北陸のニュース

若狭かきが水揚げ最盛期 3月いっぱいまで出荷

若狭の冬の味覚、若狭かきの水揚げが小浜市甲ヶ崎で最盛期を迎えている。水揚げは3月いっぱい続き、県内のほか関西などへ出荷される。若狭かきは風味豊かでぷりぷりとした食感と凝縮した旨味が特徴。(1月22日) 小浜市の甲ヶ崎では9軒が若狭かきを養殖していて、一年以上かけて育った牡蠣を次々と水揚げした。 今シーズンは身の出来は例年並みだが、去年の夏に残暑が長引き、海水温の高い日が続いた影響で、水揚げ量は例年の半分に落ち込んでいる。 今後は雪解け水が流れ込んで水温が一段と下がる2月以降に身が締まるほか、旨味も増し、最も美味しい時期を迎える。

福井 2022.01.22 18:10

富山県で132人感染 過去2番目の多さ

 県と富山市は22日、過去2番目に多い132人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表しました。また新たに、クラスターが3件発生したと発表しました。  新たに感染が分かったのは、上市町と舟橋村を除く県内13市町と東京都の10歳未満から90歳以上までの男女132人です。  100人を超えるのは去年8月25日以来で、過去2番目の多さです。  3人が肺炎などの症状を伴う中等症で入院しています。  経路不明の感染者は66人と、全体の半数を占めています。  また新たに発生したクラスターは黒部市の保育所での感染とみられ、22日までに職員4人、園児15人のあわせて19人の感染が確認されました。  この19人以外の園児・職員あわせて46人は検査の結果陰性でしたが保育所は当面の間休所するということです。  また県西部の学校の学生寮では21日までに寮生7人の感染が分かりました。7人と接点のあった学生と、ほかの寮生や職員あわせて21人は全員陰性でした。  さらに県西部の学校では、運動部に参加した生徒3人と児童1人、それに顧問1人のあわせて5人が感染し、63例目のクラスターと認定されました。  ほかの児童生徒とコーチあわせて23人が検査結果待ちです。  県内で入院中の人は114人で、重症者はいません。  宿泊療養施設入所者は161人、自宅療養または入院調整中が163人となっています。

富山 2022.01.22 18:04

自民・高市政調会長 富山でオンライン講演

 自民党の高市早苗政調会長が22日、富山市であった党所属議員のセミナーにオンラインで参加し、経済安全保障の強化に向けた法整備の必要性などを訴えました。  高市政調会長は22日、富山市で開かれた田畑裕明総務副大臣の新春セミナーで講演しました。  この中で、新型コロナウイルスによる重症者や死亡者を極力減らすため、「ワクチンや治療薬を国内調達できる形づくりが重要だ」と指摘しました。  また今国会で提出される見通しの「経済安全保障推進法案」について、成立に力を注ぐ考えを強調しました。  セミナーではこのほか、ことし夏の参議院選挙での富山での圧倒的勝利にむけ全力で戦うことを決議しました。

富山 2022.01.22 17:59

【石川県新型コロナ】新たに263人が感染 4日連続で過去最多更新

石川県は22日、新型コロナウイルスについて新たに263人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は1429件。陽性263人のうち、クラスター関連は12人、濃厚接触者・接触者は32人、感染経路不明は219人。 1日あたりの新規感染者数263人は、県内では過去最多。4日連続での更新となる。

石川 2022.01.22 13:58

前田工繊子会社 レース用統一ホイールに採用

前田工繊(坂井市)の子会社、BBSジャパンが手がける自動車用ホイールが、カーレースのF1とアメリカ最大のレース団体NASCARの新たな統一ホイールに採用された。世界の最高峰レースをほぼ独占することになる。(1月22日) BBSジャパンは1983年ドイツのホイールメーカー・BBSと技術提携してホイール製造を開始。 その後、製造販売権を買収して1990年代から独自の鍛造ホイールをイタリアのフェラーリなど各国のF1チームに納入し、最も多い年では7チームに提供。 こうした約30年に及ぶ実績が高く評価され、F1を主催する国際自動車連盟とアメリカ最大のレース団体NASCARが今年から新たな統一ホイールとして採用を決めた。 BBSジャパンによると、今シーズンからF1で4年間、NASCARでは3年間、参加チームへの納入が見込まれ、「モータースポーツ最高峰のレースで得られる知見を市販モデルにも生かしたい」と期待をかけている。

福井 2022.01.22 13:55

小中学校図画作文コンクール 感性豊かな作品集まる

福井県小中学校図画作文コンクールの審査が始まり、子ども達の感性豊かな作品、4269点が集まった。入賞作品は3月2日から6日まで福井市のアオッサ1階のアトリウムで展示される。(1月22日) 61回目を迎えた図画作文コンクールには、県内の小中学校から図画の部に3735作品、作文の部に534作品が寄せられ、FBC本社でそれぞれの審査が始まった。 このうち図画の審査では、県内の美術担当の教諭が画用紙いっぱいに生き生きと描かれた作品の構図や、色づかいなどをチェックしていた。 今回は前回に比べ、サツマイモ掘りや遊園地で楽しむ光景、それに運動会での玉入れ競争など外で過ごす様子を描いた作品が目立った。

福井 2022.01.22 13:50

石川県金沢市の百貨店で西洋アンティーク展 ガレやドームの希少なガラス工芸作品など展示

19世紀から20世紀にかけてヨーロッパで製作されたガラス工芸や陶磁器の展示会が22日、石川県金沢市の百貨店で始まった。 香林坊大和で始まった「西洋アンティーク展」。 会場には、フランスで活躍したガレやドームの希少なガラス工芸作品をはじめ、ドイツの陶磁器「マイセン」など158点の作品が並べられている。 展示されている作品は19世紀後半から20世紀初頭ヨーロッパのアール・ヌーヴォー期に作られたもので、植物や自然の風景に曲線美が融合し、調和が図られた作品が多いという。 この催しは25日まで開かれている。

石川 2022.01.22 12:20

ハウス白ネギの収穫と出荷を体験 魚津市

 魚津市では22日、農業ハウスで育てた白ネギの収穫と出荷の体験会に親子連れが参加しました。  参加した男の子 「かわいいがあった」  魚津市川縁の営農組合で市が企画した体験会には、9組18人の親子が参加しました。  参加者は、農業ハウス内で育った白ネギを畝から掘り出し、外皮をはいで袋詰めするまでを体験しました。  魚津市の22日朝の最低気温は、氷点下2.7度を記録するなど、県内10の観測地点すべてで最低気温は氷点下となりました。  県内、日中は晴れ間もありそうですが、最高気温は平年を下回る予想です。  23日はゆっくり天気は下り坂で、夜遅くには雨や雪が降り出す見込みです。

富山 2022.01.22 11:47

過失運転致傷容疑で21歳男を逮捕 富山市

 21日夕方、富山市の市道で歩行者の男性を軽乗用車ではね、大けがを負わせたとして、富山市の会社員の男が過失運転致傷の疑いで警察に逮捕されました。  富山南警察署によりますと、21日午後6時40分ごろ、富山市本郷町の市道を歩いていた市内の26歳の男性が、後ろから来た軽乗用車にはねられ、鎖骨を折るなどの大けがをしました。  警察は、車を運転していた富山市西番の会社員、亀谷健太容疑者(21)が、前の安全をよく確かめていなかったなどとして、過失運転致傷の疑いでその場で逮捕しました。  現場は片側1車線の直線道路で、男性は除雪されていない歩道を避け車道を歩いていたということで、警察が原因を調べています。

富山 2022.01.22 11:47

母校の受験生に「すべらないめがね拭き」 OBでめがね店営む男性が毎年贈るエール

石川県金沢市内の中学校で、21日OBから受験本番に向けて恒例の合格祈願グッズが贈られた。 表の面には「合格」の2文字。そして、裏面にはすべり止め加工が施されている、その名も「すべらないめがね拭き」。 金沢市立鳴和中学校のOBで、めがね店を営む柿木健雄さんが考案したもので「受験ですべらないように」という願いを込め、14年前から毎年母校の受験生全員に贈っている。 柿本さんは「日常で使えるものを受験会場に持ちこみ、平常心で試験に臨んでほしい」と話していた。

石川 2022.01.21 19:16

感染急拡大の石川県 保健所では多忙極める 電話対応に検査 業務量も増加

新規感染者の数が連日過去最多を更新するなど、1月に入り、感染が急拡大している石川県内。保健所では入院先の調整や検体の検査などコロナに関する様々な業務が行われている。日々、対応に追われる保健所の今を取材した。 午前中から鳴りやまない電話。金沢市保健所の保健師たちは、新たに感染が判明した新型コロナの感染者との電話に追われていた。 一面に貼られているのは「発生届」。医療機関から送られる感染者の症状などが細かく記されている。 この「発生届」の情報を元に、感染が確認された人へ朝から電話をかけるというが…。なかなか電話がつながらないこともあるという。 金沢市では20日までに3日続けて、100人を超える感染者を数えている。感染者が増えるにつれ、保健所の業務量も日に日に増えていく。 電話対応をする人の中には、通常は福祉健康センターで勤務していて、応援のため、移動してきた人も。保健所では市の協力を得て、現在、他の部署からの保健師を10人ほど増員して対応にあたっている。 思い出すのは、感染が爆発した去年、第5波の時。連日、深夜まで勤務していたと話す。 検査室では8人体制で日々検査を行っている。ことしに入り、1日の検査数が急激に増加し徐々に限界が近づいているという。 保健所として対応にあたり、およそ2年。多忙を極める今もこれまでと気持ちは変わらない。 金沢市保健所の所長は、辛いなと思ったら速やかに休むことができる体制を社会全体が作っていくことが大切。また、頼りにされている保健所として、精いっぱい個々の方に対応していきたいと思うと話していた。 保健所では日々、一体となってコロナの拡大を食い止めようとしている。

石川 2022.01.21 19:12

【新型コロナ石川県】新たに229人陽性 3日連続で過去最多を更新

石川県は21日、新型コロナウイルスについて、新たに229人の陽性が確認されたと発表した。1日あたりの新規感染者数としては、3日連続で過去最多を更新している。 石川県によると、21日午前10時までに確認した1659件の検査の結果、金沢市や小松市などの1歳未満から90歳以上の男女で新たに229人の陽性が確認された。 20日の180人を上回り、3日連続で過去最多を更新している。 内訳は、すでに確認されている福祉施設や学校など、3つのクラスターで42人。濃厚接触者または接触者が66人。感染経路がわからない人が121人となっている。 症状別では、中等症が2人、軽症が166人、無症状が27人、34人が調査中となっている。 年代別で見ると、10歳未満の48人を筆頭に20代以下の若年層が半数以上を占めている。

石川 2022.01.21 19:12

石川県感染急拡大 感染レベル2に引き上げ

21日、石川県内では新型コロナウイルスの新たな感染者が229人確認された。 谷本知事は臨時会見を開き、10%台を維持していた病床使用率が一気に7ポイント上昇したことなどを踏まえ、県内の感染レベルをレベル1の「感染要注意」からレベル2の「感染拡大注意報」に引き上げると発表した。 引き上げによる県民への特別な制限はないというが、運用病床は現在の306床から1週間程度で408床へ引き上げられる。 また、まん延防止等重点措置の要請については、ただちに要請はしないものの、急な感染拡大に備えて国との協議は、事前に進めていくとしている。

石川 2022.01.21 19:11

富山県で新たに72人感染確認 新型コロナ

 県内では21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに72人確認されました。また黒部市では保育士の感染が合わせて8人、保育施設の子どもの感染が10人以上確認されています。  新たに感染が分かったのは、県内10の市と町、そして大阪府に住む10歳未満から70代までの男女72人です。いずれも軽症か無症状です。  新たな感染者のうち半数の36人は、感染経路が分かっていません。  年代別では10代と20代が合わせて31人で、全体の4割を超え、若い世代の感染が目立っています。  また黒部市は、市内の保育施設に勤務する保育士3人の感染を新たに確認したと発表しました。既に感染が判明していた保育士の接触者として検査したところ感染が分かりました。  これで黒部市の保育士の感染は2つの施設で合わせて8人となりました。市はこのうち1つの施設で子ども10人以上の感染を把握しているということで、黒部市は状況をさらに調べています。  一方、富山県立大学は新たに工学部の学生5人の感染が判明したと発表しました。5人の学年や学科はそれぞれ異なり、全員が同じ講義を受けていたことはなかったということです。  県立大学は20日も工学部の学生1人の感染を発表していて、感染者は6人となりましたが、県は感染経路などを現在、調べていて、クラスター=感染者集団かどうかはまだわかっていません。県立大学工学部は当面の間、授業をオンラインで行い、今月24日に予定している大学院の入学試験は予定通り実施します。  また、高岡市民病院は職員1人が感染したと発表しました。この職員は、同居する家族の感染が分かり、濃厚接触者として検査したところ陽性が判明しました。  濃厚接触者の職員2人、さらに感染した職員と接触した患者と職員あわせて15人は検査の結果、陰性でした。入院や外来診療に影響はないとしています。  県内で入院している人は102人で重症者はいません。宿泊療養施設に入っている人は141人、自宅療養または入院調整中の人は95人となっています。  一方、石川県では21日、新たに229人の感染が確認されました。3日連続で過去最多を更新していて、200人を超えるのは初めてです。  また福井県も98人と高い水準が続いています。

富山 2022.01.21 19:02

富山も「感染爆発前夜の状況」専門家が警鐘

 県内このところの感染状況は、学校などでの若者の感染が目立っています。感染症の専門家である県衛生研究所の大石和徳所長に、今の県内の状況と今後の対策について聞きました。  数家キャスター  「今、県内の状況というのは、一言で言うとどんな状態であるといえますか?」  大石所長  「感染爆発の前夜みたいな状況かもしれませんね」  県衛生研究所の大石和徳所長は、県内で感染が爆発的に拡大するかどうかの瀬戸際だと指摘します。  ことしに入って21日までの県内の感染者は463人で、年代別では20代が最も多く170人と、全体のおよそ4割を占めています。  その理由について大石所長は。  大石所長  「大学生とかの帰省された方が、富山で同窓会やったりとか、成人式もあるかもしれませんね。そういった形で若い人たちの集団が最初はドーンと広がった感じがあったと思います」  一方、このところは20代だけでなく、その他の年代にも拡大しています。  県東部と西部の2つの学校では、教室内でクラスターが発生し、学級閉鎖が相次ぎました。  大石所長  「これも市中感染の一端であって、ワクチンを打っている人がそこそこおられると思うんですね。そこはブレイクスルー・インフェクション(=感染)だと思うんですけど、市中感染の一部で広がっているのだと思います」  学級閉鎖している県東部の学校では、生徒や保護者に不安が広がり、自主的に検査したり、欠席したりする生徒が複数いるということです。  学校側も、不安な場合は検査したり、医療機関に相談したりするよう、文書で呼びかけるなどの対応を取っています。  今後の見通しについて大石所長は。  大石所長  「一定の閾(しきい)値を超えると、100人超えということは十分あり得ることですよね。混雑した場所や感染リスクの高い場所への外出を自粛したりと、昼夜を問わず家族以外のグループの会食はできるだけ控えるとか、そういったメッセージが必要になる時期、それがステージ2のメッセージですけど。(感染者が)100人超えになってくると必要になってくるのかなと思いますね」  大石所長は県独自の警戒レベルについて、1日の感染者が100人を超えることがステージ2への引き上げの目安になると指摘しています。

富山 2022.01.21 19:01

コロナ対策含む補正予算案可決 富山県議会

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、県は21日、「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する際の判断の目安を示しました。県独自の警戒レベル「ステージ2」の段階で、特定の区域で感染が拡大している場合などに判断するとしています。  これは21日の県議会臨時会で自民党議員会の永森直人議員の質問に対し、新田知事が答えたものです。  新型コロナの感染拡大を受けて、知事が飲食店に対し営業時間の短縮要請などを行える「まん延防止等重点措置」については、適用が21日から東京都と15の県に拡大していて、さらに各地で要請に向けた動きが出ています。  県内でも感染が広がる中、新田知事は、重点措置適用の国への要請や飲食店への時短要請については、県独自の警戒レベルが現在のステージ1からステージ2になった段階で、特定の区域で感染が拡大している場合、そしてステージ3となった場合をひとつの目安として判断する考えを示しました。  本会議では、県が提出した新たな宿泊療養施設の設置費用など新型コロナウイルス対策費を盛り込んだ一般会計で339億円あまりの1月補正予算案を賛成多数で可決し、閉会しました。

富山 2022.01.21 18:58

富山県の農協4団体 農業支援を県に要請

 JA富山中央会など県内の農協4団体は21日、県の新年度予算編成に向けて、農業の担い手育成や県産農畜産物の消費・輸出拡大などへの支援を要請しました。  県に要請したのは、JA富山中央会やJA全農とやまなど4団体で、中央会の伊藤孝邦会長が新田知事に要請書を手渡しました。  要請では、コロナ禍で主食用のコメの需要が減る中、県産米の需要確保にむけた取り組みや農業後継者の育成・確保を求めています。  さらに富山米の県外への販売や県産農畜産物の輸出拡大にむけた施策を求めています。  新田知事は「幸せの基盤は農業にあると理解している。しっかり受け止めたい」と話しました。

富山 2022.01.21 18:58

廣瀬 崚選手(雄山高出身)北京五輪出場へ

 北京オリンピックのクロスカントリースキー日本代表に、雄山高校出身の廣瀬崚選手が追加で内定しました。県出身選手の北京オリンピック出場内定は2人目です。  全日本スキー連盟は21日、北京オリンピックのクロスカントリースキー代表に、雄山高校出身で早稲田大学3年の廣瀬崚選手を追加で内定したと発表しました。  廣瀬選手は、合宿をしている長野県から喜びの声を送ってくれました。  廣瀬崚選手 「北京オリンピックに向けて、つらい練習も耐えてきたので、その努力が実を結んでスタートラインに立てることがうれしいです」  廣瀬選手は先月の全日本選手権10キロクラシカルで優勝し、今月9日のレースでも他の代表内定選手を抑えて優勝するなど実績を残していました。  県出身選手の北京オリンピック出場内定は19日発表された南砺平高校出身で同じくクロスカントリースキーの山下陽暉選手に続き2人目です。  廣瀬選手の吉報を受けて母校・雄山高校スキー部の大畑賢寛監督が喜びを語りました。  雄山高校スキー部 大畑賢寛監督  「ほっとするやら名誉な事だと感じています。彼の持ち味であるタフさをゴールまで貫き通して、一生懸命ゴールまで走り抜けてほしい」  雄山高校スキー部では、廣瀬選手と同学年の川除大輝選手がパラリンピック代表に内定していて、そろって北京大会出場となります。  雄山高校スキー部 大畑賢寛監督  「こんな小さな学校から、しかも部員数も少ないスキー部から、今回北京に2人も選ばれることは、いままでやってきたことに自信と誇りを持ってこのあとも進めるかなと思う。富山、日本からエールを送りたいと思います」  廣瀬崚選手  「小学2年生のころからスキーを始めて、今に至るまで富山県の皆様には本当によくサポートしていただき、今の自分があると思います。北京オリンピックでは県民の皆さんを勇気づけられるような元気づけられるような滑りをしていきたいと思いますので応援よろしくお願いします」  廣瀬選手は今月27日に地元・富山での壮行会に臨む予定です。

富山 2022.01.21 18:56

22日朝にかけ路面凍結などに注意 富山県

 21日の県内は冬型の気圧配置が緩んで雪は落ち着き、晴れ間もありましたが、寒さは続いています。  21日朝の最低気温は富山市で氷点下1.9度、高岡市伏木で氷点下2.2度など県内10の観測地点すべてで氷点下となりました。  日中も寒さが続き、最高気温は富山市で1.7度など平年より4度から5度ほど低くなりました。  県警察本部によりますと、県内では21日午後4時までの24時間に134件のスリップ事故が起き、10人がけがをしました。  県内22日は高気圧に覆われて晴れ間がある見込みですが、朝の予想最低気温は富山市で氷点下4度と寒さが続きそうです。  引き続き路面や水道などの凍結に注意してください。

富山 2022.01.21 18:55

24時間TVの善意イオングループから贈呈

 去年8月にKNBテレビで放送した「24時間テレビ44 愛は地球を救う」で、県内のイオングループに寄せられた269万円余りが21日、北日本放送に届けられました。  県内のイオングループは毎年、「24時間テレビ」の募金活動に協力しています。  グループを代表してイオンリテールの石井教裕北陸事業部長らが21日、北日本放送を訪れ寄付金の目録を北日本放送の瀧脇社長に手渡しました。  イオングループでは、募金やチャリTシャツの販売を県内各店舗で行い、269万1148円が集まりました。  去年の24時間テレビで県内全体の寄付金は859万5987円にのぼります。  今年度は福祉車両を県内の施設に贈るほか、災害復興などに活用します。  善意をお寄せいただき、ありがとうございました。

富山 2022.01.21 18:54

コロナ新規感染98人 学校で感染拡大続く

福井県は21日、新型コロナウイルスに県内で新たに98人が感染したと発表した。1日の新規感染者数としては2番目に多く、依然として学校での感染拡大が続いていることから、県は教育現場で感染のきっかけを作らないためにも改めて大人が感染予防を徹底するよう呼び掛けている。(1月21日) 小中学校と高校で児童生徒と教職員合わせて29人の感染が新たに判明し、19校が臨時休校となっている。 県健康福祉部の窪田裕行部長は「大人から子どもの方に入って、子どもの中で感染が広がることが多い。大人が子どもに感染させないように、まずは自分が感染しないことを是非励行してもらいたい」と呼び掛けた。 入院の状況を見ると、指定医療機関に60人、宿泊療養施設に240人が入っていて、重症患者はおらず1人が中等症となっている。 病床の占有率は14.1パーセントと県の注意報レベルを下回っている。自宅で経過観察中の人は44人増えて218人となっていて、このうち宿泊療養施設を経ずに直接自宅で経過を観察中の人は52人増えて154人となっている。

福井 2022.01.21 18:38

福井の技術で剣を再生へ フェンシング見延

越前市出身で東京五輪フェンシング金メダリストの見延和靖選手がこのほど持続可能な社会を目指し、試合や練習で折れたフェンシングの剣(けん)を金属加工技術を駆使して再生させるプロジェクトを立ち上げた。(1月21日) 2021年6月に一般社団法人として発足した日本スポーツSDGs協会が見延選手からの提案を受けて進めるもので、19日に東京都内で記者会見を開いて説明した。 フェンシングの剣は全て海外からの輸入品で1本数万円と高価なものだが、使いだすと早ければ1か月ほどで折れ、これまではそのまま廃棄されていたという。 プロジェクトでは越前市の武生特殊鋼材株式会社の技術を駆使して、競技用の剣をはじめ、包丁やメダルといった別の金属製品に再生させる。 同社の河野通郎社長は「越前打刃物の職人などと連携できれば、地場産業の技術を生かしたプロジェクトに拡大できる。夢を持ってチャレンジしていきたい」と語った。 見延選手は「剣の再生はもちろん、アスリートとしてあるべき姿を継続させられるよう次世代につなげていきたい」と決意を示した。 将来的には剣の国産化も目指し、競技人口の拡大にもつなげる考え。

福井 2022.01.21 18:36

バーチャル恐竜展 インターネット上で公開

恐竜の姿を仮想空間上に再現した「バーチャル恐竜展」が21日、インターネット上に公開された。パソコンやスマートフォンで博物館とは一味違うリアルな恐竜の姿を楽しむことができる。(1月21日) フクイラプトルやフクイサウルスなど福井で発見された恐竜が博物館をイメージした仮想空間に展示されている。福井県立大学恐竜学研究所の教員らが中心となって再現し、学術的な解説も付けた。 開発資金の調達にはクラウドファンディングを活用し、2021年7月から9月までの2ヶ月間で180万円あまりの寄付を集めた。 コロナ禍で人の移動に制限がかかる中、バーチャル恐竜展実行委員会は世界中の恐竜ファンに福井の恐竜をPRできると期待を寄せている。 今後さらに恐竜の種類を増やし、動く姿を見られるようにする予定となっている。 「バーチャル恐竜展」 http://fukuivirtualdinosaur.com/

福井 2022.01.21 18:35

「たたき網漁」のフナでバーガー 若狭町

若狭町鳥浜の年縞博物館にあるcafe縞(しま)で、三方湖の伝統漁法「たたき網漁」でとれたフナを使ったバーガーが期間限定で販売されていて、季節の味を手軽に味わうことができる。(1月21日) 脂ののったフナを特製の衣で揚げてほんのり甘めのバンズで挟んでいて、かぶりつけばフナの風味とうま味が口いっぱいに広がる。 同店の藤本よしこさんは「フナは地元の方が楽しみにされている冬の味覚。観光客とかふらっと立ち寄った方とか気軽にお召し上がりいただけたら」と話している。 小浜市の県立若狭歴史博物館で開催中のたたき網漁やウナギの筒漁など資源保護を考えた漁法や漁具を紹介するテーマ展に合わせ、3月13日まで土曜と日曜それに祝日限定で味わうことができる。

福井 2022.01.21 18:35

富山県で21日72人感染確認 新型コロナ

 富山県と富山市は21日、県内で新たに男女72人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。  72人は全員、軽症または無症状です。  今月4日以降に発表された県内の新規感染者は、これで463人となりました。1か月あたりの感染者が400人を上回るのは、去年8月以来5か月ぶりです。  県内の感染者は累計で5332人となりました。

富山 2022.01.21 17:18

降雪は落ち着くも寒い一日に 富山県

 21日の県内は、冬型の気圧配置が次第に緩んで雪は落ち着く見込みですが、寒い一日になりそうです。  21日朝の最低気温は、富山市で氷点下1.9度、高岡市伏木で氷点下2.2度など、県内10の観測地点すべてで氷点下となりました。  午前11時の積雪は富山市で32センチ、高岡市伏木で25センチなどとなっています。  21日朝、富山地方鉄道の市内電車は車両の不具合のため運休や一時最大20分の遅れが出て、通勤・通学客に影響しました。  現在は正常ダイヤに戻っています。  このあと県内の雪は降り方が弱まりますが、厳しい寒さとなりそうです。

富山 2022.01.21 16:33

新川こども施設のイメージ図を公開 富山県

 県は魚津市の新川文化ホールの敷地内に整備を計画している子ども向け施設のイメージ図をこのほど公開しました。  県が公開した施設のイメージ図では、大型の遊具が屋上まで張り巡らされ、建物自体を遊び場として自由な発想で遊べるデザインとなっています。  主に幼児から小学校低学年までの子どもの利用を想定し、遊具以外にもワークショップや乳幼児専用のスペースも設ける計画です。  延べ床面積は2000から2500平方メートル程度、初期整備費は県こどもみらい館を基に試算し、24億円から28億円となる見込みで、初年度は10万人の来場を目標とします。  県は今後、パブリックコメントを実施し、ことし3月にも基本計画を策定する予定です。

富山 2022.01.21 16:33

5~11歳用ワクチン承認 3月から接種へ

ファイザー社が製造販売する新型コロナウイルスの5歳から11歳用のワクチンについて、国は21日に特例承認した。これを受けて県内でも3月から接種が始まる見通しとなった。(1月21日) ワクチンの成分は12歳以上のものと同じだが、投与量は3分の1となる。接種の間隔は大人と同じで3週間空ける。海外の臨床試験では発症を防ぐ効果は90.7%とされていて、重篤な副反応は確認されていないという。 県内の対象者は約4万6000人で、県は2月中に医療機関を対象に説明会を開き、接種に向けた準備を進める。 (画像提供:ファイザー)

福井 2022.01.21 14:23

【石川県新型コロナ】新たに229人感染確認 3日連続最多更新

石川県は21日、新型コロナウイルスについて新たに229人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は1659件。 陽性229人のうち、クラスター関連は42人、濃厚接触者・接触者は66人、感染経路不明は121人。 新規感染者数は3日連続で過去最多を更新し、初めて200人を超えた。

石川 2022.01.21 14:09

石川県断続的に雪 冬型は次第に緩む見込み

21日の石川県内は朝から断続的に雪が降っている。ただ、気象台によると、冬型の気圧配置は次第に緩む見込みだ。 寒気や湿った空気の影響を受け、21日の石川県内は朝から雪が降ったりやんだりの天気となっている。 午前11時の積雪は白山河内で79センチ、金沢で14センチ、輪島で9センチなどとなっている。 また、朝の最低気温は七尾で氷点下3.9℃、白山河内で氷点下2.5℃などと全ての観測地点で0℃を下回っている。 こうしたなか、金沢市の街なかでは凍った路面に足が取られないよう慎重に歩く人の姿が見られた。 また、警察によると県内では車のスリップ事故が午前9時までの24時間で54件発生し、2人が軽いけがをしている。 気象台によるとこのあと冬型の気圧配置は次第に緩む見込みで、夜はくもりになるという。

石川 2022.01.21 13:57

石川県知事選挙の投票用紙 県庁に搬入

3月に投票が行われる石川県知事選挙の投票用紙が、21日、県庁に運び込まれた。 今回の知事選挙に向けては、一般用に98万8000枚、点字用に3000枚の投票用紙が用意された。 知事選の一般投票用の枚数は、4年前の前回と比べ、4000枚減っていて、これは、県内の選挙人名簿登録者数が1万3000人あまり減ったためだ。 県庁では、職員がダンボールの数を確かめながら、保管場所の倉庫へと運び入れていた。 石川県知事選は、2月24日告示、3月13日投票で、投票用紙は、1月26日に、県内19の市と町に発送される。 また、立候補予定者説明会は、1月28日に県庁で開かれる。

石川 2022.01.21 13:57

勝山水菜の収穫始まる 雪の下で甘み増す

勝山市で21日、特産の勝山水菜の収穫が始まった。雪の下で育てることで甘みが増すとされ、生産農家によると今年は農業用ハウスで生育を促したことに加えて、年末年始に雪が降ったことで出来は上々とのこと。(1月21日) 勝山市郡町の広さ10アールの畑では、勝山水菜の系統の一つで茎が白い「郡水菜(こおりみずな)」の収穫が行われ、農家の人が積もった雪をかき分け、鎌で刈り取った。 勝山青果物市場の但川隆治組合長は「おひたしにするのがおすすめ。煮物や和え物もいい」と話した。 22日に初出荷を迎え、勝山市内の食品スーパーなどに並ぶ。

福井 2022.01.21 13:03

新型コロナ石川県で1人死亡 180人陽性 過去最多を更新

石川県は20日、新型コロナウイルスについて1人が死亡したほか、新たに2日連続で過去最多を更新する180人の陽性が確認されたと発表した。 県によると亡くなったのは、これまでに感染が判明し、病院で療養中だった感染者1人で、性別や年代などは非公表となっている。 また、20日午前10時までに確認された1442件の検査の結果、過去最多となる180人の陽性が判明した。 内訳はすでに公表されているクラスター関係で合わせて2人、濃厚接触者・接触者が40人、感染経路不明者が138人となっている。 年代別では20代が最も多く69人、次いで30代が32人と若い世代での感染が目立っている。 症状別では無症状が22人、軽症が157人、調査中が1人となっている。 また、これまでに公表した感染者のゲノム解析の結果、新たに14人がオミクロン株だと判明した。 県のモニタリング指標では1週間当たりの新規感染者感染経路不明者がいずれもレベル3の「感染まん延特別警報」相当となっている。

石川 2022.01.20 19:48

コロナ感染拡大 石川県内の宿泊業にも影響 キャンセル相次ぐ

全国的に感染が拡大するなか、石川県内の宿泊業にも影響が出始めている。 金沢市の繁華街にあるホテルを訪れると…。ここ数日の相次ぐキャンセルに頭を悩ませていた。 感染状況が落ち着いていた去年の11月から12月にかけては客室の稼働が7割ほどと高い水準を維持していたというこちらのホテル。 しかし全国的な感染拡大の影響で1月中旬からすでに100件近いキャンセルが出始めているという。 また、これまで売り上げに大きく貢献してた県民旅行割や金沢市独自の旅行割も先週から県民のみの対象となるなど、県外からの需要がさらに厳しくなるのではないかという。 また、ホテルの担当者からは国に対し、感染対策と経済活動の両立に向け、オミクロン株の状況を見極めた冷静な対応を求める声も聞かれた。

石川 2022.01.20 19:45

石川県知事選 山田氏の陣営が合同選対を発足

石川県知事選挙に向けてそれぞれの陣営では選対組織などの準備が慌ただしくなっている。 金沢市内の事務所に続々と集まってきたのは…、山田修路氏を支援する県議たち。 山田氏を支持する自民党議員と、山田氏の推薦を決定した県議会第2会派「未来石川」の議員が初めて顔をあわせ合同選対が発足した。 選対本部長には山田氏の出身、加賀市の向出県議が就いた。山田氏を支持する議員は県議43人中、28人と過半数に達していて、大所帯のやぐらとなるが議員たちは「結束を」と気を引き締めた。 今のところ3人が出馬を予定している知事選挙。週末には馳氏の陣営が選対を協議、山野氏が政策発表を行う。

石川 2022.01.20 19:37

一般高齢者3回目ワクチン接種開始 坂井市

坂井市は20日、65歳以上の一般高齢者を対象とした個別での新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種を始めた。県によると19日現在、3回の接種を済ませた人は1万3069人となっている。(1月20日) 同市丸岡町の病院では早速4人が接種を受けた。「早めに打った方が安心は安心。予約したらすぐ打つよう言われたので来させてもらった」と話した。 同市は1月17日までに医療従事者や高齢者のうち1万3500人に3回目の接種券を発送していて、2月26日からは集団接種も始める予定となっている。

福井 2022.01.20 19:26

石川県出身の世界的哲学者を主人公にオペラ「禅」テーマに人生を描く

石川生まれの世界的哲学者、鈴木大拙と西田幾多郎の2人を主人公としたオペラが制作され、1月23日の初演を前に公開リハーサルが行われた。 このオペラは鈴木大拙と西田幾多郎の生誕150年を記念して県音楽文化振興事業団などが制作した。 「禅」をテーマに、苦悩の中それぞれの哲学を見出した2人の人生が描かれている。 19日に開かれた会見で、台本を手掛けた初代鈴木大拙館館長の松田章一さんがその思いを語った。 オペラ「禅」は金沢歌劇座で1月23日に初演を迎え、2月には群馬県高崎市でも公演される予定だ。

石川 2022.01.20 19:23

石川県の加賀野菜「五郎島金時」を知る出前授業 地元の農家が小学校で

石川県の加賀野菜のひとつ、五郎島金時への理解を深めてもらおうと、金沢市内の小学校で出前授業が行われた。 これは、JA金沢市などが企画したもの。20日は五郎島金時の生産に30年以上携わっている地元の農家が児童たちの前で、収穫から出荷までの流れを説明していた。 その後、クイズや質問コーナーも設けられ、授業の終わりには五郎島金時が1本ずつプレゼントされた。 このほか、市内の小学校45校でも、5、6年生などを対象に五郎島金時が1本ずつ贈られるという。

石川 2022.01.20 19:20

富山県内で71人感染確認 去年8月以来

 富山県は20日、新たに71人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。1日あたりの感染者が70人を超えるのは去年8月以来です。  また県西部の学校では、同じクラスの5人の感染がわかり、県は新たなクラスター=感染者集団が発生したとしました。  新たに発生したクラスターは、県西部の学校の同じクラスでの感染とみられ、20日までに高岡市の10代の男女5人の感染が確認されました。学校では換気や消毒など感染対策を行っていて、この5人の共通する感染経路はわかっていません。  この5人以外の18人と担任1人は、検査の結果陰性でしたが、このクラスは当面学級閉鎖するということです。  20日は新たに、富山市、高岡市、射水市、砺波市などの10歳未満から80代までの男女71人の感染が分かりました。64人が軽症、残る7人が無症状です。  経路不明の感染者が54人と7割を上回っていて、県は市中感染に強い危機感を示しました。  県厚生部 太田浩男理事  「ともかく家に持ち込まない、学校にも持ち込まない、会社にも持ち込まない、そういったことを徹底していくことが大変重要だと思っております」  また、富山県立大学と高岡法科大学は、それぞれ学生1人の感染を発表しました。ともに授業をリモート形式に変更するなどの対応を取るほか、入学試験については消毒を行うなどして予定通り実施します。  そして県警察本部も、警察学校の男子学生1人の感染を発表しています。  20日は、石川で180人、福井でも109人と、ともに1日あたりで過去最多の感染者が確認されています。  県内で入院している人は88人で重症者はいません。宿泊療養施設にいる人は127人、自宅療養または入院調整中の人は73人となっています。

富山 2022.01.20 18:59

富山県の大規模接種前倒し 今月29日から

 知事と県内各市町村長が話し合う「ワンチームとやま」連携推進本部会議が20日、富山市で開かれ、県は新型コロナワクチンの3回目接種について前倒しすると発表しました。  新田知事は、県で行う新型コロナワクチンの3回目接種について、開始日を来月5日から今月29日に前倒して実施すると発表しました。当面は富山会場と高岡会場で実施します。  また対象について当初、2月5日、12日、19日は高齢者施設の入所者や従事者などを優先するとしていましたが、それに加えて2回目接種から7か月経過した一般の高齢者も対象とし、今月29日から運用するとしました。  また富山市も、市の保健所で行う高齢者向け集団接種を来月1日から今月24日に前倒しして開始すると発表しました。  日程を5日間増やし550人を受け入れるということです。

富山 2022.01.20 18:58

宿泊療養者施設 4棟目は魚津市に

 新型コロナウイルス感染者のうち、軽症者や無症状者を受け入れる宿泊療養施設について、県は魚津市内のビジネスホテルを新たに加える方向で準備を進めていることがわかりました。  複数の関係者によりますと、県が県内で4棟目の施設として準備を進めているのは、魚津市上村木のビジネスホテル「ホテルルートイン魚津」です。  地元からは、説明会を経て施設設置への合意を得ているということです。  県はこれまで、富山市で2棟、高岡市で1棟のビジネスホテルを借り上げ、軽症者や無症状者を受け入れる宿泊療養施設として運営していて、新川地区では初めての設置となる見通しです。  県は、21日の県議会臨時会に提出する補正予算案に、施設の設置費用として、およそ1億8000万円を計上しています。

富山 2022.01.20 18:57

宿泊療養施設に部外者招き入れ 県委託業者

 新型コロナウイルスの軽症患者などを受け入れる高岡市の宿泊療養施設で先月、施設の運営を委託された旅行会社の管理職の男性が夜間に部外者の女性を施設内へ私的に招き入れていたことがわかりました。  この施設については、県がおよそ2億円の予算を計上して、愛知県に本社がある旅行会社にスタッフや物資の確保などの運営業務を委託しました。  複数の関係者によりますと、先月4日の午後11時ごろ、この施設での業務を担当していた県外支店の男性副支店長が、部外者の女性1人をホテル内に私的に招き入れ、1時間余り個室で滞在したということです。  当時、県内では新型コロナウイルスの感染は小康状態で、施設に患者はいませんでしたが、出入口は関係者以外が許可なく立ち入れないよう夜間は施錠されていて、男性は、非常口などを使用して招き入れた可能性があると見られています。  会社側は、県に対し速やかに事実関係を報告しているとし、「あってはならないことで、再発防止に務める」とコメントしています。  県厚生部は、「部外者を入れたことは契約違反で遺憾だ。会社側には厳重に注意したうえで、管理を徹底するようお願いした。現在は問題なく運営されている」としています。

富山 2022.01.20 18:57

雪の「大寒」 滝に打たれる寒修行 上市町

 20日は大寒です。上市町の寺では毎年恒例の「寒修行」が行われました。コロナ禍で例年に比べ少ない人数でしたが、参加した人たちはそれぞれの思いを込めながら滝に打たれていました。  上市町の大岩山日石寺で行われた寒修行に参加したのは、事前予約や当日申し込みをした男女あわせて30人。  午前10時の境内の気温は0度。雪が降り、1年で最も寒いころとされる、大寒らしい身を切るような冷え込みの中、白装束を着た参加者は落差5.5メートル、水温3度の滝に打たれました。  参加者  「いやあ~寒い!」  記者  「どのような祈りを込めたか」  参加者  「コロナの終焉と世界平和」  参加者  「ものすごく寒くて最高でした。気持ち良かったです」  参加者  「ぼん悩が清められた感じです」  ことしの参加者は、新型コロナの影響で県内を中心に例年の3割ほどの人数となりました。参加者は滝に打たれながら無病息災など、それぞれの願いを一心に祈っていました。

富山 2022.01.20 18:56

NBA八村 今季最多14得点で存在感

 NBAワシントン・ウィザーズの八村塁選手は20日の試合で今シーズン自己最多の14得点をあげる活躍を見せました。  スーパープレーが飛び出す世界最高峰のアメリカプロバスケットボールNBA。  復帰6試合目の20日(日本時間)もベンチスタートとなった奥田中学校出身の八村塁選手。  試合はディフェンスでも存在感を見せ、今シーズン初のブロックを記録。  さらに3試合連続の3ポイントシュートを2本成功させます。  八村は、前回の11得点を上回る今シーズン自己最多の14得点をマーク。  2試合連続の2桁得点をあげ、調子を取り戻しつつあります。  次の試合は日本時間の22日、渡辺雄太選手が所属するラプターズと対戦します。これまで1度も実現していない日本人対決となるか注目です。

富山 2022.01.20 18:56

大門そうめん生産に挑む27歳男性

 伝統の県内特産品づくりに新たな動きです。砺波市大門地区の特産、「大門素麺」の生産に、県外から実家へUターンした27歳の男性が加わり、今シーズンからそうめんづくりに挑んでいます。  江戸時代から、農閑期となる冬場に作られ、コシが強くて、「富山県推奨とやまブランド」に認定されている、「大門素麺」。最盛期は60軒以上が作っていましたが、去年は11軒、伝統の特産品の継承が課題です。  今月半ば、辺りがまだ暗い午前6時すぎ。  松田貴志さん27歳。農業を継ぐことを決めて、砺波市大門の実家に戻ってきました。  松田貴志さん  「正直帰ってきたくはなかったです。やっぱり、都会にいたほうが楽しいですし、いろんな刺激があるので。できるだけ地域貢献できればなあという、気持ちに切り替えられたところで、戻ってこようという、決心に至りました」  松田さんの家は、祖父母が中心となって両親も加わり、大門そうめんをつくってきました。  しかし、祖父が体調を崩し、父親は転勤が多く実家に不在がち。そうめんづくりが困難になりました。  県外の大学を卒業し、そのまま会社勤めしていた貴志さん。代々の味の復活を、母親の栄美さんがサポートします。  母・松田栄美さん  「いやあ、やろうかって言われて、えー、まさかっていう感じで。やっぱり今を生きないとダメなんだなって思っている子どもに、背中を押す、押すことまではできないけど、やっぱり、応援しようかなと、思いました」  松田さんがめざすのは、「稼げる農業」です。自宅の裏に行くと。  梅本晃弘記者  「こちらでは何を作っておられるか」  松田貴志さん  「ここでは、キクラゲの栽培をしていますね」  中華料理などでおなじみのキクラゲを「大門キクラゲ」としてブランド化を目指し、販路の拡大にも力を入れています。  そして、自宅の前にこの春、国産品種のブドウの苗木60本を植える計画です。  松田貴志さん  「安定的な収入を、得られるのではないかと思って。ま、遊びとまでは言わないですけど、仕事が遊びで遊びが仕事みたいな、なんかそんな感覚で仕事ができたらなあという思いも、あります」  午後。およそ40キロの小麦粉の塊が、そうめんに仕上がっていきます。  受け継がれてきた伝統の産業を未来へ続けていくことの難しさもありました。  母・松田栄美さん  「おじいちゃんのときは、こういうときはこうやったがいぜとか、いう話をしながら、作業しているんですけども」  松田貴志さん  「昔からのやり方はもちろん、やりつつも、ま、ちょっと、自分なりにやりやすいやりかた、新しいやり方を、まあ、やっていこうかなあと思っています」  母・松田栄美さん  「もう世代交代なんで、一生懸命やって、失敗も含めて。そうしないと、いつかたどり着けないんじゃないでしょうかねえ」  松田貴志さん  「いつも上って、どれくらい伸ばしておられるんですか」  「大門素麺」生産者の代表 末永利明さん  「え、上、まだまだ伸ばいているよ」  担い手が減っていく中、生産者たちは、世代を超えて情報交換し、そうめんづくりの継続に力を注いでいます。  末永利明さん  「貴志くんが、おじいちゃんのあとを継いで、素麺つくられるちゅうがは、うれしいことだと思います。170年以上続いた、伝統ある大門そうめん、しっかり守って、おいしいそうめんをつくっていただきたいと思います」  実家に戻って1年。郷土の味を守りつつ、作り方や働き方など、時代に合わせて改めていくことも必要ではないかと考えています。  松田貴志さん  「若い人が、もっと、継いでもらえるように、だったりだとか、もうちょと作業の負担を減らせるように、毎日試行錯誤はしていきたいなと思っています」  松田さんの挑戦が続きます。  松田さんは、3月末までに5600袋を出荷する計画だということです。

富山 2022.01.20 18:55

富山地方検察庁 佐藤淳検事正 着任

 富山地方検察庁の新しい検事正として佐藤淳検事正が着任し「県民の皆様にとって頼りがいのある検察を目指したい」と抱負を述べました。  佐藤検事正は宮城県出身の53歳です。上智大学法学部を卒業後、1994年に検事となり、2019年4月から出入国在留管理庁審議官を務めていました。  会見で佐藤検事正は「一つ一つの事件と誠実に向き合い、県民の皆様にとって頼りがいのある検察を目指したい」と抱負を述べました。

富山 2022.01.20 18:54

ドローンで過疎地域に配達 敦賀で実証実験

敦賀市の愛発(あらち)地区で20日、無人航空機ドローンを使った宅配の実証実験が始まった。空から最大5キロの重さの荷物を届けることができ、山間部の人口が減少する地域での新たな物流の形を模索する。(1月20日) 敦賀市が物流会社のセイノーや次世代型ドローンの開発を進めるエアロネクストと提携し進めているもので、同日はあいにくの雪模様だったものの、箱に入っていた卵を割れずに無事届けることが出来た。 注文した人は「やはりバスの回数が少ないので、ドローンで運んで買い物が出来るとなるとすごく便利」と話した。 今後は道路の路面状況が悪い際の宅配方法としても活用が期待される。

福井 2022.01.20 17:41

園児が雪上で寒稽古 「大寒」寒さに負けず

1年で最も寒さが厳しくなる頃とされる「大寒(だいかん)」の20日、永平寺町では地元の志比南幼児園の園児たちが空手の寒稽古に臨み、はだしで降り積もった雪の上に立つと掛け声に合わせて蹴りや突きを繰り返し、心と体を鍛えていた。(1月20日) 稽古を終えた園児は「手足が冷たかった。泣かずに我慢出来て良かった」と話した。小学校入学に向けては「勉強を頑張りたい」と意気込みを見せた。 時間は3分ほどだったが、園児たちは大寒らしい冷え込みに負けず稽古をやり遂げた。

福井 2022.01.20 16:04

マンホール柄のTシャツ販売 地域のPRに

京都市のアパレルブランド「ジャパンアンダーグラウンド」がマンホールのふたをデザインしたTシャツを作っていて、県内では福井市の不死鳥や勝山市の恐竜が採用され、ファッションで地域をPRしている。(1月20日) 全国各地をまわってデザイン性の高いマンホールのふたを選んでいて、これまでに北海道や東北それに北陸の17市のものを商品化した。 同ブランドの足立拓海代表は「マンホールから地方の自治体に興味を持っていただき、訪れていただきたい」と話した。 オンラインショップで販売していて、売り上げの一部をそれぞれの自治体などに寄付するとしている。

福井 2022.01.20 15:56

過去最多109人感染 宿泊療養施設を増床

福井県は20日、新型コロナウイルスに県内で過去最多の109人が新たに感染したと発表した。杉本知事は「今後も上がっていく状況を踏まえれば、警報というものを強く認識してもらいたい」として、強い警戒感を示した。(1月20日) 県によると109人はいずれも軽症か無症状。一方、学校での感染拡大は続いていて、小中学校と高校の合わせて17校が臨時休校となっている。 感染者の急増を受けて、県は1月27日から宿泊療養施設を200床増やし、指定医療機関と合わせて1000床の体制を整え、患者の増加に備える。 ワクチン接種を巡っては2月19日から7月末まで、福井市のエルパプラスと敦賀市のプラザ萬象に接種会場を設け、さらなる接種を進める。 感染経路が特定できている人のほとんどが会話の際にマスクを着けていなかったことから、県はマスク着用の徹底を強く呼び掛けている。 県は現在、独自の感染拡大警報を発令中。

福井 2022.01.20 13:36

石川県七尾市の漁港で軽トラックが海に転落 漁師の男性が死亡

19日、石川県七尾市内の漁港に軽トラックが転落し、運転していた高齢の男性が死亡する事故があった。 現場は七尾市鵜浦町の鵜浦漁港だ。19日午後6時前、付近の住民から「軽トラックが海に落ちている」と消防に通報があった。 軽トラックには高齢の男性が乗っていて、通報から40分後に救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。 亡くなったのは、七尾市鵜浦町の漁師、辻吉和さん(84)だ。辻さんは昼頃に「船を見に行く」と言って家を出てから行方が分からなくなっていて、付近の住民が探していたという。 警察では詳しい事故の原因などを調べている。

石川 2022.01.20 13:06

石川県白山市の神社で毎年恒例の「大寒禊」 1年の無病息災祈る

20日は二十四節気のひとつ、大寒だ。石川県白山市の白山ひめ神社では禊が行われ、参加者がことしの無病息災を祈った。 午前7時。雪の降り積もる白山ひめ神社では毎年恒例の大寒禊が行われた。 神職や地元の一般参加者約20人がまず、鳥船という舟を漕ぐ動作を行いながら和歌を歌い、身体を温めた後、白山の伏流水が流れ込む水温5℃のため池に入水。 寒さに耐えながらおよそ5分間、胸元まで身を沈め、ことし1年の無病息災を祈っていた。 20日の県内は大気の状態が不安定となり、一日を通して断続的に雪が降り、強まることがある。 21日朝6時までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで平地で15センチ、山地で50センチの見込みだ。 気象台では夕方にかけて落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに注意するよう呼び掛けている。

石川 2022.01.20 13:06

今夜遅くにかけ大雪に注意・警戒を 富山県

 冬型の気圧配置が強まる影響で、県内は20日夜遅くにかけて山間部を中心に大雪となる見込みです。  午前11時の各地の積雪は富山市で32センチ、高岡市伏木で21センチ、魚津市で22センチなど、20日朝6時以降に10センチほど積雪が増えた所があります。  こうした中、富山地方鉄道上滝線は20日、富山市内で起きた車両故障のため最大90分の遅れが出て、電鉄富山駅で遅延証明書が配られました。  21日朝6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで平野部で30センチ、山間部で50センチです。  気象台は20日夜遅くにかけて、大雪による交通障害や農業施設への被害に注意・警戒するよう呼びかけています。

富山 2022.01.20 11:53

「有名駅弁とうまいもの大会」開幕 富山市

 全国の有名な駅弁や人気のスイーツなどを集めた食のイベントが、20日から富山市のデパートで始まりました。  大和富山店で開幕した「全国有名駅弁とうまいもの大会」。29回目となる今回は、44店舗が出店しています。  岐阜県の高山駅からは、新作の飛騨牛ステーキが50食限定で実演販売され、早速買い求める人が列を作っていました。  長引くコロナ禍の中、全国の郷土色豊かな味わいを家でも楽しんでもらおうと、主催者は人気店の新作弁当や県内初出店の注目の味のほか、人気のスイーツも取り揃え、マロンクリームをたっぷり使ったモンブランなど、会場で作りたてを味わえるものもあります。  全国選りすぐりの駅弁などが味わえるこの催しは、今月27日まで大和富山店で開かれています。

富山 2022.01.20 11:52

石川県知事選挙「未来石川」が山田氏を推薦 今後非自民の各勢力に影響か

3月の石川県知事選挙で非自民系の県議会会派「未来石川」が前参議院議員の山田修路氏を推薦した。今後、非自民の各勢力の対応に影響しそうだ。 石川県知事選で誰を推薦するのか。県議会第2会派「未来石川」が前参院議員の山田修路氏の推薦を決定し、山田氏に推薦状手が手渡された。 「元祖・谷本派」として長く現職を支えてきた「未来石川」。立憲、社民、連合の議員が所属し、非自民勢力の中心的存在だ。 その「未来石川」に真っ先に接触していたのは山田氏の陣営だった。自民党県連が「自主投票」を決定したその日のうちに幹事長に支援を求め、推薦願の一番手は、山田氏だった。 一方、水面下で働きかけていた前衆院議員の馳浩氏も今週に入って政策の説明に訪れ支援を要請。山野之義金沢市長も馳氏と同じ日に会派を訪れ、推薦願を提出していた。 相次ぐ支援要請の一方で会派内には、山田氏、馳氏の自民党籍に難色を示す声もあったが、未来石川は、最終的に推薦する候補を一本化して県民に示した形となった。 19日、山田氏の推薦を決めた「未来石川」。その決定理由について吉田幹事長は、行政経験を持つ山田氏を、最もバランス感覚に優れていると考えたようだ。 20日には、支援する自民党県議と「未来石川」が合同で選対の協議を行う予定だ。 未来石川が推薦を決めた頃。馳氏は、能登にいた。馳氏は、この決定を真摯に受け止め、1人1人に訴えを届けていくと語った。 山野氏は、金沢市役所内で、未来石川の推薦決定を聞いた。山野氏は、可能性があるならばいろんな方にご支援をいただきたい。これからもお願いをしていきたいと思っているが、その結果は、真摯に受け止めたいと話していた。 山田氏の推薦を受け、未来石川は、早速、連合石川に会派の決定を伝えた。今回の決定が今後、非自民系の各政党・団体の組織決定にどう影響するのか注目される。

石川 2022.01.19 19:32

金沢市出身小山選手 北京五輪のアルペン代表に内定

全日本スキー連盟は19日、オリンピックの代表内定者を発表し、アルペンスキー代表に石川県金沢市出身の小山陽平選手が選ばれた。 小山選手は金沢市出身の23歳。去年12月にイタリアで行われたアルペンスキー、男子回転のワールドカップ第2戦で日本勢5年ぶりの1桁順位となる8位と健闘した。 全日本スキー連盟の定める北京オリンピック派遣の基準を満たし、自身初となるオリンピック出場を決めた。

石川 2022.01.19 19:32

【新型コロナ石川県】過去最多の176人 1月に入り8件目のクラスター発生

2日続けて100人を超えた。石川県は19日、新型コロナについて新たに176人の感染を確認したと発表した。1日あたりの新規感染者としては過去最多だ。 石川県によると、午前10時までに確認された1775件の検査の結果、新たに176人の陽性が判明した。 1日あたりの人数としては、これまでで最も多かった去年7月28日の119人を大きく上回り、過去最多となっている。 また、これまでの疫学的調査の結果、保育園での新たなクラスター発生も確認された。県内では1月に入り、クラスターの発生が相次いでいて、これで8件目となっている。 感染者の内訳は、学校関係や職場など7つのクラスターで37人。感染経路の分かっていない人が109人となっている。 年代別では20代が最も多く50人など若い世代の感染が目立つ。症状別では無症状が18人、軽症が155人、調査中が3人となっている。 また、県のモニタリング指標では、1週間あたりの新規感染者と経路不明者がいずれもレベル3の「感染まん延特別警報」相当に上がっている。 感染拡大を受け、谷本知事は急遽会見を開き、3回目のワクチン接種を進めるため、県庁の展望ロビーでの接種センターの開設など今後の医療体制の方針などを示した。 また、現在県内の薬局などおよそ100か所で行われている無料のPCR検査や抗原検査について、今週からドラッグストアなどが追加され、179か所で検査が可能になったという。

石川 2022.01.19 19:31

石川県七尾市の和倉温泉の魅力発見しPR 市内の児童らがPR隊として事業に参加

小学生が地元の魅力を全国に発信する。石川県七尾市では、こどもたちの目線で和倉温泉の魅力の発信方法を考えてもらおうという取り組みが行われている。 1月14日、七尾市和倉温泉を訪れたのは市内の中島小学校に通う6年生37人だ。 七尾市では去年12月、市内すべての小学6年生およそ370人を、和倉温泉魅力発見・PR隊の隊員として委嘱した。 ふるさとの良さをこどもの目線で広く発信してもらうために、まず地元への理解を深めてもらおうと日帰りで和倉温泉を訪れ、魅力を発見する事業が始まった。 その第一弾として、参加したのが中島小学校の6年生。最初に訪れたのは市内のお祭りを紹介する「和倉温泉お祭り会館」だ。 児童たちはタブレット端末を使いこなし、青柏祭の山車「でか山」や石崎奉燈祭で使われる奉燈など写真や動画で祭の魅力を感じとっていた。そして、でか山を引く曳山行事も疑似体験。 次に訪れた曹洞宗青林寺では国指定の有形登録文化財「御便殿」を拝観した後、本堂で座禅に挑戦した。慣れない姿勢に苦戦しながらも心や姿勢、呼吸を整えた。 最後に訪れた「ホテル海望」では海に面した露天風呂や調理場などを見学。最後は地元名産の金糸瓜やゴボウなどを使った3種類の手鞠寿司づくりを体験した。 今後、2月7日にかけて他の学校もそれぞれのプログラムで、この「魅力発見PR隊」の事業に参加していくという。

石川 2022.01.19 19:31

富山県で41人新規感染確認 新型コロナ

 新型コロナウイルスの感染者は県内で19日、新たに41人確認されました。うち1人は肺炎などを伴う中等症です。  新たに感染が分かったのは富山市、高岡市など県内10の市と町、そして東京都と大阪府在住の10歳未満から80代までの41人です。  肺炎などを伴う中等症が1人、軽症が34人、無症状が6人です。  年代別では、20代が14人と最も多く、次いで30代が8人です。  感染経路は24人が不明で、家族が11人、知人が4人、職場関係が2人です。  半数以上が経路不明となっていることから、県などは市中感染が広がっている可能性があるとして注意を呼びかけています。  1日あたりの感染者は今月7日以降、連日2桁となり、増加傾向が続いています。  現在入院している人は73人で、重症者はいません。宿泊療養施設に入っている人は117人、自宅療養または入院調整中の人は49人です。累計の感染者数は5189人です。

富山 2022.01.19 19:20

富士製薬工業に業務改善命令 富山県

 「薬の富山」の信用を再び揺るがす、製薬会社への行政処分です。  富山市に工場がある富士製薬工業が製造した医療用の製剤4品目について、承認されている試験の一部を実施していなかったなどとして県は19日、業務改善命令を出しました。  医薬品、医療機器の品質や有効性、安全性の確保などに関する法律に違反したとして業務改善命令を受けたのは、東京に本社があり、富山市水橋に工場がある富士製薬工業です。  以前から自主的な点検を行っていたところ、注射用の排卵誘発剤2品目の純度を調べる試験の一部を実施していないことが分かり、去年6月、県に報告しました。  さらに7月から8月にかけて緊急避妊薬と子宮内膜症などの治療に使われる点鼻薬の純度や成分を調べる試験で、承認書と異なる分析器具を使ったり、規格を下回る濃度で測定したりしていたことが分かりました。  富士製薬工業は、4品目合わせて142万点あまりを自主回収しました。  これまでに健康被害の報告はないということです。  県は19日付けで業務改善命令を出し、原因究明と改善や再発防止策を含めた改善計画の策定などを求めました。生産停止は求めていません。  違反の原因について富士製薬工業は、規範意識の不徹底や研究開発と製造部門との連携不足などをあげ、今後は、再発防止策を実践するとしています。

富山 2022.01.19 19:15

選挙人名簿閲覧状況 県内3市村が公表せず

 公職選挙法が市町村の選挙管理委員会に義務付けている、選挙人名簿の閲覧状況の公表を、県内3つの市と村が行っていなかったことがわかりました。  公表は、名簿の目的外の利用を防ぐためのもので、専門家は、行政への信頼や選挙の公正に関わる問題だとして「厳密な運用が求められる」と指摘しています。  閲覧状況を公表していなかったのは、黒部市、小矢部市と舟橋村です。  選挙人名簿は、有権者の氏名、住所、性別、生年月日を記載しているもので、公職選挙法では政治活動や選挙運動のほか、統計調査や世論調査、学術研究などのうち公益性が高く政治や選挙に関する場合に閲覧を認めています。  公表は、個人情報が営利目的などに利用されることを防ぎ、制度の透明性を高めるために行うものです。  法律では市町村の選挙管理委員会に対し、少なくとも年1回、閲覧申請者や利用目的を公表するよう定めていて、役所の掲示板やホームページに掲載されます。  しかしKNBが調べたところ、黒部市と小矢部市は2019年度と2020年度分の閲覧状況を公表していませんでした。  いずれの市も、それ以前の公表状況ははっきりしないとしていて、担当者は「認識不足だった」などと説明しています。  また舟橋村は、法改正があった2006年以降公表していないとみられるとしています。  行政法に詳しい富山大学の神山智美准教授は、「これまで切実な必要性がなかったので不利益は生じていないとも言えるが、それはたまたまに過ぎない。行政の信頼や選挙の公正に関わる問題であり、担当者は法令を確認したうえでの厳密な運用を求められている」と指摘しています。

富山 2022.01.19 19:14

山下陽暉(南砺市出身)北京五輪代表に内定

 来月4日に開幕する北京オリンピックのクロスカントリースキー日本代表に、南砺市出身の山下陽暉選手が内定しました。  クロスカントリースキーで県出身選手がオリンピックに出場するのは初めてです。  全日本スキー連盟は、北京オリンピックのクロスカントリースキー日本代表に、南砺平高校出身で自衛隊体育学校所属の山下陽暉選手が内定したと発表しました。  山下選手は先月の全日本選手権で総合2位となり、派遣推薦基準を満たしていました。  県スキー連盟によると、クロスカントリースキーで県関係選手がオリンピックに出場するのは、青森県出身で当時県内企業に所属し、1998年の長野から3大会連続で出場した蛯沢克仁さん以来で、県出身では初めてだということです。  北京オリンピック代表内定 山下陽暉選手  「オリンピックでは自分の持てる力をすべて出し切って、挑戦者として20番以内という目標を達成したいと思います」  代表内定の知らせを受けて地元、南砺市の城端市民センターに運び込まれたのは、長さ12メートルの懸垂幕!オリンピック選手の誕生に地元は喜びの声に包まれています。  地元の人  「最高や!」  山下選手の母・百枝さんも喜びを語りました。  山下百枝さん  「この南砺市で地域の方々に支えられてここまで来ましたので、オリンピックでは皆さんの思いを背負って、一生懸命頑張ってきてほしいと思います」  また南砺平高校スキー部で山下選手を指導した井渕信雄さんは活躍に期待を寄せます。  山下選手を高校時代に指導 井渕信雄さん  「この、たいらクロスカントリー会場でたくさんの子どもが育ったんですよ。その中から1人が皆の夢だったオリンピックに出るとは思ってもみなくて、本当にうれしいです」  北京オリンピック代表内定 山下陽暉選手  「富山県民の皆さんの応援の力が自分の励みになるので、応援よろしくお願いします」  北京五輪日本代表選手団の結団式は、今月29日に行われます。

富山 2022.01.19 19:14

ガソリン・灯油2週連続値上がり 富山県

 県内のレギュラーガソリンの17日時点の平均小売価格は1リットルあたり169.7円で2週連続で値上がりしました。価格の上昇傾向は来週も続きそうです。  経済産業省によりますと、17日時点の県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は、1リットルあたり169.7円で、先週から1.9円、2週連続で値上がりしました。  また灯油は18リットルあたりの店頭価格が平均で1984円で、先週より32円高くなり、こちらも2週連続で値上がりしました。  冬の暖房に欠かせない灯油ですが、店頭価格は1年前に比べ485円値上がりしています。  価格を調査している石油情報センターは、「新型コロナウイルスの感染拡大でナイジェリアやアンゴラといった原産国では人手不足が深刻で、生産回復が遅れ供給不安が起こっていることが影響している」としていて、来週もさらに値上がりすると見込んでいます。

富山 2022.01.19 19:13

閉館ホテルのパティシエたち 力合わせ新店

 先月、富山市にケーキの店がオープンしました。店を開いたのは、去年3月に営業を終えた富山第一ホテルのパティシエたちです。長年親しまれたホテルの味を守りながらの再出発を山田記者がお伝えします。  イチゴとクリームのバランスが絶妙な定番のショートケーキ。  そして、メレンゲにマロンクリームをたっぷり絞ったモンブラン…。  ショーウィンドウには味も見た目も工夫を凝らした、およそ10種類のケーキがずらりと並びます。  来店客  「おいしいそう。おしゃれ」  来店客  「インスタで見て、来たいなと思ってて」  富山市に先月オープンしたケーキ店です。店名の「ぽっくる」は、幸せをもたらす妖精=「コロ・ポックル」から付けられています。  店主の富川嘉文さんです。ケーキを並べるのに使っている入れ物は…。  富川嘉文さん  「第一ホテルから持ってきた番重(容器)になります」  記者  「第一ホテルというのは?」  富川さん  「第一ホテルは自分が元々勤めていたホテルで…」  富川さんは調理専門学校を卒業後、富山第一ホテルに入社。パティシエとして32年間、結婚披露宴や誕生日祝い、そしてホテルのレストランのケーキを作り続けてきました。  しかし…  富山アメニティシステム 関口真弘社長(当時)  「富山第一ホテルの営業を2021年3月31日で終了することを決定いたしました」  富山第一ホテルは新型コロナウイルスの影響で大幅な減収となり、売上げの回復が見込めないとして去年3月、38年の歴史に幕を下ろしました。  富川嘉文さん  「ホテルから買い取ってきたものといえば、このマーブル台と、この冷凍庫、あっちの方に少し器材があるんですけど」  店の調理器具は、ホテルで働いていた時から使っているものばかりです。  富川嘉文さん  「本当、オープンの日にテーブルをみてて…。ちょっと、今もやばい、待って…。ダメっす。今ダメっすわ本当に」 記者「思い出が?」  富川さん  「考えるとどうしても涙出てくるんで…。(話をするのは一旦)無理っすね」  富川さんは、ホテル閉館を節目にケーキ作りから離れ、家業のコーヒー豆専門店を継ぐことも考えました。  富川嘉文さん  「家業のことがあったので、そっちを思っていたんですが、スタッフの中に『一緒に(ケーキ屋を)できますね』と言ってくれる子がいたので」  スタッフ 松下可恋さん  「『皆でお店ができるかもしれないですね』って冗談みたいに話していて。今のこのメンバーの関係が好きだったので、またみんなでできるかなと思った」  ホテルで最後の日まで富川さんと一緒に働いていた製菓部のスタッフたちです。  スタッフ 山本順子さん  「富川さんは(ホテルを)辞めたスタッフのことも気にかけてあげたりして」  スタッフ 樫山菜摘さん  「一緒にみんなで仕事をできる機会があるなら、もうちょっと頑張りたいと思って…(涙)」  皆、一旦は別々の仕事に就きましたが、「ぽっくる」のオープンを機に富川さんを含め5人全員が再び集まりました。  店主 富川嘉文さん  「自分が信頼をおけるスタッフが一緒にやってくれるっていうのは、このお店を作ってやっていく大きなきっかけになった」  店で提供するのは、ホテル時代から作り続けるケーキです。  中でもアップルパイは、国産リンゴを贅沢に使い、飽きのこない味に仕上げていて、長年愛されてきました。  富川嘉文さん  「ケーキをみたお客さんが『あ、第一ホテルのケーキここで買えるんですね』って言ってもらえた。自分のやってた仕事をちゃんとみててくれているというか、評価してもらえていたんだなと。ホテル時代の話になるとつらいところもありますけど、ずっと裏方としてやっていて、『ちゃんとやっててよかったな。ちゃんとファンもいたんだな』と思える瞬間もあるんで、ちょっとうれしいですよね」  富川さんたちが思いを込めて作る伝統のケーキ。これからは街のケーキ店として、味わう人を笑顔にしていきます。  富川さんは今後、地元・魚津市のリンゴを使ったアップルパイなど、さらに工夫を凝らしたケーキ作りにも挑戦したいと意気込んでいます。

富山 2022.01.19 19:12

高岡3寺院の観光ツアー 3月にも販売開始

 コロナ禍以降を見越して、高岡市内の著名な3つの寺を結ぶ観光ツアーの取り組みです。  寺の特徴を生かす体験などを組み入れて、3月にも販売を始める見通しです。  高岡市の勝興寺で開かれた会議には、国宝の瑞龍寺、国の重要文化財の勝興寺、そして臨済宗の国泰寺の住職などが出席しました。  この取り組みは、県西部の観光活性化を目指す団体「水と匠」が進めています。  観光ツアーでは、外国人が関心がある日本文化を体感できるよう、茶会やヨガを組みいれた座禅、そして精進料理に触れられるメニューを組み、高岡の伝統産業とも連動させるとしています。  水と匠 林口砂里さん  「ものづくりの歴史、技、心意気というのは、お寺さんと深く結びついていると。ことしの3月から、商品の販売をしたいと思っている」  水と匠は、地元の人向けなどのプランも準備することにしています。

富山 2022.01.19 19:10

春闘で4%程度の賃上げへ 連合富山が方針

 県内最大の労働団体、連合富山は19日、富山市で会議を開き、9年連続となる賃上げを目指す、などとした春闘の方針を確認しました。  決定した方針では、基本給を一律に引き上げるベースアップと定期昇給分、合わせて4パーセント程度の賃上げ実現を目指します。  また2016年から格差是正を目指して取り組む賃金「底上げ」の一環として、金属やインフラなど5つの業種ごとの賃金について30歳と35歳での最低到達基準をことしも設定します。  浜守秀樹会長は「経済の自立的な成長のためには人への投資が不可欠で、分配構造の転換につながる賃上げが必要」としたうえで、働き方改革やジェンダー平等などの課題にも取り組みたいとしました。  連合富山 浜守秀樹会長  「まず男女の賃金格差をきちっとなくす。そういった努力もしていきたいという狙いもあります」  春闘は来月3日から始まり、3月15日から17日に最大の山場を迎えます。

富山 2022.01.19 19:09

富山で厳しい寒さ続く 交通障害などに注意

 厳しい冷え込みとなった富山県内は、18日夜から19日にかけて路面の凍結によるスリップ事故が相次ぎました。  寒さと雪はこのあとも続く見込みで、気象台は注意を呼びかけています。  19日朝の最低気温は富山市で氷点下1.8度、高岡市伏木で氷点下2度など、県内すべての観測地点で氷点下となりました。  富山市内ではゆっくりと走る車が列を作っていました。  県警本部によりますと、18日夜から19日朝にかけて、県内では256件のスリップ事故が起き、20人が軽いけがをしました。  JAF富山支部広報担当 林宏二さん  「スリップ事故が多い場所としては交差点、発進と停止を繰り返す場所で、雪が磨かれてツルツルになって危険な場所。橋の上、トンネルの出入口付近、風通しの良い場所も凍結しやすいポイントです」  県内20日は朝から夜遅くにかけて山間部を中心に雪が強まる見込みです。  20日午後6時までの降雪量は、いずれも多いところで平野部が30センチ、山間部が50センチと予想されています。  また、23日まで最低気温が氷点下となることが予想されています。

富山 2022.01.19 19:08

大学生が魚津市にSDGsの取り組み提案

 東京の東洋大学の学生たちが魚津市との連携事業の一環として、市がSDGs=持続可能な開発目標に取り組むためのアイデアを提案しました。  19日は、東洋大学経済学部で地方創生に力を入れる3つのゼミの学生あわせて25人が、魚津市の担当者に対しオンラインでプレゼンテーションをしました。  この中には、魚津市の地図上で遊びながらSDGsを学べるすごろくを制作して、小学生に理解を深めてもらう提案や、ふるさと納税を財源としてサイクリングコースと空き家を活用する取り組みの提案などがありました。  魚津市は、ことし9月に「SDGs週間」を設けることを検討していて、効果が期待できる事業であれば採用したいとしています。

富山 2022.01.19 19:07

冬の保存食「ばんこもち」づくり 池田町

池田町で冬の伝統の保存食「ばんこもち」作りが最盛期を迎えている。ヨモギがたっぷり使われていて、きなこや砂糖しょうゆを付けて食べるのが生産者のおすすめ。(1月19日) 作業は空気中の雑菌が少ない寒の時期に行われていて、19日は地元の人たちが蒸した地元産のもち米とうるち米にオオヨモギを混ぜ合わせ、きねでついた。「例年より早く収穫したからヨモギが柔らかい」とのこと。 つきたての餅は直径20センチの円盤状の型に詰めて形を整え、10日ほど乾燥させて仕上げる。今年も例年並みの1500枚を作り、町内の旅館やまちの駅で20日から販売される。

福井 2022.01.19 18:54

スノーボードクロス高原選手 北京五輪内定

全日本スキー連盟は19日、北京オリンピックの出場内定選手を発表し、スノーボードクロス日本代表に坂井市出身の高原宜希(たかはら・よしき)選手(24)が選ばれた。県勢として初めての冬季オリンピック出場となる。(1月19日) 同種目は複数の選手が同時に滑ってタイムや順位を競うもので、高原選手はスタ-トで先行する滑りを得意としている。去年12月にオーストリアで行われたワールドカップで5位に入るなど、オリンピックの選考基準をクリアしていた。 5歳からスノーボードを始め、工大福井高校の2年生の時に日本代表に選ばれ、2018年の全日本選手権で初優勝。2019年のワールドカップでは日本人史上最高の4位入賞を果たした。 日本人のスノーボードクロス男子でのオリンピック出場は2006年のトリノ大会以来で、メダル獲得を目指す。

福井 2022.01.19 18:22

コロナ新規感染79人 学校現場で感染拡大

福井県は19日、新型コロナウイルスに県内で新たに79人が感染したと発表した。1日の新規感染者数としてはこれまでで2番目に多い。32人は小中学校と高校合わせて10校に通う児童と生徒で、学校での感染が広がっていることから、県は大人から子どもへの感染を防ぐよう警戒を呼び掛けている。(1月19日) 北陸高校では15人の感染が確認された。福井村田製作所の関連では新たに従業員やその家族など7人の感染が確認され、越前市と越前町の工場を合わせた感染者の累計は164人になっている。 県内の感染者の累計は3796人となり、入院している人は354人で、このうち50人が指定医療機関に、304人が宿泊療養施設に入っていて、1人が中等症となっている。 自宅での経過観察の人は115人となっていて、このうち宿泊療養施設を経ずに直接自宅での経過観察となった人は30人増えて45人となっている。 県は1月31日まで県独自の感染拡大警報を発令中。

福井 2022.01.19 17:11

新人陣営の男逮捕 越前市長選で公選法違反

去年10月の越前市長選挙でいわゆるウグイス嬢に規定の上限を超える報酬を支払う約束をしたとして、越前署と県警捜査二課などは19日、新人の陣営の越前市余田町の自称会社員近藤勉容疑者(71)を公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕した。(1月19日) 近藤容疑者は同選挙に関し、新人として出馬した候補者を当選させようと50代の女性にいわゆるウグイス嬢として陣営の選挙運動にあたるよう依頼した際、その報酬として市の選挙管理委員会が定める上限額の1日あたり1万5000円を超える額を支払うことを約束した疑い。また、この女性と共謀して他の複数のウグイス嬢にも同様の約束をしていたとみられ、警察はこの女性についても公職選挙法違反の疑いで任意で捜査を進めているほか、陣営の関係者にも事情聴取を進めている。 警察は共犯事件として、近藤容疑者の認否を明らかにしていない。

福井 2022.01.19 17:03

富山県で新たに41人感染確認 新型コロナ

 県と富山市は19日、県内で新たに男女41人に新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表しました。  居住地別では富山市で20人、高岡市で8人など、県内8つの市と2つの町であわせて39人、それに東京都と大阪府でそれぞれ1人ずつとなっています。  高岡市の80代男性は肺炎などの症状がある中等症で、ほか34人が軽症、6人が無症状です。  感染者の累計は5189人となり、入院中は73人、宿泊療養施設の入所者は18日から4人増えて117人。自宅療養または入院調整中の人は49人と、こちらは18日から6人増えました。  県内で新規感染者が10人以上確認されるのは、今月7日以降13日連続です。

富山 2022.01.19 15:10

文殊山を精巧なジオラマに 児童が卒業制作

福井市の上文殊小学校の児童が地区のシンボルとなっている文殊山のジオラマを完成させ、19日地域の住民にお披露目した。リアルな山並みの隆起や水田など緑に囲まれた田園地帯の様子が7000分の1のサイズで再現されている。(1月19日) 算数や社会の授業で学んだ地図の縮尺や等高線の読み方を生かして、6年生14人がプロモデラーの酒井正人さんの指導も受けて去年7月から半年掛かりで卒業制作として完成させた。 児童は「みんなで協力しながら頑張った。ジオラマを作ってみて上文殊には大きい文殊山があって、とても大切な山なんだと思った」と話した。 住民は「とても立派にできていて驚いた。すごく細かい作業で大変だったと思う」と話した。 ジオラマは公民館で展示された後、2月5日には福井市のアオッサで開かれる福井ふるさと教育フェスタでも披露される。

福井 2022.01.19 13:38

路面凍結でスリップ事故多発 富山県内道路

 厳しい冷え込みとなった県内、19日朝は各地でスリップ事故が相次ぎました。  19日朝の最低気温は、富山市で氷点下1.8度、高岡市伏木で氷点下2度など、県内すべての観測地点で氷点下となり、最も寒い時期を下回りました。  富山市内では道路が凍結し、ノロノロ運転の車が列を作りました。  県警によりますと18日夜から19日朝にかけて、県内では256件のスリップ事故が起き、20人が軽いけがをしました。  日中の予想最高気温は富山市で3度、高岡市伏木で2度と、厳しい寒さとなる見込みです。  夜にかけて雪は降ったりやんだりして、20日は冬型の気圧配置が強まり、雪となりそうです。

富山 2022.01.19 12:06

富山県内で去年「還付金詐欺」の被害急増

 県内の去年1年間の特殊詐欺被害額はおととしより減少しましたが、自治体などの職員をかたって現金をだまし取る還付金詐欺の割合が急増しました。  県警察本部によりますと、去年の県内の特殊詐欺被害は暫定値で49件、1億161万円あまりで、件数はおととしとほぼ同じで金額はおよそ6600万円減少しました。  内訳で最も多かったのが、おととしまで2年間被害がなかった自治体や金融機関の職員をかたってATMなどを使わせ現金をだまし取る「還付金詐欺」で、被害は15件およそ1700万円に上ります。  被害者は全員65歳から69歳の女性で、県警は、ATMで金が返ってくる話は全て詐欺だとして注意を呼びかけています。

富山 2022.01.19 12:05

【新型コロナ石川県】新たに114人が陽性 このうち73人が感染経路不明

石川県は18日、新型コロナウイルスについて新たに114人の陽性を確認したと発表した。新たなクラスターも3件確認されている。 石川県によると18日午前10時までに確認した1771件の検査の結果、114人が陽性判定を受けた。 これまでの疫学調査の結果、新たに会食、学校、福祉施設の3か所でクラスターの発生も確認された。 感染者の内訳はクラスター関連で19人濃厚接触者・接触者が22人。感染経路不明者は去年7月28日の75人以来、過去2番目に多い73人となっている。 症状別では軽症が47人、無症状が4人、残りは調査中となっているが、全員軽症または無症状だという。

石川 2022.01.18 20:31

新型コロナ 石川県内の現状を専門家に聞く 新規感染者のほとんどがオミクロン株か

全国的に感染が拡大している新型コロナだが、そこには、オミクロン株が関係しているとみられている。専門家は石川県内の現状をどう見ているのだろうか。 1月に入り新規感染者が急拡大している状況について県の専門家会議の谷内江昭宏座長に聞いた。 谷内江座長は「全体の傾向として急速に正月明け以降、感染拡大が起こっていることを考えると、いわゆる、オミクロン株による第6波が浸透してると考えていいと思う」と話す。 県内のオミクロン株の感染者はこれまでに20人だが感染拡大地域の状況などを考えると県内の新規感染者のほとんどはオミクロン株の可能性が高いという。 ではなぜ急拡大しているのだろうか。一つは非常に感染力が高いとうオミクロン株自身の性質。また、感染力が強いと同時に無症状や軽症が非常に多く、感染を知らずに周りに広めるリスクが高いといえるという。 もう一つは、日本固有の問題だが、年末年始を挟んで帰省や旅行が増えたことと、成人式による若者の移動、飲み会が増えたことが要因ではないかという。 17日までに感染が確認された483人のうち10代から20代が全体のおよそ6割を占めている。 ただ30代以上の感染者も増えてきており、若年層の感染拡大を契機に市中感染が広がっているのではないかと指摘する。 一方で県のモニタリング指標での病床使用率は依然ステージ1「感染要注意」のまま。 重症者も0人が続いている現状について谷内江座長は、「重症の患者の率は少ないのも事実だが、感染者数が多くなると、今の感染対応の制度設計の中では保健所であったり、行政の感染を把握する仕組みが破綻する、立ち行かなくことがある」「一気に数百人というレベルになるとわずかではあるが重症の患者さんを救うことが難しくなる事態に陥る可能性がある」と話す。 そして、必要な生活をしながらできるだけ感染を緩やかにする、感染リスクの高い人を守るためにこれまでやってきた、感染対策を続けていくことにつきると思う、と話していた。 また、谷内江座長はオミクロン株に対してもワクチンの有効性は一定程度保たれているとして、特に高齢者など重症化しやすいとされる人は3回目の接種を受けてほしいとしている。

石川 2022.01.18 20:22

石川県知事選に向け出馬予定の3人が支持拡大へ 推薦要請や支持者回りに奔走

石川県知事選挙に向けて3人が連日、支持拡大へ動きを強めている。18日も推薦要請や支持者回りなどに走り回った。 18日、支持者を出迎えるのは馳浩氏。国会議員時代から支えてくれた企業後援会の総会に出席した。 激励を受けた馳氏は「退路を断ってこの場に立たせていただいた。どうぞ3月13日に向けて大きな推進力となって頂けるように心からお願いを申し上げます」と挨拶した。 山田修路氏は午前中、志賀町を回っていた。同席していたのは、支持を表明した自民党の石田忠夫県議。支持を広げる能登で、地域住民から推薦状を受け取った。 一方、山野之義金沢市長は、18日朝、連合石川に推薦願を提出した。前回の市長選挙では山野市長を推薦した連合石川だが…。福田会長は、これから決めていくことになるとして、明言はしなかった。 連合石川は、2月上旬までに結論をまとめる考えを示している。

石川 2022.01.18 19:56

石川県知事選 電話による情勢調査の結果は 金沢市長の山野氏がわずかにリード

テレビ金沢は北國新聞社と合同で3月投開票の石川県知事選挙について電話による情勢調査を実施した。 テレビ金沢と北國新聞社の合同調査は1月15日、16日にJX通信社が行った。県内の有権者を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける方法で実施し、3009人から回答を得た。 まずは、知事選挙の関心度だ。「大いに関心がある」「少しある」が合わせて9割を超えていて注目の高さがうかがえる。 続いて、投票する際に重視する点だ。最も多かったのが「誠実さ、人柄」で、30パーセントを超えた。 次いで「行政での経験や手腕」が22パーセント。「発信力」、「バランス感覚」と続いている。 投票の際に、最も重視する政策については「医療・福祉の充実」が最も多く、「県と市や町の連携」が続いている。 「教育・文化政策」「農林水産業の振興」はそれぞれ10%ほどとなっている。 「医療・福祉の充実」は20代と40代から90代でいずれも30%前後と、それぞれ最も多く選ばれていて、新型コロナウイルスの影響がうかがえる。 また、退任する谷本知事の7期28年の県政運営について尋ねた。 「評価する」とした人は76%だった。「評価する」理由としては「行政での経験や手腕」を挙げた人が多く、「発信力」「バランス感覚」が続いている。 地域別では「能登」が79%で「評価する」が多く、「南加賀」「金沢」と続いている。 調査結果に取材を加味した現在の支持動向は、金沢市長の山野之義氏がわずかにリードし、前参議院議員の山田修路氏、前衆議院議員の馳浩氏が追う展開となっている。 選挙区別では、金沢の1区は山野氏と馳氏が強く山野氏に勢いがある。南加賀の2区は3人が競い合っている。能登の3区は支持する議員が多い山田氏が浸透している。 一方で3割弱が投票先について「決めていない、分からない」としていて、今後の情勢は、流動的な要素が多く大きく変わる可能性がある。 知事選は2月24日告示、3月13日投開票だ。

石川 2022.01.18 19:44

石川県・穴水町長選 無投票で前町議が当選

任期満了に伴う石川県・穴水町の町長選挙が18日に告示され、前の町議の吉村光輝さんが無投票で初当選を果たした。 18日に告示された穴水町長選挙は、午後5時に立候補の受け付けが締め切られたが、新人の吉村光輝さん以外に届け出はなく、無投票で初当選が決まった。 吉村さんは地元出身の51歳。2011年から穴水町の町議となり、今回の町長選前までは議長を務めていた。 吉村さんの任期は2月2日から4年間となる。

石川 2022.01.18 19:28

富山県で新たに30人感染確認 新型コロナ

 富山県内では18日、新たに30人の新型コロナウイルス感染が確認されました。また県は今月感染が確認された人のうち、7割以上が2回ワクチンを接種済みのいわゆる「ブレイクスルー感染」だったと発表しました。  新たに感染が分かったのは、富山市、砺波市、高岡市などの10歳未満から70代までの男女30人です。このうち1人が肺炎の症状がある中等症、残りは軽症または無症状です。  およそ7割にあたる22人の感染経路が不明で、市中感染が広がっていることがうかがえます。  また県は、16日現在のワクチン接種状況を発表しました。3回目接種を終えた人は対象となる18歳以上のうち、1万4466人で先週から4000人あまり増えました。  そして県は今月15日までに判明した感染者203人のうち、7割以上にあたる151人がワクチンを2回接種済みの、いわゆる「ブレイクスルー感染」だったと発表しました。 1回のみ接種が2人、未接種は50人で、いずれも65歳未満でした。  県は「2回接種しても油断せず感染対策をとってほしい」としています。  また県警察本部は、富山中央警察署の地域課に勤める30代の男性警察官が感染したと発表しました。高岡市教育委員会も市立学校に勤める用務員の感染がわかったと発表しました。  ともに濃厚接触者が施設内にいないため、警察業務や学校活動に影響はないということです。  県内で入院中の人は65人で重症者はいません。宿泊療養施設に入所している人は113人、自宅療養または入院調整中の人は43人となっています。

富山 2022.01.18 19:13

「まん延防止」要請時は指標設けず 富山県

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、富山県の新田知事は18日の会見で、まん延防止等重点措置適用の国への要請について、従来通り具体的な指標は設けず、医療提供体制などから総合的に判断するとしました。  まん延防止等重点措置をめぐっては、東京都は病床使用率20パーセント、大阪府は35パーセントの段階で国への要請を検討することを明らかにしています。  新田知事は、今日の会見で従来通り要請する際の指標は設けず、医療提供体制の状況などをみて総合的に判断するとしました。  また、県内の感染状況については、県が17日までに公表した、今月1日から17日までの感染者249人のうち、およそ6割が20代以下だとして、若い世代での感染拡大が特徴だと説明しました。  また、陽性者に対する変異株のPCR検査の結果から、感染者のほとんどがオミクロン株疑いとなっているとして、県内でも置き換わりが急速に進んでいるとする見解を示しました。

富山 2022.01.18 19:11

歌会始の儀 南砺市の男性の歌披露

 18日、皇居で開かれた「歌会始の儀」で、南砺市に住む85歳の男性の歌が天皇・皇后両陛下の前で詠まれました。富山県内からの入選者は34年ぶりだということです。  お題が「窓」のことしの歌会始の儀で、自作の歌が詠みあげられる一般の入選者10人の1人に、南砺市福野の西村忠さん85歳が選ばれました。  西村さんの短歌  「剱岳三ノ窓より朝日さし富山平野に田植はじまる」  富山県内の春先の美しい光景と、人々への営みに思いをはせて詠んだということです。  西村忠さん  「大変光栄に思っております。私の詠んだ歌が富山県民の皆さんも喜んでもらえるならばたいへんうれしく思います。私は、陛下のお若いころ、五箇山の合掌造りでお泊まりになった家は、その状態で今も使われておりまして、世界遺産になっておりますと言いましたら、陛下は、図書さんですねと、お泊まりになった家の姓までお覚えになっておられました」  10人のなかでは最高齢で、宮内庁によりますと、富山県内からの入選者は1988年以来のことだということで、34年ぶりのことになります。

富山 2022.01.18 19:06

富山河川国道事務所職員を逮捕 盗みの疑い

 去年8月、勤務先である富山河川国道事務所に保管されていたノートパソコンを盗んだ疑いで18日、国家公務員の男が警察に逮捕されました。  警察などによりますと、建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは、北陸地方整備局富山河川国道事務所に勤める公務員・山本広容疑者(40)です。  山本容疑者は、去年8月15日午後6時から26日午後6時20分までの間に、勤務先に保管されていたノートパソコンとコード類、時価にして32万1750円相当を盗んだ疑いです。  去年11月下旬に事務所の関係者が警察に相談し、容疑が明らかとなりました。  警察の調べに対し山本容疑者は「事務所に侵入しパソコン一式を盗んだことは間違いない」と容疑を認めているということです。  警察は、単独犯とみて動機や余罪などを詳しく調べています。  また、国土交通省北陸地方整備局の岡村次郎局長は18日、「職員が逮捕されたことは誠に遺憾なことであり、深くお詫び申し上げます。事実関係が明らかになり次第、厳正に対処します」との文書を発表しました。

富山 2022.01.18 19:04

関西電力黒部ルート 名称発表先送りに

 黒部峡谷鉄道の終点、欅平から黒部ダムを結ぶ関西電力黒部ルートの新しい名称について、県は18日の会議で提案する予定でしたが、先送りしました。黒部市の大野市長が異議を唱えたためとみられます。  関西電力黒部ルートは、2024年の一般開放に向けて新しい名称を公募し、県は18日、観光や交通などの関係者で作る会議で提案する予定でした。  公募では「自由記入」、「宇奈月黒部キャニオンルート」、「黒部宇奈月ヒストリアルート」の3つの選択肢を示し、選考委員会が「宇奈月黒部キャニオンルート」に絞り込んだとみられます。  会議を前に一部の委員に打診したところ、異論などが出たということで、県は「調整の必要がある」として議題から外しました。  委員となっている黒部市の大野市長が「宇奈月黒部」の地名の順序をめぐって、異議を唱えるなどしたためとみられます。  黒部市 大野市長  「現在の合併して15年経った、大きくなった黒部市を皆さん方に分かってもらう時は、どういう名称がいいかということを再検討いただきたいと。新しい新市にもなっているし、地域事情を理解してほしいな、というのはあります」  県は、今後、新しい名称をどのようにして、いつまでに決めるかは未定だとしています。

富山 2022.01.18 18:57

人工股関節・膝関節手術に 新システム導入

 人工股関節や人工膝関節におきかえる手術をロボティックアームを使って行う新たなシステムが、富山市の病院に導入され18日、報道機関向けに公開されました。  医療法人財団五省会 西能病院は人工股関節や人工膝関節におきかえる手術にロボティックアーム手術支援システム=「Makoシステム」を、県内で初めて導入しました。  このシステムは、CTデータによる手術計画を事前に作成し、ロボティックアームの操作範囲を制限することで医師をサポートします。  このため医師の熟練度などにかかわらず、安全で正確な手術を行うことができます。また、手術は保険診療で行えるということです。  西能病院 御旅屋宏史医長  「これまでの人工関節の手術よりも骨切除量が少なく担保できるかと思われますので、その点については患者の大きなメリットになろうかと思われます。」  西能病院は17日に一例目の手術を行い、患者の術後状態は良好だということです。

富山 2022.01.18 18:56

「冬型」続く 20日にかけ富山で大雪注意

 冬型の気圧配置の影響で富山県内は断続的に雪が降っています。19日はいったん弱まりますが、20日は強まりの程度によって大雪となる所があるでしょう。  18日朝の富山市内では、道路や駐車場の除雪に追われる人の姿が見られました。  除雪している人  「子どもは喜ぶけど…年寄りはもう(雪は)いらない」  午後6時の積雪は、富山市で36センチ、高岡市伏木で21センチ、砺波市は25センチなどとなっています。  19日午前6時までの降雪量は、いずれも多いところで平野部で10センチ、山間部で20センチの見込みです。19日は、冬型の気圧配置は弱まりますが、寒気や湿った空気の影響で雪時々曇りとなるでしょう。  20日は冬型の気圧配置の強まりの程度によっては、大雪となる所がある見込みで、最新の情報に注意してください。

富山 2022.01.18 18:53

78人新規感染 無症状で直接自宅観察開始

福井県は18日、新型コロナウイルスに県内で新たに78人が感染したと発表した。1日の新規感染者数としては過去2番目に多い。直近1週間の累計は421人と過去最多を更新していて、県は病床のひっ迫を避けるため、同日から無症状の人は宿泊療養施設を経由させずに直接自宅での経過観察とする対応を始めた。(1月18日) 学校関連では9つの学校の児童、生徒と学生の合わせて26人の感染が確認された。 臨時休校が相次いでいて、若狭町の三宅小学校が18日まで、鯖江市の神明小学校が20日まで、鯖江市の惜陰小学校は18日までとしていたが19日まで延長した。北陸高校と仁愛女子高校は今週いっぱい、福井工業大学附属福井高校と同中学校は1月29日までそれぞれ臨時休校となった。 福井村田製作所では新たに従業員5人が感染し、越前市と越前町の工場を合わせた関連の累計は157人になっている。 県内の感染者の累計は3717人になり、入院している人は17人増えて350人となっていて、指定医療機関に40人、宿泊療養施設に310人が入っている。このうち1人が中等症となっている。 自宅での経過観察は13人増えて85人となっていて、このうち無症状だった15人について、県は宿泊療養施設を経由させず直接自宅での健康観察を続けている。 県は児童や生徒の感染が相次いでいることから、教育現場での感染拡大のきっかけを作らないためにも、大人が改めて基本的な感染予防対策を徹底するよう呼び掛けている。

福井 2022.01.18 17:21

永平寺町長選挙 現職のみ出馬で無投票か

任期満了に伴う永平寺町長選挙の立候補者説明会が18日開かれ、現職の河合永充町長(49)の陣営のみが出席した。今のところ現職以外に出馬の動きはなく、選挙は無投票となる公算が大きくなっている。(1月18日) 陣営の担当者は選挙管理委員会から届け出や選挙運動の注意点、道路交通法などについて説明を受けた。 同町長選を巡っては現職のほかに、元福井県立大学教授で新人の工藤進氏(72)が去年10月に出馬を表明していたが、準備が不十分だとして17日に一転して出馬しない意向を明らかにした。 永平寺町長選挙は2月15日に告示、同20日に投開票される。

福井 2022.01.18 17:14

公民館でワクチン接種予約受付開始 福井市

新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種を巡り、福井市は18日、接種のスピードアップに向けて、市内49カ所全ての公民館を巡回する形で臨時の窓口を設け、予約の受け付けを始めた。(1月18日) 春山公民館では同日、午後の1時間で約20人が申し込みを済ませた。母親の代理で予約に来たという人は「前回は市役所まで行って1時間半ぐらい待った。歩いて来られる距離なので助かった」と話した。 臨時の窓口はほとんどの公民館で週1回設けられ、予約できる曜日や時間は接種券に同封されている案内で確認できる。 市によると1月16日までに1万3500人に3回目の接種券を発送していて、このうち9000人がすでに予約を済ませている。

福井 2022.01.18 17:12

一生お金に困らない?小浜の食べられる小判

小浜市駅前町の和菓子店「古谷製菓舗」で、縁起物として親しまれている小判の形をした焼き菓子づくりが最盛期を迎えている。一部の地域では、一生お金に困らないようにとの願いを込めて神棚に供え食べられる。(1月18日) 小麦粉や砂糖を混ぜた生地を薄く伸ばし、型で抜いてオーブンで焼き上げて作られる。サクサクとした食感とほのかな甘みが特徴。18日も作業が行われ、調理場には甘い香りが漂っていた。 店では多い日に2000枚を焼き、2月3日の節分までに去年と同じ2000袋を小浜市のほか、おおい町や高浜町の食品スーパーに出荷する。

福井 2022.01.18 17:08

富山県で新たに30人感染確認 新型コロナ

 県と富山市は18日、県内で新たに男女30人に新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表しました。  居住地別では富山市で18人、砺波市で4人、高岡市、射水市、立山町でそれぞれ2人、氷見市と南砺市でそれぞれ1人となっています。  30人のうち、射水市の70代男性が中等症で、28人が軽症、1人が無症状です。  感染者の累計は5148人となり、入院中は65人、宿泊療養施設の入所者は17日から2人増えて113人。自宅療養または入院調整中の人は43人と、こちらは17日から10人増えました。  県内で新規感染者が10人以上確認されるのは、今月7日以降12日連続です。

富山 2022.01.18 15:12

【石川県新型コロナ】新たに114人感染確認 新クラスターも3件発生

石川県は18日、新型コロナウイルスについて新たに114人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は1771件。 陽性114人のうち、クラスター関連は19人、濃厚接触者・接触者は22人、感染経路不明は73人。 検査結果およびこれまでの疫学的調査の結果、新たに会食関係、学校関係、福祉施設の合計3か所でクラスターの発生も確認された。

石川 2022.01.18 14:12

高校推薦入試 工大福井はコロナで面接中止

県内の県立高校と私立高校で18日、推薦入試が行われた。福井市の足羽高校では午前8時すぎ、雪の降る中、受験生たちが試験会場へと入った。生徒と教員の新型コロナウイルス感染が判明した工大福井高校は面接試験を取りやめた。(1月18日) 県立高校の推薦入試には普通科と専門学科合わせて715人の定員に655人が出願し、倍率は0.95倍となっている。スポーツや文化活動などで優れた成績を残した生徒が対象の「特色選抜」には、合わせて410人が出願している。 私立高校6校の推薦入試などには1998人の定員に1126人が出願している。 県立、私立ともに合格者は20日、各中学校の校長に伝えられる。 なお県立高校の一般入試は今年から日程が前倒しされ、2月16日と17日に試験が行われ、2月25日に合格発表が行われる。

福井 2022.01.18 13:04

石川県内冬型の気圧配置 凍結などに注意を

冬型の気圧配置と寒気の影響で18日の石川県内は断続的に雪が降っている。 冬型の気圧配置となり、北陸地方の上空およそ5000メートルにマイナス30℃以下の寒気が流れ込んだ影響で、18日の県内は朝から断続的に雪が降っている。 18日朝の最低気温は三井で氷点下3.2℃、七尾で氷点下1.9℃など多くの地点で0℃を下回った。 また、現在県内には波浪警報が発表されていて、18日に予想される波の高さは加賀能登ともに5メートルの見込みだ。 気象台では加賀は18日夕方まで、能登は夜遅くにかけてうねりを伴った高波に警戒するよう呼び掛けている。 冬型の気圧配置は金曜日頃まで続く見込みで、18日の夕方にかけては雪を伴った強風や、雪による視程障害、路面の凍結にも注意が必要だ。

石川 2022.01.18 12:42

石川県の来年当初予算案 知事裁定始まる 谷本知事「県民の思いに応える予算案を」

石川県の来年度当初予算案は、18日から知事裁定が始まった。知事選挙に伴い、準通年型予算となり、新型コロナ、経済対策が柱となる。 3月の知事選挙に伴い、当初予算案は、必要経費を盛り込む準通年型の骨格予算となる。 しかしながら谷本知事は「必要最低限の予算にとどめていては県民の思いに応えることにはならない。県民の安全安心に関する分野は県としてメッセージを伝えることが大事ではないか」と述べた。 知事裁定は、その新型コロナ対策と経済再生策から始まり、担当部長が説明した。 この中で、谷本知事は、3回目ワクチンの前倒し接種について、県として市町に対し何ができるか詰めるよう指示をした。 予算案では、厳しい状況にある事業者の下支えのほか、金沢城二の丸御殿の復元なども盛り込まれる見通しだ。 県の当初予算案は、2月1日開会の県議会に提出される。

石川 2022.01.18 12:11

富山県 断続的に雪が降り雷を伴うところも

 冬型の気圧配置の影響で富山県内は断続的に雪が降っています。この後も雪が降り続く見込みです。  18日朝の富山市内では、道路や駐車場の除雪に追われる人の姿が見られました。  雪かきをする人  「子どもは喜ぶけど…年寄りは(雪は)いらない」  午前11時の積雪は、富山市で37センチ、高岡市伏木で25センチ、砺波市は22センチなどとなっています。  19日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで平野部で20センチ、山間部で30センチとなっていて、その後も21日ごろにかけて雪が降り続く見込みです。  また現在、雪による県内の交通機関の大きな乱れは発生していませんが、気象台は、積雪量が一気に増えた所があるとして交通障害などに注意するよう呼びかけています。

富山 2022.01.18 11:52

富山市内の公共交通 通学時の利便性向上へ

 富山市は18日、コミュニティバスなどの公共交通について検討する会議を開き、通学の利便性向上を図る複数の案を承認しました。  この会議は、バスのルートや運賃などについて協議するもので、コミュニティバスの運行事業者などが出席し、6つの議案を審議しました。  このうち、呉羽地域の「呉羽いきいきバス」について、ことし4月6日から朝と夕方の便で通学利用する中学生を対象にした運賃の無料化を決めました。  また、堀川南地域の「ほりなんバス」では、堀川中学校に新しい停留所を設置し運行開始時間を1時間早めることを決めました。  いずれも悪天候時に生徒の送迎をする家族の負担を軽減したいとしています。

富山 2022.01.18 11:52

教室内で広がったか クラスターで学級閉鎖

 教室で広がったとみられるクラスターで学級閉鎖です。県内では17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに20人確認されました。滑川市の学校では、同じ教室内で17日までに生徒7人の感染が分かり、県は新たなクラスター=感染者集団が発生したとしました。  滑川市の学校で起きたクラスターは、17日までにいずれも同じクラスの男女7人の感染が判明しました。  これまでに、同じクラスの生徒や、授業を担当した教職員など合わせて42人の検査を行い40人が陰性、残る2人が検査の結果待ちです。  学校は基本的にマスクを着用し、昼食は椅子を同じ向きにして話さずに食べる「黙食」など感染対策を行っていて、今回感染が分かった7人に感染源といえる共通点は見つかっていない状況です。  このクラスは17日から当面学級閉鎖するということです。  そして県は富山市、高岡市、滑川市などに住む10歳未満から70代までの男女20人の感染を確認したと発表しました。いずれも軽症または無症状です。  また富山市は17日、福祉保健部保険年金課に勤務する職員1人の感染が分かったと発表しました。市は消毒作業を行い自宅待機の職員もいることから、窓口業務を18日から一部縮小して継続するということです。  県内で入院している人は、これで63人となりました。重症者はいません。宿泊施設の入所者は111人、自宅療養または入院等調整中の人は33人となっています。

富山 2022.01.17 19:26

石川県知事選 それぞれが支持拡大に動き 

石川県知事選挙に向けて支持の拡大を目指す3人は、17日も動きを見せた。 山野金沢市長は、古巣の自民党県連に対し、「支持」を要請した。県連は、近く役員会で判断する見通しだ。 この後、山野市長は、県議会の第2会派「未来石川」に推薦願を提出。その2時間後。今度は、馳氏が訪れ、政策を説明し、支援を要請した。未来石川は、19日に対応を決める見通しだ。 一方、山田氏は夕方、自民党津幡町支部の有志でつくった後援会の発足式に出席した。自民、非自民勢力それぞれへ、支持拡大に動いている。

石川 2022.01.17 19:18

石川県・金沢高校出身の投手がメジャーへ 松田康甫投手がドジャースとマイナー契約

石川県・金沢高校出身でBCリーグの茨城県のプロ野球チームに所属している松田康甫投手がメジャーリーグのドジャースとマイナー契約を結んだ。 BCリーグ茨城アストロプラネッツ所属の松田康甫投手。17日、茨城県庁で記者会見が行われ、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約したことが発表された。 松田投手は石川県出身で金沢高校から拓殖大学を経て昨シーズンから現在のチームに所属。 身長193センチ、体重93キロの体格から投げ込む155キロのストレートが武器の大型右腕だ。 松田投手は3月ごろにアメリカにわたる予定となっている。

石川 2022.01.17 19:18

【新型コロナ石川県】新たに56人が陽性 県内の事務所でクラスター発生

石川県は17日、新型コロナウイルスについて新たに56人の陽性が確認されたと発表した。また、新たに職場関係のクラスターの発生も確認された。 石川県によると17日午前10時までに確認した214件の検査の結果新たに56人の陽性が判明した。 内訳は16日にクラスターとなった高校関係で1人、濃厚接触者・接触者が28人、感染経路不明者が27人だ。 年代別では20代が最も多く27人、次いで10代が9人と若い世代の感染が目立つ。 症状別では軽症が50人、無症状が4人、調査中が2人となっている。 また、これまでの疫学的調査の結果、県内の事業所関係でクラスターが発生していることがわかり、この事業所で働く職員8人の感染が16日までに確認されている。

石川 2022.01.17 19:17

日本海側での津波の危険性は 専門家に聞く 石川県内で高い津波が想定される場所とは

16日、日本列島の広い範囲に出された津波警報と注意報。石川県内には大きな被害はなかったものの、今後、日本海でもこうした津波の危険はあるのだろうか。専門家に聞いた。 16日未明、トンガ諸島付近の海底火山の噴火をうけ、太平洋側を中心に出された津波警報や注意報。鹿児島県奄美市小湊では1.2メートルの潮位の上昇を観測するなど全国で約23万人に避難指示が出された。 今回、日本海側には警報や注意報は出されなかったものの、こうした津波は県内にも今後起こりうるのだろうか。 金沢大学の平松良浩教授は、「(今回の津波は)衝撃波というものが火山の噴火に伴って発生して、日本の周辺で海面の変動を起こして、津波となったもので、非常に珍しい事例。日本海側で津波が起こる可能性としては海底で地震が発生して、津波が発生するということの方が可能性としては高い」と話す。 15年前に発生した能登半島地震も震源は海底の活断層による地震だったように県内周辺の海底には多くの活断層が分布しているという。 そして中でも、最も高い津波が想定されるのが、珠洲市だという。平松教授は「半島の先端は海底の地形の影響で波が高くなりやすい。珠洲市で、群発的に地震が発生しているが、原因は地下で起こっている、地殻変動が原因。その地殻変動の影響は周辺の近い所の海底の活断層にも影響があるので、もしかするとこういうところで大きな地震が起こる可能性は考えられる。そうすると、津波の発生にも注意が必要」と話す。 場所によっては、津波の到達時間は1分未満。また、想定次第では津波の高さが、最大20メートルの規模になるケースもあるという。 平松教授は国土交通省が運営する「ハザードマップポータルサイト」を活用し高い津波が想定される場所や避難所などの位置を改めて確認してほしいとしている。

石川 2022.01.17 19:17

石川県金沢市で主婦らが「震災食」を学ぶ 災害時に少量の飲料水や常備菜で調理

石川県金沢市で17日、主婦らが地震や台風など災害が起きた時に役立つ「震災食」の調理の仕方を学んだ。 金沢市駅西消防署では、毎年、防災や防火にまつわる研修会を開いていて、17日は、家庭での防火啓発活動などを行う婦人防火クラブの女性20人が参加した。 阪神淡路大震災から27年ということもあり、今回は、地震が発生し、水道が止まったことを想定して、少量の飲料水や常備菜などで作れるメニューを学んでいた。 消防では、参加者それぞれの地域でも今回の研修で学んだことを周知してもらい、災害時の知識をさらに増やしてほしいと話している。

石川 2022.01.17 19:16

富山県内で初 教室内のクラスター 対策は

 教室内でのクラスター発生について、不安を感じる保護者や児童・生徒も多いと思います。  感染症の専門家である富山大学附属病院、総合感染症センターの山本善裕センター長は、過度に不安にならず、季節性インフルエンザに準じた対応を取るよう呼びかけます。その上で、一番のポイントになるのは、飛沫感染が主なので「マスクを外しての接触は避けること」です。  学校ではマスクをしての会話をきちんと丁寧に守ること。給食の時には黙って食べる「黙食」を心がけてほしいと話しています。  滑川市教育委員会によりますと、最初の生徒の感染が判明した今月14日に、全校生徒の保護者に対し、学校内でコロナの感染者が発生し、生徒がいた1クラスを学級閉鎖することを知らせる案内を出しました。  案内には、家庭での過ごし方をはじめ、感染者や濃厚接触者への差別や偏見を持たないよう求めたということです。

富山 2022.01.17 18:57

上市町 一般高齢者のワクチン3回目始まる

 65歳以上の一般高齢者に対する新型コロナワクチンの3回目接種が上市町で17日から始まりました。  岡田亮平記者  「これまで医療従事者や施設入所者などに限られてきた3回目のワクチン接種ですが、きょうから一般高齢者に対して始まりました」  接種は午後3時から始まり、町内の65歳以上の2回目接種から8か月以上経過した人を対象に100人あまりが3回目の接種を受けました。  上市町によりますと、65歳以上の一般高齢者への3回目接種は県内で初めてです。  3回目の接種を受けた人  「一番早く受けたかったから、申し込みもしましたし、できたのでよかったと思います」  「少し安心かなという感じだけれど、でも3回目打ってもどうなのかなっていう不安はありますけれども」  上市町 小竹敏弘副町長  「上市町としましては、この後接種の前倒しがさらにあった場合は曜日を増やすなり、皆様が順調に打っていただけるように進めてまいりたいと考えております」

富山 2022.01.17 18:56

新型コロナワクチン 富山県内でも前倒し

 オミクロン株の感染拡大を受け、国は新型コロナワクチンの3回目接種について前倒しを進めています。これに伴い、県内の各自治体でもスケジュール前倒しの対応が進められています。  「3月からの一般高齢者6か月、一般の人と職域を7か月」  国は3回目のワクチン接種について先週、前倒しの方針を示しました。  国が示すスケジュールは以下となります。  今月は、医療従事者や高齢者従事者は2回目接種から6か月以上経過した人、65歳以上の高齢者と64歳以下の人は、2回目接種から8か月以上経過した人となります。  来月は、65歳以上の高齢者について2回目接種から7か月が経過した人、3月からは65歳以上の高齢者は2回目接種から6か月経過した人、64歳以下の人は7か月が経過した人となります。  職域接種については、2回目接種から7か月後とし開始時期は3月とします。  17日から県内で開始された65歳以上の一般県民へのワクチン接種の主なスケジュールです。  高岡市は今月20日から、富山市は来月1日から接種を開始します。県の大規模接種会場では来月26日から富山と高岡で土日に接種を開始します。  国が前倒し方針を示したことで、各自治体では接種に関するスケジュールを「随時更新」して対応しています。最新の情報はお住いの自治体のホームページを確認してください。

富山 2022.01.17 18:56

濃厚接触者でも条件満たせば別室受験可

 来月から始まる県立高校の入学試験について、県教育委員会は一定の条件を満たす濃厚接触者について、別室での受験を可能とするなど受験生が新型コロナウイルス感染者や、濃厚接触者となった場合の対応を示しました。  それによりますと新型コロナに感染した場合や療養中の場合、そして当日37.5度以上の熱があり、せきなどの症状がある場合は去年に続き試験を受けることはできません。  しかし感染者の濃厚接触者となった際に、PCR検査で陰性であること、試験当日まで症状がなく会場まで公共交通機関を利用しないという条件を満たしている場合、別室で試験を受けられます。  感染が広がっているとされるオミクロン株の濃厚接触者についても、ほかの株と同様の扱いとします。  また、試験を受けられなかった場合は、推薦入試の場合は書類選考、一般入試の場合は追検査を認めることとし、それも難しい場合は書類選考を行うとしました。  県立高校の推薦入試は来月10日、一般入試は3月8日と9日に、追検査は14日に行われます。

富山 2022.01.17 18:55

富山市小中学校再編 山田地域など審議

 富山市の小中学校の再編計画について審議する通学区域審議会は17日、地域内に学校が無くなる案が示されている山田地域などについて検討を行いました。  富山市教育委員会は、複式学級がある学校や全学年が1学級の学校などを対象に、小中学校合わせて36の再編原案を示しています。  このうち、山田地域については、1校ずつある小中学校を、八尾地域の学校に統合する案が出ています。統合した場合、通学時間が現状よりかかると見込まれていて、市教育委員会は、実際に計測した結果、バスでおよそ50分かかると報告しました。  委員からは「豪雪地帯であることも考慮すべき」と指摘があったほか、統合そのものに関して「発達段階において、多くの考えに触れる経験は不可欠である」という意見が出ました。  また、通学時の子どもの体力を考慮し、中学校のみを先に統合する案なども示されました。  傍聴した山田地域の住民は…  山田地域自治振興会 山田憲彰会長  「(通学に)1時間かかっても子どもの負担大きい。中学校を先に統合すれば、いずれ小学校も無くなる。本当に子どものこととか、地域のこととか考えて発言しているのかなというところもありました」  市教育委員会は、審議会からの答申を受け、今年度末に再編計画を策定する予定です。

富山 2022.01.17 18:54

富山県の自主防災組織率 北陸3県では最低

 6434人が犠牲となった阪神淡路大震災から17日で27年です。災害発生時の初動体制で役割が期待されている、地域住民の自主的な防災活動団体=自主防災組織の県内での組織率は、全国平均は上回るものの、北陸3県では最も低くなっています。  「自主防災組織」とは災害が発生した際、住民が連携して、避難の誘導や初期の救出活動などに当たる防災組織のことで、県内では1995年の阪神淡路大震災を受けて結成が相次ぎ、さらに2011年の東日本大震災以降、防災意識の高まりなどから組織数が増えました。  総務省消防庁のまとめによりますと、おととし4月現在で県内の組織率は86.4パーセントと、全国平均を2.1ポイント上回るものの、北陸3県では最も低く、全国では32番目でした。  県の危機管理課は、自主防災組織の活動内容などを紹介する教材を活用して組織率を上げるほか、コロナ禍で防災訓練などの活動回数が半減していることを受け、地域のリーダーを対象とした実践的な研修会を定期開催するなど、組織活動の充実に努めるとしています。

富山 2022.01.17 18:54

カターレ富山チームトレーニング開始

 サッカーJ3のカターレ富山は、3月のシーズン開幕へ向け17日からチームトレーニングをスタートさせました。  17日から富山市の県総合運動公園屋内グラウンドで始まった、J3カターレ富山のチームトレーニングには、選手29人が参加しました。  初練習はランニングやボールを使った基礎的なトレーニングを中心に、およそ1時間半、汗を流しました。  カターレには今シーズン、昨シーズンJ3得点王でFC岐阜から移籍した川西翔太選手など、新たに15人が加入しました。  川西翔太選手  「1年間通して戦える準備、あと僕は新加入なんですけど、もっとコミュニケーションをとってチームとして一丸となれればいい」  昨シーズンは前半戦を首位で折り返したものの、後半に失速し4位に終わったカターレ、2年目の指揮を執る石﨑信弘監督のもと悲願のJ2復帰を目指します。  石﨑信弘監督  「昨年悔しい形になってしまった。今シーズンはいいスタートを切ってみんなで喜べるように目標を達成できるように、チーム一丸となって戦っていきたいと思います」  カターレは来月1日から高知県と静岡県での春季キャンプに臨み、3月中旬のシーズン開幕に備えます。

富山 2022.01.17 18:53

海の緊急通報118番ほとんどが間違い電話

 去年1年間に富山県の近海から寄せられた海の緊急通報「118番」について、ほとんどが間違い電話など無効だったことが分かりました。  富山・石川・新潟・長野を管轄する第九管区海上保安本部によりますと、去年1年間に管内に寄せられた「118番」の通報12574件のうち、有効なものは305件で、全体の2.5%でした。  内訳は、船舶の海難が104件、人身の海難が55件、そのほかは密漁や油が漂っていることへの通報でした。  一方で、間違い電話や無言電話など無効な通報は12269件で全体の97.5%にあたります。  第九管区海上保安本部は「いたずら電話は有効な通報の妨げになるのでやめてほしい」と注意を呼びかけるほか、1月18日を「118番の日」として、チラシを配るなど周知活動を行います。

富山 2022.01.17 18:53

県内54人新規感染 1週間累計は過去最多

福井県は17日、新型コロナウイルスに県内で新たに54人が感染したと発表した。1日の新規感染者数としては過去5番目に多く、直近1週間の累計は387人で過去最多となっている。(1月17日) このうち7人は福井村田製作所の従業員や家族で、越前市と越前町の工場を合わせた関連の感染者の累計は152人となっている。 学校関連では8校で児童や生徒、学生の合わせて15人が新たに感染し、越前町の萩野小学校と鯖江市の惜陰小学校それに仁愛女子高校が18日まで臨時休校となっている。武生商工高校は工業キャンパスの臨時休校を19日までに延長した。 県内の感染者の累計は3639人になり、入院している人は333人で、このうち31人が指定医療機関に、302人が宿泊療養施設に入っている。自宅での経過観察となっている人は25人増えて72人となっている。 県は感染予防への意識を数段上げるよう呼び掛けるとともに、オミクロン株の重症化リスクについては高齢者や基礎疾患のある人への影響が分かっていないとして、手洗いやマスクの着用などを徹底するよう求めている。

福井 2022.01.17 18:03

園児がまゆ玉飾りづくり 勝山の正月行事

勝山市のゆめおーれ勝山で17日、地元の松文こども園の5歳児たちが五穀豊穣や家内安全を祈る正月行事のまゆ玉飾りを楽しんだ。新型コロナウイルスの終息の願いも込めた。(1月17日) 木の枝に色とりどりのまゆ玉や小判の飾り物を付け、「1年生になったら今よりもっと字が上手になりたい」とか「お金持ちになれるように」と願っていた。また「新型コロナがもう終わってほしい」と話す園児もいた。 市によると、繊維産業が盛んな地域でもまゆ玉飾りをするところはほとんどなくなっているという。子どもたちの作った飾りは勝山左義長まつりの行われる2月下旬までゆめおーれ勝山で見ることができる。

福井 2022.01.17 17:09

学校給食に地魚料理 コロナ禍の消費回復に

福井市はコロナ禍で需要が減る水産物の消費回復を目的に、1月からブリやサゴシそれにシイラやメギスといった市内の漁港で水揚げされた地魚を市内の公立の小中学校合わせて73校の給食で提供している。(1月17日) 17日は中藤小学校でも給食に出され、全校児童739人のうち選択給食で魚を選んだ250人が、ブリをミンチ状にしてカレー風味に調理したものを味わった。 生徒は「カレーの味とブリの相性が良くてとてもおいしかった」とか「ブリはあまり給食に出ないので食べられてうれしかった。とてもおいしかったので他の人にもぜひ食べてもらいたい」と話した。 地魚を使った給食は3月上旬までに合計6回予定されていて、ブリのミンチフライやサゴシの竜田揚げ、メギスのから揚げといったメニューが用意される。

福井 2022.01.17 17:08

石川県の電動車いす登録制度 179件登録 安全講習で安全な乗り方周知

今年度、石川県が創設した電動車いすの登録制度について、12月末までに179件の登録があったことが分かった。 電動車いすは、運転免許が不要で多くの高齢者が利用する一方、死亡事故が発生するなど、安全な乗り方の周知が課題となっていた。 そこで県は、去年4月に「電動車いす登録制度」を設け、利用者への安全講習を行っている。県によると、県内では12月末までに179件の登録があったという。 これまでに12回の安全講習が開かれていて、合計43人が受講している。 また、この制度は、安全利用の促進だけではなく、盗難に遭った場合、早期発見に結びつけるための役割も担っているという。

石川 2022.01.17 14:14

【石川県新型コロナ】新たに56人感染確認 新クラスターも発生

石川県は17日、新型コロナウイルスについて新たに56人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は214件。 陽性56人のうち、クラスター関連は1人、濃厚接触者・接触者は28人、感染経路不明は27人。 また、これまでの疫学的調査の結果、新たなクラスターの発生も確認された。

石川 2022.01.17 14:14

福井U新監督の藤吉信次氏「昇格へ全力で」

サッカーのアマチュア最高峰・JFLへの昇格を目指す福井ユナイテッドFC(北信越リーグ1部)の新たな監督となる藤吉信次(ふじよし・しんじ)氏が16日、福井市内で就任会見を開き、「一つ目の目標はJFLに上がること。もう一つはいいサッカーをして福井の方と一体になって、最後に試合が終わって笛が鳴った時に全身疲れてぶっ倒れるくらいみんなで全力でやれるような1年にしていけたらいい」と現役時代を思わせる闘志を見せた。(1月17日) 藤吉氏は東京都出身の51歳で、選手としてはJリーグのヴェルディ川崎や京都パープルサンガなどでプレーし、闘志あふれるプレーで人気を集めた。指導者としては昨シーズンまで東京ヴェルディのコーチを務めた。 チームは今後、選手の補強などJFL昇格を果たすための準備を進める。

福井 2022.01.17 12:12

巨大な鬼の面でコロナ退散 和田八幡宮

節分を前に福井市の和田八幡宮では16日、マスクを付けた巨大な鬼やお多福の面が登場した。新型コロナウイルス退散へにらみを利かせている。(1月17日) 面の大きさは高さ5メートル幅3.5メートルで、「鬼は外、福は内」の節分のかけ声に倣って、2カ所の鳥居には赤鬼と青鬼が、本殿の入り口にはお多福の面が取り付けられた。 鳥居をくぐった参拝客は「家族みんなの健康とコロナウイルスが早く終息してマスク生活が終わるよう祈った」と話した。 同神社では感染予防のため2月3日の節分の豆まきは中止し、参拝客には福引の景品と豆を配ることにしている。

福井 2022.01.17 12:09

高岡市で住宅火災 この家の男性やけど

 16日夜、高岡市で住宅を焼く火事があり、この家に住む50代の男性がやけどをして病院に運ばれました。  16日午後7時前、高岡市泉が丘の無職、有澤 武さん(90)の家から火が出ていると、近所の人から消防に通報がありました。  火は1時間あまり後に消し止められましたが、有澤さんの50代の長男が顔などに軽いやけどをして病院に運ばれました。  有澤さんは妻と息子2人との4人暮らしで、長男以外にけがはありませんでした。  警察と消防は17日に実況見分を行い、火事の原因や周りの家に延焼があるかなどを調べています。

富山 2022.01.17 12:03

石川県内冬型の気圧配置 夕方から雨が雪に 落雷や竜巻など突風に注意を

石川県内は冬型の気圧配置が次第に強まり、大気の状態が非常に不安定となる見込みだ。気象台では18日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼び掛けている。 冬型の気圧配置により朝から雨が降り続いている17日の県内。 気象台によると県内はこのあと次第に冬型の気圧配置が強まり、上空5000メートルにはマイナス30℃以下の寒気が流れ込む影響で、夕方以降、雨は雪へと変わる見込みだ。 午後6時から18日朝6時までの12時間に降る雪の量は多いところで加賀の平地で10センチ、山地で25センチ、能登の平地で15センチ、山地で20センチの予想となっている。 また、風も強まる見込みで、17日に予想される波の高さは加賀能登ともに4メートルの見込みだ。

石川 2022.01.17 11:59

富山県内18日未明から夕方に山間部中心に大雪のおそれ

 17日の富山県内は雨や雪が断続的に降っています。この後18日未明から夕方にかけて山間部を中心に大雪となるおそれがあり、気象台は警戒を呼びかけています。  17日の県内は 冬型の気圧配置となり、各地で冷たい雨や雪が断続的に降っています。富山駅では、コートやマフラーで防寒対策をして通勤通学する人の姿がみられました。  17日の予想最高気温は富山市が3度、高岡市伏木が4度で寒い一日になりそうです。  県内はこのあと冬型の気圧配置が次第に強まり、18日未明から夕方にかけて山間部を中心に大雪となるおそれがあります。  18日午前6時まで24時間の予想降雪量は多い所で平野部は30センチ、山間部は県東部が60センチ、西部が50センチです。  さらにそのあと19日午前6時までの24時間は平野部で20センチから40センチ、山間部で30センチから50センチの予想です。  気象台は、山間部を中心に大雪による交通障害や農業施設への被害などに警戒を呼びかけています。また、18日にかけて落雷や激しい突風にも注意を呼びかけています。

富山 2022.01.17 11:58

【石川県新型コロナ】新たに106人感染 100人超えは約5か月ぶり 新たな学校関係クラスターも

石川県は16日、新型コロナウイルスについて新たに106人の感染が確認されたと発表した。 また、新たな学校関係のクラスターの発生も確認されたとしている。 県によると、16日午前10時までに確認された357件の検査の結果、新たに106人の陽性が判明した。 県内で1日あたりの新規感染者数が100人を超えたのは、118人となった去年8月4日以来、およそ5か月ぶりだ。 また、106人のうち10人は新たな学校関係のクラスターで、高校の運動部内で感染が広がったとみられ、累計では13人となっている。 そのほかの内訳は別の学校関係のクラスターで4人、濃厚接触者または接触者が26人、残る66人は感染経路が不明だ。 年代別では20代が最も多く36人次いで10代の28人と若い世代の感染が目立つ。そして症状別では無症状が10人、軽症が88人、中等症が1人、などとなっている。 県の感染状況を示すモニタリング指標は1週間あたりの新規感染者と経路不明者の数がいずれもレベル2の「感染拡大警報」相当に上がった。

石川 2022.01.16 19:25

石川県内各地の神社で「左義長」息災願う 参拝者の利便性考慮で週末などに実施の神社が増加

石川県金沢市の神社で、正月飾りや書き初めを燃やして1年の無病息災などを願う「左義長」が行われた。 新春の行事として毎年行われている左義長。 金沢市の尾山神社では、正月用のしめ縄飾りや破魔矢といった縁起物のほか、書き初めなどを手にした人たちが次々と訪れ、炎の中へ投げ入れていた。 そして、ことし1年の健康や書道の上達などを願っていた。 本来、左義長は小正月の15日に行われることが大半だが、県内の神社では参拝者が訪れやすいよう、近年は15日以外の週末や祝日に行うところも多くなっている。

石川 2022.01.16 19:23

大学入学共通テストが終了

 大学入学共通テストは2日目の16日、大きなトラブルなく終了しました。  県内5つの会場では、初日の15日に東京大学の前で発生した刺傷事件を受けて、警察が会場周辺の警戒にあたるなど警備体制を強化して予定通り試験が行われました。  試験は午後6時前に終了し、いずれの会場でも大きなトラブルはなかったということです。

富山 2022.01.16 19:06

新型コロナ48人感染成人式関連での感染も

新型コロナウイルスに県内で新たに48人が感染し、先週の成人式後に開かれた同窓会での感染が相次いでいる。(1月16日) 県内で新たに感染が確認されたのは、10歳未満から80代の男女などあわせて48人。 先週にあった成人式関連での感染が相次いでいて、新規感染者のうち3人がおよそ70人規模で開かれた県内の中学校の同窓会に参加していた。 この同窓会での感染者はこれであわせて8人となった。 このほか子どもや教職員の感染に伴う検査や消毒のため、敦賀気比中学・高校と工大福井中学・高校、それに武生商工高校工業キャンパスがあす臨時休校に、福井市森田小学校と高志中学・高校があさってまで休校になる。 一方福井村田製作所の武生事業所関連で新たに7人が感染し、累計は125人になった。 この1週間の新規感染者は381人となり最多を更新した。 県内の感染者累計は3585人で、入院している人は336人。 このうち33人が指定医療機関に入院していて、303人が宿泊療養施設に入っている。 また自宅での経過観察は19人増えて47人。 県は今月31日まで感染拡大警報を出して、マスクの着用ができない会食は控えることや、感染が拡大している地域との往来を慎重に判断することなど予防の徹底を呼びかけている。

福井 2022.01.16 18:55

新型コロナ 新たに21人の感染確認

 県と富山市は16日、新たに21人の新型コロナウイルス感染を 確認したと発表しました。  新たに感染が分かったのは、富山市など5つの市に住む、10歳未満から50代までの男女21人で、症状は2人が無症状、残りの19人は全員軽症です。  21人のうち半数以上の11人は県外に出かけておらず、感染した人の濃厚接触者にも指定されていないということです。  また富山県立大学は、15日までに工学部の学生2人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。  感染した2人や濃厚接触者となった学生2人はいずれも先月29日以降、射水キャンパスに入構しておらず、大学入学共通テストの実施には影響がないとしています。  県内の感染者数は、累計で5098人となり、入院中の人は58人、宿泊療養施設に入所している人は15日から14人増えて 106人となりました。  自宅療養または入院調整中の人は42人となっています。

富山 2022.01.16 17:31

建物西側の壁面が火元か 富山駅北の火災

 15日に富山駅北の会社事務所が入る建物が焼けた火事で、16日の実況見分の結果、建物西側の壁面付近が火元と見られることがわかりました。  この火事は15日午後2時すぎ、富山市牛島町の富山地鉄サービスのビルから火が出たものです。  消防車など12台が出動して、火は約1時間半後に消し止められけが人はいませんでした。  警察と消防が16日の午前9時30分ごろから実況見分を実施したところ、建物の西側の壁面付近が燃えていて、ここが火元とみられることがわかりました。  いっぽう、出火原因の特定には至っておらず、引き続き調べています。

富山 2022.01.16 17:31

NBA八村塁選手 4試合連続の出場

 アメリカのプロバスケットボールNBA、 ワシントン・ウィザーズ所属で富山市出身の八村塁選手は、日本時間16日の試合に出場しました。  これで実戦復帰後4試合連続の出場です。  世界最高峰のアメリカプロバスケットボールNBA。  復帰4試合目もベンチスタートとなった奥田中学校出身の八村塁選手。  最初の得点は、フリースローでした。     これをきっちり2本沈めます。  さらに、ここまでなかなか決まらなかった 復帰後初の3ポイントシュートで得点。    日本時間16日の試合は約14分間の出場で5得点、リバウンドが2つと1アシストの結果でした。  チームは敗れ、連勝は3でストップです。  次の試合は、日本時間の今月18日にホームでセブンティシクサーズと対戦します。

富山 2022.01.16 17:31

【石川県新型コロナ】新たに106人感染確認 新たな学校関係のクラスターも

石川県は16日、新型コロナウイルスについて新たに106人の陽性が判明したほか、新たな学校関係のクラスターが確認されたと発表した。 午前10時までに確認された検査数は357件。陽性106人のうち、クラスター関係は14人(うち新たな学校関係のクラスターが10人)、濃厚接触者・接触者は26人、感染経路不明は66人。 県内で1日あたりの新規感染者が100人を超えたのは、去年8月4日(118人)以来となる。

石川 2022.01.16 14:05

いしかわ動物園 ライチョウ若鳥の生育順調 一般公開に向けて訓練

石川県能美市のいしかわ動物園で去年7月に人工ふ化したライチョウの若鳥が順調に生育していて、今後、一般公開される予定だ。 去年7月7日に人工ふ化した2羽は13日現在、ともに体長はおよそ35センチでメスは体重466グラム、オスは体重490グラム。 ペレットや小松菜のほか、クランベリーなどを好んで食べ、健康状態は良好だという。 いしかわ動物園では、2羽について、今後も慎重に飼育に取り組むとともに展示室に慣れるための訓練を進め、今後、一般公開する予定だという。

石川 2022.01.16 12:29

石川県小松市で地元の弓道関係者が射初式 1年の精進を誓う

石川県小松市の安宅住吉神社で、地元の弓道協会の会員らによる射初式が行われ、それぞれが1年の精進を誓った。 小松市弓道協会の射初式は毎年この時期に行われ、60年以上続いている伝統の行事だ。 16日は地元の会員らが集まり、式に臨んだ。 式では矢渡と呼ばれる儀式が行われた後に、それぞれが10本の矢を放ち、的に当たった点数で順位を競う。 コロナ禍で弓道の主要な大会は中止が相次いでいて、会員らはコロナの収束やそれぞれの技術の向上などを願いながら、矢を放っていいた。

石川 2022.01.16 12:26

大学入学共通テスト2日目 警備体制を強化

大学入学共通テスト2日目の16日、県内の会場では、テスト初日に東京大学の前で発生した刺傷事件を受け、警戒を強化して予定通り試験が行われています。  県内5つの会場では、警備体制を強化し予定通り試験が行われています。  このうち富山国際大学は、警備担当者を4人増やしたほか、試験に関係のない人が敷地内に立ち入るのを防ぐため、学校に入る前に 受験票の確認を行うなどの対応を取りました。  県内ほか4つの会場でも、試験開始にあたり警備体制を強化し、警察が出て会場やその周辺の警戒にあたったということです。  大学入学共通テストは16日、理科と数学の試験が行われます。

富山 2022.01.16 12:16

閉校する泊高校で制作された動画が公開

 ことし3月で閉校する朝日町の泊高校を舞台にしたショートムービーが動画投稿サイトで公開されています。  このショートムービーは、朝日町教育委員会が泊高校の閉校を前に学校の最後の姿を残そうと、富山市の坂本欣弘監督に依頼して制作しました。  撮影は去年10月に行われ、最後の在校生である3年の生徒や教員、朝日町出身の女優などが出演しています。  作品は、生徒たちが校舎などを巡りながら間近に迫った閉校を実感し、卒業後の再会を約束する姿を描いたものと、閉校を知った卒業生が久しぶりに母校を訪れ、当時の思い出を振り返る物語の2つです。  作品は6分から7分程度で、動画投稿サイトYouTubeで公開されています。

富山 2022.01.16 12:07

ひな人形1000体展示道の駅でまつり開催

およそ1000体のひな人形が春の訪れを告げる、大野市のひな祭りイベントが道の駅で始まり観光客を楽しませている。(1月16日) 今年で11回目の「越前おおのひな祭り」は、新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となった。 これまではまちなかで開いていたが、感染対策で入場人数の制限をしても待ち時間を楽しめるようにと、道の駅で初めて開かれた。 会場には、家庭で使わなくなったひな人形や、越前和紙の人形、キャラクターものなどおよそ1000体が飾られている。 大野市内からの訪れた子どもは「楽しい」と話したほか、祖父は「女の子だしぜひとも見せてあげたいと思って来た」と話していた。 このイベントは3月6日(日)まで道の駅・越前おおの荒島の郷の文化伝承室で開かれている。

福井 2022.01.16 12:03

コロナ禍のなか 「共通テスト」1日目終了

 「大学入学共通テスト」が15日、全国一斉に始まり、県内でもおよそ5000人の受験生が新型コロナウイルスの感染防止に注意しながら、初日の試験に臨みました。  このうち、県内で最も多い3284人が受験する富山大学五福キャンパスではけさ、参考書を手に緊張感を漂わせた受験生が、会場へ向かいました。  今回で2回目となる「大学入学共通テスト」には、県内で5034人が出願し、初日の試験に臨みました。  新型コロナウイルスの感染が県内でも拡がる中、富山大学では座席の間隔を空けたり消毒や換気をしたりする感染対策をとっています。  また、東京大学の前で受験生らが切り付けられた事件を受け、敷地入り口警備での警戒度を上げるということです。

富山 2022.01.15 19:14

富山県で新たに45人感染確認 新型コロナ

 富山県と富山市は15日、新たに男女45人に新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。  きょう感染が発表されたうち2人は中等症で、南砺市の50代男性は入院している一方、富山市の60代男性は入院調整中です。  入院中の人は14日から2人減って61人、宿泊療養施設に入所している人は逆に20人増えて92人となりました。  自宅療養または入院調整中の人は、14日から17人増えて39人です。  これで県内の感染者は、累計で5077人となりました。

富山 2022.01.15 19:13

3年ぶり開催へ稽古始め 出町子供歌舞伎

 県の無形民俗文化財に指定されている、砺波市の出町子供歌舞伎の稽古が15日、3年ぶりの開催に向けて始まりました。  砺波市の出町神明宮の春の祭礼で奉納される出町子供歌舞伎は、230年余りの歴史がある県指定の無形民俗文化財です。  コロナ禍で2年連続中止となりましたが、ことしは3年ぶりの開催に向け15日が稽古始め。  出演する出町小学校の2年生から5年生あわせて7人と、指導役の師匠2人が初めて顔を合わせました。  子どもたちが演じるのは「絵本太功記十段目・尼ヶ崎の段」と「釣女」で、台本を渡され最初は戸惑った様子でしたが、次第にセリフが力強くなっていきました。  稽古は4月29日・30日の本番に向け、春休みから本格化します。

富山 2022.01.15 19:11

富山駅北で事務所建物焼ける けが人なし

 15日午後、富山駅北側の会社事務所が入る建物が焼ける火事がありました。けが人はいない模様です。  警察や消防によりますと15日午後2時8分ごろ、富山市牛島町の富山地鉄サービスのビル近くで、解体作業をしていた人から「作業中に火が出て、建物に燃え移りそうだ」と通報がありました。  消防車など12台が出て消火にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められました。  今のところ、けが人はいない模様です。  煙は一時、高さ100メートル以上まであがりました。

富山 2022.01.15 19:10

あったか鍋でほっこり 日本海高岡なべ祭り

 冬の味覚を鍋で味わえる「日本海高岡なべ祭り」が15日、2年ぶりに高岡市で始まりました。  ハクサイやニンジンなど4種類の県産野菜をたっぷり入れた味噌しょう油仕立てのカキ鍋に、こちらは滑川産のベニズワイガニを大鍋で仕込み出汁を堪能できるカニ汁です。  高岡駅周辺の4つの会場で15日始まった「日本海高岡なべ祭り」は去年、コロナ禍で中止となり、2年ぶりに開かれました。  会場では客の検温や手指の消毒、連絡先を確認するほか、入場制限をして密を避けるなど感染対策をとっています。  祭りでは全国のご当地鍋など会場別に、あわせて10種類以上の鍋を味わうことができ、訪れた家族連れなどが熱々の鍋を頬張っていました。  この日本海高岡なべ祭りは、16日も開かれます。

富山 2022.01.15 19:10

若狭町特産「熊川葛」生産ピーク 4月まで

若狭町熊川で15日、特産の熊川葛の生産が最盛期を迎えている。 今年は材料の葛の根が全体的に大きく出来が良いため、含まれるデンプンの量が多く、小浜市内の和菓子店などに去年より10キロ多い120キロの出荷を見込んでいる。(1月15日) 熊川葛は日本三大葛のひとつで、まろやかな口当たりと上品な味わいが特徴。 地元の振興会のメンバーらは、砕いた葛の根を竹の上で踏んで葛粉のもとになるデンプンを絞り出し、真冬の冷たい水で20回以上さらす「寒ざらし」とよばれる作業に取り組んでいた。 作業は4月末まで続く。

福井 2022.01.15 18:31

新規感染者55人 宿泊療養施設で増床へ

福井県は15日、新型コロナウイルスに県内で新たに10歳未満から70代までの男女あわせて55人が感染したと発表した。 感染の急拡大を受け、宿泊療養施設の約8割のベッドが使用されていて、県は早ければ今月下旬をめどに宿泊療養施設の病床を100床以上増やす方針を示し、「原則、入院に変わりはない」とした。(1月15日) 新規感染者のうち、学校・大学関連では新たに13校あわせて14人の感染が分かった。 福井村田製作所関連では、越前市の工場で従業員や家族など新たに17人が感染し、累計は118人となっている。 県内の感染者の累計は3537人で、1週間の累計は過去最多の360人となった。 指定医療機関に37人が、宿泊療養施設に302人が入り、自宅での経過観察は16人増えて28人となっている。

福井 2022.01.15 18:08

合格へ3300人挑む 大学入学共通テスト

大学入学共通テストが15日、全国各地で始まった。 オミクロン株が急拡大の中、2日間の日程で行われ、福井県内では3大学5会場で計3283人が志願している。(1月15日) 約1700人が受験する福井大学文京キャンパス(福井市)では開始の1時間以上前から受験生が次々と会場入りした。 受験生は「高校3年間の勉強を発揮出来たらと思う」「1年生のときから勉強してきたことをちゃんと発揮して頑張りたい」などと話した。 会場では座席の間隔を広くとるほか、体調不良や濃厚接触者などの受験生が使用する予備の教室を用意するなどの感染対策をしている。 試験は15日に地理歴史と公民、国語、外国語、英語のリスニングが行われ、16日は理科と数学の試験が行われる。 受験できなかった人への追試験は今月29日と30日に設けられる。

福井 2022.01.15 17:58

【石川県新型コロナ】新たに92人感染確認 学校関係の新たなクラスターも発生

石川県は15日、新型コロナウイルスについて新たに92人の陽性が確認されたと発表した。 また、学校関係の新たなクラスターも確認された。 県によると15日午前10時までに確認した717件の検査の結果新たに92人の陽性が判明した。 90人を超えるのは去年8月13日以来、約5か月ぶり。 このうち5人は県内の大学に通う学生などで、すでに陽性が確認されている大学生2人と合わせて7人となり、県は新たなクラスターと認定した。 この7人は学校外で活動する団体に参加していて10数名程度で集まり飲食をともにしていた。 このほかは濃厚接触者・接触者が37人感染経路不明者が48人となっている。 県の感染状況を示すモニタリング指標は新たな指標に代わってから初めて新規感染者と経路不明者の2つの項目でレベル2相当となった。

石川 2022.01.15 17:53

石川県 内灘町に初の生活介護事業所 心理リハビリテーションを中心とした訓練や指導者育成に活用

石川県内灘町に初となる生活介護事業所が設置された。 内灘町白帆台に新たに設置されたのは介護を必要とする18歳以上の障がいのある人が利用できる生活介護事業所「カノン」だ。 設置したのは社会福祉法人NGU福祉会で町内では初の生活介護事業所となる。 15日は事業所がほぼ完成したことを受けオープニングセレモニーが開かれた。 こちらの施設では利用者に対し心理リハビリテーションを中心とした訓練を行うほか、訓練の指導者も養成する。 この事業所は2月1日に開業する予定だ。

石川 2022.01.15 17:52

石川県 北陸最高水準誇る「北國花展」開催 華道家たちが流派を超えて美を競う

華道家たちが流派を超えて美を競う「北國花展」が石川県金沢市で始まり、会場は新春にふさわしい華やかさに包まれている。 ことしで47回目を迎えた北陸最高水準を誇る「北國花展」。 金沢エムザ8階の会場には県内で活躍する華道家の中から選抜された13流派163人の新春を彩る作品が出品されている。 作品のうち歴代の北國芸術賞受賞者の大作と5つの流派の各代表による特別大作は会期を通して展示されそのほかの現代的な作品や伝統様式による作品は前期と後期に分けて出品される。 会場には、流派を超えて美を競う華道家たちの作品を見ようと多くの人が訪れていた。 北國花展は前期は18日まで後期は20日から23日まで開かれる。

石川 2022.01.15 17:37

富山県で新たに45人感染確認 新型コロナ

 富山県と富山市は15日、新たに男女45人に新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。  きょう感染が発表されたうち2人は中等症で、南砺市の50代男性は入院している一方、富山市の60代男性は入院調整中です。  入院中の人は14日から2人減って61人、宿泊療養施設に入所している人は逆に20人増えて92人となりました。  自宅療養または入院調整中の人は、14日から17人増えて39人です。  これで県内の感染者は、累計で5077人となりました。

富山 2022.01.15 15:10

【石川県新型コロナ】新たに92人感染確認 新たなクラスターも発生

石川県は15日、新型コロナウイルスについて新たに92人の陽性が判明したと発表した。 午前10時までに確認された検査数は717件。 これまでの疫学的調査の結果、新たなクラスターの発生も確認された。 陽性92人のうち、クラスター関係は7人、濃厚接触者・接触者は37人、感染経路不明は48人。

石川 2022.01.15 14:08

石川県輪島市 男性が架空料金請求詐欺被害 計160万円分をだまし取られる

石川県輪島市でインターネットの閲覧をしていた80代の男性が電子マネー160万円分をだまし取られていたことがわかった。 架空料金請求詐欺の被害にあったのは輪島市内に住む80代の男性だ。 警察によると、男性は去年11月にスマートフォンで見ていたウェブサイト上に「会員登録した」などという画面が表示されたため、電話で退会手続きを申し入れた。 その際、マツヤマと名乗る男から「退会手続きには60万円が必要だが、支払い後、58万円を返す」と言われ電子マネー60万円分を購入し、利用に必要な番号を伝えた。 その後も、同じ男から別のサイトの退会にもお金が必要と言われ、4回にわたって合計160万円分をだまし取られた。

石川 2022.01.15 12:18

大学入学共通テスト初日 富山で5千人志願

 「大学入学共通テスト」が15日から全国一斉に始まり、県内でも新型コロナウイルスの感染防止に注意しながら、受験生が試験に臨んでいます。  このうち、県内最多の3284人が受験する富山大学五福キャンパスでは、参考書を手に緊張感を漂わせた受験生が、会場へ向かっていました。  今回で2回目となる「大学入学共通テスト」には、県内で5034人が出願し、5か所の会場で最初の科目、地理歴史と公民に挑んでいます。  県内でも新型コロナウイルスのオミクロン株が拡大傾向にある中 富山大学では座席の間隔を空けたり、消毒や換気をしたりして感染対策を徹底します。  これまでのところトラブルの報告はなく、午後は国語と外国語が行われます。

富山 2022.01.15 12:00

「冬型」緩むも寒い一日に 富山県

 15日の県内は概ねくもりとなっていて、強い冬型の気圧配置は緩んできましたが、寒い一日になりそうです。  15日朝の最低気温は、富山市で氷点下0.7度、高岡市伏木で氷点下0.5度と厳しい冷え込みでした。  高岡市の古城公園では堀のほぼ一面に氷が張り、水鳥たちがわずかに残った水面に集まって窮屈そうにしていました。  北陸地方はこのあと高気圧に緩やかに覆われ、次第に晴れ間が広がってくる見込みです。  日中の予想最高気温は富山市で6度、高岡市伏木で5度と、14日より高いものの、寒さ厳しい一日となりそうです。  除雪作業をする際は寒さ対策をしっかりとして、屋根からの落雪などに十分注意して下さい。  県内16日は再び天気が崩れてくる見込みです。

富山 2022.01.15 11:59

全国で一斉に大学入学共通テストが始まる 石川県でも5684人が挑む

大学入学共通テストが始まり、受験生がコロナ禍での大学入試に挑んでいる。 今年で2回目となる大学入学共通テストは、全国で一斉に始まり、石川県では8大学12会場で実施されている。 県内では5684人が志願していて、このうち半数以上の受験会場となっている金沢大学では、受験生がコロナ禍での大学入試に意気込んでいた。 会場は、マスクの着用を義務付けたり座席の間隔を1メートル以上あけたりと、感染防止策がとられた。 また、新型コロナ患者の無症状の濃厚接触者などは別室での受験が可能となっている。 試験は16日までで、新型コロナ感染や発熱などの体調不良で受けられない人は29日と30日に追試験を受けられる。

石川 2022.01.15 00:00

「大学入学共通テスト」を前に会場を下見 石川県では8大学12会場で実施

15日からはじまる「大学入学共通テスト」を前に石川県内の試験会場では受験生が下見に訪れ、本番に向け気を引き締めていた。 「大学入学共通テスト」は大学入試センター試験の代わりに、去年から実施されたもので、思考力や判断力などを重視した問題が出題される。 石川県内では8大学12会場で行われ、志願者数は前年度よりおよそ100人多い5684人となっている。 このうち金沢大学には14日、案内看板などが設置され、受験生が次々と下見に訪れていた。 新型コロナ感染防止のため受験生に対し2週間程度の体温などを記載する「健康観察記録」の持参やマスク着用を義務付けるなどの対策を実施。 また、感染者の濃厚接触者に関しては初期スクリーニングの検査結果が陰性であることや試験当日に無症状であることなどを条件に別室で受験することができる。 試験は15日から2日間の日程で行われ、体調不良などで受験できなかった場合は1月29と30日に追試験が実施されるという。 こうした中、受験生を応援するかのように兼六園の梅林では、早咲きの品種「トウジバイ」や、鮮やかなピンク色の「八重寒紅」。そして黄色い花が咲く、「ソシンロウバイ」が雪の中、花開いている。 また、14日は、幸せの青い鳥「カワセミ」の姿も。15日からの試験に向け、受験生たちにエールを送っているようだった。

石川 2022.01.14 20:12

石川ミリオンスターズ新監督に後藤光尊氏 日本海オセアンリーグの初代王者目指す

石川ミリオンスターズの新監督に、オリックスや楽天でプレーした後藤光尊氏が就任し、14日、意気込みを語った。 石川ミリオンスターズの端保社長と姿を見せた後藤光尊新監督。「監督が何も言わなくても動けるようなチーム作りを簡単ではないが、そこを目指してやっていきたい」と意気込みを語った。 後藤新監督は、オリックスや楽天で、15年間プレーし、2016年に引退。NPBでのコーチを経て、昨シーズンは、ミリオンスターズの野手コーチとして選手を指導していた。 石川ミリオンスターズは、今シーズンから、富山、福井など4球団で構成される日本海オセアンリーグに参戦する。 思い描く監督像を聞くと。「僕はNPBで15年間ほどプレーしていたし、指導者としても2年間やってきたが、いい意味で、すべてをミックスするというか、いいとこどりでできればなと感じている」と話した。 そして会見では「監督兼選手というところで、代打、後藤があるかもしれない」と驚きの発言も。 日本海オセアンリーグは、4月2日に開幕し、ミリオンスターズは、初代王者を目指す。

石川 2022.01.14 20:03

【新型コロナ石川県】新たに52人が陽性 このうち感染経路不明は24人

新型コロナウイルスについて、石川県内で新たに52人の感染が確認された。ほとんどが軽症となっている。 石川県によると、14日午前10時までに確認した1481件の検査の結果、10代から60代までの男女、合わせて52人が新たに陽性と判定された。 内訳は、濃厚接触者または接触者が28人、感染経路が分からない人が24人。 症状別では、軽症が39人、無症状が2人、調査中が11人となっている。 県の感染状況を示すモニタリング指標では、2つの項目で数値が上がっているが、すべてレベル1相当で、総合判断もレベル1のままとなっている。

石川 2022.01.14 19:59

石川県・志賀原発2号機 断層を追加調査 北陸電力が調査計画示す

北陸電力が再稼働をめざす志賀原子力発電所2号機の新規制基準審査で、原子力規制委員会は、14日、会合を開き、原発の敷地および周辺の構造について追加の調査計画が示された。 志賀原発2号機をめぐっては、新規制基準への適合審査が進められている。新たな基準では原子炉などの真下に活断層があると運転が認められず、敷地内の断層に活動性があるかどうかが焦点となっている。 国の規制委員会は去年11月、2日間にわたって現地調査を行い、地層のずれや、岩盤などを調べ、敷地の内外にある10本の断層について連動性などを確認した。 この日開かれた審査会合では、現地調査の際に指摘のあった敷地周辺をはしる福浦断層などについての詳細なデータの提示など13項目のうち10項目について北陸電力が追加の調査計画を示した。 計画では新たなボーリング調査を行うことに加え、人工的に微細な地震を発生させ、地層の構造や変化を詳細に確認していくことなどが盛り込まれた。 委員からは「物理探査の範囲を広げてデータ量を増やすことが評価の裏付けとなる」「地層全体に断層が影響していないという説得力あるデータを示してほしい」といった意見が出された。 これに対し北陸電力は「福浦断層は評価の確実度を高めることが必要だと認識している。しっかり検討してすすめていく」とした。 追加調査については4月頃までをめどに、結果が出次第、順次説明を予定しているという。

石川 2022.01.14 19:57

石川県輪島市で無病息災を祈る「面様年頭」子どもたちが神様にふんし家々を回る

お面をつけた子どもたちが町内の家々を回り、無病息災を祈る神事「面様年頭」が14日、石川県輪島市で行われた。 面様年頭は輪島市の輪島崎町と河井町に400年以上前から伝わる厄よけの神事でユネスコの無形文化遺産にも登録されている。 このうち輪島崎町では小学生2人が夫婦の神様「面様」にふんして町内の家々およそ150軒を回った。 面様が玄関先をサカキの枝で叩いて清めると付き人が大声を上げ面様の来訪を知らせる。その後、住民に神棚の前まで案内されると新年のあいさつを受けていた。 面様は終始無言でいるのが習わしで、静かに、無病息災を祈っていた。

石川 2022.01.14 19:12

大雪ピーク越す 週明け月曜以降再び冬型に

 13日から降り続いた雪は、県西部を中心に交通などに影響がありました。今回のピークは過ぎましたが来週にかけても雪に対する注意・警戒が必要になりそうです。  14日午前5時までの24時間に降った雪の量は、砺波市で38センチ、富山市と高岡市伏木で23センチなどとなりました。  小矢部市の国道8号線では、石川県境付近でトラックが坂を登れなくなったなどの影響で、最大およそ15キロの渋滞が発生しました。  砺波市では、13日午後10時までの3時間に、20センチの降雪を観測し、気象庁が「顕著な大雪に関する気象情報」を発表しました。一夜明け、市内の内科医院では、看護師らが駐車場の除雪に追われていました。  看護師  「昨日夕方からひどかった。一晩で積もった感じ」  午後6時の各地の積雪は、富山市で39センチ、高岡市で26センチなどとなっています。  15日午前6時までに予想される12時間降雪量は、いずれも多い所で平野部で2センチ、山間部で5センチ、その後の12時間は雪は降らない見込みです。  富山市の降雪量の合計は、平年が253センチ、この冬は14日午後4時までに163センチとなりました。  これからさらに寒さが厳しくなる時期を前に、すでに平年の6割を超え、雪が多い冬になりそうです。来週も17日月曜日から再び冬型の気圧配置となり、18日火曜日の朝まで日本海から伸びる雪雲の帯、JPCZが県内を目指す予想になっています。引き続き、雪の情報に注意が必要です。

富山 2022.01.14 18:56

富山県で新たに24人感染確認 新型コロナ

 新型コロナウイルスです。県内では14日、新たに24人の感染が確認されました。また、これまでの感染者の中から新たに31人がオミクロン株に感染してることが分かりました。  オミクロン株に関するゲノム解析について、県内ではこれまでに2人の感染が判明していました。県によりますと13日から14日にかけてまとまった数の検査結果が判明し、31人の新たな感染が分かったということです。  これで県内におけるオミクロン株感染確認は33人となりました。  県は「県内でも概ねオミクロン株に置き換わりつつあるとみられる」としています。  一方、新たに感染が分かったのは、富山、高岡、射水、滑川、砺波、魚津の6つの市と、東京、新潟、神奈川に住む10代から40代の男女24人です。症状は軽症か無症状です。  24人のうち、8人が県外との行き来があります。感染経路不明は16人です。  感染者で入院中は63人で、重症者はいません。宿泊療養施設に入所しているのは72人、自宅療養または入院等調整中は22人です。

富山 2022.01.14 18:53

大規模接種 来月5日に実施前倒し 富山県

 新田知事は15日の会見で、3回目のワクチン接種を行う県の大規模接種会場の開設を来月5日に前倒しすると発表しました。  会場は県内4つで、富山空港ターミナルビル、ホテルニューオータニ高岡、その他、新川、砺波にも設置します。  また富山空港国際線の再開に備え、代替の会場として健康パークの生命科学館を整備するほか、ホテルの使用が困難な場合は高岡テクノドームを使用します。  実施のスケジュールです。まずは高齢者施設の入所者や従業員を対象に、来月5日、12日、19日は富山で実施します。  来月26日からは一般県民を対象に富山と高岡で土日に行い、4月からは新川地域、砺波地域でも実施します。  日程の詳細は今後、県のホームページで公開します。  県はこうした新型コロナ対策費用を盛り込んだ、総額で339億3397万円の1月補正予算案を、今月21日開催予定の臨時議会に提出します。

富山 2022.01.14 18:51

自宅経過観察は1日最大600人 県医師会

福井県医師会は新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、軽症や無症状の患者の自宅での経過観察について、最大1日600人まで保健師や看護師による対応が可能だと発表した。池端幸彦会長が14日、記者会見を開いて説明した。(1月14日) 池端会長は「福井県は患者の一元管理ができている。保健師もトリアージの能力が高まっている」として、今の体制でいけるところまでいき、さらに感染が拡大するようなら医師も加わってテレビ電話などで観察できる体制を整えるとした。 県医師会は現時点で自宅での療養は原則しないとしているものの、医療提供体制がひっ迫した際には、感染者の家をかかりつけ医などが回り、医師の目が届く体制を取ることも検討している。

福井 2022.01.14 18:49

富山県内で大学入学共通テストの準備整う

 コロナ禍となって2年目の大学入学共通テストが15日から始まります。県内の試験会場では、受験生が使う机の間隔を空けるなど感染対策が取られています。  今年、大学入学共通テストには県内5会場であわせて5034人が挑みます。このうち、最も多い3284人が受験する富山市の富山大学五福キャンパスでは、感染防止対策として、受験生同士が1メートルの距離を取って着席するよう、職員が受験番号を貼り付けていました。消毒・換気を徹底し、受験生にはマスクの着用を呼びかけています。  また、濃厚接触者であっても、大学への手続きを終えている無症状の受験生は15日、別室での受験が可能です。それ以外は今月末の追試験になります。  一方、追試験も含めて受けられなかった受験生に対し、今週、文部科学省が2次試験などの個別試験のみで合否判定するよう、全国の大学へ通知した救済措置については。  富山大学 入試課 棚田裕美課長補佐  「対応は難しいと思いますが、受験生の受験機会の確保という点で、本学としても検討していきたいと思っております」  試験は、15日と16日の2日間、追試験は今月29日と30日です。

富山 2022.01.14 18:46

北陸電力 志賀原発の追加調査の方針示す

 北陸電力が再稼働を目指している石川県の志賀原子力発電所について、新規制基準と適合するかを審査する原子力規制委員会の会合が14日に開かれました。北陸電力は、去年の現地調査での指摘を踏まえ、新たにボーリング調査をするなど追加調査の方針を示しました。  審査会合は、去年11月の現地調査後、初めて開かれ、オンラインで出席した北陸電力が、追加調査の方法や日程について説明しました。  現地調査は、敷地内の断層に「活動性がない」とするこれまでの北陸電力の主張が妥当かどうかを見極めるため行われ、訪れた原子力規制委員会の石渡明委員は、原発敷地に最も近い活断層の福浦断層について、2本に分かれた断層が大坪川ダムで1本に合流する根拠が希薄だと指摘し、断層の南の端を明らかにするよう求めていました。  14日の会合で北陸電力は、新たに3つの地点でボーリング調査を行い、南の端を確認する方針を示しました。  また、2号機の原子炉建屋の真下を走るS4断層については、断層位置が判別できないなどと指摘を受けていて、14日は、追加で溝を掘削するほか、ボーリングで採取した断層の薄片を分析する鉱物脈法で活動性を否定する方針を示しました。

富山 2022.01.14 18:43

カキの木脅して?豊作祈願 南砺で伝統行事

 柿や栗などの果樹をおどして豊作を約束させる、小正月の伝統行事「成木責め」が14日、南砺市の畑で行われました。  柿の木畑に現れたひとりの男性。ナタを振り上げながら、柿の木に怒鳴り始めました。  「おーい南砺の柿よ!たくさん成らせよ!成らねばこのナタで切るぞ!成るか成らぬか」  男性が話しかけたのは、南砺市特産の三社柿の木です。  じつはこれ「成木責め」という柿などの果樹をナタや鎌でおどしてことしの豊作を約束させる小正月の行事です。吉江干柿生産組合が干柿の発展を願って、去年およそ50年ぶりに復活させました。  「成るか成らぬか、成らぬならこのナタで切るぞ。成るか成らぬか切るぞ」  「成ります成ります、成りまーす」  おどし役がナタで樹皮に傷をつけると、地元の喜志麻保育園の園児たちが、柿の木に代わって豊作を約束しました。  「成木責め」は、かつては全国各地で行われていましたが、農業の機械化などで次第に廃れたということです。  吉江干柿生産組合 幅田孝三組合長  「(今年も)たくさん実が成ってくれることをお願いしたい」  組合では、干柿とともに地元の伝統文化も伝えていきたいと話していました。

富山 2022.01.14 18:42

ひな人形商戦が本格化 高岡市の人形店

 3月の桃の節句に向けて、高岡市の人形店では、ひな人形の商戦が本格的になっています。  雪が降って寒い外から一転して、高岡市木町にある川田芳好堂の店内は、およそ90点のひな人形が展示され、春めいた華やかな雰囲気に包まれています。  近年は簡単に飾ることができる、お内裏さまとお雛さまだけの親王飾りが主流のなか、華やかなものが好まれていて、店ではひな人形を飾る環境などを確認し、それに合う商品を提案しているということです。  ひな人形の衣装は手作業で刺しゅうをしたものも人気で、屏風やぼんぼりなどは、好きな組み合わせを選ぶこともできるということです。  平均して20万円から30万円の商品に人気があるということで、川田芳好堂では、来月初めにかけてひな人形商戦が続くとみています。

富山 2022.01.14 18:39

コロナ新規感染60人 過去2番目の多さ

福井県は14日、新型コロナウイルスに県内で新たに10歳未満から90代の男女合わせて60人が感染したと発表した。1日の新規感染者数としては過去2番目に多く、県は医療体制維持に向けて、宿泊療養施設に入っていた人のうち12人は自宅での経過観察に切り替えた。(1月14日) 新規感染者のうち12人は児童や生徒となっていて、子どもへの感染が相次いでいる。県は「12歳未満はワクチン接種の対象外で、子どもを守るためにも大人が感染しないよう予防を緩めないでほしい」と呼び掛けている。 福井村田製作所関連では武生事業所と宮崎工場の従業員やその家族など合わせて22人の感染が新たに確認され、累計は115人になっている。 県内の感染者の累計は3482人となり、入院している人は321人で、内訳は指定医療機関に38人、宿泊療養施設に283人となっている。 県内には1月31日まで感染拡大警報が出されていて、県は会話や会食の機会をはじめ、家庭内に体調不良の人がいる際にはマスク着用を徹底するよう呼び掛けている。

福井 2022.01.14 18:25

七色のひなあられで一足早い春 製造ピーク

3月3日の桃の節句を前に、大野市の老舗菓子メーカー吉村甘露堂では早くも7色のカラフルなひなあられ作りがピークを迎えていて、一足早く春を感じることができる。(1月14日) 12月下旬から製造を始めていて、材料には大野産のもち米と敷地内からくみ上げた地下水を使っている。赤ダイコンやクチナシなどの天然の着色料を使って仕上げていて、隠し味に県産のショウガを混ぜ込んでいる。今シーズンは製造工程に改良を加え、一層サクサクとした歯ごたえになっているという。 製造部の小椋陽介課長は「コロナで家にいる期間が多いと思う。家族みんなで色とりどりのおかきを楽しんでもらえるとうれしい」と話した。 製造は2月中旬ごろまで続けられ、例年と同じ4万袋ほどが県内の食品スーパーなどで販売される。

福井 2022.01.14 16:12

かわいらしい越前漆器 女性職人らが商品化

越前漆器の女性職人とデザイナーがグループになり、かわいらしさを売りにした新たな食器の商品化を進めている。2月に東京で開かれる贈答品や雑貨の国際見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー」に出展し、世界中のバイヤーに売り込む。(1月14日) 一人暮らしの女性や子育てで忙しい母親たちにも使いやすいよう手のひらサイズの重箱は2段重ねで、ポップな色使いのウレタン塗りや高級感漂う漆塗りで仕上げた。 漆器職人の手賀智子さんは「若いママさんたちに漆器を身近に感じてもらえるよう、普段使いできるような商品にした」と企画意図を話した。 3月以降、ネット通販にも出品する予定になっている。

福井 2022.01.14 15:40

会場準備進む 15日~大学入学共通テスト

15日と16日の大学入学共通テストを前に試験会場の一つ福井市の福井大学文京キャンパスでは14日、職員が机を消毒したり、机に受験番号を張り付けたりした。感染対策のため、受験生には分散入場を呼び掛けている。(1月14日) 大学では独自の感染対策として、今週は講義をオンラインに切り替えて試験会場となる部屋を全て締め切り、人が立ち入らないようにした。 開場は、文京・松岡キャンパスともに、これまでより30分前倒しして午前7時半とし、雪の影響も心配されることから、受験生には時間に余裕を持った行動を呼び掛けている。

福井 2022.01.14 13:54

石川県は強い冬型の気圧配置 厳しい寒さに スリップ事故や転倒事故も

石川県内は強い冬型の気圧配置が続き、多くの地点で氷点下を観測するなど厳しい冷え込みとなっている。 上空には非常に強い寒気が流れ込み断続的に雪が降っている14日の県内。 各地で気温も下がり、最低気温は輪島市三井で氷点下2.9℃、七尾で氷点下2℃とほとんどの観測地点で氷点下となった。 また、積雪は山沿いを中心に増えていて白山河内で58センチなどとなっている。 この冷え込みや雪の影響で県内ではスリップ事故が相次ぎ、朝9時までの24時間で65件の事故が発生したほか、金沢市内では転倒等で3人が軽症を負っている。 気象台では15日の朝まで気温の低い状態が続くとして、路面の凍結などに注意するよう呼びかけている。

石川 2022.01.14 12:38

富山県内の大雪ピーク過ぎるも山間部は注意

 富山県内は、14日も引き続き雪が降っています。大雪のピークは越えましたが、昼過ぎまで山間部を中心に大雪に注意が必要です。  14日午前5時までの24時間降雪量は、砺波市で38センチ、富山市と高岡市伏木で23センチなどとなりました。  砺波市では、13日午後10時までの3時間に20センチの顕著な降雪を観測しました。  県内は大雪のピークは越えましたが、昼過ぎまで山間部を中心に大雪に警戒が必要です。14日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで平野部が10センチ、山間部が30センチとなっています。  電線や樹木への着雪、路面の凍結、落雷や突風に注意してください。  この雪の影響でJR高山線は、猪谷駅から飛騨古川駅の間で運転を見合わせていて、特急4本が運転を取り止めました。  富山空港は、東京行きの第1便が欠航しました。  また、富山地方鉄道の立山線は倒木の影響で、千垣駅と立山駅の間でバスによる代行輸送が行われています。

富山 2022.01.14 11:43

高岡市 除雪用の車にはねられ61歳男性死亡

 13日夕方、高岡市の市道で61歳の男性が除雪用の車にはねられて死亡しました。  射水警察署によりますと、13日午後5時55分ごろ、高岡市中曽根の市道で道路を歩いていた射水市松木の会社員 坂下一彦さん(61)が、除雪用のショベル・ローダーにはねられました。  坂下さんは病院に運ばれましたが、およそ12時間後に出血性ショックのため死亡しました。  ショベル・ローダーを運転していたのは、高岡市の47歳の男性会社員で、警察が当時の状況などを聞いています。  現場は片側1車線の市道で、当時10センチほど雪が積もっており歩道は除雪されていなかったとみられます。  車道と歩道の間には縁石もあり、警察は、死亡した坂下さんが  車道を歩いていた際に、はねられた可能性があるとみて事故の原因を調べています。

富山 2022.01.14 11:43

雪関連情報 14日昼前にかけ交通障害注意

県内は14日午前6時現在、強い冬型の気圧配置となっており、北陸地方の上空約5000メートルには、氷点下36度以下の寒気が流れ込んでいるため、大気の状態が不安定となっている。福井地方気象台は14日昼前にかけて大雪や路面の凍結による交通障害、電線や樹木への着雪、強風や雪による視程障害、なだれ、落雷や突風に注意を呼び掛けている。(1月14日) 14日午前9時現在の各地の積雪は大野市九頭竜で118センチ、大野で65センチ、南越前町今庄で48センチ、越前市武生で20センチ、福井で20センチ、敦賀で5センチ、小浜で9センチとなっている。 15日午前6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で、嶺北の平地で5センチ、嶺北の山地で10センチ、奥越で20センチ、嶺南の平地で5センチ、嶺南の山地10センチとなっている。 福井鉄道と京福バスは14日の高速バスについて、雪の影響で東京線・大阪線は全便で運休、名古屋線も一部の便(名鉄バスセンター発18時、福井駅東口発19時)を除き運休すると発表した。 ネクスコ中日本によると、県内の北陸自動車道と舞鶴若狭自動車道の事故や雪による通行止めは14日午前2時45分に全て解除された。

福井 2022.01.14 08:15

石川県知事選へ 金沢市の山野市長が出馬 経験生かし新しい知事像を

3月の石川県知事選挙へ金沢市の山野之義市長が13日、立候補することを表明した。これで保守勢力は、3つどもえの分裂選挙が確実な情勢となっている。 13日朝。報道陣を市長室に招き入れた山野市長。「これまで2年間、自分なりに責任を持ってコロナ対策してきたという自負があるので、それを続けながら知事選に対する思いを明確にすることは可能だという思いに至った」と話し、知事選に出馬する決意を明らかにした。 臨時議会の後には、会見に臨み、決断までの思いを語った。その知事選挙には、前衆議院議員の馳浩氏と前参議院議員の山田修路氏が出馬を表明していて激しい戦いが予想されるが…。 山野市長は、「僕の場合は繰り返しになるが、出自が違う。民間の経験であったり、地方議員としての経験、そしてなんといっても県庁所在地の市長としての経験がある。この経験をより生かすことが、馳先生や山田先生の経歴も大変立派な経歴であるし、どなたがなられても立派な知事になると思うけれども、違った意味での知事像を提示してきたいとそんな思いで決意を固めた」と語った。 山野市長は市議を4期15年務めたあと、2010年の市長選で初当選し、現在3期目だ。知事選挙について意欲を示したのは去年11月だった。次の市長選挙には出馬しないことも明言した。 保守分裂、3つどもえの戦いが確実な情勢となった知事選挙。街の声は・・・。「ますます迷う」という声や、「誰がなっても頑張ってくれると思う」という声などさまざま。 山野市長の参戦についてすでに表明している2人は。「私自身は昨年の7月に意思表示をして以来、地道にコツコツと取り組んできたので、そのまま真っ直ぐに進みたいと思う」と話したのは馳浩氏。そして山田修路氏は「もちろん金沢の情勢は変わると思うけれども、政策を訴えていく、また皆さんにお目にかかってご理解を得ていくという方法というんでしょうか、その基本は特に変わりはないと思う」と話す。 各勢力への支援は「今後検討する」とした山野市長。市長辞職の時期については「思いとしては、告示の前日ぐらいまで、市長として留まる思い。コロナ対策をしっかり打っていきながらも、知事選挙に対する思い、これまで培ってきた経験を県政の中で生かしていく」と話していた。 知事選挙は2月24日告示、3月13日投開票だ。

石川 2022.01.13 19:26

【新型コロナ石川県】新たに54人が陽性 このうち33人が感染経路不明

石川県内でも新型コロナの感染が急激に拡大している。県は14日、新たに54人の陽性が確認されたと発表した。そのうち33人が感染経路不明となっている。 14日夕方、急きょ、会見を開いた谷本知事。881件の検査の結果、新たに54人の陽性が判明した。 県内の1日あたりの新規感染者数が50人以上となるのは64人だった去年9月1日以来、およそ4か月ぶりとなる。 54人の内訳は濃厚接触者または接触者が21人。残る33人は感染経路がわかっていない。また、症状別では2人が無症状、45人が軽症、7人が調査中だ。 こうした状況を受け、谷本知事はコロナ専用病床の運用数を14日から253床、今後1週間程度をめどに、306床に増やし、全県的な感染拡大に備える方針を示した。 さらに、北陸3県に拡大していた「県民旅行割」について、14日から1月末までの間、富山県民、福井県民からの新規予約を停止すると発表した。石川県民向けの予約は引き続き受け付けられる。 石川県内の感染状況を示すモニタリング指標は、3つの項目で数値が上昇しているが、いずれもレベル1相当で、総合的な判断もレベル1の「感染要注意」のままとなっている。

石川 2022.01.13 19:24

石川県内は断続的に雪 警報級の大雪の恐れ 交通障害などに注意・警戒を

強い冬型の気圧配置と寒気の影響で、石川県内は朝から断続的に雪が降っている。気象台では大雪による交通障害や農業施設への被害に注意・警戒するよう呼び掛けている。 日本付近は、強い冬型の気圧配置となり、上空には非常に強い寒気が流れ込んでいて、この状態は14日にかけて続く見込みだ。 午後5時の県内各地の積雪は白山河内で42センチ、加賀菅谷で26センチ、金沢で5センチなどとなっている。 この雪の影響で、全日空は、のと里山空港では全便、小松空港では羽田からの最終便と14日朝の羽田行きの1便が欠航。日本航空は14日朝の1便まで全ての便で欠航が決まっている。 また、JR西日本によると、金沢と大阪方面を結ぶ特急サンダーバードが強風の影響で迂回運転となり、上下線あわせて16本に最大40分の遅れが発生しているという。 気象台では、発達した雪雲が同じ地域にかかり続けた場合には、14日にかけて警報級の大雪となる恐れがあるとして、交通障害などに注意・警戒を呼びかけている。

石川 2022.01.13 19:23