北海道のニュース

「クラスター爆発的増加」追いつくか医療体制

月別の北海道内のクラスター数をまとめました。11月のクラスター数は29日までで89と10月までに比べ、爆発的に増えています。医療体制のひっ迫が心配されます。 最新の道内の医療体制です。病床数、療養ホテルの数は増えています。重症病床26/140、軽・中症病床889/1159、療養ホテル764/1660、自宅療養373、入所調整中271です。

北海道 2020.11.30 18:47

深刻なのは地方都市 病院クラスター相次ぐ旭川「水際の感染対策」

感染拡大を受け、地方都市の医療体制は深刻さを増しています。北海道内で6か所目となる宿泊療養施設が開設されましたが、地方医療は重要な局面を迎えています。 旭川医療センターの新型コロナ専用病棟です。 「お口きれいにしますよ」 防護服に身を包んだ人たちが高齢患者の“口腔ケア”にあたっていました。 「右側向きます。体拭きますよ」 旭川医療センターではいま20床のうち7割が埋まっている状況で、とくに介護が必要な高齢患者は、看護師などの負担が大きいといいます。 旭川市では寝たきりの高齢者が多い「吉田病院」や基幹病院のひとつ「旭川厚生病院」で大型のクラスターが発生。患者を受け入れる市立旭川病院では、一般外来の通院について軽度な場合は受診を控えるよう呼びかける事態となっています。 旭川医療センターでは今後の医療態勢を危惧しています。 (旭川医療センター 西村英夫院長)「疲弊しているがどうにか、最後の一歩を踏みとどまっている。3つ目のクラスターが出たらかなりまずい」 11月だけで感染者数が70人にのぼる函館市です。高度な医療を担う市立函館病院は、道南で唯一新型コロナの重症患者を受け入れています。 看護師を配置転換し一般の患者のベッドを削減するなど、なんとかやりくりしている現状に危機感を募らせています。 (市立函館病院 森下清文院長)「いま抑えないと本当に医療崩壊になります。心筋梗塞とか脳卒中とか冬になると増えてくる。そういう患者さんを診れるベッドがどんどん無くなってくる。これまで助けていた人を助けられなくなる可能性がある」 病院の負担を少しでも減らそうと帯広市に30日、道内6か所目の宿泊療養施設が開設されました。しかし、感染拡大に歯止めがかからず、医療現場からは悲痛な叫び声が聞こえてきます。

北海道 2020.11.30 18:45

「知事反対なら選定せず」経産相が回答 核のごみ・最終処分場

北海道・寿都町と神恵内村で始まっている「核のごみ」の最終処分場選定に向けた文献調査をめぐり、道の申し入れに対して梶山経済産業相が書面で回答しました。 北海道に届いた書面には第2段階の概要調査に進む際は「知事または当該市町村長の意見に反して概要調査地区等の選定を行うことはありません」と明記されています。 書面は27日付で鈴木知事は文献調査開始をめぐり11月18日、道や周辺市町村への丁寧な説明など5項目を求める申し入れ書を梶山経済産業大臣に提出していました。 書面には「文献調査に伴い、北海道に廃棄物を持ち込むことはない」とも明記されていて、道や市町村に対しては「求めに応じ、進捗状況や結果について説明会を開催するなど丁寧な説明を行う」と回答しました。

北海道 2020.11.30 18:40

繁華街の人出は減少 「感染対策と経済起動」バランスは

人の流れを比べてみると、大通駅周辺は10月と比べて-36.2%減、すすきの駅周辺は40%近く減っています。 11月7日から警戒ステージ3に移行、さらには28日以降も対策継続となっていて人出も抑えられているようにみえます。 こちらは営業時短要請が出された11月7日以降のすすきの夜の街関連の感染者数の推移です。感染者は減少傾向です。 ※詳細は動画をご覧下さい。

北海道 2020.11.30 17:11

「アルコールは午後10時まで」繁忙期の要請 繁華街に打撃「さらに延びるかもしれない不安」

新型コロナウイルスの集中対策期間が12月11日まで延長され初めての週末を迎えました。営業時間の短縮要請ををうけた札幌市内の飲食店からは忘年会シーズンを前に、今後の経営へ不安を募らせています。 (礒貝記者)「全域が営業時間短縮要請のエリアとなった狸小路です。週末の夜ですが、人通りはあまり多くないように見えます」 狸小路7丁目にある居酒屋です。巻きずしのまわりにタコやサーモンなどをトッピングして、その上に、カニやイクラをのせたぜいたくな一品など、海鮮料理が自慢です。 集中対策期間の延長に伴って時短要請の範囲が拡大。この店でも、28日から午後10時以降のアルコール提供の自粛を要請されました。 (下町ウルフ 工藤伶央主任)「(客が)やっと戻ってきたと思ったら減ってしまった感じ。何していいかわからない状態が続いている」 週末にもかかわらず、この日の予約はわずか1組。今後は、忘年会シーズンへの影響も懸念されるといいます。 (下町ウルフ 工藤伶央主任)「(対策期間で)12月の稼ぎ時に1週間ほどつぶれるのはつらい。(対策期間が)さらに延びるかもしれないっていう不透明な部分もどうなるのか不安が大きい」 (鈴木知事)「(集中対策期間を)12月11日まで延長した上でさらに集中的に徹底した対策を講じていく」 11月7日から始まり、12月11日まで延長された集中対策期間。11月の大通駅やすすきの駅周辺の休日の人出は10月と比べて、4割ほど減りました。すすきの駅の近くには、客を待つタクシーの列が。 (タクシー運転手)「少し上向いたでしょ、それからまた(客が)減っている。全然だめです。だんだん悪くなっている」 活気あふれる繁忙期を迎えるはずのすすきのや狸小路。異例の師走を目前に、不安が広がっています。

北海道 2020.11.30 17:05

札幌着は一時停止 「札幌発」はどうなるの?気になる期間とキャンセル料

GoToトラベルですが、すでに札幌を目的地とする旅行は12月15日出発分まで一時利用停止となっています。 札幌居住者の旅行、新たに追加されたのが「札幌市居住者の旅行」についてです。 こちらは12月15日出発分まで利用を自粛するよう呼びかけられました。この期間に予約済みのGoToを利用した札幌居住者の旅行については、12月7日の24時までであればキャンセル料は無料となります。

北海道 2020.11.30 16:56

「あした生きていけるのかな」GoTo除外の札幌 師走前に見えない出口

菅首相が札幌を出発する「GoToトラベル」の利用についても自粛を呼びかけましたが、札幌周辺の観光地ではすでに観光客が減るなどの影響が出始めています。 登別の温泉宿です。ふだんは札幌からの旅行客が半数以上をしめる道民からも人気の宿ですが…。 (滝の家 須賀紀子さん)「札幌市民はGoToトラベル利用を自粛をしてくださいという要請があり、大変厳しい状況にさしかかっている」 こまめに換気するよう呼びかけるなどして感染対策をしていますが、客足は遠のいていると言います。 (長南記者)「登別のお土産店が立ち並ぶ通りです。人はまばらです」 土産店が建ち並ぶ温泉街も、閑散とした状態に。そのわけは。 (菅首相)「GoToトラベルについて札幌市や大阪市は、出発分についても利用を控えるようただちに呼びかけることとします」 先週、菅首相は札幌を出発するGoToトラベルの利用を12月15日まで控えるよう求めました。 30日朝の新千歳空港です。出発ロビーに人の姿はほとんどありません。 (札幌市民)「山形に合宿免許に行きます。仕事の関係で急いでとりに行かなきゃいけなくて」 悩みながらも出発を決めたという旅行客は対策に工夫を凝らしていました。 (千歳から沖縄へ)「消毒液とかは持ち歩いて、宿泊期間も1日短くしました」 札幌を目的地とする旅行についても一時除外することが決まっています。札幌市民からは困惑の声が聞かれました。 (札幌市民)「すごい楽しみにしていたんですよ、GoToトラベルを。ふだん泊まれないようなちょっと高い宿を予定していたが、出発もだめということになったし、だめかなって」 (札幌市民)「これだけ増えているから札幌だけの問題じゃないと思う」 一方で、旅行の自粛はやむを得ないという意見も。 (札幌市民)「この時期なので来てもいいことないかなと思います」 札幌を訪れる観光客も激減。28日、札幌の二条市場も閑散としていました。 (店の人)「全然少ないですよ。この間の連休から見たら雲泥の差です。とにかく12月の前半あたりでもう解除してほしいなという気持ち」 羊ヶ丘展望台も。満車状態だったという駐車場ががらんとしていました。客足は1か月前の5分の1ほどに減少していました。 (栃木からの観光客)「旅行会社の方からキャンセルしてくださいとメールが来た。それが出発前日の夜10時くらい。とりあえず無視してきちゃいました」 深刻な打撃を受ける観光業。札幌のホテルなどでは予約のキャンセルが相次ぎ、少なくとも7つの宿泊施設が臨時休館を決めました。12月25日まで臨時休館することを決めた札幌の宿泊施設は。 (臨時休館を決めた宿泊施設)「北海道の方針に沿うようなかたちで、少しでも感染拡大しないように、今回苦渋の決断で休館を決めた。(損失は大きい?)もちろんそれはかなり大きい」 北海道外から観光客の減少は札幌周辺の観光地にも影響を与えています。ふだんは観光客が訪れるこちらの寿司屋も。昼時にもかかわらず客の姿はありません。 (店主)「あした生きていけるのかなって不安を感じながら年明けを迎えるのかな」 苦渋の決断に迫られる道内の観光業。先行きが見通せないまま、師走を迎えます。

北海道 2020.11.30 16:40

北海道151人感染 新型コロナウイルス 5人死亡

新型コロナウイルスの最新情報です。30日、北海道内では新たに151人の感染が確認されました。 札幌市が87人です。1日の感染者が100人を下回ったのは、25日以来5日ぶりです。感染経路不明は31人です。 旭川市19人、函館市2人、石狩管内21人、空知管内2人、後志管内6人、日高管内1人、檜山管内3人、上川管内2人、十勝管内5人、釧路管内2人などの感染が確認されています。 札幌市の3人を含む5人の死亡が確認されています。

北海道 2020.11.30 16:28

感染リスク「改善見込めず」札幌市の成人式「中止」決定

札幌市は新型コロナの影響で、来年1月に開催を予定していた成人式について「中止」することを発表しました。 札幌市は当初、成人式について中央区、白石区、豊平区を除く7つの区で密にならないように札幌ドームに集約して実施する方向で準備を進めてきました。 しかし、開催を予定していた来年1月10日までに感染リスクなどの改善が見込めないとして、市内すべての成人式について「中止」を決めました。 新成人にはホームページで秋元市長やゆかりの著名人のメッセージ動画を掲載することにしています。成人式をめぐっては函館市や北斗市などでも中止を決めています。

北海道 2020.11.30 16:17

北海道151人感染2日連続200人下回る

30日、北海道では新たに151人の新型コロナウイルスの感染が確認され、2日続けて200人を切りました。 このうち札幌市が87人。札幌市で1日の感染者が100人を下回ったのは、25日以来5日ぶりです。 このうち感染経路不明は31人。札幌市の3人を含む5人の死亡が確認されています。

北海道 2020.11.30 16:08

「週末はずっと家に」集中対策期間延長 北海道は「我慢」も延長

新型コロナウイルスの集中対策期間延長が決まって初めての週末が明けた北海道。道民からは「家からは出ない」などの声が聞かれて「我慢の週末」となったようです。 30日朝の札幌市内です。週末をどう過ごしたのか、通勤途中の人に話を聞いてみると。 (仕事へ向かう人)「ずっと家にいた」 (仕事へ向かう人)「ずっと家にいた。(今は)なるべく出ないようにですね」 ほとんど家から出なかった、という声が多く聞かれました。道の集中対策期間の延長は12月11日までです。 空の玄関口・新千歳空港です。札幌出発分もGoToトラベルの利用の自粛を求められていることについては。 (沖縄に行く利用者)「宿泊期間を1日短くしました。早く帰ってきた方がいいかなと思いつつ、楽しみたいのもあって。消毒液などは持ち歩いて、気をつけていこうかなと」 (茨城に行く利用客)「茨城は札幌よりも(感染者が)少ないので、嫌がられるかなと思いながら」 歯止めがかからない、新型コロナウイルスの感染拡大。週明けも引き続き、我慢の日々が続きます。

北海道 2020.11.30 12:32

療養ホテルを増設 北海道で6か所目

感染拡大に歯止めがかからないなか、北海道は6か所目となる軽症者向けの宿泊療養施設を、帯広市内に開設しました。 新たな宿泊療養施設として30日から運用が始まったのは、帯広市の「アパホテル帯広駅前」です。十勝地方では初めてとなる軽症者向けの宿泊療養施設で、道内では函館に続き6か所目、最大190人程度を受け入れることができます。 道内では11月に入り新型コロナウイルスの感染者数が急増していて、入院病床も28日時点で850床以上が使われるなど、医療の負荷軽減が課題となっています。 今回の増設で、道内の宿泊療養施設はおよそ1660人分確保されたことになります。

北海道 2020.11.30 12:29

除外に自粛でピンチ「札幌観光支援を」自民党が政府に要請

札幌市がGoToトラベルの目的地として一時除外されることなどをうけて、自民党道連は札幌観光を支援するよう、国に要望書を提出しました。 自民党道連・会長代行の長谷川岳参議院議員らは30日午前、西村経済再生担当大臣のもとを訪れて、GoToトラベルの目的地一時除外、出発自粛の対象となっている札幌の支援について要望書を手渡しました。 (西村経産再生担当相)「しっかりと北海道の観光を経済の支援において対応していきたい」 要望書では、旅行事業者への新しい給付金制度の増設やGoToトラベルの一時停止期間終了後の観光支援策など4項目が盛り込まれています。札幌の一時除外や自粛は12月15日までとなっていますが、その影響が続くことが懸念されています。

北海道 2020.11.30 12:25

札幌北警察署 クリスマスツリーを飾る「反射材」配布中

夜間の交通事故を防ごうと、札幌の北警察署では、クリスマスツリーに飾られた「反射材」を配布しています。 札幌・北警察署の入り口にお目見えしたのは、クリスマスツリー。飾られているのは、ライトが当たると光る反射材です。日が短くなるこの時期、夜間の事故を防ごうと「無事故」にちなんだ625個の反射材を用意し、飾り付けました。反射材は北警察署の窓口で配布されていて、ツリーは12月25日のクリスマスまで飾られるということです。

北海道 2020.11.30 07:19

旭川市で行政代執行・・・駐輪場などを撤去

北海道旭川市の道路整備事業をめぐり歩道上に設置された駐輪場などを所有する男性が撤去に応じなかったとして道は29日、強制的に撤去する「行政代執行」を実施しました。 強制撤去されたのは旭川市「永山一番通」の歩道上に設置された屋根付きの駐輪場などです。道によりますと、2008年から道路の幅を広げる整備事業が始まり旭川市は、土地を所有していた男性と交渉し補償金を支払っていました。しかし、男性が自主撤去に応じなかったため道は29日、行政代執行に踏み切ったということです。土地収用法に基づく行政代執行は道内では47年ぶり2回目で撤去費用およそ120万円は男性に請求するということです。

北海道 2020.11.30 07:18

札幌の商業施設で不審火

札幌市北区の商業施設で29日、置かれていた新聞紙から白い煙があがっているのがみつかりました。警察は不審火とみて捜査しています。 火事があったのは札幌市北区北33条西5丁目の電器店などが入る商業施設で、29日正午前1階店舗内にある証明写真ブースのいすの上にあった新聞紙から白い煙が上がっているのを店員が見つけました。その後、店員が火を消し消防に通報したということです。この火事で、ブース内の壁が一部焦げましたがけが人はいませんでした。警察は不審火とみて捜査しています。

北海道 2020.11.30 07:18

無理に右折か…交差点で衝突事故、後部座席の74歳男性死亡 芽室町

北海道十勝の芽室町にある交差点で29日午前、乗用車と軽乗用車が衝突し乗用車の後部座席に乗っていた74歳の男性が死亡しました。 事故があったのは芽室町東めむろの交差点です。29日午前10時半すぎ直進していた乗用車が対向車線から右折してきた軽乗用車と衝突し、はずみで電柱に突っ込みました。乗用車には親子3人が乗っていて、そのうち後部座席に乗っていた父親の佐々木智さん74歳が死亡しました。警察は軽乗用車を運転していた72歳の女性が無理に右折したとみて事故の原因を調べています。

北海道 2020.11.29 19:10

<29日新型コロナ最新>北海道で192人感染、5人死亡 クラスター発生の病院で患者2人死亡

29日北海道内では新たに192人の新型コロナウイルスの感染と5人の死亡が確認されました。 道内の新型コロナウイルスの新規感染者は192人で、4日ぶりに200人を下回りました。札幌市では116人の感染が確認され、感染経路不明者は40人となっています。そのほか、旭川市で26人、石狩管内で16人など全道で感染が拡大しています。また、クラスターが発生している旭川厚生病院の患者2人を含む5人の死亡も確認されました。さらに、札幌市の通所介護事業所2か所と、江別市の特別養護老人ホーム「ひだまり大麻」で新たなクラスターが発生しています。

北海道 2020.11.29 19:08

「奨励金9980万円受け取り可能」20代女性が250万円詐欺被害

ことし10月、携帯電話に届いたお知らせメールを開き「奨励金の受け取り可能」などという文言で誘導された後志管内の20代女性が、受け取り費用として250万円をだまし取られる詐欺被害があった。警察によると、誘導されたホームページには「奨励金として約9980万円のお受取りが可能になっております。」「奨励金を受取るための、国際送金手続きに料金がかかる」などと記載されていて、女性は受け取り費用としてクレジットカードと電子マネーで250万円を支払ったという。警察は架空料金請求詐欺事件として捜査するとともに、「奨励金が当選した」などという、うまい話はないとして注意を呼びかけている。

北海道 2020.11.29 16:51

サンタは地元の小学生が手作り オホーツク紋別空港に3メートルのクリスマスツリー

1か月を切ったクリスマスを前に北海道紋別市のオホーツク紋別空港で大きなクリスマスツリーがお披露目されました。 高さ3メートルにもなるクリスマスツリーには折り紙で作られたサンタクロースなどが華やかに飾られています。これらはすべて地元の小学生およそ110人が手作りしたもので空港のスタッフが1つ1つ丁寧にツリーに取り付けていました (東京からの観光客)「手作り感があっていいですよね。和みますよね」 このクリスマスツリーは来月25日まで展示されています。

北海道 2020.11.29 11:52

雪不足で8日遅れ ようやく札幌国際スキー場オープン コロナ対策各所に

札幌市内のスキー場が新型コロナウイルスの感染対策を施したうえで、今シーズンの営業を始めました。 札幌国際スキー場では雪不足で予定より8日遅れてのオープンとなり、早速、雪の感触を楽しむ人たちでにぎわいました。このスキー場では新型コロナウイルス対策として利用客にはマスクの着用の上、ゴンドラの窓を開けたり、定員を減らすなどしています。このほかレストランでも飛沫による感染防止対策などがとられているということです。

北海道 2020.11.28 18:06

GoTo札幌発も自粛要請 空港は閑散

観光を支援する事業「GoToトラベル」について札幌出発の旅行に自粛要請などが求められ、道内の空港や観光地は人出が減少しました。 政府が「GoToトラベル」について、札幌発の旅行自粛を要請した翌日の28日、新千歳空港の出発ロビーは利用客が少なく、閑散としていました。 札幌に到着する旅行についても割引から除外になったことを受け、札幌の観光名所、羊ヶ丘展望台では人の姿はまばらでした。しかし、12月1日までは割引対象のため、ぎりぎりで来た人も。 (神奈川からGOTOで来た観光客)「1日まで予約している分については使えるということで、方針が出たので行ってみようかと」 札幌到着分は12月2日から15日までが割引の対象外となります。

北海道 2020.11.28 18:04

医療機関のクラスター歯止めかからず 道内新たに252人感染確認 4人死亡

道内では28日新たに252人、新型コロナウイルスの感染と4人の死亡が確認されました。 全道の感染者は252人で、札幌で156人、旭川市で34人など高止まりが続いていて、4人の死亡も確認されました。クラスターが発生している、札幌市手稲区の田中メディカル札幌田中病院で新たに9人の感染が確認され、120人の大規模クラスターとなっているほか、市内の医療機関では7人が感染する新たなクラスターも発生。旭川市でも、旭川厚生病院で22人が新たに感染し、120人のクラスターになるなど、各地で医療機関での感染に歯止めがかからない状況です。

北海道 2020.11.28 18:00

高校生が心を込めて栽培シクラメン販売会 北海道名寄市

北海道名寄市では、地元の高校生が丹精込めて育てたシクラメンの販売会が開かれました。 赤やピンクなど色とりどりに咲き誇った鉢植えのシクラメン。これらは名寄産業高校の生徒が授業の一環として栽培したもので、毎年この時期に販売されています。ことしは、新型コロナウイルスの感染対策として、温室に入る時に検温と消毒をし5人ずつの入場制限をして実施されました。丹精込めて育てた250鉢は次々と手に取られ、訪れた人のもとへ渡っていきました。

北海道 2020.11.28 12:03

GoTo札幌発も自粛要請で…新千歳空港は閑散 どうみん割も一時休止

観光を支援する事業「GoToトラベル」を巡り、札幌からの旅行自粛が要請されたのをうけ、新千歳空港は人の姿が少なく閑散としていました。 「GoToトラベル」の対象から札幌が一時除外された週末、新千歳空港の出発ロビーは、利用客が少なく、閑散としていました。政府は27日「GoToトラベル」を巡り、感染が拡大している札幌を出発する旅行分についても控えるよう求めました。これを受けて、道は、道民の道内旅行を最大で半額補助する「どうみん割」も12月15日まで一時停止することを決めました。すでに予約済みの旅行については12月2日午前0時まで有効ですがそれ以降は、割引の対象外としキャンセル料は無料にするとしています。

北海道 2020.11.28 11:52

「体重310キロ 体長1.8メートル」作業小屋侵入と同一個体か ヒグマを捕獲

北海道・積丹町で体重300キロを超えるヒグマが捕獲されました。付近でサケやホッケを食べ荒らしていたヒグマと同じ個体とみられています。 箱わなに掛かったヒグマ。体重310キロ、体長は1.8メートルのオスで、26日積丹町で捕獲されました。 付近では11月に入り、ヒグマが小屋の扉を破りホッケやサケが食べ荒らされる被害が相次いでいて、捕獲された個体によるものとみられています。 (被害にあった住民)「1頭であってほしいですよね。何頭もいるならまだちょっと怖い。夜中は爆竹を鳴らしてから車に乗ったりしている、今でも」 (被害にあった住民)「(荒らした)クマであればほっとする。あんなに大きいとは思わなかった」 積丹町では昨年の1.7倍のペースでヒグマの目撃が続いていて、捕獲はことし4頭目でした。 町ではどんぐりなど、エサとなる木の実が例年になく不作であることが背景にあると分析しています。ヒグマはその後、駆除されました。

北海道 2020.11.27 19:00

札幌・旭川でクラスター拡大 北海道252人感染

新型コロナウイルス最新情報です。27日北海道内では252人の感染が確認されました。 まず、27日発表の死者ですが9人となってしまいました。今までの1日の死者の最多は5月1日の8人でしたが27日は9人。これまでで最も多い数となってしまいました。札幌は142人、旭川31人、函館5人、小樽9人、空知25人、石狩15人、後志1人、胆振3人、渡島2人、上川2人、留萌1人、宗谷1人、十勝13人、釧路2人。 札幌では新たに2つのクラスターが発生。保育園で5人、コールセンターで8人。 すでにあるクラスターも拡大している。サービス付き高齢者住宅では1人増え14人に。北陵高校では1人増え16人に。市内の高校では1人増え38人に。手稲渓仁会病院では1人増え34人に。このほか4つの病院でもクラスターが拡大していて、医療体制のひっ迫が懸念される。 旭川でも新たなクラスター発生。通所型の福祉施設で7人。病院のクラスターも拡大している。吉田病院では8人増え133人に(道内最大)。旭川厚生病院は16人増え98人に。 27日の感染者は252人。25日に一度200人を下回ったのですが、26日・27日と再び200人を超えていて、依然として感染者の高止まりが続いています。

北海道 2020.11.27 18:52

「クロマグロ訴訟」漁業者の訴え退ける 札幌地裁

小型クロマグロの漁獲枠を巡り、休漁に追い込まれた漁業者が国と道に損害賠償を求めた裁判で、札幌地裁は原告の訴えを棄却しました。 北海道内では3年前に漁獲枠を超えるクロマグロの水揚げをしたため、現在も休漁を余儀なくされています。 これを受けて漁獲枠を守っていた留萌地方の漁師・高松幸彦さんら9人は、国や道が漁業者にクロマグロの漁獲枠を守らせるための指導を怠ったとして、損害賠償などあわせて3700万円を求めていました。 27日の判決で札幌地裁は「法的措置を行わなかったことが著しく不合理なものではない」などと高松さんらの主張を認めず、却下しました。 (高松幸彦さん)「われわれがやってきたことがこのような判断で崩されたことが、非常に悔しい」 原告側は判決を不服として、控訴する方針です。

北海道 2020.11.27 18:07

死亡9人で過去最多 感染再び「200超」北海道252人確認

新型コロナウイルス最新情報です。27日、北海道では252人の感染が確認されました。 死亡は9人となってしまいました。今までの1日の死者の最多は5月1日の8人でしたが、これまでで最も多い数となってしまいました。 感染者は札幌142人、旭川31人、函館5人、小樽9人、空知25人、石狩15人、後志1人、胆振3人、渡島2人、上川2人、留萌1人、宗谷1人、十勝13人、釧路2人です。 札幌では新たに2つのクラスターが発生。保育園で5人、コールセンターで8人です。 すでにあるクラスターも拡大しています。サービス付き高齢者住宅では1人増え14人に。北陵高校では1人増え16人に。市内の高校では1人増え38人に。手稲渓仁会病院では1人増え34人です。 このほか4つの病院でもクラスターが拡大していて医療体制のひっ迫が懸念されます。 旭川のクラスターも拡大しています。吉田病院では8人増え133人になり道内最大です。旭川厚生病院は16人増え98人です。 27日の北海道の感染者は252人です。25日に一度200人を下回ったのですが、26日・27日と再び200人を超えていて、依然として感染者の高止まりが続いています。

北海道 2020.11.27 17:26

軽症者宿泊施設 函館で運用開始 帯広は30日開設

北海道は新型コロナウイルスの感染者が増えている函館市に、軽症や無症状の感染者を受け入れる宿泊療養施設を開設し、27日から運用を開始しました。 宿泊療養施設として運用が始まったのは函館市の東横イン函館駅前大門です。24時間体制で看護師が常駐していて、軽症や無症状の患者を110人程度受け入れることができます。 道南では函館市で感染者が急増しているほか奥尻町でクラスターが発生するなど、病床のひっ迫が懸念されています。 30日には帯広市でもホテルが宿泊療養施設として開設されて190人程度の受け入れに対応できるということです。 これで道内の宿泊療養施設は6か所となります。

北海道 2020.11.27 17:22

「11月30日から12月15日まで利用控えて」 一時停止の「GoToイート」

鈴木知事が販売の一時停止を発表した「GoToイートキャンペーン」は、8000円で1万円分の「プレミアム付き食事券」が対象の飲食店で利用出来るものです。 26日現在で22万冊が販売され、北海道内の販売休止の期間は今月30日から12月15日までです。 札幌市内のみになりますが、既に販売された食事券の利用は控えて下さいと呼びかけます。払い戻しは出来ません。 但し、密を避けるような場面、テイクアウトやデリバリーのような、密にならないようなケースだと使用制限は求めていません。

北海道 2020.11.27 17:08

コロナ対策強化で迎える師走 大事な繁忙期へ「募る不安」

鈴木知事が発表した新型コロナウイルスの対策強化で、札幌市内全域で接待を伴う飲食店への休業要請のほか、GoToイートの食事券についても販売が一時停止されました。 対象となった店からは年末の繁忙期を前に今後への不安の声が相次いでいます。 ※詳しくは、動画をご覧ください。

北海道 2020.11.27 16:55

児相通報で事件発覚「いらいらしてやった」未就学男児の背中殴る 24歳男逮捕

自宅で同居する未就学児の背中を複数回殴りけがをさせたとして、札幌市の24歳の男が逮捕されました。児童相談所からの通報で発覚し男は調べに対し「男児にいらいらしてやった」と容疑を認めているということです。 逮捕されたのは札幌市北区の宮田潤容疑者(24)です。宮田容疑者は11月20日の午後7時ごろ、自宅で同居する未就学の男児を素手で複数回殴り、全治2週間のけがをさせた疑いがもたれています。 児童相談所から警察に児童虐待の可能性があるとの通報で発覚しました。 警察によりますと宮田容疑者は、調べに対し「男児にいらいらしてやった」と容疑を認めていて、男の子には背中以外にもけがの跡が複数あるということです。 警察は、犯行の経緯などについて宮田容疑者を追及する方針です。

北海道 2020.11.27 12:23

住宅火災 脱衣所付近から遺体 住人男性と見て確認急ぐ

26日夜、北海道・千歳市の住宅で火事があり、焼け跡から遺体が見つかりました。この家に住む男性の行方が分からなくなっていて、警察は亡くなったのはこの男性とみて調べています。 住宅の2階から激しく立ちこめる煙と炎。26日午後11時半すぎ千歳市豊里5丁目の住宅から火が出ていると、付近の住民から通報がありました。 およそ4時間半後に火は消し止められましたが、この火事で2階建て住宅の一部が焼け、1階の脱衣場付近から遺体が見つかりました。 この家に1人で住む60代の男性と連絡が取れなくなっていて、警察では遺体がこの男性とみて身元の確認を急ぐとともに、27日朝から実況見分を行い火が出た原因などを調べています。

北海道 2020.11.27 12:17

札幌駅直結 JRタワー商業施設 営業時間短縮を延長

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いJRタワーの商業施設では、11月28日から12月4日についても、営業時間を短縮することを決めました。 札幌駅総合開発によりますと、札幌市での新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、JRタワーは11月21日から営業時間を短縮していますが、28日から12月4日についても引き続き時間を変更して営業するということです。 ショッピングの店舗では、開店時間を1時間早め午前10時に。閉店時間は11月21日から実施している午後8時にするということです。 レストランなどは、午前11時から午後9時までの営業となります。

北海道 2020.11.27 12:13

北海道警史上最高の成績 白バイ操縦技術を競う全国大会で3位入賞「これからも交通事故の防止に努めていきたい」

交通事故防止のため、日々活躍する白バイ。その操縦技術を競う全国大会で、北海道警の白バイ隊員が初の表彰台となる3位入賞を果たしました。 道警の交通機動隊白バイ特別訓練員の小木曽佑樹巡査長、稗田緋色巡査長、菊谷拓生巡査長の3人は、先月行われた白バイの操縦技術を競う全国大会の団体第二部で3位に入賞しました。大会はことしで50回目を迎えますが、道警としては初の表彰台、過去最高の成績です。 (道警交通機動隊 小木曽佑樹巡査長) 「北海道は冬場は白バイの取り締まりができない事が他府県との差になる。1本1本でしっかりと(技術向上を)考えながら訓練していた」 道警史上、最高の成績を残した技術を武器に、これからも交通事故の防止に努めていきたいと力強く話していました。

北海道 2020.11.27 06:00

「住宅から火が…」付近の住民から通報 焼け跡から1人の遺体見つかる 住人の60代男性か

26日夜、千歳市の住宅で火事があり、焼け跡から1人の遺体がみつかりました。この家に住む男性の行方が分からなくなっていて、警察は、亡くなったのがこの男性とみて調べています。 26日午後11時半すぎ、千歳市豊里5丁目の住宅から火が出ていると、付近の住民から通報がありました。およそ2時間半後に火の勢いは収まりましたが、この火事で2階建て住宅の一部が焼け、なかから1人の遺体が見つかりました。この家に1人で住む60代の男性と連絡が取れていないということで、警察は、亡くなったのがこの男性とみて身元の確認を進めるとともに火の出た原因を調べています。

北海道 2020.11.27 05:59

はねられた女性が死亡 自転車と衝突の運転手「ブレーキ踏んだが」

札幌市北区の交差点でトラックと自転車が衝突する事故があり、自転車に乗っていた女性が死亡しました。 札幌市北区麻生町2丁目で26日午前9時半ごろ、丘珠空港通りを地下鉄麻生駅方面に走行していたトラックが、交差点を渡っていた自転車と衝突しました。 この事故で自転車に乗っていた斉藤田喜子さん(77)が病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。 警察はトラックを運転していた糟谷詩菜容疑者(25)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。 糟谷容疑者は「自転車を見つけてブレーキを踏んだが、ぶつかってしまった」と話しているということです。現場は信号機のない交差点で、警察が事故原因を調べています。

北海道 2020.11.26 18:59

「集中対策 延長戦」27日からの「コロナ対策 強化ポイント」

27日までの集中対策期間を、12月11日まで延長します。札幌市内全域の接待を伴う飲食店へ休業要請します。すすきの地区の飲食店には時短要請を継続します。協力支援金は休業60万円、時短営業は30万円となっています。 この間、接待を伴う飲食店の利用を控えるよう道民に呼びかけています。 GoToイートについては11月30日から12月15日まで、食事券の販売を停止します。

北海道 2020.11.26 18:53

小樽・花園小学校でクラスター 北海道256人感染 過去3番目

新型コロナウイルス最新情報です。北海道では256人の感染が確認されました。 25日は100人を下回った札幌市ですが、26日は137人となりました。うち、感染経路不明は51人です。 死亡した7人はすべて札幌市で、札幌市の過去最多の死亡者数となりました。 旭川市では33人の感染が確認されました。経路不明は2人です。函館市で5人、石狩管内で29人、空知管内で5人、後志管内で4人、胆振管内で3人、渡島管内で7人、檜山管内で7人、上川管内で4人、留萌管内で1人、十勝管内で6人、釧路管内で7人、その他1人です。 奥尻島では25日までに8人の感染が確認されています。感染者は海上保安庁の船で島の外の病院に運んで、治療を受けているということです。 札幌市のクラスターです。26日新たなクラスターの発表はありませんでしたが、すでに確認されているクラスターが拡大しています。 老人ホーム・ドリームハウスで1人増え110人。タナカメディカル札幌田中病院では15人増えて111人。手稲渓仁会病院では4人増えて33人です。 旭川市のクラスターも拡大を続けています。吉田病院では新たに9人の感染が確認されて、道内最大の125人のクラスターになりました。旭川厚生病院でも新たに20人の感染が確認されて、82人のクラスターです。 小樽市立花園小学校では児童5人、教職員2人のあわせて7人の感染が確認されてクラスターと認定されました。 北海道の発生状況です。25日に1日の感染者が200人を下回りましたが、26日は再び200人を超えて256人になっています。 26日をあわせて道内では累計の感染者数が8000人を超えています。

北海道 2020.11.26 18:49

「GoTo札幌出発も除外を」政府分科会が提言

GoToトラベルの対象から札幌が外れたことで「GoToトラベル」を使って札幌に来ることが出来ませんでしたが、逆に札幌から出発するものについては、感染拡大地域でなければ可能でした。 しかし25日の分科会で尾身会長は、より強い対策を提言しました。札幌から出発する「GoTo」に関しても除外するよう提言をしました。 「医療提供体制に大きな支障が出ることを避けるための対応が必要とされる」のが国が定めるステージ3と位置付けられていますが、すでに札幌はステージ3相当だとして迅速に対策をとるよう求めました。

北海道 2020.11.26 17:13

キャンセル相次ぎ「臨時休業」 GoTo「札幌除外」で見えない出口

「GoToトラベル」札幌除外の波紋はさらに広がっています。定山渓温泉のホテルが臨時休館を決めたほか、「GoToイート」についても販売を一時停止する方向で調整が進んでいます。 秋に入ってから観光客が戻りつつあった札幌の定山渓温泉。しかし、「GoToトラベル」の対象から札幌が除外され、温泉街は深刻な事態に陥っています。 (田邊記者)「お昼時の定山渓温泉街です。観光客の姿がありません」 多くの宿泊客が利用する「定山渓万世閣 ホテル ミリオーネ」では、予約のキャンセルが相次ぎ、12月2日から15日まで臨時休館することを決めました。ホテルによるとこの期間、3000人分の予約が入っていたということです。 温泉客に人気の、札幌名物、味噌ラーメン。こちらのラーメン店は、新型コロナの影響で去年と比べ、売り上げが半分以下に落ち込みました。期待をかけていた「GoToトラベル」の札幌除外に落胆しています。 (食堂こんの 近野美智子さん)「なんたって先が見えない。こういう状態だから。(感染者)増えてくるようだったら休業せざるを得ない。それくらいのことをして協力しなきゃならんと思うよ」 地元の観光協会では。 (定山渓観光協会 長谷川信之事務局長)「温泉街としてはキャンセルや休館も出ることになり、大変残念に思っている。年末年始までに何とか回復してもらう。また再開という形が一番望むところ」 感染拡大が続く札幌市。「GoToトラベル」について25日夜、政府の分科会では。 (政府分科会 尾身茂会長)「GoToトラベル事業の一時停止を行うこと。当該地域(札幌市など)からの出発分についても検討していただきたい。そこから出ないということが非常に重要」 目的地だけでなく、札幌発の旅行も一時除外するよう政府に検討を求めています。 観光客が訪れる二条市場にも影響が広がっています。道などは、飲食店を支援する「GoToイート」の「プレミアム商品券」の販売も一時停止する方向で調整を進めています。 豪快な海の幸が、自慢の飲食店では「GoToイート」が始まってから売り上げが前年の6割まで回復しただけに、肩を落としています。 (大磯 大宮和彦専務)「お客様がチケットを使ってこられていたと考えると、非常に大きな打撃になる」 1冊8000円で1万円分使用できる「GoToイート」。道は、今月30日から12月15日まで販売を一時停止するほか、すでに販売済みの食事券について札幌市内での利用を控えるように呼びかける方針です。 (大磯 大宮和彦専務)「一日も早く収まっていただきたい。たくさんのお客様に味わっていただきたい」 先行きが見通せない札幌の観光地では、もうしばらく我慢が続きそうです。

北海道 2020.11.26 17:09

「南だけではなく北も」アルコール自粛要請拡大 狸小路は東西も

対策期間の延長で、札幌市中心部でアルコール提供の自粛を要請しているエリアが広がります。 午後10時以降のアルコール提供の自粛を要請しているすすきの地区の範囲ですが、これまでよりも拡大されました。 すすきのエリアの北の境界線だった狸小路に注目すると。これまでは、狸小路の南側までがすすきのエリアとしていましたが、今後は狸小路の北側も範囲に含まれます。 さらに、東西の範囲もそれぞれ1丁拡大されます。

北海道 2020.11.26 17:01

ママのため息「1晩に客1~2組」対策期間延長で「消える売上」と「増える我慢」

鈴木知事が表明する道の集中対策期間延長の方針を受け、札幌市内の夜のマチなどには落胆とあきらめの声が広がっています。 (森永記者)「午後7時です。先週までは写真をとる観光客がいたが、きょうは人の姿はない」 すでに時短営業や酒類提供時間の制限など、感染予防策が強化されているすすきの。こちらのスナックではいま道や市の要請を受け、午後10時までの時短営業となっています。店内では感染予防策をとっていますが、1晩に店を訪れる客は1組か2組に激減。12月11日までという集中対策期間延長の方針が追い打ちをかけます。 (スナック・カサグランデ 加藤晶子さん)「驚いています。ショックですね。客が来てくれないとどうしようもない。だから我慢の時ですね」 道産の牛タンが人気の居酒屋です。いま午後10時をラストオーダーにして要請にこたえていますが、5人以上の宴会予約はキャンセルが続いています。テイクアウトを利用する客にも支えられ、いよいよ28日から通常営業、と意気込んでいた矢先に、集中対策期間の延長。あきらめの声が聞かれました。 (鈴の屋 深谷仁博社長)「何があっても店を開けるというプライドがある。行政の許しが出ている範囲はやりたい。ちょっとでも(すすきのの)イメージを回復したい」 今回の集中対策では酒類提供時間の制限する範囲が拡大しました。 (久保アナウンサー)「南側だったのが北側にも範囲が広がります」 札幌市の狸小路商店街にあるこちらの居酒屋。これまで自主的に酒類の提供時間を制限してきましたが、今後は行政による午後10時以降の酒類提供自粛の要請対象となります。支援金の対象となるものの心境は複雑です。 (お刺身居酒屋・瑠玖 山口哲生さん)「なお一層(狸小路の)イメージが悪くなるのかなと。こんなこと言ってはあれですが、狸小路はすすきのとは違うのにな」 忘年会シーズンを目前にした厳しい要請に飲食店からは落胆が広がっています。

北海道 2020.11.26 16:57

「なんとしても年内に」集中対策期間延長12月11日まで 広がるエリアと強まる要請

こうした感染拡大を受けて北海道は、27日までの予定だった集中対策期間の延長を鈴木知事が表明します。 北海道の集中対策期間は12月11日までに延長されます。札幌は警戒ステージ4相当維持。それ以外の地域は3維持。更なる対策強化として市内全域の接待を伴う飲食店に休業要請。 すすきの地区の飲食店に対しては引き続き、午後10時以降のアルコール提供の自粛を要請。狸小路については前回の時短要請は西2丁目から西6丁目の南側の店舗が対象だったが、今回はさらにエリアを拡大し、1丁目から7丁目の店舗にも要請をします。 そして、休業要請や自粛要請に合わせて客にも要請に応じない店を利用しないなどの行動制限を要請する方針です。 具体的な要請案を見ていきましょう。札幌市全域の接待を伴う飲食店、キャバレーやスナックなどを対象に休業を要請します。支援金は60万円で調整が進められています。 すすきの地区と狸小路のアルコールをメインに提供する店、バーやナイトクラブについては、営業時間を午後10時までとする時短要請を継続します。 カラオケ店や居酒屋、料理店などについても、アルコールの提供を午後10時までとする対策を継続します。支援金はそれぞれ1店舗につき30万円で調整中です。 更なる対策を強化するすすきの地区ですが、夜の街関連の感染者数は減っているのでしょうか? 発生状況を見ていくと営業時短要請が出された今月7日以降、しばらくは連日2桁の感染者が確認されましたが、先週から感染者は1桁となりゼロの日も出てきた。26日は2人でした。 営業時短要請から2週間以上が経過し、対策の効果が出てきたという見方もできる。道と札幌市は28日からさらに対策を強化し、なんとしても年内に感染拡大を押さえ込みたい考えです。

北海道 2020.11.26 16:51

ふたたび「200超」新型コロナウイルス256人確認 過去3番目の感染者数

北海道内では26日、256人の感染が確認されました。 25日に100人を下回った札幌市ですが、26日は再び100人を超えました。このうち、感染経路不明は51人です。 これまでに確認されている死者は7人で、札幌市として過去最多です。旭川市では33人の感染が確認されました。経路不明は2人です。函館市で5人、石狩管内で29人、空知管内で5人、後志管内で4人、胆振管内で3人、渡島管内で7人、檜山管内で7人、上川管内で4人、留萌管内で1人、十勝管内で6人、釧路管内で7人、その他1人です。 奥尻島では25日までに8人の感染が確認されているということです。感染者は海上保安庁の船で島の外の病院に運び、治療を受けているということです。 北海道は26日午後6時半から会見を開き、詳細を発表する予定です。 札幌市では新しいクラスターの発表はありませんが、すでに発表されているクラスターが拡大しています。 老人ホームドリームハウスで1人増えて110人。タナカメディカル札幌田中病院では15人増えて111人。手稲渓仁会病院では4人増えて33人です。 旭川市のクラスターも拡大しています。吉田病院では新たに9人の感染が確認され、道内最大の125人です。旭川厚生病院でも新たに20人の感染が確認され、82人です。 小樽市の小学校でも新たにクラスターが発生したということで、小樽市では26日午後5時からの会見で詳細を発表するとしています。 北海道の発生状況です。25日、1日の感染者が200人を下回りましたが、26日は2日ぶりに再び200人を超えました。また、26日で道内の感染者の累計が8000人を超えています。

北海道 2020.11.26 16:21

丘珠空港通りでトラックが自転車はねる 女性が意識不明

札幌市北区でトラックと自転車が衝突する事故があり、自転車に乗っていた女性が意識不明の重体です。 札幌市北区麻生町2丁目で26日午前9時半ごろ、丘珠空港通りを地下鉄麻生駅方面に走行していたトラックが自転車と衝突しました。 この事故で自転車に乗っていた60代から70代くらいとみられる女性が病院に搬送されましたが意識不明の重体です。 警察はトラックを運転していた女を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕して、事故の状況を詳しく調べています。

北海道 2020.11.26 12:19

「バット男 逃走中」近隣小学校は警戒のなか登校

札幌市中央区で25日、64歳の男性が男にバットで殴られけがをする事件がありました。男は現在も逃走中で付近の小学校では警戒態勢の中で子供たちが登校しました。 現場の近くにある小学校では子供たちの登校を保護者や教員らが見守りました。 (保護者)「ちょっと心配なんですけど、朝と帰りに迎え(一緒に)登下校して様子を見ようかと」 この事件は25日午後3時半ごろ、中央区宮の森2条15丁目にあるマンションの駐車場で、帰宅した64歳の男性が男にバットで両足を複数回殴られ、軽傷を負いました。 男は身長180センチメートル、紫色のジャンパーにつば付きの帽子をかぶり覆面をつけていたということで現在も逃走しています。警察は引き続き現場での聞き込みなどを中心に捜査を進めることにしています。

北海道 2020.11.26 12:16

「プレミアム食事券」一時停止へ 販売済み券も利用控える呼びかけへ

飲食店を支援する「GoToイート」の「プレミアム付き食事券」について、北海道などは30日から来月15日まで、販売を一時停止する方向で調整していることがわかりました。 北海道商工会議所連合会によりますと「GoToイート」の「プレミアム付き食事券」について、道内での販売を30日から来月15日まで一時停止するほか、すでに販売済みの食事券について札幌市内での飲食店での利用を控えるように呼びかける方向で調整しているということです。 食事券は新型コロナの感染拡大で甚大な影響をうけた飲食店を支援する取り組みで、1冊8000円で1万円分使用でき、道内6500店舗で利用することができます。 25日までにおよそ21万5千冊が販売済みとなっています。

北海道 2020.11.26 12:11

男性線路に飛び込みか 特急列車と衝突 エアポートなど運休

JR函館線の白石駅構内で、男性が特急列車にはねられる事故がありました。 函館線や千歳線は運転を再開しましたが、札幌と新千歳空港を結ぶ快速エアポートが運休するなど影響が出ています。 JR北海道によりますと26日午前9時すぎ、札幌市白石区平和通のJR函館線・白石駅構内で、年齢不明の男性が旭川行きの特急カムイ7号にはねられました。 男性は死亡が確認されましたが、列車の乗客らおよそ50人にけがはありませんでした。 この事故で函館線と千歳線は一時運転を見合わせ、午前11時20分すぎに再開しましたが、札幌と新千歳空港を結ぶ「快速エアポート」や普通列車などこれまでにあわせて69本が運休しました。 警察は、男性が線路に飛び込んだとみて事故の原因を調べています。

北海道 2020.11.26 12:08

「狸小路北側」にも要請拡大へ 北海道181人感染 死亡6人

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北海道は27日までの集中対策期間を12月11日まで2週間延長する方針を固めました。 道は今月28日以降も札幌市の警戒ステージ4相当、その他の地域のステージ3を維持し、集中対策期間を来月11日まで延長する方針を固めました。 対策期間延長に伴い、すすきの地区の居酒屋などの飲食店などに対し午後10時以降のアルコール提供の自粛要請を継続します。新たに狸小路1丁目から7丁目の北側の店舗にも自粛を要請する見通しで、要請に応じた店舗には協力金を上積みする方針です。 さらなる対策強化として札幌市内全域のニュークラブやホストクラブなど接待を伴う飲食店に対し休業を要請する方針です。休業要請などに合わせて利用者には店舗に行かないなどの行動制限を要請する見通しです。 全道民に対しては重症化するリスクが高い高齢者などと接する場合には感染対策をさらに徹底するよう呼びかけます。 25日は、札幌で感染者が75人と100人を下回りましたが、道内ではあわせて181人の感染が新たに確認されました。また死者もあわせて6人にのぼっています。

北海道 2020.11.26 09:49

車から降りた直後に襲われる「紫ジャンパーの男」逃走中

25日午後3時半ごろ、札幌市中央区宮の森2条15丁目の駐車場で、64歳の男性が男に棒のようなもので両足を複数回殴られ、けがをする事件がありました。 男性は外出先から帰宅して車から降りたところ、男に襲われました。 警察によりますと、男は身長180センチメートルくらいの中肉で、紫色のジャンパーに黒のズボンをはいていてつば付きの帽子と覆面をつけていたということです。 男は現在も逃走中で、警察で男の行方を追っています。

北海道 2020.11.25 18:58

ゴールは「20年後」 「核のごみ」日本初の調査は「顔の見える関係」

「住民との対話」を強調しました。いわゆる核のごみの最終処分場選定に向けた文献調査が始まっている北海道・寿都町と神恵内村を事業を担当するNUMOが訪問しました。 (中内記者)「NUMOの伊藤理事が寿都町役場に到着しました」 寿都町の片岡町長のもとを訪れたのはNUMO原子力発電環境整備機構の理事。今月17日に文献調査が始まってから初めての会談です。 (NUMO 伊藤真一理事)「いよいよ文献調査に入るということになりましたので、これを機会におじゃました」 NUMOは経済産業省所管の組織で日本で唯一、最終処分事業を進めています。寿都町の文献調査は、核のごみの最終処分地として適切かどうか「東京」で論文や地質図などを使って調査します。 事業を進めるNUMOにとって大切になってくるのが「地元の理解」です。25日、その計画が明らかになりました。 (NUMO 伊藤真一理事)「地元の人に顔が見えるような場所をつくりたいと思っていまして。職員とコミュニケーションを図れる場所を想定してなるべく早く設けたい」 NUMOは今後、寿都町に職員数人が常駐する「対話の拠点」を作ると説明。窓口となる職員はなるべく変えず、「顔の見える関係」を作って町民の疑問や不安にこたえたいとしています。説明を聞いた片岡町長は、スタートラインに立ったと述べました。 (寿都町 片岡春雄町長)「まずスタートラインに立って、いままで以上に緊張しています。地域住民に受け入れられなかったら大変な話だし緊張感でいっぱい」 寿都町に先立って訪れた神恵内村でも、NUMOは対話の拠点を構えたいと高橋村長に説明しました。 (神恵内村 高橋昌幸村長)「対話の場が重要だと思いますので、NUMOの最大限の協力をお願いしたい」 もし地元の理解を得たとして、すべての調査が終わるのは20年後。それを見据えてか、NUMOは今月子どもたちとの対話をすでに始めています。 具体的に動き始めた文献調査。しかし反対意見も根強く、住民の理解を得られるのかが課題となります。

北海道 2020.11.25 18:53

「インフルワクチンが足りない」コロナ感染拡大の北海道 「在庫これだけ」その理由

インフルエンザのワクチンが不足しています。例年インフルエンザの予防接種が多い時期ですが、ことしは新型コロナウイルスの影響ですでにワクチンの在庫が底をつく病院が相次ぎ、対応に苦慮しています。 札幌市内のクリニックです。インフルエンザワクチンの在庫を見せてもらうと。 (クリニック・イン・ザ・モーニング 岡田純一院長)「インフルエンザワクチンはこの時期たくさんあるはずなんですが、残念ながら現時点で当院にあるインフルエンザの在庫はこれだけ」 残りのワクチンは高齢で持病を持ったかかりつけ患者用の分だけ。追加の納入も見込めず、一般外来分の予約は中止しています。 原因はワクチン接種を、希望する人の急増。新型コロナの影響で例年よりおよそ3割も増加したといいます。 (岡田純一院長)「コロナウイルス流行の時期がインフルエンザ流行の時期と重なる可能性があるので、少しでも予防できるところを予防しておきたいという気持ちから需要が高まったものと思われる」 札幌市内のこちらの病院でもすでに一般外来用の在庫はゼロ。この日打っていたのは病院で働く職員用に残していたワクチンでした。 (南札幌病院 服部直毅理事)「今まで打ったことがないという70代以上の方も結構来られていた。11月中旬までに(ワクチンが)全部なくなるということは今まで考えられなかった」 道民からはワクチンを受けたくても受けられないとの声が聞かれました。 (摂取できなかった人)「今回こういう状況なので受けようかなと思っているのですが、かかりつけの病院に(在庫が)なくて、また入ってくると先生が言っていたから、それを待とうかな」 厚生労働省よりますとことしは過去5年間で最も多い3322万本のワクチンを用意。12月上旬にかけて残りのおよそ200万本を出荷するため、十分な量を供給できるとしています。 専門家はワクチンが新たに供給されるまで新型コロナと同じ感染対策をしっかりやるべきだと話します。 (クリニック・イン・ザ・モーニング 岡田純一院長)「基本的にはコロナウイルスの対策と大きくかわらないと思います。体力を維持すること、マスク、うがいや手洗い、それから人混みを避ける、こういった基本的なことが大切ではないかと思います」 厚労省によりますと現時点ではインフルエンザの感染者は非常に少ないということですが、新型コロナの感染拡大が続くなか手洗いやうがい、マスクの着用といった基本的な感染対策を徹底することが重要です。

北海道 2020.11.25 18:48

「マガモから鳥インフル」養鶏場などで監視強化へ

北海道・倶知安町で死んだマガモから鳥インフルエンザの陽性反応が確認されました。道は対策会議を開き今後、監視を強めることを確認しました。 道によりますと今月17日に倶知安町で見つかったマガモ1羽の死骸を遺伝子検査したところ鳥インフルエンザの陽性反応があったということです。 現在詳しい検査を進めていますが、これまでのところ付近で野鳥が死んでいるなどの異常は報告されていません。 道は25日に関係部署を集めた対策会議を開き、養鶏場などで監視を強めることなどを決めました。また情報の共有や道内で発生した際の対応などについても確認しています。

北海道 2020.11.25 18:20

「札幌からのGoToはOK」割引対象どんなとき?

政府は「GoToトラベル」の対象から札幌市を除外することを正式に発表しました。 これで札幌市以外の道内、そして道外の方々は「GoToトラベル」を使って札幌に来ることはできなくなります。 一方で札幌に住む人が「GoToトラベル」を利用して道内外の感染拡大地域(現状であれば大阪市)以外に宿泊する場合は、GoToの対象となり、割引が受けられます。 この措置に関して国土交通省の赤羽大臣は「今回は、重症患者が多くて医療的負荷が厳しい地域に観光で行かれて医療的な負荷をかけることを避けるのが除外の目的だ」としています。 見直しに関する今後のスケジュールです。まず、新規の予約に関しては12月15日までは割引の対象外となります。既に予約済の旅行に関しては、12月1日までの予約に対しては周知期間として割引の対象にはなりますが、12月2日から15日の到着分については対象外となります。 既に予約している方について、12月3日深夜12時までにキャンセルすればキャンセル料は国が負担し無料になるということです。

北海道 2020.11.25 17:03

「数日で満床も」感染最多更新の旭川 軽症者向け療養所スタート

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、25日も過去最多の44人が感染した北海道・旭川市で、軽症者や無症状者向けの宿泊療養所が設置され運用が始まりました。 25日から運用が始まった宿泊療養施設は道が開設し、旭川市内のホテルを借り切って軽症者や症状のない患者およそ90人を受け入れることができます。 旭川市では病院での集団感染・クラスターが拡大し、25日も過去最多となる44人が感染するなど、医療体制がひっ迫しています。 旭川市の西川市長は、24日の会見で「借り上げたホテルが数日で満床になる可能性がある」と危機感を示し、市独自で宿泊療養施設を設置することも検討しています。

北海道 2020.11.25 17:00

17日ぶりの「100人以下」札幌の感染者75人 旭川は過去最多

北海道内ではこれまでに177人の感染が確認されています。 札幌が75人で、1日の感染者が100人を下回ったのは今月8日以来17日ぶりとなります。リンク不明は29人です。 旭川市ではこれまでで最多となる44人の感染が確認され、経路不明5人です。 函館市で3人、石狩管内28人、後志管内2人、空知管内6人、上川管内2人、渡島管内1人、宗谷管内1人、十勝管内8人、釧路管内6人、その他1人です。 死者は札幌3人、旭川で1人の計4人確認されています。 小樽市は25日午後5時に感染者の発表予定です。 札幌市では新たなクラスターが2つ発生しました。市内の病院では入院患者7人、職員4人の合わせて11人が感染しました。高校でも生徒28人、教員1人の合わせて29人が感染しました。 この2つのクラスターは濃厚接触者が判明しているため名称は非公表です。 拡大しているクラスターは老人ホームドリームハウスで2人増え109人、タナカメディカル札幌田中病院では10人増え96人、手稲渓仁会病院では16人増え29人です。 旭川市でもクラスターが発生しています。高齢者施設では入所者2人、職員4人の計6人が感染しました。 病院のクラスターの拡大が止まりません。吉田病院では新たに11人の感染が確認され、道内最大の116人のクラスターになりました。旭川厚生病院でも新たに10人の感染が確認され、感染者は合わせて62人となっています。 札幌の発生状況です。今月9日から24日まで16日連続で1日の感染者が100人を超えていましたが25日、17日ぶりに75人と100人を下回りました。 今月7日に警戒ステージが3に引き上げられましたが2週間が経過し、その効果が出てきたのでしょうか。26日以降の感染者数に注目です。

北海道 2020.11.25 16:56

「札幌行かないです」GoTo除外12月15日まで ホテルキャンセル「100件以上」回復基調に大打撃

政府が「GoToトラベル」からの札幌市の一時的除外を24日決定したことを受けて、旅行会社やホテルは朝から対応に追われています。 北海道の空の玄関口・新千歳空港。25日、空港に降り立った観光客からは札幌の観光に不安の声が。 (GoTo利用・京都からの観光客)「札幌行かないです。(ツアーに)札幌が入っていなかったから旅行に行こうと思った」 (GoTo利用・愛知県からの観光客)「札幌市がダメってことなので、小樽とか登別に行く予定なので、そっちのほうなら大丈夫かと思って来た」 (GoTo利用・神奈川県からの観光客)「美瑛と札幌と小樽に行こうかと思っています。(除外は)想像していなかったのでびっくりしています」 (西村経済再生相)「札幌市及び大阪市を目的地とする旅行について、一時的に対象から停止」 24日、政府が発表した「GoToトラベル」からの札幌市の一時除外。札幌を目的地とする旅行について、新規予約は12月15日まで割引の対象外に。 予約済みについても、12月2日から15日の到着分については、同じく対象外になります。すでに予約している人は12月3日の深夜12時までであれば、キャンセル料が無料になるということです。 発表をうけて、JR札幌駅の間近にあるホテルではキャンセルが相次ぎました。 (京王プレリアホテル札幌 増田裕介支配人)「きのうときょうをあわせると100件以上のキャンセル。本当に厳しい状況になってしまった」 (電話対応)「取消承らせていただきます。取消が立て込んでいるので、12月下旬ごろに返金手続きとらせていただきます」 札幌市内の旅行代理店でもあさから対応に追われていました。 (北海道ツアーズ 矢木将秋統括次長)「割引があるから旅行する人が多い。客のほぼ100%が(GoToトラベル)キャンペーンを利用しているので、(札幌を除外するのは)ここに来てかなり痛手」 この旅行代理店では、25日だけで14件のキャンセルがあったといいます。国がキャンセルされた旅行代金の35%を負担するとしていますが、事業者は厳しい対応を迫られています。 二条市場にある飲食店です。北海道の海の幸を存分に楽しめる海鮮丼が人気です。10月から活気が戻りつつあったなかでの除外に諦めも。 (レイジックス外食事業部 大野大輔統括マネージャー)「道外からの客が増えて活気もでて、ようやくよかったと思っていたけど。現状考えるとしかたないのかな」 道民の旅行代金を補助する「どうみん割」の一時停止や、札幌市内での「GoToイート」の見直しについても検討されていて、影響がさらに広がる懸念もあります。 北海道観光の要ともいえる札幌での「GoToトラベル」の一時停止。札幌だけではなく、道内全体の観光に大きな打撃を与えそうです。

北海道 2020.11.25 16:34

無罪主張で懲役9年 母親が判決を不服として控訴 2歳児衰弱死事件

札幌で2歳の女の子が衰弱死した事件で、1審で懲役9年の判決を受けた母親が判決を不服として控訴しました。 控訴したのは池田莉菜被告(22)です。池田被告は去年5月から6月までの間、長女の詩梨ちゃん当時2歳に十分な食事を与えず、交際していた藤原一弥被告の暴行によって負ったけがも治療せずに放置し、衰弱死させたとして懲役9年の判決をうけました。 池田被告は裁判中一貫して無罪を主張していて、札幌地裁によりますと、判決を不服として20日付で池田被告が控訴し25日受理したということです。 交際していた藤原被告は懲役13年の判決を受けていて、同じく控訴しています。

北海道 2020.11.25 13:25

集中対策期間延長は「2週間程度」札幌全域でアルコール飲食店の利用自粛も検討

感染拡大をうけて北海道は、27日までの「集中対策期間」を2週間程度延長する方針です。現在、すすきのの接待を伴う飲食店への時短営業の要請継続など具体的な対策について協議が進められています。 道内での1日の新型コロナウイルスの感染者は1週間連続で200人を超え、札幌では16日連続で100人を超え感染拡大が続いています。 この状況をうけ、道は27日までの集中対策期間を2週間程度延長する方針です。 延長した場合の具体的な対策として協力金を上積みした上ですすきのの接待を伴う飲食店への時短営業の要請継続や、札幌市全域で夜間の一部時間帯にアルコールを提供する飲食店の利用を自粛するよう要請する案などが浮上していて、協議が続けられています。

北海道 2020.11.25 13:21

「GoTo」一時除外の余波 「どうみん割」も停止検討

「GoToトラベル」の札幌市の一時除外に合わせ、北海道が「どうみん割」の一時停止を検討していることがわかりました。25日から始まった道議会で議論される見通しです。 6月末から始まった「どうみん割」は、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光産業の起爆剤として道民の旅行代金を補助する目的で導入されました。 政府が24日札幌市を目的地とする旅行について「GoToトラベル」の対象から一時除外したことを踏まえて、道は、除外される期間「どうみん割」を利用した新規予約や予約済みの旅行で割引をしないことを検討しているということです。 25日開会した定例道議会でも「GoToドラベル」一時停止をめぐる知事の判断や、「どうみん割」一時停止での事業者への補てんなどについて具体的な内容が議論される見通しです。

北海道 2020.11.25 13:17

「気づくのが遅れた」高齢女性はねられ死亡 現場は信号機や横断歩道がない片側2車線の道路

旭川市で24日、道路を横断していた高齢の女性が乗用車にはねられる事故がありました。女性は搬送先の病院で死亡しました。 事故があったのは旭川市豊岡12条4丁目の道道です。24日午後4時半ごろ、道路を横断していた桜井ナミ子さん94歳が、左から来た乗用車にはねられました。 桜井さんは病院に搬送されましたがまもなく死亡しました。警察は、乗用車を運転していた留萌市の斉藤佑亮容疑者32歳を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。 斉藤容疑者は「気づくのが遅れた」と話し、容疑を認めているということです。 現場は信号機や横断歩道がない片側2車線の道路で、警察は事故の原因を調べています。

北海道 2020.11.25 09:54

「迫力を楽しみたい」3代目ガリンコ号 紋別港で船の内覧会 3階を増設し見晴らし良く 来年1月9日から3月31日まで運行予定

オホーツクの流氷砕氷船「ガリンコ号」の新しい船が24日、紋別港に到着しお披露目されました。より快適なクルージングが期待できそうです。 24日入港したのは、新しい流氷砕氷船、3代目の「ガリンコ号」です。紋別港で船の内覧会が開かれました。 (見学した人)「(流氷の)迫力を楽しみたい。早く流氷が来ると良いね」 大分県の造船所で建造された新しい「ガリンコ号」は、従来の船と比べ、座席数がおよそ100席増えて、235席に。さらに3階を増設して、見晴らしを良くしました。 今シーズンの運航は来年1月9日から3月31日までの予定です。

北海道 2020.11.25 09:54

【GoTo札幌除外は12月15日まで】予約済み旅行12月1日までの出発分は割引対象 2日以降は対象外に

GoToトラベルキャンペーンについて、札幌市の一時停止が決定しました。12月15日までの措置ですが、予約済みの旅行は12月1日までの出発分は割引対象となります。 (鈴木直道北海道知事)「札幌市内におけるGoToトラベルの一時停止はやむを得ないと判断し、国に伝えたい」 道の対策本部会議で鈴木知事は、GoToトラベルの一部地域除外について、札幌市に限って受け入れることを決定しました。 政府は関係閣僚会議を開き、一時停止の具体的な内容が話し合われました。 (赤羽一嘉国土交通相)「12月15日までに出発する旅行について、新規予約を本事業除外します。キャンセル料については、旅行者に負担がかからないようにします」 さらに会議では、すでに予約済みの旅行について12月1日までの出発分は割引対象とし、それ以降は対象外とすることや、キャンセルを受けた宿泊事業者に対し、宿泊代金の35%を国が補填することが決められたということです。

北海道 2020.11.25 09:54

18歳少年運転の乗用車が電柱に衝突 同乗の専門学校生が死亡 片側3車線の見通しのよい直線道路 スピードを出していた可能性も含め捜査

札幌市北区の道道で24日夜、18歳の少年が運転する乗用車が電柱に衝突する事故があり、同乗していた19歳の専門学校生が死亡しました。警察は、乗用車がスピードを出していた可能性も含めて捜査しています。 折れ曲がった電柱に、2つに引きちぎられた乗用車。右の側面を残し乗用車は燃えてしまいました。 事故があったのは、札幌市北区篠路町拓北の道道で、24日午後11時40分ごろ、札幌中心部方向に走行していた乗用車が電柱に衝突しました。この事故で乗用車を運転していた18歳の少年と、同乗していた札幌市東区の山本竜也さん19歳の2人が病院に運ばれましたが、山本さんは死亡しました。 現場は片側3車線の見通しのよい直線道路で、当時、路面は乾いていたということで、警察は、乗用車がスピードを出していた可能性も含めて捜査しています。

北海道 2020.11.25 09:54

「気づくのが遅れた」運転手を逮捕 はねられた女性が重体

24日午後4時半ごろ、北海道・旭川市豊岡12条4丁目付近で、信号や横断歩道がない場所を横断していたとみられる女性と車が衝突する事故がありました。 消防によりますと、女性は意識不明の重体で病院に搬送されたということです。 警察は運転手の男を現行犯逮捕しました。男は「気づくのが遅れた」と話しているということです。

北海道 2020.11.24 19:02

「信用できる先生たくさんいる」クラスター発生の旭川厚生病院 すべての外来診療休止

新型コロナウイルスの集団感染・クラスターが発生している旭川厚生病院では、24日からすべての診療科で外来診療を休止しています。 旭川厚生病院のクラスターでは、52人の感染が確認されています。病院は救急診療の受け入れをやめているほか、24日からすべての診療科で外来診療を休止していて、予約がある患者に個別に連絡して、病院の外で薬を受け渡すなどの対応をとっています。 (薬を受け取りに来た人)「スムーズに受け取れました。信用できる先生がたくさんいるので、早く元どおりになってほしい」 外来診療の休止は今月29日までの予定ですが、状況によっては再開を延期する可能性もあるということです。

北海道 2020.11.24 18:19

「吹き出す煙と炎」必死の消火活動 住宅全焼 住人軽傷

北海道・苫小牧市の住宅街で火事がありました。この火事で住宅一棟が全焼し1人が軽傷を負い、現場近くは一時騒然となりました。 崩れ落ちる壁、勢いよく噴き出す煙と炎、消防隊の必死の消火活動が続きました。 火事があったのは苫小牧市末広町2丁目の一般住宅です。24日午前11時半頃、付近の人から「住宅の2階部分から火が出ている」と消防に通報がありました。 消防によりますとこの火事で住宅1棟が全焼し、この家に住む60歳代の男性1人が逃げる際に煙を吸って病院に運ばれましたが、軽傷とのことです。 現場は住宅街の一角でしたが、周辺への延焼は無いということです。警察と消防で火の出た原因を調べています。

北海道 2020.11.24 18:17

北海道内の死者6人に 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの最新情報です。24日、北海道内では216人の感染が確認されました。 札幌市で165人、うち感染経路不明の人は52人となっています。旭川市で13人、石狩管内で21人、十勝管内で6人などとなっています。 札幌で60代から90代の男女4人と、旭川で70代女性1人、道発表分の1人のあわせて6人の死亡も確認されています。 札幌では新たなクラスターも3件発生しています。サービス付高齢者向け住宅で13人、札幌北陵高校で14人、医療機関で35人となっています。

北海道 2020.11.24 18:12

ガールズバー「20万円では賄えない」警戒強化のすすきの 理想と現実のはざまの繁華街

札幌の警戒ステージが「4相当」となってから1週間、「感染リスクを回避できない場合」の外出自粛が呼びかけられていますが、市民の行動に変化はあったのでしょうか。 (森永記者)「地下鉄大通駅です。朝の時間帯ということもあって多くの人が利用しています」 24日午前8時半、地下鉄大通駅です。札幌市交通局によりますと、先週の平日における大通駅の平均乗客数は2週間前と比べ4千人ほど減少しましたが、全体の1割にも満たない数字です。 (専門学生)「混んでいますね。僕が乗るといつも座れないので立っています。つり革をつまないようにしていますけど不安ですね」 1週間前と比べても人の数はそれほど減っていないように見えます。 (パトロール)「22時から翌5時までのあいだ、酒類を提供する施設の利用を控えていただくようお願いします」 歓楽街のすすきのでは道と市が接待を伴う飲食店などを対象に、営業時間の短縮を要請をしています。「すすきの」の夜の人出は、警戒ステージ4相当前の1週間と比べ10%減少しています。しかし、職員が確認できた152店舗のうち要請に応じていたのはわずか60店舗。4割にも届いていません。 (時短要請に応じなかったガールズバーの経営者)「20万円という協力金では、うちのような店では全く割に合わない。正直光熱費も賄うことができないくらいじゃないですか。批判がすべてすすきにきている。働いている人も何万人もいるわけなので、対応をしっかりして欲しいです」 23日までの3連休、市民はどう過ごしのでしょうか? (市民)「本当は出かけたいんだけど、せっかくの3連休だから。でもじっと我慢して家にいました。夜は寒いから、ちょっとだけ豪華な鍋にして食べました」 (市民)「友人とドライブで遠出をする予定だったけれどやめました。動画を見たり映画を見たりゆっくりしていました」 「我慢の3連休」は外出を自粛する市民も多く、札幌での人の行動は変わりつつあるようです。

北海道 2020.11.24 17:26

「札幌から行き先変更」旅行代理店は朝から問い合わせ「GoTo」一時除外で揺れる札幌

感染拡大に伴い「GoToトラベル」から札幌などを「一時除外」する方向で検討が進んでいますが、政府はすでに予約済みの分もキャンペーンの適用から除外することになりました。札幌のホテルや旅行代理店などには困惑が広がっています。 (赤羽国土交通相)「感染拡大地域を目的地とする旅行について、新規予約の受付を停止する。既存の予約分についても事業による割引措置の対象から外す」 「GoToトラベル」を利用した札幌への旅行を3週間程度一時除外する方針について、赤羽国交相は24日、新規予約のみでなくすでに予約されたものもキャンペーンの適用から外し、キャンセル料は国が負担することを明らかにしました。 冷え込むが進むこれからの季節、雪見風呂など観光客を癒してくれるのが札幌の定山渓温泉です。GoToトラベルによる宿泊客を見込んでいたこちらのホテルでも、3週間をめどに予約済の客もキャンペーンから除外されます。 気がかりなのは札幌市民であってもキャンペーンの対象外となってしまうことです。 (敷島定山渓別邸 五ヶ市拡大さん)「最近の状況ですと道外客も少なくなってきたので、道内客も利用できないとなるとホテル業界ではかなり厳しい状況に」 札幌市中心部のホテルです。道独自の警戒ステージが「3」に引き上げられて以降、500件から600件ものキャンセルが相次ぎました。 さらなるGoToトラベルの札幌除外にキャンセルになった旅行代金の35%を国が負担するということですが、ホテルとしては従うしかありません。 (札幌ビューホテル大通公園 本田勇美夫副支配人)「少しでも力になれたら…。(感染拡大を)抑制するために除外するということについては、道の方向性に従ってしっかりと感染対策を取りたい」 札幌市内の旅行代理店では24日朝、営業開始とともに客からの電話が相次ぎました。GoToトラベルから札幌が除外されることを見込んだ問い合わせです。 (北海道ツアーズ 南幸裕チーフ)「すでに予約が入っているものを札幌から小樽とかあとは登別とか、温泉地に変更したいという問い合わせもありました。札幌を避けているんだなという客の気持ちは感じますね」 道は27日までの独自の集中対策期間について、以降も何らかの対策を打ち出す方針で、年末にむけ観光業界はさらに厳しさを増しそうです。

北海道 2020.11.24 16:26

「200人超え」1週間連続 北海道216人感染

新型コロナウイルスの最新情報です。24日、北海道内では216人の感染が確認されました。 札幌市で165人、このうち感染経路不明の人は52人となっています。旭川市で13人、石狩管内で21人、十勝管内で6人などとなっています。 札幌で60代から90代の男女4人と道発表分の1人のあわせて5人の死亡も確認されています。 札幌では新たなクラスターも3件発生しています。サービス付高齢者向け住宅で13人、札幌北陵高校で14人、医療機関で35人となっています。

北海道 2020.11.24 16:20

「GoToトラベル」一時停止を政府に伝える 「27日までの独自対策期間」以降も対策へ

政府が「GoToトラベル」から、札幌などの「一時停止」を検討し始めたことについて、札幌の旅行代理店などには困惑が広がっています。 鈴木知事は23日、「GoToトラベル」について札幌への旅行を3週間程度一時停止とする方針を政府に伝えました。札幌市内の旅行代理店は具体的な内容と旅行者、事業者への補償などが見えてこないと困惑しています。 (北海道ツアーズ 南幸裕チーフ)「(もどかしいのは)まだ何も決まってないというところ。もやもやした感じで待つことになるので、早めに(具体的に)決めてほしい」 宿泊客を当て込んでいた札幌郊外の温泉街では嘆きの声があがりました。 (本間幸子さん)「(ホテルに)キャンセルがあるって聞きますからね。(感染拡大が)おさまらないことにはだめかなと」 道は27日までの独自の集中対策期間について、以降も何らかの対策を打ち出す方針です。

北海道 2020.11.24 12:16

「路面がシャーベット状」冬の入り口北海道 事故相次ぐ

札幌市北区と奈井江町で車両同士の事故が相次ぎました。いずれも路面の雪がシャーベット状になっていたということで、警察で事故の原因を調べています。 24日朝7時ごろ、札幌市北区新川の新川大橋付近で軽乗用車が前の乗用車に追突する事故がありました。この事故で、軽乗用車の運転手が首などに軽いけがをしました。そのほか、現場近くでは2件の接触事故が相次いだということです。 札幌は未明から雪が降り当時路面はシャーベット状になっていたということです。警察は、スリップが原因の可能性もあるとみて調べています。 奈井江町では午前10時ごろ、軽トラックと乗用車が衝突する事故があり3人が病院に搬送されました。当時、路面の雪がシャーベット状になっていたということで、警察で事故の原因を調べています。

北海道 2020.11.24 12:11

「札幌ドームの生みの親」桂信雄元札幌市長死去

1991年から3期12年にわたり札幌市長を務めた桂信雄さんが16日、直腸がんのため亡くなっていたことがわかりました。90歳でした。 桂信雄元市長は1953年に札幌市役所に入り、教育長や助役を歴任した後、1991年に札幌市長に初当選、2003年まで3期12年にわたり市長を務めました。 1997年には清田区を創設したほか、札幌コンサートホール・キタラや札幌ドームの建設などに尽力し、ファイターズの誘致も実現しました。 桂元市長は今月16日、市内の病院で直腸がんのため90歳で亡くなりました。葬儀は近親者のみですでに執り行われたということです。晩年に顧問を務めた会社には12月23日まで記帳台が設置されています。

北海道 2020.11.24 12:07

「GoToトラベル」見直しで北海道知事 札幌限定など“条件付き”で容認へ

新型コロナ禍での観光支援事業「GoToトラベル」について政府が運用見直しの検討を進めていることを受け鈴木知事は対象地域を札幌市に限定するなど条件付きで容認する考えを示しました。 (鈴木直道知事)「札幌市内におけるGoToトラベル事業、一時停止について検討せざるを得ないと判断」 鈴木知事は政府の方針を受け「GoToトラベル」の予約の一時停止について地域を札幌市に限定することやキャンセル料を国が負担することなどを申し入れ早急な対応を求めました。道内では新たに206人の感染と3人の死亡が確認され札幌市では140人と1日の感染者が15日連続で100人を超えるなど感染が拡大しています。知事の判断を受け札幌市の秋元市長は。 (秋元克広札幌市長)「経済への影響が非常に大きい、これから年末年始に入って参りますので、できるだけ短い期間に限定していただきたい」 「GoTo」事業の一時停止の対象地域や期間などは近く国が判断します。

北海道 2020.11.24 08:55

「限界超えている」基幹病院で相次ぐクラスター 「北海道第2の都市」医療の現状

新型コロナウイルスの感染者が増えて、いま危機に立たされているのが北海道第2の都市・旭川市です。 新型コロナウイルスの感染者を受け入れている基幹病院でもクラスターが発生し、市内の医療機関では「医療態勢は限界を超えている」と危機感を募らせています。 ※詳しくは動画をご覧ください。

北海道 2020.11.23 18:43

「医療クラスター」拡大 札幌・旭川で100人超

新型コロナウイルス最新情報です。北海道内では206人の感染が確認されました。6日連続の200人超えです。 札幌市で140人、このうち感染経路不明の人は38人となっています。22日に40人と過去最多を更新した旭川市では22人です。 このほか函館市3人・石狩管内11人・空知管内5人・胆振管内3人・渡島管内2人・オホーツク管内3人・十勝管内10人・釧路管内4人・後志、日高で1人ずつ・その他が1人です。亡くなられた方も3人確認されています。 札幌では新たなクラスターが2つ発生しています。運輸業を営む会社の事業所で従業員5人が感染。有料老人ホームで入居者5人が感染。これで札幌市のクラスターは合計26となりました。 既にあるクラスターも拡大しました。老人ホームのドリームハウスでは、新たに2人確認され107人に。その他にも老人ホームや病院などでクラスターが拡大していて、旭川の吉田病院では新たに10人増えて104人となりました。

北海道 2020.11.23 18:19

「せきとのどの痛み」訴える女性患者 増える検査・陽性数 札幌の発熱外来「とよひら公園内科クリニック」

(藤本医師と患者)「症状はいつからですか?」「1週間くらい前から」「熱は一回もないんですよね」「せきがぜんそくかコロナかわからないから一応検査したほうが安心だと思います」 先週、せきやのどの痛みがあった患者に藤本先生が対応するようすです。距離を取って問診したあと、唾液をとり、PCR検査をした結果、女性は陰性でした。 藤本先生の病院では、今月に入ってからPCR検査をする患者が急増し、陽性者も多くなっています。 症状がある患者は、ほかの患者とは別室で診察し、さらに消毒を徹底して、院内感染を防ぐ対策を取りながら通常診療と発熱外来を平行して続けています。

北海道 2020.11.23 17:32

感染抑止の最前線「発熱外来」トップに聞く 「医療ひっ迫」本当の状況

11月5日から発熱外来を設けている「とよひら公園内科クリニック」の藤本晶子院長にお聞きします。いままさに最前線で新型コロナウイルスと対峙しています。 先生の病院でのPCR検査数はいまどのような状況なのでしょうか。また、気になるのは医療体制です。 ※詳しくは、動画をご覧ください。

北海道 2020.11.23 17:13

「不要不急の外出」自粛されたのか 札幌駅前・すすきの地区のデータからわかったこと

3連休の21日・22日の札幌の人出データです。 札幌駅前ですが、金曜日に比べて土曜日はマイナス16.8%、日曜日も土曜日とほとんど同じ人出と少し減っています。 すすきのは、土曜日は金曜日とあまり変わらず、22日は土曜よりもさらに減少。実は22日の人出は、感染拡大前のおよそ半分。 札幌市中心部に限っては、人の流れは減っているようです。

北海道 2020.11.23 16:53

「我慢の3連休 総決算」賑わう観光地と札幌の閑散

北海道民にとって感染を防ぐ行動が求められる「がまんの3連休」となっていますが、「GoToトラベル」の影響で賑わう観光地と閑散とした札幌と明暗が分かれています。 3連休の初日、北海道の空の玄関口・新千歳空港の到着ロビーは、スーツケースを手にする観光客で混雑しました。 (京都から)「コロナのこともあり人の少ないところをまわろうと。北海道は大自然があるから行こうじゃないかと」 人の姿が多く見られたのは。 (東海林記者)「函館朝市です。家族連れなど多くの観光客が訪れ大変賑わっています」 カニやホッケなどの海の幸が並ぶ函館の朝市には「GoToトラベル」を使って訪れた観光客が。 (埼玉から)「札幌から離れているのでそんなに心配していない」 (横浜から)「来られないかなと思いました。お金使ってそこの地域に貢献したほうがいいのかなと。」 「GoToトラベル」の恩恵を受けたという店の人は。 (市場の人)「ものすごい人です。きょうは人が多いです。札幌と函館は遠いし寒いけどこういうところに来たほうが楽しいかなという客はいますね」 源泉かけ流しが自慢の川湯温泉です。こちらも「GoToトラベル」の利用客で3連休は満室に。 (お宿欣喜湯 榎本竜太郎社長)「キャンセルなくほぼ満室の状態で、連休を迎えられています」 しかし道内の感染が拡大したことで、かき入れ時となる年末まで250件近くのキャンセルが入っていました。 (お宿欣喜湯 榎本竜太郎社長)「ホテルの売り上げとしては厳しくなってくるが感染拡大防止ではしかたがないという複雑な気持ちです」 地元の特産品が並ぶのは富良野のマルシェです。 肉厚な牛肉を使った人気のバーガーなど、これらの味を求めて富良野近郊から客が訪れていました。 (上富良野から)「地元で楽しみを見つけて遠くに行くのはまだ早いかなと来ました。」 (ふらのまちづくりグループ 西本伸顕社長)「11月に入ってから100%に近い客の入り。地元の客を中心に楽しんでもらいたいという感じ」 一方、感染が拡大している札幌ではいつもの連休なら多くの人の動きが見られるものの、この日は閑散としていました。札幌のシンボル・大通公園も人の姿は、まばらです。札幌市民から人気の円山動物園も。 (坂上カメラマン)「駐車場の車はいつもより少ない園内で歩く人も少ない」 札幌市民は、この3連休どう過ごしていたのでしょうか? (70代女性)「必要以外は出かけない。(外での)食事はしないですね」 (70代男性)「3連休はほとんど家にいました。政府が言われていることを守って行動するのがいいのかな」 「GoToキャンペーン」の効果に期待する観光地と外出自粛の傾向が高まった札幌との明暗が分かれた連休となりました。

北海道 2020.11.23 16:48

一時停止「2~3週間」程度か 「GoToトラベル」鈴木知事が示す条件とは

GoToトラベル「一時停止」の内容です。 鈴木知事は、停止する地域を札幌などに限定することと、停止に伴うキャンセル料を国が負担することを条件に国の方針を容認する見通しです。 政府は停止期間について、2~3週間程度ではないかとの見方を示しています。

北海道 2020.11.23 16:38

6日連続「200」超 北海道で206人感染

新型コロナウイルス最新情報です。北海道内では206人の感染が確認されました。 札幌市で140人。このうち感染経路不明の人は38人となっています。22日に40人と過去最多を更新した旭川市では22人。 函館市で3人、石狩管内11人、空知管内5人、後志管内1人、胆振管内3人、日高管内1人、渡島管内2人、オホーツク管内3人、十勝管内10人、釧路管内4人、その他1人です。亡くなられた方も2人確認されています。 道内の発生状況です。感染者が206人と6日連続で200人を超えました。札幌市の発生状況です。23日の感染者は140人で、15日連続で100人を超えました。感染拡大に歯止めがかからない状況です。

北海道 2020.11.23 16:30

3連休「予想以上の人出」だが 「GoToトラベル」札幌一時除外へ 再起の観光 現場は落胆

新型コロナの感染拡大が止まらない中、政府が運用見直しを進めている「GoToトラベル」事業について、鈴木知事は条件付きで容認する方針です。「GoToトラベル」が一時除外される見通しとなった札幌では、波紋が広がっています。 「札幌市時計台」です。中心部の観光スポットでは連休最終日の23日も写真撮影を楽しむ観光客が多くみられました。 (急式記者)「札幌を代表する名所の1つ札幌の羊ヶ丘展望台です多くの観光客が訪れています」 羊ヶ丘展望台ではこの3連休、施設側の予想以上に観光客が訪れたといいます。効果が出始めた矢先の「GoToトラベル」の運用見直しについては。 (埼玉からの観光客)「コロナ患者数が増えてきて仕方ないのかなっていう印象ですね」 (さっぽろ羊ヶ丘展望台 斎藤圭介副支配人)「せっかく回復してきていた状況がまた厳しい状況に戻ってしまうのかなという不安はあります」 1日の感染者数が6日連続の200人超えとなった北海道内。札幌では15日続けて100人を超えるなど感染が拡大しています。菅総理は「GoToトラベル」の一時停止に理解を求めました。 (菅総理)「感染が拡大している地域に向けて、新規予約については一時停止する措置を導入することを決定しました」 政府は対象の地域などについて「知事の意向を尊重する」としています。これを受け、鈴木知事は要請を受けた場合、条件付きで容認する方向で調整しています。一時停止の対象地域を「札幌などに限定」することやキャンセル料を国が負担することなどを条件として求めるとみられます。「GoToトラベル」の対象から除外されることについて札幌市民は。 (札幌市民)「窮屈ですよね。やっぱり割安ですよね相当に。ちょっと残念だなと思います」 「道内だけの交流にして、県外からの交流はやっぱりいま一番、控えたほうがいいかなと思いますけれども」 「GoToトラベル」の対象になっている札幌市南区の温泉ホテルでも。 (湯元小金湯 前田理也支配人)「GoToトラベル利用のお客さまの予約が全部なくなるというのと既存のお客さまも全部、出控えてしまうことでのキャンセルが続くことが想像できるのでかなり厳しい状況になっていくかなとは思います」 札幌の二条市場もこの3連休、混雑しました。それでも政府の対応に苦言を呈します。 (札幌二条魚町商業協同組合 佐々木一夫理事長)「(この3日間)すごい人出。予想以上だった。国がもうちょっとちゃんとしてくれればこんなに人出なかった」 鈴木知事は「GoToトラベル」の予約の一時停止について対象の地域も含め、慎重に判断し容認する見通しです。

北海道 2020.11.23 16:03

「やっと出るように」管に空気で断水 水道復旧

水を送る管に空気が入った影響で1300世帯で断水が続いていた北海道・津別町で23日朝、水道が復旧しました。 (住民)「やっと出るようになった。やったね!」 およそ1300世帯で断水していたオホーツクの津別町で、23日朝、水道が復旧しました。 町によりますと水を送る管を更新した際空気が入り込んだために断水が起きたということで、現在も空気を出すための作業が続けられています。 このため再び断水になった場合を想定して緊急の給水場も設置していて、町では23日中の完全復旧を目指しています。

北海道 2020.11.23 12:18

「GoTo」札幌除外「条件つき」容認へ 鈴木知事表明へ

観光支援事業「GoToトラベル」について、政府が運用見直しの検討を進めていることを受け、鈴木知事は条件付きで容認する方向で調整に入りました。 「GoToトラベル」の予約の一時停止について、政府が「知事の意向を尊重する」としたことを受けて、鈴木知事は要請を受けた場合、条件付きで容認する方向で調整に入りました。 北海道内は新規感染者数が札幌で14日連続で100人を超えていることなどから、鈴木知事は、対象地域を「札幌などに限定」することやキャンセル料を国が負担することなどを条件として求めるとみられます。 この3連休、店の人の予想以上に混雑したという札幌の観光スポット二条市場。札幌がGoToトラベルの対象から除外される見込みであることについては。 (神戸からの観光客)「まだ(GoToで)行きたい人はたくさんいる。かわいそうかな」 (札幌二条魚町商業協同組合 佐々木一夫理事長)「(この3日間)すごい人出。予想以上だった。国がもう少しちゃんとしてくれればこんなに人出はなかった」 北海道旅行を楽しんだ人たちは。 (東京からの観光客)「中止にしたらかわいそうだよね。経済がまわらなくなる」 鈴木知事は23日午後にも、容認方針について明らかにする見込みです。

北海道 2020.11.23 12:15

トラック「見落とし」か 自転車の男性はねられ重体

北海道・北斗市で、自転車に乗った男性がトラックにはねられる事故があり、男性が意識不明の重体となっています。 事故があったのは北斗市七重浜7丁目の歩道です。23日午前8時半すぎ、トラックが駐車場から国道へ出ようとしたところ、歩道上で右から来た自転車をはねました。この事故で自転車に乗っていた高齢の男性が病院に搬送され手当を受けていますが、意識不明の重体だということです。警察はトラックの男性運転手が自転車を見落とした可能性があるとみて、運転手から事情を聴くなどして事故の詳しい原因を調べています。

北海道 2020.11.23 12:11

GoToトラベル運用見直し 北海道の観光地から諦めの声

菅首相が「GoToトラベル」事業について運用の見直しを表明したことをうけて、北海道の観光地からは諦めの声が聞かれました。 (東海林記者)「函館朝市です。家族連れなど多くの観光客が訪れ、たいへん賑わっています」 21日、菅首相がGoToトラベル事業について「感染拡大地域を目的地とする新規の予約受付を一時停止する」などの運用見直しを表明したことをうけて、店の人は。 (朝市の店員)「GoToトラベルで(客が)どんどん増えていた。感染も増えてきたからしかたない」 道外から北海道に訪れた観光客には困惑が広がっています。 (大阪からの観光客)「(見直し表明は)旅行直前だったのでショックでした。繁華街は控えようと話をしていた」 西村経済再生担当相は22日、一時停止などの措置について、開始時期や対象地域の選定を数日以内に行う考えを明らかにしています。

北海道 2020.11.23 07:41

245人感染 3人死亡 22日の北海道感染情報

22日、北海道では245人の新型コロナウイルスの感染が確認されました。旭川市では病院でクラスターが発生し、感染者は過去最多の40人にのぼっています。 旭川厚生病院では、入院患者や看護師らあわせて29人が感染するクラスターが発生しました。病院では緊急の患者の受付を停止します。旭川市の感染者は過去最多の40人にのぼっています。札幌では、すすきののホストクラブで従業員9人が感染するクラスターが発生するなど153人の感染が確認されています。北海道では石狩管内で30人など、過去3番目に多い245人の感染が確認され、3人が死亡しています。

北海道 2020.11.23 07:40

消火後の車内から遺体 所有者夫と連絡取れず

北海道・岩見沢市の市道で車が燃える火災がありました。中から遺体が発見され警察は身元の確認を急いでいます。 車が燃えていたのは岩見沢市栗沢町宮村の市道です。21日午後4時ごろ車から煙が出ていると通報がありました。消火された乗用車の中から遺体が見つかりました。 警察によると車を所有する女性の夫と連絡がとれなくなっているといい、身元の確認を急ぐとともに、自殺と事件の両方の面から捜査を進めています。

北海道 2020.11.22 12:09

空き家で不審火 放火の可能性も

北海道・岩見沢市志文本町で空き家が燃える火事がありました。 22日午前3時半ごろ、消防に付近の住民から「空き家が燃えている」と通報があり、消防によっておよそ3時間後に火は消し止められました。 この火事によるけが人はいません。周囲に火の気がないことから警察は放火などの可能性も含めて、出火原因についてくわしく調べています。

北海道 2020.11.22 12:07

感染対策もしっかり 北海道士別市で特産のカボチャを無料配布

北海道士別市では特産のカボチャを無料で提供する催しが開かれました。 士別市の農業法人「三栄アグリ」では、表面に傷がつくなどして市場で販売できない、およそ2トンのカボチャを市民らに無料で提供しました。品種は「九重栗」など3種類で1人10キロ程度まで持ち帰れるとあって、訪れた人は大きな袋などに詰め込んでいました。ことしは会場に一度に入れる人数を制限し、マスク着用と手の消毒など感染対策を行いながらの開催となりました。

北海道 2020.11.21 18:08

地元飲食店の味をドライブスルーで 北海道千歳市でマルシェ開催

北海道千歳市で、地元飲食店自慢の味をドライブスルーで味わえるイベントが開かれました。 海鮮丼にステーキ丼など、千歳市内にある飲食店の料理をドライブスルーで味わえるイベントが開かれました。このイベントは新型コロナウイルスの影響で売上げの低迷に悩む飲食店を応援しようと企画されました。感染を防止するためインターネットでの事前の予約制としました。注文した人は次々とドライブスルーで受け取り、各店自慢の味を楽しんでいました。

北海道 2020.11.21 18:06

北海道で新たに234人の感染確認 小樽市で道内初となる小学校のクラスター発生

北海道道では新たに234人が新型コロナに感染しました。小樽市では、道内初となる小学校でのクラスターも発生しています。 道内では新たに札幌で161人、旭川で13人、石狩管内で19人など234人が感染し3人の死亡が確認されました。新たなクラスターも発生しています。札幌市の手稲渓仁会病院ではこれまでに入院患者9人と看護師ら職員4人の13人。小樽市では道内初となる小学校でのクラスターが発生しています。 (小樽市の会見)「市立稲穂小学校におきまして児童5名と教職員1名、計6名」 稲穂小学校では感染が確認された1クラスの学級閉鎖を来月3日まで延長するということです。

北海道 2020.11.21 18:04

北海道 感染者が急増する中 がまんの3連休がスタート

1日の感染者数が20日初めて300人を超えた北海道では、感染リスクを避ける行動が求められるなかで3連休が始まりました。 3連休初日、北海道の空の玄関、新千歳空港には大きな荷物を持った本州からの観光客が多くみられました。 (京都から来た男性)「感染防止には限界がありますので、北海道は大自然があるから行こうじゃないかと」 一方、ふだん休日は賑わうJR札幌駅周辺の人の流れはまばらです。札幌駅にあるJRタワーは感染拡大をうけ21日から27日まで営業時間を2時間、短縮して営業しています。道は、3連休は感染リスクを避ける行動を求めています。

北海道 2020.11.21 12:17

北海道富良野市 冬の観光 魅力を発信

冬の観光シーズンを迎えた北海道富良野市のスキー場では、地元の魅力を発信するイベントが開催されました。 富良野スキー場で開かれたイベントでは新型コロナウイルスの影響が懸念される中、スキーリゾートと市の関係者が一体となって冬の富良野の魅力を発信しました。 (富良野 北猛俊市長)「雄大な景色、スキーでいえばパウダースノーが魅力かなと」 スキー場は雪が積もり次第、順次オープンする予定だということです。

北海道 2020.11.21 12:15

“医療体制があぶない”札幌の感染拡大が地方にも

札幌の感染拡大は地方都市にも広がっています。北海道旭川市では20日過去最多の21人の感染が確認されました。医療体制は、綱渡りの状態が続いています。 (旭川市保健所 川辺仁さん)「入院調整に手詰まり感を持っている。大きな危機感を持って受け止めています」 20日これまでで最多となる21人の感染が確認された旭川市。クラスターが発生した吉田病院では20日も新たに15人の感染が確認され、感染者は、あわせて82人になりました。 (金澤記者)「クラスター対策班の専門家2人が、旭川市保健所に到着しました」 感染の連鎖を抑え込もうと対策を続けていますが、いまだ終息の気配はありません。医療体制がひっ迫する恐れも高まっています。感染者を受け入れているこちらの病院では、専用病床24床のうち、22床が埋まったといいます。 (旭川市民)「高齢者が感染すると命にかかわるので、すごい不安です」 (旭川市民)「出かけたくても、我慢しどきなのかなと思いますね」 19日、過去最多の14人の感染が確認された函館市。 (函館市の職員)「コロナ対策は注意されていると思いますが、引き続き対策をお願いします」 市の職員らが繁華街の飲食店に注意喚起のチラシを配布しました。 (飲食店の人)「飲食店ってこれからは危なくなると思うんですよね。お客さんにも気を付けてもらわなきゃ、いくらいろいろやっても無理かなと」 感染症病棟を持つ市立函館病院です。32床ある病床のうちすでに26床が埋まっています。感染者の急増で、病床の確保は綱渡りの状態だといいます。 (市立函館病院 森下清文院長)「正直言うとちょっと追いつかないというか、追い越されるところとのせめぎ合い。非常に危機感を持っていました」 このため、函館市は軽症者用の宿泊療養施設の開設を道に要望しました。感染拡大で危機感を強める地方の医療現場。患者の受け皿の整備が急がれます。

北海道 2020.11.20 18:42

「札幌では不要不急の外出をしない」鈴木知事 3連休で呼びかけ

20日午後4時半、札幌の冬の風物詩ホワイトイルミネーションに光がともりました。しかし、新型コロナの感染拡大で点灯式は中止に。道内では20日、過去最多の304人の感染が確認されました。21日からの3連休を前に鈴木知事は。 (鈴木知事)「外出する際は慎重に慎重を重ねて、感染リスクが避けられるか確認してください。リスクを回避できるか迷われた場合は、札幌市内では不要不急の外出をしないでください。それ以外の地域では、札幌市との往来をしないでください。今が正念場です。皆さん一人一人が考えて行動を実践していかないと、この対策は効果を得ることはできません。最大限のご協力を心からよろしくお願い申し上げます」

北海道 2020.11.20 18:28

新型コロナ感染者 北海道全体過去最多304人 札幌は191人

北海道では20日、これまでで最も多い304人の感染が確認された。300人台となったのは初めて。 内訳を見ていくと、札幌191人で過去2番目の多さ。旭川市21人、小樽市4人、石狩管内25人、空知管内13人、胆振管内12人、オホーツク管内4人、十勝管内12人、釧路管内13人、後志管内4人、日高管内1人、上川管内1人、根室管内1人、宗谷管内1人、その他1人。そして死亡は2人。札幌では新たなクラスターが20日も3つ発生している。すすきののラウンジで従業員18人と客1人の合わせて19人が感染。札幌市手稲区の田中メディカル札幌田中病院では患者39人、職員7人の合わせて46人が感染。コールセンターでも従業員10人の感染が確認された。すでにあるクラスターも拡大している。札幌では道内最大のクラスター、老人ホームドリームハウスは新たに1人確認され105人に。その他、病院やコールセンター、グループホームでもクラスターが拡大しています。旭川の吉田病院では新たに15人増え82人のクラスターとなっている。

北海道 2020.11.20 18:06

さっぽろホワイトイルミネーション “時短”で静かに開幕

札幌の冬の風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」も“時短”での開催となりました。感染拡大防止のため、点灯式も実施されず、静かな開幕となりました。 札幌・大通公園、午後4時半。イルミネーションに光がともります。札幌の初冬を彩る「さっぽろホワイトイルミネーション」が20日から静かに開幕しました。札幌市が警戒ステージ4相当に対策が強化されたことを受けて、ことしは点灯式が中止となったほか、点灯時間も2時間短縮されます。例年、午後10時までの点灯でしたが、27日までは午後4時半から午後8時までの点灯となっていて、28日以降については感染拡大状況をみながら見直しをすることにしています。

北海道 2020.11.20 18:03

“15メートル上から”札幌のビルで5メートル四方の外壁落下

札幌市中央区で19日夜、ビルの外壁が崩れ歩道に落下しました。けが人はいませんでしたが周辺では半日以上たった今も通行止めが続いています。 (柳澤記者)「通報から10時間過ぎたが、歩道に崩落したかべが残っている。前の道は通行止めが続いている」 落下したビルの外壁。完全に歩道をふさいでいます。19日夜9時ごろ、札幌市中央区南9条西9丁目の通称・東屯田通でビルの外壁が落下しました。警察によりますと、およそ15mの高さから5メートル四方の外壁4枚が崩れ落ちたということです。けが人はいませんでした。登記簿によりますと、ビルは築27年でした。 (近所の人)「人がいたら大変だった。怖いですね。相当上から落ちているから」 ビル周辺では今も通行止めのままで、安全確認が続いています。

北海道 2020.11.20 16:43

北海道感染者数300人超の中の3連休 どうする?

新型コロナの感染拡大に歯止めがかからない中、21日から3連休を迎えます。「静かに過ごすこと」が求められていますが、経済活動と感染対策の両立という狭間で3連休を前にホテルなどではキャンセルが相次ぐなど影響も出ています。 道東の観光名所の1つ阿寒湖。阿寒湖畔を眺めながらゆっくりとつかる温泉が人気で普段はこの時期、道内外から大勢の客が訪れます。しかし、ここ数日は地元や近郊の客が中心です。 (地元客)「3連休で休みを取ってこれからどこか行くというのも、まわりの目があり行きづらい部分もあるので、おとなしくしようかなと」 道内で急速に感染が拡大したこの1週間あまりで、3割ほどのキャンセルがあったといいます。 (ニュー阿寒ホテル 新妻英司総支配人)「こういう連休は主に札幌圏からのお客さまがかなり多いものですから今まで。近郊のお客さまが少しでもこちらに来ていただければと思います」 札幌・中央区のレンタカー店です。店内のほか、レンタカーの除菌、消毒、換気など感染対策を徹底しながら営業しています。GoToトラベルの効果で前年の同じ時期と比べて利用客が2割ほど増えました。しかし、感染拡大以降、この店だけで30件ほどのキャンセルが出ているといいます。 (トヨタレンタリース新札幌・すすきの南9条店 森秀賀さん)「一部キャンセルなどが出ておりますが、それでも多くの方に予約をいただいております。いま現段階で、あすだけで20件ほど(予約)いただいております」 21日からの3連休の過ごし方について、札幌市民は。 (会社員・20代)「GoToトラベルを使ってどこかに出かけたいと思っていたが、外に出かけることもできないので、ずっと家で過ごそうと思っています」 (女性・70代)「夜に私は(外で)飲んだりするので行きたいんですけど、それもダメ。寂しい」 ハンバーグをメインとしたファミリーレストラン「びっくりドンキー」です。ここ数日の感染拡大で売り上げは10%ほど落ち込んだといいます。こちらの店では20日から客と接客係との接触を最小限に抑えるための対策を強化しました。 (久保アナウンサー)「注文はすべてこちらのタブレットで行います。タブレットをタッチするとお食事の選択メニューが出ますので、その中から好きなお食事を選んで注文することができます」 これまで使っていたメニュー表は置かず注文の受付を自動化。会計の際も自動精算機で支払いができるため、業務の効率化と人と人との接触機会を減らすことができます。 (びっくりドンキー 鈴木竜馬さん)「まずは10店舗ほど導入させていただいて、この非接触型の導入の状況をみながら今後につなげていきたい」 感染が急速に拡大し続ける中、21日からの3連休をどう過ごすのか。判断するのは道民1人1人です。

北海道 2020.11.20 16:37

「子どもを顧みず交際相手との関係優先した」札幌2歳児衰弱死裁判 母親に懲役9年実刑判決

去年6月、札幌で2歳の女の子が衰弱死し、母親が保護責任者遺棄致死の罪に問われていた裁判員裁判で、札幌地裁は母親に懲役9年を言い渡しました。 (裁判長)「主文。被告人を懲役9年に処する」 判決をうけたのは、池田莉菜被告22歳です。判決によりますと、池田被告は去年5月から6月までの間、長女の詩梨ちゃん当時2歳に十分な食事を与えず、交際していた藤原一弥被告の暴行によって負ったけがも治療せずに放置し、衰弱死させました。これまでの裁判で、池田被告は「死因は窒息死」などとして一貫して無罪を主張していたのに対し、検察は徐々に弱っていく詩梨ちゃんを放置し死亡させたとして懲役14年を求刑していました。札幌地裁は、20日の裁判で、死因を低栄養などにる衰弱死とする検察側の主張を認め、「子どもの健康状態を顧みないまま藤原被告との関係を優先していたのはあまりに無責任というほかない」などとして、保護責任者遺棄致死の罪を認定し、池田被告に懲役9年を言い渡しました。弁護側は、STVの取材に対して、控訴する意向を示しました。

北海道 2020.11.20 16:18

この家の女性か?帯広の住宅火災で1人死亡

北海道帯広市で20日朝早く、住宅が焼ける火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察はこの家に住む女性とみて身元の確認を急いでいます。 住宅から噴き出す灰色の煙。部屋の内部は黒く焼け焦げています。火事があったのは帯広市大正本町の2階建て住宅です。20日午前5時前、「1階から火が噴き出している」と付近の住民から通報がありました。 (付近の住民)「火が見えました。燃えていました」 この火事で焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察はこの家に1人で住む山﨑洋子さん77歳と連絡が取れないことから、遺体は山﨑さんとみて身元の確認を進めています。

北海道 2020.11.20 12:13

「詩梨ちゃんは衰弱死」札幌の2歳児衰弱死事件 母親に懲役9年判決

去年6月、札幌で2歳の女の子が衰弱死し、母親が保護責任者遺棄致死の罪に問われていた裁判員裁判で、札幌地裁は、母親に懲役9年を言い渡しました。 (森永記者)「裁判は午前11時から始まり、札幌地裁は死因は衰弱死として、懲役14年の求刑に対し、懲役9年を言い渡しました」 保護責任者遺棄致死の罪に問われていたのは、池田莉菜被告22歳です。判決によりますと池田被告は去年5月から6月までの間、長女の詩梨ちゃん当時2歳に十分な食事を与えず、交際していた藤原一弥被告の暴行によって負ったけがも治療せずに放置し、衰弱死させました。これまでの裁判で、池田被告は一貫して死因は窒息死などとして無罪を主張していましたが、札幌地裁は「詩梨ちゃんの死因は低栄養などが理由の衰弱死である」などとして、懲役9年を言い渡しました。 (森永記者)「池田被告は、裁判長から判決理由を述べられている間、涙をぬぐったり、顔を覆ったり、取り乱す場面もありました」

北海道 2020.11.20 12:12

ビルの壁 歩道に落下 けが人なし 札幌市

札幌市中央区で19日夜、ビルの外壁が崩れ歩道に落下しました。けが人はいませんでしたが付近の道路がいまも交通規制されています。 歩道上に落下した、ビルの外壁。破片が散乱しています。19日午後9時ごろ、札幌市中央区南9条西9丁目の通称・東屯田通で道路沿いのビルの外壁が崩れ、歩道上に落下していると通行人から通報がありました。警察によりますと、およそ15mの高さから鉄骨とモルタルで作られた5メートル四方の外壁4枚が崩れ落ちたということです。けが人などはいませんでしたが、現場はいまも交通規制が敷かれています。ビルの上層は駐車場になっていて警察で外壁が落下した原因を調べています。

北海道 2020.11.20 07:42

高齢男性はねられ重傷 乗用車現場から立ち去る 札幌市

札幌市清田区で普通乗用車が横断中の高齢者をはね、現場から一時立ち去りました。男性は重傷で警察はひき逃げ事件として捜査をしています。 19日午後10時前、札幌市清田区里塚1条3丁目の国道36号で、横断歩道の無い道路を渡っていた近くに住む斧貞夫さん84歳が普通乗用車にはねられました。この事故で斧さんは病院に運ばれましたが、胸と腰の骨を折る重傷です。乗用車は斧さんをはねた後、現場から立ち去り、およそ20分後に戻ってきたということです。警察ではひき逃げ事件として、乗用車を運転してた30代の女性から事故当時の状況を詳しく聞いています。事故当時は雨で視界が悪かったということです。

北海道 2020.11.20 07:40

札幌の2歳児衰弱死裁判 母親の池田被告 20日に判決

札幌の2歳の女の子が閉ざされた部屋の中で犠牲になった事件の裁判員裁判で、20日母親に判決が言い渡されます。一貫して無罪を訴えてきた母親。懲役14年を求刑した検察と真っ向から意見が対立していますが、最大の争点となっている女の子の死因について改めてポイントを整理します。 (池田被告)「私は娘にご飯を食べさせていました。娘は亡くなる少し前まで元気でした。」 11月2日から札幌地裁で始まった池田莉菜被告の裁判員裁判。初めて証言台に立った際、涙ながらに自らの無罪を訴えました。しかし、検察側は池田被告に対して保護責任者遺棄致死の罪としては異例の懲役14年を求刑。去年5月から6月までの間、長女の詩梨ちゃん当時2歳に十分な食事を与えなかったうえ、交際していた藤原一弥被告の暴行で負ったけがの治療もせずに放置し、衰弱死させた責任は重いと指摘しました。 検察側は、詩梨ちゃんが2、3週間ほとんど食事を与えられなかったうえに暴行を受け、衰弱死したと主張。詩梨ちゃんの遺体には頭の骨折や顔のやけどのほかに、急激に痩せたときにできる皮膚のたるみができていました。さらに体重は平均の半分ほどー。亡くなる5日前には見て分かるほどぐったりしていたはずだと主張しています。対して弁護側は、池田被告がお風呂に入っている間に、詩梨ちゃんが嘔吐物を喉に詰まらせて窒息死したと主張しました。 (池田被告)「首を押さえて苦しそうにしている」 弁護側が注目したのは池田被告が119番通報した時に発したこの言葉。首を抑える仕草は窒息を意味する「世界共通のサイン」であると弁護側の臨床医が証言しました。 (村崎記者)「死因が窒息死であれば、詩梨ちゃんは容体が急変した後、助ける間もなく死亡したとみることもできるため、池田被告の無罪の可能性が出てきます。」 対して衰弱死であれば、池田被告は弱っていく詩梨ちゃんを長期間放置していた責任を問われることになります。 (検察)「被告人は詩梨ちゃんにとっては最後の頼みの綱でした。それなのに被告人は、交際相手との遊びや関係の維持を優先させた。被告人に、懲役14年を求刑します。」 法廷で詩梨ちゃんの写真が示されるたび、何度も涙を流した池田被告。涙の証しは愛情だったのか。だとすればなぜ幼い命は失われたのか、20日午前11時、札幌地裁の判断が示されます。

北海道 2020.11.19 19:16

札幌の宿泊療養施設ひっ迫、「自宅待機」男性の経験

過去最多の感染者が確認された札幌市では、宿泊療養施設がひっ迫し、「自宅待機」を余儀なくされる患者が増えています。自宅で不安な日々を送った男性がSTVの取材に応じました。 (新型コロナウイルスに感染した男性)「38℃台後半台まで出たのと、空せきが出ていてそこがつらかった」 11月、新型コロナウイルスの感染が確認された札幌市の30代の男性です。男性は10月末、すすきのの飲食店で友人らと会食をしていて感染したとみられています。11月11日に陽性と確認され、保健所からすすめられたのがホテルでの宿泊療養でした。しかし…。 (新型コロナウイルスに感染した男性)「(保健所に)ホテル療養どうなるのか聞いたけど、保健所も混み合っていると言っていて。とりあえず連絡を待ってくださいって話しかなかったので」 札幌市内の軽症者らが入る2つの宿泊療養施設には、あわせて1000室が用意されていますが、現在およそ7割が埋まっています。施設では、入所者と退所者の出入りをわけるなど、時間がかかることから、1日に受け入れられるのは最大で50人ほど。札幌の感染者が連日100人を超えるなか、男性は「入所日を調整する」と保健所から言われ、自宅待機を余儀なくされました。 (男性)「(施設だと)安心できますよね、万が一急変してもすぐに対応してくれる。(自宅だと)食事どうしようだとか、これからどうなるんだろうっていう不安が多かったですね」 食事は、自炊やデリバリーで済ませ、毎日3回の検温しながら連絡を待ちました。しかし、発症から10日たち、無症状が続いたため、男性は、自宅待機のまま、11月14日に健康観察を終えたのです。 (男性)「(保健所から)連絡が来たときには症状がだいぶ軽減されているのと、日にちもたっているので、自宅療養終了となりますって言われて、あれって感じでしたね。そのまま外に出ていいよって言われたので、(ウイルスが)はたして抜けているか不安」 綱渡りの状態が続く北海道内の医療体制。道は20日、札幌市内に新たな宿泊療養施設を開設し、受け入れ体制を強化することにしています。

北海道 2020.11.19 19:01

感染者数“過去最多”の北海道と「静かなマスク会食」

(札幌市保健福祉局 山口亮感染症担当部長)「本日の陽性患者数197人ですが、これは過去最多の数になります。最近の傾向は陽性患者のうち40代以上の中高齢者が半数をしめていて、60代以上の人が全体の4分の1をしめている」 19日、札幌では197人の感染が判明。北海道内全体では267人となり、ともに過去最多を更新しました。その発表がある前の朝ー。 (岡本記者)「朝の通勤ラッシュ時を迎えている地下鉄大通駅です。この時間帯は大勢のかたが地下鉄を利用しています」 警戒ステージ4相当となっている札幌の地下鉄大通駅です。交通局によりますと、1日当たりの平均乗客数は10月と比べて11月は1割以上減少しているということです。ただ…。 (利用客)「(人の多さは)変わっていないと思いますね。身近に(新型コロナが)迫っているのは感じている」 ステージ引き上げ前と比べてもこの通り。感染者数が過去最多の534人になった東京では、これを予期していたのか菅総理は朝の会見でー。 (菅首相)「ぜひ皆さん 静かなマスク会食 これをぜひお願いしたい。私もきょうから徹底したいと思います」 『静かなマスク会食』をお願いしました。感染対策と経済の両立を追い求める中での新たな呼びかけです。 (市民)「スーツケース持っている人を電車でよく見かけるので不安です。みんなの意識はどうなのかなって」 18日夜の繁華街・すすきの。すすきのにあるこちらのスナックでは、道と市からの要請で11月7日から午後10時以降の営業を自粛しています。さらに追い打ちをかけたのが札幌市民への不要不急の外出自粛要請です。18日の来客はありませんでした。 (あさみ あさみママ「10月はお客さんが来てくれてよかったんですけど、7日から時短ですが、お客さん全然来ていないです」 すすきののラーメン店です。店一番の人気は味噌ラーメン。開業から49年変わらぬ味で庶民や観光客に親しまれてきました。しかし、11月に入ってから売り上げが急速に落ち込みました。近くの別店舗は休業しています。この店の営業はなんとか続けていますが先行きへの不安を口にします。 (札幌ラーメン満龍 石川直志代表取締役)「飲んで帰るお客さんも来てくれないですし、接客で働く従業員の方も来てくれなくなりましたね。なかなか厳しいです。かなり厳しく今後どうしようかなって考えざるを得ない、せっぱ詰まった感じがします」 外出・往来の自粛で窮地に立たされる札幌。高まるのはさらなる感染拡大への懸念です。

北海道 2020.11.19 18:56

新型コロナ 北海道最多の267人、札幌も最多の197人

北海道は19日、新型コロナウイルスの感染者数で過去最多の数字が並びました。 北海道内では過去最多の267人、札幌市でも過去最多の197人と200人に迫る勢いとなっています。北海道函館市でも19日過去最多の14人となり、札幌市以外の拡大が目立ってきました。そして、亡くなった方も過去最多の7人で70代から90代の高齢者が多いのが特徴となっています。また、札幌では新たに医療機関やグループホームなど4か所でクラスターとなっています。札幌市では新型コロナは症状が出る2日前から感染力をもつといいます。食事のときは食べ物を口に入れたらすぐマスクをするくらいの配慮が必要ではないかと危機感を強めています。

北海道 2020.11.19 18:13

【横田伸一札医大教授解説①】「人の流れではなく密が問題」

北海道では19日、全体の感染者数が過去最多の267人となった。札幌医科大学の横田伸一教授に最近の傾向について聞く。 Q 感染拡大が止まらない。 A(橫田教授)日々の数字ではなく、流れを見る必要がある。 Q 函館で感染が広がっている。19日は14人で経路不明が3人いた。 A(橫田教授)函館は、まだ感染経路が追えている。19日の3人の感染経路を追うことが大事だ。 Q 北海道の感染者数は高止まりしている。 A (橫田教授)感染経路を追えない人がどれだけいるかを見ることが重要。対策が効いてくれば減少に向かう。ひとりひとりの意識と感染対策だ。 Q 感染者が1月に確認されてから1000人に到達するまでにおよそ4か月。その後、2000人到達に4か月、3000人到達に1か月、4000人までに9日、5000人までには5日。その5日後には6000人に到達した。急速なペースで感染者が増えている。 A(橫田教授)感染症は2倍、3倍、4倍と増える。対策が取れないと増える。 Q 療養ホテルは3棟目が20日に開設されるが、医療体制はかなりひっ迫してきている。 A(橫田教授)厳しい状況だ。病院のソース確保が必要。特に重要なのは重症病床の確保。それと医療従事者の確保。新型コロナの対応は、ふだんの医療に携わって医療従事者があたっている。従事者は、濃厚接触者になることも考えておかなければならない。軽症者はホテルに入ってもらうのがよい。自宅療養では家族の負担になり近隣からの差別も生む。 Q 感染者の傾向にも変化がみられる。札幌市の感染者の年代別割合は、10月は30代以下が大半だったが、直近は60代以上が増加している。 A(橫田教授)明らかに11月から様相がかわった。市中感染によって年代を超えた感染拡大になっている。重傷者と死亡者は感染者数から遅れて出てくる。 Q 札幌市内の人の流れのデータでは、対策強化後もあまり変化がない A(橫田教授)「人の流れ」が感染率を上げるわけではない。「3密」が問題だ。そこを抑えて社会活動も回すことが大事だ。 Q 19日の札幌の感染経路不明者は49人いた。 A (橫田教授)数字は高いが減ってきている。クラスターを抑えて感染経路不明者を減らすことが重要。

北海道 2020.11.19 17:21

警戒ステージ「4相当」の札幌 市民の行動に変化は

新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらない札幌は警戒ステージが「4相当」として不要不急の外出自粛などが求められています。テレワークや時差出勤が呼びかけられていますがはたして市民の行動に変化はあったのでしょうか。 (岡本記者リポート)「朝の通勤ラッシュ時を迎えている大通駅です。この時間帯は大勢のかたが地下鉄を利用しています」 警戒ステージ4相当となって2日目の朝を迎えた札幌の地下鉄大通駅。交通局によりますと、1日当たりの平均乗客数は先月と比べて今月は1割以上減少。ただ…。 (利用客は) 「(人の多さは)変わってないと思いますね」 「身近に(新型コロナが)迫っているのは感じている」   ステージ引き上げ前の朝と比べてもそれほど変わっていないように見えます。      昨夜の繁華街・すすきのです。 (森永記者リポート) 「平日ということもありますが辺りを見渡してみても人が少ないような気がします」               すすきのにあるこちらのスナックでは、道と市からの要請で7日から午後10時以降の営業を自粛しています。さらに追い打ちをかけたのが札幌市民への不要不急の外出自粛要請です。昨夜の来客はありませんでした。 (あさみ あさみママ) 「10月はお客さんがきてくれてよかったんですけど。7日から時短ですがお客さん全然来てないです」    すすきののラーメン店です。店一番の人気は味噌ラーメン。 開業から49年変わらぬ味で庶民や観光客に親しまれてきました。 しかし、今月にはいってから売り上げが急速に落ち込みました。近くの別店舗は休業しています。この店の営業はなんとか続けていますが先行きへの不安を口にします。 (満龍 石川 直志店主 「飲んで帰るお客さんも来てくれないですし接客で働く従業員の方もきてくれなくなりましたね。なかなか厳しいです。かなり厳しく今後どうしようかなって考えざるを得ないせっぱ詰まった感じがします」 感染拡大、外出・往来の自粛で窮地に立たされる札幌。「不要不急」は「昼間の街」より「夜の街」に強く表れています。

北海道 2020.11.19 17:13

【横田伸一札医大教授解説②】「買い物で長話をしない」

北海道では19日、全体の感染者数が過去最多の267人となった。19日は鈴木北海道知事と秋元札幌市長から「感染リスクを回避できない場合は不要不急の外出と往来を避ける」という要請があった。感染リスクを回避する日常生活について、札幌医科大学の横田伸一教授に聞く。 Q「感染リスクが回避できない場合」とは何か。曖昧だとの批判もある。 A (橫田教授)最初は、私も難しくてわからなかった。しかし、メッセージに籠められていたのは、社会生活を動かしながら感染拡大を抑えるために、各人が自分で考えよう、ということだと思う。 Q 公共交通機関を利用する場合の感染リスク回避策は。 A(橫田教授)公共交通機関の場合、換気はできているのでリスクは高くない。しかし、利用客で「密」になるので時差出勤などを考えるのがよい。つり革などを触った時には手洗いをする。手袋をすることで、ウイルス接触を低減することはできると思う。 Q買い物にゆく場合の感染リスク回避策は。 A(橫田教授)買い物もリスクはさほど高くない。大事なのは「密」にならないこと。店がすいている時間に行くこと。少人数で行くこと。最低限の時間にすること。そして、買い物の最中に長い会話をしないことだ。 Q学校生活では感染リスク回避策は。 A(橫田教授)学校も授業時間のリスクは高くない。問題は、給食、休み時間、部活動。この時間の接触に気をつけることが大事。 Q持病があって通院する場合のリスク回避策は。 A(橫田教授)通院を控えるのは不利益になる。通院はして欲しい。咳や発熱の症状がある場合は、相談前に相談をして欲しい。電話受診という方法もある。

北海道 2020.11.19 16:49

“ゴンドラ50人制限”黒岳スキー場 感染対策徹底しオープン

北海道上川町の黒岳スキー場が道内で今シーズン初のオープンとなり、さっそく雪の感触を楽しむ人たちでにぎわいました。スキー場では新型コロナウイルスの感染防止対策をした上での営業となります。 道内で1番乗りのオープンとなった黒岳スキー場には1メートルほどの雪が積もり初滑りを心待ちにしていたスキーヤーたちが雪の感触を楽しんでいました。 (スキーヤー)「初滑り最高ですね」「雪質はちょっと気温が高くてざくざくで、ちょっとコンディションが悪いが、スキーが楽しめてよかった」 スキー場では閉鎖空間となるゴンドラを、本来定員100人のところ50人に制限して運航するほか、定期的に消毒をするなど感染対策を徹底しながら営業します。ことしは12月20日まで営業する予定です。

北海道 2020.11.19 12:14

放火の可能性あり 札幌・東区の市営住宅で火事

札幌市東区の市営住宅で不審火があり、周囲には火の気がなく、警察では放火の可能性も視野に捜査を進めています。 不審火があったのは札幌市東区伏古6条2丁目の市営住宅です。午前1時ごろ「1階の玄関付近が焦げ臭い」と消防に通報がありました。消防と警察が駆け付けたところ、火はすでに消えていましたが、1階にある水道メーターの発泡スチロール製のカバーが焦げ落ちているのが見つかりました。警察によりますと、水道メーターは無施錠の扉を開けた中にあり、誰でも立ち入れる場所だったということです。また、周囲には火の気がないことから、警察では何者かが火を放った可能性があるとみて捜査を進めています。

北海道 2020.11.19 12:11

“1日3000件目指す”札幌に第2PCR検査センター設置

新型コロナウイルスの感染者が増えていることを受けて第2PCR検査センターが札幌市内に設置されました。また、道は20日、札幌市内で3か所目の宿泊療養施設を開設します。 札幌市によりますと第2PCR検査センターの場所は非公開ですが、予約制になっていて、1日あたりの検査件数は100件程度だということです。これで、すすきの地区の臨時センターを含めると市内で3か所目になり、発熱外来の検査分をあわせて1日あたり最大3000件の検査を目指すということです。また、道は20日午後、軽症患者を受け入れる札幌市内で3か所目の宿泊療養施設を開設します。道内では18日までに患者245人の宿泊療養施設の空きがなく自宅待機を余儀なくされていて、新たなホテルではおよそ270人の療養が可能です。道はまだ宿泊療養施設がない旭川市や帯広市でも開設に向け調整を進めています。

北海道 2020.11.19 12:04

ことしは色が濃く豊かな香り ボジョレ・ヌーボー販売解禁 

フランス産ワインの新酒、「ボジョレ・ヌーボー」の販売が19日午前0時に解禁され、札幌市内のコンビニエンスストアにも商品が並びました。 札幌市豊平区のセイコーマートでは、解禁の19日午前0時にあわせてフランスから直輸入したボジョレ・ヌーボー3種類の販売を始めました。フランスのボジョレ地区で収穫されたブドウで造られる赤ワインの新酒、「ボジョレ・ヌーボー」はことし熱波の影響で収穫が例年より早く、色が濃く豊かな香りがある仕上がりとなっているということです。セコマは例年販売初日にあわせて解禁イベントを開催していますが、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大をうけて自粛したということです。

北海道 2020.11.19 07:46

住宅2階内部全焼 現場周辺は一時騒然 2人が搬送 帯広

18日夜、帯広市の住宅で火事があり、この家に住む高齢の男女2人が病院に運ばれました。 住宅2階の窓から吹き上がる大量の煙。火事があったのは帯広市大空町1丁目の木造2階建ての一般住宅です。18日午後9時20分ごろ「家の2階が燃えている」と消防に通報がありました。この火事で2階の内部が全焼し、この家に住んでいた吉田武夫さん85歳と同居する78歳の女性が煙を吸って病院に運ばれました。いずれも命に別条はないということです。警察と消防で詳しい火事の原因を調べていますが、現場周辺は住宅街で、一時騒然としました。

北海道 2020.11.19 07:43

80歳の入所者の首をしめる 44歳入所者男逮捕 函館市福祉施設

函館市の福祉施設で、入所者の80歳の女性の首を絞めて殺害しようとしたとして、同じ施設に入所する44歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、函館市の福祉施設に入所する44歳の男です。男は17日、入所している函館市新湊町の福祉施設で、同じく入所している80歳の女性の首を絞めて殺害しようとした疑いがもたれています。18日、施設の職員から「首を絞めたと入所者が話していて、女性の首に痕がある」と警察に通報があり、事件が発覚、女性は首に軽いケガをしました。逮捕された男は調べに対し「首を絞めた。反省している」と容疑を認めているということで、警察で詳しい動機などを調べています。

北海道 2020.11.19 07:39

団地で不審火 放火の可能性も 札幌市東区の市営住宅

札幌市東区の市営住宅で不審火があり、周囲に火の気がないことから、警察は放火の可能性もあるとみて捜査をしています。 火事があったのは札幌市東区伏古6条2丁目の市営住宅です。19日午前1時ごろ「1階の玄関付近が焦げ臭い」と消防に通報がありました。消防と警察が駆け付けたところ、火はすでに消えていましたが、1階にある水道メーターのプラスチック製カバーが焦げて落ちているのが見つかりました。周囲に火の気がないことから、警察は、何者かが火をつけた放火の可能性があるとみて捜査を進めています。

北海道 2020.11.19 07:26

「町長解職請求」の動きも 文献調査とマチのこれから

北海道寿都町・神恵内村の文献調査は17日から始まり、期間は最大で2年間、論文や地質図から机上で調査を進めていく。NUMOは両自治体に、住民と対話が出来る拠点を新たに設置する計画がある。寿都町では、反対派の町民から片岡町長のリコール・解職請求に向けた動きもあります。リコールは有権者の3分の1、839人以上の署名を集めたあと、住民投票が実施されます。そして有効投票数の過半数で、町長は失職します。マチを二分する可能性もあるリコールの動き。文献調査が始まっても核のごみ問題の火種はくすぶったままです。

北海道 2020.11.18 19:39

「多くを語らず」町長の真意は 「核のごみ」全国初の調査始まる

「核のごみ」最終処分場の選定に向けた「文献調査」が、全国で初めて北海道・寿都町と神恵内村で始まりました。寿都町では町長のリコール=解職請求を求める声も上がっています。 18日、寿都町役場に姿を見せた片岡春雄町長。 (寿都町 片岡春雄町長)「(Q文献調査の認可について?)これから始まりますね」 記者に問いかけには一言述べるだけ。「文献調査の認可」について具体的なコメントはありませんでした。先週、住民投票条例案が否決された寿都町。条例を求めていた反対派はー。 (反対派の住民団体 三木信香さん)「悔しさがわいてきて(調査初日に)きのうはあまり寝られなかった。住民投票条例が出来ないことになったので、なおさら、みんなが納得できるような説明を全員にして欲しい」 核のごみの最終処分場の選定に向け17日、認可された第1段階の「文献調査」。期間はおよそ2年間で現地調査をせずに論文や地質図から地下の状況を調査します。認可された2つの町村には最大20億円の交付金が支給され、NUMOは住民と対話ができる拠点を新たに設置する計画です。しかし、寿都町では反対の声も根強く片岡町長のリコールを求める声が上がっています。 (反対派の町民)「町長のリコールが主になると思うのです。なかなか厳しい環境ではあります」 同じく文献調査が始まった神恵内村。17日は小中学生と保護者を対象にしたNUMOによる「核のごみ」の勉強会が開かれました。 (民宿きのえ荘 池本美紀さん)「(NUMOは)対話を前面に言われているので、こちらの方から要望すると、応えては下さるのかなと思っているが、私達が知りたいと思った時に、どう応えてくれるのかな」 不安解消のためにも対話の重要性を訴えていました。「核のごみ」の議論は、2つのマチだけではなく全道規模に広がっています。 「道内に核のごみの処分場を作らせない」 先週、原発の再稼働に反対する道内の各団体が意見交換会を開催。 (核のごみを持ち込まない北海道連絡会 市川守弘弁護士)「(調査について)首長や知事は意見を述べるのですが、それは”尊重する”だけであって、(法律には)反対意見だったら、やめますと書かれていない」 文献調査の開始を受け、鈴木知事は18日、核のごみを北海道に持ち込まないことなどを梶山経済産業大臣に申し入れました。長年、動くことのなかった「核のごみ」問題。いまだ賛否の議論が渦巻く中、その一歩を踏み出しました。

北海道 2020.11.18 19:35

「ホワイトイルミネーション」20日開幕 点灯時間を短縮

感染拡大は冬のイベントにも影響が及んでいます。冬の恒例イベント「さっぽろホワイトイルミネーション」は新型コロナウイルスへの集中対策期間とも重なったため、点灯時間を短縮しての開幕となります。 20日開幕を迎えるさっぽろホワイトイルミネーション。 実行委員会では札幌市が警戒ステージ4相当に対策が強化されたことを受けて、ことしは点灯式を中止し、さらに点灯時間を2時間短縮することを決めました。 点灯時間は例年午後10時まででしたが、ことしは11月27日までは午後4時半から午後8時までとなっています。 そのほかことしは飲食や物販ブースを置かないなどの感染拡大防止策もとられます。 さっぽろホワイトイルミネーションは20日開幕です。

北海道 2020.11.18 19:17

「GoToイートは4人以内」ここでも曖昧 その線引き

北海道をはじめ、全国で感染拡大が続いていることから、野上農林水産大臣は、GoToイートキャンペーンで「食事券・ポイントの利用は原則として4人以下での飲食」という方針に言及しました。 具体的な対応については、各都道府県の知事に検討を要請したという事です。北海道であれば、鈴木知事。 この「原則として4人以下」という点は、場合によって対応が分かれそうなんです。農水省の担当者によると、例えば介護が必要な方・小さい子を含む5人以上の家族1つのテーブルに6人が座っていても、パーティションで4人以下になるよう区切る、どちらも4人以上ですが各地の感染状況によってはGoToイートが利用できる場合もあるといい、あいまいな線引きになっています。 このままでは感染がさらに広がってしまうという危機感の一方で、経済への影響も抑えたいという政府の思惑が、都道府県にのしかかる格好になっているのではないでしょうか。

北海道 2020.11.18 19:15

「感染制御と経済起動」 理想と矛盾ここでも「GoToイート」

急激な感染拡大を受け伸び悩んでいるのが「GoToイート」です。飲食店を支援する取り組みで始まった「プレミアム付き食事券」は、今のところ3割以下の販売にとどまり、売れ残りも出るのではと危惧する声が上がっています。 とろっと柔らかい和牛に秘伝のタレをつけたすき焼き。この味を求めて多くの地元客が訪れるこの店では「GoToイート」が利用できグループ単位の予約が増えています。 (牛屋江戸八 米元義久支配人)「今のところ、キャンセルはほとんどない。助かっています」 「GoToイートプレミアム付き食事券」は、1冊8000円で1万円分が使用できるもので道内4800店舗で利用できます。こちらの店で工夫しているのが、5人以上の利用客の場合は、テーブルを2席に分けて対応することにしています。   (利用客)「(感染を)防ぐのであれば妥当な判断かなと思う。(協力は)します」 (米元義久支配人)「私どもも精一杯対策を講じる。そのうえでお客様にもご協力いただく形になる」 「GoToイート」を巡っては、国が原則4人以下の会食に絞るよう主張したものの、テーブルを分ければ大人数でも可能だと継続する方針を崩していません。17日鈴木知事も。 (鈴木知事)「ほとんどの店舗がコロナ禍で対策を講じてくださっている。マスクを外しながら長時間話す機会が増えるので、利用する皆さんも気を付けないと感染拡大は防げない」 経済活動を維持しながら個人にも責任をゆだねる形を示しました。「プレミアム付き食事券」を発行する専用窓口です。18日、購入する客の姿は…ほとんどいません。こちらの金融機関では客足が減っているため専用窓口を、一般窓口に移行することを検討しているといいます。北海道商工会議所連合会によりますと、販売した当初は好調だったものの現在のところ、販売は3割以下にとどまっているといいます。 (北洋銀行地域産業支援部 北野誉直調査役)「お客様は当然コロナの流行は非常に不安に思っているので、食事券の販売にも影響は出てくるのではと感じている」 不安の広がりは地方にも。函館の朝市です。こちらの飲食店では、「GoToイート」に期待しているものの、感染拡大で食事券を利用する客足が遠のくのではとため息をもらします。 (いくら亭 阿部知彦店主)「感染が広がっているので不安がある。ご購入いただいているお客様に関しては、大いに使っていただきたい。お客様にご協力をいただきたながら営業したい」 急速な感染拡大を制御をしながら経済を動かす。このひずみが図らずもGoToイートで露呈されました。

北海道 2020.11.18 19:11

「条件つき自粛要請」前後で見た その効果

札幌がステージ4相当となった17日と、前日16日の人出を調べたデータです。午後3時の札幌駅前は、17日と16日の人出は全く同じのプラスマイナス0%。すすきのもほとんど変わっていません。まだ18日のデータは収集中ですが、北海道の要請がどこまで市民に浸透するか気になるところです。

北海道 2020.11.18 19:03

「収入減で病院控えて2人死亡」コロナで困窮 支援訴える

北海道の医療団体が、新型コロナウイルスの影響で経済的な収入が減り必要な医療が受けられていない人が増えているとして、公的な支援を強化するように訴えました。 訴えたのは北海道民主医療機関連合会です。団体が7月から9月にかけてうけた31件の相談のうち、22件で新型コロナの影響で収入が減少して必要な医療が受けられない事例があったということです。また病院に行くことを控えたため、2人が死亡した例もあったということです。 (北海道民主医療機関連合会 小内浩事務局長)「(新型コロナの影響で)全世帯に渡って困窮事案が広がっている。医療にかかるより自分でがまんしてしまう、受信抑制が働いている」 この団体では道内の自治体に公的支援の強化や、社会保険制度の充実を求める要請書を提出したということです。

北海道 2020.11.18 18:06

【解説委員が分析】「矛盾抱えた厳しい判断」鈴木知事判断の裏側

札幌市がステージ4相当の警戒レベルにあるとして、不要不急の外出自粛・札幌との往来自粛これらが要請されました。いずれも、「感染リスクを回避できない場合」という、分かりにくい条件がついていますが、なぜこのような要請になったのでしょうか。 (五味解説委員) 「鈴木知事は、2月の緊急事態宣言のとき「人命最優先」を掲げました。道民の命を守るために、「やれるものは全てやる」そして、「結果の責任はすべて知事が負う」とわかりやすかったですし、知事の覚悟が道民の心に響いたんです。 ところが、そのときには商店街もデパートも休業となり、経済的には大きなダメージを負ったんです。あの時のような状況はもうできない、ということ。それから今回はGOTOトラベルを生かした事であいまいな部分を残した。道内の観光業者の方々にGOTOトラベルを続けてほしいという強い気持ちがあるのと、国の施策ですからなかなか知事は否定できない。 鈴木知事としては矛盾を抱えた中での厳しい判断だった、ということになります。外出の自粛による「効果」はあると思うのですが、ポイントは11月27日までにいまの感染状況が収まるのかどうか。感染拡大が収まらないと外出自粛が12月、1月に長引いてくる、それが心配ですし、鈴木知事はさらにもう一つ上の厳しい判断が迫られることになります」

北海道 2020.11.18 16:55

大事なことだがわかりにくい 「感染リスク回避」出来ないのはどんな時?

札幌の警戒ステージが17日「4」相当となった直後の17日夜、新型コロナウイルスの対策を検証する有識者会議が開かれて、知事が掲げた「感染リスクを回避できない場合」とした自粛の条件について、曖昧だなどとの苦言の声が相次いで上がりました。 (鈴木知事)「札幌市内の皆さん、札幌市内に滞在する皆様、感染リスクを回避できない場合、不要不急の外出、札幌市外との不要不急の往来を控えていただきたい。」 感染リスクが回避できない場合の例として、5人以上2時間以上の飲食の場などを示したものの、結局は個人の判断に委ねたカタチとなった知事の発言。 (鈴木知事)「外出の前にいま一度、その外出は感染リスクが回避できるのか、このことを慎重に皆様にご確認いただきたい。例えばこれは感染リスクが高くなる、今回はやめようかなどと、お1人お1人が考えていただければリスクを減らせるので。これは私一人ではできませんので、多くの人のご理解いただきたい」 記者からはこんな質問も。 (鈴木知事)「(Q.旅行に関しては不要不急と捉えて良いのか?)それは利用者によって違うのではないか。不要不急としてこの時期は旅行を回避する方もいるでしょうし、旅行の目的などもある。万全な対策をした上で利用したいという方もいる。(Q.観光であっても不要不急ではない場合もある?)それはそれぞれの方のご判断となる」 (秋元札幌市長)「感染リスクを回避できない場合には、不要不急の外出を控えていただく。改めて徹底をしていただく。今回の大きな強い要請。知事が発した協力要請」 さらに知事と市長の記者会見後に開かれた有識者会議では。 (北海道医師会 三戸和昭常任理事)「札幌がかなり他の地域と比べてだんとつで増えているので、今回の要請については適切な処置をとられている」 現在の医療提供体制のひっ迫を考えると、自粛などの要請は妥当との声があがる一方、こんな声も。 (連合北海道 坪田伸一総合政策局長)「感染リスクを回避できない場合だとか、やや分かりにくい」 (田端綾子弁護士)「感染リスクを回避できない場合に不要不急の外出を控えるなど、どの場面が良くて、どの場面が要請対象となるのか、範囲を考えると難しいなというのが第一印象」 (北海道教育大学 水上丈実教授)「行動目標、行動制限が具体的に道民に伝わると良いと思う」

北海道 2020.11.18 16:35

ふたたび「200」超え すすきのホストクラブでクラスター

新型コロナウイルス最新情報です。北海道では18日、新たに233人の感染が確認されました。過去3番目に多い感染者です。 札幌市で136人、このうち感染経路不明の人は49人となっています。旭川市で5人、函館市で2人、小樽市で3人、石狩管内で47人、空知管内で13人、後志管内で5人、胆振管内で6人、渡島管内で1人、檜山管内で1人、上川管内で1人、留萌管内で1人、宗谷管内で1人、十勝管内で8人、釧路管内で2人、道発表の札幌市居住者が1人。亡くなられた方も3人確認されています。北海道内の発生状況です。感染者が233人と3日ぶりに200人を超えました。100人を超えるのは14日連続で、感染が拡大し続けています。18日も札幌市内で新たに3つのクラスターが発生しています。グループホームで入居者と従業員あわせて10人、専門学校で学生6人、ホストクラブで従業員6人。すでに発生しているクラスターも拡大しています。老人ホーム「ドリームハウス」で3人増え、104人に。認可外保育施設で1人増え13人に。市立栄中学校で2人増え15人に。老人ホームで1人増え13人に。医療機関で1人増え12人に。コールセンターで5人増え15人と感染は拡大しています。

北海道 2020.11.18 16:20

「コロナを超えて美味しさ発信」北海道の味 YouTubeで届けたい

パイやパスタなどの料理が勢ぞろいしました。コロナ禍で外出を控える人が多い中、道東の食材を使った家庭で簡単に作るレシピ動画が公開されました。ユーチューバーも参加して地元食材を盛り上げています。 北海道釧路産のサケをメインに、カボチャと牛乳を組み合わせたパイにー。道東産のチーズたっぷりのマダラと白菜のクリームパスタ。こちらは全て道東食材がメインの料理です。釧路の市民団体が料理のレシピ動画を公開しました。コロナ禍で外出を控える家庭でも簡単に作ることができるオシャレな料理を紹介しながら、道東の食材をPRするのが狙いです。 (釧路みなとオアシス協議会 塩田剛久さん)「クルーズ船のおもてなしが活動の柱だが、コロナの影響で全てキャンセルになり、クルーズ船にかわる活動ができないかと」 趣旨に賛同したフランス料理店の舟崎シェフが、道東食材の特徴を生かしたメニューを考えました。特に乳製品がおすすめだといいます。 (イオマンテ 舟崎一馬シェフ)「ヨーロッパの海岸地域と同じように、コクがある牛乳やチーズやクリームなど、おいしくて世界でもトップクラス」 料理やお酒を楽しむ動画などで活動する釧路のユーチューバーayaさんも料理作りを体験。 (ayakusihiroTV ayaさん)「間違えました!」 自ら試食する様子も撮影して楽しく道東の食材の魅力を発信します。 (ayaさん)「すごい簡単でした。素人の私でもできるくらい。スーパーで買った食材で本格的な料理を簡単にできるので本当におすすめです」 (釧路みなとオアシス協議会 塩田剛久さん)「動画を見て料理を作ってもらい釧路を知ってもらうのと、釧路に来て食材を食べてもらいたい」 コロナ禍で家庭料理の大切さが改めて認識される中、市民あげての新しい食の提案です。

北海道 2020.11.18 13:56

「条件付き」外出自粛要請 店は困惑 観光客「人混み避けて」

新型コロナウイルスの感染が急速に広がるなか、札幌では警戒ステージ「4相当」と位置づけられ、観光地などは影響が出始めています。 (長南記者)「店は開いていますが、人通りは多くありません」 北海道は17日、独自の警戒ステージを札幌市のみ「4相当」と位置づけました。“感染リスクを回避できない場合”という条件つきで、市内で不要不急の外出とほかの地域との往来の自粛を要請していています。観光客らが訪れる市場では困惑していました。 (店の人)「けっこう忙しくなってよかったと思ってたのに、全然半分以下になった」 新千歳空港に訪れた観光客も。 (埼玉からの観光客)「人が多そうなところは避けつつ、せっかく来たので(楽しみたい)」 道は自粛期間について11月27日までとしています。

北海道 2020.11.18 13:53

全国初の調査開始「核のごみ」最終処分場選定 寿都・神恵内で「着手」

高レベル放射性廃棄物「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、北海道・寿都町と神恵内村で文献調査が開始されました。全国で初めてとなります。 18日朝、寿都町役場に姿を見せた片岡春雄町長です。 (寿都町 片岡春雄町長)「(Q文献調査の認可について?)これから始まりますね」 「文献調査の認可」について片岡町長は、しかるべき時にコメントすると語りました。核のごみの最終処分場選定をめぐる第1段階の「文献調査」については、寿都町と神恵内村が調査開始に向けた動きを見せていました。これを受け経済産業省は17日、原子力発電・環境整備機構=NUMOの事業計画の変更を認可しました。今後NUMOは候補地の調査を進めるとともに、寿都町と神恵内村に、住民と対話ができる拠点を新たに設置する計画だということです。

北海道 2020.11.18 13:42

「マスクもファッション」おしゃれで高機能

新型コロナの感染拡大で、いまや生活必需品にもなっているマスク。これをファッションとして楽しむための催しが札幌のデパートで始まりました。 小樽市にある石倉の中で手染めされた綿100%のマスクに、保温性の高い裏地でおしゃれに個性を表現した秋冬用の抗菌シルクマスク。札幌三越・本館1階では「マスクの〇」と銘うって、ファッション性の高いものや機能を追究したマスクなど、100種類以上が並んでいます。一部のマスクはオンラインストアでも購入することができ、オンラインでの収益金は全額、日本赤十字社に寄付されるということです。店頭販売は12月1日までで、札幌三越のほか丸井今井札幌本店でも開催されています。

北海道 2020.11.18 13:38

「核のごみ」文献調査を経産省が認可 寿都・神恵内で調査へ

「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり経済産業省は17日、寿都町と神恵内村での文献調査を認可しました。 高レベル放射性廃棄物・核のごみの最終処分場選定をめぐる第1段階の調査、文献調査については10月、寿都町が応募し、神恵内村は国からの申し入れを受諾しました。これをうけて経済産業省は17日、原子力発電環境整備機構=ニューモの事業計画の変更を認可しました。これについてニューモは、文献調査を始めることを明らかにした上で「調査期間中には放射性廃棄物は一切持ち込みません」とコメントしています。

北海道 2020.11.17 19:45

「現時点ですでに限界近づく」増える患者・増える負担「ひっ迫」医療現場のいま

新型コロナの感染が拡大し、クラスターの増加にも歯止めがかからない中、深刻になっているのが医療機関の負担です。道内の病床はすでに7割が埋まり、医療の現場は危機感をあらわにしています。 「この先がコロナ専用病棟になります」 旭川赤十字病院の内部の映像です。防護服を着た看護師が患者のケアにあたっています。この病院では、新型コロナウイルスの患者専用に24床を確保し、17日時点で18人の患者を受け入れています。 (旭川赤十字病院 牧野憲一院長)「きょうにもいっぱいになってもおかしくない状況です。現時点で、すでに限界が近づいているわけです」 旭川市内の病院から搬送されてくる感染者は、寝たきりの患者が多く食事やトイレなどの介助が必要なため、看護師に負担がかかっています。今後さらに感染者が増えれば、通常の診察に影響が出るかもしれないといいます。 (旭川赤十字病院 牧野憲一院長)「外来の受け入れ、手術の制限など、通常の診療を制限しながらコロナの患者に対応することが必要で、一般の市民生活に影響が出る」 道内には感染者のための入院ベッド数は963床あるそうです。しかし、16日までの入院患者数は686人ですでに7割埋まっているのが現状です。札幌市内の軽症者らが入る宿泊療養施設では、昨夜、部屋の灯りが数多くついている状態でした。札幌市によると、2つの施設で1000人が療養できる部屋を確保していますが、すでに699人が入っているといいます。宿泊療養施設に入っている40代の男性は、施設に入ってから38度以上の発熱と頭痛などに悩まされているそうです。 (感染した40代の男性)「看護師には状況を伝えているが、病院に一時的にも診察に連れて行ってくれるならいいが、それもないので解熱剤とかを出されているだけです。医師の診察があるわけではないので、いま現在不安です」 専門家は、札幌だけではなく道内の医療現場が深刻な局面にきていると指摘します。 (北海道医療大学 塚本容子教授)「このままの感染者数で推移してしまうと、医療がパンクしてしまうと危惧する。年代が広がっているところが、今後、医療をひっ迫するのではないか。入院の状況のバランスをみながら対策を取る必要がある」 医療現場の負担をいかに減らすのか…医療従事者や病床の確保など対策を急ぐ必要があります。

北海道 2020.11.17 19:42

「10万人あたり」札幌ダントツ 全国で群を抜く「感染拡大」

新型コロナウイルス最新情報です。17日、北海道内では新たに感染者197人の感染が確認されました。感染者の内訳です。札幌市で150人、うち、感染経路不明の人は61人となっています。このほか、旭川市で4人、函館で7人石狩管内で12人など感染は全道各地に広がっています。また、亡くなられた方も2人確認されています。札幌市内では新たに3つのクラスターが発生しました。医療機関では患者、職員合わせて11人。介護事業所では従業員と利用者合わせて8人、コールセンターでも従業員10人の感染が確認されました。すでに発生しているクラスターも拡大しています。老人ホーム「ドリームハウス」では感染者が9人増え、合わせて101人となり、道内で最大のクラスターとなってしまいました。札幌以外でもクラスターが発生しています。北海道電力苫東厚真発電所では従業員5人の感染が確認されています。発生状況をカレンダーに落とし込んだものです。17日も道内では感染者が197人確認されました。うち札幌市が150人を占めていて、9日連続で100人を超えています。人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数を見て見ると、都道府県別では北海道がダントツで多くなっています。さらに札幌に限ってみると、ダントツで多い北海道全体よりも遥かに多い50人を超えていて、感染が急速に拡大していることが分かります。

北海道 2020.11.17 19:22

判断基準はどこに?鈴木知事が示す「リスク回避出来ないとき」

継続されるGoToトラベルに関する、鈴木直道知事の考え方です。「感染リスクを回避できぬ時」は当然、旅行を控えていただくとしています。発熱などの体調不良の時、新北海道スタイルが徹底されていない施設に行くことです。今回の発表で鈴木知事は「札幌との不要不急の往来自粛」を呼びかけていますが、つまり「道民一人一人の判断に委ねる」カタチとなっています。

北海道 2020.11.17 19:16

専門家「感染者の状況は序章」知事・市長「厳しい状況」相次ぎ強調

(鈴木知事)「札幌市民を含め市内に滞在している皆さまは感染リスクを回避できない場合、不要不急の外出・札幌市外と不要不急の往来を控えていただきたい。次に、札幌市以外の皆さまに対するお願い。感染リスクを回避できない場合、札幌市との不要不急の外出を控えていただきたい」 札幌市民、そして道民に向けて出された鈴木知事の要請。さらにー。 (秋元市長)「一部の受け入れ医療機関につきましては、医療従事者のなかで陽性者が判明し、新規の受け入れ病床を抑制せざるをえないという状況。医療提供体制は大変厳しい状況になっております」 札幌市の秋元市長も医療提供体制がひっ迫しているとして危機感を露わにしました。感染拡大が止まらない札幌市。17日の感染者は150人と、9日連続で100人を超えました。 (礒貝記者)「午前8時40分、通勤ラッシュということもあり大勢の客が乗り降りしています」 17日朝の札幌市中心部。すでにテレワークや時差出勤が呼びかけられるなか、朝の通勤ラッシュで多くの人の姿がありました。 (通勤する人)「混んでる感じしますね。以前の方が人が少なかった感じがする。今回は普段と変わらない」 道は札幌市のみを警戒ステージ「4」に相当するとして対策の強化を決定。“感染リスクを回避できない場合”という条件つきで市内の不要不急の外出自粛が要請したのです。 (市民)「基本的に出ないよう気を付けますけど、子どものこと考えたらそういかなくなったり、遊ばせたりしないといけなくなったりするので必要最低限、スーパーとかは週に2回しか行けないのかな」 地方都市からもため息がー。感染が拡大する札幌とほかの地域との往来についても、自粛が要請されたためです。 (札幌へ向かう会社員)「必要ではあると思うけど、それをやっちゃうと経済が回らなくなる、仕事なので仕方ない。そこはお許し願いたい」 観光への影響も避けられません。 (佐々木アナウンサー)「駐車場に停まっている車の多くはレンタカーでGOTOを使って訪れる方が多いということです」 札幌の観光名所・羊ヶ丘展望台です。道外から来た観光客も自粛要請は仕方ないと受け止めています。 (神奈川からの観光客)「来てよかったと思うけど、コロナがすごいことになっちゃったので規制がかかったのは仕方ない。もうこの後はおとなしくしています」 鈴木知事が自粛を要請するにあたり挙げた条件。 (鈴木知事)「感染リスクが回避できない場合はどういうときか、疑問にある人もいると思う」 新北海道スタイルを実践していない店に行くことや、近距離での長時間の会合などを例に挙げて理解を求めました。専門家は、感染の収束にはまだ時間がかかるとしたうえで「感染リスクを回避できない場合」にあたらない行動についてこう捉えています。 (北海道医療大学 塚本容子教授)「人が動くから感染するのではない。人が動くとマスクを外す機会が増えると思ったほうがいい。逆にいえばマスクの着用さえ徹底できれば防げる。いまの感染者の状況は序章です。これは収まらないと思います」 瀬戸際に立たされる北海道。札幌市をめぐる外出と往来の自粛が感染拡大の歯止めとなるのか、私たち自身の行動が改めて問われています。

北海道 2020.11.17 19:08

ローソンを「パンダ」が運ぶ 札幌・福岡で全国初サービス

女性を中心に人気を集めそうです。大手コンビニエンスストア・ローソンで食材や日用品などを自宅に配達する新たなサービスが導入されました。 「こちら商品です」 大手コンビニエンスストア・ローソンで新たに導入されたのは、食材などを中心とした配達サービスを手がける「フードパンダ」です。「フードパンダ」はアジア300以上の都市で展開されていて、女性ユーザーが多いのが特徴です。日本のコンビニでの運用は初めてで、17日から札幌と福岡市内のローソンあわせて7店舗で開始しました。 (ローソン新規事業本部 脇本桂子さん)「コロナ禍でも自宅で安心してローソンの商品を試していただける」 ローソンによりますと今後、運用店舗の拡大も検討しているということです。

北海道 2020.11.17 18:12

「会食5人・2時間以上」感染リスク「回避出来ない場合」とは

札幌市は警戒ステージ4相当の対策を強化し、これを27日まで継続させる方向で、具体的には不要不急の外出を自粛、札幌市と他地域との往来自粛が挙げられています。前提条件として感染リスクが回避できない場合として、新北海道スタイルを実践していない店、距離が取れない長時間の会合、マスクをしない飲食、5人以上2時間を超える会食といった例があげられています。これらができない場合、不要不急の外出や札幌への往来を控えてもらいたいとしています。10月の国の分科会の指針として、感染リスクが高まる5つの場面とし、飲食を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、休憩室や喫煙室に移動しマスクを外すといった居場所の切り替わりなどがあげられています。

北海道 2020.11.17 17:05

感染者「200」に迫る「ドリームハウス」最大クラスターに

新型コロナウイルス最新情報です。17日、北海道では新たに感染者197人の感染が確認されました。 感染者の内訳です。札幌市で150人うち、感染経路不明の人は61人となっています。このほか、旭川市で4人、小樽市で1人、函館市で7人、空知管内で3人、石狩管内で12人、後志管内で1人、胆振管内で6人、渡島管内で2人、上川管内で3人、留萌管内で1人、宗谷管内で1人、十勝管内で5人、釧路管内で1人の感染が確認され、感染は全道に広がっています。また、亡くなられた方も2人確認されています。発生状況です。17日も感染者が197人確認されました。これで13日連続で100人を超え、感染が拡大し続けています。札幌市内で新たに3つのクラスターが発生しています。医療機関では患者、職員合わせて11人が感染しています。介護事業所では従業員と利用者合わせて8人、コールセンターでも従業員10人の感染が確認されました。この3つについては濃厚接触者が追えているため名称は非公表だということです。すでに発生しているクラスターも拡大しています。老人ホーム「ドリームハウス」では感染者が9人増え、合わせて101人となり、道内で最大のクラスターとなってしまいました。そのほか、飲食店で2人増え8人に、栄中学校では1人増え13人に、老人ホームでも感染が広がっています。

北海道 2020.11.17 16:59

「人が動くとマスクを外す」仕事や観光 瀬戸際の感染対策

北海道で新型コロナウイルスの感染が急速に広がるなか、道は独自の警戒ステージを札幌のみ4相当として、条件つきで札幌市民の外出自粛と札幌との往来自粛を要請しました。道内の現状、そしてその影響です。 (礒貝記者)「午前8時40分、通勤ラッシュということもあり大勢の客が乗り降りしています」 札幌中心部に位置する地下鉄の大通駅。すでにテレワークや時差出勤が呼びかけていますが、朝の通勤ラッシュには多くの人の姿がありました。 (通勤する人)「混んでる感じしますね。以前の方が人が少なかった感じする。今回は普段と変わらない」 札幌市は17日、新たに150人が感染していたと発表。100人を超えるのは9日連続となりました。道は札幌市のみを警戒ステージ「4」に相当するとして対策の強化を決定。“感染リスクを回避できない場合”という条件つきで今月27日まで市内の不要不急の外出自粛を要請しました。 (市民)「基本的に出ないよう気を付けますけど。子どものこと考えたらそういかなくなったり、遊ばせたりしないといけなくなったりするので、必要最低限、スーパーとか週に2回とかしか行けないのかな」 地方都市からもため息が。感染が拡大する札幌とほかの地域との往来についても自粛が要請されたためです。 (札幌へ向かう会社員)「必要ではあると思うけど、それをやっちゃうと経済が回らなくなる。仕事なので仕方ない。そこはお許し願いたい」 観光への影響も避けられません。 (佐々木アナウンサー)「駐車場に停まっている車の多くはレンタカーでGOTOを使って訪れる方が多いということです」 札幌の観光名所羊ヶ丘展望台です。道外から来た観光客も自粛要請は仕方ないと受け止めています。 (神奈川からの観光客)「来てよかったと思うけど、コロナがすごいことになっちゃったので規制がかかったのは仕方ない。もう、この後はおとなしくしています」 専門家は、感染の収束にはまだ時間がかかるとしたうえで「感染リスクを回避できない場合」にあたらない行動についてこう捉えています。 (北海道医療大学 塚本容子教授)「人が動くから感染するのではない。人が動くとマスクを外す機会が増えるからと思ったほうがいい。逆にいえばマスクの着用さえ徹底できれば防げる。いまの感染者の状況は序章です。これは収まらないと思います。」 瀬戸際に立たされる北海道。札幌市をめぐる外出と往来の自粛が感染拡大の歯止めとなるのか私たち自身の行動が改めて問われています。

北海道 2020.11.17 16:48

コロナも季節は止められない クリスマスディスプレイ展

およそ1か月後に迫ったクリスマスを前に、札幌市の百合が原公園ではクリスマスリースやツリーなどの展示会が開かれています。 ツリーの上には真っ赤なバラの実と針葉樹でつくられた大きなリースが飾られています。札幌市北区の百合が原公園で10日から開催されているクリスマスディスプレイ展には、150点以上のリースやツリーなどが展示されています。道内で活躍する園芸家たちが百合が原公園の枝や葉などを使って作りました。会場ではツリーの飾りつけに使う小物なども販売されています。「クリスマスディスプレイ展」は12月13日まで開催されています。

北海道 2020.11.17 12:39

「重量数百キロ」段ボール積んだ台車倒れる 下敷きになった男性死亡

札幌市北区のドラッグストアで商品を積んだ台車が倒れて男性が下敷きとなる事故があり、男性は搬送先の病院で死亡しました。 事故があったのは札幌市北区北34条西11丁目のサンドラッグ北34条西店です。17日午前8時ごろ、千葉敬さん(56)がトラックから荷降ろしをしていたところ、商品を積んだ台車が倒れ下敷きになりました。千葉さんは病院に運ばれましたが、その後死亡が確認されました。倒れた台車には酒や飲料水などが入った段ボールが積まれていたということで、重さは数百キロあったとみられています。警察が事故当時の状況を詳しく調べています。

北海道 2020.11.17 12:36

通勤時間は「ラッシュ」札幌の外出・往来自粛 午後要請へ

道内で新型コロナウイルスの感染拡大が急速に広がるなか、道は独自の警戒ステージを札幌のみ4相当と捉え、条件つきで札幌市民の外出自粛と札幌との往来自粛を17日要請する方針です。 (礒貝記者)「午前8時40分、通勤ラッシュということもあり大勢の客が乗り降りしています」 8日連続で100人を超える感染が確認されている札幌市。道は札幌市のみ独自の警戒ステージを4相当と捉え27日までの期間“感染リスクを回避できない場合”という条件つきで市内の不要不急の外出自粛と札幌とほかの地域との往来自粛を、17日要請する方針です。 (通勤する人)「仕事に影響しないかなってところがちょっと怖いところかなと」 道外の観光客からも不安の声が聞かれています。 (神奈川からの観光客)「札幌が(感染の)中心だったので、札幌は気を付けるという話はしてきた」 道は17日午後2時からの対策本部会議で、要請を決定する方針です。

北海道 2020.11.17 12:11

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース