北陸のニュース

新型コロナ 50代女性死亡 1人が感染

県は23日、新型コロナウイルスに感染した50代の女性が死亡し、新たに1人が感染したと発表した。また、県外に住む人が県内への移動後に感染がわかったケースがあったという。
死亡したのは金沢市の50代女性でクラスタ―となっている金沢医療センターの入院患者だった。50代での死者は県内では初めてとなる。そして、新たに感染が確認されたのは飲食店従業員の野々市市の30代女性で、感染経路はわかっていない。また、県内の発生患者には含まれていないが、県外に住む30代男性の感染も判明した。この男性は21日、県外の医療機関でPCR検査を受け、その結果が出る前に石川県内に移動した。その後、陽性が判明し、22日、県内の医療機関に入院したという。男性は無症状で、なぜ県内に移動したかについては調査中だという。県内で退院した人は12人増えて658人、治療中の人は57人となっている。

石川2020.09.23 20:51

コロナ禍の現場へ 看護師の卵たち決意新た

コロナ禍の最前線で働く看護師を目指す学生たちが、病院での実習を前に戴帽式を行い、看護の道に進む決意を新たにした。
コロナ医療の最前線、県立中央病院の隣にある県立総合看護専門学校。ここでは23日、基礎的な学習を終えた学生たちが病院での実習を前にナースキャップを受け取る戴帽式が行われた。キャンドルの灯りには、ナイチンゲールがランプを手に傷病兵を手当した看護の精神を受け継ぐという思いが込められている。ことしは感染症の流行で例年になく医療現場の負担が重い状況だ。学生たちは、いち早く医療の現場に行き、医療者としての責任をもって看護の一端を担いたい。感染対策をしっかりとして、患者さんのケアをしていきたい。と決意を語った。戴帽式を終えた看護学科と准看護学科の学生あわせて44人は来週以降、金沢市内の病院で2週間から3週間の実習に臨む予定だ。

石川2020.09.23 19:34

県内の人出 連休中は感染拡大前の水準に

県内の観光地が多くの旅行者でにぎわった22日までの4連休。連休中の各地の人出が新型コロナウイルスの感染拡大前の水準にまで戻ったことがわかった。
県内各地の観光地で大きな賑わいがみられた22日までの4連休。兼六園では21日、長蛇の列が。管理事務所によると連休中の来園者は4万1900人あまりでGoToトラベル開始直後だった7月の4連休に比べ、2倍の客足となった。そして、このにぎわいは金沢21世紀美術館でも。連休中の1日あたりの入館者は平均で9000人となり新型コロナウイルスの感染拡大後では一番の人出だったという。一方、のとじま水族館には21日、ことし最多となる5200人あまりが訪れた。また、奥能登の観光名所、輪島朝市でも、海産物や土産物を買い求める多くの人の姿が。連休中は、新型コロナが拡大する前と同じ程度のおよそ9500人が訪れ、ことし最高の人出となった。新型コロナウイルスへの対策をとりながらの営業は続くが各観光地では、手応えを感じる連休となったようだ。

石川2020.09.23 19:33

秋の全国交通安全運動 津幡町で街頭指導

秋の全国交通安全運動に合わせて津幡町では、子どもたちに交通マナーを守ってもらおうと通学路での街頭指導が行われた。
この街頭指導は警察と津幡町が合同で行ったもの。23日は町長をはじめ職員やボランティアたちが交通量が多い交差点に立ち登校中の子どもたちに交通マナーを呼びかけた。県内では、ことし登下校中の小中学生が交通事故に遭うケースが7件発生していて、警察はドライバーに対しても安全運転を呼び掛けている。

石川2020.09.23 19:31

立山・弥陀ヶ原 県警が火山災害研修

 県警察本部は23日、火山活動が続く立山・弥陀ヶ原で、火山災害を想定した研修を行いました。弥陀ヶ原では火山災害に備えて去年5月から噴火警戒レベルの運用が始まっていて、参加者は、万が一の場合に備えて現状を確認しました。

 富山大学 学術研究部 都市デザイン学系長 渡邊了教授
「どんなところで観光客が滞留しやすいか、ここでもし噴火があった場合にどう逃げたらいいかを考えながら見ていただけたらと思います」

 標高2450メートルの立山・室堂で行われた研修には、県警の機動隊などおよそ30人が参加し、弥陀ヶ原火山を研究している富山大学の渡邊了教授を講師に、火山活動の状況を確認しました。

 弥陀ヶ原周辺は、2011年の東日本大震災以降、火山ガスなどの噴出が活発化し、地獄谷は2012年から、立ち入りが禁止されています。2016年には気象庁が弥陀ヶ原を常時観測火山に加えて24時間体制の監視を開始。去年5月には、火山活動に応じて危険な範囲と必要な防災対応を示した「噴火警戒レベル」を運用しています。

 富山大学 学術研究部 都市デザイン学系長 渡邊了教授
「ここから見ると穏やかに見えるけど下から見ると活発で怖いくらいで閻魔地獄といっています」

 参加者はハザードマップを参考にしながら、観光客がたまりやすい場所や、過去1万年の間に水蒸気噴火が起きた場所などを実際に確認して、多くの観光客が訪れる立山で噴火が起きた際の対応を学んでいました。

 参加した警察官
「がたがたする道や呼吸しにくいことも理解したうえで警備に当たらないといけないと思いました」

「御嶽山噴火もありましたし、ここ立山でもいつ何が起こるかわからないということで、今回の講習で得た知識を生かしてこれからも訓練に励みたいです」

 富山大学 学術研究部 都市デザイン学系長 渡邊了教授
「非常に広い範囲で人が動きますから、そこを全部カバーしなきゃいけないということは救助が難しい。救助するという目で(立山を)見ていただければここまで車でアクセスできるな、どんなものが使えるかなど最大限考えていただきたい」

 参加した県警察本部の担当者は、今後も年に1回は研修会を開催し災害救助に生かしていきたいとしています。

富山2020.09.23 19:06

駅北中規模ホール 市が内部の基本設計示す

 富山市は、富山駅北に整備を進めている中規模ホールの詳しい基本設計を明らかにしました。建設開始は当初予定より2か月遅い来年6月からで、2023年春以降の利用開始を目指します。

 これは、23日の富山市議会総務文教委員会で市が示しました。市が整備する中規模ホールは、オーバード・ホール北側の土地広さおよそ4400平方メートルに建設が進められています。

 地上4階、地下1階建てで、開口部やテラスを多く設けます。ホールの総客席数は652席で、4階席の最後列から舞台までの距離は22メートル。舞台を近く感じられるようコンパクトなつくりとします。また、客席と舞台の位置がアレンジでき、ホールとロビーをつなげて利用するなど、様々に用途に対応できる設計となっています。

 建設工事は、当初の予定より2か月遅い6月から始まり、市は、2023年4月以降の利用開始を目指します。

富山2020.09.23 19:01

新型コロナ治療薬として承認申請へ

 富士フイルムホールディングス傘下の富士フイルム富山化学は、自社が製造する新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、症状を改善する効果を確認したとして、来月中に国への承認申請を行うと発表しました。

 アビガンは、富士フイルム富山化学の前身である富山化学工業が開発した抗インフルエンザ薬です。ウイルスの増殖を防ぐことから、インフルエンザと同じRNAウイルスである新型コロナウイルスにも効果が期待されています。

 富士フイルム富山化学によりますと、ことし3月から臨床試験を行い、新型コロナウイルス感染者で重症ではない肺炎患者にアビガンを投与した結果、ウイルスが早期に陰性化することを確認したということです

 富士フイルム富山化学は来月中にもアビガンの承認申請を行う予定としていて、承認されれば国内3例目の治療薬となります。

富山2020.09.23 19:00

新規感染者なし 5日連続

 新型コロナウイルスの新たな感染者は、23日県内では今のところ確認されていません。新規感染者なしはこれで5日連続です。

 23日県内では午後5時までに、新型コロナウイルスの感染者は確認されていません。県内で22日に行われたPCR検査は1件だけで陰性でした。

 県内の新規感染者は先月は1か月間で149人にのぼりましたが、今月は今のところ21人で、これで5日連続で感染者がなく、県は感染の状況が落ち着いているとしています。県内の感染者の累計は410人、入院患者は5人で重症者はいません。

富山2020.09.23 18:58

リモートでつくりもん祭り 作品募集

 新型コロナウイルスの影響で中止となった高岡市福岡町の「つくりもんまつり」について、まつりの実行委員会は、祭りに代わってSNSを使って写真でつくりもんを見せ合う、リモートのコンテストを開催するとして、23日から募集を始めました。

 毎年9月に行われる福岡町の「つくりもんまつり」は、野菜や草花で風景や風物を表現して五穀豊穣を願う伝統の祭りですが、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となりました。

 これを受け、まつりの実行員会は写真投稿サイト「インスタグラム」を利用したリモートのコンテストを開催するとして、23日から作品を募集します。応募は、インスタグラムの「つくりもんまつり」のアカウントをフォローし、指定のハッシュタグ「#2020つくりもん」とともに制作した作品の写真とエピソードなどを添えて投稿します。

 作品の投稿受け付けは来月23日までで、入賞者は11月上旬に発表される予定です。

富山2020.09.23 18:58

街なか再生 キャッシュレス化の波に乗れ!

 スマートフォンなどを活用した現金を使わない、いわゆる「キャッシュレス決済」。利用している人も多いかと思います。新型コロナウイルスの影響で人との接触を避ける観点からますます普及が進む中、高岡市は今月限定で、キャッシュレス決済を対象にしたポイント還元事業を展開しています。自治体が主体となった県内で初めてのこの試み、街なかの再生に取り組む高岡に変化をもたらすことができるのか、梅本記者のリポートです。

 高岡市に住む、エンジニアでデザイナーの柴野恭兵さん、37歳です。両手が不自由な柴野さん。移動には介助タクシーをよく利用しています。

 柴野恭兵さん
「基本的にわたし、車の運転ができないので。仕事とか、今回みたいにちょっと役所に用事があるときとか(利用する)」

 運転手「お支払いはペイペイでよろしいですか」

 支払いはスマートフォンで、キャッシュレス決済です。

 柴野恭兵さん
「大変便利ですし、特に、わたしみたいに手が使えないと、ドライバーさんに、財布出してとか、支払いお願いしますとかあるので、キャッシュレス決済によって、自分でスマホを出すことで、簡潔に終わるという意味で非常に便利だと思います」

 高岡交通がキャッシュレス決済を導入したのは去年の10月。

 高岡交通 渡辺寛人専務
「お客様からは、便利だという声はいただいていますし、また乗務員のほうでも、比較的簡単にできるので、いいという声はいただいています」

 来月からはスマートフォンに対応した独自のWEB予約システムを始める予定です。

 高岡交通 渡辺寛人専務
「どのように、街の人たちのためにできるかっていうのを模索しながら、利用しやすいものになればいいかなとは思っています」

 スマートフォンの普及で、加速度的に広まっているキャッシュレス決済。高岡市は、加盟店でQRコード決済「PayPay」を使った支払いに対して、最大20パーセントのポイントを還元する事業を今月限定で展開しています。加盟する店は、市内の商店やドラッグストア、コンビニ、ガソリンスタンドなど2000店舗以上。

 進むキャッシュレス化の波を消費刺激策で後押しし、街なかの活性化にもつなげたい考えです。

 キャッシュレス決済利用者
「新型コロナウイルスの影響で、直接の(現金の)受け渡しが、ちょっと、ね、いろいろ問題がありそうなので、その点もいいですしポイントも戻ってくるんで」

 一方で、キャッシュレス決済そのものへの不安の声もあります。

 キャッシュレス決済利用者
「セキュリティがしっかりしているんであれば、便利かなとは思います」

 キャッシュレス決済を利用してない人
「やったことないです。第三者が勝手に引き落とすとか引き出すとか、情報なんか取られるいう心配もありますね、正直な話」

 では、加盟する店側は、この市の取り組みをどう感じているのでしょうか。市の商店街連盟の酒井敏行会長は「効果は限定的だ」といいます。

 高岡市商店街連盟 酒井敏行会長
「結局、高岡に根付いとるお店でなくて、ドラッグストアとか食料品スーパー、商店街でない範囲の方々は、調子がいいみたいですよ。商店街にとっては100パーセント喜びではないと思います」

 還元ポイントに上限があるため、上限範囲内での買い物に留まり、高額商品を取り扱う店には効果が及んでいないといいます。

 高岡市商店街連盟 酒井敏行会長
「自助努力、お店が努力する方は、しとった方は、今のとこ(状況が)いいんじゃないかと思います、宣伝、自分がみずからしたりですね、商店街もどうあるべきか考えていきたいですね」

 街なか再生に加えて、新型コロナウイルスの影響で、冷え込んだ消費の回復を狙ったこの取り組み。市は、還元ポイントの総額が、想定した上限の2億円を超えても、期限が終わる今月末まで続ける方針です。

 高岡市のポイント還元事業は今月末で終了しますが、来月には南砺市が同じく1か月限定で30パーセントのポイント還元事業を予定しています。

富山2020.09.23 18:57

「くろべネットボタン」11月から実証実験

 黒部市社会福祉協議会は、導入を検討している高齢者支援サービス「くろべネットボタン」について、ことし11月から支援する側の民生委員などを対象に実証実験を行います。

 「くろべネットボタン」は、黒部市の社会福祉協議会が市内の高齢者を対象に導入を検討しているシステムです。してほしいこと毎に用意されたカードをかざして、ボタンを押すと、民生委員など支援者に連絡がいく仕組みで、去年からは市内の高齢者を対象に、実証実験を行っています。

 23日は、支援する側となる市内の民生委員や大学生を集め、システムの使い方などを説明しました。支援者を対象にした実証実験は11月から始まる予定で、協議会は感想などを取りまとめ、導入に向けて検討を進める方針です。

富山2020.09.23 18:56

アルビス 子育て支援などで県と連携協定

 スーパーマーケットのアルビスは、県と子育て支援や地域活性化などについて連携する協定を23日結びました。

 県庁で行われた締結式では、石井知事とアルビスの池田和男社長が協定書に調印しました。協定は、地産地消・食育の推進や子育て支援、防災・災害対策など8項目です。

 具体的には、アルビスが「とやま子育て応援団」事業に来月中旬から参加し、子育て中の利用客向けに割り引きサービスを始めるほか、店舗のイートインスペースを地域の会合などの催しに提供するなどします。

 池田社長は、「新型コロナウイルス感染拡大の中で、スーパーマーケットは地域に必要な存在だと改めて感じた。様々な取り組みに参加したい」と話しました。

 アルビスが自治体と包括連携協定を結ぶのはこれが初めてです。

富山2020.09.23 18:55

15日連続で新型コロナ新規感染者ゼロ

県内は新型コロナウイルスの感染者が15日連続で確認されず、県は予定通り24日で感染拡大警報を解除する。(9月23日)


県によると、22日は15件のPCR検査を実施したが全て陰性で、新たな感染者は確認されなかった。

県内で感染者が出なかったのは15日連続で、入院患者は1人減って8人となり、このうち2人が重症。

県では24日で感染拡大警報を解除し、東京への不要不急の往来自粛も解除される。

福井2020.09.23 17:25

若狭町の児童が伝統野菜の種まき

若狭町の児童が地域の伝統野菜山内かぶらの種をまき、11月中旬にも行われる収獲を楽しみにしていた。(9月23日)


山内かぶらの種をまいたのは鳥羽小学校の3年生の児童17人で、若狭町山内の広さ1アールの畑に入り、100年以上も栽培が続く伝統野菜の種を10センチ間隔で1か所に3粒ずつまいていた。

山内かぶらは荷崩れしにくく豊かな風味が人気で、現在は12軒の農家が栽培を続けており、児童らがまいた種は11月中旬には収穫できるまでの大きさに育つという。

また、児童は種まきの後、山内かぶらを使ったギョウザやコロッケを出してもらい、ふるさとの味を楽しんでいた。

福井2020.09.23 16:31

若狭町の女の裁判員裁判 起訴内容認める

若狭町の自宅で同居する義理の母と夫を包丁で刺して、殺人と殺人未遂の罪に問われている女の裁判員裁判が始まり、女は起訴内容を認めた。(9月23日)


起訴状によると、若狭町神子の無職大音清子被告72歳は去年8月、自宅の居間で義理の母の初枝さん当時89歳を包丁で刺して殺害したほか、夫の太郎さん当時69歳も殺害しようとしたとして、殺人と殺人未遂の罪に問われているもの。

初公判で大音被告は、「間違っていません」と起訴内容を認めた。

弁護側は事件当時、大音被告は心神耗弱状態にあり責任能力はないと主張した一方、検察側は善悪の判断は十分できる状態にあり、責任能力は失われていないとした。

大音被告には軽度の知的障害などがあり、裁判は犯行当時の責任能力の有無が争点に。

なお、判決は10月2日に福井地裁で言い渡される。

福井2020.09.23 15:50

県知事選挙へ ポスター掲示場設置

 任期満了に伴い、来月8日に告示される富山県知事選挙に向け、立候補者のポスターを貼る掲示場の設置が23日から始まりました。

 このうち、富山市役所前では23日午前9時から、市の選挙管理委員会から委託を受けた業者が縦91センチ、横1メートル82センチのポスターを貼る板を設置しました。

 県内全体では、告示前日の来月7日までに、各市町村の選挙管理委員会が2355か所に掲示場を設置します。

 県知事選挙は、来月8日告示、25日投開票です。これまでのところ、現職で5期目を目指す石井隆一さんと、新人の新田八朗さん、そして川渕映子さんの3人が立候補を表明しています。

富山2020.09.23 11:44

県中央植物園 ミズアオイが見ごろ

 秋晴れの23日、県中央植物園では準絶滅危惧種に指定されているミズアオイが見ごろを迎えています。

 直径3センチほどの青紫色の小さな花が何輪か連なるように咲くミズアオイ。富山市婦中町の県中央植物園で見ごろを迎えています。

 ミズアオイは以前は田んぼのあぜなどにも咲く身近な花でしたが
あぜの改修や雑草として駆除されたことで激減し、いまでは環境省と県のレッドデータブックで、準絶滅危惧種に指定されています。

 23日は、青空のもと可憐な花の色を楽しむ園児らの姿がみられました。

 23日の予想最高気温は富山市で28度、高岡市伏木で27度と日差しの下では少し汗ばむ陽気になりそうです。このあと午後も晴れますが夕方からは雲が広がるでしょう。県中央植物園のミズアオイは今月末まで楽しめるということです。

富山2020.09.23 11:44

事故件数は減少も交通安全への注意呼びかけ

日の入りが早くなる秋の時期に合わせ、交通安全県民運動が始まっていて警察で反射材の着用など交通安全への注意を呼びかけていた。(9月23日)


このうち福井市の松本小学校近くの交差点では、警察官や交通安全協会のメンバーが児童たちに左右の安全確認をして横断するよう指導していた。

今年の人身事故件数は、22日までで611件と去年に比べ234件少なくなっている。

事故件数は減っているものの、日の入りが早くなる時期を迎えるとして、警察では反射材を着けるなど注意を呼びかけている。

福井2020.09.23 11:02

4連休最終日 県内観光地に人出どっと

 この4連休は、新型コロナウイルス感染症に伴う規制が全国的に緩和されるなか、県内の観光地や行楽地もことしこれまでになかったにぎわいとなりました。連休最終日の22日も大勢の人が訪れました。

 「氷見市の道の駅、ひみ番屋街は、4連休最終日のきょうも朝から大勢の人が訪れています」

 駐車場では県外ナンバーの車も多く見られました。

 氷見漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を買えるとあって観光客に人気の、ひみ番屋街。

 22日は訪れた家族連れなどが海産物やすしなどを次々と買い求めていました。

 京都の男性
「めいっぱい遊んでいこうと思う」

 埼玉の親子
「GoToトラベルキャンペーンを使って」「楽しかった」「マスクして手洗いうがいしかないので・・」

 ひみ番屋街は、ことし4月から5月にかけて休業するなど新型コロナウイルスの影響を大きく受けました。

 しかし管理事務所によりますと、20日21日は1日に訪れた人が7000人以上で去年9月の連休の時の4割増しになったということです。

 一方で感染防止対策としては、引き続き飲食コーナーの席を減らし、アクリル板を設けているほか、店内の換気を徹底しているということです。

 氷見まちづくり株式会社 主任マネージャー本多正樹さん
「去年に比べてさらに多いお客様の入りこみでした。改めて、対策に対して、ぎゅっと身を引き締めるといいますか、対策を十分に取りたいなと考えていますんで」

 ひみ番屋街では、人出が戻ってきたことを受けて、訪れた人すべての検温の徹底やマスクをしていない人への配布を検討しています。

富山2020.09.22 19:58

立山もにぎわい テント立ち並ぶ

 北アルプス・立山は4連休最終日の22日、多くの観光客が訪れて、秋色に色づき始めた景色を楽しんでいました。

 アルペンルートを運営する立山黒部貫光によりますと、20日の日曜日にアルペンルートを訪れた人はことし最高の5100人で、賑わいを取り戻しています。

 そしてカラフルなテントで彩られたのは室堂周辺の雷鳥沢キャンプ場。夜には幻想的な光の海が広がりました。

 雷鳥沢野営管理所によりますと例年はピーク時でもテントが1日600張程度のところ、20日には956張のテントが並び、ここ10年で最も多くなったということです。

 立山の紅葉は例年より遅いペースですが、朝晩冷え込んできたため、今後一気に色づくかもしれないということです。

富山2020.09.22 19:53

4連休 アユ釣りにぎわう

 この連休、県内の河川はアユ釣りをする人でにぎわいました。エブリィでは7月末に、大雨の影響で川が濁りアユ釣りが不振に陥っているとお伝えしましたが、その後、川の状態が戻るとともに釣り人たちの姿も戻ってきました。

 富山市を流れる神通川です。22日朝は、川のあちこちでアユを求めて長い竿を振る釣り人たちの姿がありました。

 およそ2か月前、7月下旬の神通川です。上流の岐阜県で大雨となり、流れ込んだ土砂で川は激しく濁りました。

 水量の多さも危険な状態が続き、釣り人の姿は消えました。

 フィッシング吉井 広田篤オーナー
「ことしは長雨とコロナで8月に入る前はだめかなという感覚だったんですが」

 地元の釣具店のオーナーは、ことしの長雨でアユは他の県の河川でも不漁が続く中、神通川は先月中旬以降は濁りが減り、良く釣れるという情報が広がったことから、釣り人が急激に戻ったと話します。

「アユが、数が多い。普通の川だと20~30匹、神通川になると
50~100釣れる川なんで、その情報が県外に広がって、かなりのお客さんに来てもらいました。ことしは最高の4連休でした」

 連休最終日の22日も、県内外の愛好家が「友釣り」や、川底にいるアユを引っかけるように釣る「コロコロ釣り」などを思い思いに楽しんでいました。

 高山市からの釣り人
「ことしは結構釣れてるからということでことし3回目。1回目、2回目は(混雑して)入るところもなくて」

 一方、23日からは台風12号の影響で天候が崩れる見込みで、川の状態が再び悪くなれば、釣りにも影響が出る可能性があります。

 神通川のアユ漁は、一部禁漁期間を除き11月15日までです。

富山2020.09.22 19:47

新型コロナウイルス新規感染 4日連続なし

 県内での新たな新型コロナウイルスの感染者は22日、今のところ確認されておらず、これで新規感染者なしは4日連続となっています。

 県内の新規感染者は、22日は今のところ確認されておらず、県の感染拡大予防警報「富山アラート」が解除された今月19日以降出ていません。

 新規感染者は8月は149人にのぼりましたが、今月は今のところ21人に留まっています。

 県内の累計の感染者数は410人です。入院患者の数は21日時点で5人にまで減っていて、重症者はいません。

富山2020.09.22 19:41

漁船とプレジャーボート衝突 3人けが

 22日朝早く、高岡市の港そばの富山湾で漁船とプレジャーボートが衝突し、漁船の船長とプレジャーボートに乗っていた男性2人の合わせて3人がけがをしました。プレジャーボートは釣りに向かう途中でした。

 伏木海上保安部によりますと、22日午前4時45分ごろ、高岡市の伏木国分港の入り口に近い富山湾で、漁船「浜八丸」とプレジャーボートの「ビクトリーハンター号」が衝突しました。

 「浜八丸」の44歳の男性船長は海に投げ出され、プレジャーボートに救助されましたが、胸の骨を折る大けがです。

 一方、プレジャーボートに乗っていた4人のうち神奈川県の54歳の男性が腰の骨を折る大けが、長野県の51歳の男性が右肩を打撲しました。

 プレジャーボートは小矢部川河口から釣りに向かう途中で、「浜八丸」は、刺し網漁を終えて港に戻るところだったということです。

 伏木海上保安部が衝突した原因を調べています。

富山2020.09.22 19:39

大仏さま お身ぬぐいでさっぱりと

 鋳物の街・高岡市のシンボル、高岡大仏では、この1年の汚れをふき取る「お身ぬぐい」が22日、行われました。

 秋晴れの休日に高岡市の街なか大手町の大仏寺で行われた「お身ぬぐい」。

 地元の町内から参加した10人が、白装束姿で大仏にのぼります。

 高岡の鋳物の技で作られた大仏の高さは、台座を含めて16メートル。

 足元に気を付けながら、日ごろの感謝の気持ちを込めて大仏の表面についた砂やほこりをふき清めます。

 「お身ぬぐい」は例年、公募による参加も合わせて行ってきましたが、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大防止を考え、地元の関係者だけで行いました。

 毎年、秋分の日に合わせて行われてきた大仏まつりもことしは中止に。

 それでも、お身ぬぐいに参加した人は・・・。

 参加者たち
「キレイになったらうれしいもんです」「大仏さんのご利益があるように祈願してお参りしていただければありがたいと思っております」

 22日は午後から新型コロナウイルス感染収束を祈願する特別法要が行われました。

 台座には地元の女性が大仏のためにと以前作って奉納した大きなマスクが展示されました。

 縦115センチ、横160センチのマスクが2枚つなげられ、住民がメッセージを寄せ書きしています。

 訪れた人たちは、平穏な日常が戻る事を願って静かに手を合わせていました。

富山2020.09.22 19:38

子どもから大人まで能の魅力を体感

 富山市では、能楽の体験講座が開かれ、子どもから大人までが参加し、日本伝統の舞台芸術を体感しました。

 この講座は富山能楽堂を会場に、富山県宝生会が開きました。

 子どもから大人までおよそ40人が参加し、シテ方宝生流能楽師の佐野玄宜さんから能や狂言の歴史を学びました。

 新型コロナウイルス感染症防止のため、大きな声を出す謡などの体験はありませんでしたが、面をつけたり所作の手ほどきを受けたりして、伝統文化の一端を体感しました。

 小学3年の参加者
「楽しかったし難しかった」

 参加した富山市の女性
「自分の知っていることとちょっと重なるところがあったので思ってたより身近に感じて楽しそうだなと思いました」

 富山県宝生会では、こうした機会を通して多くの人に日本の伝統芸能を知ってもらいたいとしています。

富山2020.09.22 19:36

新型コロナの新規感染者2週間確認なし

県内で新型コロナウイルスの新たな感染者が2週間確認されず、入院患者はおよそ1か月ぶりに1桁台に。(9月22日)


県によると、21日には12件のPCR検査を実施したが全て陰性で、県内では2週間、新たな感染者が確認されなかった。

感染者の累計は244人で、入院している人は2人減って9人となり、このうち2人が重症だという。

入院患者が1桁台になったのは8月21日以来で、病床のひっ迫具合や感染状況など県が独自に定めた3つの指標はいずれも注意報レベルになっている。

県の感染拡大警報は今月24日までだが、県はシルバーウィーク明けもマスクの着用や手洗いうがいなど、感染予防の徹底を呼びかけている。

福井2020.09.22 14:39

コロナ感染予防を意識したバスの乗り方学ぶ

22日は車を使わない移動を勧めるカーフリーデーで、福井市内のイベントでは家族連れらが感染予防を意識したバスの乗り方などを学んだ。


カーフリーデーは、車を使わずにバスや電車などの公共交通や自転車での移動を勧める世界的な動き。

福井市の田原町駅広場では、カーフリーデーふくい実行委員会などがイベントを開いた。

このうち、バスの乗り方教室では、家族連れが停車ボタンを押したり運転席に座って楽しんだほか、乗車口で手を消毒してからバスに乗り込むなど新型コロナウイルスの感染予防策を実践していた。

福井2020.09.22 13:47

全国大会目指し KNB杯学童サッカー開幕

 第51回KNB杯県学童クラブサッカー大会の開会式が22日、富山市で行われました。全国大会出場をかけて来月3日から試合が始まります。

 県総合運動公園で行われた開会式には、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、チームのキャプテンだけが出席し、去年優勝したGRANZAS FCの中野蓮斗選手が宣誓しました。

「サッカーができる当たり前の日常の大切さを深く感じることができたこの数か月。僕たちは今この大会が行われる喜びを感謝に変えなけらばなりません」

 大会には69チームが参加し、来月3日からトーナメント戦で優勝を争います。

 優勝チームは全日本U―12サッカー選手権大会に出場します。

 決勝戦の様子は、11月23日の午後3時55分からKNBテレビで放送します。

富山2020.09.22 12:08

4連休最終日 各地で賑わう

 県内の観光地や行楽地は、4連休最終日の22日も観光客などが訪れてにぎわっています。

 このうち氷見市のひみ番屋街では、朝から駐車場に県外ナンバーの車が停まり、家族連れなどが訪れて、朝水揚げされた新鮮な魚介類や海産物、すしなどを買い求めていました。

 京都の男性
「めいっぱい遊んでいこうと思う」

 埼玉の親子
「GoTo(トラベル)キャンペーンを使って」「楽しかった」

 ひみ番屋街の管理事務所によりますと、この4連休は20日と21日が人のにぎわいのピークで、1日あたりに訪れた人は7000人と、去年の9月の連休の時の1.4倍になっているということです。

富山2020.09.22 11:55

秋の彼岸の中日 家族連れらが墓参り

秋の彼岸の中日を迎え、県内各地の墓地には家族連れらが墓参りに訪れ、マスク姿で手を合わせ先祖を供養していた。(9月22日)


このうち福井市の足羽山の西墓地では、午前中から墓参りをする家族連れの姿がみられた。

多くの人はマスク姿で、のびた雑草を刈ったり、墓を丁寧に磨いた後に、花や線香を供えて手を合わせ先祖を供養していた。

墓参りをした男性は「なるべく県外に行かないようにということもあって墓参りにきた」と話していた。

コロナ禍のなか、訪れた人たちは先祖に近況を伝えるだけでなく、家族の健康や一日も早い終息を祈っていた。

福井2020.09.22 10:56

秋晴れの空 ソバの花揺れる

21日の県内は晴れ間が広がり、過ごしやすい1日でした。砺波市の山あいではソバの花が見ごろを迎えています。


 青空を背景に可憐に咲く白い花。砺波市増山の山あいに広がるソバ畑です。近くに住む宮野健一さんが育てているもので、今月中旬から咲き始め、いま見ごろを迎えています。
 21日の県内は晴れ間が広がり、日中の最高気温は富山市で26.1度、高岡市伏木で25.8度などほぼ平年並みで、この時期らしい過ごしやすい1日でした。
 ソバ畑を訪れた人は、空と秋風に揺れる白い花のコントラストを楽しみながら、カメラに収めていました。
 このソバの花、見ごろは今月いっぱいまで続き、来月中旬には新そば作りに向けて、実の収穫が始まるということです。

富山2020.09.21 19:22

新型コロナ新規感染者 県内3日連続ゼロ

 新型コロナウイルスの県内での新たな感染者は21日、確認されていません。新規感染者ゼロは3日連続で、「富山アラート」が解除された19日以降、出ていません。


 県内の新規感染者は、県の感染拡大予防警報=「富山アラート」が解除された19日以降出ておらず、感染者数は410人のままです。また入院患者の数は20日時点で5人と、19日から1人減り、重症者はいません。
 県内の新規感染者はこの1週間で2人確認されていて、県が外出自粛や休業要請を判断する5つの指標は、今月6日以降すべて基準を下回っています。

富山2020.09.21 19:17

知事選告示前の連休 各陣営も活動に熱

 富山県知事選挙の告示まであと2週間余りとなりました。
 これまでに立候補の意思を表明しているのは、現職の石井隆一さん(74)、新人の新田八朗さん(62)、同じく新人の川渕映子さん(70)の3人です。
 告示を前にしたこの連休中、各陣営はそれぞれに支持獲得へ活動を活発化させ、訴えも熱を帯びています。


石井さん「なんとしても多くの県民の皆様のご支持を賜って、この戦いに勝ちぬいて」「県民の皆様のお幸せの基盤づくりをしっかりと構築する、そのことに全身全霊をあげて取り組んでまいりたい」

 19日午前、現職の石井隆一さん(74)の姿は富山市太郎丸のスーパーマーケットにありました。陣営は「活動量が不足している」との危機感から、現職知事としては”異例の”街頭活動となりました。
 実はここは、新人の新田八朗さんの後援会事務所の目と鼻の先。石井さんが到着する直前には新田陣営の街宣車が通過し…。街頭活動中には支援者らが様子を見に来る一幕も…。

石井さん「連休中にはいろんな公務がある。それはおろそかにできないが、その合間を縫ってできるだけ多くの県民の皆様に直接私の考えを訴えさせていただいたり、いろんなご意見を聞かせていただければと思っています」

 22日までの4連休は推薦する自民党県連が主体となり、4期16年の実績や新型コロナ対策など、「現職の強み」をアピールし支持を訴える戦略です。
 また、富山1区選出の田畑裕明衆議院議員も弁士として参加しました。

田畑議員「富山県政においても政策の継続性、また安心した地域社会づくりのためにも、石井知事のこの16年の実績を踏まえた県政運営が期待される」
奥野県議「これまでやってきた政策、これからやっていく政策を、具体的に皆さんに伝えていくと。この1つに尽きるのではないかと思っている」

 石井さん陣営は22日もスーパーマーケットの店頭などで街頭活動を行う予定です。


 新人の新田八朗さん(62)が活動場所に選んだのも同じスーパーのチェーン店。19日は富山市内の3店舗で買い物客に声をかけ、支持を呼びかけました。お盆にも同じような形で活動し、手応えを感じています。

庄司県議「いよいよ本日より、ワンチームとやまに合流して新田さんの応援をはじめております」

 新田さん支持を表明し、今月会派に離脱届を提出した自民党の庄司昌弘県議も加わり、富山市の市議3人とともに支持を呼びかけます。家族連れや高齢者など幅広い有権者に訴えかけ、掲げる政策の浸透と、現職の石井さんに比べて劣るとみられる知名度の向上を図りたい考えです。
 また夕方からは、以前から支持を表明している富山市の森市長の地元・呉羽地区でミニ集会を開きました。応援弁士として立った森市長は、自民党の総裁選で行われた県内党員対象の予備投票が、知事選の推薦候補を決める際に実施されなかったとして、県連の対応を批判するとともに、県政の刷新を訴えました。

森市長「4年間足踏みするわけにはいかない。今からリセットして新しい県政を作っていくことが何よりも大事です。これが子どもたちや将来の孫につながっていきます」

 新田さんもこれに応え、経営者出身であることを生かし、行政に民間の発想を取り入れるとする自身の主張を訴えました。

新田さん「変化の中でも挑戦をしながら、自らをうまく変えながら、そして乗り切っていく。これが民間のやり方。地域を経営するという発想、これが地方の時代、格差がつくかもしれない時代には、必要になってきます」

 陣営は22日もミニ集会などで支持を訴える予定です。


 先行する2人に遅れて先月31日に立候補を表明した新人の川渕映子さん(70)は、追い上げに向けて勢いを強めています。19日開いた集会には、「応援」を表明している共産党の県議と市議など、支援者およそ100人が集まりました。
 集会では、ゆかりのある市民団体の代表者など10人が激励の言葉を贈ります。

富山YMCA福祉会 島田茂理事長「川渕さんと活動すると明るくなれる、そのパワーです。こういう明るいパワーを県政に生かす。みんなが変わる」
高教組 中山洋一委員長「子どもたちと学校は今でも大変な状況になってます。休校の措置は非常に速かったが、サポートは遅い。上(国)ばかり見ているような冷たい県政から、子どもたち県民一人ひとりの現状と気持ちに寄り添う、そういう県政に変えてほしい」

 川渕さんも声援に応えてマイクを握ります。

川渕さん「しっかり地域を再生し、それから市町村としっかり話をしながら、ここには何が必要か、この手当はどへどう回すか、私たちの生活のところに思案を、お金を入れるように、私はやっていきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします」

 一方、今月14日に川渕さんを「応援」することを決めた社民党県連は、すでに個別の街頭活動で支持の呼びかけを始めているということです。
 陣営は市民団体などを通じて、女性層や保守層への訴えを図り、勢力拡大に努めたいとしています。



 任期満了に伴う富山県知事選挙は、来月8日告示、25日投票です。

富山2020.09.21 19:15

若き才能は富山市出身 気鋭カメラマンの初監督作品上映

 こちらは富山市出身の若手カメラマン・今村圭佑さんです。これまでに、数々の映画でカメラマンを務めたほか、最近では人気アーティストの米津玄師さんのミュージックビデオなどを手掛けています。
 この今村さんがこのほど、初めて監督を務めた映画作品が、21日から富山市で上映されています。今村監督に映画への思いを聞きました。


今村監督「カメラマンとしての自分がやる監督作というのをしっかり出せればいいなと思いました」

 21日から富山市で上映が始まった映画「燕 Yan」。日本と台湾を舞台に、離れ離れになった家族がそれぞれに苦しく切ない感情を抱えてもがき成長する姿を、印象的な映像と音楽に乗せて描いています
 制作したのは、富山市八尾町出身の今村圭佑監督。これまでカメラマンとして、日本アカデミー賞の最優秀作品賞を受賞した作品「新聞記者」や、再生回数6億回を突破した米津玄師さんの「Lemon」のMVの撮影を手掛けてきました。「燕 Yan」は今村さんの長編映画デビュー作です。

今村監督「あんまりないんですよカメラマンが監督をするってことは。自分の中で可能性を広げるっていう意味でやってみたいなっていう思いがあったのと、今回の主人公の燕の感情とか映画のストーリーがその時の自分の中にあったものと重なるところがあって、ボーダーを越えようとか、アイデンティティに悩んでいるとか、そういうところに共感したっていうところは大きかったです」

 今村監督が映画に興味を持ったのは高校時代。富山市の街なかにあった小さな映画館がきっかけだったといいます。

今村監督「昔は総曲輪通りのフォアモーストっていう古着屋の上に映画館があってそこに映画をよく見に行ってたんですよ。ミニシアターみたいな。映画を作りたいなっていうのがあって大学を日本大学の芸術学部に映画学科ってあるんですけど、そこを受験して、カメラマンになる勉強をして…」

 21日が32歳の誕生日という今村監督。主演の水間ロンさんとともに臨んだ上映後の舞台あいさつでは、ケーキが出るサプライズが用意されていました。

主演・水間ロンさん「きのう富山に来て新湊に行って、そこで海鮮を食べました。めちゃめちゃ美味しかったです」
今村監督「富山県で映画撮りたいなっていう気持ちはすごいあります」

 故郷・富山での初上映。重ねるのは、かつての自分の姿です

今村監督「この映画ができたときに富山県で上映したいっていうのがすごい強く思っていたので、そういうふうに叶ったことはすごい嬉しいですし、ここでそういう映画を見て映画の道に進みたいって思う人たちとかも出てくるだろうし自分の仲間が増えることはすごく嬉しく思っています」

 映画「燕 Yan」は21日から25日まで、富山市のほとり座で上映されています。


 今村監督初作品の映画「燕 Yan」ですが、来月24日からは高岡市でも上映が決まっているということです。これからのますますの活躍に期待します。

富山2020.09.21 18:58

高速バス利用促進イベント 換気システムなど実演

 新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいる高速バスの利用促進を図ろうと、県内のバス会社が合同で21日、イベントを開きました。


 このイベントは、高岡市のイルカ交通など県内のバス会社3社が、ことし8月に運行を始めた高岡市と岐阜県高山市を結ぶ高速バスの利用促進などを目的に行いました。
 会場では、新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいる需要の回復に向けて、大型バスは密閉空間というマイナスイメージを払しょくしようと、ある実験が公開されました。

「シュー」

 車内に充満させたのは煙です。そして…。

「換気システムを作動します」

 およそ1分30秒で、車内から煙はなくなりました。大型バスは常に空気を入れ替えながら運行していることを分かってもらうのが狙いでした。

体験した親子「実際見たら1分半ぐらいですごかった」「早かったね」「想像以上に早くきれいになったのですごくびっくりした。あれだけちゃんと換気しているなら、安心だと思った」

 またイベントでは、運転席に座る体験もでき、子どもたちは運転手になりきって写真をとるなどして楽しんでいました。

富山2020.09.21 18:57

秋の県高校野球 高岡商業と新湊が決勝進出

 秋の県高校野球大会は21日、準決勝2試合が行われ、高岡商業と新湊がそれぞれ決勝進出を決めました。


 準決勝第1試合は連合チームとして初の北信越出場を決めた富山北部・水橋と、高岡商業が対戦しました。
 高岡商業は初回、1年生4番バッターの近藤のタイムリーなどで2点を先制します。

 さらに2回、県内屈指の好打者・石黒。
 左中間を深々とやぶるタイムリー3ベースヒット。
 高岡商業が序盤から試合の主導権を握ります。

 追いつきたい富山北部・水橋は6回、1年生の長岡のタイムリーで1点を返します。

 しかし、そのあとも追加点を挙げた高岡商業が6対1で富山北部・水橋に勝ち、決勝進出を決めました。


 準決勝第2試合は富山商業と新湊が対戦しました。
 新湊は2回に9番・釣谷がホームラン。
 さらに中盤にも得点を重ね、7回まで15安打で9対3と大きくリードを広げます。

 富山商業は今大会初登板のエース岩城がマウンドへ。3イニングを投げ7つの三振を奪う好投を見せます。

 6点を追う富山商業は8回、満塁のチャンスに好投の岩城。
 左中間を破る走者一掃のタイムリー2ベースで3点差に詰め寄ります。

 富山商業は最終回にも1点を追加し、一打同点のチャンスを作ります。
 しかし最後は新湊のエース津田が最後のバッターを三振に打ち取り、ゲームセット。9対7で新湊が逃げ切り、決勝進出を決めました。
 決勝戦は今月26日に県営富山野球場で高岡商業と新湊が対戦します。


 準決勝を戦った4チームは、来月10日から県内で行われる北信越大会に出場します。

富山2020.09.21 18:57

富山グラウジーズ シーズン開幕へ最終調整

 プロバスケットボールBリーグ1部の富山グラウジーズは、シーズン開幕前最後のホームでのプレシーズンゲームに臨みました。


 来月3日のシーズン開幕を前に、最終調整に入っている富山グラウジーズ。外国人選手がまだチームに合流していないなか、今月21日、ホームにB2のファイティングイーグルス名古屋を迎え、最後のプレシーズンゲームに臨みました。

 開始早々からグラウジーズは、新加入の選手と若手が試合を引っ張ります。前半には新加入の岡田が切り込んで、宇都へのアシスト。
 さらに日本代表候補の橋本がスリーポイントを決めます。
 そして後半には、昨シーズン特別指定選手だった松脇が活躍します。
 スリーポイントラインのさらに後方からシュートを決めると、相手の厳しいマークをかいくぐり連続のスリーポイントシュート。
 さらには鋭いドライブから、相手のファールをもらいながらシュートを決め、バスケットカウント。短い出場時間ながら14得点の活躍を見せます。
 チームは惜しくも敗れましたが、シーズン開幕へ弾みをつけました。

宇都直輝選手「ホームでプレーできて良かった、富山のファンは熱いので」
前田悟選手「得点を取るのが自分の仕事なので、がんばります」

 富山グラウジーズの今シーズン開幕戦は来月3日、アウェーで京都と対戦します。
 ホーム開幕戦は来月10日で、北海道を迎えます。

富山2020.09.21 18:56

高岡市の公共施設再編 2年間で効果4億7000万円

 高岡市が進める公共施設再編で、昨年度までの2年間の削減効果が4億7000万円にのぼることがわかりました。


 高岡市によりますと、計画策定から昨年度までの2年間で、市内の公共施設は42か所が削減されました。この削減により、光熱費や人件費などの支出を総額4億7000万円減らすことができたということです。
 高岡市は、およそ40億円の構造的な財源不足に対する健全化が喫緊の課題で、市の再編計画では、15年後の2035年度に、2017年度末に比べて施設の更新費用を220億円余り、施設管理費を年間10億8000万円、削減できるとみています。

富山2020.09.21 18:56

新型コロナ13日連続で新たな感染なし

県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は、13日連続で確認されなかった。
県は引き続き、シルバーウィーク中に感染拡大地域との往来を慎重に判断するよう呼び掛けている。(9月21日)


県によると、20日は11件のPCR検査を行ったが全て陰性で、県内では13日連続で新たな感染者が確認されなかった。

検査数の11件は、第2波で初めて感染者が確認された7月12日の3件に次ぐ少なさで、県は第2波が落ち着きつつあるとしている。

県内では今月24日まで感染拡大警報が出されており、県はマスクの着用や感染拡大地域との往来を慎重に判断するよう呼び掛けている。

福井2020.09.21 18:27

全国高校サッカー選手権の県大会が開幕

全国高校サッカー選手権の県大会が開幕し、感染予防で観客の声援が無い中でも選手たちが熱いプレーを見せている。(9月21日)


このうち丸岡スポーツランドでは、1回戦の8試合があった。

大会では感染対策として、どの会場でも出入口にアルコール消毒液を置き観客はマスクをして拍手のみの応援。

28校が頂点を目指す全国高校サッカー選手権の県大会決勝は、11月8日で舞台はテクノポート福井スタジアム。

福井2020.09.21 15:42

県内の100歳以上の高齢者数は過去最多

県内の100歳以上の高齢者の数は過去最多の637人で、最高齢は女性が108歳、男性が106歳。(9月21日)


調査は今年9月1日時点のもので、県内の100歳以上の高齢者は合わせて637人で、男女別にみると男性は88人、女性が549人。

また、人口10万人当たりの100歳以上の数は82.94人で、全国で20位となっている。

福井2020.09.21 12:48

県内の100歳以上高齢者 統計開始以来最多に

21日は敬老の日。
県内の100歳以上のお年寄りは今月15日時点で892人で、統計開始以来最も多くなっています。

厚生労働省のまとめによりますと富山県内の100歳以上の高齢者の数は9月15日時点で892人で、去年から84人増え、統計開始以来最も多くなりました。

男女別では男性が12人増えて114人、女性が72人増えて778人で、女性が9割近くを占めています。

県内の最高齢は住所や氏名などが非公表の女性で108歳、男性の最高齢は射水市の市井外次郎さんで大正元年生まれの107歳でした。

また、北陸3県の比較では総数は石川県が一番多かったものの、人口10万人当たりの人数では富山県が85.44人と石川県や福井県を上回っています。

富山2020.09.21 12:12

秋の全国交通安全運動はじまる 県内でも出発式

秋の全国交通安全運動が始まり、県内でも県警察本部のパトロールなどの出発式が行われました。

運転免許センターで行われた出発式では、県警の長森雅明交通部長が「これからの時期は、夕暮れから夜間に事故が増える傾向にある。交通安全意識の向上に努めてもらいたい」と呼びかけました。

また、交通安全きらめき大使で県出身の女子高校生モデル・仲俣由菜さんが「反射材の着用を呼びかけたい」と意気込みを語りました。

ことしにはいってからの県内の交通事故による死者はこれまでに22人で、このうち19人が65歳以上のお年寄りです。

秋の全国交通安全運動は、今月30日までの10日間です。

富山2020.09.21 12:12

秋の食卓を彩るギンナンの収穫

爽やかな秋晴れのもと、永平寺町では秋の食卓を彩るギンナンの収穫が始まっている。(9月21日)


永平寺松岡志比堺ある河合康二さんの農園では、丸みを帯び光沢のある黄色に色づいたギンナンが実っており、けさも農家の人が脚立やはしごを木に立て収穫していた。

今年は梅雨の長雨の影響が心配されたが、その後天候が回復し例年通りの6トンの収穫量を見込んでいる。

収穫したギンナンは、果肉をむいて専用の乾燥機で12時間乾燥させたあと、21日から県内をはじめ東京や大阪の市場に出荷される。

福井2020.09.21 11:42

元世界のトップランナー招いて陸上教室

 富山市で20日、マラソンの元日本代表選手やオリンピックの銀メダリストを招いた陸上教室が行われました。

 このイベントは、小学生から一般を対象にしたランニング教室
「Luxe(リュクス)ランニングクラブ」の運営開始を記念して行われ、午前と午後の部あわせて250人が参加しました。

 午後の部には、リュクスランニングクラブのテクニカルディレクターでコーチを務める、大南博美さん・敬美さんのほか、
1991年の世界選手権の男子マラソンで優勝した元日本代表の谷口浩美さん、シドニーオリンピック男子マラソンで銀メダルを獲得した、ケニア出身のエリック・ワイナイナさんがゲストで招かれ、
トークショーやランニングクリニックが行われました。

 参加者は、世界の元トップランナーといっしょに走るなど、貴重な時間を過ごしていました。

富山2020.09.20 17:52

新型コロナで1人死亡 新規感染者はなし

県内で新型コロナウイルスに感染し、入院していた患者が1人死亡した。
一方、新たな感染者は12日連続で確認されず、県はシルバーウィーク期間も感染予防の徹底を呼びかけている。


県によると死亡したのは80代の女性。

これで7月以降の第2波で亡くなった人は2人となり、県内で亡くなった感染者の累計は10人となった。

現在入院している人は3人減って12人で、このうち2人が重症。

一方、19日は県内で14件のPCR検査が行われたがすべて陰性で、新たな感染者は12日連続で確認されなかった。

県では今月24日まで感染拡大警報を発令して、このシルバーウィーク期間中もマスクの着用など感染予防の徹底を呼びかけている。

福井2020.09.20 16:36

NPOあわすの 存続に向けた提案を可決

 解散の方針を決めていたあわすのスキー場を運営するNPO法人は、20日、臨時総会を開き、存続に向けて活動していくことを決め、今シーズンからの営業を目指すことになりました。

 あわすのスキー場は、運営する「NPOあわすの」が、近年の暖冬の影響で経営が苦しく、負債総額が約3000万円に膨らんだことなどから、ことし6月、会員の賛成多数で解散の方針を決めていました。

 しかしその後、先月にかけて債権者から負債の減額など新たな提案があったことや、「存続を目指す有志の活動」が活発になって、NPOの経営に必要な専門スタッフのめどが立ったことなどから、存続の可能性が高まりました。

 20日に開かれた臨時総会では、出席会員の拍手をもって
「NPOあわすの」の存続に向けた提案が可決されました。

 また、8人いた理事のうち6人が入れ替わり、新しいメンバーで
再建していくということです。

 柿谷朔郎新理事長は、「準備を滞りなく進めてシーズンを迎えたい」と話しました。

富山2020.09.20 15:08

富山市でワンデージャックフェスタ

 新型コロナウイルスの影響で消費が大きく落ち込んだ市内の農林水産物の販促イベント「ワンデージャックフェスタ」が20日、富山市で開かれています。

 このイベントは、市内の農林水産物の販促や地域経済の活性化を目的に開かれ、旬の野菜や果物が販売されています。

 イベントは公共交通機関を使って移動してもらおうと、岩瀬カナル会館、富山駅、大手モール、ウエストプラザ、グランドプラザ
の、路面電車沿線の市内5会場で行われています(各会場で花束購入かワークショップ参加で市内電車1日乗り放題に)。

 岩瀬カナル会館では、岩瀬漁港を代表するシロエビをはじめ新鮮な魚介類などを販売する朝市が開かれ、多くの人でにぎわっています。

 岩瀬会場は午後3時まで、そのほかの会場は午後4時まで行われています。

富山2020.09.20 13:23

住民がコミュニティの再生に取り組む

 砺波市の栴檀野地区では、地域の将来を考えている住民が、コミュニティの再生に取り組んでいます。

 砺波市の栴檀野地区では、去年、せんだんの未来会議を立ち上げて、幅広い世代の住民がワークショップに参加し、住んでいる地域の将来について意見を交わしました。

 そして、将来にわたって住んでいて良かったと思える地域をめざすという目標のもと、その第一弾として今年3月に閉園した地区の幼稚園をコミュニティの拠点として再生し、カフェなどを整えて住民が集える空間にするということです。

 せんだんの未来会議は、まちづくり計画をまとめていて、空き家を活用した直売所や居酒屋のオープンや、緑化保全活動のサポートなどがあるということです。

富山2020.09.20 12:39

マスク外して自然を満喫 キャンプ場が人気

坂井市丸岡町のキャンプ場には多くの家族連れが訪れていて、21日まで予約がいっぱいの人気ぶりとなっている。(9月20日)


坂井市丸岡町のキャンプ場のたけくらべ広場には、20日午前中から多くの家族連れが訪れ、マスクを外して自然を満喫していた。

ここでは感染対策として、来場者の上限を通常の3分の2に減らして営業をしているが、20日は50組ほどのテントが並んだ。

子供とキャンプをしていた母親は「なかなか県外にもいけないし、人ごみを避けてと思うと解放感のあるところがいいと思って来た」と話していた。

なお、このキャンプ場では4連休のうち21日までは、既に予約がいっぱいとなっている。

福井2020.09.20 11:26

「一筆啓上日本一短い手紙の館」で特別展

坂井市丸岡町の「一筆啓上日本一短い手紙の館」で、開館5周年の特別展が開催されていて、戦国時代の貴重な資料を見ることができる。(9月20日)


展示では戦国時代の長篠の合戦をテーマにした資料のほか、鉄砲が伝来した当時の火縄銃などおよそ50点を展示している。

会場を訪れた男性は「初めてここにきたが、興味のある展示が多く、もっと勉強して来たい」と話していた。

特別展は11月10日まで開かれている。

福井2020.09.20 11:13

新規感染者なし 引き続き感染予防の徹底を

 県内では19日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されませんでした。

 県は、19日午後開いた会見で19日の午前中までに新たな感染者が確認されなかったことを明らかにしました。

 また18日に感染が確認された東京都に住む20代の女性会社員は、今月12日から新幹線を使って県内の親族の家に来ていて、おととい東京にいる家族の感染が確認されたことから検査を受け、18日に感染が判明しました。

 この女性会社員はほとんど外出しておらず、県は親族8人を濃厚接触者として検査を行っていて、このうち2人が咽頭痛や37度台の熱があるとしています。

 県内の感染者は、累計で410人となっていて現在、入院中の患者は6人、重症者はいません。

 また県は、新たな感染者の数が落ち着き19日から感染拡大予防警報「富山アラート」を解除していますが、引き続き感染予防策の徹底を呼びかけています。

富山2020.09.19 18:31

秋の4連休スタート 各地イベントで賑わう

新型コロナウイルスによる県の感染拡大警報が続く中、秋の4連休がスタートし、県内では感染症対策を意識しながらイベントを楽しむ人たちの姿が目立った。(9月19日)


このうちJR福井駅西口のハピテラスでは、県内の有名店の肉料理などが味わえる4日間限定のイベントが始まった。

入口での検温や消毒が徹底された会場では、焼き立てのステーキや肉寿司を目当てに、多くの家族連れらでにぎわった。

訪れた人たちは「マスクをして、必ず手を消毒して、できることはちゃんとする」「県外(観光)はまだ心配。嶺南地方だと県内なので比較的子どもも安心して連れていけるかな」などと話し、感染予防と向き合いながらの4連休スタートとなった。

なお、県内の新型コロナウイルスの新たな感染者は、11日連続で確認されなかった。

福井2020.09.19 17:44

腰まで育った「いちほまれ」の稲刈り体験

来週から販売が始まる県のブランド米、いちほまれの稲刈りがピークを迎えていて、福井市では親子連れらが4連休初日を利用して稲の刈り取りを体験した。(9月19日)


県のブランド米、いちほまれが刈り取りのピークを迎える中、福井市の農業試験場で開かれた稲刈り体験には、親子連れら80人が参加した。

参加者たちは鎌を使って、腰の位置までに育った稲の刈り取りからはさがけまで行った。

稲刈りを体験した子どもたちからは「結構難しかったけど楽しかった」「機械だとすぐできるのに、手作業だったらこんなに手間がかかるのがびっくりした」といった声が聞かれた。

刈り取った稲は後日参加者に郵送でプレゼントされるという。

なお、いちほまれの販売は、県内では今月26日から食品スーパーなどで始まる。

福井2020.09.19 17:34

富山アラート解除 4連休初日 行楽日和に

 新型コロナウイルスの感染拡大予防警報=「富山アラート」が解除された4連休初日の19日、県内は各地で晴れ間広がり行楽日和となりました。

 県内では新型コロナウイルスの感染が落ち着いていることから、県は4連休の初日の19日から感染拡大予防警報=「富山アラート」を解除しています。

 19日の県内は高気圧に覆われ、青空が広がって行楽日和となり、富山市の富岩運河環水公園では訪れた家族連れなどが芝生で遊ぶなど思い思いの時間を過ごしていました。

 県内の日中の最高気温は、富山市で28.2度、高岡市伏木で27.3度などと9月上旬並みの陽気となりました。

 このあと夜は曇りで、20日の日中は晴れ間がありますが、夜は雨の降るところがある見込みです。

富山2020.09.19 17:00

世界の「しま模様」集まる 若狭町で特別展

若狭町の年縞博物館と若狭三方縄文博物館で特別展が始まり、恐竜を絶滅させたとされる隕石が落下した時の地層など、世界中の「しま模様」から地球46億年の歴史を紐解くことができる。(9月19日)


このうち年縞博物館では「縞模様でわかる地球の歴史」と題して、海外や日本で採取された地層や岩石など合わせて29点を展示している。

見どころの一つである、デンマークで採取された6600万年前のK-Pg境界層と呼ばれる黒い地層には、隕石に多く含まれる金属イリジウムが確認されていることから、恐竜の絶滅には隕石の落下が原因だったと読み解くことができるという。

なお、若狭三方縄文博物館では、縄文土器などを中心にしま模様の道具や装飾品など56点が展示されている。

太古のロマンを感じることができる特別展は、11月23日まで開かれている。

福井2020.09.19 12:03

富山県美術館 収蔵作品のベスト版の企画展

 富山市の富山県美術館では、収蔵する作品を過去最大規模で展示する企画展が19日始まりました。

 富山県美術館で始まったのは、「TADのベスト版 コレクション+ あなたならどう見る」展で、19日は企画展の開会式が行われました。

 この企画展は富山県美術館の収蔵作品から代表的な150作品を過去最大規模で展示しています。

 見どころのひとつは県美術館が収蔵するピカソの作品、絵画作品4点・版画3点の7作品すべての同時展示です。

 このほか県内出身の作家・山内マリコさんなど、4人のゲストが県美術館の作品から選んで展示するコーナーが設けられ、初日から多くの人が訪れていました。

 この企画展は、11月3日まで富山県美術館で開かれています。

富山2020.09.19 11:51

魚津市 車にはねられ68歳男性死亡

 18日夜、魚津市の県道で68歳の男性が車にはねられ19日未明、死亡しました。

 魚津警察署によりますと、18日午後8時55分ごろ、魚津市六郎丸の県道で近くの会計年度任用職員 井口勝義さん(68)が普通乗用車にはねられました。

 井口さんは、意識がない状態で富山労災病院に運ばれ、頭の骨を折るなどしていて、およそ4時間30分後に脳挫傷で死亡しました。

 現場は、富山労災病院のすぐ近くの片側1車線の直線道路で、井口さんは、海側から山側に向かって歩いていたところ、後ろからはねられたということです。

 警察は、普通乗用車を運転していた魚津市の39歳の男性会社員に話を聞くなどして事故の原因を調べています。

富山2020.09.19 11:50

学生の就職活動 面談が復活

 学生の就職に向けた企業説明会は新型コロナウイルスの感染拡大以降、面談での開催が行われない状態が続いていました。しかしこのところ感染が落ち着いてきたことなどにともない、18日富山市で県が主催した企業説明会では学生と企業の面談が再開されされました。

 18日富山市で開かれた県主催の企業説明会です。例年だと、学生と企業の面談による説明会は3月から開かれていますが、新型コロナウイルスの影響で中止となっていたため、今年初めての開催です。県内企業30社がブースを構え、来年春卒業予定の大学生などが集まりました。

 県人材活躍推進センター 島田和夫所長
「当初予想より(参加者が)大幅に上回ったものですからちょっと混乱しました」

 去年の同じ時期に行われた説明会の参加はおよそ30人でしたが、18日は100人を超える学生が訪れました。新型コロナウイルスによる就職活動の遅れが影響しているとみられます。

 これまでオンラインでの説明会などに臨んでいた学生たちと企業、それぞれ直接の面談の感想は…

 県外の大学生
「企業の方のお話が聞けるので内容が入ってきやすい」

 参加した企業
「思ったより沢山来ていただいたことにびっくりしました。ネットだけだとあまり会社説明会にまでに至らない学生もアピールできたのがよかった」

 18日の説明会は直接の面談に加えて県外にいる学生に向けてオンラインでも同時に行いました。県は12月中旬にも対面での企業説明会を開くことにしています。

富山2020.09.18 19:06

GoToEat 飲食店から問い合わせ多数

 新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店への対策として農林水産省が実施する「Go To Eatキャンペーン」で、食事券が利用できる飲食店の募集が始まっています。県内の事務局には、これまでにおよそ250件の問い合わせがあり、関心の高さを示しています。

 Go To Eatキャンペーンは新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店と食材を供給する農林漁業者を支援しようと、国が取り組んでいます。このキャンペーンの食事券を使える飲食店の募集は、県内でも今月15日から始まりました。

 登録には、店内の感染予防対策が必要です。県内での事業を受託した事務局によりますと、18日夕方までの登録店はおよそ100店、問い合わせは250件に上っていて関心が高いことが分かります。

 食事券は、1000円券10枚で1冊1万円分を8000円で販売し、利用客にとっては25%のプレミアムが上乗せされます。県内の発行は100万冊で経済効果は100億円にのぼるとしています。

 食事券は、県内では来月26日から各地の郵便局で販売する予定で、使用の有効期限は来年3月末までです。

 「Go To Eat」ではこのほか、特定のサイトで飲食店を予約すると昼食で500円、夕食で1000円分のポイントを付与する事業も行われます。

富山2020.09.18 19:01

新たな感染者1人 4連休の感染対策を

 県内では18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認されましたが、県は「富山アラート」の解除は予定通り、19日に行うとしています。

 新たに感染が確認されたのは東京都在住の20代女性で、県内で検査を受けて陽性とわかりました。

 一方、17日感染が確認された高岡市に住む30代の女性について、県は濃厚接触者はいないとしたうえで感染経路は不明だとしました。

 また、パート職員の感染が確認されている常願寺ハイツスポーツ公園のプールの利用者38人は検査の結果、全員が陰性でした。

 新規の感染者はでましたが、県は、感染拡大予防警報の「富山アラート」の解除は予定通り、4連休初日の19日に行うことにしています。

 一方で感染経路不明の患者がいることなどから、感染対策の徹底や、感染者が多く出ている地域などへの移動は慎重に判断するよう呼びかけています。

 県内の感染者は410人で、入院または入院の調整中の人は11人です。

富山2020.09.18 18:59

発熱患者の検査 地域の開業医でも可能に

 新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスの感染が同時に流行した場合に備え、県は、発熱した患者の検査実施を、来月をめどに、地域の開業医にまで拡充する考えを示しました。

 これは18日の県議会予算特別委員会で、自民党の永森直人議員の質問に県が答えました。

 現在、発熱など、新型コロナウイルスへの感染が疑われる患者については、地域の指定医療機関が設ける「発熱外来」などで対応しています。しかし、発熱の症状は、冬にかけて流行期を迎えるインフルエンザでもみられることから、厚生労働省は、医療機関の混乱を防ぐため、来月をめどに、発熱患者の受診と検査ができる医療機関に、地域の開業医なども指定するよう都道府県に求めています。

 県は、指定に向けて県医師会などと調整を行っていて、指定された医療機関では、必要に応じて検査や検体の採取ができるよう協議しているということです。

富山2020.09.18 18:58

知事選立候補予定者説明会 計5陣営出席

 来月行われる県知事選挙の立候補予定者に対する事務説明会が、18日富山市で開かれました。既に立候補を表明している3人の陣営の他に、富山市の男性2人が参加しました。

 説明会には知事選へ立候補を予定または検討している陣営が出席しました。

 既に立候補を表明している現職の石井隆一さん(74)、新人の新田八朗さん(62)、同じく新人の川渕映子さん(70)の陣営は、それぞれ出席しました。

 そのほか立候補を検討しているとして、富山市の元県職員 舛田忠治さん(71)と富山市のユーチューバー、堀孝童さん(36)も本人が出席しました。

 取材に対し、舛田さんは今月29日までに立候補するかどうか結論を出したいとし、堀さんは告示日まで検討を続けたいとしました。県知事選挙は来月8日告示、25日投開票です。

富山2020.09.18 18:57

富山第一銀行 健康保険組合 元常務理事を在宅起訴

 富山第一銀行健康保険組合の元常務理事が多額の預金を横領していた事件で、富山地方検察庁は18日、元常務理事を業務上横領の罪で在宅起訴しました。


 在宅起訴されたのは射水市の無職、横山郁夫被告(67)です。

 起訴状などによりますと、横山被告は2011年12月からおととし10月までの間に、常務理事を務めていた富山第一銀行健康保険組合の預金口座から5065万円あまりを横領したとされています。

 富山地方検察庁は、被告の認否を明らかにしていません。

 この事件をめぐっては、組合が元常務理事らを相手取り賠償を求める民事裁判が行われていて、その中で元常務理事は横領を認めています。

富山2020.09.18 18:56

労働組合での着服 賠償請求裁判

 射水市にある企業の労働組合で起きた着服事件で、組合が元執行委員長と元事務員におよそ6000万円の賠償を求めている裁判の第1回口頭弁論が、18日富山地方裁判所高岡支部で開かれました。被告側は、請求の棄却を求め争う姿勢をみせました。

 訴えているのは、射水市の三精工業労働組合です。訴えによりますと、組合の執行委員長だった59歳の男性と事務員だった59歳の女性は、少なくとも2000年9月からおととし8月までの間に、架空の経費を計上するなどして組合の預金から5894万円あまりを横領したとしています。組合は2人に、横領した金を返すよう求めています。

 18日の第1回口頭弁論で被告側は、請求の棄却を求めました。また、原告側に証拠の提出を求め認否は追って明らかにするとしました。次回の裁判は11月17日の予定です。

 被告の2人は、2013年から去年までの間に、組合員から依頼されたように装って共済金をだまし取ったなどとして逮捕・起訴され、元事務員はことし3月に執行猶予付きの判決を受けました。一方、弁護士によると、元執行委員長の刑事裁判は、争点整理中ということでまだ始まっていません。

富山2020.09.18 18:55

夜間の反射材着用は約3割 事故防止に課題

9月に入り日没時間が日に日に早くなる中、夜間の外出の際に反射材を身に付けている高齢者は全体の3割にとどまっていて、県警では反射材の無料配布も含め一層の普及を目指すことにしている。(9月18日)


県警は65歳以上の高齢者を対象に、反射材についてのアンケートを行い、およそ1200人が回答した。

反射材は靴に貼るものやリストバンドなど様々な種類が対象で、「夜間の外出の際に身に付けている」と答えた人は全体の3割にとどまった。

県警によると、今年に入ってから先月末までに4人が夜間の歩行中に事故にあい死亡したが、いずれも反射材を付けていなかった。

また、アンケートでは全体の8割の人が「無料配布があれば着用する」と答えていて、県警では今後反射材の無料配布を含め一層の普及を目指すことにしている。

福井2020.09.18 18:16

コロナで伝統産業もピンチ 県に支援を要請

新型コロナウイルスの影響が伝統工芸にも広がっている。
観光の低迷や商談会の中止などにより、小浜市の若狭塗箸の売り上げが大きく落ち込んでいて、販路確保に必要な支援を県に要望した。(9月18日)

18日は、小浜商工会議所の井田浩志会頭や若狭塗箸共同組合の居関恭典理事長らが県庁を訪れ、販路の確保に必要な支援などを要望した。

若狭塗箸は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う観光客の減少や都市部での商談会の中止などが影響して、売り上げが前年に比べて6割近く落ち込んでいることを受けての要望。

県はGоTоトラベルで利用できる地域クーポン券を使うと、若狭塗箸が安く購入できる仕組みづくりを進め、若狭塗箸の購入を後押ししたいとしている。

福井2020.09.18 16:08

40年超原発 運転再開視野も地元同意課題

全国の原発で初めて運転開始から40年を超えて再稼働を目指す、関西電力の美浜3号機と高浜1号機で安全対策工事が終了。
今後は地元同意のステップに入るが、県はまずは信頼回復が先との考えを示した。(9月18日)


関西電力は18日県に対し、美浜3号機と高浜1号機で40年を超えて運転を継続するために必要な安全対策工事が完了したことを報告した。

こうした対策工事が完了するのは全国で初めてで、関西電力は美浜3号機で来年1月ごろ、高浜1号機で来年3月ごろの再稼働を目指している。

今後は地元同意のステップに入るが、県は信頼回復が最優先との考えを示した。

また、関西電力では幹部らの金品受領問題を受けて組織改革に取り組んでいて、今後は地元同意の手続きに移ることが出来るかどうかが焦点となる。

福井2020.09.18 16:07

県内は18日の夜遅くまで土砂災害に注意

18日の県内は大気の状態が不安定で嶺北を中心に雨の天気となっていて、夜遅くにかけて土砂災害などに注意が必要。


気象台によると、19日の朝までに予想される24時間の降水量は多いところで嶺北で80ミリ、嶺南で60ミリの見込み。

このため嶺北と奥越、それに敦賀と美浜に大雨注意報を出し注意を呼びかけている。

また18日の夜遅くにかけて、土砂災害や低い土地への浸水、さらに河川の増水などに注意が必要。

福井2020.09.18 14:17

17日 コンバインごと転落の男性死亡

 17日午後、富山市の農道で71歳の男性が運転していたコンバインごと田んぼに転落して死亡しました。

 富山西警察署によりますと、17日午後3時10分ごろ、富山市山田中瀬の農道で近くの団体職員 中村進さん(71)が、運転していたコンバインごと田んぼに転落しました。

 一緒に作業していた営農組合の人が119番通報し中村さんは病院に運ばれましたが、およそ40分後、死亡が確認されました。

 現場は、山あいの農道で転落した田んぼまではおよそ5.5メートルの高低差があり、中村さんは横転したコンバインの近くで倒れていたということです。

 中村さんは、営農組合の5人で朝から稲刈りをしていたということで、警察は、死因や転落の原因を調べています。

富山2020.09.18 11:47

黒部市 包丁を持ち徘徊の男 身柄を確保

 18日朝、黒部市で包丁のようなものを持ってうろついている男の目撃通報があり警察は男の身柄を確保しました。

 警察によりますと、18日午前7時30分ごろ、黒部市飯沢で若い男が包丁のようなもを持ってうろついていると、近くを通った女性から110番通報がありました。

 目撃現場は、黒部漁港近くの住宅街で南西におよそ100メートルの場所には生地小学校があり、警察は、付近を警戒しました。

 その後、男から黒部警察署に電話があり警察官が男の自宅に行ったところ、目撃情報と衣服の特徴が一致したことなどから、午前9時45分ごろに男の身柄を確保しました。

 捜査関係者によりますと、男は駐在所に立ち寄った可能性があるということで警察は男から話を聞いています。

富山2020.09.18 11:47

野上農水大臣 輸出拡大などへ意欲

 課題山積の新大臣、初日です。16日発足した菅内閣で、農林水産大臣に就任した参議院の野上浩太郎さんが、農林水産省に初登庁しました。未明に行われた就任会見で、野上大臣は、農産物の輸出拡大など取り組むべき課題への意欲を示しました。

 野上大臣は、農林水産省に初登庁し、江藤前大臣から引き継ぎを受けました。

 これに先立って行われた就任会見で、野上大臣は国内の現状について、次のように述べました。

 野上大臣
「農林漁業者の減少、高齢化などの厳しい状況にあります。またTPPや、EUとのEPA、日米貿易協定などの新たな国際環境に対応し、生産基盤の強化や海外などの新市場の開拓を行っていかなければなりません」

 そのうえで、国内の農林水産業の成長とともに、海外輸出に向けて、販売戦略や規制への対応強化に取り組みたいとしました。

 また、農業の根幹を担うコメ政策については…。

 野上大臣
「主食用米の需要が毎年減少すると見込まれる中、今後も国内の消費拡大ですとか輸出拡大の取り組みを進めつつ、自らの経営判断による需給に応じた生産販売を確実に推進していくことがコメ政策の基本である。これを大前提にどういった対策ができるのか、しっかり検討したい」

 これまでの政策を踏襲する考えを示しました。

 来月からのGo To Eatキャンペーンなど、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ消費の拡大や、豚熱対策など、多くの課題を抱えるなか、野上大臣の手腕がこれから問われます。

富山2020.09.17 19:08

新たに1人感染 アラート解除に影響なし

 新型コロナウイルスの感染者が県内で17日、新たに1人確認されました。新規感染者の発生は7日ぶりで、県は19日に予定している「富山アラート」の解除に、現時点で影響はないとしています。

 感染が確認されたのは高岡市に住む30代の女性で、県は詳細を18日に、明らかにするとしています。県内での新規感染者の確認は、今月10日以来7日ぶりで、これで感染者数は409人、うち入院中の患者は11人です。

 新規感染者の発生を受けて、県は19日に予定している感染拡大予防警報=「富山アラート」の解除について、現時点で判断指標の全項目が基準を下回っているため、影響はないとしています。

富山2020.09.17 19:05

覚醒剤・大麻事件で県内の9人逮捕

 暴力団がらみの薬物事件で逮捕です。覚醒剤や大麻取締法違反などの疑いで、県警察本部は、今月8日に捜査員およそ70人態勢で県内に住む男女9人を逮捕したと17日、発表しました。

 覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反、さらに麻薬特例法違反の疑いで逮捕されたのは、県内に住む20代から60代の男8人、女1人の合わせて9人で、このうち3人はブラジル国籍です。

 調べに対し、全員が容疑を認めているということです。

 県警は、ことし5月以降に覚醒剤取締法違反の疑いなどで逮捕した関西の暴力団組員と関係者合わせて3人を捜査した結果、県内で薬物が多数、譲渡されていることをつかみ、今月8日に一斉捜査して9人を逮捕しました。警察は、薬物の売買が暴力団の資金源になっているとみて全容解明を進めています。

富山2020.09.17 19:05

災害時の燃料電池車活用などで連携

 富山県トヨタグループは17日、富山市と、燃料電池車による電力供給など、災害やまちづくりに関する連携協定を結びました。

 締結式では、富山市の森市長と、富山トヨタ自動車の品川祐一郎社長が、協定書に調印しました。協定は、大地震などの災害発生時に、燃料電池車や電気自動車などを活用して電力を供給することや、水素ステーション・燃料電池を活用した水素社会の実現に向けて協力することなど、8項目です。

 品川社長は、「燃料電池車のMIRAI1台で、一般家庭の1週間分の電力を供給できる。災害時以外でも、環境未来都市を目指して市と協力したい」と述べました。

富山2020.09.17 18:56

県消防学校 第一線へ!初任科生の卒業訓練

 県消防学校で17日、来月から現場の第一線に巣立つ初任科生の卒業訓練が行われ、家族らを前に鍛えた技術を披露しました。

 この訓練は、半年間のカリキュラムを終え、消防士となる初任科生に、最後の試練として行われる消防学校の恒例行事です。ことしは18歳から24歳までの生徒39人が参加し、消防車からホースを伸ばして火に見立てた的に向かって放水したり、建物に渡したロープを伝って素早く移動するなど、日ごろ鍛えた技を披露しました。

 初任科生は今月25日に卒業を迎え、県内の消防署などに配属されます。

富山2020.09.17 18:55

ICT×重機 堤防管理に新技術

 入善町の黒部川で17日、ある新技術の実証試験が行われました。河川の堤防管理に非常に役立つというこの技術、キーワードは「ICTと重機の」融合です。高橋記者のリポートです。

 「黒部川の堤防の法面はこのように石で覆われていて凹凸があります。この凹凸で、草刈りのしにくさがこれまで課題になっていましたが、その課題がこの機械で解決できるかもしれません」

 先端に草刈り機が取り付けられたこのショベルカー。見た目はいびつですが、これが堤防管理を楽にする画期的な新技術なんです。

 南北に7本の河川が走る富山県。黒部川をはじめ、急流河川が多く堤防の表面を石垣で覆う「石張護岸」と呼ばれる工法で補強されています。

 大雨による河川の増水から私たちの生活圏を守る堤防なだけに日々の点検は重要ですが、それを邪魔するのが、石のすき間から生えてくる「雑草」です。国土交通省は年2回護岸の除草を行っていますが、急勾配で凸凹した表面では、ラジコン型の除草機を使うことができません。両岸あわせておよそ31キロある堤防の草刈りを常に人の手で行っていました。

 国土交通省黒部河川事務所 佐々木利幸副所長
「勾配も急で、石なので滑って危ないです」

 そこで考え出されたのがこの「マシンコントロール・バックホウ」です。ショベルカーのアームの先に取り付けた草刈り機で草を刈っていくこの装置。人の手で操作するには熟練の高い技術が必要ですが、ここに登場するのがICT。堤防の角度など必要な情報を入力することで、経験の浅い人でも高い精度の作業を可能にします。

 国土交通省北陸技術事務所 浦澤克己副所長
「ICT活用工事に使われている技術を今回使ってみたんですけど、そこそこ使えるかなという感触はあるが、動きのスムーズさなど課題がある。ツル性の草がはびこっていて、そういったものが巻き付くとういことがある。その辺が課題かなと思っている」

 国土交通省は今後、現場の声を取りまとめて、実用化に向けて、改善を重ねるとしています。

富山2020.09.17 18:54

日本画壇の風雲児 横山操展 18日から

 戦後に活躍した日本画家、横山操の歩みをたどる企画展が、18日から富山市の県水墨美術館で始まります。

 この企画展は、新潟県出身の日本画家、横山操の生誕百年を記念して、県水墨美術館や北日本放送などが開催します。

 横山操は、力強く直線的な筆遣いと豪放かつ繊細な画風で、戦後の日本画壇に新風を巻き起こしました。会場には、初公開の作品も含めた89点が展示されています。

 また横山が、かつて富山市の総曲輪通リを彩った電飾ネオンをデザインしたという、富山とのゆかりも紹介されています。この企画展は、県水墨美術館で、18日から始まります。

富山2020.09.17 18:53

連盟賞 KNBラジオCMと番組が受賞

 ことしの日本民間放送連盟賞の中央審査で、KNB制作のラジオCMが最優秀賞に選ばれました。また報道番組部門では、KNBラジオの番組が優秀賞を受賞しました。

 最優秀賞を受賞したのはKNBが制作した県内のドアセキュリティ会社「リペイル」のCMです。

 このCMは北日本放送が毎年行っている「KNBラジオCMコンテスト」に寄せられた作品をもとに制作し、昔話をモチーフに、最先端技術との対比を生かしたストーリーで、商品特性をしっかり訴求している点などが高く評価されました。

 また、ラジオ報道番組部門では、ことし5月に放送した「KNBラジオドキュメンタリー 拝啓 植松被告様」が優秀賞を受賞しました。相模原障害者施設殺傷事件を音で描き出し、植松死刑囚と面会した八木勝自さんの思いと、社会の闇が伝わってくるなどと評価されました。

富山2020.09.17 18:53

高校生が旬の食材を使って薬膳料理を学ぶ

小浜市の高校生が季節の食材で薬膳料理を作り、しょう油のこうじを使って塩分を控える料理法などを学んだ。(9月17日)


薬膳料理の調理実習を行ったのは、若狭東高校生活創造科の3年生。

塩分を控える薬膳料理の研究開発に取り組む中で、17日は長芋の豆腐ハンバーグやカボチャのサモサ、それにサツマイモの塩こうじポタージュの3品を作った。

塩分を控えるコツとして、しょう油のこうじをを生かしたり、食材の中の塩分を生かす料理法などを学ぶと、生徒たちは早速、調理実習で応用していた。

若狭東高校では11月3日と21日には高校生レストランが開かれ、生徒たちはそれぞれ50食限定で薬膳ランチを提供する予定。

福井2020.09.17 18:48

感染拡大警報と東京への移動自粛を解除へ

新型コロナウイルスの感染状況について、県は「第2波が落ち着きつつある」として、今月24日で感染拡大警報と東京への移動の自粛要請を解除する。(9月17日)


県内では、9日連続で新たな感染者が確認されなかった。

また、17日現在で入院患者は18人で、感染症病床がひっ迫する状況の「注意報レベル」を下回っている。

こうした状況を踏まえ、杉本知事は今月24日で「感染拡大警報」と東京への移動の自粛要請を解除することとした。

県内初の感染者が出て半年を迎える中で、県は今週末の4連休は感染が広がっている県外への移動を慎重に判断することなど注意を呼び掛けている。

福井2020.09.17 18:31

携帯電話のバッテリー拠点にJR福井駅追加

スマートフォンなどの充電用のバッテリーを貸し出す全国展開のサービス拠点に、JR福井駅の観光案内所が新たに加わった。(9月17日)


このサービスは福井市観光協会が始めたもので、都内のモバイルバッテリーを貸し出す企業と連携したもの。

県内では映画館や食品スーパーなど約30か所で既にこのサービスを利用できるが、17日からはJR福井駅西口の観光案内所が新たに加わった。

専用のアプリをダウンロードすることで、申し込みや決済が可能となる仕組みで、借りたバッテリーは日本全国の約1万6000か所のサービス拠点で返却できるとのこと。

観光客から携帯電話の充電場所の問い合わせが増えていたことから始めるこのサービス、レンタル料金は1時間までが150円で、1週間の長期レンタルも可能。

福井2020.09.17 18:18

野上新農水相 農産物輸出拡大に意欲

 16日に発足した新たな内閣で農林水産大臣に就任した野上浩太郎さんが17日未明、就任後初めての記者会見に臨み、農産品の輸出拡大などに取り組む意欲を示しました。

 16日に発足した菅新内閣で野上浩太郎参議院議員は農林水産大臣として初入閣しました。

 野上大臣は17日未明、総理大臣官邸での会見で農林漁業者の減少や海外市場の開拓、新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた食品産業への支援など様々な課題に取り組むと述べました。

 野上大臣「私が先頭に立って、若者が自らの将来を託すことのできる農林水産業・食品産業の実現に全力で取り組んでまいります」

 中でも農林水産物などの輸出については、「政府一体となってあらゆる手段を講じたい」と強調しました。

 野上大臣は17日、農林水産省に初登庁し江藤前大臣から引き継ぎを受けています。

富山2020.09.17 11:56

砺波市庄川町 小学生が鎌で稲刈り体験

 砺波市庄川町で17日、小学生が鎌でイネを刈り、昔ながらのコメづくりを体験しました。

 庄川小学校5年生の32人が総合学習の一環として稲刈りをしました。子どもたちは生産者から足元を安定させ株をしっかり掴んで刈るよう教わって、コシヒカリを収穫しました。

 5年生の児童「コメを一粒一粒大切にして食べていきたい」

 子どもたちは稲刈りのほか、戦後間もない頃まで使われていたという足踏み脱穀機での脱穀やはさがけを体験し、コメづくりや農業についてわからないことを生産者にたずねていました。

富山2020.09.17 11:56

野上浩太郎議員 農水相で初入閣

 16日発足した菅新内閣で、富山県選出の野上浩太郎参議院議員が農林水産大臣として初入閣しました。新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込んだ農林水産物の消費拡大など、様々な課題に取り組むことになります。

 入閣は、午後3時50分ごろ、野上さん本人に電話で伝えられました。

 「野上でございます。はい承知しました、ありがとうございます。やはりあの身が引き締まる思いでありますし」

 野上さんは53歳。2001年の参議院選挙で初当選し、現在3期目です。2016年からの3年間は、安倍内閣で官房副長官を務め、当時の菅官房長官のもと政権の中枢で経験を積みました。閣僚としては今回が初入閣です。

 その後、野上さんは総理大臣官邸へ。

 野上さん
「農林水産分野、極めて重要な分野であるので頑張ってもらいたいと。特に農林水産品の輸出、あるいは農林水産分野の改革等しっかり進めてもらいたいと、こういう話でした。農林水産業というのは、国の基であります。またこの美しい農山漁村、これをしっかり次世代に引き継いでいかないといけません。日本の農林水産業のために全身全霊であたっていきたいと思います」

 野上さんが担当するのは、コメどころ富山にもかかわりが深い農林水産の分野です。前の国会で継続審議となった「種苗法の改正」や、豚熱対策、新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込んだ農林水産物の消費拡大を狙った「GoToイートキャンペーン」など、課題は山積しています。

 JA富山中央会 伊藤孝邦会長
「安倍農政が100点満点だったかというと、100点満点ということは絶対ないと思いますしね。持続可能、そして若い人たちがこぞって就業してくれることを期待できる農業政策の確立をお願いしたい」

 野上さん
「様々な分野重要課題があります。喫緊ではコロナへの対応というものがありますし、そのほかの農林水産業も幅広い分野ありますので1つ1つ丁寧にあたっていきたいと思います」

 県選出議員の大臣就任は、おととしから去年にかけて沖縄・北方担当大臣などを務めた宮腰光寛衆議院議員以来、農林水産大臣は、1945年の松村謙三衆議院議員以来、75年ぶりです。

 「新型コロナの影響で需要が落ち込んでいる農産物の対策など、課題が山積みしている日本の農林水産業政策の、かじ取りを担う野上大臣。ふるさと富山からもその仕事ぶりをつぶさに見ていきたいと思います」

 野上さんは16日夜、農水大臣として初めての記者会見に臨み、17日、江藤前大臣からき継ぎを受けます。

富山2020.09.16 19:18

菅内閣に何求める 県内からの声は

 野上さんが入閣した菅内閣は、16日夕方に発足しました。新型コロナウイルス対策など安倍政権が積み残した課題がある中、新内閣に何を求めるのか、県内の様々な現場で県民に聞きました。

 菅新総理大臣は、安倍政権の政策の継承を掲げています。その安倍政権は、森友学園や加計学園の問題、さらに「桜を見る会」に支援者が多数参加していた問題で政治権力の私物化が問われましたが、説明責任を十分に果たしたとはいえません。

 官房長官として安倍政権の中枢を担っていた菅新総理大臣は、これらの問題に対し、再調査を行うことに否定的な考えを示しています。

 安倍政治の継承を掲げる新政権に富山の反応は。

 「桜を見る会にしても森友学園、加計学園にしても、ぼやっとしている。明らかになっていないことがあると思うので明確にしてほしいかなと思う」

 「もみ消すのではなくて追及するところは追及していただきたい。職員の方も命を失っていらっしゃるので」

 視覚障害者の男性
「コロナの影響で仕事を失うとか、仕事面でかなりマイナスがある。障害者も雇用されていることが多いので、そういう人たちが困らないような支援をお願いしたい」

 そして、暮らしに目を向けると非正規労働者が第2次安倍内閣が発足した2012年から去年までにおよそ350万人増えました。成長戦略に掲げていた女性の活躍推進も「2020年までに指導的地位にいる人の3割を女性にする」としながら、企業の管理職の割合は去年わずか11・9%です。

 少子化問題も「国難」としながら、女性1人が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率は、第2次安倍内閣発足時は全国で1.41(富山県1・42)、去年は1・36と伸びていません(富山県1・53)。

 子育て中の母親に聞きました。

 2人子育て中(30代)
「もうちょっと教育の面のお金とか、子育てに対してのお金の援助をいただけると見通しが立つので、これから先この人たちが生きていくなかで不安も少なくなれば、もう1人と思うことも出てくると思うので、子どもに対してのお金の免除をしてもらえるとすごくありがたいなと思います」

 1人目子育て中
「育休中です。今月の末に(職場)復帰します。仕事と子育ての両立が、今から初めてなのでちょっと不安な事が多いし、お金に関しても、核家族で頼れる所がないので頼れる施設がもっとあればと思います」

 一方、新型コロナウイルスの影響が長引くなか、その対策も急務です。県内では今年4月、富山リハビリテーションホームでクラスター=感染者集団が発生。医療や介護の現場で重症化リスクの高い人たちの“命と暮らし”をどう守るか。

 障害がある人たちの生活を支援するこちらの施設でも、対策には様々な要望があります。

 ラッコハウス 作業療法士
「きめ細やかなコロナ対策を。障害の程度とか支える家族の状況が千差万別なので、なかなか一律の支援策だとうまく乗らない。でもそれを予測した上でやっぱり対策をとっていただけたらなと」

 注文は福祉全般にも。

 作業療法士
「立場の弱い、生活で支援が必要な人たちが、『自分たちはこの社会で生きていて、社会とのやりとりがあって幸せだな』と感じる事ができたら、多分たくさんの人たちがそのように幸せだなぁと思う社会になるんじゃないかなと思うので、恩恵を受けられる優先順位というか、受けにくい人たちから支えるという、そういう視点を持ってもらえたらうれしいなと思います」

 また、休業を余儀なくされたホテルや旅館への打撃も深刻でした。ただ、回復の兆しも見えてきたといいます。

 宇奈月温泉の「サン柳亭」では、国の「GoToトラベルキャンペーン」の申請を旅館で代行して行うなど工夫した結果、7月以降は去年よりも利用客が増えました。打撃を繰り返さないために、新内閣への注文は…

 サン柳亭 佐々木駿社長
「(流行の早い段階で)旅館やサービス業が営業していく中で、統一基準というかコロナ対策でお客さんが来るための基準がはっきり示されればよかった。ウィズコロナに対応した旅館の設備投資という部分に関して、また支援策であったり後押しというものをいただけたらというのは、菅さんの新しい政権に期待するところであります」

富山2020.09.16 19:15

亀山彰県議 自民党会派離脱へ

 県知事選挙をめぐり、県議会の自民党会派所属の亀山彰県議が、新人の新田八朗さん支持を表明し、会派を離脱する申し出をしたことが分かりました。また自民党県連は、同じく会派離脱を申し出ている沢崎豊県議と庄司昌弘県議を正式に役職停止処分としました。

 自民党会派からの離脱を表明したのは、中新川郡選出の亀山彰県議です。知事選で県連が推薦する現職の石井隆一さんではなく、新人の新田八朗さんの支持を表明しました。

 亀山彰県議
「立山町民はどちらが多いかということで、肌身に感じた方をということで、新田さんと言わせていただきました」

 一方、自民党県連は16日午後、常任総務会を開き、既に新田さん支持を表明している魚津市選出の沢崎県議と富山市選出の庄司県議について、県議が務める「常任総務」の役職停止を正式に決めました。処分の期間は定めませんでした。

 沢崎豊県議
「これは仕方ないですよね。組織としての決めでありますので。これからは本格的に新田さんの支援に回るというような形で進みたいと思う」

 庄司昌弘県議
「元々自らその職は辞するということも言ってましたし、当然かなと思っています。新田さんを応援していることになるんで会派を自ら抜けると」

 役職停止は、中川忠昭県議を含めて3人となり、亀山県議についても処分されるとみられます。

 自民党県連の五十嵐務幹事長は。
「4人の方がそれぞれ自分の信念に基づいて判断されたわけですから、尊重したいと思っている」

 今議会が終了する今月28日に、沢崎、庄司、亀山の各県議は自民党会派を離脱して、中川県議と4人で新たな会派をつくる方向で検討するとしています。

富山2020.09.16 19:13

知事選候補予定者討論会 今月26日開催

 来月行われる県知事選挙に向けて、北日本放送など県内の報道機関による県報道責任者会は、立候補を予定している3人による討論会を、今月26日に開きます。

 討論会は、今月26日(土)の午前10時半から、富山市のANAクラウンプラザホテルで開かれます。

 知事選に立候補を表明している現職の石井隆一さん、新人の新田八朗さんと川渕映子さんの3人が出席します。

 地域社会学が専門の埼玉大学基盤教育研究センターの石阪督規教授がコーディネーターを務め、新型コロナウイルスへの対応、人口減少対策、知事の姿勢や役割などのテーマで議論します。

 新型コロナウイルス感染防止のため、討論会は聴衆を入れずに行いますが、KNB公式ユーチューブで生中継する予定です。

富山2020.09.16 19:11

旧国民民主党の県連 最後の会合

 野党合流による新党発足に伴い、旧国民民主党の県連は16日最後の会合を開き、今後、新しい立憲民主党と国民民主党それぞれの県組織を設けて活動していくことを確認しました。

 旧国民民主党の県連は最後の常任幹事会を開いて組織の解散を報告し、役員5人がどちらの党に所属するかを確認しました。

 国民民主党県連には村田正示代表をはじめ、県連唯一の議員である富山市議の橋本雅雄幹事長など役員3人が残ります。

 一方、県連の副代表だった西尾政英さんら役員2人は立憲民主党に移ることとなり、今後早急に県連組織を設けたいとしました。

 国民民主党県連 橋本雅雄幹事長
「提案型改革中道政党という立場これをしっかり示して政策を1つでも提言していく。そのことをまず前提に活動を進めていきたい」

 立憲民主党県連を立ち上げる西尾政英さん
「誰1人取り残すことのない多様性を認め合った共生社会を作っていく。この地域富山で皆さんに訴えかけて少しずつでも共感してもらえれば」

 西尾さんは、次の衆議院選挙富山1区に立候補する見通しで、新たにできる国民民主党県連は、変わらず支援していくとしています。

富山2020.09.16 19:09

地区チャンピオンシップ進出マジック2

 野球のBCリーグ富山GRNサンダーバーズは16日、高岡市で石川ミリオンスターズと対戦し7対4で勝ちました。これで地区チャンピオンシップ進出のマジックは2となりました。

 高岡市の城光寺野球場で行われた試合でサンダーバーズは石川と対戦しました。今シーズンは新型コロナウイルス感染防止のため、隣県同士での試合が組まれていて、富山は石川と西地区チャンピオンシップ進出を争います。

 既にマジック4が点灯しているサンダーバーズは、けがから復活した4番のナッシュがリーグ単独トップ12号、バックスクリーン直撃のホームラン!

 効果的に得点したサンダーバーズが7対4で勝ちマジックを2つ減らしました。

 レギュラーシーズンは残り10試合、2年ぶりのプレーオフ進出へ戦いは続きます。

富山2020.09.16 19:07

出し平ダムから12万立方メートル排砂

 ことし6月、黒部川の出し平ダムと宇奈月ダムで行われたダムに溜まった土砂を下流に流す連携排砂は、出し平ダムでは目標を下回る12万立方メートルの土砂を排出しました。

 これは出し平ダムを管理する関西電力と宇奈月ダムを管理する国土交通省が、16日の会見で示しました。

 連携排砂はことしは6月に行われ、出し平ダムから排出された土砂は12万立方メートルで、目標を8万立方メートル下回りました。

 国土交通省と関西電力は、ことしの連携排砂後の水質や川底や海底の土などの環境調査の結果はおおむね過去の観測結果の範囲内としています。

 また、ことしダムの操作を試験的に変えた効果の検証などは11月まで予定している定期調査の結果を踏まえてとりまとめられ、来年1月か2月に開かれる排砂評価委員会で有識者らにより検討されます。

富山2020.09.16 19:06

18日間入院もコロナで70代の男性死亡

新型コロナウイルスに感染して入院していた、70代の男性が死亡した。
一方、新たな感染者は8日連続で確認されず、病床のひっ迫状況は注意報レベルに下がっている。(9月16日)


県によると死亡したのは70代の男性で、県内で感染が広がった7月以降の第2波では初めてとなり、県内で亡くなった人は9人に。

亡くなった男性は県内の医療機関に18日間入院しており、このうち16日間は人工呼吸器を装着し治療を受けていた。

一方、県内で15日に実施されたPCR検査の数は36件で、すべて陰性だった。

県内で感染者が確認されなかったのは8日連続。

県内の感染者の累計は244人で、入院している人は4人減って20人となり、病床のひっ迫状況は警報レベルから注意報レベルにまで下がっている。

なお、県は9月24日まで感染拡大警報を出していて、東京との不要不急の往来の自粛や、大阪や愛知など感染が拡大している地域との往来を慎重に判断するよう呼びかけている。

福井2020.09.16 17:35

感染対策徹底 異例の運動会シーズン迎える

スポーツの秋を迎える中、県内の小中学校で運動会が開かれていて、子供たちはマスクや軍手などを使って感染予防対策を徹底しながら競技に臨んでいた。(9月16日)


永平寺町では、志比北小学校と志比北幼児園で体育来会が開かれ、あわせて53人の園児と児童が13競技に挑んだ。

玉入れ競技では、全員が軍手をして直接玉に触れないようにしたほか、リレー競技では直前までマスクをして待機していた。

また、例年は合同体育大会として地域の人たちも応援や競技に参加していたが、今年は保護者のみ会場に入ることができるようにした。

運動会は午前中だけの開催となり、閉会式の後にはランチルームで給食を食べるなど、家族で弁当を囲む例年の運動会とは異なる様子となっていた。

福井2020.09.16 15:08

池田中中2自殺 民事訴訟で県町は争う姿勢

池田中学校の男子生徒が自殺した問題で、生徒の遺族が町と県を相手取り損害賠償を求めた裁判が始まり、被告側は争う姿勢を示した。(9月16日)


この問題は、2017年に池田中学校の当時2年生の男子生徒が担任や副担任から必要以上の大声で怒鳴られるなど、厳しい指導や叱責を受け自殺したとされるもの。

生徒の遺族は、精神的衝撃を十分に和らげる義務を怠ったとして、県と町を相手取りおよそ5500万円の損害賠償を求め、福井地裁に訴えを起こした。

福井地裁で開かれた第1回口頭弁論で、原告側は「この事件の責任の所在を明確にしたいと」と訴えた一方、被告側は「教育目的を逸脱しておらず責任はない」として争う姿勢を見せた。

次の弁論は10月28日の予定。

福井2020.09.16 15:01

小浜市の寺で火事 住職が軽いやけど

15日夜、小浜市で火事があり、寺の納屋が全焼したほか土蔵と物置の一部を焼き住職が顔に軽い火傷を負った。(9月16日)


火事があったのは、小浜市生守の生守山洞源寺の納屋。

警察と消防の調べによると、15日午後9時前に火が出て木造の納屋が全焼したほか、隣接する土蔵と物置の一部あわせて30平方メートルを焼いた。

この火事で、住職の中村忠司さん46歳が火を消そうとして顔に軽いやけどを負った。

火が出た当時、納屋の中には墓に供えられた花を燃やした灰を置いていたという。

警察と消防では、灰の中の火が十分に消えていなかった可能性が高いとみて火事の原因を調べている。

福井2020.09.16 11:56

野上浩太郎参議院議員が初入閣

 16日発足する菅新内閣に、富山選出の野上浩太郎参議院議員が農林水産大臣として初入閣することが内定しました。

 農林水産大臣に内定した野上浩太郎参議院議員は53歳、2001年の参議院選挙富山選挙区で初当選し、現在3期目です。野上議員が新閣僚として担当するのはコメどころ富山にもかかわりが深い農林水産の分野です。

 新型コロナウイルス感染症の影響で消費が落ち込んだ農林水産物の需要喚起策「GOTOイートキャンペーン」の実施、全国各地に被害をもたらしたことし7月の豪雨災害からの農林水産分野での復旧復興、農産物の海外流出を防止するための措置を図ることを目的としながらも、根強い反対も多く前の国会で継続審議となった種苗法の改正といった多くの課題を抱えています。

 県選出の国会議員が入閣するのは、おととしから去年にかけて沖縄・北方担当などの大臣を務めた宮腰光寛衆議院議員以来となります。

 また、県選出議員で農林水産大臣になるのは故・松村謙三衆議院議員以来75年ぶりです。

富山2020.09.16 11:54

「富山アラート」今月19日解除へ

 県内の新型コロナウイルスの感染拡大警報である「富山アラート」を今月19日に解除すると石井知事が県議会で述べました。

 石井知事「19日にアラートを解除させていただきたいと」

 これは16日、県議会の一般質問で自民党 山崎宗良県議の質問に石井知事が答えました。

 「富山アラート」は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため先月11日に発令された県独自の警報です。

 県は、県内の感染状況について15日まで5日間連続で新規感染者が確認されておらず、また県独自のロードマップの判断指数である5つの項目ですべて基準を下回るなど落ち着いているとし、このまま感染状況に変化がなければ富山アラートを4連休の初日である今月19日に解除するとしています。

 県は富山アラート解除後も気を緩めず感染予防対策を行うよう呼びかけています。

富山2020.09.16 11:54

新立憲民主党誕生 県内関係者の決断は

 立憲民主党と国民民主党などが合流した新たな政党「立憲民主党」が15日正式に誕生しました。衆議院選挙をにらみ、最大野党として存在感を示すことができるのか、県内の関係者らに聞きました。

 立憲民主党 枝野幸男代表
「今こそ国民の皆さんに選択肢を示すとき」

 15日に開かれた結党大会で枝野幸男代表は、「政治を諦めてしまった皆さんに『政治はあなたを見ている』と呼びかけたい」と述べ、政権交代を目指す意気込みを語りました。

 所属する議員は衆、参合わせて150人で、150人規模の野党第一党は2017年に分裂した民進党以来です。

 一方、合流に伴う国民民主党の解党を受けて、県連はすでに解散しています。

 県連の副代表だった西尾政英さんは、立憲民主党に入る意向を示し、15日の結党大会に参加しました。

 西尾政英さん
「やはり野党第1党の中で政権交代勢力として、私も参加させていただければという思いでした。新自由主義の弱肉強食の格差・分断社会ではなくて、共生社会、特にコロナというピンチをチャンスとして、安心・安全社会を再び構築したいと思っている」

 西尾さんは、次の衆議院選挙の富山1区に立候補することを表明しています。

 西尾政英さん
「常在戦場という思いで、いつ解散があっても民意を問うて、そして、政権交代の流れを作る一翼を担いたいと思っている」

 一方、県連唯一の議員である橋本雅雄幹事長は、立憲民主党には加わらないとしています。

 16日、旧体制として最後の常任幹事会を開いた後、玉木代表らが作った新しい国民民主党の県連組織を立ち上げる意向です。

 Q加わらない理由は

 国民民主党県連 橋本雅雄幹事長
「国民民主党が掲げた綱領、そして政策が、そういったものが引き継がれる国民民主党が結成される。私は自然とそこに行くのが当然かなと思っていました。反対に、とどまらず新しい政策をどんどん提案していく。そうした姿勢が今野党に求められていると考えているので、小さい政党にはなりますが、これから私たちの主張することによって党勢を拡大できるものと考えております」

 そのうえで次の衆議院選挙では、西尾さんを支援するとしました。

 国民民主党県連 橋本雅雄幹事長
「本来なら我々の候補者を擁立する。ただしかし今回は西尾とともに活動してきた。支援するのは当然西尾さんだろうと考えております」

 そして社民党県連は、14日夜開いた常任幹事会で党本部で協議が進む立憲民主党との合流に賛成する方針を確認しています。

富山2020.09.15 19:20

新田さん支持県議 役職停止処分

 来月25日投開票の知事選をめぐる動きです。自民党県連は15日、党紀委員会を開き、新人の新田八朗さんへの支持を表明している沢崎豊県議と庄司昌弘県議を共に役職停止処分としました。

 自民党県連の党紀委員会は、四方正治党紀委員長ら4人が出席し非公開で行われました。

 知事選をめぐり、魚津市選出の沢崎県議と、富山市選出の庄司県議は、ともに県連が推薦する現職の石井隆一さんではなく、新人の新田八朗さんへの支持を表明していて、県連は両県議の処分を検討するとしていました。

 自民党県連 五十嵐幹事長
「沢崎、庄司議員については、役職停止にすべきだという結論をいただきました」

 役職停止は、県連の処分では下から3番目にあたり、ことし7月に同じく新田さん支持の意向を示し、今月10日に県議会自民党会派を離脱した中川忠昭県議と同じ処分です。

 党紀委員会の判断を受け、自民党県連は、16日の役員会と常任総務会で2人の処分を正式に決めます。

富山2020.09.15 19:17

被告に懲役8年 過剰防衛が成立

 去年9月、魚津市の国道で車にしがみついた男性を転落させ死亡させた事件の裁判員裁判で、殺人の罪に問われている男に対し富山地方裁判所は15日、懲役8年の判決を言い渡しました。弁護側が主張した過剰防衛の成立が認められた量刑です。

 判決を受けたのは、黒部市沓掛の無職 高村茂志被告(33)です。

 判決によりますと、高村被告は去年9月8日の深夜、魚津市の国道8号線で、新潟県阿賀野市の渋谷直純さん(当時54)と車の追い越しを巡って口論となりました。その後、渋谷さんが車にしがみついた状態で1キロ余りを走行し、転落させ後輪でひいて殺害したとされていました。

 弁護側は、被告が渋谷さんからあおり運転を受け、サイドミラーをけられるなど、危険を感じたと主張していて、過剰防衛が成立するかどうかが争点となっていました。

 判決で大村泰平裁判長は「渋谷さんがクラクションを13秒にわたって鳴らしたり、ライトを上向きにしたりして、被告を追走したことは、車間距離が一定程度あった」として、あおり運転にはあたらない」としました。

 その一方で「渋谷さんが被告の車のドアミラーを蹴ったことは暴力行為であり、違法性は大きかった」として、過剰防衛が成立すると判断し、検察側の懲役15年の求刑に対し、懲役8年の判決を言い渡しました。

 裁判の後、裁判員2人が会見に応じました。

 裁判員「ささいなトラブルから殺人事件に発展した、日本人全体がちょとしたことで怒りやすくなっている。ドライブレコーダーが今回のケースで活用された、今後も活用すればよい」

 また裁判員の1人は、判断の難しさをにじませ、誰にでも起こり得るかもしれない事例だったと話しました。

富山2020.09.15 19:09

県内 5日連続で新規感染者なし

 県内では15日も新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されませんでした新規感染者ゼロはこれで5日連続ですが、入院患者は13人で14日と変わっていません。

 県によりますと14日、県内で行われた感染検査件数は、PCR検査が19件、抗原検査は14件で、すべて陰性でした。県内での新規感染者ゼロはこれで5日連続で、県内の感染者数は408人のままです。

 一方、入院患者数は13人で、重症者はいませんが、人数は変わっていません。

 県は、感染者数が減少傾向ではあるものの、引き続き3密の回避するなど、予防対策の徹底を呼びかけています。

富山2020.09.15 19:05

マスク生活を変える?新商品とは

 新型コロナウイルスの影響で、マスクをする生活がすっかり当たり前になりましたが、息苦しさや、夏の暑さでうんざりしている人も多いかと思います。この生活に一石を投じるかもしれない商品を富山市の女性が作りました。一体どんな商品なのでしょう。清水記者がお伝えします。

 こちらが開発された商品、その名も「Hand de Shield」です。プラスチック製の直径17センチの円形のシールドで、持ち手に手を通して口にかざして使います。

 発案者 Earth 中村奈々さん
「人の動作で、こう手を当てるっていうのは多分自然な動作だと思うので、こういう自然な動作を生かして商品出来たらいいよねっていうことから今のこの円盤型の形になりました」

 製作した富山市の中村奈々さん。普段は、母の京子さんが経営する飲食店を手伝っています。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請で店が開けなかった期間に、どうしたら普段通りに近い生活ができるかと考え発案しました。

 中村奈々さん
「マスクひとつあるとお客様の表情がどうしてもが細かいところまでわからなかったりだとか、わたしも話してる中でちゃんと相手に伝わってるのかなという心配もあったので」

 シールドを顔の近くにかざして、飛沫が飛ぶのを防ごうというこの商品。透明なプラスチックなので、お互いの表情をみたり、消毒して繰り返し使うことができるなど、利便性と手軽さを重視しました。

 また、持ち手にもある工夫が。

 中村奈々さん
「例えばここにアレンジを加えてペイントするだとか、シールを貼るだとか、そういう自分だけのHand de Shieldが作れるっていうものもできないかなっていうので、2種類発案しました」

 現在、特許を出願中というこの商品。マスク生活がすっかり定着した今、中村さんは、食事中やスポーツ観戦など、生活のシーンに合わせてマスクと使い分けて使ってもらえたらと話します。

 中村奈々さん
「コミュニケーションを取っていかないと、人ってやっぱ1人で生きていけないというか、そこは大事な部分になってくると思うので、外さなければいけないというシチュエーションのときとか、体調が優れなくなったときとか、問題を少しでも改善できたらいいなと思っております」

 「Hand de Shield」の販売は、来月初旬から電話で企業や飲食店などを対象に始める予定です。

 今後、中村さんは、地元の小学校などにも寄贈したいと考えています。

富山2020.09.15 19:00

となみ“花と笑顔”のプロジェクト

 新型コロナウイルスの影響で塞ぎがちな心を癒してもらおうと、砺波市で15日、園児らに花が届けられました。

 「ありがとうございます」

 この取り組みは、外出自粛が続くなど塞ぎがちな市民の心を癒すとともに、需要が減っている花き業界を盛り上げようと、砺波市が、市内の保育施設や福祉施設など100か所を対象に今月から始めました。

 このうち、あぶらでん認定こども園では、ヒマワリやカーネーションなど8種類の花が園児にプレゼントされました。

 園児「素敵でかわいかった」「うれしい」

 砺波市商工農林部農地林務課林政係 横山匡英係長
「きれいな花を見るというだけでも人間は気持ちが安らぐと思っていますので、ぜひとも多くの人に鑑賞していただきたいと思っております」

 花は来年2月まで毎月届けられ、12月からは砺波市の花・チューリップが贈られるということです。

富山2020.09.15 19:00

秋の訪れ ゲレンデ彩るキバナコスモス

 先週までは猛暑でしたが、今週に入って朝晩は随分涼しく感じられるようになりました。南砺市のスキー場では、秋の花・キバナコスモスが見ごろを迎えています。

 「黄色とオレンジの花がいくつも重なり、まるで絨毯のようにゲレンデを覆っています」

 南砺市のIOX‐AROSAスキー場で見頃を迎えているキバナコスモス。夕焼け空のような赤みがかったオレンジ色の「サンセット」と、黄色がまぶしい「ドワーフイエロー」が咲き、訪れた人がカメラを構え、空とコスモスのコントラストを写真に収めていました。

 スキー場のスタッフによりますと、ことしは7月の長雨と先月からの猛暑で、生育は例年に比べ2週間ほど遅れているということです。

 15日の最低気温は、富山市で18.4度、高岡市伏木で18.1度など、今シーズン初めて、県内全ての観測地点で20度を下回りました。一方、日中の最高気温は、富山市で28.2度、氷見市で27.7度など、ほぼ平年並みでした。最低気温との寒暖差は10度前後、季節は確実に秋へと移ろい始めています。

 IOX‐AROSAのキバナコスモスの見ごろは、来月中旬まで続き、今週末からは、キバナコスモスまつりが始まる予定です。

富山2020.09.15 18:59

東京一極集中打破へ 国へ働きかけ

 北陸、東北、北海道の3つの経済連合会が富山市で懇談し、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて、東京一極集中の打破などを国に求めていくことを決めました。

 3つの経済連合会の懇談会は、富山県では10年ぶりの開催で、北陸経済連合会の久和進会長ら、それぞれの経済連合会の代表が出席しました。

 ことしは、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた地域経済の持続的な発展に向けて多くの意見を交わし、通信システムの整備促進などデジタル革新を加速させ、東京一極集中の打破や地域産業の成長など、国に求める6つの項目を決議しました。

 3経連は決議を来月、国に対して要望する予定です。

富山2020.09.15 18:56

奥越の味覚を食卓に 上庄サトイモを早掘り

大野市上庄地区では、特産のサトイモの早掘りが始まっていて、例年並みの良い出来になっている。(9月15日)


朝はすっかり涼しくなった大野市上庄地区では、秋空が広がり特産のサトイモの収獲が始まっている。

上庄地区の平沢生産組合では、広さ90アールの畑で平沢里芋を栽培していて、今は小さめのサイズながら、いち早く旬の味覚を食卓に届けようと早掘りをしている。

今年は、梅雨の長雨と猛暑の影響が心配されたが、例年並みの良い出来に。

粘りとコシがあって煮崩れしにくい奥越の秋の味覚サトイモは、11月上旬まで収穫が続き、9月20日からは毎週土日と祝日に国道158号沿いの直売所で販売される。

福井2020.09.15 12:55

甘み増したミディトマト「越のルビー」収穫

あわら市ではフルーツ感覚で味わえるミディトマト、「越のルビー」の秋物の収穫が始まり肥料を変えたことでこれまでより甘味が増している。(9月15日)


あわら市仏徳寺の吉田農園では、朝早くから真っ赤に熟した特産の越のルビーを一つひとつ収穫していた。

厳しい暑さが続いたこの夏は、ハウスの上の部分全体に遮光ネット張って強い日差しをさえぎりこまめに換気をするなど手間をかけていた。

また、今年から魚のエキスを豊富に含んだ有機アミノ酸入りの肥料を使ったことで、これまでより色つやが良く甘味も増したという。

収穫は11月下旬まで続き、JAを通じて県内外の市場に出荷されるほかハウス前の直売所でも買い求めることができる。

福井2020.09.15 11:57

黒部峡谷 男子大学生が崖下に転落 死亡

 14日午後、北アルプスの黒部峡谷で、登山に来ていた千葉県の男子大学生が崖下に転落し15日朝、発見されましたが死亡が確認されました。

 黒部警察署によりますと、14日午後2時50分ごろ、北アルプス・黒部峡谷の標高およそ920メートル、水平歩道、志合谷付近で、千葉県の大学生 三木康生さん(21)が「100メートルほど下に滑落した」と、一緒にいた父親から警察に連絡がありました。

 警察は、14日と15日朝、長野県警のヘリコプターで捜索を行い、15日午前8時ごろ、転落した場所の下で三木さんを見つけましたが黒部川の河川敷で救急隊が死亡を確認しました。

 現場は、崖伝いに狭い登山道が続く難所です。通報当時、現場の天候は曇りで、視界は悪かったということです。

富山2020.09.15 11:48

社民党富山県連知事選 新人の川渕映子さんを「応援」

 社民党富山県連は14日夜、常任幹事会を開き、来月8日告示の県知事選挙での独自候補の擁立を断念し、政治団体「いのち支え合う県民の会」が擁立する新人の川渕映子さんを「応援」することを決めました。

 県知事選挙をめぐり、社民党富山県連はこれまで独自候補擁立に向けて調整を続けていました。社民党県連の東幹事長は常任幹事会後に取材に応じ、衆議院の解散をにらみ、党の力量を勘案した結果、独自候補擁立を断念したことを明らかにしました。

 そのうえで、知事選に立候補を表明している3人についてはいずれも党として推薦や支持はしないものの政策などを勘案し、川渕さんを応援するとしました。

 川渕さんについては、共産党や県労連などで組織する「明るい富山県政をみんなでつくる会」も応援を表明しています。

 知事選にはこれまでに、川渕さんのほか、現職の石井隆一さんと新人の新田八朗さん2人が立候補を表明しています。県内政党別では、自民党と公明党、国民民主党が石井さんを推薦、新田さんには富山維新の会の吉田豊史代表と柴田巧参議院議員が、それぞれ個人としての支援を表明しています。

富山2020.09.15 11:47

自民党総裁選挙 県選出議員の選択は

 14日に投票が行われた自民党の総裁選挙で、菅義偉官房長官が新しい総裁に選ばれました。16日に開かれる臨時国会で、総理大臣に指名される見通しです。

 県選出の自民党国会議員に、誰に投票したのか、そして次の総理に選ばれる菅新総裁に何を望むのかを聞きました。

 「新総裁を選ぶ両院議員総会が開かれている東京都内のホテルです。県選出の国会議員は新総裁にどんなことを託すのでしょうか」

 県選出の自民党国会議員のうち、新総裁に選ばれた菅さんに投票したのは田畑裕明衆議院議員、野上浩太郎参議院議員、堂故茂参議院議員です。

 2位となった岸田政調会長には宮腰光寛衆議院議員が、そして3位だった石破元幹事長には橘慶一郎衆議院議員が投票しました。結果を受けて、各議員は…

 田畑裕明衆議院議員「私は菅義偉候補に投票しました。7年半にわたって安倍政権の官房長官として、まさに総理の内政外交をお支えをし、日本成長に資する取組を行ってこられた今回の候補者の中で、余人をもって代えがたく、やはり菅新総裁のもとでかじ取りをお任せしたいとそのような気持ちで投票しました」
 「ご自身も縦割りを排除するということ、悪しき慣習を打破するということ、改革志向で国民のために働くということを、力説していらっしゃいますので、まさにそうした内閣を作っていただいて国のリーダーとしてコロナ禍を克服して日本を引っ張っていただきたいと思います」

 野上浩太郎参議院議員「私は菅新総裁に投票しました。今日本はコロナ禍という危機的状況でありますし、内外ともに非常に多くの課題を抱えていると思います。この難局を乗り切っていくには、やはり7年8か月安倍政権をしっかり支えた実績と、ぶれないリーダーシップを求められていると感じましたし、地方重視の姿勢というのを明確に打ち出していただいているのも期待が高い。総裁選が終わったので、一致団結して進んでいかないといけないですし、そういう意味で菅官房長官のぶれないリーダーシップに期待したいと思います」

 堂故茂参議院議員「菅義偉候補に投票しました。コロナウイルスの感染を防止するということと、経済社会活動を復活させるその役職の前面に立っておられた方でもありますので、ぜひ期待を込めて入れさせていただいた」
「地方にとっては、まだまだ元気にしていただく政策を地方重視という形で取っていただけるんじゃないかと思います。その大事な1つとして、デジタル庁新設、新しいAIやデータ、さらには通信を活用して地方を元気にしていく。その先頭に立ってくれるのではと期待しています」

 宮腰光寛衆議院議員「岸田文雄先生に投票しました。ずっと見ておりますが、政策に明るい誠実で。正直言いまして富山県人らしい方。誰を相手にしても差別をしない」
「感染拡大の防止、さらに経済活性化にまずは全力で取り組んでもらうことが一番大事。その上で安倍路線継承ということでありますから、対外政策も含めよく熟知しておられるので、これまで官邸の長い経験生かして頑張ってもらいたい」

 橘慶一郎衆議院議員「石破茂先生に投票した。コロナ禍で国民の皆さんと話し合って、納得共感とおっしゃてましたけど、そういうことをやっていける経験値、胆力は石破先生だと思った」
「論戦をして、皆さんそれぞれの考えがあってそうなった。終われば挙党一致が原則なので、良い論戦をしたことを糧に一致結束して国の前進に向けて頑張っていくのみだろうと。新総裁もおっしゃった通り、コロナ禍において感染防止を経済社会活動の両立は待ったなし。我が国の抱えてきた課題、安倍政権で取り組んできたその課題を解決前進させるよう、全力を尽くしていく私たちも支える」

富山2020.09.14 19:01

県連予備選挙 石破さん2票 菅さん1票

 自民党県連の持つ地方票3票は、党員・党友による予備選挙の結果、石破さんが2票、菅さんが1票を獲得し、総裁選で3位の石破さんが最も多くなりました。

 自民党県連が実施した総裁選予備選挙の開票は13日、富山市の自由民主会館で行われました。投票用紙が送られた県内の党員・党友3万634人のうち、投票したのは1万9645人で、投票率は64.13%でした。

 開票の結果、最も多かったのが石破さんで8711票、次いで菅さんが7468票、岸田さんが3307票となり、得票数に応じて県連の3票を配分する「ドント方式」により、石破さんが2票、菅さんが1票を獲得しました。

 石破さんは、前回2年前の県内の予備選挙でも総裁に選出された安倍さんを上回りました。

 総裁選の結果と異なり、石破さんの票が菅さんを上回ったことについて、県連の鹿熊正一副会長は、次のように答えました。

 「やはり富山県とつながりが深い方と感じます。それなりに関心は高かったのかなと」

 地方票で石破さんの票が菅さんを上回ったのは、47都道府県のうち、富山県を含めて6県でした。

 お伝えしたように、自民党の総裁選挙は菅官房長官が他2人の候補を破りました。16日に召集される臨時国会で新しい総理大臣に指名されます。安倍政権の政策の継承を掲げる菅さんですが、アベノミクスや憲法改正など安倍総理が看板とした政策の総括なしに前に進めるのでしょうか。

 そして、新型コロナウイルスの影響というこれまでにない課題を抱える中、私たちが安心できる政策を示すことができるのか、富山からも検証していきたいと思います。

富山2020.09.14 18:58

新型コロナ 4日連続感染者なし

 県内では14日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されていません。県内で感染者が確認されないのは、これで4日連続となっています。

 県は13日、感染の有無を調べるPCR検査を県内で62件行った結果、陽性となった人はいませんでした。そして14日午後5時までに県内で新型コロナウイルスの新たな感染者はいないとしています。

 県内では、先月8月に感染が確認された人は149人にのぼりましたが、今月に入ってからは19人で、新規の感染者はこれで4日連続で確認されていません。県は感染状況について落ち着いているとしながらも、3密を避けるなど対策を引き続き行い、感染予防を徹底するよう呼びかけています。

富山2020.09.14 18:57

魚津市の交番にクマ けが人なし

 県内でクマの出没が相次ぐ中、今度は交番に出没です。14日午前、魚津市の桃山運動公園近くにある交番の敷地にクマがいるのを、交番にいた警察官が見つけました。クマはそのまま走り去ったということです。

 「クマが目撃された交番です。クマは正面のガラスにぶつかり、道路を渡って走っていったということです」

 14日午前9時ごろ魚津市大海寺新にある桃山公園前交番で、ドアの前にクマがいるのを、交番の中にいた警察官が見つけました。クマは体長1メートルほどで子グマと見られています。

 クマはそのまま走り去り、警察や市の職員、猟友会のメンバーなどが探しましたが、その後は見つかっていません。

 近くに住む人「クマは本当に珍しいです、本当に出ないところです。びっくり、怖いね」

 警察は付近の住民に対し、不要不急の外出を避け、万が一クマを見かけても近づかないよう注意を呼びかけています。県内ではクマの出没が相次いでいて、14日は富山市八尾町下笹原などでも出没しました。

富山2020.09.14 18:56

新湊の新しい公共交通は「三輪車」

 こちらは、射水市の新湊地区で14日から試験運行が始まった電気三輪自動車による地域公共交通「べいぐるん」です。観光客に乗ってもらうのに加えて、地域のお年寄りの移動手段としても使ってもらおうという取り組みです。

 「それでは『べいぐるん』の実証運行、第1便が出発いたします」

 「べいぐるん」は、新湊地区のベイエリアをぐるぐると周遊することから名付けられました。使う車両は富山市の自動車部品メーカー「アールアンドスポーツディベロップメント」が開発した電気三輪自動車です。

 運行は、射水市役所新湊庁舎跡地に先月オープンした複合交流施設「クロスベイ新湊」を拠点にします。きょうは夏野市長らが、乗車を体験しました。最高速度は時速19キロとゆったり走ります。

 休日は、観光客向けに海王丸パークなど観光施設との間を30分間隔で走ります。一方、平日は、利用者がスマートフォンの専用アプリケーションや電話で、乗車希望の日時や人数、乗り降りする場所を予約します。定員は3人で相乗りで乗車できます。

 新湊地区まちづくり協議会 加治秀夫会長「(内川の)素晴らしい風が 受けられるので快適です。春、夏、秋、冬、違った楽しみがあるので、あわせて対応していきたい」

 ことし11月29日までの試験運行は、無料で乗車できます。そのうえで、射水市は本格的に導入するかどうか検討します。同様の電動三輪自動車の運行は、氷見市でも今月から始まる予定です。

富山2020.09.14 18:54

県内初ドローンパーク 開設の狙いは

 近年、趣味としても人気のドローンですが、飛ばせる場所は意外と限られています。そうした中、立山山麓スキー場に14日、県内初となるドローンパークがオープンしました。その狙いとは。

 ゲレンデを飛び立つドローン。立山山麓スキー場の極楽坂エリアにオープンしたのは、県内初のドローンパークです。スキー場でオープンしたのには、ある理由が。

 大山観光開発 北野良昭社長「去年から夏場の営業をやめていたんですね。この広いゲレンデをなんとか活用したいということでドローンを飛ばす場所にしたらどうかという話があって、我々もいいかなと思って始めたという状態です」

 冬以外のゲレンデ活用策としてドローンに目を付けた背景には、ドローンの飛行は規制が多く、資格を持っていても県内で飛ばせる場所がなかなかないことがありました。

 そこで、広いスペースが取れる夏場のスキー場をドローンパークとして活用し、愛好者に多く集まってもらおうとしています。

 14日、さっそく訪れた男性は。「(いままで)練習する場所が見当たらなくて、ちょっと来てみようかな、実際ちょっと体験してみようかなと。これからもどんどん利用したいなと思います」

 ドローンパークを利用するには年会費5000円を支払い、事前の予約が必要です。また今年度は、国が認定する団体の講習を受けた人などに限って利用可能としスキーシーズン前の11月末まで営業します。

 飛行エリアに危険がないかなどを慎重に確認したうえで、来年5月からの本格運用を目指すということです。

富山2020.09.14 18:51

新型コロナ PCR検査数が7月以降で最少

県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は6日連続で確認されず、PCR検査数は第2波とされる7月以降で最も少なかった。(9月14日)


県内で13日に行われたPCR検査は合わせて13件で、全てが陰性だった。

PCR検査数は第2波とされる7月以降最も少なく、県は週末の検査状況とはいえ、「感染拡大状況が落ち着きつつある」とみている。

県内の感染者の累計は244人で、入院患者は37人でこのうちの4人が重症。

なお、県は今月24日まで感染拡大警報を出していて、引き続き東京との不要不急の往来を控えるほか、大阪や福岡それに沖縄などとの往来を慎重に判断するよう求めている。

福井2020.09.14 16:34

冬の安全な離着陸目指し福井空港で実証実験

JAXAは、滑走路の積雪や凍結の状態をリアルタイムで把握する世界初のシステムの研究を福井空港で進め、冬の航空機の安全な離着陸に役立てる。(9月14日)


宇宙航空分野の研究を進めるJAXAは、システムの開発に向け県と協定を結んだ。

滑走路に埋め込んだセンサーで積雪や凍結の状態をリアルタイムに検知する世界初のシステム開発を目指すもので、坂井市の福井空港で実証実験に入る。

福井空港は水分を多く含んだ雪が降ることや、定期便が飛んでおらずデータ収集しやすいことなど、実験に適した条件が揃っていることから選ばれた。

航空機の安全な離着陸の判断に役立てられるシステムは、来年2月から2年間実証実験を続ける予定で、2025年の実用化を目指している。

福井2020.09.14 16:10

“晩酌の相手されず”逮捕の祖父が供述

福井市内の住宅で女子高校生の孫を殺害したとして逮捕された86歳の祖父が、「酌をついでくれなかった」という趣旨の供述をしていることが分かった。(9月14日)


この事件は、福井市黒丸城町の無職冨澤進容疑者86歳が9日夜に、同居する孫で高校2年生の友美さん16歳の上半身を刺して殺害したとして殺人の疑いで逮捕されたもの。

捜査関係者によると、台所から飲みかけの日本酒の紙パックが見つかっていて、冨澤容疑者が「孫が酌をついでくれなかった」という趣旨の供述をしていることが新たに分かった。

また、刃物は家にあった包丁を使い、台所や寝室など複数の場所に血痕がついていることから、逃げ回る友美さんを追いかけて犯行に及んだとみて、殺害に至った動機やいきさつなどを詳しく調べている。

福井2020.09.14 16:04

休耕田育ちのフナ7万匹 児童が湖に放流

若狭町の三方五湖では、地元の児童たちが休耕田で育てたフナなど7万2000匹を放流した。(9月14日)


若狭町にある三方五湖のひとつ菅湖で放流を体験したのは、地元の気山小学校の5年生12人。

児童たちは、湖畔の休耕田で育てた体長5センチほどのフナやコイの稚魚およそ7万2000匹を網で取り上げたあと湖に放流した。

この取り組みは、護岸工事などの影響で産卵場所がなくなり生息数が減っていることを受けて、地元の漁協などと一緒に行なっているもので、今後も継続したいとしている。

福井2020.09.14 13:25

地域公共交通「べいぐるん」運行スタート!

 観光客の周遊性を高めるとともに高齢者などの移動手段を確保しようと、射水市は新湊地区で電気三輪自動車の試験運行を始めました。

 こちらが試験運行を始めた地域公共交通「べいぐるん」です。

 べいぐるんは、複合交流施設「クロスベイ新湊」を拠点に、
電気三輪自動車2台が休日は、観光客向けに海王丸パークとの間を30分間隔で走る一方、平日は、専用アプリケーションや電話で乗車する希望日時や人数、乗り降りする場所の予約をうけて運行します。

 整備費用はおよそ1700万円です。相乗りで乗車でき、定員は3人です。

 射水市は、ことし11月29日まで無料運行し、本格的に導入するかどうか検討します。

富山2020.09.14 11:48

県内初ドローンパーク立山町にオープン

 夏場のスキー場を有効利用しドローンを安全に飛ばせるドローンパークが県内で初めて立山山麓スキー場にオープンしました。

 立山山麓ドローンパークは、富山市の大山観光開発が立山山麓スキー場の極楽坂エリアのゲレンデに設けたものです。ドローンの飛行は規制が多く、県内で安全を確保したうえで自由に飛ばせる場所がないことが課題となっていました。

 そこで、人が少なくて広いスペースが取れる夏場のスキー場を活用しようとこの施設が開かれました。

 14日は施設のオープンに合わせてドローンパイロットによるおよそ10分間のデモフライトが行われました。

 また早速ドローンを操縦して楽しむ人の姿も見られました。

 今年度は利用者を国土交通省が認定する講習団体の資格を持つ人など限定し、来年からの本格運用を目指すということです。

富山2020.09.14 11:48

自民党総裁選前に予備選挙開票 県連票は石破氏2票 菅氏1票

 14日に行われる自民党の総裁選挙を前に県内の党員・党友を対象に行われた予備選挙の開票が行われました。

 開票作業は富山市で行われ、投票率はおよそ64%でした。
 県連は割り当てられた3票を得票数に応じて配分することにしていて、複数の関係者によりますと、県連票は石破氏2票、菅氏1票となりました。

 一方、石破茂元幹事長は13日、高岡市を訪れ講演しました。

 石破茂元幹事長
「わが自由民主党が本当に支持をもらっている富山で、いつの時代も国を変え歴史を変えるのは都の偉い人ではない」「地方の1人1人の大衆のみなさん」

 新総裁は国会議員票と、各都道府県連票の合計で決まります。

富山2020.09.13 22:41

地方票も菅氏が優位~総裁選・県連予備選挙

14日に投開票の自民党総裁選挙で、自民党県連では予備選挙の開票が行われ、票は分かれたものの菅氏が優位となっている。


自民党総裁選挙の地方票は、都道府県の支部組織に3票ずつ割り当てられていて、福井県連では党員・党友から6000票あまりの投票があった。

得票数の割合に応じて3票を配分するもので、票は分かれたものの地方票は菅氏が優位となり、県連の代表3人が14日の両院議員総会で投票する。

福井2020.09.13 18:21

言葉の壁を越えて 外国人住民と避難所運営

台風シーズンを前に、越前市で避難所運営の研修会が開かれ、外国人の住民も参加して新型コロナの感染予防を意識した連携などを確認していた。(9月13日)


研修会が開かれた越前市の西地区には、日系ブラジル人などの外国人1400人が暮らしていて、住民の17パーセントあまりを占めている。

避難の仕方や言葉の問題など様々な課題があることから、13日の訓練には外国人の住民も参加して、受け付けの流れや段ボールの間仕切りなど、新型コロナウイルスの感染予防を意識した避難所運営を学んだ。

参加した人からは「日本語が通じない人も一緒に避難できるように、1人でも助けられるようになれば」といった声が聞かれた。

住民たちはお互いに協力して訓練を行うことで、防災意識を高めていた。

福井2020.09.13 17:17

目指せ新事業 北陸ビジネスプランコンテスト

 新たなビジネスの創出を目指し、そのアイディアを競い合う
コンテストが12日、富山市で開かれました。

 「北陸ビジネスプランコンテスト」は新事業の創出とベンチャービジネスの支援を目的に、日本海ガス絆ホールディングスグループの日本海ラボがことし初めて開きました。

 12日はエントリーした29チームのうち勝ち残った8チームが
それぞれ考案した新たなビジネスの目的や社会的役割などを制限時間7分の中でプレゼンテーションしました。

 審査の結果、妊娠・出産などの基礎知識をオンラインで学ぶことができるアイディアを発表した「産後ケアICTサポート」が
優勝しました。

 日本海ラボは今回提案された優秀なアイディアの事業化をサポートしていきたいとしています。

富山2020.09.13 13:14

三方五湖でゴミ拾い 約1トンのゴミ回収

秋の行楽シーズンを前に、若狭町と美浜町の三方五湖では地元の住民らが一斉清掃を行い、環境保全の意識を高めていた。(9月13日)


この清掃活動は、三方五湖保全協議会が行ったもので、若狭町と美浜町の住民らおよそ170人が参加した。

参加者は、マスク姿で密を避けながら湖岸沿いの道路を歩き、空き缶やタバコの吸い殻、それに漂着物のウキなどを拾い集めていた。

参加者した人からは「思ったよりゴミが少なかったので、この調子で段々マナーが向上してくれればうれしい」といった声が聞かれた。

参加者は1時間かけておよそ1トンのゴミを回収し、環境保全の意識を高めている様子だった。

福井2020.09.13 11:17

福井女子高生殺害 住宅の複数場所で血痕

福井市内の住宅で女子高校生が刃物で刺され死亡した事件で、犯行現場となった住宅の1階の台所や寝室など複数の場所で血痕が残っていたことが分かった。(9月13日)


この事件は、福井市黒丸城町の無職冨澤進容疑者86歳が9日夜、同居する孫で高校2年生の友美さん16歳の胸などを鋭利な刃物で複数回刺して殺害したとして、殺人の疑いで逮捕されたもの。

司法解剖の結果、死因は大量に血が流れたことによる失血死だったことが分かった。

捜査関係者の話によると、血痕は1階の友美さんの寝室など複数の箇所で見つかったほか、台所には最も多くの血痕が残っていて、警察では友美さんが台所で倒れたとみていている。

また台所には日本酒の紙パックが見つかっていて、警察では冨澤容疑者が犯行に至った経緯との関連付けを急いでいる。

福井2020.09.13 10:44

コシヒカリの刈り取り ことしは早めに

 県内ではコメの主力品種・コシヒカリが例年より早い刈り取り時期を迎えています。

 12日の県内は午前中から各地で晴れわたり、富山市金山新ではコシヒカリの刈り取りが行われていました。

 ことしは9月に入っても35度を超える猛暑が続いたことから県は今月4日に初めての「胴割米発生防止緊急特報」を出し、コシヒカリの早めの収穫を呼びかけています。

 農業組合法人 金山新営農 河原勝利代表理事
「とりあえず病気にかかっていないのでひと安心、(収穫できて)大変うれしい」

 コシヒカリの収穫について県は、今月10日ごろから本格化を迎えているとしていてコメの品質低下につながる胴割米の発生を防ぐため、晴れ間を最大限に活用して刈り遅れがないよう呼びかけています。

富山2020.09.12 17:05

登坂絵莉選手とウォーキングで心地よい汗

 歩くことを通じて健康づくりに取り組んでもらおうと12日、富山市でリオデジャネイロオリンピック レスリング女子金メダリストの登坂絵莉選手を招いたウォーキングイベントが開かれました。

 富山県民歩こう運動推進大会は、検温や消毒など新型コロナウイルス感染防止策を施して富山市の県中央植物園で開かれました。

 ゲストに招かれたのは、リオデジャネイロオリンピック レスリング女子金メダリストで高岡市出身の登坂絵莉選手です。

 イベントには、およそ580人が参加し、青空の下、登坂選手と2キロや3キロのコースを歩いて心地よい汗を流しました。

 このイベントは、運動習慣の定着を図ろうと県が年に2回開いているもので、次回は11月8日に富山市の富岩運河環水公園で行われます。

富山2020.09.12 16:59

自民党県連 知事選の運動方針・体制を確認

 来月25日投開票の県知事選挙について自民党県連は会議を開き、推薦する現職の石井隆一さんの運動方針などを確認しました。

 富山市内で開かれた自民党県連の会議には、宮腰光寛県連会長や県選出国会議員などが出席しました。

 石井さんは、「新型コロナウイルス対策や経済との両立など、富山県が直面する課題を解決したい」などと支持を訴えました。

 その一方で、新人の新田八朗さんを支持することを表明した沢崎豊県議と庄司昌弘県議は会議を欠席しました。

 県知事選挙には石井さん、新田さんのほか新人の川渕映子さんが立候補を表明しています。

 知事選は来月8日告示、25日投開票です。

富山2020.09.12 12:17

借り上げ料めぐる住民監査 請求退ける

 競輪事業のために富山市が施設所有者に支払っている借り上げ料は不当に高いとして地元の団体が請求した住民監査について、市の監査委員は11日、請求を退けました。

 富山競輪場の地元の岩瀬自治振興協議会は、富山市がことし2月まで競輪場の所有者だった地元の酒造会社に支払っていた借り上げ料金が29年間でおよそ190億円と、他県の例と比べて不当に高額であるとし、市に対し、不当に支払った額の返還請求をするよう求めています。

 これに対し市側は、借り上げ料金の設定は他県の事例とほぼ同じで合理的で妥当であると主張していました。

 市の監査委員は11日、監査対象を去年7月15日以降としたうえで、借り上げ料は不当に高額であるとは言えないとして請求を退けました。

富山2020.09.12 11:58

初秋を感じながら 三国花火を映像で楽しむ

今年中止となった三国花火大会を水の壁に投影し楽しむイベントが11日夜始まり、訪れた人たちを魅了した。


このイベントは、坂井市のゆりの里公園運営協議会が開いたもので、今年中止となった三国花火大会をプロジェクションマッピングで楽しんでもらおうと開いたもの。

坂井市春江町のゆりの里公園で11日夜始まったイベントでは、音楽に合わせて打ち上げられる花火の様子を水の壁や巨大水槽に映し出していた。

映像は去年の様子を4Kカメラで陸と空から撮影したもので、訪れた人は迫力ある光と音に見入っている様子だった。

このプロジェクションマッピングは、10月2日までの毎週金曜日の午後7時から行われる予定。

福井2020.09.12 11:34

“カッとなって”冨澤容疑者犯行認める供述

福井市内の住宅で女子高校生が殺害された事件で、殺人の疑いで逮捕された86歳の祖父が、酒を飲み「カッとなってやった」と供述していることがわかった。(9月12日)


殺人の疑いで逮捕された福井市黒丸城町の無職冨澤進容疑者86歳は、12日午前、身柄を福井地検に送られた。

冨澤容疑者は9日夜、同居する孫で高校2年生の友美さん16歳の胸などを鋭利な刃物で複数回刺して殺害したとして、殺人の疑いがもたれている。

警察の調べに対し、冨澤容疑者は酒を飲んで「カッとなってやった」と容疑を認める供述をしているとのこと。

犯行後には「けんかをしていたら動かなくなった」と、友美さんの父親に電話で話していたということで、警察では殺害に至った動機などを詳しく調べている。

福井2020.09.12 10:51

立山町 クマが納屋入り込みコメ食べる

 立山町の山沿いの農家の納屋に10日、ツキノワグマ1頭が入り込み、納屋の中のコメを食べているのが目撃されました。納屋のすぐそばに仕掛けられたおりには11日朝、成獣のクマがかかり駆除されました。同じクマとみられます。

 クマを発見した男性の妻
「(主人が)中を見たらクマが座っていて一生懸命コメを食べていた。主人がのぞいたらちょうど一緒に振り向いて目と目とあって(主人が)びっくりして逃げた」

 10日午前5時半ごろ、立山町目桑の農家の納屋で成獣とみられるクマ1頭が、中にあったくず米を食べているのを、この家の男性が見つけて町などに通報しました。男性にけがはなくクマは山の方向へ逃げていきました。クマは納屋の裏側に開けられた排気口から侵入したとみられます。

 クマを発見した男性の妻
「(主人は)いつもはすぐシャッターを開けてすぐ入るんですけど昨日に限って何か変だなと思って窓から見たら…クマが。ぬいぐるみのように真っ黒でびっくりしたと言っていました」

 クマを発見した男性の妻によりますと、今月8日とおとといにも納屋のくず米の袋が破られるなどの被害があり、クマが餌を求めて3日連続で納屋に来ていたものとみられます。

 そして、納屋のすぐそばに10日に仕掛けられたおりに11日朝、クマがかかっているのが見つかり、猟友会により銃で駆除されました。メスの成獣で、10日までと同じクマとみられます。

 クマを発見した男性の妻
「よっぽど食べるものがない。私たち山の中に住んでいてもすごく注意が必要なんだなと思いました」

 県によりますと、ことし、県内のクマの出没は先月末までで231件で、去年の同じ時期に比べて1.7倍です。人への被害は5人で記録のある2004年以降、同じ時期としては最多タイです。

 県によりますと、この秋は去年に引き続き山のドングリが不作で「ツキノワグマ出没警報」を出し注意を呼びかけています。

富山2020.09.11 19:21

脳外科手術で医療事故 患者に後遺症

 富山大学附属病院は11日、おととし行った脳外科手術で医療事故があり、患者に手足のまひなどの後遺症を生じさせたことを明らかにしました。この患者はその後、死亡しています。

 富山大学附属病院などによりますと、おととし1月、県内の70代の男性に行った脳の慢性硬膜下血腫の手術で、担当医師が頭蓋骨に開けた穴から切開しようとしたところ、誤って血管を傷つけました。男性には意識障害や手足のまひなどの症状が残り、その後、転院先の病院で誤嚥性肺炎で亡くなっています。

 遺族からの損害賠償請求を受けて病院側は調査を行い、男性患者の症状が手術によるものであり、手術前の検討などに過失があったと認めました。遺族とは今月、和解が成立したということです。

 富大附属病院は11日、ホームページに院長名で謝罪文を掲載し、「患者とその家族に大変な苦痛を与えたことを深くお詫び申し上げる」とコメントしています。

富山2020.09.11 19:18

5日ぶり 新たな新型コロナ感染者なし

 県内では11日、新型コロナウイルスの新たな感染者は、今のところ確認されていません。感染者なしは5日ぶりです。

 県と富山市は11日午後、会見を行い新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されなかったと発表しました。

 一方、10日に感染が確認された富山市の10歳未満の女の子は、すでに感染が確認されている富山市の30代男性と、立山町の常願寺ハイツスポーツ公園のプールのパート職員である30代女性の家族だと発表しました。この女の子は、感染が確認される前の今月6日から家族以外と接触が全くないことから、学校などに通っていたかなどは明らかにしていません。

 またパート職員の感染が確認された常願寺ハイツスポーツ公園では今月5日にプールを利用した38人の検査を行い、29人が陰性、9人が結果待ちです。

 県内の感染者は408人で、入院または入院を調整中の人は19人です。

富山2020.09.11 19:16

高岡医療圏にPCR検査センター

 新型コロナウイルスの検査体制充実を図ろうと、高岡市、射水市、氷見市による高岡医療圏に、PCR検査センターが設けられました。今月14日から検査を受けられるようになります。

 高岡医療圏PCRセンターは、地域の風評被害などに配慮するとして、設置場所は公開されていませんが、建物は11日報道機関に公開されました。検査を受けられるのは、高岡医療圏の医療機関で検査が必要と判断された人で、月曜日と木曜日の午後に、1日あたり最大10件ほどを検査します。

 業務開始は週明けの今月14日で、検体の採取はドライブスルーと建物内の両方に対応します。

 高岡市医師会 藤田一会長
「冬季になりますとインフルエンザなり、いろんな風邪か発熱が増えてくると思いますので、その中で新型コロナウイルス感染症との判別が、非常に重要になってくると思います」

 富山、新川、砺波の各医療圏はすでにセンターが設置されています。

富山2020.09.11 19:15

富山駅南口 複合ビルの商業施設 説明会

 JR西日本グループが富山駅南口で整備している複合ビルの商業施設に出店を希望する企業向けの説明会が11日、開かれました。現在ある「マリエとやま」などを含め、駅南口の商業施設を一体的に整備することを目指します。

 富山駅南で現在整備が進められている複合ビルは、地上12階建てで、JR西日本グループのホテルが入るほか、1階から4階は商業施設で、およそ80店舗が入る予定です。

 11日は商業施設の出店希望者に対し、説明会が開かれました。ファッション・雑貨や飲食店などを経営する企業からおよそ100人が集まり、中には駅南口の商業施設「マリエとやま」や「とやマルシェ」の店舗関係者もいました。

 商業施設には、マリエとやまからファッション関連の店舗を中心に移転することが検討されています。新しいビルとマリエとやまなどが連携して、駅周辺全体の充実を探る方針です。

 (運営する)富山ターミナルビル 黒瀬俊英常務
「新たな開発に興味を持たれてない時期なのかと思いましたけども、想定したよりも多くの方が出席していただいたので手ごたえはあった」

 複合ビルは2022年4月に予定通りオープンする見込みです。

富山2020.09.11 19:13

県外ナンバー車に傷つけた男 懲役4か月

 新型コロナウイルスの影響で県をまたぐ移動の自粛などが求められていたことし6月、富山市内で県外ナンバーの車に傷をつけたとして器物損壊の罪に問われた男に対し、富山地方裁判所は11日、懲役4か月の判決を言い渡しました。

 判決を受けたのは富山市猪谷の無職、幅金一被告(65)です。

 判決などによりますと幅被告は、ことし6月、富山市太郎丸の駐車場で県外ナンバーの普通乗用車に持っていた石で線状の傷をつけたとされます。

 11日の判決で小林礼子裁判官は「新型コロナウイルス感染への恐怖心を抱いていたとしても、相手の事情を顧みずに密かに自動車に傷をつけたことに正当化の余地はない。また別の罪で執行猶予付きの判決を受けたわずか1か月半後に、再度犯罪行為に及んだ点も厳しい非難を免れない」とした一方、「被告は事実を正直に認め、反省の情を示している」などとして求刑の懲役6か月に対し懲役4か月の判決を言い渡しました。

富山2020.09.11 19:08

高岡市 カボチャ地蔵のカボチャ決定

 高岡市で11日、地元の人などが作ったカボチャのコンテストが行われました。毎年恒例の「かぼちゃ地蔵」になるカボチャが選ばれました。

 コンテストは高岡市福岡町の福岡社会福祉センターこぶし荘で開かれ、ことしは10人が作った37個のカボチャがエントリーされました。

 このコンテストは毎年、「かぼちゃ地蔵」をつくるためのカボチャを選んでいます。11日は、集まった地元の人などがカボチャの大きさや、色、つや、そして地蔵に合う丸みかどうかなどを審査しました。

 その結果、最優秀賞には越後梅子さんが作ったカボチャが選ばれました。

 最優秀賞の・越後梅子さん「やっぱりうれしいですね。(こぶし荘に)来て、まだ元気でおるかどうかなあと思って」

 8代目かぼちゃ地蔵は最優秀賞など2つのカボチャを顔と胴体にして仕上げられ、来週中にはロビーに飾られてこぶし荘を訪れる人を迎える予定です。

富山2020.09.11 19:07

景気判断 7月から9月は回復

 財務省富山財務事務所が調査した県内企業の景気判断は、ことし7月から9月はマイナス1.6ポイントで、前回調査と比べて改善しました。

 この調査は富山財務事務所が県内企業125社を対象に行い、景気が上昇しているとした企業の割合から、下降しているとした企業の割合を引いた景況判断指数を発表しました。

 7月から9月の数値はマイナス1.6ポイントでした。前回4月から6月はマイナス62ポイントで調査開始以来最悪でしたが、大きく回復しています。

 富山財務事務所は、外出自粛の緩和による小売業の来客増加などが要因とみています。

富山2020.09.11 19:05

「昼カラ」感染NO カラオケ喫茶営業再開

「昼カラ」による新型コロナウイルスの感染拡大で、休業要請を受けていた福井と丹南地区のカラオケ喫茶が、感染予防を徹底して2週間ぶりに営業を再開した。(9月11日)


このうち、鯖江市三六町にある「カラオケ処みろく」も11日から営業を再開し、カウンターにはアクリル板を設置したほか、客にはマスク着用を徹底するよう呼びかけ。

また、ステージ前にはビニールのカーテンを設け、歌った後にはマイクの消毒やマイクカバーを交換するなど感染予防策を強化した。

この店のオーナーは、「除菌や3密を防ぎながら接客していこうと思う」と話していた。

県内のカラオケ喫茶関連の感染者は67人で、県は福井と丹南地区の104店舗を対象に日中の休業を要請していた。

なお、県内は3日連続で新たな感染者は確認されなかった。

福井2020.09.11 17:37

恐竜博物館 迫力の恐竜映像で魅力アップへ

北陸新幹線敦賀開業にあわせて、リニューアルを目指す勝山市の県立恐竜博物館の基本計画がまとまり、展示室の一面に恐竜を映し出す仕掛けなどで観光客をもてなす予定。(9月11日)


計画では、県立恐竜博物館の5700平方メートルを増築し、小さな卵型のドームがメイン施設となる。

この中には、高さ9メートル、幅16メートルの特別展示室が設けられ、実物大の恐竜模型を配置し、壁にも恐竜の映像を映し出して、迫力ある太古の世界の再現を目指すことに。

このほか、親子で恐竜の知識を深めることができるキッズライブラリーなどを新たに設ける計画で、オープンは北陸新幹線敦賀開業に合わせ2023年夏の予定している。

福井2020.09.11 16:16

女子高校生の孫を殺害 86歳祖父を逮捕

福井市の住宅で女子高校生が遺体で発見された事件で、警察は10日、同居する86歳の祖父を殺人の疑いで逮捕した。(9月11日)


逮捕されたのは、福井市黒丸城町の無職、冨澤進容疑者86歳。

警察の調べによると、進容疑者は9日夜、自宅の1階で同居する孫で高校2年生の冨澤友美さん16歳の胸などを鋭利な刃物で複数回刺して殺害した疑い。

2人は一緒に住み始めたばかりとの情報もあり、近所の人によると仲が良い印象だったいうこと。

警察では殺害に至った動機などについて、調べを進めている。

福井2020.09.11 12:07

棟方志功 福光時代の短歌や俳句

 世界的な板画家棟方志功が残した短歌や俳句を中心に紹介した企画展が、11日から南砺市の福光美術館で開かれています。

 棟方志功は、終戦間近の1945年から戦後の1951年にかけて旧福光町に疎開していました。

 およそ230点を集めた企画展では、棟方志功が当時活躍していた歌人や俳人とコラボレーションした作品や、福光の人たちとの交流のようすがうかがえる作品があり、福光で過ごした志功の思いを垣間見ることができます。

 また、志功と交流があった氷見市の歌人が所有し、初公開となる作品は、鮮やかな色づかいで観音が描かれています。

 この企画展は11月3日まで、南砺市立福光美術館で開かれています。

富山2020.09.11 12:03

気象なぜなに 暑さ一服 秋の訪れ?

 10日は秋を感じる気温でしたが、11日からはまた残暑が戻ってくるのでしょうか。この夏と秋のせめぎ合いですが、もうしばらく続きそうです。あと1週間ほどは平年より気温の高い状態が続く見込みです。

 10日正午の天気図です。南には夏の空気を持つ太平洋高気圧があり、北には秋の冷たい空気を運ぶ、低気圧があります。日本上空で秋雨前線となってせめぎ合っているという構図で、10日は秋が優勢でした。注目したいのは、中国にあるこの低気圧です。

 時間を巻き戻すと…、3日前、九州地方に大きな被害をもたらした台風10号だったことが分かります。

 南から暖かい空気を運び猛烈な暑さをもたらした台風が、北上すると一転して、冷たい空気を取り込んで南下してきたことが分かります。そして、暖かい空気とぶつかり、大気が不安定な状態となっています。

 10日に発表された1か月予報によりますと、気温は高い見込みで、特に期間のはじめは、かなり高くなる見込みです。降水量は平年並みでしょう。夏と秋のせめぎ合いは、夏が優勢な状態がもうしばらく続きそうです。

 富山市の2週間先までの予想最高気温を見ると、この先1週間は平年より高い日が続きますが、これまでより落ち着いてきます。2週目はさらに落ち着いて平年並みに近づく見込みです。

 あと1週間は30度を超える真夏日もある見込みですが、季節は確実に本格的な秋に向かっています。

富山2020.09.10 19:08

新規1人感染 再検査陰性で感染者数訂正

 新型コロナウイルスの感染者が県内で10日新たに1人確認されました。一方、8日に感染を発表した富山市の男性2人について、その後のPCR検査で陰性が確認されたとして、感染者から除きました。これで感染者数は408人となっています。

 新たに感染が確認されたのは、富山市の10歳未満の女の子です。県は詳細について、11日の会見で明らかにするとしています。

 また県と富山市は、8日に感染者として発表した富山市の男性2人について、再検査の結果が陰性だったとして感染者から除きました。2人は、同じ医療機関で行った抗原検査で陽性となりましたが、入院先の医療機関で再度PCR検査を行ったところ結果は陰性でした。再検査による除外は県内では初めてです。

 これで県内の感染者は10日の時点で408人です。また入院患者20人のうち、9日まで重症だった1人の症状が回復し、重症者はいなくなりました。

富山2020.09.10 19:07

富山市選出の中川忠昭県議 自民党会派離脱

 県知事選挙をめぐる動きです。県議会自民党会派で富山市選出の中川忠昭県議が、10日県連に対し、会派離脱を申し出ました。中川県議は、県連が推薦を決めた現職の石井隆一さんではなく新人の新田八朗さんを支持する動きをみせていて、会派は申し出を了承しました。

 また同じく新田さん支持を表明している、庄司昌弘県議と沢崎豊県議について会派は近く党紀委員会を開き、処分を決める見通しです。

 これは、10日に開かれた県連の常任総務会で了承されました。

 自民党県連 五十嵐務幹事長
「本日、中川忠昭議員から『会派を離する』という申し入れがありました。了解したということであります」

 県知事選をめぐり、中川県議は県連が推薦を決めた現職の石井隆一さんではなく、新人の新田八朗さんを支持する動きを示し、県連から「常任総務の役職停止」などの処分が出ていました。

 中川忠昭県議
「将来の自民党のこと考えると、ここは会派を離脱して、私の信念を貫くためにも新田支持を続けて選挙戦に臨むと、この方がわかりやすいんじゃないかなということで決断をしたわけであります。苦渋の選択と言いましょうかね、非常に残念な思いだと私は思っています」

 一方、9日夜開かれた新田陣営のイベントに出席し、支持する意向を示した魚津市選出の沢崎県議と、同じく新田さん支持を表明していた富山市選出の庄司県議について、県連は近く党紀委員会を開き、処分を検討する方針です。

 中川県議は今後新会派をつくるにあたり、この2人に声をかける可能性もあるとしました。

 中川忠昭県議
「同じ方向を向いているわけだからね。ぜひそうなれば一緒にということをお願いしたほうがいいのかもわからんね」

 沢崎県議は取材に対し「中川県議が新会派を設立したら合流するのは選択肢の1つ。新田さん支持という点も含め中川県議に共感する部分はある」

 庄司県議は「中川県議が新会派を設立したら合流する可能性はある」と話しています。

富山2020.09.10 19:04

酒気帯び運転の警察官 懲戒免職処分

 先月、高岡市で酒気帯び運転をして逮捕された警察官の男について、富山県警は10日、最も重い懲戒免職処分としました。

 免職処分となったのは、県警察本部通信指令課の元巡査で、高岡市角の米田涼悟容疑者(25)です。

 県警によりますと、米田容疑者は先月12日未明、酒に酔った状態で車を運転し、高岡市野村の県道交差点で信号無視をしたところを警察車両に発見され逃走。およそ1.4キロ離れたところで田んぼに脱輪し、その場で現行犯逮捕されました。

 処分は10日付けで、検察が任意で捜査を進めています。

 また県警は、自宅で児童ポルノ動画などをネット上で公開したとして、富山県警の巡査が愛知県警に書類送検されていたことを明らかにしました。県警は今月3日付けで、この巡査を減給1か月の処分としています。

富山2020.09.10 19:03

不浄をはらう「トイレの神様」 特別展示

 こちらは高岡市の国宝・瑞龍寺に祭られている烏瑟沙摩明王像(うすさまみょうおうぞう)です。不浄をはらうことから「トイレの神様」とも呼ばれています。この明王像がいま、厨子から出された状態で特別展示されています。山田記者がお伝えします。

 憤怒の表情と、左足を高く上げた躍動的な姿。

 「こちらが烏瑟沙摩明王像です。高さ117センチと、国内最大級の大きさだということです」

 普段は、厨子の中に祭られている明王像が、今月7日から始まった調査に伴い、厨子から出された状態で展示されています。通常は見ることができない後ろ姿もしっかり堪能できます。

 四津谷道宏住職
「烏瑟沙摩明王というのは、トイレの守護神。元々はインドに起源があって、お釈迦様に対して、不浄な行いをした猪頭天に烏瑟沙摩明王が怒りつけている」

 かつては瑞龍寺の東司、現在でいうトイレに祭られていました。しかし火事で焼失したため、現在の場所に安置されているということです。近くで見ると、かすかに色が残っているのがわかります。

 四津谷道宏住職
「(当時の)極彩色が際ぎわに残っている。(色が)欠落した部分はあるんですけど、この機会にどのような姿だったのかを図案化しようかと。高岡銅器で作ったレプリカに、その彩色をのせられないかと考えている」

 威厳を称えた明王像。不浄を許さぬそのにらみで、新型コロナウイルスも退散させてくれないでしょうか…。

 四津谷道宏住職
「コロナで中々旅行に行けないということが続いていたが、遠くへ行くことだけが旅行ではない。自分の近くに意外と素晴らしい仏様や神様があるんだと、そういうところを回って、身近な素晴らしいものに気づいていく方が、いい旅になるのでは」

 瑞龍寺の烏瑟沙摩明王像、厨子から出た状態で鑑賞できるのは年末までということです。

富山2020.09.10 19:02

三協立山 平能正三新社長が会見

 先月27日に三協立山の社長に就任した平能正三新社長が会見を開き、厳しい業績を踏まえて、収益アップにこだわった経営を進める考えを示しました。

 平能正三新社長は高岡市出身の62歳で、国際事業統括室長などを歴任し、先月27日に社長に就任しました。

 三協立山のことし5月期の連結決算は3年連続の最終赤字となっていて、平能社長は、不振が続く国際事業について、新型コロナウイルスの影響で受注量は減少しているが、回復の兆しがあるとして、今後も事業計画を変えずに展開する考えを示しました。

 平能正三新社長
「収益が現在、実現していないわけですので、ここをどうしても改革していかねばならないと。今持っているものをいかしながら領域拡大をはかるということが一つです、そしてまた、新しい事業にもトライしていく」

 平能社長は、5G通信環境構築に向けた商品開発など、新規事業に挑戦する考えを示しました。また今期の業績予想について、来年1月の中間決算で発表するとしました。

富山2020.09.10 18:55

救急隊員 災害救助で医療関係者と連携を

 災害発生時の救助にあたり、救急隊員と医療関係者の連携を図るための研修会が10日、南砺市で開かれました。

 南砺消防署で行われた研修会では、県内の救急隊員およそ80人が災害派遣医療チーム「DMAT」と広域災害救急医療情報システム「EMIS」について学びました。

 「DMAT」は大規模な災害が発生したときに現場で活動する医療チームです。研修会では、「DMAT」として活動する医師が「出動した際には現地の救急隊員とどう連携するかが大切」などの声を紹介しました。

 また「EMIS」は救急隊員などがインターネット上で災害医療に関わる情報を共有し、被災地域での速やかな対応に役立てるものです。参加者は「EMIS」を実際に操作して使い方を学びました。

 参加者
「EMISのようなものを活用して今後の大きな災害に対しての消防の活動の幅が少し広がったかなというふうに感じます」

 こうした研修は今年中に3回、県内他の地域でも行われます。

富山2020.09.10 18:54

射水市の43歳男を殺人罪で起訴

 先月、高岡市のアパートで女性が殺害された事件で、富山地方検察庁は10日、逮捕送検された射水市の43歳の男を殺人の罪で起訴しました。捜査関係者によりますと、男は「交際トラブルがあった」などと話しているということです。

 殺人の罪で起訴されたのは、射水市あおば台の無職 福冨将史被告(43)です。

 起訴状などによりますと、福冨被告は先月15日夜、高岡市石瀬のアパートで、この部屋に住む会社員 清水史子さん(47)の首をひもで絞めて殺害したとされています。富山地検は、被告の認否を明らかにしていません。

 捜査関係者によりますと福冨被告は、「清水さんと交際を巡ってトラブルになり殺害した」などと供述しているということです。

富山2020.09.10 18:53

地元の海の幸が学校給食のメニューに

福井の地魚をメニューに盛り込んだ学校給食の提供が始まっていて、県内の児童や生徒たちが地元の海の幸を味わっている。(9月10日)


県は今年の6月補正予算で、新型コロナの影響で消費の落ち込んだ県産のコメや魚を学校給食で提供する取り組みを始めている。

県内の学校では9月に入って地魚を食材とした学校給食が始まっていて、福井市の和田小学校では10日に、ふくいサーモンのフライが登場した。

児童からは美味しいといった声が相次ぎ、「もっと大きいフライを食べたい」との声も聞かれた。

地魚を使った学校給食は来年3月まで続き、天然モノの甘えびや甘ダイ、それにブリやシイラなどが焼魚や揚げ物にして提供されることになっている。

福井2020.09.10 16:36

ちょうちん100個 インスタ映えで人気

名水のまち大野市のシンボルになっている御清水で、カラフルなちょうちんの灯かりが夜の観光地を彩っている。(9月10日)


このライトアップは大野市観光協会が行っているもので、大野市の御清水には8色のちょうちん100個あまりが飾られている。

古くから市民の水として暮らしに溶け込み、観光名所としても親しまれる場所が写真映えするスポットに変わり、撮影に来る若者も増えているという。

ちょうちんによる御清水のライトアップは、9月末まで午後7時から午後11時までで楽しむことができる。

福井2020.09.10 16:23

約1か月ぶり 予想最高気温30度に届かず

 10日の県内は、雲が広がり雨のところが多くなっていておよそ1か月ぶりに最高気温が30度を超えない見込みです。

 東北から西日本にかけて前線が伸びている影響で県内には雨雲がかかり、雨が降ったりやんだりの天気となっています。10日日中の予想最高気温は、富山市、高岡市伏木ともに29度です。

 先月9日から今月9日まで、32日連続で30度を超える真夏日が続いていましたが、厳しい暑さは、一服する見込みです。

 富山駅では10日朝、日差しが少なく過ごしやすい天気の中、長袖の服や上着を着て歩く人の姿が多く見られました。

 11日も、雲の多い状態が続いて、昼頃からはところどころでにわか雨や、雷雨がある見込みです。

富山2020.09.10 11:48

明治から令和へ 近現代日本絵画の魅力

 西欧からの美術と日本の伝統的な美術の中で発展してきた、近現代日本絵画の魅力を紹介した企画展が、砺波市美術館で開かれています。

 「近現代日本絵画展」は、明治から令和に続く日本画・洋画の魅力をたどろうと、黒田清輝や横山大観といった巨匠から現代の作家までの日本画と洋画あわせて55点で構成しています。

 屏風に描かれたこの作品は、たらしこみというふでに水をたっぷり含ませた技法でバラの花びらが描かれ、色の濃淡や立体感が、個性的に表現されています。

 いっぽうこちらの洋画は、一見すると写真のように見える細密に描かれた人物画が美しく独特の繊細な魅力があります。

 この企画展は、10月21日まで砺波市美術館で開かれています。

富山2020.09.10 11:48

ボリビアリスザル赤ちゃん愛らしい姿が人気

手のひら程の大きさのボリビアリスザルの赤ちゃんが鯖江市の動物園で誕生し、今は母親ザルから離れない愛らしい姿を楽しめる。(9月10日)


鯖江市の西山動物園では、今月5日にボリビアリズザルの赤ちゃん1匹が生まれ、一般公開されている。

赤ちゃんザルは体長は12センチ、体重は150グラムと手のひらほどの大きさで、母親ザルに1日中しがみついているため、性別は分からない。

西山動物園によると、赤ちゃんザルは徐々に“親離れ”していくということで、年内いっぱいは母親ザルに甘える愛らしい姿を楽しめるとのこと。

福井2020.09.10 11:33

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース