が続くとね、3~4日経つと糖度が2~3度上がりますので、おそらく今、スイカは(糖度が)14度~15度あると思います」  朝の収穫の後、午前9時から直売所でスイカの販売が始まると、訪れた人たちが次々に購入していました。松田さんは、来月10日ごろまで収穫と販売を行います。  19日の県内は、最高気温が富山市で32.9度とことし一番の暑さになるなど、10の観測地点すべてで真夏日となりました。  KNBのまとめでは午後4時30分までに県内で5人が熱中症とみられる症状で病院に運ばれました。20日も暑くなる見込みで、水分をこまめに補給するなど熱中症に警戒が必要です。

富山 2021.07.19 18:57

角田高岡市長 自身の給与2割削減を提案

 今月12日に高岡市長に就任した角田市長は、財政健全化の取り組みを踏まえて、自身の給与を2割減額する方針を示しました。  19日の記者会見で角田市長は、今月28日に開かれる市議会臨時会に、自身の給与を減額する条例の一部改正案を提出する考えを述べました。  減額の規模は、前市長が40パーセントでしたが、角田市長は20パーセントとし、期間は、議決の日から財政健全化の緊急プログラムが終わる2023年3月末までです。副市長は15パーセントの減額です。  一方、新型コロナワクチン接種について受験を控えた中学3年生や高校3年生、児童扶養手当の受給者とひとり親家庭等医療費助成の受給者へ接種券の送付を始めたと説明しました。

富山 2021.07.19 18:56

石川県内20日も熱中症警戒アラート発表 厳しい暑さ続く

石川県内は19日も厳しい暑さになり、観測地点の半数以上で、ことし最も高い気温を記録した。熱中症の危険性を呼び掛ける「熱中症警戒アラートも3日連続発表された。 朝から強い日差しが照り付けた石川県内。最高気温は、志賀で34.6℃、金沢で33.6℃など、観測地点の半数以上で、ことし最も高い気温を記録した。 環境省と気象庁は、熱中症の危険性が極めて高い気象状況になるとして、3日連続で熱中症警戒アラートを発表した。 20日も、この状態は続く見込みで、20日が対象のアラートも発表されており、外出はなるべく避け、涼しい環境にして過ごすよう呼びかけている。 また、気象台では、気温が急激に上がったことで、加賀では、大気の状態が非常に不安定になっているとして、一時、竜巻注意情報を出すなど、19日夜遅くにかけて落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意するよう呼びかけている。

石川 2021.07.19 18:53

スロベニアのバスケ男子代表 福井市で調整

東京オリンピックに出場するスロベニア共和国の男子バスケットボール代表チームが福井市でキャンプ入りし、NBAで活躍するスター選手も調整を続けている。(7月19日) 練習初日となった18日は福井市の県営体育館で、軽めの運動で汗を流した。プロバスケットボールリーグ・NBAのスター選手として知られるルカ・ドンチッチ選手も参加し、笑顔を見せていた。 キャプテンのエド・ムリッチ選手は「福井市はとてもフレンドリーできれいな町。施設も新しくきれいで清潔。すごくいい経験をさせてもらっている。コロナ禍で町を見て回ることやたくさんの市民に会うことができないのが残念」と話した。 選手らは毎日PCR検査を受けながら、21日まで福井市内でオリンピック本番に向けた調整を続ける。宿泊施設から練習会場への往復以外は外出せず、専用バスで移動する。 スロベニアは日本と同じグループCに入っていて、7月29日に対戦が組まれている。

福井 2021.07.19 18:51

敦賀気比と金津で決勝 夏の高校野球県大会

夏の甲子園出場をかけた全国高校野球選手権福井大会は19日、福井市の福井県営球場で準決勝2試合が行われ、打線好調の敦賀気比とエース藤田を擁する金津がそれぞれ決勝進出を決めた。金津は初の決勝進出。(7月19日) 第1試合は敦賀気比と工大福井が対戦。敦賀気比は1回ウラ、ランナー1・2塁のチャンスに4番・上加世田の打球がエラーを誘い1点を先制すると、そのまま一気に4点を奪った。 続く2回ウラにも3点を加え、リードを7点に広げると、6回にも2点を加え、9対0の7回コールド勝ちで決勝進出を決めた。 敦賀気比の大島正樹主将は「どこが対戦相手になっても勝つだけだと思っている。3年生を中心にこの夏を勝つために日々苦しい練習をやってきた。最後勝って甲子園出場を決めたい」と話した。 第2試合は啓新と金津が対戦。金津は2回表に満塁のチャンスをつくると、9番・前田がライト前に2点タイムリーを放って先制。7回までに3点を加え、5対1で勝って初めての決勝進出を決めた。 金津の藤田貴志投手は「秋の大会の準々決勝で敦賀気比に負けているので、リベンジだと思ってしっかり自分たちの野球をして勝って甲子園に行きたい」と話した。 決勝戦は7月21日、福井市の福井県営球場で午前10時プレイボール。試合の模様はFBCのラジオとテレビ、それにインターネット配信で、いずれも生中継される。

福井 2021.07.19 18:49

コロナ新規感染なし 帰省時の行動に注意を

福井県は19日、県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されなかったと発表した。新規感染者ゼロは6月12日以来、37日ぶり。(7月19日) 感染者の累計は1421人で、入院している人は13人減って57人になり、重症患者はいない。 県内は7月22日まで感染拡大特別警報発令中。直近1週間の感染者数の累計と病床の占有率はともに警報レベルを下回っている。 県内では感染状況が落ち着いてきているものの、県は盆休みなどで県外から帰省する家族には2週間前から大人数での会食を控えるよう話してほしいとしている。

福井 2021.07.19 18:45

【新型コロナウイルス石川県】25人が陽性 クラスター1件発生

新型コロナウイルスについて石川県は新たに25人の感染が確認されたと発表した。また、片町地区の接待を伴う飲食店で新たなクラスターも確認されている。 石川県によると19日午前10時までに確認された312件の検査の結果、新たに25人の陽性が判明した。 このうち1人は片町地区の接待を伴う飲食店の従業員で、この店ではこれまでの公表分を含めあわせて5人の感染が確認されている。 7月に入って飲食店でのクラスターは4件発生しているが、いずれも片町地区で、接待を伴う飲食店だという。 このほかの感染者の内訳は濃厚接触者または接触者が14人、感染経路不明者が10人となっている。

石川 2021.07.19 18:28

石川県「イオンモール白山」が本格オープン 新たな仕組みや感染対策の装置などを導入

北陸エリア最大級となる商業施設「イオンモール白山」が19日、本格的にオープンした。石川県内では3か所目となるイオンモール。コロナ禍でのオープンということもあり、さまざまな対策も講じられている。 19日に本格オープンした「イオンモール白山」開店前から約1800人が並んだ。 北陸エリア最大級となるモールは地上3階建て敷地面積は約17万5000平方メートル。北陸道の白山インターに近い海側環状道路沿いにあり、5月末で閉店したイオン御経塚店のあった場所から1キロあまりという立地環境だ。 そして、モール内は約200の専門店が入っていて、そのうち78店、4割ほどが北陸または県内初出店だ。 県内のイオンモールは、かほく、新小松に続きこれで3か所目となる。また、富山県西部にも高岡、砺波の2か所があり、モールの過密状態ともとれるが…。 イオンモール岩村康次社長は、「イオン御経塚という専門店が地域に愛され、23年間営業してきた。イオンモール白山は、新しい店ができたというよりは、地域の中で移転して増床してオープンしたということだ」とし、「地域のマーケットに合わせて、それぞれの役目を果たして共存していきたい」と話していた。 また、今回、コロナ禍でのオープンとなったが、モール内の空気循環換気を通常以上に強化。 核テナントとなる「イオンスタイル」では、買い物カゴを除菌する装置を北陸のイオンで初めて導入するなどの対策がとられている。 そのほか、スマートフォンで商品の読み取りや会計ができる新たな仕組みも県内で初めて導入。また、AIカメラを活用し、客の動線や立ち寄り時間の長さなどを可視化し、売り場のレイアウトや地域のニーズにあった商品の充実につなげたいとしている。 18日までの4日間、近隣住民を対象にした先行開業(=ソフトオープン)では約14万5000人が来店するなどさっそく注目されているイオンモール白山。年間800万人の集客を見込んでいるという。

石川 2021.07.19 17:44

県警の広域緊急援助隊 熱海での捜索活動へ

静岡県熱海市で起きた大規模な土砂災害を受けて、福井県警の警察官が19日、行方不明者の捜索活動などを支援するため現地に向けて出発した。(7月19日) 午前7時、福井市荒木新保の県警機動隊の庁舎前で出発式が行われ、災害に備え訓練を受けている広域緊急援助隊などに所属する警察官合わせて5人が車で現地へと向かった。19日中に到着し、活動を始める。 大規模な土砂災害の発生から2週間が経過し、熱海市によると、18日午後6時半までに18人が死亡、11人が行方不明のままとなっている。 派遣された隊員はドローンを使って上空から現場の状況を撮影するほか、土砂の撤去を行うことになっている。

福井 2021.07.19 12:23

石川県内厳しい暑さに 熱中症警戒アラート 外出はなるべく避けて

石川県内は厳しい暑さになっていて、熱中症警戒アラートが発表されている。 19日午前11時までの最高気温は、金沢で33.0℃を観測するなど、すべての観測地点で真夏日になっている。 環境省と気象庁は、県内は熱中症の危険性が極めて高い気象状況になるとして、3日連続で熱中症警戒アラートを発表している。 外出はなるべく避け、涼しい環境にして過ごすよう呼びかけている。

石川 2021.07.19 12:07

石川県内に「イオンモール白山」オープン 北陸エリア最大級

北陸エリア最大級となる大型商業施設「イオンモール白山」が19日、本格的にオープンした。 19日、石川県白山市の海側環状道路沿いに本格オープンした「イオンモール白山」。午前9時の開店前から約1800人が並んだ。 北陸エリア最大級となるモールは地上3階建て敷地面積は約17万5000平方メートル。約200の専門店が入っていて、そのうち4割ほどが北陸または県内初出店。 コロナ禍でのオープンとなったが、館内での空気循環を通常以上に強化。そのほか、買い物カゴを除菌する装置を導入するなど対策がとられている。県内のイオンモールはこれで3か所目となる。

石川 2021.07.19 12:03

金沢市の小学校で戦争の悲惨さなどを学ぶ 遺族が当時の苦しい生活や思い伝える

8月の終戦記念日を前に、金沢市内の小学校では、19日、児童が戦争の悲惨さや当時のくらしを学んだ。 この授業は、戦争を知らない子どもたちにその悲惨さを知ってもらおうと、金沢市の森山町小学校が行った。 この日は、この小学校出身で金沢市遺族連合会会長の小林茂隆さんが訪れ、戦後の苦しい生活や、戦争で家族を失った遺族の思いなどを語った。 遺族会では、今後も体験を伝える活動を行っていきたいと話していた。

石川 2021.07.19 11:56

富山市婦中町「朝日スイカ」の収穫始まる

 19日の県内は、真夏の日差しが照りつけています。富山市婦中町では甘みが強い、特産の「朝日スイカ」の収穫が始まっています。  富山市婦中町友坂の松田久男さん(92)は、60アールの畑で5000個余りの朝日スイカを育てています。ことしは日照時間も十分で順調に実っていて、18日から収穫作業が始まりました。  けさは収穫した200個ほどのスイカをトラックに積み込みました。収穫は来月中旬ごろまで続き、直売所やインターネットで販売されます。  19日日中の予想最高気温は、富山市で33度、高岡市伏木で32度で、県内はすでに真夏日となっています。水分をこまめに補給するなど熱中症に警戒が必要です。

富山 2021.07.19 11:43

氷見のグランピング施設オープン遅れる

 キャンプを手軽に楽しめるグランピング施設を氷見市に整備する計画は、コロナ禍の影響でオープンが、当初予定していたことし夏から遅れる見通しとなったことが分かりました。  氷見市は、北大町にある比美乃江公園内の2200平方メートル余りの市有地の活用策を公募し、市内の食肉卸・販売会社と、東京のアウトドア関連会社が共同提案したグランピング施設に決めていました。  グランピングとは、英語で魅力的を意味するグラマラスとキャンピングの造語で、キャンプ用品や料理が準備されます。計画では、宿泊棟4棟と管理棟を整備してことし夏のオープンを目指していました。  しかし氷見市によりますと、コロナ禍で東京の業者が氷見に来て打ち合わせるなどの作業ができなくなり、今年中のオープンは難しいとみられます。市は、今後の対応を検討していく方針です。

富山 2021.07.19 11:43

県内新たに5人感染 熱中症対策との両立を

福井県は18日、県内で新型コロナウイルスに新たに5人が感染したと発表した。県は感染予防と熱中症対策の両立を呼びかけている。(7月18日) 新たに感染が分かったのは、福井市と高浜町の20代から70代の男女あわせて4人と福井商業高校関連の1人。 これで県内の感染者の累計は1421人に。 18日の県内は、福井で34・8度を記録したのをはじめ、10の観測地点のうち8地点で今年最高気温となった。 福井地方気象台によると、19日の県内は猛暑日の予想で、県は会話や食事の際のマスク着用を呼び掛ける一方、こまめに水分補給をし、屋外で1人で活動する場合はマスクを外すなど、感染予防と熱中症対策の両立を呼びかけている。

福井 2021.07.18 19:07

バスケ強化試合 八村・馬場 勝利に貢献

 バスケットボール男子日本代表のオリンピック前最後の強化試合が18日行われ、富山市奥田中学校出身の八村塁選手と馬場雄大選手は、日本の勝利に貢献しました。  八村と馬場が2試合連続の先発出場となった日本は、世界ランキング7位のフランスと対戦しました。  18日の試合、日本の最初の得点は八村。さらに3ポイントシュートに、技ありのシュートなど、八村はこの試合両チーム最多の19得点を挙げます。  一方の馬場は最終第4クオーター、同点に追いつかれた直後にスティールから勝利を決定付ける、豪快なダンクシュートを決めます。  日本は、格上フランスに国際試合初勝利を挙げ大金星。今月26日のオリンピック初戦に向け弾みのつく勝利となりました。

富山 2021.07.18 18:58

石川県 金沢市の市道で車2台が絡む事故 男性1人が意識不明の重体

18日朝、石川県金沢市の市道で車2台が絡む事故があり、1人が意識不明の重体となっている。 事故があったのは金沢市木曳野の市道だ。 警察によると18日7時半過ぎ走行中の軽貨物自動車が車線をはみ出し対向車線を走っていた車に接触。その後軽自動車は近くにあったお店の外壁にぶつかった。 この事故で軽自動車を運転していた金沢市の無職田内俊次さん(75)が病院に運ばれ意識不明の重体となっている。 現場は片側1車線の直線道路で警察では詳しい事故の原因を調べている。

石川 2021.07.18 18:06

石川県 真夏日 5地点でことし一番の暑さ 19日も気温上昇で熱中症警戒アラート発表

18日の石川県は各地で30℃を超える暑さとなった。 19日も気温は高く気象庁などが熱中症の警戒アラートを発表している。 県内は、七尾の34.9℃を最高にすべての観測地点で真夏日となったほか輪島や珠洲など5つの地点でことし一番の暑さとなった。 気象台によると19日も県内は気温が上がり金沢で34℃、輪島で32℃が予想されている。 環境省と気象庁は警戒アラートを発表して熱中症の予防を呼びかけている。

石川 2021.07.18 18:06

【石川県新型コロナ】新たに23人感染確認 うち感染経路不明者が12人

石川県は18日、新型コロナウイルスについて新たに23人の陽性が確認されたと発表した。 県によると、午前10時までに確認された548件の検査の結果23人の陽性が判明した。 内訳は、すでに公表されている学校関係のクラスターが2人、そして、濃厚接触者または接触者が9人、感染経路不明者が12人だった。 症状は無症状が2人その他の人は全て軽症だ。 県内のコロナ専用病床は435床のうち使用されているのは86床、重症病床は1床となっている。

石川 2021.07.18 17:58

新型コロナ 6人感染確認

 県内で18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに6人確認されました。  新たに感染が分かったのは富山市・砺波市・射水市・氷見市・南砺市の20代から60代までの男女6人です。感染経路は2人が家族や職場関係者からの感染とみられていますが、残る4人は分かっていません。  6人の濃厚接触者はあわせて22人にのぼり、このうち陰性が確認された2人を除いて20人が検査の結果待ちです。  県内の感染者数は累計で2085人で入院中は28人、1人が調整中で重症者は2人です。  いっぽう、石川県は18日、23人の新規感染を確認したと発表しました。累計の感染者は4212人です。

富山 2021.07.18 17:35

富山県美術館 観覧者数100万人達成

 富山県美術館で、企画展と常設展をあわせた観覧者の数が18日で100万人となり、記念のセレモニーが行われました。  企画展と常設展あわせて100万人目の観覧者となったのは魚津市から家族と共に訪れた谷口よつはさん(12)です。  記念のセレモニーでは、谷口さんに雪山行二館長から図録やTシャツなどの記念品が贈られました。  谷口よつはさん  「たまたまだったけど…、こういうもの(記念品)をもらって嬉しいです」  富山県美術館は、2017年3月に一部が開館し、その後8月に展示室などが全面開館しました。ことし4月には、新たなレストランがオープンするなど賑わい、先月12日に入館者数300万人を 達成しています。

富山 2021.07.18 17:35