北陸のニュース

コロナ感染拡大注意報 2月28日で解除へ

県内で新型コロナの新たな感染者は確認されず、県は感染状況が落ち着いているとして感染拡大注意報を2月28日で解除する。(2月25日) 県によると、新型コロナウイルスの新たな感染者は2日ぶりに確認されず、感染者の累計は544人のままとなっている。 入院している人は1人減って14人で、重症患者はいない。 また、24日に感染が確認された関西電力社員の同僚ら74人の検査結果はすべて陰性だった。 こうした状況を踏まえ、県議会の一般質問で杉本知事は感染拡大注意報を2月28日で解除すると説明した。 県は1月7日に注意報を発令し2日後には警報に引き上げていて、高齢者施設のクラスターなどにより一時は病床の使用率が3割を超えるなど緊急事態レベルを上回った。 しかし、この1週間の感染者の累計が7人で、病床の占有率が5.5パーセントといずれの指標も注意報レベルを下回っていることから注意報の解除を決めた。 感染拡大注意報は解除されるが、県は人の出入りが活発になる年度替わりに向けて、引き続き感染対策の徹底を呼び掛けている。

福井 2021.02.25 15:10

感染対策徹底し関門挑む 国公立大一般入試

国公立大学一般入試の前期日程が25日に始まり、感染予防を徹底するなか約1900人の受験生が試験に臨んでいる。(2月25日) このうち永平寺町の県立大学永平寺キャンパスでは、受験生たちが建物の入り口で検温と消毒を行い試験会場に向かっていた。 また教室内にはフェイスシールドが配られ、希望する受験生は着用できるようにしたほか、例年80人ほどが入る教室は50人に人数を減らし間隔を広げるなど感染予防を徹底していた。 県立大学では4つの学部であわせて836人が志願しているほか、福井大学で1037人、敦賀市立看護大学で101人と県内3つの大学で1974人が関門に挑んでいる。 福井大学の医学部では26日も試験が行われ、合格発表は敦賀市立看護大学が3月3日で、県立大学と福井大学は3月6日となっている。

福井 2021.02.25 13:28

国公立大2次試験 石川県内4大学でも開始 金沢大は後期日程廃止で前期のみ 受験生が難関に挑む

25日から全国の国公立大学で2次試験の前期日程が始まり、石川県内でも4つの大学で受験生が関門に挑んでいる。 このうち、金沢大学では、25日朝、厳しい冷え込みの中、試験会場へと向かう受験生の姿が見られた。 金沢大学の前期日程では1539人の募集定員に対し、3729人が志願していて倍率は去年より0.37ポイント高い2.42倍となっている。 また、金沢大学を第1希望とする受験生をより広く受け入れるため、今回の入試から前期日程の定員を増やし、後期日程を廃止する措置が取られている。 合格発表は3月10日に行われる。

石川 2021.02.25 13:25

石川県内 25日朝は全観測地点で氷点下に 渡り鳥のコハクチョウは旅立ちの時期迎える

25日朝の石川県内は、各地で気温が下がり、すべての観測地点で氷点下となるなど、厳しい冷え込みとなった。 放射冷却現象の影響で未明から朝にかけて気温が下がり、冷え込みが強まった石川県内。 最低気温は輪島市の三井や白山河内で氷点下5.2℃となるなど、全ての観測地点で0℃を下回った。 こうした中、羽咋市の邑知潟では渡り鳥のコハクチョウが旅立つ時期を迎えていて、鳴き声を合図に数羽が集まると群れを成して飛び立ち始める様子が見られた。 気象台によると、日中の気温は金沢で10℃、輪島で7℃まで上がる予想で、寒暖差の大きい一日となりそうだ。(25日11時時点の情報)

石川 2021.02.25 13:24

富山県内でも国公立大学で二次試験始まる

 全国の国公立大学で25日から2次試験の前期日程が始まりました。  このうち富山県立大学射水キャンパスでは新型コロナウイルス対策として机といすなど室内を事前にアルコール消毒し、受験生は全員マスクを着用して試験に挑んでいます。  富山県立大学では工学部と看護学部あわせて283人の定員に対し874人が出願していて平均志願倍率は3倍となっています。また感染するなどした受験生への救済措置として大学入学共通テストの結果を参考に合否を判断するということです。  県内ではこのほか富山大学でも前期日程の試験が行われています。富山大学では全学科あわせて1117人の募集定員に対し3407人が出願していて、平均の志願倍率は3.1倍です。  合格発表は富山大学が来月8日、富山県立大学は来月9日にそれぞれ行います。

富山 2021.02.25 11:55

46番目 立憲民主党 富山県連設立承認

 立憲民主党富山県連は24日、党本部の常任幹事会で設立を承認されました。  県連の設立は今月22日付けで、社民党県連の菅沢裕明元代表と旧国民民主党出身で衆議院選挙富山1区立候補予定者の西尾政英さんが共同代表に就きました。  また、富山市議会の社民党議員会の市議3人が立憲民主党に入党し、4月の市議会議員選挙で推薦を受けることが決まりました。  県連は、近く県選管に設立を届け出る方針です。立憲民主党が承認した都道府県連の設立は、鹿児島を残し富山が46番目となります。

富山 2021.02.25 11:55

全国一斉に「新型コロナ生活相談」実施

 新型コロナの影響で生じた労働や生活に関する悩みに弁護士が無料で答える電話相談会が25日、全国一斉に行われています。  この「全国一斉新型コロナウイルス感染症生活相談ホットライン」は、新型コロナの影響で生じた労働や生活に関する悩みに対し弁護士が電話で相談に応じるものです。  「解雇や雇い止めにあった」「給付金詐欺や誹謗中傷にあった」「生活保護を受けられるか知りたい」など、様々な相談に無料で対応します。  25日午前にはコロナの影響で会社の業績が悪化したため、ローンが返済できず、債務整理を行うための手続きの方法を教えてほしいという個人事業主からの相談がありました。  この電話相談に予約は不要で25日午後7時まで受け付けています。受け付け電話番号は電話料無料のフリーダイヤル0120・254・994です。

富山 2021.02.25 11:55

南砺市 野鳥の死骸から鳥インフル陽性反応

 県は24日、南砺市内で見つかった野鳥1羽の死骸から、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表しました。今後、国の機関で高病原性かどうかを調べます。  県自然保護課によりますと、24日に南砺市野尻地内で、野鳥の「ノスリ」1羽が死んでいるのが見つかり、西部家畜保健衛生所に持ち込まれました。  簡易検査をしたところ、A型鳥インフルエンザの陽性反応が確認されたということです。  高病原性インフルエンザウイルスであるかどうかは国の機関で行う確定検査で確かめる予定で、判明には1週間ほどかかる見込みです。  これを受け県は、死骸が見つかった地点から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域とし野鳥の監視を強化するとしています。

富山 2021.02.24 20:58

【石川県・新型コロナ】24日は12人感染 片町地区の一斉検査は全て陰性

石川県は24日、新型コロナウイルスについて新たに12人が感染したと発表した。 石川県によると24日午前10時までに確認した259件の検査の結果新たに12人が陽性と判明した。 クラスター関連では能美市立病院関係で2人。このほか、濃厚接触者などが4人、感染経路不明者が6人となっている。 また、片町地区の飲食店関係者の一斉検査は134件行われ、全員、陰性だったという。

石川 2021.02.24 19:33

富山地鉄タクシー 来月末廃業

 新型コロナウイルスの影響で県内のタクシー会社が廃業です。富山市の富山地鉄タクシーは、コロナの影響による利用激減で売上げが大きく落ち込み建て直しが難しいとして、来月末で廃業することを決めました。  富山地鉄タクシーはタクシー38台を保有する県内では中堅のタクシー会社です。会社によりますと近年の需要低下傾向に加え、去年からは新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や飲食店の時短営業で、観光客や夜間の送迎の利用が大きく落ち込んだため廃業を決めたということです。  タクシー業務は来月31日まで行い、その後、会社の清算手続きに入るとしています。  県タクシー協会によりますと、今年度に入り県内でのタクシー会社の廃業は、事業譲渡や吸収合併を除けば初めてだということです。また、県内タクシー業界全体では、先月の売上げは去年の同じ時期と比べてほぼ半減していて、依然として苦しい状況が続いているということです。

富山 2021.02.24 19:33

石川県内 珠洲と七尾で相次ぎ火災が発生 珠洲では複数の住宅に延焼も

23日、石川県珠洲市と七尾市で火事が相次いだ。このうち、珠洲では住人の男性が搬送されたほか、周囲に延焼し、複数の家に被害が及んだ。 火事があったのは石川県珠洲市蛸島町にある住宅だ。火は、木造2階建ての住宅と倉庫の2棟を全焼したほか、隣接する民家などに延焼し、およそ4時間後に消し止められた。 この火事でこの家に住む男性が煙を吸い込み病院に搬送された。 消防によると、実況見分の結果、延焼は周辺の民家5棟で確認されたという。また出火当時、現場周辺では風速4メートルの北西の風が吹いていた。 一方、石川県七尾市でも23日夜、納屋などを焼く火事があった。 火事があったのは七尾市万行町の住宅の敷地内にある納屋と物置で、23日午後11時半すぎ、付近の住民から消防に通報があった。 火は、納屋1棟と物置2棟を全焼し、およそ3時間半後に消し止められた。けが人はいないという。

石川 2021.02.24 19:33

石川県珠洲市でワクチン接種の模擬訓練実施 職員の配置や動線を確認

石川県珠洲市では24日、新型コロナワクチン接種の模擬訓練が行われた。 珠洲市では市の人口の8割にあたるおよそ1万人が接種を受けると想定している。 受付から接種までをスムーズに行うため、担当職員の配置や接種者の動線などを確認していた。 30分間に15人のペースで行うためには、動線をわかりやすくすることや、案内や説明を一緒に行って時間を短縮するなど、課題も見えたという。 珠洲市では、今後、接種実施の流れを修正していきたいとしている。

石川 2021.02.24 19:28

石川県にワクチン1万人分 前倒しで接種へ 大規模医療機関から開始

石川県内の医療従事者に対するワクチンの接種が3月5日をめどに始まることになった。当初の予定より1週間ほど早まっており、まずは大規模医療機関から順に接種を始める予定だ。 24日に開会した石川県議会で、谷本知事は、県内の医療従事者に優先接種するワクチンが、3月1日から出荷されることを明らかにした。 石川県内に配布が決まったのはおよそ1万人分で、まずは、コロナ患者を受け入れている県立中央病院など5つの大規模医療機関で働く医療従事者を対象に接種を行う。 早ければ3月5日にも接種が始まり、当初の予定より1週間ほど前倒しされた。 ただ、ワクチンの接種を希望している県内の医療従事者は合計で4万4000人ほど。現在、具体的な配布スケジュールが示されているのは1万人分までで残りは未定だ。 4月からは65歳以上の高齢者から順に一般向けの接種が始まる予定だ。

石川 2021.02.24 19:26

石川県の時短要請受け ランチ始める店も 繁華街では夜間の売り上げ補う動きが

石川県・片町地区の飲食店を対象とした時短要請は、24日で3日目となる。対象地域の飲食店を昼の時間に訪ねると、そこでは、新たな動きが始まっていた。 22日から始まった石川県による片町地区の飲食店への時短要請。対象の地域では、期間中の休業を決めた飲食店もあった。 その一方で、通常、夜間のみの営業だという片町地区の居酒屋では昼前から店を開ける準備を整えていた。 夜間の売り上げを補うため、22日から早速、ランチメニューの提供を始めたという。 1月にオープンしたばかりだというホルモン鍋の店でも、オープン直後にランチ営業を始めたという。時短要請を見越して先手を打った形だ。 夜間と比べて、客の滞在時間が短いランチ営業。ホルモンを下茹でするなど客席での加熱時間を短くしてすぐに食べらえるよう工夫したという。 時短要請に対応しながら、売り上げへの影響を最小限に。3月7日の要請解除まで、それぞれの店の奮闘が続く。

石川 2021.02.24 19:25

富山県内 24日は新規感染者なし

 富山県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は24日はこれまでに確認されていません。  県によりますと25日は午後5時までに新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されていません。感染が判明した日ごとで見ると、新規の判明なしは今月20日以来4日ぶりとなります。  また23日に感染が発表された小矢部市の40代の女性会社員と滑川市の30代の男性会社員の2人はいずれも感染経路がわかっていません。  県内の感染者は、累計で23日と変わらず905人で、入院者は20人、重症者は23日より1人減って2人です。

富山 2021.02.24 19:03

再開の富山県民宿泊割引 申し込み倍率4倍

 新型コロナをめぐる富山県内対応ステージの緩和に伴い、県が24日から再開した、県民が県内で宿泊する際の料金を補助するキャンペーンで応募の倍率がおよそ4倍にのぼっていることがわかりました。  これは、24日の定例会見で新田知事が説明しました。観光業者への支援は国のGOTOトラベルが去年12月から停止されています。一方、県は、県独自の対応レベルを今月15日にステージ1に緩和したのに伴い「地元で泊まろう!県民割引キャンペーン」を再開することを決め、15日から18日まで直接、施設に予約する枠1万人と旅行会社経由で予約する枠1万人の、合わせて2万人を募集しました。その結果、申し込みが8万1701人分にのぼり、倍率は4.1倍に達しました。  当選者には、はがきで通知されていて、23日から予約の受け付けを始め、24日から来月31日の宿泊まで割り引きが適用されます。

富山 2021.02.24 18:58

県予算のデジタルトランスフォーメーション

 先週発表された県の新年度予算案で私たちの暮らしがどう変わるのかを考えるシリーズは、デジタル情報技術の革新で日々の生活をよりよくするDX=デジタルトランスフォーメーションについてです。  ロボットやインターネットなどの技術を活用して省力化や品質の向上を目指す「スマート農業」は、担い手の不足や高齢化が深刻な農業分野で、活用が期待されています。  このように、さまざまな課題を高度な情報通信技術を使って解決しようとするのが、DX=デジタルトランスフォーメーションです。トランスフォーメーションとは変化や変革のこと。新年度、県はこのDXに力を入れます。  新田知事 「先進国の中でも日本は遅れている。その中でも最先端とはいえない富山県ですからこのDXを進めなければいけないというのは大切なことには違いないわけです。デジタル武装されても田園風景、田園都市という富山は残さないといけない、それもそれぞれであってはだめ、うまく融合した地域、これが富山県が目指す方向ではないかと思う」  新年度予算案ではスマート農業の推進に1800万円あまり、山あいの地域でドローンを使って配送する物流の実証実験に800万円、5Gや「バーチャルリアリティ」を組み合わせた新しい旅行スタイルの実証に9700万円あまりなど、さまざまな分野で計上しています。  そして、DXを担う「人づくり」も不可欠です。  富山県立大学 下山勲学長 「就職してその会社でDXという軸で活躍できる人を提供したいというのが1つ大きなポイントです」  DXを担う人材の育成と研究を強化する、仮称・DX教育研究センターを富山県立大学に16億6900万円をかけて整備します。  センターには外部と高速で大容量のデータがやりとりできる通信環境を備えます。また、人間の視覚や触覚など感覚や動きを、離れたロボットに伝える装置など最新鋭の設備を導入します。  「壁がほとんどないようなオープンなスペースとして設計を進めています。でその心というのは、ちょっと隣を見たら何を研究しているのかなどんなプロジェクトをしているのかなみたいなことがわかるような」  センターは来年4月の利用開始を予定し、これに合わせて学生の定員も増やします。また、地元企業にも開放し共同研究を行う計画もあります。  「いろいろな分野の人と協同してデータの利活用あるいは新しい ビジネスがつくれていくあるいは自分がベンチャーを作ってやろうという気概を持っていく。そういった人材ができたらいいなと」  また、富山大学とも協力しデータの活用や教育を推進する事業に2300万円をあてます。  そして、県の仕事もDXを目指します。各種手続きのオンライン化を進める事業に700万円あまりを計上したほか、これまで県内市町村が個別に運用していた電子入札システムを県と共同に使えるものに更新します。  新田知事 「仕事の取捨選択する、はんこなんてもっともわかりやすいことですが、はんこなんているのかというところから始まって、まず仕事のやりかたをトランスフォーメーションする、その上でのデジタルが大切だというところ、それを忘れないようにやっていきたい」  民間出身の発想とスピード感をアピールする新田知事の腕の見せ所ともいえるDXは、人口減少時代の富山にとって欠かせない取り組みです。

富山 2021.02.24 18:56

国公立大学入試 25日から前期日程

 国公立大学の一般入学試験前期日程は25日から始まります。それを前に富山大学五福キャンパスでは、準備が行われました。  富山大学の前期日程は9つの学部で1117人の定員に対し、3407人が出願していて、平均志願倍率は去年より0.3ポイント低い3.1倍です。  試験は25日と26日で、合格発表は来月8日です。新型コロナウイルス対策としてアルコール消毒液を設置するほか、受験生に対し、マスク着用とマスクを入れる袋の持参を呼びかけています。  また感染するなどした受験生のために、来月22日に追試験を行います。県内では25日、富山県立大学でも前期日程の試験が行われます。

富山 2021.02.24 18:55

今冬 積雪最大128センチ 短期間に大雪

 富山地方気象台は、この冬の天候のまとめを速報値で発表しました。去年12月から今月21日までの富山市での観測です。  積雪は最大で128センチで35年ぶりに1メートルを超え、平年の62センチ、昨シーズンの15センチを大幅に上回りました。降雪量の合計も386センチと平年の345センチ、昨シーズンの34センチをすでに上回っています。  また、月ごとでは12月の積雪の最大は36センチ、先月は128センチ、今月は57センチで、比較的短期間に大雪となるケースが目立ったとしました。  一方、来月からの3か月予報も発表しました。来月・3月は気温が高い見込みで5月も平年並みか高い見込みです。降水量はいずれもほぼ平年並みです。  また、6月から8月の夏の予報も発表しました。気温は平年並みか高い見込みで、梅雨の時期の降水量は平年並みか多い見込みです。気象台は、梅雨時は大雨に注意が必要で、梅雨明け後は暑さが厳しくなる可能性があるとしています。

富山 2021.02.24 18:54

世界各地から 工芸作家の力作ずらり

 若手工芸作家を対象にした国際的な公募展が富山県美術館で25日から一般公開されます。  「国際工芸アワードとやま2020」は50歳以下の工芸作家や職人を対象にした国際公募展です。24日は、新田知事や選考委員などが出席して開会式が行われました。  公募展には、世界62の国と地域から709点の応募があり、最優秀賞に選ばれたイギリスのガレス・ニールさんの作品など114点が展示されています。  様々な技法や材料を生かした表現豊かな作品を鑑賞することができます。  また、4年前に開催された「国際北陸工芸アワード」の最優秀賞受賞者による和紙でできた作品も特別展示されています。  この公募展は25日から一般公開されます。

富山 2021.02.24 18:52

合同企業“研究会” コロナ禍で前倒し開催

コロナ禍で活動が制限される学生の就職戦線に変化が出ている。 就職活動が解禁された後の3月が定番になっていた合同企業説明会が、「研究会」に名称を変えて開かれた。(2月24日) 県は例年3月に合同企業説明会を開いていたが、コロナ禍で就職活動が制限される可能性があるため、「研究会」と名称を変えて前倒し開催されたもの。 会場のサンドーム福井では、企業ブースを倍の広さにした上で、学生との間に透明のシートを設けるなど感染予防を徹底していた。 来年就職を迎える学生は関心のあるブースを訪れては、職場環境や企業理念などについて質問していた。 なお、企業研究会は24日と25日の2日間開かれ、参加する284の企業も半分に分けるなど、密を避ける工夫をしている。

福井 2021.02.24 16:18

関電社員ら2人コロナ感染 同僚の検査進む

新型コロナウイルスに美浜原発に勤務する関西電力の社員ら2人の感染が分かり、県が同僚74人の検査を進めている。(2月24日) 県によると、感染が分かったのは、敦賀市の50代男性とその同居家族の50代女性。 男性は、関西電力の社員で美浜原発に2月16日まで出勤しており、県が接触のあった同僚や通勤バスに同乗した74人の検査を進めている。 県内の感染者の累計は544人になり、15人が入院していて重症患者はいない。 県内では、病床のひっ迫状況と1週間の感染者の累計が注意報レベルを下回っていて、県は2月28日までの感染拡大注意報を解除するかどうか今週中に判断する。

福井 2021.02.24 14:31

金沢市が土砂災害防止へパトロールを開始 雪解けのこの時期は注意を

雪解けによる土砂災害を防ごうと、石川県金沢市は24日から団地や道路を点検するパトロールを始めた。 金沢市では、2012年に鈴見台で発生した大規模ながけ崩れを受け、毎年、雪解けが進むこの時期にパトロールを行っている。 対象となるのは雪崩などが発生したことのある12地区の道路と土砂災害特別警戒区域などにある31の団地だ。 24日朝は市の職員が山王町の住宅地に隣接する斜面で、地面に亀裂が入っていないかや、水が湧き出ていないかなどを点検していた。 パトロールは3月1日まで行われ、危険が確認された場合は住民に注意を促すという。

石川 2021.02.24 12:26

石川県の珠洲市と七尾市で火事相次ぐ

23日午後、石川県珠洲市内で住宅を全焼する火事があった。住人の男性が搬送されたほか、少なくとも7軒に延焼したとみられている。 火事があったのは石川県珠洲市にある住宅で、付近の住民から消防に通報があった。 火は、木造2階建ての住宅を全焼したほか、隣接する民家など少なくとも7軒に延焼したとみられ、約4時間後に消し止められた。 この火事でこの家に住む男性が煙を吸い込み病院に搬送されたが、命に別状はないという。 一方、石川県七尾市でも23日夜、納屋などを焼く火事があった。 火事があったのは七尾市万行町の住宅の敷地内にある納屋と物置で、23日午後11時半すぎ、付近の住民から消防に通報があった。 火は、納屋1棟と物置2棟を全焼し、約3時間半後に消し止められた。けが人はいないという。

石川 2021.02.24 12:26

県立高校志願変更 25日以降ピーク見込み

県立高校一般入試の志願変更の受け付けが始まり、福井高専の合格発表を受けて25日以降が手続きのピークとなる見込み。(2月24日) このうち普通科で1.79倍と最も倍率が高かった福井市の高志高校でも午前9時から受け付けが始まった。 感染症対策として応接室の窓を開けて換気しているほか、受験生の保護者はシールド越しに手続きをしていた。 福井高専の合格発表を受けて25日以降が志願変更のピークと見られていて、26日の正午まで受け付けている。 なお学力検査は、3月4日と5日に行われ合格発表は12日。 今回は受験生が新型コロナウイルスに感染した場合などを想定し、予備日程の特別検査を設けている。

福井 2021.02.24 12:05

県立高校一般入試 願書受け付け開始

 来月行われる県立高校の一般入学試験の願書受け付けが24日から県内の各高校で始まりました。  このうち富山市の富山中部高校では午前9時から受付が始まり、中学校の教諭が受験生の願書を提出すると、高校の入試担当者は書類に不備がないか一枚一枚確認していました。  ことしの県立高校全日制の定員は34校82学科、あわせて6470人です。願書の受け付けは26日の正午まで、試験は来月9日と10日で合格発表は来月18日です。  また新型コロナウイルスの感染者などに対応するため、来月15日には追試験の日程も設けられています。

富山 2021.02.24 11:44

春まだ遠し 晴天も真冬の寒さに逆戻り 

 24日の県内は、青空の広がるところが多くなっていますが、日中は真冬並みの寒い1日となりそうです。  日本付近は、冬型の気圧配置となっています。24日朝の県内はおおむね晴れて、放射冷却と寒気の影響で冷え込みました。  24日朝の最低気温は、上市町東種で氷点下7.6度、富山市八尾で氷点下2.6度など県内10のすべての観測地点で氷点下となりました。  日中の予想最高気温は富山市・高岡市伏木ともに6度と23日に比べて4度ほど低く、真冬並みの寒さとなる見込みです。このあと、冬型の気圧配置は次第に緩みますが、残った寒気と放射冷却の影響で、25日の朝は25日よりもさらに寒くなる見込みです。

富山 2021.02.24 11:44

気比の初戦は茨城の常総学院 選抜高校野球

春のセンバツ高校野球に5年ぶりに出場する敦賀気比の初戦の相手が、関東代表で茨城の常総学院に決まった。 大会は3月19日から阪神甲子園球場で開幕し、敦賀気比の試合は大会5日目の第3試合となった。(2月23日) 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2年ぶりの開催となる春のセンバツ高校野球は、感染予防のため出場校をオンラインでつないだ組み合わせ抽選会で対戦カードが決まった。 北信越代表の敦賀気比の初戦の相手は、関東代表で茨城の常総学院で大会5日目の第3試合で対戦する。 敦賀気比は、去年秋の北信越大会を制し5年ぶり8回目のセンバツ出場。 打線は夏の甲子園を経験したキャプテン大島と前川を軸にした繋ぐバッティングで、守ってはエースの竹松や1年生の上加世田らの投手陣を中心に6年ぶりの全国制覇に挑む。 対戦する常総学院は去年秋の関東大会で準優勝した名門で、5年ぶり10回目の出場だという。 春のセンバツ高校野球は、3月19日から兵庫県の阪神甲子園球場で開幕する。

福井 2021.02.23 22:43

石川県金沢市の百貨店に横浜中華街のグルメ一堂に

横浜・中華街の人気グルメを集めた催しが、23日から石川県金沢市内にある百貨店で始まった。 金沢市のめいてつ・エムザで始まった「横浜・中華街まつり」。横浜・中華街から選りすぐりの23店舗が出店している。 会場には秘伝の中華ダシでじっくりと煮込まれた豚の角煮「トンポーロー」や五目おこわを包んだシュウマイといった横浜で人気のグルメが並び、買い物客らが長い列を作っていた。 この催しは3月1日まで金沢市のめいてつ・エムザで開かれている。

石川 2021.02.23 20:27

祝日の石川県 各地で様々なイベントが開催

祝日の23日、石川県では様々なイベントなどが開かれ、思い思いに楽しむ人たちの姿がみられた。 食のイベントからドローン体験まで、各地の人出を取材した。 祝日となった、県内。 金沢市の医王山スキー場は、記録的な雪不足で1日も営業できなかった去年がウソのようなにぎわいに。 ことしは感染対策をとりながら楽しむ人の姿が多くみられた。 ただ、このところの天気で、雪の深さは40センチほどに。 営業期間は3月上旬までだが、担当者は、少しでも長く営業できればと話す。 そして、親子連れの姿は、街なかでも。 子どもたちがコントローラーで操作していたのは「ドローン」だ。 金沢市内でドローンショーなどを手掛ける企業が最先端の技術に触れてもらおうと今回、初めて開いたこのワークショップ。 参加した親子は顔が生き生きするほど楽しんでいた。 一方、同じ街なかではこんな「食」のイベントも。 金沢市のめいてつ・エムザで3月1日まで開かれる「横浜・中華街まつり」だ。 選りすぐりの23店が出店した会場では秘伝の中華ダシでじっくりと煮込まれた豚の角煮「トンポーロー」や五目おこわを包んだシュウマイといった横浜で人気のグルメが並び、買い物客らが長い列を作っていた。 コロナ禍でも楽しめるイベントを。そこには、感染対策をとりながら思い思いに過ごす祝日の風景があった。

石川 2021.02.23 20:26

石川県 金沢市でドローンの体験会開かれる 子どもたち貴重な体験に目を輝かせる

貴重な体験に目を輝かせた。 子どもたちがコントローラーで操作していたのは「ドローン」だ。 金沢市内でドローンショーなどを手掛ける企業が最先端の技術に触れてもらおうと今回、初めて開いたこのワークショップ。 参加者たちは思い思いに祝日を楽しんでいた。

石川 2021.02.23 20:25

石川県 繁華街・片町地区で時短要請始まる

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、22日から石川県金沢市の繁華街、片町地区の飲食店を対象とした営業時間の短縮要請が始まった。 初日をその迎えた22日夜の様子を取材した。 22日からはじまった片町地区の飲食店を対象とした県による時短要請。昨夜、金沢市内の繁華街を訪れると、メイン通りの人通りはまばらで、店先には時短営業を知らせる張り紙が張られていた。 時短要請の対象地区は片町1丁目及び2丁目とそこに隣接する木倉町。 実施期間は3月7日までで、営業時間を午後9時までとするほか、酒類の提供は午後8時までとなっている。 時短要請の初日となった22日夜。 対象地域となっている木倉町の飲食店では、お酒の提供は普段より、4時間以上早い午後8時でラストオーダーに。 そして、午後9時前最後の客を送りだすとそれぞれのお店が一斉に閉店の準備へ。 30分後にはどの店の看板も灯りが消え通りはひっそりと静まりかえっていた。 しかし一方で、通りを1本挟み、対象地域には含まれなかったお店では午後9時以降も通常通りの営業を行っていた。 今回、始まった時短要請が感染収束の一手となるのか。 飲食店の苦悩は続く。

石川 2021.02.23 20:25

県内寒い1日 24日は冬に逆戻り

 春の暖かさはどこへやら、24日からは冬の寒さが戻って来そうです。23日の県内は、20度前後まで上がった22日から打って変わって、日中も寒い1日でした。24日は昼すぎにかけて雪の降るところもある見込みです。  冬型の気圧配置の影響で23日の県内は雲に覆われ、最高気温は、富山市で10.3度、高岡市伏木で10.1度と、3月上旬から中旬並みでしたが、全て日付が変わった午前0時台の観測でした。そこから日中にかけて気温は下がり、午後6時の気温は、富山市で3.4度、高岡市伏木で2.2度などとなっています。  この天気のもと、砺波市のチューリップ公園では、4月のフェアに向けて生育を調整するための遮光ネットの取り付け準備が行われていました。足元の花壇には、ひょっこりと顔を出したチューリップの芽。春の訪れを待ち焦がれるようでした。  ただ、24日の県内は冷え込みが戻り、昼すぎにかけて雪の降る所がある見込みです。予想最低気温は、富山市、高岡市伏木ともに氷点下1度、真冬並みの寒さとなりそうです。

富山 2021.02.23 18:55

新型コロナウイルス県内で新たに2人感染

 新型コロナウイルスの感染者が県内で23日、新たに2人確認されました。  感染がわかったのは小矢部市の40代女性と滑川市の30代男性で、県は詳細を24日に発表としています。  県内の感染者数は905人で、入院は19人、このうち3人が重症です。  県内の感染者は、先月6日に1日の感染者数として過去最多を更新しましたが、その後は減少傾向に転じ、先月が310人だったのに対し、今月はこれまでに33人です。

富山 2021.02.23 18:55

北陸の十字路構想 観光振興と広域連携

 先日発表された富山県の新年度予算案から、狙いや課題を考えるシリーズです。23日は、3年後に予定される北陸新幹線の敦賀開業を見据えた、交通や観光振興、キーワードは「広域連携」です。  新田知事「これからの地方都市、地方のありかたの1つは連携。富山空港と近くにある小松空港、例えばこの役割分担というものも今後お互いのために、ウインウインになるような役割分担というものは進めていく必要がある。だぶっている路線は、両方でやることもないんじゃないかという連携の仕方、役割分担のしかたもある」  富山空港と石川県の小松空港。直線距離でおよそ75キロ離れた2つの空港は、国際線で上海便と台北便、国内線で東京便と札幌便がそれぞれ重複しています。  かつては国際線就航をめぐり激しい誘致合戦を繰り広げた両県の空の玄関口。新田知事は、重複路線を整理して互いの負担の軽減を図りつつ、小松では難しいプライベートジェットを受け入れたい考えです。  北陸の経済や観光の動向を研究している、北陸経済研究所の藤沢和弘部長は思い切った提案だと評価します。  北陸経済研究所 藤沢和弘部長「一歩間違うと富山空港がなくなるというのに直結しちゃう。それは県民自体の論議が広く必要だと思う。ただ、いまの時点でそういう話を出したというのは、勇気があるなと思う」  去年の知事選で新田知事が掲げた「北陸の十字路」構想。東西に北陸新幹線と北陸道、南北に東海北陸道と能越道が通る富山県は、交通インフラに加えて、産業や防災の面でも北陸の中心になることができると主張します。  新型コロナウイルスの影響で観光需要の落ち込むなか、石川や岐阜、長野といった隣県との連携はいわば公約の1丁目1番地です。  新田知事「(両県で)情報共有、課題を共有したうえで、一緒にできることを探っていければ、いずれにしてもウインウインの関係を、どうかよろしくお願いします」  石川県 谷本知事「北陸新幹線というものを軸にして、様々、これから連携を取っていかなければならない」  新年度予算案では、国のGoToトラベルキャンペーン終了後を見据えた北陸3県合同の宿泊割引や、特産品の贈呈を行うウエルカム富山キャンペーンの事業費として5億8千万円、コロナ収束後のインバウンド需要をにらみ、欧米地域の富裕層などをターゲットにした長野県白馬との旅行タイアップ商品開発に230万円を計上しています。  そして軸に据えるのが、当初の予定から1年遅れの2024年春に敦賀開業を控える北陸新幹線です。今回の予算案では、大阪で開かれる観光見本市へのブース出展事業費などに900万円を計上しています。  県の関係者は敦賀開業が1年遅れたことで「時間が稼げた」として、新型コロナ収束後に向けて準備を進めています。  これまで県は、立山黒部や産業観光などどちらかというと単独での観光振興に軸足を置いていました。その一方で隣県に目をやれば、石川には兼六園、岐阜には高山や白川郷と、集客力の高い観光スポットがあります。  広域連携は、この強力な集客力を取り込みつつ、観光客の周遊を図る戦略です。  北陸経済研究所 藤沢和弘部長「日本的なすごい悪い言葉でいうとコバンザメっていう言い方になるが、金沢になくて富山にあるもの、例えば自然であったりそこをクローズアップしていけば金沢に来たお客さんが富山に寄って帰っていく、逆もあると思う。そうやって北陸の中での人の滞留を増やしていく、それが1つの北陸ブランドになっている。そういうコンテンツはお互いに考えながらやっていく」  周辺県との連携を「したたかに」図る新田県政。富山の観光振興もまた、方針転換を図る「十字路」に差し掛かっています。  24日は、デジタル技術を活用した市場や産業の変革「デジタルトランスフォーメーション」について、お伝えします。

富山 2021.02.23 18:55

子育て環境や大人の役割 南砺市で討論会

 子育て環境のあり方などを考える討論会が23日、南砺市で開かれました。  この討論会は南砺市が開いたもので、子を持つ親や保育の関係者らおよそ130人が参加しました。会では、事前に寄せられた質問などをもとに、専門医や田中市長が子どもを育てる社会環境や大人の役割などについて意見を述べました。  南砺市は「子どもが育ちたいまちづくり」を掲げ、子どもの人権を保証するための大人の役割などを定めた「子どもの権利条例」の制定を目指していて、22日の意見を集約し、新年度に条例策定に向けた委員会を設ける予定です。

富山 2021.02.23 18:55

他社が品質確認 小林化工業務停止一部除外

県は医療上の必要性が高いとして、小林化工の医薬品のうち抗がん剤など9製品を業務停止命令の対象から除外した。(2月23日) 県によると、業務停止命令の対象から除外されたのは、あわら市の小林化工が日本化薬から委託を受けて製造する抗がん剤のテモゾロミド錠「NK]や、他社に製造を委託している感染症やてんかんの医薬品あわせて9製品。 このうちテモゾロミド錠は後発医薬品としては唯一の抗がん剤で、市場シェアが高く日本化薬の立会い確認のもと品質を保証する。 また、このほかの医薬品は他社の工場で管理しているため、品質に問題はないという。 いずれも医療上の必要性が高いことが理由で、除外は安定供給に支障がなくなるまでの間としている。

福井 2021.02.23 17:51

新型コロナ 4日連続新たな感染者なし

県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は4日連続で確認されず、重症患者も5日間いない状態が続いている。(2月23日) 県によると、県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は4日連続で確認されなかった。 入院は14人のままで、重症患者は5日間いない状態が続いている。 感染者ゼロについて、県は「県民による手洗いやうがいなど感染症対策の効果が出ていて、引き続き予防を徹底してほしい」と呼びかけている。 県内では病床のひっ迫状況が注意報レベルを下回っているものの、この1週間の感染者の累計は11人と注意報レベルで、2月28日まで感染拡大注意報が出ている。

福井 2021.02.23 15:18

高病原性鳥インフルエンザの感染確認

 今月10日、小矢部市で見つかった野鳥の死骸から検出された鳥インフルエンザウイルスについて県は22日、致死率が高い高病原性の「H5N8亜型」だったと発表しました。  県によりますと、見つかった死骸を国の機関で検査した結果、致死率が高く感染力が強い高病原性の「H5N8亜型」が検出され、死骸が見つかった地点から半径10キロ圏内で異常はないということです。  先月22日に小矢部市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザについて今月19日に終息宣言を出した県は、今回の感染確認に対してニワトリや卵の運び出し制限はせず野鳥の監視を続けるとともに、県内の養鶏業者などに感染対策の徹底を求めています。

富山 2021.02.23 13:39

入善町の用水路で男性死亡

 22日午後、入善町の用水路で男性が倒れているのがみつかり、その後、死亡が確認されました。  入善警察署によりますと22日午後3時30分ごろ、入善町浦山新を流れる用水路で男性が倒れているのを、近くに住む人がみつけ、警察に通報しました。  男性は近くに住む無職の野寺行雄さん(87)で、病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。水死とみられます。  野寺さんがみつかった用水路は、幅55センチ、水深が40センチあり、流れは急で、発見当時、野寺さんは右半身を下にして、横向きの状態で倒れていたということです。  また発見場所からおよそ100メートル上流には野寺さんの自宅があり、自宅近くの用水路のフタが開いた状態だったということで、警察が調べを進めています。

富山 2021.02.23 13:39

石川県金沢市の繁華街で時短要請街の様子は 協力店舗には56万円支給

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、22日夜から石川県金沢市の繁華街、片町地区の飲食店を対象とした営業時間短縮の要請期間が始まった。 22日夜からはじまった金沢市片町地区の飲食店を対象とした県による時短要請。 実施期間は3月7日までで、営業時間を午後9時までとするほか、酒類の提供は午後8時までとしている。 時短要請初日を迎えた22日夜。対象地域となっている木倉町の飲食店では午後9時を前に閉店の準備を始める従業員の姿が見られた。 県では要請期間を通しての協力を前提として1店舗当たり56万円の協力金を支給するとしている。

石川 2021.02.23 13:02

再整備進む石川県七尾「パトリア」に仮店舗 平日限定で弁当を販売

再整備が進められている石川県の七尾駅前複合商業施設「パトリア」で22日、平日限定で弁当を販売する店が仮オープンした。 複合商業施設「パトリア」の3階に22日に仮オープンしたのは弁当を販売する「Kitchen一番館」だ。 この店舗は7月にパトリア1階に出店する予定だが、それまでの間は、平日限定で日替わり弁当などの販売を行うという。 店の担当者は、コロナ禍でのテークアウト需要に応えていきたいと話していた。

石川 2021.02.23 13:02

六呂師高原スキーパークが今年度で営業休止

大野市の六呂師高原スキーパークは経営の悪化から今年度での営業休止が決まり、祝日の23日は家族連れらが最後の滑りを楽しんでいた。(2月23日) 六呂師高原スキーパークは家族や初心者向けのスキー体験施設として4年前にリニューアルしたが、年間で平均1000万円の赤字が続いていることから夏場の人工ゲレンデを含め2020年度での休止が決まっている。 祝日の23日は朝から県内の家族連れが訪れ、スキーやそり遊びなどで最後のすべりを楽しんでいた。 営業は23日までの予定だったが十分に積雪があるとして2月末まで延長されている。

福井 2021.02.23 12:47

石川県公立高校入試 願書受け付け締め切り 全体の平均倍率は1.00倍に

石川県内の全日制公立高校40校で22日、一般入試の願書受け付けが締め切られ、出願状況が発表された。 一般入試の出願は2月17日から始まり、22日までに6725人が出願した。 全体の平均倍率は1.00倍となっている。学校別で最も高いのが金沢桜丘の1.53倍、次いで金沢西の1.49倍、金沢二水の1.42倍となっている。 願書の取り下げや変更は2月26日から3月2日までで、試験は3月9日からの2日間に行われる。 また、受験生が新型コロナウイルスなどに感染した場合の救済措置として3月15日に追試を受けることができるという。 詳しい出願状況については、テレビ金沢のホームページ、または、テレ金ちゃんアプリから確認することができる。

石川 2021.02.22 21:07

【石川県・新型コロナ】新規感染者は6人 1日あたりの感染者1ケタは2週間ぶり

新型コロナウイルスについて、石川県は新たに6人の感染を発表した。感染者が一桁となったのは2週間ぶりだ。 石川県によると22日午前10時までに確認した171件の検査の結果、6人が陽性と判明した。 感染者の内訳は濃厚接触者や接触者が3人、感染経路が不明な人が2人だ。 また、20日から始まった片町地区での飲食店関係者を対象とした一斉検査では。21日の発表では、30件の検査の結果、全員陰性に。22日は、74件の検査が行われ、1人が陽性だったという。 また、片町地区の飲食店を対象に営業を午後9時までとする県の時短要請が22日から始まった。要請期間は、22日から3月7日までの2週間だ。

石川 2021.02.22 20:52

石川県金沢市予算案 新型コロナなどに重点 一般会計の総額は過去最大規模に

石川金沢市の新年度当初予算案が発表された。新型コロナ対策などに重点を置き、過去最大の予算規模となっている。 石川県金沢市の当初予算案は、ワクチンの接種費など補正予算の前倒し分も含めて一般会計の総額は1834億あまりと過去最大の規模となった。 その予算の柱は、新型コロナ対策だ。新型コロナの感染対策としては保健所の検査体制や相談体制を強化するため保健師などを増員することにしている。 また、コロナ禍で失業した人を正社員として雇用する中小企業への奨励金制度を設ける。 一方、経済対策で重点を置いたのは「活力と賑わいを生み出すまちづくり」だ。 その核となるのが地域経済の活性化策として打ち出した「金沢未来のまち創造館」だ。 新産業の創出と人材育成の拠点としてことし8月の開設を予定している。 この施設では、未来で活躍する子どもたちの育成に取り組む。建物には創作・工芸スタジオが設置され、音楽や映像、デジタルなど将来を担う子どもたちの興味やアイデアを広げる事業を実施していく。 また、新ビジネスの創業を支援するオフィスやデジタル人材を育成するための研究室が入るほか、次世代通信「5G」なども整備される。 一方、行政のデジタル化に向けては、窓口での「デジタル受付」が新たに始まり、住民異動届や住民票の写しなどの申請が、スマートフォンで事前にできるようになる。 金沢市の当初予算案は3月1日開会の市議会に提出される。

石川 2021.02.22 20:45

石川県産材の認知度向上へ ロゴマーク完成 谷本知事にお披露目

石川県産の木材の認知度を高め、利用拡大につなげるためのロゴマークが完成し、関係者が22日、知事にお披露目した。 ロゴマークは、石川県の形に3本の木が描かれ、県産材やその加工品であることがひと目でわかるデザインだ。 22日は、県木材利用推進協議会の関係者が県庁を訪れ、谷本知事にお披露目した。 3本の木のデザインには県産材を育てる人、製材に加工する人、建物や家具に仕立てる人を表し、連携して消費者に届けることを表現したという。 ロゴマークは3月10日の県森林組合連合会の競りで使われ始める。

石川 2021.02.22 20:41

ワクチン接種に向けた県内の体制は

 新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた県内の体制が22日、新田知事と市町村長による会議で話し合われました。4月以降に、高齢者から行われる接種について県は、接種券の発送時期で各市町村の足並みをそろえたいとしています。  ワクチン接種については22日に開かれた「ワンチームとやま」連携推進本部会議で話し合われました。  新型コロナのワクチン接種は、先週から始まった先行接種に続き、県が主体となって行う医療従事者向けの接種が来月下旬からとされます。県内の医療関係者は3万9000人あまりで、接種希望者を募っていて、来週から順次ワクチンが送られてくるとしました。  一方、4月以降とされる65歳以上の高齢者から始まる一般への接種については、ワクチンの供給が世界的にひっ迫し供給量の情報が国からまだ入らないとして、目途が立たないとしました。  これに対し各市町村長からは、接種券の発送を自治体ごとで行うと混乱が生じるという意見があり、県は、発送時期の足並みをそろえたいとしました。このほか、接種を行う看護師などの確保が難しいなどの意見があがりました。

富山 2021.02.22 20:07

ワクチン接種 富山市がコールセンター開設

 新型コロナウイルスのワクチン接種は今後、医療従事者から高齢者、そのほかの人へと進んでいきますが、供給の見通しがなかなか定まらない状態が続いています。こうした中、富山市は22日、接種をめぐる疑問の相談や、接種が始まった際には予約に対応するコールセンターを開設しました。  「きょう設置されたコールセンターです、相談受け付けのほか、接種券の配布後は予約の受け付けにも対応します」  コールセンターでは、接種の時期や予約の方法など、接種をめぐる富山市民からの電話相談に応えます。また、来月下旬を想定する接種券の発送以降は、集団接種や医療機関での接種の予約受け付けにも対応します。オペレーターは、接種予約の開始後は最大40人ほどで対応します。  富山市福祉保健部 酒井敏行部長「安心して受けて頂けるような気分というか雰囲気の醸成を図る1つの拠点という捉え方をしている」  そのうえで富山市福祉保健部の酒井部長は、ワクチンの供給見通しが定まらないため、調整が進まない難しさを口にしました。  酒井部長「富山市13万人の65歳以上の方々に行き渡る状況でなければ皆様に一気に接種券を発送しないと逆に混乱を招くだけだと思いますので。いつどの程度が必要かということをお示しできていないので」  22日は午後4時までに47件の相談が寄せられました。相談の電話番号は076・411・9064で平日の午前9時から午後5時までです。接種券の発送以降は土日、祝日も受け付け予定です。

富山 2021.02.22 20:05

新型コロナワクチン 接種までの手続きは?

 今後、高齢者から順次始まるワクチン接種では気になる点が多くあります。接種の手続きに関していくつかお伝えします。  ワクチンの接種にあたっては接種券が届きますが、日時や場所が書いてあるわけではなく予約が必要です。  22日に相談窓口を開設した富山市の場合は、地域のかかりつけ医での個別接種と集団接種を行う予定で、個別接種か、集団接種か、そしていつするかを予約する必要があります。予約は電話やインターネットなどで可能になるということです。  また接種券は住民票のある場所に発送されますが、進学や勤務の関係で、現在別の場所に住んでいる場合は、住んでいる自治体に連絡し手続きすることで受けることができます。

富山 2021.02.22 20:03

新型コロナ 5日ぶり新規感染者なし

 新型コロナウイルスの県内の新たな感染者は22日、これまでに確認されていません。感染者ゼロは今月17日以来、5日ぶりです。一方、21日に感染がわかった南砺市の女性は家族内感染とみられます。  21日判明した南砺市の70代女性は、19日に感染が分かった南砺市の50代男性の家族で、濃厚接触者として検査を受け感染がわかりました。女性に症状はなく、家族1人が濃厚接触者として検査を受けましたが、陰性が確認されています。  県内の感染者数は21日と変わらず903人で、入院が19人、このうち3人が重症です。

富山 2021.02.22 19:55

ニュージーランド地震10年 追悼の集い

 2011年2月22日に発生したニュージーランド地震から、ちょうど10年です。生徒12人が犠牲となった富山市の富山外国語専門学校では、追悼の集いが行われました。 「黙とう!」  集いでは、地震が発生した日本時間の午前8時51分に、参列した遺族や学校関係者が黙とうを捧げました。  ニュージーランド地震では、富山外国語専門学校の生徒らが語学研修で訪れていたビルが倒壊し、生徒12人を含む富山県関係者13人が犠牲となりました。  今回の集いは、新型コロナウイルスの影響で在校生は別室でリモートでの参加となりました。出席した遺族は、家族を失って10年の月日を思い、悲しみを新たにしていました。  金丸直弘さん「私たちは19歳の娘のままずっと、だから、そこから時間が止まっていますのでどこかで会えないのかなと」  横田政司さん「(ビル倒壊なければ)ことし娘が29歳、誕生日が来ると30歳。追い求めている。街に出るたびに、どこにいくたびにどこかにいないかと見つけるのに一生懸命。孫もいるだろうし、結婚もしているだろうし、それを追い求めて追い求めてやっと10年が過ぎた」  堀田和夫さん「できるのは(法的)責任ということに関して追及していかないと、親として、これがしてやれるのは我々しかいない」  山谷信昭さん「この10年という期間を振り返ると、子どもたちが生きた人生の半分が経ってしまったということを考えると、あらためて短い人生だったのだという気持ちが込み上げてきて、もっともっといろんなことをしたかっただろうなという思いがどんどん気持ちの中で起きてきている」

富山 2021.02.22 19:54

犠牲者の遺族「前を向いていかないと」

 ニュージーランド地震から22日で10年です。生徒の遺族のうち、これまで欠かさず、現地で2月22日を迎えていたのが、富山市の堀田和夫さん夫妻です。ことしは新型コロナウイルスの感染拡大で行くことができませんでしたが、地震から10年という節目を迎えた思いを聞きました。  堀田和夫さん「この場所が娘の最期の地ということで、本当は行きたくもないし、思い出したくもないところなんですけども、やはり、そこに(現地に娘が)まだちょっといるんではないかなという自分だけの考えなんですけど、行って(娘に)報告したいなと思っていますし」  堀田和夫さん、富山市でメガネ店を営んでいます。店内には、ニュージーランド地震で亡くなった当時19歳の娘・めぐみさんの写真が飾られています。  2011年2月22日、ニュージーランドのクラスイトチャーチ市を震源とする地震が発生しました。  語学学校が入っていたCTVビルは、エレベーター部分を残して崩壊。ビルには語学研修中だった富山外国語専門学校の生徒ら県関係の24人がいて、このうち13人が犠牲になりました。  「娘の亡骸見た時に悔しくて悔しくてしょうがないですよ。何でこんな目に遭わなきゃならないのか。ほんと悔しかったですよ」  地震から2年後に、当時の思いを語る堀田さん。今、あらためて、振り返ってもらうと。  「最初は地震の影響で建物が倒壊したというか、潰れたというふうに最初は理解してたんですけども、現地に行ってみたら何かおかしいんですよね。あの建物だけが倒壊してるわけで向かいのビルはガラス1枚割れてないんですから、これはおかしいなと」  ビル倒壊の原因について、ニュージーランドでは第三者機関が調査を実施。地震から2年近くが経った2012年12月、最終報告書が公表されました。ビルの設計や施工に欠陥があったことに加え、建設を許可したクライストチャーチ市の審査が不十分だったことが指摘されました。  これを受けて現地の警察は刑事事件として捜査すると発表しました。しかし、2017年になってようやく遺族に届いたメールには目を疑う結論が。  「起訴を見送る」  「じゃあ私たちの亡くした子どもたちは何だったの。何の落ち度もない人間があちらの瑕疵というか過失によって命を奪われているわけですから、それに対して真摯に答えていただかないと、それに対する怒りをどこに持っていけばいいのか分からない」  怒りをあらわに語った堀田さん。警察は、立件を断念した理由として「調査機関の結論や警察独自の捜査を組み合わせても起訴に必要な要件を満たしていない」としました。  立ちはだかる法律の壁。責任の追及が難しいと知った堀田さんは。  「できることといえば、謝罪の要求というか、そちらしかないんで、それを求めて8年近く運動というか活動してましたから」  「午前10時50分です、リアン・ダルゼル市長が富山駅に降り立ちました」  去年2月、クライストチャーチ市のダルゼル市長が、外国語専門学校を訪れました。遺族およそ20人が集まる中、ダルゼル市長はおよそ30分間にわたって謝罪したということです。堀田さんらが謝罪を求めてから実に8年が経っていました。  「せめて謝罪だけは実現しておかないと、娘に父親として認めてもらえないんじゃないかなと思って、まあ何とか頑張りましたけど」  堀田さんは、今、複雑な心境だと語ります。  「最初は何か実現してほっとして、これで安心するだろうかなと思ってたら、逆に、これしかなかったのか、他に何かもっといい方法がないのかと。自問自答してましたけど」  謝罪があっても腑に落ちなかった堀田さん。震災から10年の今…  Q震災が起きてからしばらくの間はインタビューに堀田さんは、時間が止まったようだと話していたが、堀田さんの中の時計の針は進み始めましたか  「一区切りがついたということで、後ろばかりと言うかね、とりあえず親としてできることをやったんだから、なるべく前を向いていかないと、ずっとこれを引きずったままでも娘に恥ずかしいし、何歩かは前に出たんじゃないかなと」  私たちは10年を1つの節目と捉えがちですが、遺族にとっては節目ではなく単なる通過点で、感じる悲しみや辛さは、逆に深まっている面もあると感じました。

富山 2021.02.22 19:53

地震救助の男性 追悼の曲に込める思い

 こちらはニュージーランドの男性が動画投稿サイトのユーチューブに投稿した映像です。演奏している曲は2011年2月のニュージーランド地震で犠牲になった人を追悼するのために、男性が自ら作りました。投稿した男性に、曲に込めた思いを聞きました。  ニュージーランドの国立追悼施設で奏でられるチェロとピアノ。この映像を投稿したのは、自ら曲を作りピアノを弾いている、牧師で音楽家のクリス・べインズさんです。  クリスさん「地震の起きた日は、救急車に乗る救命士として働いていて、訓練をしていました」  10年前のあの日、救助活動に従事していたべインズさんが急きょ派遣されたのは、富山外国語専門学校の生徒たちが犠牲になったCTVビルの倒壊現場でした。  クリスさん「一瞬で世界が変わりました。数時間も経たずに、崩壊して燃えるビルからは煙が上がり、たくさんの遺体があり、文字通り見たことのない世界でした」  体験したことのない数の遺体を運び、その中には日本人の姿もあったといいます。あれから10年、地震の記憶を風化させないために追悼の曲を作ろうと決意しました。  クリスさん「信じられないような悲しみを表現するだけではなく、あの日を回想して癒しへつなげることができればと思いこの曲、ビデオを製作しました」  被災者や遺族が、希望をもって前へ進めるように。そんな思いを込めて、べインズさんは22日、現地での集会でピアノを奏でました。  また、追悼式ではクライストチャーチ市のダルジール市長が「この悲劇を通じて永遠につながっている」と日本人の遺族に呼びかけました。  クリスさん「富山の遺族のみなさんにお伝えしたいことがあります。私の思い、祈りはみなさんとともにあります。クライストチャーチにいらっしゃることができないのは、とても心苦しく残念に思います。そんな中でも、この曲が支えになればと思っています。みなさんの愛した家族、そして皆さん自身に捧げた曲です。ニュージーランドに来られない今だからこそ聞いていただければと思います」  クリス・べインズさんが制作した曲は「YouTube」で見ることができます。英語の表記で「From the Rubble」と検索してください。 ※クリスさんのホームページ www.krisbaines.com

富山 2021.02.22 19:43

副知事候補 女性は農水省課長の横田美香さん

 新田知事は、2人設けるとしている副知事の候補を22日、自民党県議会議員会に伝えました。1人は農林水産省で課長を務める横田美香さん、もう1人は県の政策監を務めている蔵堀祐一さんです。  女性副知事候補の横田美香さんは広島県出身の49歳。1995年に農林水産省に入り、食の安全、安心に関わる食品企業行動室長などを歴任し、現在は就農・女性課長を務めています。  また、もう1人の副知事候補は県の政策監を務めている蔵堀祐一さんです。蔵堀さんは61歳、1982年に県庁に入り、これまで観光・交通・地域振興局長や総合政策局長を歴任し、去年4月から政策監を務めています。  新田知事は22日午前、県議会の最大会派である自民党議員会の役員会に出席し、副知事候補2人の名前を伝えたということです。  副知事を2人とする条例改正案は2月定例県議会に提出されることになります。そして議会最終日の来月24日に、横田さんと蔵堀さんを副知事とする議案が提出される見通しです。

富山 2021.02.22 19:39

森市政の総仕上げ意識 富山市新年度予算案

 富山市は22日、一般会計で1727億円となる新年度の当初予算案を発表しました。今期で引退する森市長にとって最後の予算編成で、進めてきた政策の仕上げを意識した内容となっています。  森市長「次の市長のためにという思いは、予算メニューはない。ただし、片づけておかなければいけないものは意識しました」  富山市の新年度当初予算案は、一般会計が、前年度より71億円あまり多い1727億円で、過去最大規模となりました。増加した要因は、富山駅北で進めている中規模ホールの整備や、新年度で完了する小中学校の耐震化などにあわせておよそ100億円を計上したことがあります。  一方、歳入では新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の停滞などで、市税はおよそ688億円と、前年度と比べて53億円あまり少ない見込みで、落ち込み幅は過去最大ということです。  このため、市の貯金にあたる財政調整基金から10億円を繰り入れます。また借金にあたる市債の発行額は285億円で、新年度末の残高は2493億円の見込みです。  森市長はことし4月の任期満了での退任を表明していて、今回が最後の予算編成となります。骨格予算としながらも、人工知能など先端技術を呉羽梨の栽培やホタルイカの定置網漁に導入する実験など、新たな事業も盛り込んでいます。  森市長「建設事業費がピークを迎えるということになるので、有利な財源をどう見つけてくるかというのが苦労した点」「いろいろ手掛けてきたものについて、ある種の到達度が整う」 「森市長は、新型コロナウイルスへの切れ目のない対策を進めることや、進めてきた街づくりの継続性を強調しました。次の市長はどのように森市政を受け止めていくのか、4月の選挙にも注目が集まります」  富山市の新年度予算案は来月の市議会定例会に提出されます。

富山 2021.02.22 19:37

大雪の交通対策 骨子まとまる

 先月の大雪で県内の道路で車の立ち往生が相次ぎ、公共交通機関も運休が続いたことを受けて、県は22日の会議で道路除雪の体制強化や列車の運行確保に努めるなど対策の骨子をまとめました。これをもとに地域防災計画など県の雪対策を全面的に見直します。  県がまとめた大雪の場合の交通対策は「道路除雪」「公共交通機関」「情報収集と発信」の3つの柱で構成しています。  「道路除雪」に関しては、災害級の大雪の時は日中に除雪するなど道路除雪の出動を強化するほか、拡幅などの作業を進めるための 除雪機械を確保することなどを明記しました。  「公共交通機関」については、列車運行の確保のため道路除雪と連携を図ります。  また「情報収集と発信」については、どのくらいの雪が降ったらどう対応するかといった、道路管理者などと連携してのタイムライン=「段階的な行動計画」を次の雪のシーズンをめどに作成し、県の地域防災計画も見直すとしています。  会合では有識者から、大雪の時は車に乗らず、交通量を減らすことをもっと県民に発信するべきだという指摘や、災害級の大雪の定義や、降る量によって想定される出来事を県独自に整理して県民と共有した方がいいという声があがりました。  またタイムラインはもっと早く作るべきだという指摘もあり、新田知事はこれらの意見を踏まえて対策を取りまとめます。

富山 2021.02.22 19:28

チンドンコンクール 2年連続で中止に

 富山市で例年4月に開かれている全日本チンドンコンクールは、新型コロナウイルス収束の見通しが立たないため、2年連続での中止が決まりました。  全日本チンドンコンクールはことし、4月9日から3日間で予定されていました。しかし実行委員会は「新型コロナ収束の見通しが立たず、チンドンマンや観客が安心して参加できない」として22日、2年連続での中止を決めました。  中止に伴う代替案として、チンドンの動画を制作し、YouTubeで配信することを予定しています。ことし参加予定だったチームに動画制作を依頼し、集まったものを配信することを検討しています。

富山 2021.02.22 19:25

一般向けワクチン接種 1人あたり約30分

4月から始まる新型コロナウイルスの一般向けのワクチン接種を前に勝山市が実際に使う会場で流れを確認し、1人あたり30分程度かかることが分かった。(2月22日) 勝山市は新型コロナウイルスのワクチン接種に使う福祉健康センターすこやかで集団接種をシミュレーションした。 15人が一般接種を受ける想定で15人の職員が対応し、密にならないよう問診や接種それに健康観察までの流れを確認した。 この結果1人あたり30分程度かかることや、人によっては問診票の記入などでさらに時間が必要なことが分かった。 勝山市では4月から始まる一般向けの接種で集団接種にこの会場のみを使う予定で、今後はクリニックなどでの個別接種もあわせ1日に進められる人数を把握する。

福井 2021.02.22 18:44

小浜21.6度 県内7か所で気温20度超

小浜で2月の観測史上最高となる21.6度を観測するなど、県内7か所で気温が20度を超えた。(2月22日) 22日の県内は高気圧に覆われ、最高気温が小浜で21.6度、福井市越廼で21.4度などと7か所で20度を超えた。 この陽気の中、あわら市の北潟小学校の5年生20人が、地元の北潟国有林でクロマツとアカマツのせん定作業を手伝った。 下枝をせん定することで風通しが良くなり、病害虫の発生などを抑える効果があるとのこと。 北潟国有林は約40ヘクタールの広さがあり、マツやコナラそれにクヌギなどが分布していて、塩害を軽減する役割もある。

福井 2021.02.22 17:59

コロナ感染者ゼロ ワクチン接種も順調

県内で新型コロナウイルスの感染者は3日連続で確認されず、医療従事者へのワクチン接種も順調に進んでいる。(2月22日) 県によると、新型コロナウイルスの感染者は3日連続で確認されず、感染者は累計で542人のままで入院患者は1人減って14人に。 一方、福井勝山総合病院で進むワクチン接種は2日目のスケジュールが終わり、初日の倍以上の84人が接種を受けた。 希望者の4分の1にあたる114人が受けたことになり、これまでに副反応は出ていないという。 病院では1日に80人のペースで接種を進め、3月1日までに希望した431人の1回目の接種を終える計画。

福井 2021.02.22 16:06

除雪費用100億円超 国に財政支援求める

今年1月の大雪で、県内の除雪や排雪の経費は総額で100億円を超える見込みで杉本知事が国に財政支援を求めた。(2月22日) 杉本知事は総務省の宮路拓馬政務官とオンランで面談し、特別交付税の増額による財政支援を要望した。 県によると、嶺北を中心とした1月の大雪で今年度の除雪や排雪の費用は県が40億円、また市町が64億円に達する見込みで、来年度以降も道路の修繕などで経費の増加が懸念されている。 杉本知事の財政支援の要請に対して、宮路政務官は「しっかりと財政需要にこたえたい」と回答した。 来年度はコロナ対策や北陸新幹線の工事費の増額、それにインターハイの開催なども重なり県の厳しい財政運営が続くことになる。

福井 2021.02.22 15:56

NZ地震から10年 遺族らが黙とう捧げる月日を思い悲しみ新たに

ニュージーランド地震の発生から22日で10年だ。この地震により石川県金沢市出身の生徒ら13人が犠牲となった富山の専門学校では、追悼の式典が開かれた。 2011年のニュージーランド地震ではクライストチャーチ市中心部で倒壊したビルにいた語学研修中の生徒らが巻き込まれ、石川県の関係者では3人が犠牲となった。 このうち、金沢市の菊田紗央莉さんを含む生徒らが犠牲となった富山外国語専門学校では、地震が発生した時刻に合わせ、遺族や学校関係者が、黙祷を捧げた。 遺族らは、家族を失って10年の月日を思い、悲しみを新たにしていた。 倒壊したビルは、設計や施工などの欠陥が明らかになり、現地の警察が捜査したが、証拠不十分で立件を断念している。

石川 2021.02.22 12:57

石川県の新県立図書館2022年度に開館へ 12月に本体工事が完了

石川県内で建設中の新県立図書館が2022年度上半期に開館することが決まった。建物の完成直後には一般向けの見学ツアーも行うという。 石川県金沢市小立野の金沢大学工学部跡地に移転する新県立図書館はことし12月に本体工事が完了する予定で、その後、およそ100万冊の図書の移送を始める。 開架図書の閲覧エリアは加賀五彩で色分けし、来館者に分かりやすくするほか、スマートフォンで手軽に本を探せるシステムを導入する。 また、建物の完成後には見学ツアーを開催し本が並ぶ前の空間を公開するという。 新県立図書館の開館は2022年度の上半期を予定している。

石川 2021.02.22 12:56

副知事候補に農水省課長の横田美香さん

 新田知事は、2人設けるとしている副知事の候補を22日、自民党県議会議員会に伝えました。1人は農林水産省で就農・女性課長を務める横田美香さん、もう1人は県の政策監を務めている蔵堀祐一さんです。  2人のうち女性副知事候補は農林水産省で就農・女性課長を務めている横田美香さん49歳です。また、もう一人の副知事候補は県の政策監を務めている蔵堀祐一さん61歳です。  副知事を2人とする条例改正案は2月定例県議会に提出されることになります。そして議会最終日の来月24日に、2人を副知事とする議案が提出される見通しです。

富山 2021.02.22 11:53

生徒犠牲の外国語専門学校で追悼

 2011年2月22日に発生したニュージーランド地震から22日で10年です。生徒12人が犠牲となった富山市の富山外国語専門学校では、追悼の集いが行われました。  「黙とう!」  集いでは、地震が発生した日本時間の午前8時51分に、参列した遺族や学校関係者が黙とうを捧げました。ニュージーランド地震では、富山外国語専門学校の生徒らが語学研修で訪れていたビルが倒壊し、生徒12人を含む富山県関係者13人が犠牲となりました。  遺族らは、家族を失って10年の月日を思い、悲しみを新たにしていました。  当時19歳だった娘の紗希さんを亡くした横田政司さん「娘たちが苦しんで亡くなったその時の思いを少しでも和らげてあげるため僕たちは一生懸命手を合わせています」  倒壊したビルは、設計や施工などの欠陥が明らかになりましたが、現地の警察は証拠不十分で立件を断念しました。

富山 2021.02.22 11:52

坂井市の国道でお年寄りはねられ重傷

21日の深夜、坂井市丸岡町の国道8号線で自転車に乗っていた80代の男性が後ろからきた大型トラックにはねられ上半身を強く打つ大けがをした。(2月22日) 事故があったのは、坂井市丸岡町一本田の国道8号線。 警察の調べによると21日午後11時すぎ、自転車に乗っていた坂井市丸岡町北横地のアルバイト従業員田中勝人さん81歳が後ろから来た大型トラックにはねられたもの。 この事故で田中さんは病院に運ばれ、上半身を強く打ち1か月以上の大けがをした。 警察は運転していた富山県上市町のトラック運転手土肥善浩さん60歳から当時の状況を聞くなどして事故の原因を詳しく調べている。

福井 2021.02.22 10:51

アクアフェアリーズが最下位決定 V1残留賭けて入れ替え戦へ

 バレーボール女子Vリーグ1部のKUROBEアクアフェアリーズは、20日と21日に行われた9位から12位のチームが争う最終順位決定戦に2連敗し、今シーズンの最下位が決定しました。  今シーズンのレギュラーラウンドを12チーム中11位で終えたアクアフェアリーズは20日と21日、茨城県日立市で行われた9位から12位のチームが争う最終順位決定戦に臨みました。  20日に石川県のPFUブルーキャッツに敗れたアクアは、21日、トヨタ車体クインシーズとの試合に臨みましたが、セットカウント1対3で敗れ、シーズン最下位が決まりました。  アクアはV1残留をかけて、4月に新潟県で行われるVリーグ2部との入れ替え戦に臨むことになります。

富山 2021.02.21 22:22

富山市八尾町で住宅火災 けが人なし

 21日夕方、富山市八尾町で住宅を焼く火事がありました。消防車と救急車あわせて11台が出動しましたが、けが人はいませんでした。  富山西警察署などによりますと21日午後5時55分ごろ、富山市八尾町西町の無職 土田忠熈さん(77)宅で、「2階から火が出ている」と近所の人から消防に通報がありました。 (土田さんは「土の右肩に点」、以降「土田」と表記します)  火はおよそ1時間後に消し止められ、木造2階建て住宅の主に2階部分を焼きましたが、けが人はいませんでした。  土田さんは弟と2人暮らしで、警察によりますと弟は数日前から車で外出中で、出火当時は土田さん1人が家にいましたが、逃げ出して無事でした。  火事があったのは井田川にかかる禅寺橋近くの住宅地で、旧市街地にも近く、現場は一時騒然としました。  警察と消防は22日午前9時30分から実況見分をして、火事の原因を調べることにしています。

富山 2021.02.21 20:59

【石川県・新型コロナ】新たに12人が感染 県内での感染確認から1年 いまだ収束見通せず

新型コロナウイルスについて、石川県は21日、新たに12人の感染が確認されたと発表した。 県によると、21日午前10時までに確認した283件の検査の結果、12人が陽性と判定された。 このうちクラスタ―関連の感染者は4人で、内訳は接客・接待を伴う飲食店関係の人が合わせて2人。 能美市立病院関係の人が2人だ。 また、クラスター以外では濃厚接触者や接触者が6人、感染経路不明者が2人となっている。 そして、12人を居住地別で見ると、10人が金沢市在住。年代別の内訳では、20代以下の人が7人で、10歳未満の園児1人も含まれていた。 一方、片町地区の飲食店関係者を対象とした一斉検査が19日から始まった。 21日の県の発表には、その検査30件分も含まれているが、確認された結果は全員が陰性だったという。 県内で新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されてからちょうど1年。 このところは若い世代の感染が目立つほか、連日、新規感染者が2けたと、いまだ収束が見通せない状況が続いている。

石川 2021.02.21 19:10

ハンドボール女子日本リーグ アランマレーがホーム最終戦で敗北

 ハンドボール日本リーグ女子のプレステージ・インターナショナル アランマーレは21日、富山市で今シーズンのホーム最終戦に臨みました。  ここまでリーグ7位、アランマーレのホーム最終戦は2位の北國銀行との対戦。高岡向陵高校出身で女子日本代表候補の横嶋彩や佐々木春乃を擁する北國銀行相手に、序盤からリードを奪われます。  アランマーレは行本の得点などで食らいつきますが点差を縮めることができず、19対27で敗れました。  すでに上位4チームによるプレーオフ進出の可能性が消滅しているアランマーレ。レギュラーシーズンは残り3試合です。

富山 2021.02.21 19:08

石川県穴水町 ドライブスルー特産カキ販売 コロナ影響で恒例のイベント中止 特別価格で販売

新型コロナの影響により、各地で食のイベントの中止が相次ぐ中、穴水町では、特産のカキをドライブスルー形式で販売する催しが行われた。 このドライブスルー形式のカキの販売「おうちDEかき祭」は、穴水町の漁業関係者らが、今が旬のカキを自宅で味わってもらおうと企画したもの。 会場では水揚げされたばかりの新鮮なカキが3キロ2500円、6キロ4000円と通常よりも3割ほど安い特別価格で販売された。 穴水町ではことし、新型コロナの影響で恒例の「雪中ジャンボかきまつり」が中止となっていて、関係者は今後も直売会などを通して特産のカキをPRしていきたいとしている。

石川 2021.02.21 19:06

震災から10年 親亡くした子描いた映画が来月上映

 東日本大震災から10年を前に、震災で親を失った子どもたちをテーマにした映画が来月、富山市で上映されます。  この映画は、在京テレビ局の元プロデューサーで、現在は氷見市の副市長を務める篠田伸二さんが、副市長就任前に制作したもので、3年前に東京で公開されました。  21日、来月の上映を前に富山市総曲輪の「ほとり座」で報道関係者向けの試写会が開かれました。  映画は、東日本大震災の津波で親を奪われた子どもと、エイズで親を失くしたアフリカの子どもが、言葉や文化の違いを乗り越え、歌と踊りで、アメリカ・ブロードウェイの舞台を目指すドキュメンタリーです。 篠田伸二副市長「亡くしてしまって初めて気づくことってあるじゃないですか」「自分のためじゃなくて誰かほかの人のために力になれる、そこで自分は生きていくんだって気づいたところから彼らは生きるスイッチが入って最後飛躍していくでしょ」「(新型)コロナの時代にもフィットしたテーマになりうるんじゃないですかね」  映画「シンプル・ギフト」は、来月6日から19日まで「ほとり座」で上映されます。

富山 2021.02.21 17:41

新型コロナウイルス 県内で新たに1人感染

 新型コロナウイルスの感染者が21日、県内で新たに1人確認されました。  感染が確認されたのは南砺市の70代女性で、県は22日に詳細を発表するとしています。  一方、20日に発表の4人のうち、南砺市の50代の男女は家族で、射水市の50代男性とともに感染経路はわかっていません。  県内の感染者は903人で、入院は21人、このうち重症は3人です。

富山 2021.02.21 17:39

スギ花粉 県内で本格飛散開始

 県は21日、県内でスギ花粉の飛散が本格的に始まったと発表しました。平年に比べ4日早い飛散開始です。  県森林研究所によりますと、海沿いの観測定点のスギ林で開花が確認されたことから、スギ花粉の本格的な飛散シーズン開始を発表しました。予想より2日、平年より4日早く、暖冬だった去年に比べ、18日遅い飛散開始です。  今シーズンの飛散のピークは来月上旬から中旬とみられ、飛散量は平年よりやや少ない予想ですが、県は、マスクの着用などの予防対策を呼び掛けています。

富山 2021.02.21 17:30

大根に無病息災の願いを 大野市で伝統行事

大野市の集落では、水害が起きないよう祈る伝統行事の伊勢講が行われ、今年は味噌で煮込んだ大根を食べずに供えをすることで、新型コロナウイルスの終息も願った。(2月21日) 伊勢講は大野市土布子地区の伝統行事。 この地区では、流木や濁流に見立てた大根や味噌を食べて、水害が起きないよう祈る風習が続いている。 今年は感染予防のため会食をなくし、大根は供えて無病息災や新型コロナウイルスの終息を祈願した後、各自で持ち帰った。 参加した人からは「今年は災害も雪もあったので、来年は災害が少ない年になって欲しいと願った」という声が聞かれた。

福井 2021.02.21 14:56

コロナの終息を願ってお水送りの松明作り

小浜市の児童らが、若狭に春を告げる伝統神事のお水送りで担ぐための松明を作り、新型コロナウイルスの1日も早い終息への願いを込めていた。(2月21日) お水送りに使う松明を作ったのは、小浜美郷小学校の6年生や地元の保存会のメンバーら。 今年の神事は新型コロナウイルスの感染予防のため、一般参加はなく、地元の住民だけで松明を担ぐ。 児童たちは保存会の手ほどきを受けて、新型コロナウイルスの終息への願いや、自分たちの目標などを松明に書き込みながら組み立てた。 参加した児童からは「みんなの願いを松明に込められたので良かった」といった声が聞かれた。 若狭に春を告げる伝統神事のお水送りは3月2日に行われ、児童らは松明を担いで、およそ2キロの道のりを歩く。

福井 2021.02.21 14:51

21日の石川県は各地で気温上昇 春の陽気 金沢ではウメの開花発表

石川県はおおむね晴れて気温が上がり、春のような陽気となった。 こうした中、金沢地方気象台は21日にウメの開花を観測したと発表した。 高気圧に覆われ、おおむね晴れの天気となった県内。 午前11時までの各地の最高気温は金沢で18℃小松で17.9℃など、多くの観測地点で15℃を超えた。 こうした中、金沢地方気象台は敷地内にあるウメハクバイの標本木に五輪以上の花が咲いているのを確認し梅が開花したと発表した。 暖冬だった去年より18日遅いものの平年より5日早い観測となった。 気象台によると、県内はこのあとも夕方にかけて気温の高い状態が続く見込みで、金沢では19℃、輪島では17℃まで上がると予想されている。(21日午前11時現在9

石川 2021.02.21 12:50

石川県警への相談件数 去年は過去最多に 新型コロナ関連の相談も約500件

去年1年間に石川県警に寄せられた相談件数が過去最多となったことがわかった。 県警のまとめによると去年1年間に寄せられた犯罪被害などに関する相談の件数は3万4202件。 前の年と比べおよそ2800件増加していて過去最多となった。 内容はパトロールの要請など犯罪被害防止が5093件と最も多く、次いで迷惑行為に関する相談や家庭や職場などについての相談が前年から500件以上増加し4195件となった。 また寄せられた相談のうちおよそ500件が新型コロナウイルスに関連した相談だったという。 県警では緊急の場合は110番。緊急ではない相談や事件に関する情報は、専用ダイヤル「#9110」番を利用してほしいとしている。

石川 2021.02.21 12:47

冬の渡り鳥の姿も 射水市で野鳥観察会

 この陽気のもと射水市では野鳥の観察会が行われ、愛好家が渡り鳥などこの季節ならではの野鳥の姿を楽しみました。  射水市の海王バードパークは1年を通じて多くの野鳥が飛来するスポットで、21日は愛好家およそ10人が観察指導員の説明を聞きながら、双眼鏡などを手に野鳥を観察しました。  いまの季節は、冬を越すために飛来した野鳥の姿がみられ、観察会ではアオサギなどパークに生息する鳥のほか、ハシビロガモやコガモなどの渡り鳥の姿も見ることができました。  ハシビロガモはくちばしを水面につけて水中のプランクトンを食べるため、ほかの水鳥よりもくちばしの形が平たく、 また、くちばしについたブラシ状の突起で、水を吸い込みながらプランクトンをこしとって食べるということです。  この観察会は季節にあわせて年5回開かれていて、次回は来月の予定です。

富山 2021.02.21 11:41

春の陽気 気温は4月中~下旬並み

 21日の県内は日差しが暖かで、春の陽気となりそうです。  高気圧に覆われた県内は朝から陽が差し、午前11時の気温は、富山市で14.1度、高岡市伏木と氷見市で16.7度と、朝日町を除く9地点で既に10度以上となっています。  富山市の富岩運河環水公園では、先日降った雪が残るなか、散歩を楽しむ人の姿がみられました。  県内はこのあとも晴れる予報で、予想最高気温は富山市、高岡市伏木ともに18度と4月中旬から下旬並みまで上がる見込みです。積雪の多い地域では雪崩に注意してください。

富山 2021.02.21 11:41

ワクチン接種でじんましんの例 すぐに消失

 富山労災病院で19日、新型コロナウイルスのワクチンの接種をした医療従事者に副反応の疑いのあるじんましんの例が報告されたことが分かりました。  これは20日、総理官邸が新型コロナウイルスのワクチンに関するツイッターで明らかにしました。  富山労災病院で19日、ワクチンの先行接種をした際、副反応の疑いがあるじんましんの例が報告されたということです。  何らかの症状が出た場合、ワクチンとの関連が確定していない段階で幅広く国に報告する仕組みとなっていて、「副反応の疑い」の報告はこれが初めてです。  富山労災病院によると、いまのところ、じんましんの症状はみられなくなっているということです。  富山労災病院では19日、希望する48人が先行接種を受けていました。

富山 2021.02.20 19:47

北陸地方に春一番 去年より4日遅い観測 石川県では最大瞬間風速20メートルを超えた所も 金沢など4月上旬並みの暖かさ

新潟地方気象台は20日、北陸地方に春一番が吹いたと発表した。 去年より4日遅い観測だ。 春一番は、立春から春分までの間に、日本海にある低気圧に向かって南寄りの強い風が吹き、気温が上がったときに発表される。 石川県金沢市など、北陸ではこの基準に達する風が吹き、新潟地方気象台は、去年より4日遅く、北陸地方に春一番が吹いたと発表した。 午後4時までの最大瞬間風速は、七尾で23.3メートル、輪島で21.7メートルを観測、最高気温も金沢で14.8℃と4月上旬並みとなった。 21日は、20日以上に気温が上がる見込みで、積雪の多い所ではなだれに注意が必要だ。

石川 2021.02.20 18:25

【石川県新型コロナ】新たに19人感染確認 営業時間短縮要請のコールセンター設置

新型コロナウイルスについて石川県は20日、新たに19人の感染が確認されたと発表した。 県によると、20日午前10時までの305件の検査のうち、19人の陽性が判明した。 このうち、クラスターとなっている接客を伴う飲食店関連からは3人。 濃厚接触者や接触者が11人で、残る5人は感染経路が分かっていない。 また、県は、22日から始まる金沢市片町や木倉町の飲食店の営業時間短縮要請を前にコールセンターを設置した。 電話番号は076-225-1920 土日・祝日含め午前9時から午後6時、要請に応じた場合の協力金の申請方法の問い合わせなどに対応している。

石川 2021.02.20 18:19

石川県金沢市でベトナムの子どもたちの絵画展開催 コロナ禍でも国際交流の輪

コロナ禍でも国際交流の輪を広げようと、ベトナムの子どもたちが描いた絵画の展示会が石川県金沢市で開かれた。 この催しは、北陸ベトナム友好協会が企画したもので、会場には、ベトナムの生活風景や将来の夢などをテーマに、現地の中学生から届いた作品およそ40点が並んだ。 主催者は、「コロナ禍で、なかなか自由に行き来ができない中で ベトナムの子どもたちの頑張っている姿を、少しでも金沢の方に知っていただきたかった」と話していた。 去年は新型コロナウイルスの影響で、毎年行っている現地への訪問などは中止となったが、主催者は、こうした展示を通して交流を続けていきたいとしている。

石川 2021.02.20 18:10

富山労災病院 ワクチン接種でじんましん例

 富山労災病院で19日、新型コロナウイルスのワクチンの接種をした医療従事者に、副反応の疑いのあるじんましんの例が報告されたことが分かりました。  これは20日、総理官邸が、先月開設した新型コロナウイルスのワクチンに関するツイッターで明らかにしました。  富山労災病院で19日、ワクチンの先行接種をした際、副反応の疑いがあるじんましんの例が報告されたということです。  富山県内では、19日から富山労災病院と高岡ふしき病院で希望する医師や看護師に対し、ワクチンの先行接種が行われていて、富山労災病院では48人が接種を受けていました。  また総理官邸は、「厚生労働省で引き続き副反応の疑いのある事例の収集に努め、接種後、15分以上は接種会場で様子を見るなどの安全対策の周知に努める」とツイートしています。

富山 2021.02.20 17:45

射水市で住宅全焼 けが人なし

 20日朝、射水市で住宅1棟が全焼する火事がありました。けが人はいませんでした。  射水警察署や消防によりますと、20日午前9時13分ごろ、射水市堀岡新明神の派遣社員 堀川繁樹さん(52)宅から「炎が見える」と隣の家の住民から消防に通報がありました。  火はおよそ50分後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、隣の家の一部が焦げて窓ガラスが割れるなどしました。  堀川さんは出火当時、外出していて無事でした。  実況見分の結果、1階居間が激しく焼けていることから火元とみられていて、警察と消防が引き続き火事の原因を調べています。

富山 2021.02.20 17:37

新型コロナウイルス 県内新たに4人感染

 20日、県内では新たに4人の新型コロナウイルスの感染が確認されました。県内での感染者はこれで900人を超えました。  新たに感染が確認されたのは、高岡市、射水市、南砺市のいずれも50代の男女4人で、このうち1人がすでに県内で感染が確認された人の濃厚接触者でした。  県は詳細について21日に発表するとしています。  また、19日に感染が判明した南砺市の50代の男性会社員は、今月16日に発熱などの症状があり、検査を行ったところ陽性が判明しました。  感染経路は分かっておらず、濃厚接触者は、家族1人と職場関係1人で、いずれも検査の結果陰性が確認されました。  これで県内の感染者は、累計で902人で、入院者数は17人、このうち重症は3人です。

富山 2021.02.20 17:32

5日ぶり新たな感染者なし 園児も全員陰性

県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されず、クラスターが発生した敦賀市の幼稚園の園児などもすべて陰性だった。(2月20日) 県によると県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は2月15日以来5日ぶりに確認されず、累計は542人のままで入院は5人減った16人。 またクラスターが発生した敦賀市内の幼稚園では、園児188人全員が陰性だった。 さらに、19日に感染が確認された40代男性が勤務する関西電力の原子力事業本部の同僚ら115人も、すべて陰性と確認された。 なお県内では2月28日まで感染拡大注意報が出ていて、県では引き続き感染予防の徹底を呼びかけている。

福井 2021.02.20 14:20

石川県金沢市の近江町市場 親子で地元食材や市場への理解深めるイベント開催 クイズや普段入れない製氷室にも…

石川県金沢市の近江町市場で、親子で地元食材や市場へ理解を深めるイベントが開かれた。 この「親子おみちょ体験」は、子どもたちに近江町市場を身近に感じてもらおうと毎年行われているもので、今回は新型コロナの影響で、参加人数を半分に減らして行われた。 参加した親子は青果店や鮮魚店を回り、また、普段は入れない製氷室などにも足を運んだ。 参加した親子はクイズに答えながら、理解を深めていた。

石川 2021.02.20 12:24

北陸地方で春一番を観測

 日本海の前線を伴った低気圧の影響で県内は、20日未明にやや強い南寄りの風が吹き、気象台は北陸地方で「春一番」が吹いたと発表しました。  春一番とは、立春から春分の日の間に広い範囲で初めて吹く南寄りの強い風のことです。  去年より4日遅い観測です。  日本海の低気圧に向かって南寄りの風が吹き込み、午前10時までの最大瞬間風速は、富山市で11.5メートル、高岡市伏木で13.2メートルなどとなっています。  気象台は、県東部北に暴風警報をだしています。夕方にかけて海上では暴風に警戒してください。  午後からは雲が増えますが、日中の予想最高気温は、富山市、高岡市伏木ともに14度と、4月上旬並みの陽気となりそうです。  また、きょう未明から続いた気象庁のホームページのシステム障害に伴い、富山地方気象台のホームページも一部が閲覧できなくなっていて、午前11時半現在、復旧した気象庁のホームページにリンクするなどの対応を取っています。

富山 2021.02.20 12:01

大野でランタンを上げコロナ禍の終息を願う

19日夜、大野市の六呂師高原でランタンを上げるイベントが開かれ、やさしい灯りに新型コロナウイルスの終息を願った。(2月20日) 19日夜、大野市の六呂師高原では手作りのランタンを上げるイベントが開かれた。 去年は県内外から2000人ほどが集まったが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、代わりに市民団体のメンバーらが疫病退治の妖怪のアマビエなどを描いたランタンを上げた。 参加者の1人は「新婚旅行に行きたいと書いた。コロナが無くなって行けたらいいなと思う。」と話し、温かな灯りに願いを託していた。 参加した人たちは、夜空を舞う幻想的なランタンのやさしい灯りに、コロナ禍が終息し来年こそはイベントが開けるよう願った。

福井 2021.02.20 11:42

石川県・新型コロナ 1人死亡 17人陽性 クラスター関係さらに拡大

新型コロナウイルスについて石川県は19日、1人が死亡したほか、新たに17人の感染が確認されたと発表した。また、感染経路が不明な人はおよそ1か月ぶりにゼロとなった。 石川県によると亡くなったのは能美市立病院に入院していた白山市の80代男性だ。 また、19日午前10時までに確認された382件の検査の結果、1歳未満の男の子を含む新たに17人の陽性が確認された。 このうち、クラスターでは能美市立病院関係が5人接待を伴う飲食店関係が5人。そのほか、濃厚接触者などが7人、感染経路が不明な人はおよそ1か月ぶりにゼロとなった。

石川 2021.02.19 20:49

石川県 時短要請の協力金 周辺エリアにも 商店街などが要望書提出

石川県金沢市の片町や木倉町では2月22日から3月7日まで飲食店に営業時間の短縮が要請され、全期間実施すると協力金が支給される。 こうしたなか、県庁では、公平感が出るような対策をしてもらえないかと要望書を手渡したのは金沢市中心部の商店街など10の団体。 片町の一部だけでなく周辺エリアにも協力金の支給を求めた。 石川県は、複数のクラスタ―が発生した片町地区のみを時短要請や、協力金支給の対象としていて、現状、ほかのエリアは対象とはしない方針を示している。

石川 2021.02.19 20:49

石川・富山「知事懇談会」7年4か月ぶり 新幹線整備促進や広域観光など連携確認

石川・富山両県の知事による7年ぶりの懇談会だ。谷本知事は19日、富山県の新田知事と懇談し、北陸新幹線の整備促進や広域観光などで連携していくことを確認した。 実は、この、石川と富山の「知事懇談会」は2013年秋に金沢で開かれて以来、7年4か月ぶり。 19日は、全国最多の7期目となる谷本知事を去年秋に就任したばかりの新田知事が迎える形で行われた。 2人の懇談のテーマは敦賀開業の1年遅れが決まった北陸新幹線の大阪延伸や広域観光の促進など多岐にわたった。 このうち、北陸新幹線の延伸・整備促進については、福井も含めた北陸3県で一致協力していくこと。 そして、広域観光については、東京にあるそれぞれの県のアンテナショップで互いの県のパンフレット置くなど連携した取り組みを行うこと。 そのほか、冬場の通行止めが課題となっている「県道金沢湯涌福光線」など県境にまたがる道路の整備を進めていくことを申し合わせた。 富山の新田知事就任を機に再開することとなった両県知事の懇談会。今後も定期的に開催されることになりそうだ。

石川 2021.02.19 20:49

石川県初 新型コロナワクチンの接種始まる 初日は医療従事者120人が接種

石川県内初となる新型コロナワクチンの接種が19日、金沢市内の病院で行われた。感染収束の切り札ともいわれる今回のワクチン。接種会場やワクチンを受けた医療従事者を取材した。 病院の廊下にできた長い列。19日、金沢病院で始まったのは石川県内初となる新型コロナウイルスのワクチン接種だ。 医療従事者に向けた先行接種の対象施設となっている金沢病院では、医師や看護師などおよそ300人が接種に同意。 この日はまず、村本弘昭病院長から接種に臨んだ。その後も順調に接種は行われ、初日は医療従事者120人に対して接種が行われた。 副反応がないかみるため接種後は15分から30分その場で待機。いまのところ不調などを訴える人はいないという。 そして、いよいよ4月からは高齢者から順に一般向けの接種も始まる。 19日、加賀市では、市民からの相談や予約の窓口となるコールセンターの設置に向けて、着々と準備が進められていた。 2月1日に開設する市のコールセンターは看護師などの専門職も含め7人体制で、ワクチンに関する相談のほか、集団接種の予約も受け付ける。 市内では65歳以上の高齢者およそ2万2700人が優先接種の対象に。 身近なかかりつけ医で接種することが最大の安心材料だとし、各診療所での”個別接種”を中心とするがそれを補う形で”集団接種”も行うとしている。 しかし、加賀市にワクチンがいつ搬入されるか、現段階ではわかっていない。前例のない中、手探り状態ではあるが着実に準備が進められている。

石川 2021.02.19 20:48

新型コロナウイルス ワクチン先行接種始まる

 感染収束への切り札となるのでしょうか。新型コロナウイルスのワクチン接種が19日から、医療従事者を対象に県内2つの病院で始まりました。今回の先行接種は、ワクチンの安全性を確認するため希望する医師や看護師などを対象に行うもので、一般への接種は、高齢者から順に4月以降になる見込みです。  「高岡ふしき病院では医療従事者による先行接種が始まりました」  先行接種は、国が指定した公的病院など全国100か所で行われていて、県内では高岡市の高岡ふしき病院と魚津市の富山労災病院の2か所が指定されています。  このうち高岡ふしき病院では、医師や看護師など72人が先行接種を受けました。ワクチンは、アメリカのファイザー社製造で、担当の医師が、1つの容器から6回分のワクチンを確保できる特殊な注射器を使い、接種を行いました。  接種を受けた人 「思ったほど痛くなくあっという間に終わりました」  高嶋修太郎院長 「(ワクチンの接種が)安心して受けられることをアピールすることができれば」  高岡ふしき病院によりますと、接種による体調不良など、副反応の報告はないということで、病院では来月19日までに院内の9割にあたる218人に接種を完了するとしています。  一方、富山労災病院でも19日、48人に接種し副反応の報告はなかったということです。ワクチン接種は、今後、医療従事者を優先して行われ、4月以降に、高齢者から順に一般への接種が始まる見込みです。

富山 2021.02.19 19:17

新型コロナウイルス 新たに1人感染

 県内では19日、新たに1人の新型コロナウイルス感染が確認されました。  感染がわかったのは南砺市の50代男性で、県は20日に詳細を発表するとしています。  また、18日感染が判明した富山市の30代女性と高岡市の50代女性は、いずれも家庭内感染とみられます。  このうち富山市の女性は、市内の医療機関に勤務する医療従事者で、市は、感染予防対策が図られていたため、患者への感染の可能性は低いとしています。  県内の感染者数は898人で、入院が17人、このうち重症は、18日から1人減って3人です。

富山 2021.02.19 19:14

高病原性鳥インフルエンザ 県が終息宣言

 先月、小矢部市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザについて県は19日、感染の終息を宣言しました。  新田知事「本事案について終息したことを宣言いたします」  19日に開かれた対策会議で県は、感染が確認された養鶏場で飼育されていたニワトリおよそ13万羽を殺処分し、鶏舎の消毒などを完了したうえで21日間の経過観察を行い、異常がなかったことから、国と協議して、19日午前0時、発生場所から半径3キロ圏内にある養鶏場からのニワトリや卵の運び出し制限を解除しました。  今後は、再発防止に向けた養鶏場などへの対策指導や、発生養鶏場への支援などを行うとしています。  一方、17日に小矢部市で見つかった野鳥の死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が確認されたことについては、野鳥の監視を続けていくとしています。

富山 2021.02.19 19:10

自民党の推薦候補の公募に3人が申請

 ことし夏に行われる予定の高岡市長選挙に向けて、自民党高岡市連合支部は19日、推薦候補の公募を締め切りました。新たに角田悠紀高岡市議会議員が申請し、自薦で2人、他薦で1人の3人が申請しました。  自民党の公募受け付け最終日の19日朝、角田悠紀市議(38)が、推薦を申請しました。  角田悠紀市議 「選択肢の一つとして政治家が出るということは、意味あるものだと思っていますし、しっかり選んでいただくために決断した次第です」  自民党推薦候補の公募では、高岡市在住の経済ジャーナリスト、出町譲さん56歳が申請したほか、経済人で組織する日本商工連盟高岡地区などが高岡市の米谷和也教育長62歳を申請しました。  米谷教育長は、取材に対し、ありがたく受け止めるが現状は教育行政の職責に専念したいと話しています。  一方、立候補を検討してきた瀬川侑希県議会議員(36)は、申請しませんでした。  自民党高岡市連は、申請した3人の考えを聞くことも検討し、当初予定していた来月上旬までの選考は困難になったとしています。

富山 2021.02.19 19:08

高橋市政最後の予算編成 ポイントは

 高岡市は19日、一般会計で663億円余りの新年度予算案を発表しました。新年度に市長が変わる高岡市。市政運営が節目を迎える高岡市の新年度予算案について、梅本記者のリポートです。  「高橋市政最後の予算編成は、次の市政につなぐため、移り変わる時代の流れやニーズを意識した政策も盛り込まれています」  高橋市長 「3期12年担当させてもらった市政運営のある意味集大成でもあるし、新しい体制に引き継ぐ、できるだけいい形で渡したい。まさに今、ステージが変わろうとしている時期だと思う。最先端の新しい技術がどんどん実用化されていく、そういう中にあってそういうものに取り組んで、新しい日常、新しい生活、新しい社会経済を作っていこうという思いで編成した」  高岡市は新年度予算案で、デジタル技術を活用した市場や産業の変革=デジタルトランスフォーメーションや、持続可能な社会の実現を目指す「SDGs」を意識し、公共料金や保育料などのWeb口座振替や、地域交通の充実など、「新機軸」と銘打った32の事業に総額1億6800万円余りが計上されています。  また、高橋市政が継続して取り組んでいる「街なか整備」では行政センターが廃止される福岡地域の土地区画整理に3億円を、街なか居住の促進に向けて、高岡駅前に現在計画中のマンション建設支援に2億1900万円を、それぞれ盛り込んでいます。  一方、市の歳入は、新型コロナウイルスの影響で税収が15億円程度減り、市債の発行や財政調整基金で補填する方針です。  収入に対する市債返済額の割合を示す実質公債費比率は14パーセント台に上がり、今後も苦しい財政が続く見通しです。  高橋市長 「公共施設に関する基金を設けることにした、これも持続可能なステージに向けての1つ取り組みの要素であって、年度感を見ながらメリハリをつけられるような状態まで、まずはなった。公債費の扱いが高岡の場合の大きな課題」  一方で、4年前に明らかとなったおよそ40億円の財源不足は、業務の見直しなどで、新年度の残りは5億2000万円の見通しです。  高橋市長 「何とか緊急的な危機から持続可能な財政運営を考える、そういうステージに移りつつあるのではないか。一概に(令和)4年度で大丈夫と私の立場では言えないが、射程距離には入っていると思う」  7月の任期満了で退任を表明している高橋市長。新市長には、厳しい財政のなかで高齢化対策とともに、街の再生への手腕が問われます。  高岡市の新年度予算案は、3月1日に開会する市議会定例会に提出されます。

富山 2021.02.19 19:07

収益厳しいローカル線 廃止も含め見直し

 高岡市を起点とするJR城端線や氷見線を含めたローカル線について、JR西日本の長谷川一明社長は19日、収益が厳しい路線について関係自治体と、廃止も含めた検討を行う考えを示しました。  JR西日本 長谷川一明社長 「これまでの内部補助(他線の利益で補填)で成立してきたローカル線の維持が、非常に難しくなっているという状況が現実としてございます。関係の自治体の皆様方と一緒になって、持続可能な地域交通、これが実現できるように、様々な取り組みをさせていただきたい」  18日の会見で長谷川社長は、具体名は挙げなかったものの、「かなりの路線で問題を抱えている」として、ローカル線の維持に向けて、関係自治体と議論を深める考えを示しました。  LRT=次世代型路面電車化や代替バスへの転換などが念頭にあるとみられます。  県内では去年、城端線と氷見線のLRT化をJR西日本が提案し、県や沿線自治体などが検討会議を立ち上げていて、今回の発言は、この議論を加速させたい意向もあるとみられます。

富山 2021.02.19 19:05

作家の世界を堪能 水墨画を旅する企画展

 水墨画を通して、作家が表現した世界を旅をする企画展が19日から富山市の県水墨美術館で始まりました。  この企画展は県水墨美術館と北日本放送などが主催したもので、19日は開会にあたりセレモニーが開かれました。  今回の企画展では、作品との出会いを「旅」に見立てて横山大観や棟方志功など30人の作家の作品42点を風景や記憶、心の内面など、6つのテーマに分けて展示しています。  作家の描く世界を旅するように楽しめるよう、作品を解説した「旅の指南書」も用意されていて、水墨美術館は「子どもや水墨画初心者にも楽しんでほしい」と話していました。この企画展は4月11日までです。

富山 2021.02.19 19:03

富山県・石川県 アンテナショップ連携強化

 富山県の新田知事と、石川県の谷本知事が19日高岡市で懇談し、両県の観光振興に向けて、東京にあるアンテナショップの連携を強化することで合意しました。  懇談では谷本知事が、2024年春が見込まれる北陸新幹線の敦賀開業を見据えて、東京にある両県のアンテナショップが、北陸の魅力発信に向けて連携することを提案しました。  石川県のアンテナショップは東京の銀座にあり、新田知事は日本橋と有楽町にある富山県の2つのアンテナショップと連携して、観光パンフレットの設置やスタッフの交流など「まずはできるところから始め、相互に利益を生むように取り組みを進めたい」と答えました。  新田知事 「(両県で)情報共有、課題を共有したうえで、一緒にできることを探っていければ」  谷本石川県知事 「北陸新幹線というものを軸にして、様々これから連携を取っていかなければならない」  両県の知事が話し合う「知事懇談会」の開催は、2013年以来で19日はこのほか、北陸新幹線の大阪延伸に向け、福井県も含めて北陸3県で協力していくことや、冬の間通行止めとなる県道金沢湯涌福光線など、県境道路の整備についても意見を交わしました。

富山 2021.02.19 19:00

ニホンライチョウ 80羽程度まで増殖へ

 環境省が進めるニホンライチョウの保全事業で、富山市ファミリーパークなど繁殖や飼育に取り組む施設が19日に検討会を開き、今後5年間に全国で80羽程度まで増殖させる計画をまとめました。  検討会には、環境省のほか、富山市ファミリーパークなど繁殖に取り組む施設や研究者が参加し、今年度の人工繁殖の成果や飼育の経過を確認しました。  今年度は、飼育環境の違いが産卵に及ぼす影響や、免疫力の低下などを防ぐために餌や腸内細菌の分析を進めていて、課題となっていた野生よりも多い産卵数が抑えられたほか、卵のふ化率が改善しました。  検討会は、次の5年間に全国での飼育数を現在の55羽から80羽程度まで増殖させる計画で、新年度は、飼育可能な施設の増加に向けて衛生基準の見直しや、人工授精技術の開発を目指すとしています。

富山 2021.02.19 18:58

県の未来へ有識者が議論

 新田知事が知事選の公約に掲げた目玉政策、県の成長戦略会議の初会合が19日に開かれ、県ゆかりの経済人や有識者らが新しい富山の発展に向けた意見を交わしました。  新田知事 「富山県を新たなステージにあげていくために皆さんと共に自由闊達な議論をしていく。私自身わくわくしているところでございます」  19日は、県の発展に向けて移住者を呼び込む、まちの在り方について意見を交わしました。  出席した委員からはブランディングだけでなく都市のビジョンを発信することや、他の都市との差別化できるポイントを明確にすることが重要だとする意見が出ました。  会議は今後月1回ペースで、毎回異なるテーマを話し合い、ことし6月に戦略の中間とりまとめを行う予定です。

富山 2021.02.19 18:57

スノーモービルで救助 県警と猟友会が協定

県警と県猟友会が協定を結び、猟友会のスノーモービルがケガ人の搬送や行方不明者の捜索などに活用される。(2月19日) 警察と猟友会が、大雪の際の活動支援で相互協定を結ぶのは全国で初めて。 具体的には、県猟友会が所有する約20台のスノーモービルを県警に提供し、ケガ人の救出や搬送、それに行方不明者の捜索など行う。 機動力が高いスノーモービルを活用することで、車での移動が難しい森や林の中での救助活動の時間短縮が期待されいて、福井県警の松浦則幸警備課長は「警察官が現場にいち早く行くことが大事で協力してくれてありがたい」と話していた。 県警と県猟友会では今後実践的な訓練を行い、雪害時の応援協力体制を密にすることにしている。

福井 2021.02.19 17:19

ワクチン先行接種始まる 福井勝山総合病院

県内で初めて新型コロナウイルスのワクチン接種が福井勝山総合病院で始まり、19日は30人が接種を受けた。(2月19日) 勝山市の福井勝山総合病院は、県内で唯一国の先行接種の対象に選ばれていて、19日から接種が始まった。 19日は医師や看護師ら30人が接種を受け、接種の後は15分間待機して体調に異常が無いかを確認していた。 福井勝山総合病院では医師や看護師ら431人が接種を希望していて、1日80人のペースで接種を進めるとしている。 ワクチンは1人2回の接種が必要で、病院では3月中に全員を終える計画。

福井 2021.02.19 16:51

県内初の幼稚園クラスター 5人の感染確認

新型コロナウイルスに新たに敦賀市の5人が感染し、県内では初の幼稚園クラスターと認定された。(2月19日) 県によると、新たに感染が分かったのは、いずれも敦賀市に住む10歳未満から40代の男女5人。 このうち2人は敦賀市の第二早翠幼稚園の園児と保育教諭で、感染者の広がりが5人を超えたため、県は県内初の幼稚園クラスターと認定した。 県は、この保育園の園児188人の検査を進めている。 また、ほかの3人は18日に感染が分かったこの幼稚園の園児の同居家族で、このうち40代の男性は関西電力の原子力事業本部に勤務していて、県では同僚ら115人を検査している。 これで県内の感染者は累計で542人となり、21人が入院していて重症患者は1人減って1月5日以来37日ぶりにゼロとなった。

福井 2021.02.19 16:45

石川県 19日は各地で雪が残り寒い朝に 翌20日は気温上昇…なだれに注意を

19日の石川県内はおおむね曇りとなっている。冬型の気圧配置は次第に弱まる見通しだが、各地ではまだ雪が残り寒い朝となった。 冬型の気圧配置となっている石川県内。各地の最低気温は白山河内で氷点下3.3℃、七尾、三井で氷点下2.9℃など、5つの観測地点で氷点下となり、その後、朝になっても気温の低い状態が続いた。 また、雪も残り、午前11時の積雪は白山河内で90センチ、七尾と珠洲で17センチ、金沢で11センチなどとなっている。 気象台によると、19日は冬型の気圧配置が次第に弱まり、加賀では夕方から晴れる見込みだ。 また、20日は低気圧から伸びる寒冷前線が北陸地方を通過する見込みで、雨が降る時間帯もあるが、20日日中の予想最高気温は、金沢で14℃、輪島で12℃と高くなっている。 気象台では特に加賀ではなだれに注意するよう呼びかけている。

石川 2021.02.19 12:31

戦没者の孫世代 平和願い千羽鶴を広島へ送る 石川県・金沢市遺族連合会の青年部が企画

戦没者の孫世代でつくる石川県の金沢市遺族連合会の青年部が、平和への願いを込めた千羽鶴を広島へ送った。 金沢市遺族連合会の青年部は、おととし秋に発足したものの、発足1年目は新型コロナウイルスの影響で、人が集まっての活動が難しく、思うように活動ができなかったという。 また、原爆の被災地である広島への訪問も予定していたが中止となり、代わりに平和への願いを込めた千羽鶴を送ることにした。 この千羽鶴の制作は青年部を中心に30人ほどで始まり、その家族や知人など多くの人に広がったという。 千羽鶴は広島市役所に送られたあと、平和記念公園で展示される予定だ。

石川 2021.02.19 12:21

氷見「持続可能な定置網漁業」日本農業遺産

 伝統的な農林水産業を継承し、6次産業化に取り組んでいる地域を、国が認定する日本農業遺産に、氷見市の「持続可能な定置網漁業」が県内から初めて選ばれました。  日本農業遺産は農林水産省が設けている制度で、氷見市などでつくる協議会は、地元の定置網漁業が氷見の豊かな自然と伝統的な農業・漁業を行う環境に支えられているとして「持続可能な定置網漁業」の認定を申請していました。  これに対し農林水産省は19日、氷見市を含め4県7つの地域を日本農業遺産に認定したと発表しました。認定証の授与式は、来月行われる予定です。氷見市の申請は今回が2回目で、県内からは初めての認定です。  一方、氷見市が日本農業遺産とともに目指していた世界農業遺産への申請は承認されませんでした。

富山 2021.02.19 11:49

鳥インフルエンザ 新田知事「終息宣言」

 先月、小矢部市の養鶏場で発生した高病原性の鳥インフルエンザについて県は19日、終息を宣言しました。  新田知事「本事案について終息したことを宣言いたします」  小矢部市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザについて県は19日、対策本部会議を開き新田知事が終息を宣言しました。およそ13万羽の殺処分や埋却、鶏舎の消毒などの防疫措置を終え、21日間の経過観察をした結果、他の養鶏場で大量死が起きるなどの異常がなかったことから、県は国と協議して発生農場から半径3キロ以内のニワトリや卵の運び出しを禁じた制限を19日午前0時に解除しました。  県は今後、養鶏場などへ発生防止対策の指導や、発生農場への支援、風評被害防止のための情報発信などを行い、また17日小矢部市内で見つかった野鳥の死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が確認されたことから、野鳥の監視を続けていくとしています。

富山 2021.02.19 11:49

時代変化楽しむ 高浜でひなまつりイベント

恒例の若狭たかはまひなまつりは、新型コロナウイルスの影響でひな人形を展示する民家が去年より19軒減っている。(2月19日) 若狭たかはまひなまつりは、高浜町の旧丹後街道沿いを中心にして民家や商店などにひな人形を飾るイベント。 イベント開始の20日を前に準備が進んでいるが、今年は新型コロナウイルスの影響で、参加する民家や商店は去年より19軒減り71軒に。 また、今年は新たに高浜町文化会館で、町民などから譲り受けた昭和から平成までのひな人形を7段飾りにして展示し、年代ごとの顔立ちや装束の違いを楽しむことができるという。 若狭たかはまひなまつりは20日から3月3日までで、2月28日には音楽イベントも開かれる。

福井 2021.02.19 10:59

石川県の繁華街で週明けから営業時間短縮へ 対象となる飲食店は…

感染のさらなる広がりを防ごうと石川県は、金沢市片町地区の飲食店を対象に週明けからの営業時間短縮を要請した。対象となった飲食店の現状を取材した。 17日、石川県が発表した飲食店への時短要請。金沢市片町と木倉町にあるすべての飲食店を対象に2月22日から3月7日まで、営業を午後9時までとするほか、酒類の提供は午後8時までとしている。 18日、片町の飲食店をたずねると。「もう少し早く時短要請してもらった方がよかったかな」と話すのは、「赤玉本店」女将の佐津川江実子さんだ。 「金沢おでん」として人気を集め、県外からの観光客を中心に賑わっていたこちらのお店だが、現在は、「本当にひどい状況」だという。 売り上げは、感染拡大前と比べて半分以下に減少。GoToトラベルで一時的に客足が回復したものの、それでも、売り上げは感染拡大前の6割ほどに留まったという。 営業時間の短縮によって、すでに入っている予約のキャンセルを懸念する一方で、佐津川さんは営業時間を短縮する2週間で、収束にしてくれればと、期待も覗かせていた。 こちらの店では、袋詰めした「金沢おでん」の冷凍販売に力を入れていて、県外からのお取り寄せや物産展での販売が売り上げを支えているという。 コロナ禍を乗り切るために活路を探る飲食店。片町地区の飲食店への時短要請は週明け22日から2週間の期間となっている。

石川 2021.02.18 21:00

石川県の金沢病院に新型コロナワクチン到着 あす午後から接種開始

医療従事者の先行接種に向けて、石川県内第一号となる新型コロナウイルスのワクチンが18日、金沢病院に届けられた。 午前10時。厳重に梱包された状態で、金沢病院に運び込まれたのは、石川県内初となるファイザー製の新型コロナワクチン。 今回搬入されたワクチンは、585人分で、すぐに超低温冷凍庫に移され、現在はマイナス80℃の状態で保管されている。 金沢病院は、国による医療従事者に向けた先行接種の対象施設となっていて、医師や看護師などおよそ300人が接種に同意しているという。 そして、このうち80人ほどが、19日午後、最初の接種を受けることになっている。 金沢病院での1回目の接種は2月26日までに行われ、その後、副反応の様子などを見ながら、3週間後に2回目の接種が行われる。 この他の医療従事者について県内では、3月中旬から接種が始まり、4月以降、高齢者から優先的に接種が行われる予定。 また、3月上旬には県民向けに副反応などへの相談に応じるコールセンターが設置される予定だ。

石川 2021.02.18 20:54

コロナ禍の課題解決に向けて若者たちが提案 斬新なアイデア続々 学生による起業も

石川県にある金沢大学がコロナ禍の課題の解決に向けて、若者たちからアイデアを募り、先日、成果報告会を開いた。 「ビヨンド・コロナ・フォーラム」というこの取り組み。実際に学生たちが事業を起こす動きもあるようだ。 2月12日、石川県七尾市内で開かれたビジネスプランの報告会。 国内外の若者からの400件を超す応募動画の中から優れたアイデアの表彰が行われたほか、このフォーラムをきっかけに事業を起こすという学生たちがその構想を語った。 それは、「企業が業績を上げることができ、かつ、大学生が活躍できる場をつくりたい」という、学生のアイデアを企業に提供するというビジネスの提案。 そして、ある学生は、「シーズン年4回で発行する高校生、大学生その他のすべての社会人を対象とした雑誌」と北陸の学生と企業とをつなぐ機関誌を発行する計画だ。 さらに、今後は日本でも、日本海が中心となる時代が来ると考え、「美食により、地域産業、観光を盛り上げる」という発案もあった。この、日本海側の地域活性化に向けた構想には、新たな仮想通貨を取り入れて経済連携を図るという仕掛けも盛り込まれていた。 このコロナ禍において生み出される、若者たちの斬新なアイデア。今後、企業とも連携しながら実現に向け、本格的に動き出す。

石川 2021.02.18 20:51

石川県金沢市の病院が診療報酬を不正請求 5年間におよそ1億5900万円余り   保健医療機関の指定取り消し

診療報酬およそ1億5900万円を不正に請求したとして東海北陸厚生局は、17日、石川県金沢市の藤井病院について保険医療機関の指定を取り消す処分を発表した。 保険医療機関の指定取り消し処分を受けたのは石川県金沢市の藤井病院だ。 東海北陸厚生局によるとこの病院では夜勤の看護師などの配置について勤務表を改ざんするなど実際とは異なる勤務時間を報告し診療報酬を不正に請求した。 厚生局の監査で判明した不正請求は2013年9月からのおよそ5年間で950件、金額にして1億5900万円余りに上るという。 17日、会見を開いた藤井病院を運営する医療法人社団「博洋会」の藤井博之理事長は、不正請求した1億5900万円余りついて返還する意思を示し、謝罪した。 保険医療機関の指定取り消しは来年1月1日付で「博洋会」では、それまでに新たな医療法人に藤井病院の運営を引き継ぐ方針だ。 藤井病院にはおよそ90人の入院患者がいるが転院などは行わず、外来診療も含め、通常通り診療を行うという。

石川 2021.02.18 20:35

県内ピーク越えたが 引き続き断続的に雪

 県内で16日から降っている雪はピークを越え、大雪警報は18日朝、解除されました。ただ上空に寒気が残っているため、雪は断続的に降っていて、山間部では今夜にかけて大雪となるおそれもあります。  17日から県内全域に出されていた大雪警報は、18日午前5時前に解除されましたが、県内は日中も断続的に雪が降りました。午前11時までの24時間に降った雪の量は、朝日町で51センチ、富山市で34センチに達しました。  午後6時の積雪は朝日町で71センチ、富山市で56センチなどとなっています。  先月の記録的大雪を教訓に17日日中に除雪が行われた富山市の県道富山・高岡線は、17日夜はその効果もあって車の通行に大きな支障は出ていませんでした。  「午前5時半の県道富山小杉線です。私はしばらくこの道を運転してきましたがすでに除雪は終わっていて路面もきれいにならされています。また道路幅も片道2車線分が確保されています」  県によりますと、富山市内などで目立った立ち往生は発生しなかったということです。  一方、17日から特に激しく雪が降った新川地区では道路に影響が出ました。国道8号線は17日、夜にかけ朝日町から新潟県内にかけて雪による激しい渋滞が発生したため通行止めにして除雪が行われ、18日も新潟県糸魚川市で一時通行止めとなりました。  JRは18日、北陸線で特急サンダーバードとしらさぎ合わせて8本が運休したほか高山線・城端線・氷見線でも一部運休しました。あいの風とやま鉄道は、えちごトキメキ鉄道区間も含めて合わせて46本が運休しました。  また、富山市・立山町・朝日町の小中学校と県立学校4校が休校になりました。

富山 2021.02.18 19:52

県の新年度予算案発表 規模は過去最大

 県は18日、ことし4月からの新年度の予算案を発表しました。新田知事にとって初めて編成した年度全体の予算案は、一般会計で6335億円余りで、当初予算としては過去最大の規模となっています。  県の新年度の当初予算案は、一般会計でおよそ6335億7500万円で、今年度の当初予算より10.9パーセント増えました。4年連続のプラス予算で過去最大の規模となりました。また6000億円台となるのは2000年度以来21年ぶりです。  国の交付金などを活用した新型コロナウイルス対策経費が大幅に増加し、「非常時対応」の予算だとしています。  新田知事「私はビヨンドコロナのわくわくを目指して、そのようなことでこの予算を表現したいと考えます」  主な事業としては、富山県立大学にDX=デジタルトランスフォーメーションを担う人材の育成と研究強化を推進する「仮称・DX教育研究センター」を整備する事業に16億6900万円。  新幹線開業後の東京便減便や、新型コロナの影響で国際線の運休が続くなど、収支状況が厳しい富山空港について民間活力の導入など運営のあり方を調査検討する費用に1800万円が計上されています。  県は新年度予算案を、今月26日に開会する県議会定例会に提出します。

富山 2021.02.18 19:51

初の年度予算編成 新田カラーは

 県の新年度予算案について、県政担当の岸谷記者とお伝えします。去年秋に就任した新田知事にとって初めての年度予算編成ですが、ポイントは何でしょうか。  従来の予算編成と異なる「新田カラー」を出せたかがポイントの一つです。  予算案では新型コロナウイルス対策に重点を置くとともに、知事選で公約していた、積極的に財政出動を行い経済の活性化を図ることを盛り込んでいます。  新田知事「すべての県民の皆さんが、希望に満ちた笑顔に満ちた県となるように、そしてチャンスがあり夢をかなえられる富山県、ワクワクすることがたくさんある富山県を目指す、これのしっかりその種まきをしていかなければならない」  では、新年度予算案の中身を詳しく見ていきましょう。一般会計の総額は6335億7500万円となりました。今年度の当初予算より624億円増え、伸び率は10.9パーセントです。  積極型の予算ですが、財源のやりくりはどうなっていますか。  県の収入の柱である県税などの税収は新型コロナに伴う経済の低迷で、今年度当初予算に比べて161億円あまり落ち込みます。その落ち込みをカバーするのが国からの交付金です。地方交付税が1393億円、さらに実質的な交付金である臨時財政対策債が319億円です。新型コロナ対策の多くが国の予算を活用しています。  いっぽうで県は、これまで借金にあたる県債が膨らみ、厳しい懐事情に悩まされてきた過去もありますが、知事が代わったことで、県債に対する考え方はどうなっていますか。  県債の発行は769億円で、今年度に比べておよそ80億円増えます。これに伴い石井県政では5年連続で減少していた県債残高は、今年度末で増加に転じて、見込みでは1兆2137億円、新年度末も1兆2128億円の見込みです。  新田知事「あえてインフラの前倒しによって、コロナ禍で傷んだ経済を刺激するためにやっているということで、これは躊躇なくやっております」「今は一時的に非常時において借金というか県債残高が増えたことは私としてはやらざるを得ないことだと思います」  いっぽうで県は行財政改革として、県のブランド米「富富富」のテレビコマーシャルの見直しなどで10億5800万円あまりを捻出しました。とはいうものの、県民1人あたりおよそ116万円の借金を抱えている計算になりますから、一層健全な財政運営が必要です。  そして初の予算編成で新田知事が特に意識した、いわゆる「新田カラー」を出したのはどんな分野でしょうか。  知事選で新田知事は「八十八策」と称して88の政策を掲げていました。新型コロナ対策では中小企業支援などを掲げていて、コロナ対策全般で134億円を充てています。  また、教育分野への思い切った投資に関しては、国に先駆けて小学3・4年生の35人学級を実施するために2億2600万円、子育て環境の充実に関して、こども病院の整備に向けた県の構想を策定する事業に300万円、ベンチャーの育成は、資金調達のための支援協議会を設立し検討する費用として400万円などを挙げています。  県は、新田知事の88の公約は、予算が伴うものについては予算付けをしたとしています。ただ35人学級の実施以外はいずれも少額で「結果として総花的」という印象もあります。公約がどこまで反映できたかについて、新田知事は次のように述べました。  新田知事「4年間で結果的には難しいこともあるのかもしれませんが、なんとかこの4年間の中で芽出しをしておきたい、そんな思いであります」  県の予算は、国の交付金を含めて私たちが納めた税金で成り立っていて、日々の暮らしの幅広い分野に関わります。新たなカラーを出すものと切れ目なく続けるものの双方に目配せすることが大切だと思います。

富山 2021.02.18 19:49

県 成長戦略室やデジタル化推進室設置

 県は新年度に組織の体制を見直します。従来の総合政策局を「知事政策局」へ組み替え、成長戦略室やデジタル化推進室を設けます。  組織改革では、新田知事が力を入れる重要課題への取り組みを進めるためとして、総合政策局を「知事政策局」へ組み替えます。  知事政策局の中には、官民連携や規制緩和の推進、ベンチャー創出の取り組み強化などを行う「成長戦略室」、地域や企業、自治体のデジタル化などに取り組む「デジタル化推進室」、そして働き方・女性活躍推進室を新設します。  またデジタル化推進のため、NTTドコモとの人事交流を行います。ドコモの職員をデジタル化担当の課長に起用し、県からは若手職員をドコモに派遣します。  そして、観光・交通振興局を「地方創生局」に組み替えます。こちらも知事が選挙で掲げた「県と市町村の連携強化」「窓口の一本化」を図るための組織です。  また新田知事が掲げている「副知事2人体制」に伴い、これまで設けていた公営企業管理者は一般の企業局長に変更し、政策監は廃止します。

富山 2021.02.18 19:46

去年の知事選 3候補の選挙運動費用収支報告を公表

 新田知事が初当選した去年10月の県知事選挙での選挙運動費用収支報告書の要旨を18日、県選挙管理委員会が公表しました。  県選挙管理委員会によりますと、去年10月の県知事選挙で公職選挙法に基づく支出制限額=いわゆる法定費用額は3041万900円で、立候補した3人の陣営ともこの金額は超えませんでした。  この収支報告には、政治団体として作る候補者の顔写真が入らないビラの費用などは含まれていません。  当選した新田八朗知事の陣営は、収入が1430万7818円、支出が1553万1818円で、支出のうちビラ、ポスターの作成に対する公費負担相当額は122万4000円でした。  一方、落選した石井隆一前知事の陣営は、収入が2490万円、支出が2340万6884円で、支出のうち公費負担相当額は145万2400円でした。  また、同じく落選した川渕映子さんの陣営は、収入が788万7416円、支出が483万5952円で、得票が一定数に達しなかったことから公費負担の対象外となりました。  知事選の選挙運動費用の収支報告書は、県のホームページに載っている「県報」の18日発行の号外で見ることができます。

富山 2021.02.18 19:45

新型コロナウイルス 県内で新たに2人感染

 新型コロナウイルスの感染者が18日、県内で新たに2人確認されました。いずれも、県内で既に判明している感染者の濃厚接触者です。  新たに感染が分かったのは、富山市の30代女性と高岡市の50代女性です。病状など詳細について、県と富山市は19日に発表するとしています。  県内の感染者は897人で、入院が20人、このうち重症は17日から1人増えて4人です。

富山 2021.02.18 19:43

高岡市長選の自民推薦候補に市経済界 米谷教育長を申請

 ことし夏に想定される高岡市長選挙に向けた動きです。自民党の推薦候補公募に対し、市内の経済界が18日、高岡市の米谷和也教育長を推薦候補にするよう申請しました。  自民党に米谷教育長の推薦を申請したのは、高岡商工会議所の議員などで構成する日本商工連盟高岡地区などで、自民党高岡市連に書類を提出しました。  日本商工連盟高岡地区 塩谷雄一代表世話人「非常にすばらしい素質を持った人だなと思ったので、ぜひこういう逸材がいるのでみんなで推薦しようということで皆さんから賛同をいただいた」  米谷教育長は取材に対し「一定の評価をいただけたことは大変ありがたく受け止めるが、教育行政のトップとしての職責に専念したい」と述べています。  自民党の公募には16日、高岡市在住の経済ジャーナリスト、出町譲さん56歳も申請しています。  また、立候補を検討している高岡市選出の瀬川侑希県議36歳は、19日までに結論を出すとしています。  自民党高岡市連は19日夕方に公募を締め切り、その後、推薦候補を決める方針です。

富山 2021.02.18 19:33

シキノハイテック ジャスダック上場承認

 魚津市に本社を置く電子機器メーカー「シキノハイテック」は東京証券取引所からジャスダック市場への新規上場が承認されました。  「シキノハイテック」は18日、ジャスダック市場に新規上場が承認されたと発表しました。上場は来月24日を予定していて浜田満広社長は「上場をきっかけに知名度向上を図り、優秀な人材を確保したい」とコメントしています。

富山 2021.02.18 19:30

石川県 新型コロナ15人陽性 クラスター拡大続く

石川県は18日午前10時までに確認された364件の検査の結果、新たに男女15人の陽性が判明したと発表した。 感染者の内訳はクラスター関連では能美市立病院で1人、接客を伴う飲食店で3人。 そのほか、濃厚接触者や接触者は7人。残りの4人は感染経路が不明となっている。 症状別では軽症が9人と最も多く、年代別では30代と40代がそれぞれ4人で最も多くなっている。 石川県内では新たに17人が退院し、治療中の人は、重症者3人を含む167人だ。

石川 2021.02.18 19:23

石川県の企業と大学が金澤町家活用で協定 海外アーティストの活動拠点に

石川県金沢市の企業と金沢美術工芸大学が金澤町家を活用し、国際交流の促進に向けた協定を結んだ。 今回の協定では、金沢美大が交流するベルギーのゲント王立美術アカデミーから出身アーティストなどを金沢に招聘。 三谷産業が所有する金澤町家を滞在拠点として活用し、創作活動を支援する。 アーティストは、金沢美大で講演するなどして学生らと交流したり、金沢の歴史や文化をリサーチして海外に発信するという。 アーティストはことし10月から3か月間の滞在を予定しているという。

石川 2021.02.18 19:22

大野市贈収賄事件 元市職員らに有罪判決

大野市が発注した林道工事をめぐる贈収賄事件で、福井地裁は元市職員の男に有罪判決を言い渡した。(2月18日) 判決を受けたのは大野市の元職員松田信哉被告47歳と、長﨑組の社員長崎伸夫被告65歳。 松田被告は、市の林道工事を受注した長崎組に工事費の内訳書の写しを渡すなど便宜を図ったもので、長崎被告から見返りに現金50万円を受け取っていた。 福井地裁の河村宣信裁判官は「50万円は決して少額ではないが反省している」として、松田被告に懲役1年6か月、執行猶予3年、それに追徴金50万円を言い渡した。 また、長崎被告に対しては懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。 なお、弁護側はそれぞれ執行猶予の付いた判決を求めていたため、控訴はしないとしている。

福井 2021.02.18 17:56

敦賀市の園児も感染 PCR検査対象拡大

新型コロナウイルスに新たに2人の感染が確認された。 敦賀市で確認されている家庭内感染の接触者で、県はさらに検査対象を広げている。(2月18日) 県によると、感染が確認されたのは、敦賀市の幼稚園に通う男の子と10代の女子学生の2人。 いずれも17日まで感染が確認された敦賀市の家族5人のうち、20代女性が勤務する幼稚園で接触があり、男の子はこの幼稚園の園児、10代の女性は研修に来ていた。 県は18日に感染の分かった2人と接触があった、園児と職員のあわせて51人の検査を進めている。 なお、敦賀市の家族内感染で約450人を対象に行われた検査は、感染が確認された2人と再検査の2人以外はすべて陰性だった。

福井 2021.02.18 15:49

石川県内冷え込むすべての観測値で氷点下に スリップ事故相次ぐ

18日朝の石川県内はすべての地点で氷点下を観測し、厳しい冷え込みとなった。気象台によると、このあとも断続的に雪は降るが、雪の峠は越えたという。 冬型の気圧配置に加え、上空に真冬並みの寒気が入った影響で、石川県内は17日夜から断続的に雪が降り、冷え込みも強まった。 最低気温は、白山河内で氷点下4.3℃、金沢で氷点下1.3℃など、すべての観測地点で0℃を下回った。 また、午前11時現在の積雪は白山河内で88センチ、金沢で14センチなどとなっている。 この冷え込みや雪の影響で県内ではスリップ事故が相次ぎ、朝9時までの24時間で今季最も多い121件の事故が発生している。 気象台によると、このあとも断続的に雪は降るが、雪の峠は越えたという。

石川 2021.02.18 12:29

新年度 県予算案 一般会計6335億円

 県は18日、新年度予算案を発表しました。一般会計で6335億円余りで、当初予算としては過去最大の規模となっています。  県の新年度の当初予算案は、一般会計で、およそ6335億7500万円で、今年度の当初予算より10.9パーセント増えた、4年連続のプラス予算で過去最大の規模となりました。  県の借金にあたる県債の発行は、およそ769億円で、今年度より79億円余り増える見込みです。  主な事業としては、富山県立大学にDX=デジタルトランスフォーメーションを担う人材育成と研究強化を推進する、仮称・DX教育研究センターを整備する事業に16億6900万円。  新幹線開業後の東京便の減便や新型コロナの影響で、国際線の運休が続くなど収支が厳しい富山空港について、民間活力の導入手法検討など空港運営のありかたについて調査検討するため1800万円が計上されています。  県は新年度予算案を、今月26日に開会する県議会定例会に提出します。

富山 2021.02.18 11:55

大雪の峠越えるも雪の降りやすい状態続く

 県内全域に発表されていた大雪警報は18日朝、解除されましたが、県内は断続的に雪が降っています。雪の峠は越えましたが、山間部を中心に積雪が増える見込みでこのあとも交通への影響に注意・警戒が必要です。  午前11時現在の積雪は、朝日町で68センチ、富山市で51センチなどとなっています。  18日午前6時からの24時間に予想される降雪量はいずれも多いところで平野部で25センチ、山間部で50センチです。  県内では交通や学校への影響が出ています。JRは北陸線が特急サンダーバード4本と特急しらさぎ4本が運休しています。  高山線は、富山駅から猪谷間で4本が運休、氷見線も上下線で2本が運休、城端線は午後0時30分ごろまで運転を取りやめています。  新潟県のえちごトキめき鉄道は直江津・泊間と、金沢・泊間の上下線、合わせて27本の運転を取りやめます。  全日空は全ての便が欠航しています。  富山県と新潟県の境に近い糸魚川市市振から青海までの国道8号線およそ15キロ区間は集中除雪のため通行止めとなっています。  また、富山市と立山町、朝日町の小中学校と県立学校4校が休校してます。  富山市内では消雪設備の稼働などで地下水の基準が下回る状態が続くとして、県は18日「地下水位低下注意報」を出し、企業や家庭での節水を呼びかけています。「地下水位低下注意報」が発表されるのは、先月8日から12日にかけての大雪に続き今年度2回目です。

富山 2021.02.18 11:55

大雪ピーク過ぎる 交通障害や高潮に警戒

強い冬型の気圧配置の影響で県内は雪となり、嶺南の山地では昼前まで大雪への警戒が必要。(2月18日) 強い冬型の影響で、県内は17日夜からけさにかけて嶺北を中心にまとまった雪となった。 午前11時現在の各地の積雪は、大野市の九頭竜で173センチ、大野で92センチ、福井で26センチ、敦賀で23センチなどとなっている。 この雪の影響で、JRは北陸線で特急列車サンダーバードとしらさぎが除雪のため午後から一部運休するほか、普通列車は福井駅と敦賀駅の間で通常の半分程度に本数を減らして運行している。 18日夜までは、大雪による交通障害や高潮などに警戒が必要。

福井 2021.02.18 11:12

福井で積雪26センチ 大雪への警戒続く

県内は強い冬型の気圧配置の影響で各地で雪が降っていて、今夜遅くにかけて大雪への警戒が必要。(2月18日午前6時半現在) 午前6時現在の各地の積雪は、大野市九頭竜で173センチ、大野で94センチ、福井で26センチ、敦賀で15センチなどとなっている。 この雪でJR北陸線は特急列車サンダーバードとしらさぎが午後2時頃から除雪作業のため上下線合わせて8本運休する。 普通列車は福井駅と敦賀駅の間で始発から終日、通常の半分程度に本数を減らし運行する予定で、特に午前中は除雪作業のため運休する便がある。 また小浜線は午前8時頃から除雪のため運転を取りやめる予定。 えちぜん鉄道と福井鉄道は、各路線ともに始発から通常運行。 高速道路は北陸道・舞鶴若狭自動車道共に通行止めの区間は出ていない。 県内には嶺南東部に大雪警報が出ていて、今夜遅くにかけても大雪への警戒が引き続き必要。 19日午前6時までに予想される降雪量は多いところで、嶺北35センチ、奥越40センチ、嶺南35センチ。 気象台では着雪や交通障害、それに沿岸部ではうねりを伴った高波などに警戒するよう呼び掛けている。

福井 2021.02.18 06:59

石川県金沢市 780店舗対象にPCR検査 あさってから検査開始

石川県金沢市の片町地区で複数のクラスターが発生していることを受け、市は17日、片町地区にあるスナックやバーなどの従業員を対象に無料でPCR検査を実施すると発表した。 17日、石川県金沢市の山野市長は緊急の記者会見を開いた。対象となるのは、片町と木倉町にあるスナックやバー、キャバクラ、ホストクラブなどおよそ780店舗で働く従業員だ。 店ごとに希望者を募り19日から2月末までの期間に無料でPCR検査を実施するとした。 この背景にあるのは、片町地区での急激な感染者の増加だ。 石川県内では、16日までの直近2週間に感染が確認された241人のうち、片町地区の飲食店関係者は113人とおよそ半数を占めている。 突如、実施が決定した、繁華街での一斉検査。対象地域で店を営む関係者からは「受ければいいと思う。人に迷惑はかけられないから」という声。また、対象とはなっていない飲食店では「安全に飲食を提供するために白か黒かはっきりさせるのはいいと思う」という声が聞かれた。 金沢市では、17日付で検査の案内文を送付し、19日から2月末までの間に検査を行うとしている。

石川 2021.02.18 00:36

石川県冬型の気圧配置 大雪となるおそれ 交通障害などに注意・警戒を

17日の石川県内は強い冬型の気圧配置となり、各地で断続的に雪が降っている。18日にかけても大雪による交通障害などに注意・警戒が必要だ。 北陸の上空には強い寒気が流れ込み、石川県内は大気の状態が非常に不安定になっている。 午後5時現在の各地の積雪は白山河内で87センチ、金沢と珠洲で14センチなど。 強い冬型の気圧配置は18日にかけて続く見込みで、18日夕方までに予想される24時間降雪量は多いところで平地で30センチ、山地で70センチとなっている。 JRでは18日、除雪作業のため特急「サンダーバード」と「しらさぎ」上下あわせて8本を運休すると発表している。 そして、北陸自動車道では、金沢森本小矢部間でスタックする車両があり、上下線とも一時通行止めとなった。 引き続き、大雪による交通障害などには注意・警戒が必要だ。

石川 2021.02.18 00:35

石川県の連続ひき逃げ事件 少年を「逆送」刑事処分が相当と判断

去年の暮れ、石川県金沢市の中心部で発生した連続ひき逃げ事件で家庭裁判所に送られた少年について、裁判所は16日、検察官に送り返すいわゆる「逆送」の決定を下した。 この事件は去年12月、19歳の解体業の少年が酒気帯びの状態で車を運転し、石川県金沢市の香林坊、片町で相次いで人をはね、逃走したとされるもので、このうち片町ではねられた70代の女性は死亡している。 遺族の代理人弁護士によると、16日、金沢家庭裁判所はその少年について、「検察官送致」いわゆる「逆送」の決定を下した。 「刑事処分が相当」と判断したものとみられ、金沢地検は今後、少年を起訴するかどうかを判断し、起訴されれば少年は大人と同じ手続きで刑事裁判を受けることになる。 この決定に対して遺族は、「これは単なる事故ではなく、間違いなく殺人」「なぜ大切な人の命が奪われなければならなかったのか理由を知りたい」などとコメントしている。

石川 2021.02.18 00:35

県内全域に大雪警報 朝日町の国道8号線で通行止め

 大雪となっている富山県内は18日にかけて雪が続く見込みで、交通機関に影響が出ています。  17日午後10時現在、大雪警報が県内全域に出されています。  午後10時の積雪は、富山市で42センチ、朝日町で53センチなどとなっています。  あいの風とやま鉄道は17日午後に除雪のため、富山駅と泊駅の間で運休しましたが、夜に入って運転を再開しています。  また富山市の路面電車は、一時電車が立ち往生するなどダイヤが乱れ、富山駅と南富山駅の間で除雪を行いました。  また国道8号線について国土交通省は、朝日町の朝日インターチェンジ口交差点と新潟県上越市の間で、雪による激しい渋滞が発生したことから、17日午後5時に、災害対策基本法に基づく道路区間に指定しました。  朝日インターチェンジ口交差点と新潟県糸魚川市の道の駅親不知の間を通行止めにして、集中的な除雪を行っています。この区間は並行する北陸自動車道も通行止めになっているので注意してください。  県内の18日午後6時まで24時間の予想降雪量は、多い所で、 平野部が50センチ、山間部が80センチです。

富山 2021.02.17 22:15

県内は18日明け方にかけて大雪に警戒を

 強い冬型の気圧配置は18日にかけて続く見込みで、県内は18日明け方にかけて大雪に警戒してください。  北陸の上空5000メートルには17日午後6時時点の予想で、マイナス39度以下の強い寒気が流れ込んでいます。雪雲が集中して流れ込み、短時間に降雪量が増えるおそれがあります。  18日午前0時には、依然として大雪の目安とされるマイナス36度以下の寒気が居座る見込みです。引き続き大雪のおそれがあります。  その後、午前3時になると、マイナス30度以下と寒気が弱まり、大雪の峠は越える見込みです。しかし、依然としてマイナス30度以下の寒気に覆われる予想で、18日も山間部を中心に強い雪が続く見込みです。  17日午後6時から18日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、平野部が50センチ、山間部で80センチ、さらにその後19日午後6時までの24時間降雪量は、平野部が5センチから10センチ、山間部で10センチから20センチの見込みです。

富山 2021.02.17 21:55

先月の立ち往生教訓に 県道で日中の除雪を実施

 先月の大雪で大規模な交通渋滞が各地で発生したことを受けて、県は、まとまった雪となった17日、富山市の市街地では初めて日中に県道の除雪を行いました。  除雪車のオペレーター「夜に比べて歩行者が多いと思うので歩行者、一般車両に気を付けて作業に当たりたいと思う」  除雪を行ったのは、県道富山・高岡線の富山市五福と茶屋町付近の約2キロで、除雪車2台が30分ほどかけて1往復しました。  これまで県は、県道の除雪を朝の通勤通学の時間帯に間に合うよう、未明から早朝に行い、日中は「交通渋滞を招く」として行っていませんでしたが、先月の相次ぐ立ち往生を教訓に、試験的に行いました。  このため県は、除雪車にパトロール車を同行させ、渋滞や除雪の様子を見守りました。  「除雪車が今除雪を行っています。後続にはパトロールカーが続き、交通にそれほど大きな乱れは生じていないように感じます」  県富山土木センター 川口歳則次長「特に大きな混乱もなく試験運転できたのではないかなと。とりあえずこれで夕方は安心して走れるようになりますが、基本的に日中の除雪は、交通に与える影響が大きいので慎重に検討していかなければならないのかなと思っている」

富山 2021.02.17 21:44

新型コロナウイルス 県内4日ぶりに感染者なし

 県内で17日、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されていません。新規感染者なしは今月13日以来、4日ぶりです。  一方、16日に発表された3人は、2人が職場感染とみられ1人は経路不明とされています。  県と富山市によりますと、16日に発表された男女3人のうち男性2人は同じ職場の同僚でした。この職場では今月10日に男性1人の感染が判明していて、2人は接触者として検査を受け陽性が判明しました。  この職場での感染者はあわせて4人にのぼっていますが、このほかの人については検査で陰性が確認されています。  県内の感染者は変わらず895人で、入院が22人、このうち重症は3人です。

富山 2021.02.17 21:39

あいの風とやま鉄道の新駅名称は「新富山口」

 来年春に開業を予定している、あいの風とやま鉄道の新駅の名前が「新富山口」に決まりました。  17日は、あいの風鉄道の日吉敏幸社長と選定委員会の委員長を務めた富山国際大学の長尾治明名誉教授が県庁を訪れ、知事に駅名決定を報告しました。  新駅「新富山口」は、あいの風鉄道の富山駅から4キロ、東富山駅から2.6キロの富山市下冨居で整備が進んでいます。  計画当初はことし春に開業する予定でしたが、工程の見直しなどで遅れ、来年3月を予定しています。  去年10月から募集した駅名には、地名である「下冨居」をはじめ、「新富山」なども候補にあがったということで、「新富山口」とした理由については、富山駅から近く、宅地造成など新たな街づくりが進んでいることを踏まえ「市中心部への新しい玄関口=ゲートウェイとしての役割を期待したい」ということです。

富山 2021.02.17 21:37

小矢部市で野鳥の死がいから鳥インフルエンザ陽性反応

 県は17日、小矢部市で見つかった野鳥の死がいから、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表しました。  県自然保護課によりますと、陽性反応が出たのは今月10日に小矢部市で見つかった「ノスリ」という野鳥1羽の死がいで、国立環境研究所で遺伝子検査を行ったところ、17日に陽性反応が確認されたということです。  高病原性であるかどうかは今後検査する予定で、判明には1週間程度かかる見込みです。  県は、死がいが見つかった地点から周囲10キロ圏内を「野鳥監視重点区域」とし、監視を強化するとしています。  小矢部市では、先月22日に養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されています。県は19日午前0時に予定している養鶏場の鳥インフルエンザの終息宣言について「影響はない」としています。

富山 2021.02.17 21:34

大麻草栽培のブラジル国籍の男ら 2人起訴

 大麻取締法違反の疑いで先月逮捕された男女4人のうち、富山地方検察庁高岡支部は、ブラジル国籍の男など2人を17日までに起訴しました。  このうち16日付けで起訴されたブラジル国籍のロドリゴ・キグチ・シルバ被告(26)は、去年10月ごろから先月26日までの間に自宅アパートで大麻草16本を栽培したとされています。  いっぽう、同じく逮捕された26歳の男性について、検察は不起訴処分としました。理由は明らかにしていません。  また検察は、自宅アパートで県西部の18歳の少女と共謀して大麻を所持したとして、高岡市の三村聡人被告(26)を15日に起訴しました。

富山 2021.02.17 21:31

黒部川のダム連携排砂 ことしも「先行操作」実施へ

 黒部川の2つのダムにたまった土砂を流す連携排砂について、去年実施した下流のダムの排砂ゲートを先に開ける「先行操作」について、関西電力と国土交通省は17日、ことしも実施を検討する考えを示しました。  去年6月に実施された出し平ダムと宇奈月ダムの連携排砂では、下流の宇奈月ダムの排砂ゲートを先に開放する「先行操作」が試験的に行われ、あわせて12万立方メートルの土砂が排出されました。  先行操作の効果について、ダムを管理する関西電力と国土交通省は、水の濁りを、従来に比べておよそ2割抑えることができたとしています。  去年の連携排砂について、有識者らで組織する評価委員会は「環境に大きな影響を及ぼしたものとは考えられない」と結論付けていて、関西電力と国土交通省は、ことしも先行操作の実施を検討するとしています。

富山 2021.02.17 21:28

10年目の飛躍 社会人野球のロキテクノ富山

 社会人野球のロキテクノ富山は、これまでクラブチームとして活動してきましたが、ことしから会社の全面支援を得て企業チームとして再スタートを切りました。新人選手そして新監督を迎えて新たな挑戦が始まります。  先週末、立山連峰を仰ぎ見る滑川市の練習施設で、社会人野球のロキテクノ富山は今シーズンの合同練習を開始しました。  2012年に創部したロキテクノ富山。6年後の2018年には西武ドームで行われる全国大会、全日本クラブ選手権に出場。昨シーズンまで9年間、クラブチームとして活動してきました。  「スポーツを通して地域や会社に笑顔を届けたい」そんな思いからことし、更なるステップアップを目指し、企業チームとして再スタートを切りました。  ロキテクノ富山 藤田太陽新監督「クラブチームでもある程度北信越での実績を残してきて、更なるレベルアップとリクルートでいい大学生・高校生をとるためにも、もう1ステージ上にいくということです」  現在チームは総勢28人。そのうち、2年目と今シーズン加入の新人選手が合わせて16人と若手中心のフレッシュなチームへと変わりました。チーム内ではすでに熾烈なレギュラー争いが始まろうとしています。  エースの座を争うのは2年目の飯塚亜希彦投手と新人の伊藤開生投手です。2年目の飯塚投手は、NPB入りを目指す、最速147キロのストレートを誇る本格派右腕。新人の伊藤投手は、去年のドラフト候補にもなった最速148キロのストレートが持ち味の、こちらも本格派右腕です。  主軸の4番争いも若手の2人が中心です。2年目の宮本一希選手と新人の中井雄輝選手。豪快なスイングが魅力の宮本選手は、高校野球の強豪、奈良の智弁学園出身で、大学時代には大学日本代表候補にも選ばれたスラッガーです。新人の中井選手も豪快なスイングで長打力もあり、将来有望な選手です。  若い選手を指導するのは元プロ野球選手たちです。投手として阪神や西武などで活躍した藤田太陽新監督。プロ野球4球団で活躍した水田圭介野手コーチ。富山サンダーバーズで活躍した伊東大輔新ヘッドコーチなど、経験豊富なコーチ陣がフレッシュなメンバーを引っ張ります。  宮本一希キャプテン「都市対抗だったり日本選手権の出場はないので必ず結果を出してチームとして最高の1年に出来るように頑張っていきたい」  チーム創設10年目。企業チームとして新たな出発を迎えたロキテクノ富山。ことしのスローガンは「START・奪取」です。  藤田新監督「もちろん全国に企業チーム1年目からスタートダッシュの奪取というのは奪い取るということでやっていきますので、全国大会に私たちが必ず出るようにやっていきます」  社会人野球は全国的に企業チームが減っていますが、県内では、バンデッツ富山もことし企業チームに登録され、伏木海陸運送も合わせて、北信越地区では最多の3チームが企業チームです。受け皿が多くなることで県内野球のレベルアップが期待されます。

富山 2021.02.17 21:24

石川県が繁華街の飲食店に時間短縮を要請 協力金の支給も

石川県は17日、金沢市が検査を行う同じ片町地区で飲食店に午後9時までの営業時間の短縮を要請する方針を示した。 17日、急きょ開かれた、石川県の対策本部会議で決定したのは、飲食店に対する営業時間の短縮要請。 県が対象とした地域も同じく金沢市の片町と木倉町だった。この時短要請では、エリア内のすべての飲食店が対象となり、酒類を提供するカラオケ店も対象となる。 実施期間は、2月22日から3月7日までで、営業時間を午後9時までとするほか、酒類の提供は午後8時までとしている。 また、この期間中を通しての協力を前提として、1店舗当たり56万円の協力金を支給するとしている。 エリア内に一斉に呼びかけられた時短要請。対象地域の飲食店からは、すでに客足が減少している状態で、「大変うれしい」「開けても閉めても赤字なのは一緒だった」「思い切って判断したほうがよい」という声がきかれた。 22日から始まる営業時間の短縮。起死回生の一手となるのだろうか。

石川 2021.02.17 20:05

石川県 新型コロナウイルス14人が陽性 クラスター拡大

石川県内では17日も新たな感染者が判明した。 石川県によると17日午前10時までに確認された460件の検査の結果、10代から60代までの男女14人の陽性が判明した。 このうち、16日にクラスターに認定された接待を伴う飲食店では、新たに5人の感染を確認。 この店にいたという金沢市の20代女性は県内の病院に勤務する看護師で勤務先で接触があった人への検査も進めているという。

石川 2021.02.17 20:05

17日夜から北陸道通行止め 大雪に警戒

県内は嶺北地方に大雪警報が出ていて、交通障害や高波に警戒が必要となっている。(2月17日午後7時現在) 福井地方気象台によると、県内は強い冬型の気圧配置の影響で、18日の朝にかけて山地を中心に大雪となる見込み。 17日午後5時現在の各地の積雪は、大野市の九頭竜で151センチ、大野で80センチ、福井で18センチなどとなっている。 18日午後6時までの24時間の予想降雪量は、いずれも多いところで奥越で70センチ、嶺北の平地で30センチ、山地で60センチ、嶺南の平地で30センチ、山地で60センチ。 嶺北に大雪警報が出ていて、気象台が交通障害や高波への警戒を呼び掛けている。 なお、この雪の影響で、高速道路は17日午後9時から北陸道の武生インターチェンジから滋賀県境までが上下線ともに通行止めに。 また、舞鶴若狭自動車道も17日午後8時から、若狭美浜インターチェンジから敦賀ジャンクションの間が上下線ともに通行止めとなる。

福井 2021.02.17 17:47

医療従事者の集中も ワクチン接種調整進む

3月から医療従事者を対象に始まる新型コロナのワクチン接種に向け、接種人数やスケジュールの調整が急ピッチで進んでいる。(2月17日) 16日夜に県医師会が開いた会議には、県内59の病院の院長や医師会の代表らが出席し、医療従事者の新型コロナウイルスのワクチン接種体制を調整した。 県内で対象となる医療従事者は3万2000人で、57の病院で接種を受けることになる。 県内では地域全体で医療従事者3000人の受け入れが必要な病院もあり、今後も調整を続け2月中に接種人数を確定する予定。 医療従事者のワクチン接種は3月中旬から始まり、約1か月かけて進められる。 なお、県内では勝山市の福井勝山総合病院で2月19日から接種が始まる。

福井 2021.02.17 16:47

新たに4人感染 園児職員のPCR検査拡大

新型コロナウイルスに新たに4人の感染が分かり、いずれも16日に感染が判明した敦賀市の女性保育士の同居家族。(2月17日) 県によると、新たに感染が確認されたのは敦賀市の10代から50代の男女4人で、いずれも16日に感染が判明した50代女性保育士の同居家族。 このうち、20代の女性2人はそれぞれ敦賀市内の幼稚園と保育園に勤務していて、園児や職員あわせて164人がPCR検査を受けている。 10代の女性が通う高校でも、生徒と教員のあわせて142人が検査を受けている。 また、50代の男性は敦賀市のクララ調剤薬局野神店に勤務する薬剤師で、県は2月6日から15日までの間に利用して、不安な人は二州健康相談センターに相談するよう呼び掛けている。(0770-22-3747) なお、50代の女性保育士が勤める保育園で、同僚や園児を対象に141人がPCR検査を受けていたが、全員の陰性を確認。

福井 2021.02.17 16:11

石川県の公立高校入試 願書の受け付け開始

石川県内の全日制公立高校の一般入試まで、1か月を切る中、17日から各学校で一斉に願書の受け付けが始まった。 願書の受け付けは17日から石川県内の全日制公立高校40校で始まり、このうち金沢二水高校では。さっそく受験生の願書を手にした中学校の教員が訪れた。 願書を受け取った職員は記入漏れなどがないかを確認し、受験番号を打ち込んでいた。 ことしの総募集定員は7360人で、推薦入試などを除く一般入試枠は、6731人となっている。 願書の受け付けは2月22日までで、取り下げや変更の期間は、2月26日から3月2日。 試験は3月9日と10日の2日間の日程で行われる。

石川 2021.02.17 12:10

18日にかけ大雪による交通障害に警戒必要

17日の県内は強い冬型の気圧配置の影響で、18日にかけて大雪による交通障害や高波に警戒が必要。(2月17日) 福井地方気象台によると、県内は強い冬型の気圧配置の影響で、18日の明け方にかけて山地を中心に大雪となる見込みとなっている。 17日午前11時現在の各地の積雪は、大野市九頭竜で135センチ、大野で64センチ、福井で5センチなどとなっている。 18日午前6時までの24時間の予想降雪量は、いずれも多いところで奥越で60センチ、嶺北の平地で15センチ、山地で50センチ、嶺南の平地で15センチ、山地で40センチとなっている。 気象台では、大雪による交通障害や高波に警戒するよう呼び掛けている。 またJR西日本金沢支社によると、18日午後2時から午後4時までの間、除雪作業を行うとして一部の特急サンダーバードと特急しらさぎの上下線あわせて8本の運休を予定している。

福井 2021.02.17 12:08

18日にかけ大雪に 交通への影響に警戒を

 県内は16日から断続的に雪が降っています。このあとさらに雪は降り続き、18日にかけて平野部でも大雪となる見込みで気象台は大雪による交通への影響に注意・警戒するよう呼びかけています。  発達した低気圧が北海道付近で停滞し、日本付近は強い冬型の気圧配置となっています。県内は16日から断続的に雪が降り、午前11時の積雪は、砺波市で27センチ、富山市で21センチなどすでに20センチを超えているところもあります。  このあとさらに強い寒気が流れ込み、18日にかけて雪の降り方の強まるところがある見込みです。17日午前6時からの24時間に予想される降雪量は、平野部で50センチ、山間部で70センチとなっていて、市街地でも積雪が増えて大雪となるおそれがあります。  JR西日本は高山線の越中八尾・猪谷駅間で正午ごろから午後3時ごろまで列車の運転を取り止めます。  城端線は除雪のため17日の日中は運転を見合わせます。また氷見線も運転取り止めの可能性があります。  また北陸線は、特急「サンダーバード」と「しらさぎ」の上下線合わせて8本が除雪のため運休となっています。  あいの風とやま鉄道では大雪の影響で一部の列車に運休や遅れが出ていて、今後も運転取り止めや遅れが発生する可能性があるとしています。  新田知事は17日午前、県民に向けて大雪への警戒を呼び掛けました。  新田知事「県民の皆様、ご出勤されている方は早めの帰宅をお願いします」  気象台は、18日かけて大雪による交通への影響に注意・警戒を呼びかけています。

富山 2021.02.17 11:58

高岡市16日午後 ひき逃げの男逮捕

 16日午後、高岡市の国道で軽乗用車と歩行者が衝突する事故があり運転手の男がそのまま逃げたため、ひき逃げの疑いで逮捕されました。歩行者は意識不明の重体です。  過失運転致傷と救護措置義務違反の疑いで逮捕されたのは、高岡市宮田町の自称・配送業 山口正樹容疑者(47)です。  高岡警察署によりますと、16日午後7時10分ごろ、高岡市横田本町の国道で高岡市北島方向から高岡市四屋方向に向けて進行していた山口容疑者が運転する軽乗用車が、道路を横断していた高岡市横田本町の無職 堀井博さん(80)と衝突しました。  堀井さんは病院に運ばれましたが、脳挫傷などで意識不明の重体です。  事故直後、山口容疑者の車の後ろを運転していた運転手から「前の車が人をはねたのではないか」と通報があり、そのおよそ10分後山口容疑者本人が「人をはねたかもしれない」と通報し、駆けつけた警察が緊急逮捕しました。調べに対し山口容疑者は容疑を認めているということです。  現場は信号のある交差点で横断歩道はなく、近くには歩行者用地下通路があります。  警察は事故の詳しい状況などを調べています。

富山 2021.02.17 10:35

確定申告の受け付け開始 入場整理券を発行 受け付けは4月15日まで

所得税などの確定申告の受け付けが16日から始まった。確定申告が必要なのは、個人事業主や給与が2000万円を超える会社員などだ。 オンラインでの申告が可能なほか、石川県内では税務署など5つの会場で受け付けている。 このうち、石川県金沢市西念にある金沢税務署では新型コロナ対策として訪れた人に検温や消毒などを求める一方で、混雑を防ぐため、時間指定の入場整理券を発行して対応にあたっていた。 所得税などの確定申告の受け付けは例年よりも1か月長い、4月15日までだ。

石川 2021.02.16 21:06

石川県当初予算案 感染症と経済の対策が柱 相談窓口や特別融資枠など用意

石川県の新年度当初予算案が16日、発表された。新型コロナウイルスの感染症対策と経済対策が柱となっている。 コロナ禍での編成となった今回の当初予算案。3月補正を含めた一般会計の総額は6490億円と、19年ぶりに6000億円の大台に乗せた。 柱となるのは、新型コロナの「感染症対策」と「経済対策」で、総額はおよそ411億円に上る。 その事業のひとつが円滑なワクチン接種に向けたフォロー体制の構築だ。副反応などに対する県民の相談窓口としてコールセンターを設置するほか、大学病院など複数の医療機関に副反応の疑いがある患者の受診窓口を設ける。 一方、経済対策としては、県内企業向けに信用保証料を免除する600億円の特別融資枠を用意し、リーマンショック時を上回る手厚さで企業の成長を後押しする。 また、苦境に立つ観光産業を支援するためGotoトラベル終了後に県独自のキャンペーンを展開する。 具体的には、北陸3県の住民を対象に1泊2000円程度の旅行割引券を配布し、Goto終了後の反動減を軽減する。 さらに、GOTOトラベルの再開前についても、知事は、新型コロナの注意報レベルが持続するようであれば、去年実施したような県民だけを対象とした宿泊割りという選択肢もあると述べた。 しかし、税収は、企業の業績悪化で法人関係税を中心に落ち込んでいて、来年度の実質県税はマイナス10.1パーセント。 リーマンショック以来の減収を見込み、今回、これを補う形で財政調整基金の残り16億円を取り崩した。 これについて知事は、担当者には第2の3月補正にあたっては不要事業はできるだけ洗い出しして、基金をもう1度積み戻せるような状況を作りだすことは強く指示していると話していた。 当初予算案は2月24日に開会する県議会に提出される。

石川 2021.02.16 21:05

石川県内冬型の気圧配置 大雪に注意・警戒 

石川県内は18日にかけて強い冬型の気圧配置となる見込みで、気象台では大雪による交通障害に注意、警戒を呼び掛けている。 16日は冬型の気圧配置が強まり、石川県内は1日を通して荒れた時間帯が多くなった。 最大瞬間風速は輪島で22.4メートル金沢で24.1メートルを観測。 海上は「しけ」の状態が続いた。この強い冬型の気圧配置は18日まで続く見込みで、17日の最大瞬間風速は陸上・海上ともに30メートルと予想されている。 17日午後6時までに予想される雪の降る量は、多いところで平地では加賀・能登ともに25センチ。山地では加賀で70センチ、能登で50センチと予想されている。 その後の24時間では平地で最大40センチ、山地で60センチとなっている。

石川 2021.02.16 21:05

石川県コロナ21人感染2件クラスター発生

新型コロナウイルスについて石川県内では、このところ、感染者集団、クラスターの発生が相次いでいる。 石川県は、新たに21人の感染と2つのクラスターを発表した。 石川県によると16日午前10時までに確認された601件の検査の結果、新たに21人の陽性が判明した。 そして県は、「接待を伴う飲食店」を発生源とする新たに2つのクラスターを明らかにした。 県が「飲食店⑨」とするクラスターではこれまでに従業員や客など合わせて6人。「飲食店⑩」とするクラスターでは合わせて8人の感染が分かっている。 これらとは別に、クラスター関連ではすでに確認されていた「接待を伴う飲食店」での2つのクラスターからそれぞれ1人の感染が確認されている。

石川 2021.02.16 21:03

石川県・中能登町の死亡事件 包丁を押収 母親を切り付けた後自殺か

15日、石川県中能登町で前の副町長とその母親の2人が死亡した事件で現場となった自宅から血の付いた包丁が押収されていたことがわかった。 この事件は、15日、石川県中能登町の前の副町長、廣瀬康雄さんの住宅で廣瀬さんと90代の母親が首から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されたもの。 警察によると司法解剖の結果2人の死因は失血死で、死亡推定時刻はいずれも14日の午後11時前後。 廣瀬さんと母親の首にはそれぞれ長さ十数センチの致命傷とみられる切り傷があったという。 また、2人が倒れていた母親の寝室からは血の付いた包丁が押収された。 捜査関係者によると包丁は自宅の台所にあったものとみられ、警察は廣瀬さんが母親を切りつけた後、自殺した可能性があるとみて捜査を進めている。

石川 2021.02.16 21:03

あさって石川県内の病院にコロナワクチン 職員300人が接種の予定

新型コロナウイルスのワクチンが18日、石川県金沢市にある病院に届くことが分かった。 18日にワクチンが届くのは、国による医療従事者に向けた先行接種の対象施設となっている金沢病院で、およそ300人の職員が接種する予定だ。 このうち80人ほどが2月19日の午後、最初の接種を受ける予定で、残りの職員についても随時、接種を行っていくとしている。 また、ワクチンは2回の接種が必要で2回目の接種については3週間後を予定しているという。

石川 2021.02.16 20:28

17日から大雪のおそれ

 富山県内は、15日夜から16日にかけて強い風が吹いたうえ、雪が断続的に降っています。気象台は、このあと17日から18日にかけて警報級の大雪になるおそれがあるとしています。  発達した低気圧が北海道の東に進み、日本付近は強い冬型の気圧配置となっています。荒れた天気となった県内は15日夜から16日にかけて強い風が吹きました。  15日から16日午後までの最大瞬間風速は、砺波市で25.2メートル、朝日町で23.3メートルなど20メートルを超えたところもありました。  16日朝の富山駅前では、吹き荒れる風で傘を飛ばされそうになりながら、小走りで先を急ぐ人の姿が見られました。また、雪は平野部でも断続的に降っています。さらに17日から18日にかけては上空に強い寒気が入り込む見込みで警報級の大雪となるおそれがあります。

富山 2021.02.16 19:07

大雪ピークは17日夜から18日夕方にかけ

 富山地方気象台によりますと、大雪のピークは17日の夜から18日の夕方にかけてで、警報級の大雪となるおそれがあります。  気象台によりますと、雪は今夜から本格的に降り始め、大雪の目安となる上空5500メートルでマイナス36度以下の寒気が18日にかけて、次々に北陸地方に流れ込んでくる見込みです。  寒気の程度は、先月7日からの記録的大雪の時より少し弱めですが、去年末の雪の時より強いということです。また強い寒気が流れ込む期間は、先月初めの大雪が3日間だったの対し、今回は2日間の見込みです。  しかし、日本海の水温が依然として高く、大雪となりやすい状態が続いていて、油断できないとしています。  予想される24時間降雪量です。16日午後6時から17日午後6時までは、多い所で平野部が50センチ、山間部が70センチ、さらに、17日午後6時からの24時間では平野部が40センチから60センチ、山間部が60センチから80センチの雪が降る予想です。  大雪のピークは、17日夜から18日夕方にかけてです。気象台は、17日午後、平野部でも大雪警報を出す可能性があるとしています。大雪による交通障害に警戒するとともに、電線や樹木への着雪などに注意してください。

富山 2021.02.16 19:06

大雪に備えて 日中除雪や通行止めも視野

 大雪の予報を受けて県は16日、道路の管理などに関わる機関を集めての会議を開きました。高速道路と国道は17日から広い範囲で通行止めの可能性、そして県道も日中に除雪をする可能性があるとしています。  県庁で開かれた危機管理連絡会議には、県の各部局や富山地方気象台、中日本高速道路など関係機関が参加しました。  中日本高速道路によりますと、東海北陸道は小矢部砺波ジャンクションと白川郷インターの間で、17日未明から通行止めを開始する可能性があります。  また、北陸道は、小矢部インターと朝日インターの間で17日夕方から通行止めを開始する可能性があります。並行する国道でも通行止めの可能性があるということです。  一方、県道について県は、富山高岡線・通称旧8号線の富山市五福八区と茶屋町交差点の間、富山小杉線・通称有沢線の富山市安田と古沢交差点の間で、日中に通行止めにして除雪を行うことについて、試験的な出動の準備を進めているとしました。  新田知事 「雪の降り具合によっては車での外出は控えていただく。場合によっては、休業あるいは在宅勤務、早期の帰宅の検討をお願いします」  日中の除雪を行う場合、情報は、報道機関を通してや県のホームページ、SNSなどで伝えるとしています。

富山 2021.02.16 19:03

新型コロナウイルス 新たな感染判明は3人

 16日、県内では新型コロナウイルスの感染者が新たに3人判明しました。また15日に感染が判明したうち1人は、県立中央病院の新型コロナウイルス重症者用病床で勤務する看護師とわかりました。  16日に感染が分かったのは、富山市、高岡市、魚津市の20代から40代の男女3人で、詳細について県は17日に発表するとしています。  また15日に感染が分かった人のうち富山市の20代女性は、県立中央病院の新型コロナウイルス重症者用病床で勤務する女性看護師でした。女性看護師は、今月9日、勤務の際に患者に触れた手袋で自分の体に触れた可能性があるとして、この日以降、自宅待機をしていました。  症状はありませんが、15日に検査をしたところ陽性と分かりました。県立中央病院は濃厚接触者はいないと判断し、病院の診察は新型コロナウイルス対応も含めて通常通り実施しています。  また、立山町の80代男性と50代の女性団体職員の2人は立山町の舟橋町長の同居家族でした。舟橋町長は16日にPCR検査を受け、結果は陰性でした。今月27日まで自宅待機するとしています。  これで県内の感染者は895人、入院または入院調整中は23人で重症者は3人です。

富山 2021.02.16 18:56

高岡ふしき病院 19日ワクチン接種開始

 新型コロナウイルスのワクチンは、医療従事者への先行接種が17日、全国各地で始まります。県内では、高岡市の高岡ふしき病院が今月19日から始める予定で、魚津市の富山労災病院は、見通しを17日に示すとしています。  17日から始まるワクチンの先行接種は、全国の公的病院など100施設で同意を得た医療従事者およそ2万人に接種します。県内では富山労災病院と高岡ふしき病院が対象で、このうち高岡ふしき病院は今月19日から26日まで接種を行う予定です。院内の医療従事者のおよそ9割が接種を受けます。  県内もう1つの対象施設、富山労災病院もすでに準備を進めていて、見通しを、17日に示すとしています。医師や看護師の4割にあたる140人が受ける予定です。  接種は、続いて県内このほかの病院でも医療従事者に対して行われます。そして4月以降に、65歳以上の高齢者、基礎疾患のある人など、それ以外の人の順に進められます。

富山 2021.02.16 18:55

高岡市長選 出町譲さんが自民党に推薦申請

 ことし夏に想定される高岡市長選挙に立候補を表明している高岡市在住の経済ジャーナリスト、出町譲さんが16日、自民党に推薦を申請しました。  出町譲さん56歳は16日、自民党高岡市連に推薦を申請しました。地元の定塚町1丁目と2丁目の町内会から推薦状をもらい、同級生や市内の会社社長などから支援を受けているということです。申請のあと取材に応じた出町さんは…  出町譲さん 「高岡を必ず良くしたい気持ちがますます強くなった。高岡の街、もっともっと楽しくなる、若い人が楽しくお年寄りもみんなが楽しくなる街にしたい」  出町さんは、自民党の推薦が得られなかったとしても市長選挙に立候補する考えを示しました。  高岡市長選挙に向けては、市内の経済界が高岡市の米谷和也教育長62歳を推すことを決めていて、米谷教育長本人はこれまで、教育行政のトップとして課題に取り組むだけだと話しています。  また、立候補を考えていると述べている瀬川侑希県議36歳は、今週、結論を出したいとしています。  自民党高岡市連の推薦候補の公募受け付けは、今月19日までです。

富山 2021.02.16 18:54

カターレ新社長に左伴繁雄さん内定

 サッカーJ3のカターレ富山は新たな社長に、これまで横浜F・マリノスなどの経営にあたった左伴繁雄(ひだりとも・しげお)さんが就任することが内定したと発表しました。  左伴繁雄さんは65歳、J1の横浜F・マリノスや清水エスパルスなどの社長を歴任し、クラブの建て直しや強化に手腕を発揮しました。カターレ富山の歴代社長は株主のインテックや北陸電力出身でしたが、今回初めて、外部からプロスポーツチーム経営の実績をもつ左伴さんを招聘しました。  左伴さんは「スポーツビジネス分野で培ってきた知識・経験を総動員しながら、J2復帰を含め地域の全ての皆さまがここに住んでいて良かったと思えるようなクラブ運営に努めて参ります」とコメントしています。  左伴さんは4月の株主総会を経て社長に就く予定です。

富山 2021.02.16 18:53

朝乃山に続け 中学生横綱 五十嵐選手

 富山の未来のスター選手を紹介する「発掘!富山のミラスタ」です。今回は、相撲の中学生横綱です。  身長172センチ、体重110キロ!高岡市立南星中学校3年 五十嵐翔選手です。五十嵐選手の持ち味は力強い突き押し相撲。身長がそれほど高くない分、下半身を強化してどんどん前にでる相撲を磨いてきました。  五十嵐翔選手 「小さい方なので突き押し相撲を磨いています」  小学4年生の時に相撲を始めた五十嵐選手。周りに勧められたのがきっかけでした。持ち前の運動神経と稽古に励んだ努力が実り、小学5年で県大会優勝、北信越大会でも結果を残してきました。  しかし中学最後の年は新型コロナウイルスの感染拡大でほとんどの大会が中止に。全ての思いを込めて臨んだのがことし正月の全国中学生相撲選手権大会でした。  開催できなかった全国大会に代わり中学日本一を決める大会として元日に開かれた、この大会。五十嵐選手は準々決勝は、はたき込みで勝利。  続く準決勝は豪快な突き落としで勝ち上がり…迎えた決勝。自分より体の大きな選手相手に力強い突き出しで勝利。見事、中学横綱になりました。  五十嵐翔選手 「素直にうれしかったです。中学校の全国大会は1つの通過点として高校でも勝てるように頑張っていきたいと思います」  そしてもう一人、注目の選手が氷見北部中学校3年の最上想生選手。2年生の時に全国大会の個人軽量級で優勝しました。2人の力の源はちゃんこ鍋。力士にとって大きな体を作るための食事は稽古の一環。この日、稽古に来ていた20人足らずで、ちゃんこ鍋およそ20キロ、米6升をペロリ。食べるのが大好きな五十嵐選手はちゃんこ5杯にごはん5杯をおかわりするといいます。  「最高!」  2人は4月から高岡向陵高校に進学しともに高校日本一を目指します。  五十嵐選手 「インターハイで団体でも個人でも1位を目指せるように頑張っていきたいと思います。(将来の夢は)角界に入って活躍することです。朝乃山関を超えられるように頑張っていきたいです」  仲間と切磋琢磨して夢の舞台へ。ミラスタな2人のこれからに注目です!  また呉羽中学校相撲部3年の谷村竜喜選手は、大相撲・九重部屋への入門が決まっていて、この春、新たな一歩を踏み出す世代は、将来が楽しみな選手がそろっています。朝乃山に続く関取の誕生を期待したいと思います。

富山 2021.02.16 18:50

大野市が支援物資 地震災害の福島相馬市へ

福島県と宮城県で起きた地震被害を受け、大野市は災害応援協定を結ぶ福島県相馬市に支援物資として水とブルーシートを送った。(2月16日) 大野市が準備したのは、ブルーシート300枚と非常用飲料水1.5リットルのペットボトル680本。 大野市と相馬市は2013年に災害応援協定を結んでいて、毎年職員1人を派遣して東日本大震災の復興を手伝っている。 13日夜に起きた震度6強の地震では、相馬市では屋根瓦が落ちたり、水道水が濁るといった被害が出ている。 大野市企画総務部の川端秀和部長は「職員を1人派遣して情報も入っていて、今回素早く支援させてもらった。役立ててほしい」と話していた。 大野市が相馬市に支援物資を送るのは、東日本大震災と2019年の台風被害に続き3度目。

福井 2021.02.16 16:47

福井県内のワクチン接種 19日から開始

県内で最初の新型コロナウイルスのワクチン接種は、2月19日から福井勝山総合病院で始まることになり、1日に70人のペースで進むことに。(2月16日) 福井勝山総合病院は国が進める先行接種の対象に県内の医療機関で唯一選ばれていて、医師や看護師など430人がワクチンの接種を希望している。 県によると、2月18日に1人2回分の計860回分が病院に届き、19日から接種が始まる。 接種は1日に70人のペースで進み、医療従事者やその後の高齢者への接種のモデルケースになる。 一方、県内では新たに敦賀市の50代女性保育士の感染が分かり、県が同僚33人をはじめ園児についても検査する方針。

福井 2021.02.16 15:21

40年超原発再稼働 福井県議会で議論開始

運転開始から40年を超える原発の再稼働について、福井県議会での議論が本格的にスタートした。(2月16日) 16日に開会した福井県の2月定例県議会で、杉本達治知事は県議会に対し、運転開始から40年を超える美浜原発3号機と高浜原発1・2号機の再稼働の議論に入るよう要請した。 議論開始の前提条件だった使用済み核燃料の中間貯蔵施設について、関西電力が県外候補地を2023年末までに示すことを明言したほか、国も最善を尽くすと後押ししたことを評価したもの。 今後は県議会での議論や県が独自に安全性を審議する専門委員会の判断を踏まえ、杉本知事が最終的に判断する。

福井 2021.02.16 14:11

17日から18日にかけ警報級大雪のおそれ

 16日の県内は風が強く吹き断続的に雨や雪が降っています。17日から18日にかけては警報級の大雪となるおそれがあります。  発達した低気圧が北海道の東に進み、日本付近は強い冬型の気圧配置になっています。県内は15日夜から西の風が非常に強く吹き、各地で最大瞬間風速が20メートルを超えました。  このあとは次第に雨が雪に変わり、特に17日から18日にかけては強い寒気が流れ込むため、平地でも大雪になる見込みです。気象台は大雪による交通障害に注意・警戒するよう呼びかけています。

富山 2021.02.16 11:55

危機管理連絡会議 大雪に備え連携を確認

 18日にかけて大雪が予想されることから県は16日、関係機関が参加する危機管理連絡会議を開いて、連携を確認しました。高速道路は、通行止めの可能性があること、県道については日中の除雪も検討しているとしました。  県庁で開いた会議には、富山地方気象台や中日本高速道路など関係機関からおよそ20人が参加しました。  気象台によりますと、16日正午からの24時間降雪量は多い所で平野部が40センチ、山間部が60センチ、その後の24時間では、平野部が50センチから70センチ、山間部が60センチから80センチの雪が降る予想となっています。  中日本高速道路は、現時点で予防的通行止めの予定はないが、大雪の場合は通行止めにする可能性があるとしています。  県道については、県道富山高岡線と富山小杉線で日中の除雪も検討するとしました。  新田知事は、雪の降り具合によっては車での外出を控えるとともに、休業や在宅勤務、早期帰宅などの対応をとるよう呼びかけました。

富山 2021.02.16 11:55

福井市の用水路 男性が転落し死亡確認

16日午前8時半、福井市の用水路で50代の男性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれたがまもなく死亡した。(2月16日) 男性が倒れていたのは、福井市舞屋町の用水路。 警察と消防の調べによると、16日午前8時半ごろ50代の男性があおむけに倒れているのを警察官が発見したもので、病院に運ばれたがまもなく死亡した。 男性は近くの福祉施設の利用者で、16日午前2時ごろ施設からいなくなったため警察などが捜索していた。 用水路は高さが90センチ、幅は170センチあり、男性が見つかった当時、水深は5センチほどあった。 男性には目立った外傷はなく、警察と消防では誤って転落したとみて死因の特定を急ぐとともに、事故原因を調べている。

福井 2021.02.16 11:46

町長の後継だった候補者死亡 関係者に衝撃 1月の事務所開きでは精力的に活動

石川県中能登町の前副町長で、15日に亡くなった廣瀬康雄さんは、杉本町長の後継として1か月後の中能登町長選挙に出馬を表明していただけに関係者には衝撃が広がっている。 1月30日に行われた廣瀬さんの後援会事務所開きでは、3月の中能登町長選挙に向けて精力的に活動を行う姿があった。 廣瀬さんは町の職員を経て2014年に副町長に就任。そして、去年12月には現職の杉本栄蔵町長が今期限りでの引退を表明し、その後継候補として指名されていた。 こうした中、15日朝に飛び込んできた突然の訃報。杉本町長は「今本当に呆然として言葉もない。昨日も一緒に元気で頑張ってやっていた」と話していた。 中能登町長選挙は1か月後の3月16日告示で、林真弥町議と尾田良一町議も出馬を表明している。出馬の予定を変えることなく、活動を継続する。 高齢を理由に今期限りでの引退を表明している杉本町長だが、続投の可能性については「一切考えていない。これからについては周りの話を聞きながら一番いい方法をとっていきたい」としている。 中能登町長選挙は3月16日に告示され、21日に投開票が行われる。

石川 2021.02.16 11:26

石川県中能登町長選に出馬の男性自宅で死亡 母親と無理心中の可能性も

15日未明、石川県・中能登町の次の町長選挙に出馬を表明していた前の副町長とその母親が首から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。 警察では外部から侵入した形跡がないなどの現場の状況から無理心中の可能性もあるとみて調べている。 現場は石川県中能登町の前副町長廣瀬康雄さん(65)の住宅で、午前0時過ぎ、「2人が血だらけの状態で意識がない」と三女から消防に通報があった。 その後、男女2人が首から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認された。 亡くなったのは廣瀬さんと90代の母親だった。警察によるとこの家に暮らしていたのは廣瀬さんと妻、母親の3人。 14日夜は、廣瀬さんの長女夫婦や孫、それに三女がこの家を訪れ、あわせて7人で夕食をとったという。 その後、深夜になり、居間で寝ているはずの廣瀬さんがいないことから妻や長女らが家の中を探したところ1階にある母親の居室兼寝室で首から血を流し、倒れている廣瀬さんと母親を発見。 母親はベッドの上に横たわり廣瀬さんは畳の上で仰向けの状態だったという。 亡くなった廣瀬さんは3月に行われる町長選挙への出馬を表明し、1月、副町長を辞職したばかり。 突然の事態に付近の住民は、家庭内のトラブルなどは聞いたことはなく、驚きをかくせない様子だった。 一方で、廣瀬さんをよく知る選挙関係者からは、母親の膝が悪く、少し認知症にかかっていたという話や、疲れているような感じがあったという声が聴かれた。 警察では争った跡や外部から侵入した形跡がないなど現場の状況から無理心中の可能性もあるとみて調べている。

石川 2021.02.16 11:26

最大震度6強の地震発生 今後の注意点は 専門家に聞く

東北地方を中心に13日、最大震度6強の地震が発生した。石川県内でも去年、能登で大きな地震が発生しているが、今後の注意点などを専門家に聞いた。 13日の夜11時すぎ。福島県沖を震源とする地震があり、福島県と宮城県で最大震度6強を観測した。 石川県内では珠洲市で震度3など能登を中心に揺れを観測したが、大きな被害は確認されていない。 今回の地震について、政府の地震調査委員会は「10年前の東日本大震災の余震」との見解を示したが、これについて地震学の専門家金沢大学の平松良浩教授も「余震と見てよいと思う」としている。 こうした余震活動は県内でも…。去年3月、輪島市で震度5強を観測した地震。これも、2007年の能登半島地震の余震とみられている。 地震の規模からみて、今後大きな余震は考えにくいと言うが、一方で、地震が起こると、発生した場所のひずみを開放するが、周りにまた新たに余分なひずみを与えるという側面もある。その点から考えると、能登半島地震の震源域より周りのさらに広い範囲で地震が起こる可能性は高まっている場所があると考えられるという。 今後、いつどこで起きてもおかしくない大地震。能登地域だけでなく、石川県内全域で日頃からの備えを考える必要がありそうだ。

石川 2021.02.16 11:11

石川県舞台の映画 栗山千明さんら舞台挨拶 4月に全国で公開

石川県を舞台にした映画「種まく旅人~華蓮のかがやき~」が完成し、15日、出演者による舞台挨拶が石川県金沢市内で行われた。 「種まく旅人~華蓮のかがやき~」は、金沢の伝統野菜「加賀れんこん」をテーマにした作品だ。 15日は、映画の完成を記念して、主演の栗山千明さんと平岡祐太さんが舞台挨拶を行った。 映画は、シリーズ4作目で、今回は栗山さんが農水省の職員で農業を応援する主人公を、平岡さんが実家の農業を継ぐことで苦悩する青年を演じている。 この映画は3月26日から石川県内で先行上映され、4月に全国で公開される。

石川 2021.02.15 19:36

【石川県】新型コロナ 新たに11人が感染 20代7人と年代別では最多 金沢市では緊急議会

新型コロナウイルスについて石川県は15日、新たに11人の感染が確認されたと発表した。 石川県によると15日午前10時までに確認された224件の検査の結果、新たに11人の陽性が判明した。 年代別では、20代が7人と最も多く、30代が3人、40代が1人と若年層に感染が目立つ。 感染者の内訳はこれまでに確認されている飲食店関係の3つのクラスターから3人。そのほか、濃厚接触者や接触者が5人、感染経路不明者が3人となっている。 また、14日に2度目となるクラスターの発生が確認された能美市立病院では感染が確認されたフロアに出入りしていた医療従事者10人の検査が行われたが、全員陰性だったという。 こうした中、金沢市議会では緊急議会が開かれ、ワクチンの接種体制に関する予算などが可決された。 金沢市では、高齢者施設などの入所者に対しては、希望に応じて市独自の医療チームが出向き、ワクチン接種を行うとしている。

石川 2021.02.15 19:32

再び襲った大地震 現地の人は…

 東日本大震災から10年を前に13日、東北地方で最大震度6強を観測する地震が発生しました。心配された津波は観測されませんでしたが、各地でけが人が出るなど被害が相次ぎました。エブリィは、先週、震災10年を前に岩手県で、富山にゆかりのある人たちを取材してきました。そのうちの1人に今回の地震について聞きました。  岩手県宮古市 濱田善之さん(38) 「まず一番に考えたのは津波ですね。私たちは3・11の東日本大震災の津波を経験しているもので、まずは津波が来るかどうかということを心配しました」  電話で取材に応じてくれたのは、岩手県宮古市で遠洋マグロ漁を行う濱田善之さん(38)です。祖母と父が入善町出身で、エブリィは先週、現地で取材していました。  13日の地震では、福島県と宮城県で最大震度6強を観測しました。宮古市は震度4でしたが、濱田さんの自宅は海の近くにあり、新たな防潮堤は建設されていましたが、真っ先に心配したのが津波でした。  濱田さん 「防潮堤があるからといって安心ということはないんですね。やはり防潮堤があったとしてもすぐに逃げるというのが宮古市の人たちは、僕だけじゃなくて、皆考えていたことだと思います」  今回の地震で津波の発生はなく、自宅や家族への被害もなかったということですが、震災から10年が経ち、備えの不十分さに気づかされたと話します。  濱田さん 「震災当時は防災グッズは家の中で用意して備蓄していたが、10年経って気が緩んできてしまったところもあって、震災があった時にすぐ持ち出せるような準備をしていなかったんですね。10年前に教訓としていたことを改めてもう一度再確認して、備えなきゃいけないなと感じる地震でした」  今回の地震では、県内でも震度2を観測しました。津波被害を受けた地域の人でも震災から10年が経って「気が緩んでいた」と話します。あらためて地震への備えを確認しましょう。エブリィでは、岩手県で取材したリポートなどを震災10年を迎える来月8日からの週にまとめてお伝えします。

富山 2021.02.15 19:27

「ステージ1」へ これからの注意点は

 県の警戒レベルは、先月13日の「ステージ2」移行から1か月余りで「ステージ1」に引き下げられたわけですが、県は当初、飲食店への営業時間短縮を要請し、今月1日に解除しました。  こちらはステージ2に入る前、先月1日からの県内の新規感染者数の推移です。6日には、過去最多を更新しましたが、ステージ2に移行した13日には既に減少傾向がみられ、先月末からは3人以下の状況が続いています。  先月8日からの大雪で人の移動が制限されたことも影響したと考えられますが、同時期の感染者数を隣の石川県と比較すると、石川は、飲食店でのクラスター発生などで、感染者数は富山に比べて増加傾向にあり、先月21日には、ステージ2でもより強く警戒を呼び掛ける「感染拡大警報」を出しています。  石川県では、飲食店への時短要請は特に行っておらず、この差も感染者減少につながったという見方ができそうです。  今後の課題は、いかに感染者をゼロにしていくかというところですが、県医師会の馬瀬大助会長は「首都圏などに出ている緊急事態宣言が解除されれば、人の動きが活発になり、再び感染が拡大する恐れがある」としています。  県は、これから春に向けて人の往来が増えることから、卒業式など式典での感染対策の徹底や、送別会や謝恩会など、人が集まる場での飲食を控えるよう、引き続き呼びかけています。

富山 2021.02.15 19:26

新型コロナウイルス 県内で新たに4人

 新型コロナウイルスの感染者ですが、県内では15日、新たに4人確認されました。  感染が分かったのは富山市と黒部市、立山町の20代から80代のあわせて4人で、このうち立山町の2人は県内ですでに判明している感染者の濃厚接触者です。詳細について県は16日に発表するとしています。  また14日発表の高岡市の40代男性は、今月8日に発熱などの症状が出て、12日に検査を行い14日陽性が判明しました。濃厚接触者は家族1人で感染経路は不明です。  県内の感染者は892人で、入院が18人、このうち重症は3人です。

富山 2021.02.15 19:24

立山町の舟橋町長 再び濃厚接触者に

 今月5日に家族が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者となっていた立山町の舟橋町長が15日、新たに家族の感染が判明し、再び濃厚接触者となりました。  立山町によりますと、舟橋町長は15日、同居する家族2人の陽性が判明し、再び濃厚接触者となりました。  町長は16日、PCR検査を受ける予定で、自宅待機の期間も27日まで延長するということです。

富山 2021.02.15 19:23

北方領土引き渡し「拒否」発言で 元島民は

 ロシアのプーチン大統領が14日、ロシアの国営放送で、日本とロシアの領土交渉について「領土の割譲が禁止されている憲法に反することはしない」と明言しました。北方領土の引き渡しに応じない立場を示したとみられます。膠着する領土交渉で、日本側をけん制する狙いがあるとみられますが、県内に住む元島民は、発言について「納得できない」と話しました。  千島歯舞諸島居住者連盟富山支部 吉田義久さん(83) 「向こうは憲法を改正して領土ですよと、自分勝手な国のことであって『そうですか』というのはロシア人だけであって、私自身はそんな馬鹿くさいことあるものかと。馬鹿馬鹿しくて、話になんないですよ」  黒部市の吉田義久さんです。8歳まで歯舞の水晶島で両親と兄弟の家族7人で暮らし、終戦とともに引き上げてきました。  吉田さん 「誰が何と言おうと自分の故郷には変わりない。この故郷を変えるわけにはいかないんですよ」  プーチン大統領 「(日ロ関係は)発展させたいし、そうするつもりだ。しかし憲法に反することはしない」  ロシアの憲法には「領土割譲禁止」が明記されていることから、プーチン大統領は、北方領土の引き渡しには応じない立場を示したとみられます。  戦後、北方領土から引き揚げた人の数は富山県が1425人で、北海道に次ぐ多さです。  吉田さん 「(元島民の)60%以上が亡くなっているんですよ。黒部市にも860人ほどいたのが今は420人ぐらいしかないんですよ。そうするとこの歳になると足の不自由な人や耳の聞こえない人も出ている。元気なうちに故郷の島をみて、あれもよかった、これも食べたいあれも食べたいっていうのが元島民の気持ちですよ」  ロシア憲法の領土割譲禁止条項では、国境確定作業は例外としていて、北方領土交渉がこの例外に当たるかについてプーチン大統領は明言していません。戦後から75年が経ち、元島民たちの思いはひとつ、故郷に再び帰ることです。

富山 2021.02.15 19:21

海洋冒険家の白石康次郎さん快挙 喜び語る

 アジア勢初の快挙です。海洋冒険家の白石康次郎さんが、このほど、単独で世界を一周するヨットレース「ヴァンデ・グローブ」で、アジア勢として初めて完走しました。  白石さんは祖父母が射水市出身でゆかりの深い富山に、現地フランスから喜びの声を届けてくれました。  「このフィニッシュをするために30年以上も頑張ってきたことなので、念願の夢が叶いました」  海洋冒険家の白石康次郎さん。わずか26歳で単独無寄港無補給世界一周を成し遂げるなど、輝かしい経歴を持つ白石さんが、夢に描いていた栄光でした。  総航海距離およそ4万8000キロ。大海原をたった一人で、港にも寄らず、食料や燃料も補給せず、世界を一周するヨットレース「ヴァンデ・グローブ」。  完走率は50パーセント。4年に1度、世界一ともいわれる過酷さから「海のエベレスト」と呼ばれるこのレースを、白石さんは2度目の挑戦で、アジア勢として初めて完走を果たしました。  フランス西部の港町、レ・サーブル・ドロンヌを33艇のヨットが出発したのは、去年11月8日。  6日後、船は嵐に遭い、航行の要となるメインセールが破れます。  海上で6日かけてなんとか修理しますが、この致命的なトラブルに、白石さんは、「先のことは考えられなかった」といいます。  「とりあえず赤道を通過してみようかなとこのセールで、それで通過できた、奇跡、またねセールが頑張るんですよ、だいじょうぶだよ的な感じで、いけるのお前?、次はケープホーン」  「帆船乗りの墓場」と呼ばれる南米最南端のホーン岬を越えて、先週木曜日、スタート地点のレ・サーブル・ドロンヌに戻ってきました。  出発から94日と21時間32分、8艇もの船が棄権したなか、16位でのゴールでした。  フランスからの会見で白石さんはレースをこう振り返りました。  「今回のレースで得たものは仲間たち。フランスのセーラーも。それが一番得た者ですね。ヨーロッパじゅう、世界中のセーラーの仲間が増えたという事、それが一番大きいかな」  祖父母が旧小杉町出身、今回も含め4度、世界一周レースに挑んできた白石さん。そして、その挑戦を支えるのも富山の力でした。  命を守るウエアを手掛けるのは小矢部市のゴールドウインです。  「私、富山の一族なんで、富山の700年間農家をやっている白石家なので。あとゴールドウインが富山なので、富山に行きたい、本当に皆さんに会いたいです」  命の危険と隣り合わせの大海原をたった一人で駆けた偉業。コロナ禍に苦しむ日本に明るいニュースを持ち帰りたい。そんな思いも力になったといいます。  「なるべく早く日本に帰って日本を照らします。太陽のように明るくしますので待っててください」  白石さんは今月中に帰国し、日本中で応援してくれた人たちに感謝を伝えたいと話しています。

富山 2021.02.15 19:20

富山市の交通死亡事故 身元は東京都の男性

 14日、富山市桜木町で貨物用のワゴン車にひかれ、死亡した男性の身元について、警察は15日、東京都の30歳の男性と発表しました。  死亡したのは東京都新宿区高田馬場の職業不詳、鈴木渉さん(30)です。  富山中央警察署によりますと、鈴木さんは14日午前6時30分ごろ、富山市桜木町の飲食店街にある十字路交差点付近で、富山市の40代の男性が運転する貨物用ワゴン車にひかれました。  鈴木さんは病院に運ばれましたがその後、死亡しました。  15日の司法解剖の結果、鈴木さんの死因は外傷性ショックでした。  また遺体の損傷などから警察は、鈴木さんが事故当時、道路で横たわっていたとみていて、引き続き、事故の原因を調べています。

富山 2021.02.15 19:19

強敵・大阪エヴェッサ2連戦

 Bリーグの富山グラウジーズは13日、14日、得意とするホームで、強敵・大阪と対戦しました。  東地区4位の富山グラウジーズが県総合体育センターに迎えたのは、西地区4位の強敵・大阪エヴェッサ。地元ホーム戦では、去年12月から負けなしの8連勝中と抜群の強さを誇る富山グラウジーズでしたが、第1戦は101対113、第2戦も83対88で敗れまさかの2連敗。順位も東地区5位に後退しました。  そんな中でも14日の試合は、13年目の阿部が通算500試合出場を達成。2シーズンぶりのチャンピオンシップ進出へ、全員バスケで立ち向かいます。

富山 2021.02.15 19:18

県内の警察機能強化へ 懇話会が提言書

 県内の警察機能強化に向けて、県警幹部と有識者が去年夏から話し合ってきた懇話会が終了し、取りまとめた提言書を15日、県警本部長に提出しました。  15日は懇話会の座長を務めた県商工会議所連合会の髙木繁雄会長から、杉本伸正県警本部長に提言書が手渡されました。  懇話会は、提出した提言書で警察機能の強化に向けて、規模の小さい警察署の再編統合や、比較的近い距離にある交番や駐在所が連携して地域の治安を守ることなど、5つの項目を提示しています。  杉本本部長は「中・長期的な視点に立ち、県警の運営や政策に反映していきたい」と話し、来年度から具体的な内容を検討していくとしました。  提言は今月19日から県警のホームページに掲載される予定です。

富山 2021.02.15 19:17

美浜町長が再稼働に同意 関電美浜3号機

美浜町の戸嶋秀樹町長が、運転開始から40年を超えた関西電力の美浜原発3号機の再稼働に同意し、今後は県議会の議論に移ることに。(2月15日) 美浜町の戸嶋秀樹町長は、町議会の竹仲良廣議長に再稼働に同意する意向を伝えた。 地域振興策などについて、国や関西電力から前向きな回答が得られたことを評価したもの。 運転開始から40年を超えた原発の再稼働で、立地自治体の同意は高浜町に次いで全国で2例目となった。 戸嶋町長は15日夕方に杉本知事を訪ね、立地自治体としての同意判断を伝えた。 今後は県議会での議論を経て、杉本知事の最終判断に委ねられることになる。

福井 2021.02.15 16:40

ワクチン接種のコールセンター開設 福井市

新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、福井市のコールセンターで相談の受け付けが始まり、相次いでいる。(2月15日) 福井市内のビルの一室に設けられたコールセンターには、5人のオペレーターが常駐し電話相談に応対している。 初日の15日は、市民から新型コロナウイルスのワクチン接種について、接種時期や場所などの相談が相次いでいた。 福井市では4月から始まる65歳以上の高齢者の接種に向け、3月中旬から接種券を発送する予定で、今後コールセンターの体制を30人に強化して接種の予約も受け付けることにしている。

福井 2021.02.15 15:43

2日連続新規感染者ゼロ 感染対策の徹底を

県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は2日連続で確認されず、感染者の数や病床の使用率など全ての基準が注意報レベルを下回っている。(2月15日) 県によると、県内で新型コロナウイルスの新たな感染者は2日連続で確認されなかった。 感染者の累計は530人のままで、入院患者は5人減って21人となっていて、このうち2人が重症となっている。 これで病床の使用率や直近1週間の感染者の数など全ての基準で、県が定める注意報レベルを下回った。 県は感染拡大は落ち着きつつあるとして、2月15日から感染拡大警報を注意報に切り替えたが、引き続き重症化リスクの高い高齢者は家族も含めて対策を徹底するよう呼びかけている。

福井 2021.02.15 15:36

死亡ひき逃げ事件で26歳の女逮捕 福井市

2月13日深夜に福井市で起きた死亡ひき逃げ事件で、警察は軽自動車を運転していた26歳の会社員女を14日に逮捕した。(2月15日) ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、福井市中野3丁目の会社員井上美佳容疑者26歳。 警察の調べによると、井上容疑者は2月13日午後11時35分ごろ、福井市下荒井町の市道で、自転車に乗っていた福井市福1丁目の自営業八十川幸男さん73歳を軽自動車ではね、そのまま逃げた疑い。 八十川さんは病院に搬送されたが、骨盤や肋骨を折るなどしてまもなく死亡した。 井上容疑者は、事故発生から約3時間半後に現場に両親と戻ってきたところを逮捕された。 警察の調べに対し井上容疑者は「ひき逃げしたことは間違いない」と容疑を認めていて、警察が逃げた理由などを調べている。

福井 2021.02.15 12:43

県の警戒レベル きょうからステージ1に

 県は、新型コロナウイルスの感染対策として独自に設けている警戒レベルを15日から、3段階で最も低いステージ1に引き下げました。  県は、県内の警戒レベルを、先月13日にステージ2に引き上げ、県民の夜間の外出自粛などを要請していましたが、県内の新規感染者数や入院者数など、指標とする4項目が、直近の1週間ですべて基準を下回ったことから、ステージ1に引き下げました。  ステージ1では、県民への日中や夜間の外出自粛を感染対策を行うことを前提に要請しないとする一方、首都圏など、緊急事態宣言が出ている地域への移動は、引き続き自粛を求めます。  また停止していた国のGoToイート食事券の販売を15日から再開するほか、県民対象の県内宿泊施設の代金割引キャンペーンも再開し、新たに申し込みを受け付けます。

富山 2021.02.15 11:47

感染予防とPR 一石二鳥のトヤマスク

 JR西日本では15日から富山駅の係員が富山市の見どころのイラストをプリントしたマスクをつけて業務にあたります。  これがそのマスクです。路面電車や立山連峰、おわら風の盆など7種類のイラストや文字がそれぞれ描かれていて「トヤマスク」と名付けられています。  このマスクは、富山市が新型コロナウイルスの感染予防を呼びかけながら、市の観光資源をPRする目的でことし1月に製作したもので、これまで市内の旅館や交通事業者などに配布しています。  JR西日本富山駅の駅係員は今後しばらくの間、決められた日にこのマスクをつけて業務にあたるということです。なお、一般に向けての販売はしていません。

富山 2021.02.15 11:47