中国のニュース

倉敷市で「スポGOMI甲子園」

高校生たちが拾ったゴミの量を競うユニークな大会がきょう、倉敷市で開かれました。 その大会とは「スポGOMI甲子園」。 倉敷市中心部の会場には県内5つの高校から15チームが参加しました。 ルールはシンプルで、3人1組になって半径1.5キロのエリア内に落ちているゴミを拾い、その量でポイントを競います。 制限時間は1時間、高校生たちはゴミが多く落ちていそうな場所を探しながら、吸い殻などを拾いました。 集められたゴミは全部で45キロ。 種類ごとに計量され、その結果、17キロあまりを集めた山陽学園高校のチームが優勝しました。 海ごみ削減の意識を若者にも高めてもらおうと2年前に始まったこの大会。 今年は全国30道府県で開催され、各地の優勝チームがことし12月26日に東京都で開かれる全国大会に出場します。

岡山 2021.09.23 20:00

人気者のキリンに「エサやり台」プレゼント

ことし3月に岡山市の池田動物園に新しくやってきたキリンにエサをあげる台がきょう、プレゼントされました。 2歳のオスのアミメキリン、「サンタロウ」。 高知県からやってきて半年、早くも子どもたちの人気ものです。 その「サンタロウ」にきょうプレゼントされたのがエサやり台。 コロナ禍で経営状況がますます厳しくなった池田動物園を盛り上げようと市内の社会福祉団体が贈ったものです。 よくみると「サンタロウ」より高い位置にあるエサやり台ですが、サンタロウが体長5メートルほどに成長するおよそ2年後から使う予定で、餌やり体験会を開催するなどして来園者の増加に繋げたいとしています。

岡山 2021.09.23 20:00

倉吉市なしっこ館で「ジャンボ二十世紀梨」 通常の2倍の大きさを展示 来月3日まで

秋の味覚の話題。 記者:「なしっこ館に来ています。こちらが通常サイズの二十世紀梨そして今回贈呈されたのはこちら、近くで見るとかなり大きいのがわかります。」 世界の梨に関する展示や梨の食べ比べができるブースなどが設置されている鳥取二十世紀梨記念館なしっこ館。23日から展示されているのは、通常のおよそ2倍の大きさ「ジャンボ二十世紀梨」。なんと重さは800グラム。この梨は鳥取市気高町の梨農家、田中良明さんから寄贈された。 田中さんの農園では普段から大玉の梨を育てているが700グラム以上の梨ができたのは初めてだということだ。 お客さん:「あそこまで大きいと剥くだけで大変そうですね。」 なしっこ館 佐藤哲也館長:「通常のものに比べて2倍くらいということで僕が見た中では一番大きい梨かなと思います。」 なしっこ館はwelove山陰キャンペーンの対象施設となっていて鳥取県内に住む人は半額で入館できる。この「ジャンボ二十世紀梨」は来月3日まで展示予定だ。

鳥取 2021.09.23 19:36

大田市西田地区でしか見られないヨヅクハデ 大切にしたい秋の風景

大田市温泉津町の西田地区。 稲刈りを終えた秋、こちらの地区で見られるのが、4本の丸太をピラミッド状に組み稲を干すヨズクハデだ。 ヨズクとはフクロウのことで、この稲ハデがフクロウが羽を休めているように見えることから、こう呼ばれている。 伝説によると、近くの神社に祭られている神様が大風のたびに稲ハデが倒れるのを見かねて、この方法を伝えたのが始まりといわれている。 どの方向の風も逃しやすく、安定している特性もあるという。 現在は西田地区の保存会がヨズクハデの技術を伝えていて、ここでしか見られない景色となっている。 見に来た大田の人は:「なんかすごいなと思って、SNS映えするなと思って。今、どこも無くなったが。ハデ干し自体が。ずっと残しといてもらうと良いですよね。」 西田ヨズクハデ保存会 中井秀三会長:「先人の残した地域の宝物ということで、今、割に合う仕事じゃないですけど、何とか後世に残していきたいという気持ちで(保存会の皆さんと)頑張っております。」 保存会では24日、地元の小学生を対象にしたヨズクハデづくりの体験会を行うという。 昔から続く秋の風景。大切に守っていきたい風景だ。

島根 2021.09.23 19:34

大山周辺「We Love」に再開に期待 利用料や宿泊料割引で早くも効果

9月23日、中国地方最高峰の大山。中腹に広がる鳥取県伯耆町の桝水高原では、ススキやマツムシソウなどの植物が見ごろを迎え、秋の訪れを告げていた。 訪れた観光客から特に人気を集めていたのが、最高速度25kmでサイクリングを楽しむことが出来る電動アシスト付き自転車Eバイクだ。8月、桝水高原内にオープンした観光案内所「桝水フィールドステーション」でレンタルが始まった。こうした、観光の後押しにと期待されるのが9月22日から鳥取県で再開となった「We Love 山陰キャンペーン」だ。Eバイクもキャンペーン対象になっていて、鳥取県民であれば通常料金2500円が半額の1250円(2時間)で楽しむことが出来る。 利用したこども:「上に登るのが結構きつかったけど下りるときは早くて楽しかった。」 また、この観光案内所のオープンとともに登場したテイクアウトメニューも人気だ。その名も「大山パニーニ」(600円・税込)。大山ハーブチキンを低温調理した柔らかいハムを、こんがり焼いたパンに挟み、ピリ辛のサルサソースで仕上げた一品だ。このパニーニの一番の楽しみ方は… 桝水フィールドステーション 田中めぐみさん:「『天空リフト』に乗ってもらって山頂でくつろぎながら食べていただけたらいいかなと思う。」 リフトで移動桝水高原で春から秋にかけて稼働する観光用の「天空リフト」もキャンペーンの対象で半額に。大人1000円が500円で利用できる。 リフトの目的地、天空の展望台の標高は実に900メートル。眼下には絶景の大パノラマが広がっていた。 一方、地元のホテルもキャンペーンへの期待が高まっている。鳥取県伯耆町のロイヤルホテル大山では新型コロナの影響で今月いっぱいを休館に。先月24日には1日3000円で自然のロケーションなどを楽しみながら仕事が出来るリモートオフィス「Work Place Birdsforest 森の隠れ家」を1階に設けたばかりだった。 利用客:「お風呂を使えるかなと思って来たんだけど。入りたかった。」 ホテルのお風呂を使えることも売りのひとつだったが、休館中の利用は出来なくなっていた。ホテルの担当者によれば、「We Love 山陰キャンペーン」の再開が明らかになってから、ホテルが営業再開する来月以降の宿泊予約や問い合わせが増えているという。 コロナの影響が残るシルバーウィーク。大山周辺では、「WeLevo山陰」再開の効果が早速見られていた。

鳥取 2021.09.23 19:32

「手話言語への理解を」鳥取県内でPR活動 12月には「手話まつり」も開催予定

9月23日は2017年に国連で決議された「手話言語の国際デー」。 これに合わせ、鳥取県聴覚障害者協会が中心となり、手話言語について理解を深めてもらうための街頭活動を鳥取県内7か所で行った。 鳥取県聴覚障害者協会 岡嶋雅人副理事長:「聞こえない人に会った場合、コミュニケーションに困らないよう手話だけではなくて筆談や身振りでコミュニケーションがとれる社会になってほしい。」   今年12月には手話言語の普及促進を目的とした「とっとり手話まつり(鳥取県湯梨浜町)」が開催される予定。 鳥取県聴覚障害者協会ではPR活動やイベントを通して、誰もが安心して暮らせる社会を実現したいとしている。

鳥取 2021.09.23 19:22

ウォーキングしながら清掃活動 鳥取市 保全活動の大切さを子どもたちが学ぶ

23日とっとり賀露かにっこ館では清掃活動が行われ親子連れなど 約50人が参加した。参加者は、かにっこ館と鳥取空港の往復4キロをウォーキングし、道沿いのごみを拾っていく。 参加者:「これは不燃物だがペットボトルやアイスのごみ、あとたばこの吸い殻が意外と捨ててあった。きれいな道で歩くにはちょうど良いのでゴミは捨てないでほしい。」 参加者は、海岸沿いの景色を楽しみながらペットボトルや空きビンなどを拾いごみ袋に入れていた。 参加者:「楽しい、海が青くてきれいだった。」 「ごみが道路とかに捨ててあったのでちゃんとしたところに捨てて ほしいと思った」 かにっこ館 尾崎雅雄館長:「生き物を大切にするということは周りの環境も大切にするということ。思ったよりごみが落ちているなというのと参加者が楽しんで清掃活動をしているのがよく分かった。」

鳥取 2021.09.23 19:21

【山口】里山の豊かな自然を 萩焼の作品展

里山の豊かな自然を感じることができる萩焼の作品展が周南市で開かれている。 アヤメの花の豪華な雰囲気を感じることができる壺や、柔らかなスイレンの花が描かれた鉢。周南市のギャラリーで開かれている萩焼の作品展では、陶芸家=大井正則さんと妻の美智子さんの作品が展示されている。二人は防府市佐野の窯で作品をつくっていて、作品に窯の近くや自宅の庭に咲く草花を絵付けしているのが特徴。草花を描いている作品でも正則さんの作品では力強さを、美智子さんの作品では柔らかさを感じられ、夫婦それぞれの表現方法を楽しむことができる。また、今回は関東を中心に活動している陶芸家で娘の茉美さんの作品も展示されている。「大井正則・美智子二人展」は周南市のギャラリー三匹の猫で来月3日まで開催されている。

山口 2021.09.23 19:18

休園中の公園で秋の花が見ごろに 再開へ職員の思い

赤と黄色の小さな花を咲かせる秋の花、ケイトウが見頃を迎えている。しかし、園内に人の姿はない。国営備北丘陵公園は緊急事態宣言に伴い先月下旬から臨時休園している。 作業をしているスタッフに声をかけた。 Q何をされているんですか? ■国営備北丘陵公園・佐々本真鈴さん 「これは360度の写真が撮れるカメラ。これだけきれいに咲いてくれてる中で見てくれる人が全くいないのはやっぱり寂しい。せっかくならこの秋の花を楽しんで頂きたい」 HPに載せるための映像を撮影していた。 この時期は「コスモス」や「ジニア」など秋を彩る花が見頃となり例年であれば訪れる客が多いという。しかし、相次ぐ休園で今年度の入園者は例年と比べ4割減っている。 ■男性スタッフ 「いい時にいつも休園になる」 ■女性スタッフ 「やっぱり子どもさんの声が聞こえないと寂しい」 スタッフは今、来月からの再開に向け動き始めている。感染者の減少で宣言の解除も検討されており、作業にも自然と力が入る。 ■国営備北丘陵公園・佐々本真鈴さん 「緊急事態宣言が解除され公園が開園したらみなさんに遊びに来てほしいです」 国営備北丘陵公園は10月1日の再開を予定している。

広島 2021.09.23 19:18

【山口】親子で米軍基地を見学 岩国で基地見学ツアー

岩国市に住む親子がアメリカ軍岩国基地を訪れ、航空機の見学などを通じて基地で働くアメリカ人との交流を深めた。 「基地内交流ツアー」は英語への関心を高めてもらおうと岩国市が開いていて、市内の親子20人がアメリカ軍岩国基地を訪れた。一行がまず向かったのは、空中給油機「KC-130」の格納庫。KC-130は2014年に沖縄の普天間基地から岩国に移転してきた部隊で、輸送や、他の航空機への空中給油などを行う。参加者は機内に入り、海兵隊員の説明を受けながらコックピットや貨物室を見学した。参加者は基地内のボウリング場も訪れ、海兵隊員との交流を楽しんでいた。

山口 2021.09.23 19:17

シルバーウィーク後半 キャンプ場も賑わう テントも大型が人気

宍道湖を望む松江市宍道町のふるさと森林公園。公園内には、テントを張れる区画が27か所あるがシルバーウィーク後半は県内客を中心に予約でほぼ埋まっている。 今朝はそれぞれが作った朝食で、自然との時間を過ごし家族の絆を深めていた。 雲南市から来た利用客:「最高です。」 雲南市から来た利用客:「ちょっとでも子供たちも発散できるように。」 松江市から来た利用客:「普段あまり会話が少なかったりするお兄ちゃんたちなんかもキャンプに来ると、いろいろ学校のこととか話してくれるのでいい機会かなと。」 中には今年からキャンプを始めたという人も。 出雲市から来た利用客:「コロナになって出かけることが少なくなったんで自然の中だったらいいかなと思って。」 キャンプは3回目というこちらの男性。家族のために、中が広々としたテントを購入した。ふるさと森林公園によると、近年のキャンプブームと去年からの旅行控えによって最近はこうした6人以上の大型テントを所有する人が増えてきたという。アウトドアの時間をより充実させるため、キャンプ用品もますます充実。新型コロナの収束が見通せない中、この先もキャンプブームは続きそうだ

島根 2021.09.23 19:15

秋分の日 島根半島の日御碕 観光客集う 秋の海風を受けて日御碕灯台周辺

島根半島の西の端出雲市大社町の観光名所日御碕だ。海風はやや強かったものの、断崖絶壁にそびえる、日御碕灯台の周辺では県内外から観光客が訪れ散策を楽しんでいた。 広島県からの観光客:「主人の実家が松江なのでお彼岸でお墓参りに(帰省した)。」 出雲市からの観光客:「気分転換ストレス解消。」 神戸からの観光客。シベリアンハスキー5匹を連れてスリル満点に記念写真だ。 神戸市からの観光客:「外で遊べるところがたくさんあるところはワンちゃんにとってもよいと思う。ワンダフル。」

島根 2021.09.23 19:15

新型コロナ 鳥取県が独自の警報引き下げ 東部が警報から注意報へ 

感染者の減少傾向が続く、新型コロナウイルス。22日の検査で、島根県では4人の感染が明らかになった。鳥取県では感染者は確認されなかった。 島根県で感染が明らかになったのは、出雲市と浜田市でそれぞれ2人。4人のうち3人は、既に陽性が判明している人の接触者。感染者の累計は、1577人となった。 2日ぶりに感染者の発表がなかった鳥取県では、県独自の様々な指標が引き下げられている。 感染者数や病床使用率を元に判断する「鳥取県版新型コロナ警報」については、東部地区で23日、警報から注意報へと変更された。 中部地区では21日に注意報が解除されていて、西部地区では警報が発令されたままとなっている。 また、ウイルス量の多い感染者が確認された場合に発令される「感染増大警戒情報」については、東部地区と西部地区で21日に「厳重警戒レベル」から「警戒レベル」へと引き下げられている。

鳥取 2021.09.23 19:14

宣言下の秋分の日 秋祭りは規模縮小で開催

江戸時代から400年以上続く呉市・阿賀地区の「太鼓祭り」。2年ぶりに伝統の太鼓の音が響いた。8年前の映像では、大小さまざまな太鼓を打ち鳴らす「練り歩き」や400キロ近くある大太鼓を担いで神社の境内に向かう階段を駆け登る姿が勇壮さを物語っていた。 しかし、感染拡大で去年は神事のみの事実上の中止に…。今年は規模を縮小し、感染対策を徹底して開催する。太鼓は、境内に一つ置き、祭りに対する心意気を示した。 ■子ども 「楽しかった」「太鼓好き」 ■神田神社氏子青年会野髙義明会長 「今年は我慢して太鼓1基でなんとか精一杯祭りを盛り上げていきたいと思っている」 秋晴れとなった島市中区の最高気温は30度超えに。買い物客も多く訪れた。 ■家族連れ 「多いっすね、人が。マスクは持ってきてはいる。室内に入るときはつけようかな」 Q何のマスク? 「呪術廻戦!」 広島市中区の圓龍寺では彼岸の中日にあたるきょう、朝から家族連れなどが墓参りに訪れ、季節の花や線香を手向けていた。 ■墓参りに訪れた夫婦 「早くコロナが終わってほしい。幸い家族みんな元気なので、これからも守っていただくようにお願いした」 秋の彼岸は今月26日まで。

広島 2021.09.23 19:11

広島 新型コロナ56人感染確認

感染が確認されたのは、広島市が37人、東広島市が8人、福山市が5人、呉市、三原市、尾道市、熊野町、府中町、神石高原町が1人ずつの、あわせて56人。一日の感染確認が50人を超えるのは4日ぶりとなる。 22日時点の重症は10人。中等症は33人。入院している患者は、128人。自宅で療養・待機している人は、226人。 直近1週間の10万人当たりの新規感染者は「12、5人」で、ステージ3・感染急増の水準「15人」を下回っている。

広島 2021.09.23 18:57

松江市北消防署北部分署が10月1日に開所 2002年以降の消防再編完成へ

10月1日に新たに松江市北消防署北部分署が開署する。これにより松江市の消防署の再編が完成する。 松江市北消防署北部分署は秋鹿出張所と鹿島出張所を統合し、10月1日松江市西長江町に開署する。松江市は2002年から2署9出張所を2署4分署1出張所に再編する消防力整備実施計画を進めていて今回の開署で再編が完成することになる。 北部分署には常時6、7人の職員が勤務、救急救命士を配置するほか車両2台の同時出動が可能となる。 松江市 上定市長:「今回2つの隊を作ってその隊が協力することによって災害の規模等に応じて対応してまいります。」 敷地内にはヘリポートが建設されドクターヘリとの連携も強化される。

島根 2021.09.23 15:47

鳥取市 受験生PCR検査費用2回まで助成 県外の大学など受ける場合が対象

鳥取県外の学校を受験した学生を支援するため鳥取市はPCR検査費用の助成を行っている。補助対象となるのは、鳥取県外の大学などを受験する鳥取市内に住む受験生とその付き添い1名以内(鳥取市在住者)だ。 9月1日から来年3月31日までに自主的に受けたPCR検査のうち、鳥取市に戻った日から14日以内に検査した場合に申請が可能だ。1件の検査につき5000円を超える部分の費用が2万円を上限に補助され、1人の受験生について2回まで申請できるという。 来年4月14日まで鳥取市のHPから申請することができる。

鳥取 2021.09.23 15:46

岡山県「まん防」で初の罰則付き時短命令

今月13日からの「まん延防止等重点措置」への移行に伴ない岡山県が改めて要請した時短営業に応じなかったとして、県はきのう、岡山市と倉敷市の31店舗に罰則付きの時短命令を出しました。 重点措置に伴う特措法に基づいた時短命令は初めてです。 時短命令が出されたのは岡山市と倉敷市にある31の接待を伴う飲食店や居酒屋などです。 岡山県では今月13日から「まん延防止等重点措置」に移行されてからも県内17の市町の飲食店などに午後8時までの時短要請を維持し、県職員などによる夜の巡回も継続していました。 その巡回によって31店舗の午後8時以降の営業が確認された事から、今月30日までの時短命令を出したもので、中には緊急事態宣言の時にも命令を受けた店舗も複数あるという事です。 岡山県は、31店舗の名前をホームページで公表すると共に今後も命令に応じない場合は裁判所に通知し、最大20万円の過料を科す手続きに入るとしています。

岡山 2021.09.23 13:49

【山口】岩国刑務所で女性刑事被告人が自殺

岩国刑務所は、拘禁中の女性の刑事被告人が21日、刑務所内で自殺したと発表した。自殺したのは、岩国刑務所に拘禁されていた50代の女性刑事被告人。 岩国刑務所によると21日午前5時半過ぎ、刑務所の単独室内で女性が洗面台の蛇口に黒いタイツをくくりつけ首を吊っているのを巡回中の刑務官が発見したという。女性は外部の病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。女性は刑事事件で起訴され裁判の手続き中だったというが、刑務所は、起訴罪名を明らかにしていない。岩国刑務所での自殺事案は2012年7月以来で、磯貝真之所長は「被収容者が亡くなったことは遺憾。今後とも被収容者の動静視察および心情把握を徹底し同種事案の再発防止に努めて参る所存」とコメントしている。

山口 2021.09.23 12:21

【山口】秋分の日で墓参り

23日は秋分の日・彼岸の中日。山口県内の墓地でも朝から墓参りに訪れる人の姿があった。 秋の彼岸の中日は亡くなった人たちをしのぶ日。周南市の緑地公園にある大迫田墓地公園でも線香を手向けて墓前で静かに手を合わせ冥福を祈っていた。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるとおりこれから朝晩はやや冷え込む日が多くなっていく見通し。

山口 2021.09.23 12:20

休園中の公園で秋の花見ごろ

緊急事態宣言で臨時休園している国営備北丘陵公園で秋の花が見ごろを迎えている。客の姿はないが、スタッフは今、来月からの再開に向け、準備を進めている。感染者の減少で宣言の解除も検討されていて、作業にも自然と力が入る。 ■国営備北丘陵公園佐々本真鈴さん 「緊急事態宣言が解除され公園が開園したらみなさん遊びに来て頂ければと思う」 国営備北丘陵公園では来月1日の再開を予定している。

広島 2021.09.23 12:08

秋分の日 彼岸の墓参り

広島市の圓龍寺には、朝から家族連れなどが墓参りに訪れ、季節の花や線香を手向けていた。広島市中区では午前10時にすでに26.6℃を観測し、汗ばむ陽気となっている。きょうの最高気温は31度の真夏日になる予想だ。 ■墓参りに訪れた夫婦 「さわやかな暑さで気持ちがいい。早くコロナが終わってほしい。幸い家族みんな元気なので、これからも守っていただくようにお願いした」 秋の彼岸は今月26日まで。この寺院によると、彼岸の中日にあたる23日までが墓参りのピークだという。

広島 2021.09.23 12:04

2歳長男殺害の父親に懲役12年判決 広島地裁

去年、広島市内の自宅で当時2歳の長男を床に投げ落として殺害した父親に、広島地裁は懲役12年の判決を言い渡した。 殺人の罪で判決を受けたのは、山口県の無職・倉重貴英被告(37)だ。起訴状などによると、去年7月、広島市西区の自宅マンションで、当時2歳の長男を木製の床に後頭部から投げ落とし死亡させた罪に問われている。 広島地裁であった判決公判で、杉本正則裁判長は「被害者が泣き続けることに立腹し、怒りのままに犯行に及んだ動機は身勝手で理不尽というほかない」と指摘。一方、「検察側の求刑は長女への暴行事案も踏まえており、参考にできない」として、懲役17年の求刑に対し、懲役12年の判決を言い渡した。

広島 2021.09.22 21:10

防げ!特殊詐欺 被害2億円超の尾道で約2万戸に啓発カード配布

広島県内で被害額が2億円を超えた特殊詐欺。額が最も多い尾道市では、警察官が被害防止に向けポストカードを配布するなど独自の対策が続いている。 「特殊詐欺が増えているので気を付けてください」 22日午前、尾道市では、警察官が高齢者が住む世帯に具体的な被害例を記載したポストカードなどを配った。尾道署管内では、特殊詐欺による被害額が今年に入り5800万円を超えており、去年のおよそ8倍。被害者は全て高齢者だ。尾道署は、電話番号などが特殊詐欺グループに出回っている可能性を指摘する。 【尾道警察署生活安全課 渋谷嘉人課長】 「手口やこういう被害があるとか皆さん知っておられるが、いざ自分に電話かかってきたりしたら混乱してしまって、被害に遭うという形なので、まずは自分にも起こり得るんだということを意識してもらいたい」 県警によると、被害額は先月、2億円を超え、すでに約2億3000万円となっている。 【オレオレ詐欺の音声】 「2、3日の間だけなんじゃけど、なんぼか助けてもらえんかなと思って金額大きいけできる範囲でいいんじゃけど」 県警が公開したオレオレ詐欺の音声。実際に尾道市内の高齢女性にかかってきたもので公開することで注意喚起を図る。さらに、動画も制作。啓発に力を注ぐ。県警は「電話でお金の話が出た時には身近な人や警察にまずは相談をしてほしい」と呼びかけている。

広島 2021.09.22 21:07

みんなで防災PJ その時アナタは? アンダーパスが冠水

「今動こうみんなで防災プロジェクト」。先週、日本を縦断した14号のように、今月から来月にかけては多くの台風が接近する季節で、注意が必要だ。塚原さんが取材した。 きょう注目したのは、台風などの大雨によるある被害だ。その事態に直面したときみなさんはどのように対処するか? 【記者】「道路が水で溢れていて完全に見えなくなっている」 大雨で繰り返し起きるのが、鉄道や道路の下を走る「アンダーパス」と呼ばれる道の冠水だ。大量の雨水が流れ込み、車が水没するなどしている。道路が冠水しやすい地点は県内に62か所あるとされ、交通規制は県が管理する道路だけでも今年すでに3回あった。 そのうちの一つ、安芸郡海田町でJR呉線の高架下を通る、通称「海田アンダー」だ。当時の状況を聞いた。 【JAF広島支部 田中浩司事業課長】 「一番高い水位で2.4mくらいなので、ちょうどこの歩道が全部隠れてしまう。そういった高さまで水があった。車はどういう状況だったんでしょう? おそらくその当時はまだ水深がそんなにない状況で車が侵入してきたと思う。そして身動きがとれなくなって、みるみるうちに水が集まってきて冠水してしまったという状況だったと思う」 道路映像にイラスト車がアンダーパスに侵入した際は、水没するほどの深さではなかった。しかしエンジンが止まり、急激に上昇した水に呑み込まれた。車が、冠水した道路に進入してしまうのは、何故なのでしょうか。 【田中浩司課長】 「進入してしまって思いのほか深かったということで、身動きがとれないというケースがある。車の大きさ、車高の高さ、形状、走行する速度によっても違うが、前の車が通行できたからといって、自分の車が通行できるとは限らない」 どれくらいの深さまで持ちこたえられるかは、車種や速度で異なる。これは水深60センチでの実験だ。車高の低いセダンでは、巻き上げた水がエンジンルームに入ってしまい、通過できない。車高の高いSUVは、時速10キロでは何とか走行できたが、時速30キロになると、すぐに停まってしまった。 【田中浩司課長】 「どれくらい浸かると車が停まってしまう? 水深がタイヤの半分を超えてしまうと走行困難に陥るケースがある」 しかし、実際に冠水した道路では水深も水の中の様子もからない事がほとんどだ。 【田中浩司課長】 「冠水道路に遭遇したら、安易に進入せず迂回することが大事だ」まずは危険個所を通行するようなそういったルート選択をしないことが一番大事だと思う」

広島 2021.09.22 21:06

社員の健康増進で会社が成長 米子市の企業が導入した"置き野菜"サービス

米子市にSDGs8項目「働きがいも経済成長も」に取り組む企業がある。米子市に本社をかまえる山陰酸素工業だ。工業用や家庭用、医療用ガスの販売をはじめ、周辺設備の施工やメンテナンスなどを行っている。 今年3月、この会社の休憩室に冷蔵ケースが設置された。なかには新鮮なサラダが入っていた。 山陰酸素工業総務経理部 小笹翔太さん:「野菜が足りないなと思ったときに100円を入れて自分の好きな野菜をプラスワンする。」 この冷蔵ケースは、サラダやフルーツなどを社員に気軽にとってほしいと導入された。その名も「OFFICE DE YASAI(オフィス デ ヤサイ)」。今年3月に導入した。 東京の企業が2014年から展開している企業向けの福利厚生サービスで、すでに全国2800箇所で導入。山陰地方でも30箇所の事業所に設置されている。週に1回、サラダやフルーツが届き、値段は100円のワンコインに設定。何故、導入を決めたのか? 山陰酸素工業総務経理部 細木晃部長:「社員の皆さんの健康を後押しすることで働きがいなどにつなげていけばいいと考えている。」 もともと、コロナ禍で外食などがしにくくなった社員らを気遣い、このサービスを導入した。現在は、会社の資本である社員の健康をサポートすることで働きがいなどの向上に繋がればと活用を続けている。いまでは山陰酸素工業の9か所の事務所で実施している。 社員:「きょうはカップラーメンとあんぱんの予定だったけどこうやって100円で買えるのだごく助かってる。」 山陰酸素工業総務経理部 細木晃部長:「社員の皆が健康をちょっとでも考えるきっかけとなって働きがい、やりがいにつながって最終的に会社の事業活動にしっかりと還元いただけると会社としても応援いががあったなと思う。」 山陰酸素工業では、今後も様々なかたちで社員の健康増進に取り組み、企業の活性化につなげたいとしている。

鳥取 2021.09.22 20:13

全国知事会 総裁選候補者にコロナ対策要請 全国知事会 ロックダウン的手法の導入などを求める

22日、全国知事会の会長を務める鳥取県の平井知事は、宮城県の村井知事とともに東京の衆議院議員会館を訪れ今月29日に投開票が迫った自民党総裁選の立候補者に対し要請活動を行った。 手渡されたのは『ロックダウン的手法の導入やワクチン接種体制の更なる充実』などを求める提言書で、立候補者に対し、それぞれの提言について賛否を問うもの。 各候補者から得た回答結果は投開票日の前日、今月28日に公表さされる。

鳥取 2021.09.22 20:03

「WeLoveキャンペーン」に歓迎の声 22日から鳥取県内限定で再開

観光を支援する「WeLove山陰キャンペーン」が、22日から 鳥取県内限定で再開となった。長引くコロナ禍から抜け出す新たな展開につなげようと宿泊施設などは歓迎している。米子市を代表する温泉地皆生温泉にある旅館でも「WeLove山陰キャンペーン」の再開を受け、さっそく予約が相次いでいる。 いこい亭菊萬 柴野清社長:「結構、電話でも(予約の)問い合わせがあって反響は大変あるね。大変うれしく思っている。」 鳥取県は、感染者数や病床の使用率が「感染急増段階」であるステージⅢの指標をすべて下回っていることから、現在は「ステージⅡ」であると判断。ステージが下がったことを受け、鳥取県では、実施を一時停止していた宿泊施設や観光施設を支援する「WeLove山陰キャンペーン」を22日から再開した。 このうちホテル・旅館を利用する際は5000円を上限に宿泊料の半額が補助される。さらに米子市では市民などを対象にした独自の「宿泊応援キャンペーン」も22日からスタートした。米子市民、又は市民を含む4人以下のグループを対象に市内のおよそ40の宿泊施設でその料金を半額にするというものだ。鳥取県のキャンペーンと合わせて利用した場合、割引の上限額は3千円となっていて、併用した場合は合わせて最大8千円の割引きが可能となる。 いこい亭菊萬 柴野清社長:「(キャンペーン併用で)最大8千円(割引き)となるので、米子の市民割引きということで利用しやすくなられたと思うので是非お越しいただきたいと思っている。」 鳥取県限定の「WeLove山陰キャンペーン」は、22日から来月末まで。また米子市の市民などを対象にした市独自の宿泊キャンペーンは、12月18日までの実施が予定されている。

鳥取 2021.09.22 20:03

コロナ禍の産後・育児を守れ!最新サービス 産後ケアサービスで心身回復 

コロナ禍で、人と会う機会が制限される中子育て環境は大きく変わった。中でも、心の不調が表れやすいとされる。出産後のお母さんたちが孤立しないよう、訪問型の育児サービスや育児施設に注目が集まる。 コロナ拡大のスタートの年となった、去年2020年は、全国でおよそ84万人の赤ちゃんが誕生。山陰両県でも、およそ8200人(鳥取3783人島根4473人)の赤ちゃんが生まれた。コロナ禍での出産という異例の経験をしたお母さんたち。 1歳の子どもの母:「(出産時は)夫とか家族にも全然会えないし追いつめられるじゃないけどどうしようどうしようという感じがすごく。」 2歳の子どもの母:「いろんな人とも接することができず不安、子育てが不安だなって。」 育児のプロもこの時代の子育てに変化を感じている。 産後ドゥーラ 久家梨恵さん:「コロナになってからの出産されたお母さんは表情というか不安が大きくなっておられる」 コロナ禍の産後や育児を守れ。最新の育児サービスを取材した。 出雲市大社町の安田実加さん。8月18日、第三子となる女の子を出産した。小学生の兄二人も育てる安田さん。8年ぶりの分娩は、家族の立ち合いはできず孤独な入院生活だったという。 安田実加さん:「誰にも会えないという中でちょっと気分が落ちたっていうかそういうのは上の子たちに比べたらあったかな。話したい(気分)。」 そんな産後間もないお母さんを支援しようとある取り組みが注目を集めている。安田さんの自宅を訪ねたのは産後ケアサービス「産後ドゥーラ」の資格をもつ久家梨恵さんだ。新生児を抱え、買い物に出られないお母さんに代わってこの日はあらかじめ頼まれた食材などを購入していた。母親の手助けをする「産後ドゥーラ」。「ドゥーラ」とは、ギリシャ語で「女性を助ける人」。産後間もない母親への訪問サービスとして、10年前に立ち上げられた民間の組織で、資格を持つ人は全国で270人あまり。山陰では島根県で2人の産後ドゥーラが活躍している。 この日は、久家さんが赤ちゃんの沐浴も手伝う。お母さんの安田さんはそばでわが子を見守りながら、自分の体を休め、ゆっくりと過ごした。 安田実加さん:「沐浴とかもしてもらうことで今まで家族とやってた分の時間が余裕ができるというかすごい心強い。」 産後ドゥーラのサービスは1時間1500円(税込)で、買い物や、食事作り掃除、ミルクの時間など、親の代わりとしてサポートする。2年前から産後ドゥーラの活動をする、久家さんは、現在4件のサポートを行っていて徐々に契約数も増えているという。 産後ドゥーラ久家梨絵さん:「一緒に悩んだり一緒に考えたり一緒に乗り越えられる伴走者横で見守って支えてあげたいな。」 特に産後の女性の体は、ホルモンバランスの変化で、心の不調をきたしやすく、コロナ禍で閉塞感も高まっているとして、医師も注意を促す。 島根県立中央病院 精神神経科 森﨑洋平部長:「妊婦さんがうつ状態になる割合って20%くらい。産後になると割合は8人に1人くらい。そんな中でコロナと対峙していて感染しないようにとか自分が感染していたらどうしようとか先々の不安を抱えやすくなっているんじゃないか。」 こうした中、民間の子育て支援施設としてスタートした「香具礼(かぐれ)」。この日は乳幼児を連れたお母さんが集まった香具礼は、産前産後を中心に育児を一人で抱える人たちを支援するため、助産師のサポートが受けられる施設だ。 助産師 杉原恭子さん:「ありのままの自分を出してもらって全然かまわなくて相談したりできる場所であってほしいと思っています。」 この施設では産後間もない親子が、寝泊まりして助産師のサポートを受けられる部屋のほか、少人数での集まりにも対応するレンタルルームも完備している。この日は、2組の親子が日頃の子育てについて助産師と話し合った。沖縄県出身で、出雲市で暮らす2歳の女の子の母親。 沖縄県出身 出雲市在住の母親:「日中はワンオペ(一人で育児)だし不安こころが気持ちが不安定。第二の実家みたいな感じで。」 助産師 杉原恭子さん:「そうだね。沖縄帰れんしね。」 沖縄県出身 出雲市在住の母親:「不安の中でもやっぱりこういう場所があるので子育てしやすいがんばりやすい。」 出雲市出身 出雲市在住の母親:「ここに来ると心地がいいし、あよかった楽になったって気持ちになった。」 そして、施設内には、お弁当やお惣菜を販売する店舗も併設。季節のフルーツをはじめちょっとしたおかずに日替わり弁当が並ぶ。外食を控える人が多い中テイクアウトで施設内で食べることも可能。日々の食事面でも、親子をサポートしているのだ。 助産師 杉原恭子さん :「今だからこそ人とのつながりというか私ひとりじゃないっていう気持ちが持てる場所や時間があってほしくてこどもたちにも笑顔で育てられてるんだよっていうのを見てもらいたいというか見せたいというか子育て楽しいって思ってもらえるような地域が作れたらよくて、それがおのずと人口増加の方につながってくれると助産師としてはすごくうれしいなと思います。」 交流の機会が少ないことに慣れつつあるコロナ禍の生活で見落とされがちな子育ての孤立。地域や周りのサポートが親子にとってより大きな意味を持っている。

島根 2021.09.22 19:56

島根スサノオマジックがチームの新体制発表 開幕戦を前に出雲大社で必勝祈願も

昨シーズンはB1西地区5位とこれまでで最高の成績を収めた島根スサノオマジック。今シーズンはさらに上を目指している。 22日はポール・ヘナレヘッドコーチや選手たちが出雲大社を訪れた。選手たちは拝殿で祈祷を受けた後、チーム名の由来となっているスサノオノミコが祀られている素鵞社を参拝した。そしてパワースポットと言われている素鵞社の岩に触れて気持ちを奮い立たせていた。 金丸晃輔選手:「(出雲大社は)初めてです。けがしないこと、あとは健康でいること、その上でシーズン戦い抜けるようにお祈りした。」 また、スサノオマジックは必勝祈願後にチームの新体制について記者会見を行い、新シーズンのスローガンを発表した。 スタッフ:「UNITEasONE。一致団結という意味」 地域と一緒に成長するチーム作りを目指す。 そしてスサノオは新キャプテンも発表。 アルバルク東京から加入したポイントガードの安藤誓哉選手が就任した。 安藤誓哉新キャプテン:「自分のキャプテンシーは常に前に向かって戦う姿勢を先頭に立って見せていくことなので、戦う姿勢をみせていきながらレギュラーシーズンを戦っていきたい。」 また代表選手としてオリンピックを戦った新加入の2選手は。 日本代表 金丸晃輔選手:「愛知県(のチーム)にいるときよりも 声をかけられるので(松江は)すごく盛り上がっているという印象です。継続することを第一にしっかりレギュラーシーズンを戦っていきたい。」 オーストラリア代表 ニック・ケイ選手:「僕らのバスケをやりきって結果に繋げる。チームの応援よろしくお願いします」 スサノオのB1リーグ開幕戦の相手は昨シーズン、リーグ優勝した強豪「千葉ジェッツ」で10月2日と3日に松江市総合体育館で行われる。

島根 2021.09.22 19:52

鳥取県生まれのブランド柿「輝太郎」査定会 鳥取県で育った大玉で糖度が高い柿

秋の味覚として10月中旬から11月にかけて旬を迎える柿だが、一足早く旬を迎える柿がある。 28日、鳥取県を代表するブランド柿「輝太郎」の査定会が行われた 2010年に鳥取県で生まれたブランド柿「輝太郎」は、一般的な柿よりも早い時期に収穫され、実が大きく、糖度が高いのが特徴だ。 28日に鳥取県湯梨浜町で行われた「輝太郎」の査定会には、今年も多くの大玉が並んだ。 鳥取県農協かき部長協議会 北尾富行会長「糖度は昨年よりもいい。熟れ具合も昨年より早い。」 今年の平均糖度は14.5度で、この日の最高糖度は18度。例年よりも大玉に仕上がったという。 今年は4月に霜、7月の台風や長雨により、一部に被害があったが、全体的な収穫量は増加したという。 鳥取県農協かき部長協議会 北尾富行会長「非常にデリケートな柿でして、(柿の)表面のこすれなども心配していたんだけど、順調に育っているので、おいしい柿にできあがっていると思う。」 「輝太郎」の販売は今月28日から始まり、JA全農とっとりでは116トンの出荷、7600万円の売上げを目指しているという。

鳥取 2021.09.22 19:50

新型コロナ詳細 浜田市役所職員が1人感染など 米子ではクラスターの施設再開へ 

新型コロナウイルスについて、21日の検査で新たに島根県で11人鳥取県で2人の感染が確認された。 島根県の内訳は松江市で7人出雲市で2人浜田市、奥出雲町でそれぞれ1人となっている。 このうち浜田市では浜田市役所本庁舎に勤務する職員1人の感染が確認された。この職員はすでに感染が判明している人の濃厚接触者で今月6日から自宅待機をしていたということだ。 なお、市役所の業務は通常通り行っている。 一方、鳥取県では鳥取市保健所管内と米子保健所管内でそれぞれ1人の感染が確認された。鳥取県の感染者の累計はこれで1635人となった。 また、クラスターが発生し今月9日から臨時休業していた米子市の放課後児童クラブ「明道小学校なかよし学級」は今月24日から再開されるということだ。

鳥取 2021.09.22 19:49

大雨や日照不足 米子市の白ネギにも影響 農家は収量確保に懸命

8月中旬以降の大雨や日照不足などの影響で、鳥取県西部特産の白ネギにも影響が出ている。米子市の村田彰さんの畑も、先月の大雨で冠水したという。 白ネギ農家 村田彰さん:「水が、その時はもう少し畝が低いですけど、ネギのこのへんくらいまで。それを(ポンプで)吸い上げて下がって、また雨が降ったらすぐ上がってきて。」 10月から11月にかけて収穫する白ネギを、27アールの畑で育てている村田さん。排水作業など様々な対策をとり、9割ほどは出荷できる状態に仕上がったという。 村田さん:「栄養剤も入れて、例年より1.5倍から2倍くらい何回もこの畑は入ってなんとか元気が出るように色々と手は尽くしました。」 本数は減っていないものの1本1本が細くなってしまい、重さとしては例年より15%ほど減少する見込みとなっている。 村田さん:「このネギたち、ひと夏えらい思いしたけど、こうやって元気に育ってくれたので、これからちょっとずつ寒くなってきたら鍋にも入れるし、地産地消というか、生き残ったネギを皆さんに食べてほしいですね。」

鳥取 2021.09.22 19:46

天候不順で野菜高騰 スーパーは売り方工夫 価格安定のキノコなど売り込み 

鳥取市内のスーパーを訪ねてみると。 エスマート田園町店 西山連店長:「雨の影響で果菜類、あと葉物が大変高騰しています。8月から9月に種付けをする予定だったものがずれ込んでしまって、とれていないという状況です。」 8月中旬以降の大雨や日照不足などの影響で、全国の産地で収穫量が落ち込んだり生育が遅れたりしていて、特にレタスやキャベツ、トマト、ナスなどが例年の1.5倍から2倍ほどの価格になっていた。 買い物客:「高いですよね、でも今日特売があるので安いかなと思って」 買い物客:「一応、冷凍で買ったりとかやってみるんですけど、やっぱり湯がかないとおいしくないし」 ほうれん草など価格が落ち着いてきたものもあるというが、野菜の高値が続く状況に、店側も工夫を凝らしている。 エスマート田園町店 西山連店長:「雨の影響があまりなかった菌茸類(きのこ)とかオクラ、ピーマンなどは価格が安定しているので、そちらを売り込んでいます。10月中旬くらいになると価格が落ち着いてくると予想されています。」

鳥取 2021.09.22 19:38

倉敷市で12歳以上のワクチン接種本格化

新型コロナの感染拡大の抑え込みに向けたワクチン接種が岡山県でも進む中、倉敷市では12歳以上を対象とした集団接種が本格化しています。 この内、倉敷スイートホスピタルでは、昨日午後6時頃から、保護者と訪れた中高生などがワクチン接種を受けていました。ワクチン接種の対象年齢を巡っては、国が7月旬までにファイザーとモデルナのものを12歳以上に引き下げていて、倉敷市では今月18日から市内2か所の病院で集団接種が始まっています。いずれも予約が埋まっている事から、倉敷市は12歳以上の集団接種について、市内の大学での追加実施を調整するとしています。

岡山 2021.09.22 19:16

井原鉄道アート列車 グレードアップ

岡山県総社市と広島県福山市を結ぶ井原鉄道が大原美術館とタイアップし、今年3月から走らせていたアート列車がグレードアップされ、今日、公開されました。 アート列車は、倉敷市の大原美術館が所蔵する世界的な名画を窓の部分にラッピングし、今年3月から運行されていました。今日、公開されたグレードアップ車両では、車内の窓の部分を覆うカーテンに、新たに12枚の名画が登場しました。ムンク作「マドンナ」や、児島虎次郎作「春の光」など、外装に用いられた名画に引けを取らない作品が揃っています。デザインしたのは津山市在住のデザイナー、太田三郎さんで、ちょっとした工夫も施されています。 列車でゆっくりと移動する時間を使って芸術の秋を楽しむ、このアート列車。1日2~3往復運行される予定です。

岡山 2021.09.22 19:15

線路内の電気工事専用車両 公開

線路内の電気工事に向けてJR西日本が開発した新しい専用車両が今日、運用訓練を兼ねて岡山市で初公開されました。 お披露目されたのは「ブラケットハンドリング車」。線路内の電気工事専用の車両です。搭載されたロボットアームと3Dカメラで空間を認識して、線路上の電線を支える「可動ブラケット」と呼ばれる重さ80キロの鉄製部品を、高さ5メートルの取りつけ位置まで運びます。 これまでの電気工事は作業員が高所作業車を使って行ってきましたが、作業員の心身の負担軽減を目的に、JR西日本などが3年かけて専用車両を開発し、鉄道業界で初めて導入したものです。およそ30年で交換が必要な可動ブランケットは、岡山支社管内だけで1万基にのぼっていて、新型専用車両は今週末の在来線の交換工事から運用をスタートします。

岡山 2021.09.22 19:14

運転の癖を知る 無料適正診断

トラックやタクシーなど、いわゆるプロドライバー向けの運転適性診断が無料で体験出来るユニークな催しが、今日から岡山市で始まりました。 コンピューター上で運転シミュレーションを行なっているのは、トラックやタクシーのプロドライバーです。自動車事故対策機構岡山支所で行われている「適性診断」は、動体視力や動作の正確さも測って、自分の運転の癖や特徴などの診断結果を知る事ができます。 適性診断は本来、事故抑止や飲酒運転撲滅に向け、タクシーやバスなどの事業者を対象に行っていますが、事故防止の観点から、秋の交通安全運動が終了する今月30日までは一般も無料体験出来るということです。

岡山 2021.09.22 19:13

おせち料理 早くも予約始まる

コロナ禍で外出自粛が続く中、正月を祝う、おせち料理の予約が、早くも岡山市のデパートで始まりました。 全国各地の料亭やホテルなどが手がけた、おせち料理。和洋中の様々な料理が詰まっています。岡山高島屋で今日から始まったおせち料理の予約で、去年より1日早い受付となりました。商品は店頭とオンライン販売、あわせて1150種類。5000円台から25万円を超えるものまでありますが、売れ行きが良いのは3万円のおせちだということです。 また世界的グルメガイドブック、ミシュランガイドで1つ星を獲得した岡山市の和洋中それぞれの店が手がけた限定おせちも登場、人気を集めそうです。岡山高島屋のおせち料理の予約は12月25日まで受付けています。

岡山 2021.09.22 19:12

【山口】秋の全国交通安全運動「横断歩道では手を上げよう」

21日から秋の全国交通安全運動が始まった。これにあわせ、22日、山口県山口市では登校中の小中学生に交通安全が呼び掛けられた。 呼びかけが行われたのは山口市秋穂二島にある二島交差点。すぐ近くに小学校や中学校があり、この時間は多くの子どもたちが登校していた。呼びかけは今月30日までの秋の全国交通安全運動にあわせ、行われたもので歩行者の安全確保は運動の重点項目にも挙げられている。山口南警察署・大石和司交通課長は、「横断する際はドライバーに横断したいと意思表示。ドライバーもそれを受け止めて止まっていただく。相互が意識を持ってもらえれば事故は減っていくと思う」と述べていた。また22日は「ゆっくり走ろう」などと書かれた横断幕を掲げ、ドライバーにも速度を落とすよう呼びかけられた。

山口 2021.09.22 18:17

【山口】岩国市周東町で車両火災・遺体が見つかる

21日、山口県岩国市周東町で普通乗用車が全焼し、車両から1人の遺体が発見された。警察が事件と事故の両面で捜査している。 車両火災があったのは岩国市周東町上須通の道路で、21日午後7時半過ぎ、「車が燃えて爆発している」と消防に通報があった。火は約1時間半後に消し止められたが、普通乗用車1台が全焼し、車の運転席付近で年齢や性別の分からない1人の遺体が発見された。警察によると、車の所有者は県内に住んでいて、この人と連絡が取れていないという。警察は事件と事故の両面で捜査を進めていて、今後、遺体の身元や死因などを詳しく調べる方針。

山口 2021.09.22 18:14

【山口】兄夫婦殺傷事件・殺人などの罪で起訴

先月、山口県下関市で兄夫婦を包丁で殺傷したとして逮捕・送検されていた68歳の男について、山口地方検察庁は21日、殺人と殺人未遂などの罪で起訴した。 起訴されたのは下関市豊浦町の無職・森本和夫被告68歳。起訴内容などによると森本被告は先月11日、下関市豊浦町で兄の哲夫さん当時70歳とその妻の和子さん72歳を包丁で刺し、哲夫さんを殺害し、和子さんにも大ケガを負わせたとされている。現場に駆けつけた人によると森本被告と和子さんは金銭に関することで言い合いになっていたという。森本被告はこれまでに、兄夫婦に対する殺人と殺人未遂などの疑いで逮捕・送検されていて、山口地方検察庁は21日付けで殺人と殺人未遂などの罪で森本被告を起訴した。

山口 2021.09.22 18:14

【山口】県の集中対策・26日で終了へ

外出機会の半減や飲食店への時短要請などの山口県の新型コロナ集中対策について村岡知事は予定通り今月26日で終了すると発表した。感染拡大地域への往来自粛は27日以降も求める。 村岡知事は、「8月13日から実施している集中対策についてはシルバーウィークにおける感染のリバウンドを防ぐため、9月26日までは継続して実施するが、同日で終了することとした」と述べた。県は22日午後、新型コロナ対策本部会議を開き現在、集中対策として県民に求めている外出機会の半減や飲食店への時短要請、県有施設の休館などを予定通り今月26日で終了することを決めた。27日からは感染拡大地域への往来の自粛など引き続き感染予防対策の徹底を呼びかける。一方で、観光需要喚起策が再開される。利用が停止されていたプレミアム宿泊券は県民は27日から利用ができる。県は来月から段階的な払い戻しにも応じる。また、5000円を上限に宿泊料の半額を割引くキャンペーンも来月1日から再開する。再開にあわせ予約の期限は12月28日まで延長される。販売停止となっていたGOTOイート食事券も今月27日から販売が再開され当初の予定通り30日で販売は終了する。食事券の利用期限は10月末までとなっている。県内の感染状況はすべての指標が改善傾向で県は専門家の意見も踏まえステージ3からステージ2に引き下げた。ステージ2となるのは集中対策前の先月12日以来となる。また、学校における感染レベルは現在、最も強い対策がとられるレベル3だが23日からレベル2に引き下げられる。禁止されていた部活動の練習試合は可能となる。

山口 2021.09.22 18:13

島根・雲南市のこども園 給食に金属片混入 金属製たわし破片か

雲南市は市内のこども園で出された給食に金属片が混入していたと発表した。 給食に金属片が混入していたのは雲南市の加茂こども園だ。21日職員が給食の洋風きんぴらを盛り付ける際に発見したため、園児が口にすることはなかった。 金属片は直径約1.6センチの大きさで雲南市によると金属製たわしの破片と思われ、調理器具の洗浄中に付着した可能性が高いという。 金属片が混入していた給食は加茂こども園で作られ、0歳から3歳の園児に提供されるものだった。加茂こども園では再発防止のため今後、金属製たわしの使用をやめ布やスポンジ製のものを使用するとしている。

島根 2021.09.22 13:12

「環境絵画コンクール」審査会で入賞作選出 「私の大好きな自然」テーマに85点応募

小学生を対象とした「環境絵画コンクール」の審査会が、21日鳥取市の日本海テレビで行われた。 このコンクールは、子どもたちに身近な“環境”について考えてもらおうと日本海テレビが毎年行っている。テーマは「私の大好きな自然」。審査会では、鳥取市のイラストレーターClaraさんなどが山陰両県から応募された85点の中から、大賞などを選んだ。 大賞に選ばれたのは、鳥取市の小学2年生福安由梛さんが描いた「つれたぞ!2ひき」だ。躍動感あふれるアジやヒトデ。そして、背景の色を3つに分けて表現しているところなどが高く評価された。 作品は入賞作品を中心に山陰両県で展示される予定だ。

鳥取 2021.09.22 13:07

実りの秋 リンゴの収穫始まる

赤く実ったリンゴが収穫時期を迎えた。標高600メートルにある庄原市東城町の岩本観光りんご園では「つがる」や「フジ」など30種類を栽培。今年は春先の霜の影響で収穫量は少なめだが、色付きの良い甘いリンゴができたという。 ■岩本観光りんご園岩本拓海さん 「いろんな人に(リンゴを)食べてもらって美味しいという声が聞けたらそれで1年頑張ろうかなという気持ちになれる」 リンゴは農園の売店や、地元の道の駅で販売される。

広島 2021.09.22 12:26

県内被害拡大 特殊詐欺被害防止へ 警察がポストカード配布

尾道市では22日朝、警察官が具体的な被害例を記載したポストカードなどを配った。県警によると県内で今年、特殊詐欺の被害額は約2億3000万円で、去年1年間の被害額に迫っている。なかでも尾道署管内では、被害額が去年1年間の8倍となっていて、県内の警察署で最も多くなっている。 ■尾道警察署生活安全課渋谷嘉人課長 「(詐欺の)電話がかかってきたりしたらどうしても混乱してしまい被害に遭うということがあるので、まずは自分にも起こりうるんだということを意識してもらいたい」 ポストカードは、尾道市の高齢者が住む約2万世帯に配布される。

広島 2021.09.22 12:23

【山口】豊作に期待!秋の味覚の王様 マツタケが店頭に

秋の味覚の王様ともいわれるマツタケが、県内でも店頭に並び始めた。8月の長雨により、ことしは豊作が期待できるという。 岩国市の江木商店では、9月20日から今シーズンのマツタケの入荷が始まっていて、21日は錦町で採れたものが店頭に並べられた。江木商店には毎年、岩国市の山間部や島根県などからとれたてのマツタケが直接持ち込まれていて、ことしも既に問い合わせや予約が入っているという。江木商店の江木かおりさんは「ことしは夏にしっかり雨が降って山が潤っているので、きっとたくさん出ると楽しみにしている」と話している。8月の長雨はマツタケには良い影響をもたらしたということで、江木商店ではことし、去年の1.5倍にあたる900kgの入荷を見込んでいる。入荷のピークは10月上旬ごろという。

山口 2021.09.22 11:54

【山口】新型コロナウイルス山口県内8人の感染を発表

新型コロナウイルス、山口県内では8人の感染が発表された。 感染が確認されたのは下関市が3人、山口市が2人などとなっている。年代別では20代と30代がそれぞれ2人、10才未満と40代から60代が1人ずつとなっている。このうち10歳未満の園児と施設職員の30代の女性は山口市の就学前施設のクラスター関連で規模は35人となった。県内の感染者数はのべ5526人で、重症は0、入院は94人、中等症は38人。

山口 2021.09.22 00:00

新型コロナウイルス 広島県内で38人感染確認 1人死亡

広島県内では21日、新たに38人の新型コロナウイルス感染と、1人の死亡が明らかになった。 感染確認の内訳は、広島市が16人。福山市が8人。尾道市が7人。府中町が5人。三原市が2人の、あわせて38人だ。 30人台となるのは2日連続だ。 また、広島市が入院していた1人の死亡を明らかにした。 20日までの3連休、東京・大阪方面から訪れた人が増加した。 県などによると、日曜日に訪れた人は、1週間前と比べて85パーセント増加。逆に広島から東京・大阪方面に行った人も、34パーセント増加した。 一方、土曜と日曜の県内の人出も、前の週より増えた。しかし、祝日の20日は、平日だった先週の月曜日と比べて25パーセント減少した。 県は今月30日までの「緊急事態宣言」の期間中、外出機会の半減や県外往来の自粛などを呼び掛けている。

広島 2021.09.21 22:31

高齢者の死亡事故を防げ! 警察が動画を制作

尾道警察署管内では、今年1月からの交通事故の死者が、広島県内で最も多くなっている。 事故を減らそうと、ある取り組みを始めた。 21日、尾道署の警察官が、動画のナレーションを収録した。 交通事故の防止を啓発するものだ。 尾道署管内では、今年に入り6人が交通事故で死亡しており、県内の警察署で最多だ。 亡くなったのは全て高齢者で、尾道署は高齢者向けの交通安全教室が、新型コロナの影響で開催できていないことが一因と考えている。 そこで、尾道市内3か所の事故現場を撮影し、事故がどういう状況で起きたかや、車や歩行者が気を付けるべきことを紹介する。 警察署が独自で事故原因を説明する動画を作るのは初めてだ。 ■尾道警察署 交通課 上甲大作警部補インタビュー 「車も歩行者もそれぞれ気を付けるべき点を気を付けていただければ、交通事故を防げると思うので、動画を参考にしていただいて、基本にかえっていただき、交通事故防止に努めていただければと思う。」 動画は近く、県警の公式YouTubeにアップする予定だ。

広島 2021.09.21 22:26

【山口】約1300万円だまし取られる

山口県萩市に住む男性が電子マネーの購入を求めるうそのメールで、約1300万円をだまし取られた。 被害に遭ったのは萩市に住む60代の男性。県警によると去年12月、男性のスマートフォンに「国際支援協会」を名乗るメールが届いたという。メールには「8億円を支援する」などと書かれていたほか、インターネットのアドレスが添付されていて「支援金を受け取るには手数料がいる」、「電子マネーを購入し、サイト内にその番号を入力すること」などと表示されていたという。男性は電子マネーを購入し、指定されたサイトに番号を入力したが、その後も電子マネーの購入を求められ、合計584枚・現金約1300万円分を購入したという。支援金が送られてこないことを不審に思った男性がことし7月に市の消費生活センターに相談し、被害が発覚した。県警は電子マネーを購入させ、その番号を要求するのは詐欺の手口として注意を呼びかけている。

山口 2021.09.21 20:18

「♯WeLove山陰キャンペーン」再開 現在の鳥取は「ステージⅡ」であると判断

9月21日に鳥取県庁で「鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部会議」が開かれ、今後の経済対策について話し合われた。 鳥取県 平井伸治知事:「徐々に経済社会と感染予防の折り合いをつけながらやっていくことを、県民の皆さまと事業者の皆さまにも強くお願いを申し上げたいと思う」 鳥取県では感染者数や病床の使用率が「感染急増段階」であるステージⅢの指標をすべて下回っていることから、現在は「ステージⅡ」であると判断された。 ステージが下がったことを受け、鳥取県では「♯WeLove山陰キャンペーン」を9月22日から県内で再開する。 ホテル・旅館を利用する際は5000円を上限に宿泊料の半額が補助され、観光施設を利用する際は3000円を上限に利用料金の半額が補助される。 またこの他にも、県内の宿泊施設などで利用できる20%のプレミアムが付いた「とり旅応援前売り券」や、感染対策の認証を受けた飲食店で使える、25%のプレミアムが付いた「お食事クーポン券」を新たに発行する予定。

鳥取 2021.09.21 19:46

松江市有効期限切れワクチン「影響はなし」 有効性と安全性を確認と発表

新型コロナウイルスについて、20日の検査で新たに島根県では10人の陽性が判明した。一方鳥取県では、新たな感染者は確認されなかった。 島根県で感染が明らかになったのは、松江市の7人雲南市の2人奥出雲町の1人だ。累計の感染者数は1562人となった。 このうち7人は既に陽性が判明している人の接触者だ。また10人全員、2週間以内の県外への移動歴はないという。 一方、今月上旬に松江市内の医療機関で有効期限切れワクチンを72人に接種していた問題で、松江市は21日ワクチンの有効性と安全性には影響がないと発表した。 使用していたワクチンはファイザー社製で、摂取時に有効期限が1日から4日切れていた。松江市はファイザー社の見解をもとに専門医などから意見を聞き問題はないとの結論にいたったという。 有効期限切れワクチン接種は全員1回目だったということで今後、予定通りに2回目の接種を受けてもらうとしている。

島根 2021.09.21 19:43

今週は動物愛護週間 松江市でパネル展開催 犬や猫の写真を展示    新しい飼い主募集も

今週は動物愛護週間。松江市では動物の飼育について、理解を深めてもらおうとパネル展が開かれている。 このパネル展は動物への愛護や適正な飼育について関心と理解を深めてもらおうと、動物愛護週間に合わせて開催された。 会場にはペットを飼うためのルールやマナーについてのポスターや、迷子になった時、飼い主との再会の機会を高める迷子札の着用の必要性を訴える内容などが展示されている。 また、今年はコロナの影響で犬や猫の譲渡会は中止になったが、写真で新しい飼い主を募集するコーナーもある。 松江保健所動物愛護推進課 津森公主幹:「犬も猫もだいたい15年から20年くらい生きる。その間、飼い主の方が責任を持って飼ってただくことで、ペットとして家族の一員として大切な仲間だとうことを是非考えて頂きたい。そういったきっかけになるようなパネル展にしたいと思っている」 このパネル展は、松江市のいきいきプラザ島根で27日(月)まで開催されている。

島根 2021.09.21 19:40

学生がPRの「とっとりオンライン商店街」 商店街活性化へユニーク企画

プロジェクトで一翼を担うのは大学生。新型コロナの影響で打撃を受ける商店街を活性化させようとユニークな形でお店を紹介するプロジェクトが始まった。 鳥取駅前の繁華街、末広温泉町にある居酒屋「ぐらっちぇ」。 学生:「本日写真撮影をさせていただきます。鳥取大学の井内です。よろしくお願いします」 大学生が訪れた目的とは・・・? 学生:「オンライン商店街のウェブページを作成するために、取材と写真撮影を行っています。」 新たに作られるウェブページその名も「とっとりオンライン商店街」。 実は、コロナ禍の前の一昨年に比べて50%ほどまで売り上げが落ちてしまったこちらのお店。 鳥取市の商店街でもコロナ禍で疲弊する店が多く、この状況を打破しようと、鳥取本通商店街と末広温泉町商店街の計50以上の店舗が参加した、お店の紹介サイトが立ち上がることになった。 写真撮影など運営で取材を担当するのは鳥取大学など地元の大学生。これまでとは一味違ったサイトを目指す。 店主「料理人として就職して自分の店を持ちたいと最初から思って。」 学生「なんでそう思った?」 店主「親が飲食をやっていた影響で。」 学生「憧れみたいな感じ?」 店主「はい。」 取材のモットーは、「店主」を主役に!若者ならではの視点で店主の背景や思いを紹介することで、消費者に興味を持ってもらう。 学生:「人の温かさであったり人の魅力もお店にとってならではの 良さがあると思うので、そういったことを大学生のインタビュアーとして伝えていけたらすごくいいなと思って。」 取材を受けた店主もこれまでにないアプローチに期待を寄せている。 ぐらっちぇ店主 坂下幸大 代表:「大学生のインタビュアーさん がとっても聞き上手でたくさんしゃべらせてもらいました。コロナが収束に近づいてオンライン商店街が立上って、人が集まる商店街に戻ってくれたら、戻ってくるきっかけになったらなと思います。」 このウェブサイト「とっとりオンライン商店街」は12月11日に開設され、商店街のオンラインイベントなどにも活用されるという。

鳥取 2021.09.21 19:39

梨を配って事故「なし」へ 鳥取市河原町 秋の全国交通安全運動 

秋の全国交通安全運動が21日からスタートした。これに合わせて鳥取市河原町ではドライバーに梨を配って安全運転を呼びかけた。 鳥取市河原町の道の駅「清流茶屋かわはら」では智頭警察署や交通安全対策協議会などが「事故“なし”」にかけて梨を配りながらドライバーに安全運転を呼びかけた。 智頭警察署 瀧直人 地域交通安全課長:「この梨を通じて事故なしの輪が広がっていけばいいと思っています。」 これからの季節、日が短くなり事故が起きやすくなるためドライバーに早めにライトを点灯するようよう声をかけていた。 瀧直人課長:「皆さんの運転に対する意識・心がけで事故は防げると思うので、その意識を少しでも高める一助いなればと思ってさせていただいてます。」 鳥取県警によると今年鳥取県内での死亡事故は昨年より1件多い12件で特に高齢者が巻き込まれる事故が増加傾向にあるということだ。

鳥取 2021.09.21 19:33

山陰各地で気温上昇 松江では浴衣で遊覧船 涼やかに水の都を楽しむ

気温が上昇した21日の山陰地方、松江市の堀川では涼やかな光景が見られた。 山陰各地で真夏日を記録し、最高気温は境港市で33.9度、米子市で33.8度、松江市と益田市で32.7度まで上昇した。 まちの人:「松江城の天守閣を見てきた。のどが渇いてしょうがない。」 そんななか、松江市の堀川周辺には浴衣姿の若者たちが・・・ これは松江の良さを同世代に知ってもらおうと、島根県立大学の学生らによる「みんなの堀川委員会」が企画したもので、来年夏に予定している浴衣で遊覧船を楽しむイベントの事前調査として行った。 この日は7人の学生が浴衣姿で堀川遊覧船に乗船。 真夏のような暑さの中、涼やかに水の都の魅力に触れていた。 島根県立大学4年 野津嘉子さん「若い子たちは浴衣とかを着る機会ってなかなかないと思うので、こういう機会を私たちが提供することですごく楽しめると思う。」 島根県立大学3年 佐藤実祐さん「来年の夏はコロナが落ち着いて、マスクもとって、笑顔があふれるような日常に戻っていたらいいなと思う。」 委員会では今回の事前調査をもとに企画を練り、来年の夏に向け 完成度を高めてといくという。

島根 2021.09.21 19:30

熱海市土石流災害受け研修会 総点検を前に

今年7月、静岡県熱海市で発生し26人が死亡した土石流災害を受け、岡山県は、盛土などの開発届が出されている地点の総点検を行うため、自治体職員を対象にした研修会を開きました。 吉備中央町で行われた盛土総点検研修会には、県内の市町村の担当者およそ60人が集まりました。今年7月、静岡県熱海市で26人が死亡した土石流災害は、最上部の盛土が原因と見られていて、国土交通省が先月11日、全国の都道府県に盛土開発地点の総点検を依頼していました。 研修会は実際の盛土工事現場で行われ、参加者が開発の規模や排水設備の有無など16の点検項目の注意点を学びました。岡山県によりますと、県内の盛土などによる開発届はおよそ350か所あるということで、県は各自治体と協力しながら、総点検を11月末までに終わらせたいとしています。

岡山 2021.09.21 19:04

AMDAと連合岡山が連携協定 災害対応で

地震や大雨などによる大きな災害時の協力体制を強化しようと、岡山市の国際医療ボランティアのAMDAと連合岡山が連携協定を結びました。 締結式では連合岡山の森信之副会長とAMDAの菅波茂理事長が協定書を交わしました。協定は、南海トラフ地震など大規模災害が発生した際に、被災地の状況などについて情報共有し、効果的な支援に繋げる目的で、県内に10万人の組合員を持つ連合のネットワークを活用し、よりスムーズな医療支援体制の構築を目指します。連合岡山とAMDAは今後、四国の連合とも協議し、有事に備えたネットワークの拡充を検討する方針です。

岡山 2021.09.21 19:02

【山口】銀メダル・石川佳純選手が母校をサプライズ訪問

 東京オリンピック卓球女子団体で銀メダルを獲得した石川佳純選手が、母校の小学校をサプライズ訪問した。  石川佳純選手は21日午前、銀メダルを胸に母校である山口市の平川小学校を訪れた。まずは、教室の児童に向け校内放送でメッセージを送った。 (石川佳純選手)「久しぶりに山口に帰ってきました。平川小学校のみんなに会いに来ました。なかなか外に出られなかったり遊びに行けなかったり我慢の時間が続いていると思いますが、その時間もいつかは終わると思います。毎日勉強だったり、いま出来ることを目標を持って頑張ってほしいです。」  コロナ禍のため全校児童を集めての会を開くことはできなかったが、石川選手は児童に会うためひとつひとつ教室を周った。サプライズで訪れた石川選手に児童たちは大興奮。応援うちわを手に石川選手を歓迎していた。 (石川佳純選手)「平川小のみなさんがうちわを持って応援してくれているのを知っていたし、今日みんなに聞いたら東京オリンピックの卓球をたくさん見たと言ってくれたので、すごくうれしかったしパワーも届いていた。」  石川選手はこのあと山口市役所や県庁を訪問。市民栄誉賞や県民栄誉賞が贈られました。

山口 2021.09.21 18:32

【山口】参議院山口選挙区補欠選挙・ポスター掲示板を設置

来月7日に告示される山口県の参議院山口選挙区の補欠選挙で使用されるポスター掲示板の設置作業が21日から、下関市で始まった。 下関市南部町にある市役所でも午前8時半から、ポスター掲示板の設置作業が行われた。掲示板は、高さが約2m、幅が約2m30cmあり、8人分のポスターを張ることができるようになっている。下関市選挙管理委員会では、掲示板を来月5日までに人通りの多い場所など市内825か所に設置する。今年3月に行われた下関市長選挙では、20代と30代の投票率が22%と低迷した。市選管では、大学生がメンバーとなっている選挙啓発サポーターによるPRなどに力を入れ、投票率のアップを図りたいとしている。参議院山口選挙区の補欠選挙は、来月7日に告示され24日に投開票が行われる。

山口 2021.09.21 18:12

【山口】県の集中対策期間・終了の見込み27日以降の対応は

山口県は新型コロナの集中対策について22日、本部会議を開き今月27日以降の取り扱いを決める方針。現在の感染状況などから県の集中対策は終了する見込み。 県議会の総務企画委員会では新型コロナの感染状況や集中対策について議論が交わされた。県は今後の対応について22日本部会議を開き今月27日以降の集中対策の取り扱いについて検討することを説明した。現在の感染状況は集中対策の前の状態に戻りつつあることから飲食店の時短要請や外出機会の半減などの対策は26日で終了する見込み。一方で、集中対策が終了しても緊急事態宣言地域との往来の自粛などは続ける方針。なお、委員会では県が時短の協力金約63億円を議会を招集せず専決処分したことに対し自民党の県議から「議会への事前の相談、説明が不足していたのではないか」という指摘があった。これに対し、内海総務部長は「刻一刻と状況が変化する中でどう対応すべきか議会に十分な説明をしながら今後も対策を進めたい」と応えていた。

山口 2021.09.21 18:12

【山口】新型コロナウイルス山口県内11人の感染を発表

新型コロナウイルス、山口県内では11人の感染が発表された。先月8日以来、44日ぶりに重症者がゼロとなった。 感染が確認されたのは下関市と山口市がそれぞれ5人、岩国市が1人だ。年代別では10歳未満が5人、20代が2人などとなっている。このうち10歳未満の園児など5人は山口市の就学前施設のクラスター関連で規模は33人となった。県内の病床使用率は18.4%とステージ2相当で、すべての指標でステージ2以下となっている。県内の感染者数はのべ5518人で、重症は44日ぶりに0、入院は98人、中等症は37人。また、県内の医療機関に入院していた80代の男性が死亡した。

山口 2021.09.21 17:45

水島港でクジラの死骸見つかる

今日午前、岡山県倉敷市の水島港でクジラの死骸が見つかりました。10メートル近くあり、あごの模様などからザトウクジラと見られています。 クジラが見つかったのは水島港内で、体長およそ10メートルのオスで、今日午前8時半頃、航行中のタンカーから水島海上保安部に連絡があり、巡視艇きびかぜで回収したということです。昨日午後、近くの化学工場のタンカーに引っかかってきた後、港内に流されたということですが、どこの海域で引っかかったかは分かっていません。クジラは現在腐敗が進んでいる事から、岡山県などが今後の対応を急ぎ検討しています。

岡山 2021.09.21 16:32

鳥取県 衆院選の投票用紙の印刷はじまる 小選挙区用は48万枚

衆議院議員選挙への準備が着々と進んでいる。 鳥取市の印刷会社では、鳥取県の小選挙区で使用するすべての投票用紙の印刷が行われている。今回の衆議院選挙では、前回よりもおよそ1万枚少ない48万2500枚が印刷される。また、用紙の間違いを防ぐため新たに小選挙区を意味するマークがデザインされた。 21日は鳥取県の選挙管理委員会の担当者3人が立ち会い文字の間違いや印刷ミスがないかなどを確認していた。 鳥取県選挙管理委員会事務局 小谷大輔主事「誤りがあってはいけないので確実に正確な確認を行いながら確実に進めていけるように作業を行っている。」 印刷された投票用紙は10月6日に鳥取県内の各市町村に発送される。

鳥取 2021.09.21 15:36

鳥取県大山町で火事 住宅全焼 けが人なし 20日午後7時頃発生

20日午後7時前、鳥取県大山町で住宅を全焼する火事があった。この火事によるけが人はいなかった。 火事があったのは鳥取県大山町平木の65歳の男性の住宅。20日午後7時前住宅内から出火しているのを男性が発見し、消防に通報した。 かけつけた消防によって火はおよそ1時間後に消し止められた。この火事で木造瓦葺一部二階建ての住宅およそ225㎡を全焼したほか、隣の住宅にも火が燃え移り台所の窓ガラスと雨樋が破損したという。 男性は一人暮らしで発生時外へ避難したためけがはなかった。警察と消防が火事の詳しい原因を調べている。

鳥取 2021.09.21 15:29

広島市西区 高齢夫婦が死亡

21日、広島市の住宅で高齢の夫婦が倒れているのが見つかり、その後、死亡した。 高齢の夫婦が倒れていたのは広島市西区楠木町の住宅。警察によると、この家に住む90代の男性が2階の和室で、80代の女性が1階の脱衣場で意識不明の状態で倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが、その後、2人とも死亡が確認された。 午前7時半前に親族が警察に通報し発覚。 2人には目立った外傷はなく、侵入の形跡や室内で争った跡も確認されておらず、警察が詳しい経緯を捜査している。

広島 2021.09.21 12:29

3連休 東京・大阪から広島への流入が増加

緊急事態宣言が続く中、20日までの3連休で東京・大阪から前の週の2倍近くの人が広島を訪れていたことがわかった。 県によると20日の日曜日に東京・大阪から広島県内を訪れた人は先週の日曜日と比べて約85%増加。また、広島から東京・大阪に行った人も前の週より約34%増えた。 一方、県内の人出は前の週の同じ曜日と比べて土曜日は約19%、日曜日は約28%増加。祝日の20日は平日だった先週の月曜日と比べて約25%の減少だった。 県は今月30日までの緊急事態宣言の期間中、引き続き外出機会の半減や県外との往来自粛などを呼び掛けている。

広島 2021.09.21 12:22

秋の全国交通安全運動 岡山県庁で出発式

秋の交通安全運動が今日から全国一斉に始まり、岡山、香川でも事故防止に向けた様々な取り組みが始まりました。 岡山県庁で行われた出発式には警察や県の関係者20人が参加し、伊原木知事が「県民の皆様がもっと安心して過ごせる岡山県にしたい。」と決意表明しました。今年の重点目標は「横断歩道は歩行者優先」。岡山県では今年に入って32人が交通事故で死亡していて、この内4分の1は横断歩行者が巻き込まれたケースだということです。 8月末までの死者数は1955年以降で最も少なくなっていますが、より一層の注意がドライバーに求められます。秋の交通安全運動は今月30日までで、期間中、県内各地で事故防止を呼びかける啓発イベントが行われます。

岡山 2021.09.21 11:57

【山口】秋の全国交通安全運動がスタート

秋の全国交通安全運動が21日から始まり山口県山口市で出発式が行われた。 出発式ではまず、村岡知事が「交通安全意識の高揚に一層努めるとともに秋の全国交通安全運動が県民総参加の運動となり大きな成果を挙げることができるよう協力をお願いしたい」と県民に交通安全を呼び掛けるメッセージを伝達した。「秋の全国交通安全運動」は子どもや高齢者を始めとする歩行者の安全確保などが重点項目として挙げられている。県内では、ことし発生した死亡事故21件のうちおよそ6割・12件について高齢者が関係していて大きな課題となっている。警察では、「高齢者にも自分自身を守ると言うことを考えてもらいたいし運転する人も高齢者を見れば速度を落としたり間隔をとったりといった安全行動をとってほしい」と話している。秋の全国交通安全運動は今月30日まで。

山口 2021.09.21 11:44

コロナ禍の成人式 オンライン開催 倉吉市 新成人たちはモニター越しに再会

新型コロナウイルスの影響で延期や中止が相次いだ今年の成人式。倉吉市では18日、オンラインで成人式が開かれた。式典の様子は事前に収録し、YouTubeで公開。82人の新成人たちは式典後Zoomを使って交流し、昔話に花をさかせていた。 倉吉市では、新型コロナの感染拡大で当初1月に行う予定だった成人式を9月に延期。本来であれば18日も新成人が参加し式典を行う予定だったが、感染の収束が見込めないためオンラインで開催することを選択した。 倉吉市教育委員会事務局川本久美子さん:「緊急事態宣言が出ている中でリアルで会えるわけではないが、久しぶりに懐かしい友達と話してもらえたら」 昨年度倉吉市の新成人は472人。このうち18日は、県内外から82人が出席した。 参加した新成人:「実際に振袖をきて会って集まりたかったので悲しいとは思うが、みんなでオンラインで話すのは初めてで楽しかった。」 参加した新成人:「久しぶりに先生方にもあえて良い時間だった。コロナが終息したら同窓会もしたいなと思った」 参加した新成人:「参加者は鳥取県の人が多かったが一人だけ東京から参加してくれた同級生もいた。いまそれぞれがしていることの話を聞くのが楽しかった」 成人式の式典の様子は10月17日まで動画配信サイト「YouTube」で公開されている。

鳥取 2021.09.20 20:33

3連休 天候に恵まれ玉造温泉にも大勢の人 かつてのような賑わいを観光関係者は期待

松江市の玉造温泉。この3連休では天候にも恵まれ、温泉街には、大勢の旅行客の姿が見られた。 玉造温泉の旅館「長生閣」では、ぞくぞくと宿泊客がチェックインしていた。第5波による感染者は全国的に減少傾向となる中、ある変化も出ているという。 長生閣 安田夏樹さん:「電話とかの問い合わせで『(ワクチン)接種した』とお客様の方から言われた。ワクチン接種をされた方が多いと感じている。県内外問わず来ていただいている」 現在、島根・鳥取の在住者限定で宿泊料金が割引となる「WeLove山陰キャンペーン」は一時停止中にもかかわらず、この3連休は予約でほぼ満室となった。長生閣ではウイルス対策として、84室全室に除菌と脱臭の機器(オゾン発生器)を導入。出雲市から訪れたという家族は広々とした和室で久々の旅行を満喫していた。 出雲市からの宿泊客:「島根にいながら旅行している感じがすごく新鮮」 出雲市からの宿泊客:「県内で、子供たちもゆっくり過ごせたらと思い、ここを選ばせていただいた」 宣言地域の規制緩和によって県外からも多くの観光客の姿が見られたこの3連休。新型コロナの流行がこのまま落ち着き、かつてのような賑わいを取り戻せることを多くの観光関係者が期待している。

島根 2021.09.20 20:26

3連休 山陰の観光地も久しぶりのにぎわい 三密を避けられると鳥取砂丘選ぶ人も

台風一過の好天となった鳥取市の鳥取砂丘では、19日から20日にかけ大勢の観光客が訪れていた。 観光客:「兵庫県の伊丹市からです。鳥取砂丘は広いので観光客が分散するから」 観光客:「滋賀県からです。密にならないのでいいかなと思って」 第5波による感染者が全国的に減少傾向となる中、密を避けられる場所として鳥取砂丘に足を運んでいるようだった。 砂丘近くにある土産物店では… 砂丘センター 若林英男総支配人:「きのうから晴天に恵まれて多少お客さんは戻って来てますが、去年の4連休と比べますと大体6割~7割のお客さんの入りじゃないかなと思います」 例年通りの人出とはいかないもののこの3連休、観光地では久々の賑わいを見せていた。

鳥取 2021.09.20 20:13

鳥取市 農道で軽トラックが高齢女性はねる 80代女性が意識不明の重体

鳥取市菖蒲の農道で20日、鳥取市に住む70代女性が軽トラックをバックで走行中、歩いていた80代の女性をはねた。 80代の女性は鳥取市内の病院に搬送されたが意識不明の重体となっている。軽トラックを運転していた70代の女性にけがはなかった。午後4時過ぎに消防に通報が入った。 警察が詳しい事故の原因を調査中。

鳥取 2021.09.20 20:04

「ディオッサ出雲」なでしこリーグへの挑戦 ”もう実現させるだけ”

島根県出雲市に本拠地を置く女子サッカークラブチーム”ディオッサ出雲FC”。 なでしこリーグ昇格をかけた戦いが23日から始まる。 ディオッサ出雲FCは、所属する中国女子サッカーリーグ1部で、ここ5年で4度の優勝を果たしている強豪チーム。 チームには19歳から27歳までの23人が所属し、全員が企業などで働きながら、平日は午後4時から練習を行っている。 ディオッサ出雲FC 定國佳奈キャプテン:「(性格は)明るいですね。個性が強いですみんな」 ディオッサ出雲FC 友近真那選手「冗談とか言う子がすごい多いんですけど、楽しいチームです」 現在は地域リーグに所属するディオッサ。 アマチュアのトップリーグである「なでしこリーグ」に昇格するためには、入れ替え戦で勝利しなければならない。 今シーズンのチームの特徴は、リーグ戦7試合で28ゴールを挙げる得点力。さらにここまで3失点と、攻守ともに全員が高い意識を持って臨み、勝利につなげる。 チームを率いるのは就任3年目の堺監督。 ディオッサ出雲FC 堺陽二監督「(これまで)先人たちが築いてきた歴史と夢を、私たちがゴールに結びつける番と思っているので、それを必ずみんなで実現しようと言って今年やってきたので、もう実現させるだけだと思います」 悲願のなでしこリーグ昇格へ、ディオッサ出雲の夢をかけた戦いが始まる。

島根 2021.09.20 20:04

高齢者見守り 県営住宅で試験運用始まる 鳥取県とシステム会社が共同開発の専用端末使用

米子市内にある県営住宅。 こちらで1人で暮らす山本澄子さん(70歳) 山本さんの自宅の玄関を入ってすぐの場所に取り付けられた端末機器。画面には歩数や心拍数の表示がある。 実はこの端末、鳥取県と米子市のシステム会社が協同で開発したもので、高齢者の見守りを行うという。 利用者は在宅中に腕時計型の別の端末をつけ、常に心拍や体温など、6つの項目のデータを測定する。 室内に設置した人感センサーが感知しなくなったり、脈拍などの数値に異常が起きた場合には緊急メールが見守り事業者に自動送信され、安否確認をする仕組みだ。 背景には県営住宅が抱えるある課題があった。 鳥取県住まいまちづくり課 林拓磨係長: 「県営住宅では高齢者の方がすごく多くなってきている。また、一人暮らしの方も多く急な体調変化などにも対応できる体制を作りたかった」 鳥取県の県営住宅では、65歳以上の高齢者が単身で入居する割合が27.7%にのぼる。高齢化が進む中で、孤独死を防ぎ、入居者の暮らしをどのように守るか大きな課題となっている。 家で過ごす時間が多いという山本さん。今回の見守りサービスは心強い存在になると期待を寄せていた。 県営住宅で暮らす山本澄子さん: 「一人暮らしなので夜中に何かあったり倒れた時などに不安があったが緊急時に連絡してもらえるのは安心だ」 鳥取県住まいまちづくり課 林拓磨係長: 「このシステムを使うことによって安心して過ごせたり家族も安心できる方が(増えるように)今後も広がれば」 鳥取県は今後1年間、試験運用を重ねその後の本格運用を目指す。

鳥取 2021.09.20 20:02

【山口】高齢男性が川に落ち死亡 野鳥の観察中か

 20日午後、山口市の椹野川で野鳥を見に来ていたと思われる高齢の男性が川に落ち、消防に救助されたがまもなく死亡した。  水難事故があったのは山口市穂積町の椹野川。警察などによると午後2時ごろカメラを持って野鳥を見に来ていたと思われる高齢の男性1人が川に落ちた。男性は防府市清水町の無職杉野一雄さん72歳で、消防に救助されたがまもなく死亡した。杉野さんが川に落ちたとき近くで釣りをしていた男性2人と通りがかった人が、竿や網を使って救助しようとしたが引き上げられず消防に通報したという。 (救助にあたった釣り客の男性)「どぼんと音がして何だろうかと思って見たら、横になってうつぶせになってずっと動いていなかった。網で首をかけてあげて岸に寄せてあげてロープをかけて。呼吸ができるかなというくらい鼻まで上げて救急車を待った。」  警察で事故の原因などについて詳しく調べている。

山口 2021.09.20 19:54

【山口】レノファ山口 新しい応援グッズ「竹クラーベ」

 レノファ山口のホームゲームで力強く選手の背中を押す、新たな応援グッズが誕生した。その名は「竹クラーベ」。  新たなレノファの応援グッズ「竹クラーベ」。クラーベとはラテン音楽のリズムパターンのこと。応援の時に叩いてリズムを刻む。この竹クラーベは総合化学メーカー・トクヤマでレノファを応援しているグールプが開発した。  9月16日にはグループのメンバーやレノファ山口の河村孝社長、レノファサポーターが周南市の竹林で「竹クラーベ」にする竹の伐採を行なった。全国で4番目の竹林面積の広い山口県。その竹を有効活用しようという取り組みの一環で生まれたのがこの「竹クラーベ」だ。今月11日のホームゲームの際には100個がサポーターに配られ、応援のリズムに竹を打つ甲高い音が加わり、レノファの選手たちを後押しした。 (レノファ山口・河村孝社長)「耳に残るね。高い音が。いまスタジアムに来るお客さんは声が出せずに難しい状況。たくさんの方にレノファのアイテムとして持ってもらって、レノファのスタジアムの名物にしたい。」  伐採された竹は今後、徳山商工高校のサッカー部と野球部の部員が「竹クラーベ」に加工する予定。

山口 2021.09.20 19:50

20日は「空の日」 広島空港と周辺6市町が協定

国が航空の発展に向け制定した「空の日」の20日、広島空港を運営する民間企業と地元の自治体が協定を結んだ。 式には、広島空港を運営する広島国際空港と周辺6つの市や町が出席し、協定書に署名した。 協定では、空港や周辺地域の観光振興のほか、地域活性化や空港の利用促進などを掲げている。 民営化から、まもなく3か月。 新型コロナ後に年間600万人の利用を目指す種まきの一つ。 ■広島国際空港・中村康浩社長「(コロナ禍の)この時間に観光地としての広島、中国四国の魅力を作りこんで情報発信していく」 10月には空港にまつわるクイズ大会などオンラインイベントが予定されている。

広島 2021.09.20 19:38

宣言の3連休 広島・宮島や広島市内の人出は

緊急事態宣言で迎えた3連休、台風が過ぎ、秋晴れに恵まれた20日、全国有数の観光地・宮島には多くの観光客の姿があった。 世界遺産の厳島神社がある宮島。 絶好の行楽日和となった20日、多くの観光客が訪れていた。 ■福岡からの観光客「(ホテルを)前もって予約していた、緊急事態宣言が明ける予定だったので。感染対策をしっかりして来ようということで」 波打ち際で楽しむ家族連れは。 ■栃木からの観光客「娘が広島の人と結婚して、結婚式でついでに観光しようかなと」 広島県とNTTドコモによると、県内の土日の人出は去年1月下旬と比べて4割から5割近く減少した。 しかし、前の週の同じ曜日と比べると土曜日は約2割、日曜日は約3割増えた。 ■広島テレビ・樫原憲正記者「広島市にある本通商店街ではブドウ狩りが楽しめる」 19日、老舗の土産物店の入り口に吊り下げられたのは、40房の広島県内産のブドウ。 遠出をしづらい客に楽しんでもらおうとブドウ狩りの雰囲気を演出する。 ■客「あり」 ■客「果物狩りが好きでよく行っていたが、最近行けていないから楽しい気分になっていいと思う」 ■長崎屋・長崎日出さん「なかなか出かけられない、今の時期。ブドウ園に行ったような感じで楽しんでもらえれば」 20日の宮島。 表参道商店街では82店のうち、飲食店23店が休業している。 一方、土産物店の多くは平日のみ休業する。 もみじ饅頭に衣をつけて油で揚げる新名物・揚げもみじ。 考案した店も苦しい胸の内を明かす。 ■紅葉堂・竹内基浩社長「店内では食べられない。夏休みと比べると3連休は観光客が多い。秋になっても(緊急事態宣言という)状況なのでまだ続くのかなと覚悟している」 店を構えて50年になる菓子店の店主は…。 ■宮島表参道商店街・木村力会長「3連休思わぬ人出にびっくりしている。若い人が多いので、心配している」 緊急事態宣言の解除まであと10日、観光地の苦悩は続く。

広島 2021.09.20 19:32

秋の味覚マツタケ入荷 広島・庄原

早くも広島県庄原市内の食料品店にマツタケが入荷した。 例年より10日早いという。 芳醇な香りが店先に漂う。 秋の味覚を代表するマツタケ。 19日に庄原市内の山でとれたもので、20日朝、店に届いた。 例年より10日早い入荷で、夏の雨や朝晩の冷え込みによるとみられている。 10本で合わせて150グラム。 税込み1万5000円で予約済。 ■まつしまストアー・松島弘子さん「これを見た時は胸が躍った。けっこう香りはする、小さくても、ふっといい香りがする。」 店によると、庄原市内では10月10日頃が入荷のピークと見込んでいて、今年は豊作が期待できそうという。

広島 2021.09.20 19:16

【山口】新型コロナ 20日の感染確認発表は7人

 山口県内では20日、新たに7人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。内訳は下関市が4人、宇部市が2人、周南市が1人。県内の病床使用率は18.2%とステージ2相当で、すべての指標でステージ2以下となっている。県内の感染者数はのべ5507人で、20日現在の入院患者数は97人、重症は1人、中等症は40人。

山口 2021.09.20 16:57

「とっとり0929(わぎゅーにく)」の日」 9月29日に記念日として認定 合わせてキャンペーンもスタート

9月29日が「とっとり0929の日」として新たな記念日に認定され、合わせてキャンペーンもスタートする。 数字の「0」を「輪(わ)」と読むと「わぎゅうにく」の語呂合わせができることから鳥取県牛肉販売協議会が日本記念日協会に申請していたもので、先月末に認定された。 9月17日は牛肉販売協議会の関係者などが鳥取県庁を訪れ、平井知事に記念日認定と、それに合わせて行うキャンペーンについて報告した。 「記念日認定キャンペーン」には鳥取県内27の飲食店や販売店が参加。 9月29日を中心に、鳥取和牛を割引価格で販売するほか、参加する飲食店の中には期間限定の特別メニューを提供する店舗もある。 鳥取県農業協同組合中央会栗原隆政代表理事会長:「これを一つの契機として今までにないボリュームアップしたキャンペーンを展開して、鳥取県の和牛振興に繋げていきたいと思っている」 キャンペーンの一環として、今月は鳥取和牛を使った学校給食や食育講座を実施していて、子どもたちにも広く鳥取和牛の魅力を知ってもらいたいとしている。

鳥取 2021.09.20 12:31

【山口】山口市長選挙 副市長の伊藤和貴氏が立候補を正式表明

 10月に行われる山口市長選挙に、副市長の伊藤和貴氏が立候補することを19日に正式に表明した。 (伊藤和貴氏)「新本庁舎や湯田の活性化策、中心市街地の活性化等々残っている。そういった渡辺市長の仕上げの事業をバトンタッチするのはやっぱり私だろうと。」  伊藤和貴氏は現在63歳で1980年に合併前の山口市役所に入庁。総合政策部長、総務部長などを歴任し、2016年から副市長を務めている。伊藤氏は新型コロナ対策や都市核づくりなど、渡辺市政を継続しつつ、SDGsや行政のデジタル化など新たな課題にも積極的に取り組んでいきたいとしている。 (伊藤和貴氏)「熱い心の交わし合いが一番市政の大事な所という思いを持っている。それが私のひとつの、一番の中心軸だろうと思っている。」  伊藤氏は21日に辞表を提出する予定で、自民党県連が推薦を決め、公明党と立憲民主党も推薦する予定。  山口市長選挙にはこのほか、社会福祉法人理事長の佐々木信夫氏が立候補を表明している。山口市長選挙は10月17日告示、24日投開票。

山口 2021.09.20 12:24

【山口】満百歳以上の高齢者は1497人で過去最多

 山口県内で今年度、満百歳を迎える高齢者は去年から58人増え、過去最多の738人となった。また、満百歳以上の高齢者は1497人とこちらも過去最多となっている。  山口県長寿社会課によると今年度、満百歳を迎える高齢者は1921年(大正10年)4月1日から大正11年3月末までに生まれた人で去年より58人増えて、過去最多の738人となった。このうち男性は108人、女性は630人。また、今月15日時点の満百歳以上の高齢者は、去年より132人多い1497人となりこちらも過去最多となっている。県内の最高齢者は女性が下関市の小石トシさん111歳で、男性は江川修策さん108歳。

山口 2021.09.20 12:18

週末の人出 前の週より増加

緊急事態宣言が続く中迎えた3連休、広島県内のこの週末の人出は、前の週よりも増加していることがわかった。 広島県とNTTドコモによると、県内のこの土日の人出は、去年1月下旬と比べて4割から5割近く減少した。 しかし、前の週の同じ曜日と比べると土曜日はおよそ2割、日曜日はおよそ3割増えた。 最も多かったのは広島市中心部・本通商店街周辺で、日中の1時間、およそ1万5千人だった。 前週よりも土曜日は1500人、日曜日は2600人ほど増加した。 県はこの3連休から1万平方メートルを超える大規模な商業施設などに対する休業要請を見送った。 一方で、引き続き外出機会の半減などを呼び掛けている。

広島 2021.09.20 11:56

敬老の日 ボウリング大会で92歳ボウラーがストライク

敬老の日、広島市では長寿を祝うボウリング大会が開かれた。 毎年、敬老の日に開かれる「長寿ボウラーを祝う会」では、70歳以上の134人が自慢の腕を競った。 最年長の92歳、西本行郎さんは1960年代にボウリングを始め た。 日本ボウリング場協会の長寿番付で横綱を務めるベテランで、ストライクを出して見事な投球を見せた。 ★西本行郎さん 「自分の思ったところにボールが行ったときはよっしゃー(と思う)。面白いよ、やっぱしね」 大会はコロナ対策として2組に分けて実施され、ご長寿ボウラーが元気いっぱいに楽しんだ。

広島 2021.09.20 11:52

広島 新型コロナ57人感染確認

感染確認の内訳は、広島が37人。福山が11人。呉と尾道が2人。江田島、東広島、三原、三次、海田が1人ずつのあわせて57人。感染確認が100人を下回るのは4日連続で今月に入って7度目となる。 県とNTTドコモによると、3連休の、初日となった18日の人出は前の週の土曜日と比べると19・2パーセント増えている。日中の広島市中心部においては4週間前と比べると20代の女性が22・6パーセント増えている。 湯崎知事湯崎知事は3連休中の県外への往来を自粛するよう呼び掛けている。

広島 2021.09.19 19:00

“黒い雨浴びた”被爆者健康手帳交付へ相談会

「黒い雨」をめぐる裁判では、国側の上告断念で原告84人全員が勝訴し「被爆者健康手帳」が交付されている。 19日、広島市内で開かれた相談会には原告と同じように「被爆者健康手帳」の交付を求める50人が参加した。参加者は「黒い雨」を浴びたと訴える地域ごとに別れ申請書の書き方などを教わってい た。 ■参加者の石津和子さん(79) 「(手帳が)もらえたらうれしい。今まで大腸がんしているでしょ胃潰瘍もしている。あと何年生きれるかわからないけど」 支援団体によると来月中旬には申請書を提出するという。

広島 2021.09.19 18:01

【山口】新型コロナ 19日の感染発表は11人

山口県内では19日、新たに11人の新型コロナウイルス感染が発表された。年代別では10歳未満が2人、20代が2人、30代が1人、40代が3人、50代が3人。市町別では下関7人、山口4人。19日の段階で病床使用率は19.1%となり、ステージ3の指標を下回った。病床使用率がステージ2相当の数字となるのは 8月3日以来で、これですべての指標がステージ2以下となった。 県内の感染確認はのべ5500人、入院は102人。

山口 2021.09.19 14:05

人気の安室透も 新装「コナン列車」出発式 「名探偵コナン」の人気キャラがズラリ

鳥取県北栄町出身の漫画家青山剛昌さんの代表作「名探偵コナン」が描かれたJR西日本のラッピング列車がリニューアルし、18日に運行が始まった。 JR鳥取駅(鳥取市)では18日、鳥取県の平井知事らが出席して出発式が行われた。 鳥取県平井伸治知事:「新型コロナを乗り越えて多くの方々に、このコナン列車と出会っていただきたい」 リニューアルした車両には主人公の江戸川コナンとともに人気の高い安室透や、少年探偵団などが描かれている。 見学に訪れた人:「予想以上に迫力があって良かった」 見学に訪れた人:「色んな探偵のイラストが載ってて面白かった」 リニューアルした「コナン列車」は、JR山陰本線の鳥取-米子間を中心に運行する。

鳥取 2021.09.19 13:15

【山口】未成年者誘拐容疑で下関市の会社員を逮捕

山口県内に住む10代の少女を連れ去り誘拐したとして下関市の43歳の会社員が未成年者誘拐の疑いで逮捕された。 未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは下関市阿内の会社員、下田雅彦容疑者43歳。宇部警察署によると下田容疑者は県内に住む10代の少女を宇部市内の駅に誘い出して18日、午後4時ごろに合流し連れ去って誘拐した疑いがもたれている。下田容疑者はSNSを利用して少女に家出を促すメッセージを送ったとみられている。警察は18日午後8時10分ごろ、少女の親から「娘がいない」旨の届出を受けて捜査を開始。その後、午後9時45分ごろ、宇部市内の施設で2人が一緒にいるところを発見し、下田容疑者を現行犯逮捕した。下田容疑者は警察の調べに対し「未成年の女の子といたことは間違いない」と話しているという。警察が動機や経緯について詳しく調べている。

山口 2021.09.19 13:05

廿日市市の国道 高齢女性2人はねられ1人死亡

事故があったのは廿日市市宮浜温泉1丁目の国道2号で18日午後8時すぎ西に向かって進んでいた普通乗用車が、歩いていた女性2人をはねた。 はねられたのは近くに住む72歳と73歳の女性でこのうち宮下タマキさん(72)が全身を強く打ち病院に搬送されたあと死亡した。 73歳の女性は意識不明の重体となっている。普通乗用車を運転していた大阪府交野市に住む25歳の男性にケガはなかった。現場は制限速度50キロで片側1車線の直線道路。

広島 2021.09.19 11:49

下松市のレジャー施設で長寿を祝うイベント

敬老の日を前に下松市のレジャー施設では長寿を祝うイベントが行われている。浮かんでいる丸太は長さおよそ1.5メートル、重さ18キロほどのヒノキで世界遺産・熊野古道がある三重県で切り出されたもの。利用者はヒノキの丸太との入浴を楽しんでいた。ヒノキの丸太は今月20日まで男湯・女湯それぞれの大浴場に浮かべられる。

山口 2021.09.18 18:05

新型コロナウイルス13人の感染発表

新型コロナウイルス、県内では18日、13人の感染が発表された。感染が確認されたのは10歳未満から60代までの男女13人で、山口市が4人、下関市、防府市、周南市、萩市がそれぞれ2人、下松市が1人となっている。このうち山口市の4人は16日に クラスターと認定された山口市内の就学前施設の関係者でクラスターの規模は25人となった。また県内の感染状況が「ステージ3」に移行したことを受け、18日から緊急時の受入病床25床が 運用休止となった。これにより、県内の確保病床数は533床となり、18日時点の病床使用率は20、5パーセントとなっている。 県内の感染確認はのべ5489人で、入院が109人、重症が1人となっている。

山口 2021.09.18 18:05

限定カープモデルが登場! コロナ禍で需要増のキャンピングカー

コロナ禍で車中泊が人気となるなどキャンピングカーの需要が高まる中、カープモデルのキャンピングカーが登場した。 車体に際立つカープのロゴ。福山市で17日から展示・販売が始まったキャンピングカーだ。地元業者が協力した県産の家具などを使った内装もカープ仕様。車は愛知県のメーカーが福山市内に新たな工場を開設したことを記念して作られた。キャンピングカーはコロナ禍で人気の車中泊や相次ぐ災害による防災意識の高まりなどを受け、需要が増加しているという。 【オークレスト・楢崎修社長】 「カープ仕様のキャンピングカーに乗って、車中泊しながら応援に駆け回ってもらいたい」 カープモデルは限定2台の販売で、希望者が多い場合は抽選で決めるという。

広島 2021.09.18 17:58

広島県内で48人感染 先月2日以来50人下回る 3連休初日の人出は?

広島県内では新たに48人が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった。50人を下回るのは先月2日以来。 感染を確認したのは、広島市が26人、福山市と呉市が7人、尾道市が3人、東広島市と府中町が2人、廿日市市が1人の合わせて48人だ。今月に入って最も少ない人数で、一日の感染確認が50人を下回るのは先月2日以来だ。 台風14号の接近から一夜明けた3連休初日、広島市中心部の繁華街の人出は普段とあまり変わらないように見える。県は県内の感染者が減少傾向にあることから、この3連休はデパートなど1万平方メートルを超える大規模な商業施設などに対する休業要請を見送っている。 【女性】 「秋服を買いに来た。人がいっぱいいて、思った以上にいたのでびっくりした」 【男性】 「買い物は確か半分ぐらいにしろとか通知がきてた。僕は比較的言われた通り守ってるんだけどね。コロナがやっぱり怖いので…」 【家族連れ】 「西条から。久しぶりで」 Qこの3連休はどう過ごす? 「おうちにいるよね」 一方、湯崎知事は感染状況の悪化につながるとして、外出の半減や3連休中の県外への往来を自粛するよう呼び掛けている。

広島 2021.09.18 17:57

自民党 竹下亘元総務会長が死去 島根2区

自民党の元総務会長で島根2区選出の衆議院議員・竹下亘氏(74)が亡くなったことが18日分かった。 17日午後9時すぎ、食道がんのため東京都内の自宅で死去した。葬儀は近親者のみで執り行う。後日お別れの会を開く予定。 竹下氏は今年7月、次の衆議院議員選挙に立候補せず、病気を理由に政界から引退することを表明していた。雲南市掛合町出身。

島根 2021.09.18 14:14

台風14号 広島県内に大きな被害なし

台風14号は17日夜から18日未明にかけて広島に最も近づいたが、県内で大きな被害はなかった。 台風14号の接近から一夜明けた18日朝、広島市内は時折晴れ間がのぞくなどし、目立った影響は見られなかった。 県内の雨量は17日午前0時の降り始めから18日午前4時までに安芸太田町で79.5ミリ、広島市佐伯区で64ミリを観測。また、呉市宝町や広島市中区では20メートル以上の最大瞬間風速を観測した。 JR在来線は倒木により呉線の一部区間で運転を見合わせていたが、午前10時に再開した。また、17日午後から運転を見合わせていた山陽新幹線の広島~博多間は始発から通常運行している。

広島 2021.09.18 12:03

潮風受け砂地で育つ「西浜いも」収穫始まる 平年以上の45トンの収穫見込む

出雲市湖陵町では特産の西浜いもの収穫が今月上旬から始まっている。 西浜いもは日本海の潮風を受け、ミネラル豊富な砂地で育てられるさつまいもで23人の生産者が町内の10ヘクタールで栽培している。 今年は7月後半の猛暑と干ばつでいもの成長が遅れていたが、8月中旬からの雨で生育は回復傾向にあり、平年以上の45トンの収穫が見込まれている。 収穫する女性:「(今年の出来は)比較的いい感じじゃないかと思う。イモの付きや色もいいし。」 水が深いところに溜まる砂地で育てられる西浜いもはその水をめざし、まっすぐ根をおろすという。 生産者・坂本博司さん:「シュっとした形になるね。(砂地で)水が少ないということは無駄に肥大しないので、甘く美味しい形の美しいイモになる。」 西浜いもは収穫後、保管庫の中に一定の温度で1カ月ほど貯蔵、甘みが増した状態で出荷され、来月初めから出雲市内のスーパーなどで販売が始まる。 また、町内の観光いもほり農園も来月1日からオープンし、出雲ならではの秋の味覚が存分に楽しめそうだ。

島根 2021.09.17 19:42

ハンマーで女性殴打の容疑者鑑定留置 松江市 以前から被害者に暴言など 

松江地検が鑑定留置を行うのは松江市東持田町の無職秦靖洋容疑者(46)だ。 鑑定留置とは、容疑者の刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、容疑者を病院などの施設に留置して、心身の状態を鑑定するもので、期間は今月17日から今年11月までとなっている。 秦容疑者は今月2日に松江市内の住宅街で近くに住む40代の女性の頭をハンマーで殴ったとして逮捕、送検された。 秦容疑者と被害に遭った女性との間に面識はあり、2017年以降秦容疑者は女性に対しインターフォンを押したり、暴言を吐くなどしていた。

島根 2021.09.17 19:41

【山口】長雨で今シーズンの出荷量は少なく 岩国れんこんの出荷式 

全国有数のレンコンの産地、岩国市で特産品「岩国れんこん」の出荷式が16日、行われた。先月の長雨の影響で、今シーズンの出荷量は少なくなる見込み。 岩国市の沿岸部にはおよそ200ヘクタールのレンコン畑が広がっていて、主な品種である「白花種」は柔らかく、粘り気があり、穴の数が1つ多いのが特徴。16日に行われた岩国れんこんの出荷式には生産者らが集まり、採れたてのレンコンを箱に詰めていった。今シーズンはレンコンが大きく育つ8月が長雨となったことから、出荷量は例年と比べて3割程度少なくなる見通しだという。初日はおよそ350kgが宇部市に向け出荷された。岩国れんこんの出荷は12月にピークを迎え、来年4月上旬ごろまで続く。

山口 2021.09.17 19:40

総裁選】自民党鳥取県連が投票用紙郵送  県内の党員・党友約1万人に向け

自民党総裁選に立候補したのは、河野ワクチン担当大臣岸田前政調会長、高市前総務大臣野田幹事長代行の4人。 国会議員票383票と候補者の得票数によって割り振られた全国の党員・党友票383票の合わせて766票で争われる。 自民党鳥取県連は17日告示された総裁選挙に向けて県内の党員1万18人、党友256人、合わせて1万274人分の投票用紙を発送した。 投票は郵送、または県連事務所に設置された直接投票所で行われる。 投票期限は28日で、鳥取中央郵便局に到着したものと、直接投票所に午後5時15分までに投票されたものが有効となる。 党員・党友票の開票作業と国会議員票の投開票は29日行われ次の自民党総裁が決まる。

鳥取 2021.09.17 19:36

【山口】山口県内の感染状況はステージ3に 連休を前に知事は感染予防対策徹底を呼び掛け

山口県内の感染状況について山口県はステージ4からステージ3に移行したと判断した。村岡知事は18日から連休で人が動くことから引き続き感染予防対策を徹底してほしいと呼びかけた。 17日の新規感染者数は10歳未満から60代の男女7人で、岩国市が4人、下関市、山口市、県外がそれぞれ1人となっている。このうち山口市の10歳未満の女の子は、16日にクラスターと認定された山口市内の就学前施設の園児で、クラスターの規模は21人となった。病床使用率は20・6%とステージ3のままだが、その他の指標はステージ2以下となっている。県内の感染状況がステージ3となるのは先月24日以来24日ぶりとなる。一方で、18日から連休となるシルバーウィークが始まることで感染者の増加が懸念されることから引き続き感染予防対策を徹底してほしいと呼びかけた。村岡知事は「GWとか、7月の4連休、夏の8月のお盆休み、これを過ぎると感染が増えるという傾向がある。このシルバーウイークをこえてリバウンドすることがないようにしないといけない。しばらくのご協力をお願いしたいと思う」と話している。県の集中対策期間については今月26日までだが村岡知事は対策期間の前倒しはしない考えを示している。

山口 2021.09.17 19:35

【新型コロナ詳報】島根10人 鳥取4人 保育所クラスター関連の感染者も

新型コロナウイルスについて、16日の検査で島根県で10人、鳥取県で4人の感染が確認された。 島根県で陽性が判明したのは松江市在住の10人で、累計の感染者数は1540人。 新規感染者のうち3人は既に陽性が判明している人の濃厚接触者として検査を受けたもの。また島根県の病床使用率は16日時点で16.0%となっている。 一方、鳥取県では米子保健所管内で4人の感染が確認された。累計の感染者数は1629人。 このうちの1人は県内28例目のクラスターとなった日吉津保育所の関連で、このクラスターに関わる陽性者は13人となった。

鳥取 2021.09.17 19:33

リニューアル「コナン列車」あす運行開始 原作者のふるさと鳥取県の山陰線 

鳥取県北栄町出身の漫画家・青山剛昌さんの人気作品、「名探偵コナン」が描かれたJR西日本のラッピング列車がリニューアルし、18日から運行を開始する。17日一足先に報道陣に公開された。 「名探偵コナン列車」は、鳥取県の「まんが王国とっとり」建国に合わせJRなどの協力を得て2012年に運行を開始。以来、コナンファンのみならず多くの人に親しまれている。 今回リニューアルされた車両のテーマは「探偵」。茶色の車両には、コナンを始め、人気の高い安室透や、工藤新一のライバル・服部平次など探偵たちが勢ぞろい。またオレンジ色の車両にはコナンの同級生、少年探偵団が描かれた。このほか、トイレには工藤新一と毛利蘭をイメージしたピクトグラムが表示されている。 鳥取県観光交流局まんが王国官房 野村芳幸課長補佐:「地元の方に愛していただいて写真を撮ったり口コミで課題を拡げていただいてコロナの終わった後にたくさんの県外や国外からの観光客が鳥取を訪れるきっかけになれば。」 今回のリニューアルではデザインやラッピングなどの費用、合わせて1200万円を鳥取県が負担している。リニューアルした「名探偵コナン列車」は、18日からJR山陰本線の鳥取-米子間を中心に走ることになっている。

鳥取 2021.09.17 19:32

【山口】自民党総裁選告示 県連は投票用ハガキを発送

自民党の総裁選挙が17日告示され自民党山口県連は党員・党友の投票用のハガキを発送した。 菅総理の後継を選ぶ自民党総裁選には、河野ワクチン担当大臣、岸田前政調会長、高市前総務大臣、野田幹事長代行の4人が立候補を届け出た。今回の総裁選は自民党の国会議員票383票と地方の党員党友票383票のあわせて766票で争われる。これを受け自民党県連では17日、投票用のハガキを発送する作業が行われた。発送されるハガキは1万8432通で県内の党員・党友へ送られる。ハガキの返信は開票日前日の今月28日必着で締め切られる。友田有幹事長は、県連として一つの方向性を示すようなことは考えていないと話している。自民党総裁選の開票作業は今月29日に行われる。県連は得票数を党本部に報告し党本部はいわゆるドント方式で4人の候補に配分し地方票の383票の投票先が決まる。

山口 2021.09.17 19:31

【山口】全国高校サッカー選手権大会山口県大会 組み合わせ抽選会

第100回全国高校サッカー選手権大会山口県大会の組み合わせ抽選会が17日に山口市で行われた。 山口市で行われた組み合わせ抽選会には参加44チームの代表者が出席した。抽選では、夏のインターハイ予選ベスト8のチームがシードに振り分けられ、その後、残りの36チームがくじを引いていった。全国高校サッカー選手権山口県大会は10月23日に開幕。新型コロナ対策として1回戦から準決勝は無観客での開催となる。11月7日に行われる準決勝の模様はKRYのYouTube公式チャンネルで、決勝の模様はKRYテレビで実況生中継する。決勝は11月14日山口市の維新みらいふスタジアムで午後0時5分キックオフ。

山口 2021.09.17 19:29

全国高校サッカー選手権大会 鳥取県大会 組み合わせ決定 決勝戦は日本海テレビで放送

第100回全国高校サッカー選手権大会鳥取県大会の組み合わせが 17日決まった。 左のブロックのシードは夏のインターハイで全国準優勝を果たした米子北と倉吉総合産業高校。 右のブロックのシードは境高校と、去年、決勝戦にコマを進めた米子東高校。 鳥取県大会は来月16日に開幕し、順調に日程が進めば、決勝戦は来月30日に鳥取市のAxisバードスタジアムで行われる。 なお、決勝戦の模様は日本海テレビで放送する。

鳥取 2021.09.17 19:23

島根原発について 鳥取県知事が国に要望 「30キロ圏内の緊張感知るべき」 

島根原発2号機が再稼働に必要な原子力規制委員会の審査に合格したのを受けて16日、国が鳥取県の平井知事に対して政府の方針を示した。平井知事は周辺自治体としての厳しい状況を訴えた。 鳥取県 平井伸治知事:「立地自治体(島根県・松江市)とちがって、周辺自治体は被害しかない。その辺の緊張感をもっていることを皆さん(国)は知るべきだと思う。」 原発から30キロ圏内に境港市、米子市の一部が入っていることなどから16日資源エネルギー庁の保坂伸長官が鳥取県の平井知事とオンラインで会談した。 保坂長官は政府として島根原発2号機の安全が確認されたことで、再稼働を進めていく方針であることを伝え、再稼働への理解と協力を求めた。 これに対し平井知事は財源措置が無い中避難訓練などの対策を実施している状況を訴え再稼働の判断で立地自治体と同じように扱うよう中国電力に指導して欲しいと政府に要望した。

鳥取 2021.09.17 14:48

島根原発2号機 安全審査合格 周辺自治体は 米子市長「事前了解権」求める

中国電力の担当者が、島根原発2号機の安全審査合格について、米子・境港の両市に報告を行った。周辺自治体の反応は? 米子市伊木隆司市長:「(原発に対する行政の)安全に対する責任 これは、立地(自治体)も周辺(自治体)も変わらない安全協定の改定だけれどもこれは、平成25年に(中国電力が)立地自治体と 同様の扱いをするという回答を我々はいただいておりる。このラインから下がるということはありえない。」 15日、中国電力鳥取支社の笠見茂男副支社長から報告を受けた米子市の伊木市長は会見で安全協定について、立地自治体と同様の「事前了解権」などを盛り込んだものに改定するよう中国電力側に求めた。 また、鳥取県の平井知事は15日オンラインで報告を受けた。 鳥取県平井伸治知事:「再稼働についての我々の判断がなければ中国電力は(島根原発2号機を)稼働することはないと求めていきたい」 平井知事はどのように安全を確保するか住民への十分な説明が必要だとしたうえで安全協定の改定について話し合う協議会の開催を求め、中国電力側もこれを受けいれていた。

鳥取 2021.09.16 19:37

政府が県に原発の再稼働方針の理解を求める 丸山知事「政府の都合としか県民としてならない」

政府はエネルギー事情や脱炭素化社会の実現などから原発を「重要な電源」と位置付けていて、安全性が確認された原発は再稼働を進める方針を示している。 島根原発2号機の安全審査はきのう正式合格となったが、再稼働するためには、立地自治体の「島根県」と「松江市」の『同意』が必要となっていて、その判断が注目されている。 こうした中、16日は資源エネルギー庁の保坂長官が島根県の丸山知事とオンラインで面談し、「社会的信頼が得られるよう政府が先頭に立って最善を尽くす」と話し、原発再稼働への理解を求めた。 これに対し丸山知事は政府に丁寧な説明を求めるとし、再稼働については総合的に判断したいと述べた。 島根県 丸山達也知事:「政府が決めたことなので政府の都合だねということにしか島根県民としてはならない。国の説明が前提となるのでその説明を県民がどう評価するかがスタートだ。」

島根 2021.09.16 19:36

【新型コロナ詳細】鳥取市では保育園児感染 各地でワクチン接種加速の動きも

新型コロナウイルスについて、15日の検査で新たに鳥取県で10人、島根県で5人の感染が明らかになった。 鳥取県で陽性が判明したのは、鳥取市保健所管内で4人、米子保健所管内で6人。このうちの1人は鳥取市の久松保育園の園児で、保育園は9月16日から22日まで臨時休園する。 一方、島根県では松江市の2人と、県外在住者3人の感染が確認された。このうちの1人は松江市立中学校の関係者で、学校は16日・17日を休校とし、接触者の検査の結果をふまえて再開時期を決める。 ワクチン接種を加速させる動きも進んでいる。 鳥取県では県営の接種センターを、土日に再度開設。使用するのは、モデルナ社製とアストラゼネカ社製のワクチンで、17日の午後2時から、インターネットで予約を受け付ける。 松江市は、ワクチン接種の予約ができていない市民を対象に、キャンセル待ち登録を実施すると発表した。登録には、キャンセル発生の電話連絡後、40分以内、または市が指定した日時までに会場に来ることができるなどの条件がある。使用するワクチンはファイザー社製で、申し込みは18日の午前8時半から電話で受け付ける。

鳥取 2021.09.16 19:34

松江市議会特別委員会 再稼働の陳情を審査 「調査研究が必要」と継続審査

松江市議会の「島根原子力発電対策特別委員会」が島根原発に関連する陳情について審査を行った。 2号機の再稼働に関する陳情は、松江市の経済界や市民の会から提出されており全部で3件になる。いずれも再稼働に賛成の立場での陳情だ。委員会からは、現段階では判断ができず調査研究が必要だとの意見を受け委員会では賛成多数で継続して審査することになった。 また委員会の中で委員からは再稼働に関わる住民説明会の日程などについての質問があり、ましたが、松江市からは国の原子力規制庁が県や市に説明して以降に県と松江市が合同で住民説明会をする予定であると回答した。

島根 2021.09.16 19:32

東北グルメが集結 鳥取の百貨店で物産展 東日本大震災からの復興支援を

東北地方6県の名産品やご当地グルメ50品以上を集めた“東北わくわくマルシェ”。震災からの復興支援のために8年前から始まった物産展が鳥取市の鳥取大丸で開催中。 会場には秋田県特産の漬物「いぶりがっこ」や、山形県名物の「だだちゃ豆」を使ったポテトチップスなどのお菓子、地酒が並ぶ。 そして三陸の海の幸などを牛乳瓶ひとつひとつにふんだんに詰め込こんだ「瓶ドン」はご飯の上にのせて食べる話題沸騰中の新名物グルメ。 東北わくわくマルシェ 隅崎涼さん:「東北を知ってほしいし好きになってほしいので、まず“おいしい”から東北の味を知ってもらって、東北のことを好きになってほしい。」 また会場内では関西や九州で話題のパンやスイーツを取り寄せたフェアも始まっている。 パン&スイーツフェアと東北わくわくマルシェは鳥取市の鳥取大丸で9月20日まで開催。

鳥取 2021.09.16 19:28

コロナ禍の学生支援 山陰の大学等に寄付金 「ごうぎん一粒のむぎの会」合計270万円 

新型コロナによって経済的に大きな影響を受けている山陰両県の大学生に対して寄付金が贈られた。 コロナ禍で影響を受ける大学生を支援するため寄付金を贈ったのは山陰合同銀行の役職員でつくる「ごうぎん一粒の麦の会」だ。今年度は山陰両県にある大学と短大7校に合わせて270万円を寄付し、このうち鳥取大学には100万円が贈られた。 山陰合同銀行 石丸文男会長:「せっかく大学に入りこれからいろんなことを勉強していこうという時にコロナ禍になった学生も多いので、気持ちが沈んでしまわないように何かできないかと思った。」 鳥取大学では、学生への食糧支援などに寄付金を活用するとしている。

鳥取 2021.09.16 19:24

【山口】秋の収穫を祝う神事「御田刈祭」

秋の収穫を祝う神事「御田刈祭」が15日、山口県下関市の神社で行われた。 下関市の住吉神社で行われた「御田刈祭」。神社の神饌田では、今年5月に植えた「イセヒカリ」が実り、神職や氏子の人達が鎌を使って刈り取っていた。ただ、連日の雨で、たんぼはぬかるんでいて、やや苦労しながらの刈り取りとなっていた。また、去年は、この神饌田でもトビイロウンカの被害があり、収穫量が例年よりも2割程減ったが今年は順調に育ったという。刈り取られた稲の一部は、早速、木製のみこし「稲座」に飾り付けられ本殿に供えられた。

山口 2021.09.16 18:26

【山口】敬老の日を前に高校生がお菓子作り

今月20日は敬老の日。山口県周南市の高校生が高齢者施設のお年寄りにプレゼントするための、お菓子を作った。 熊毛北高校のライフデザイン科の2年生が作ったのは周南市内で生産された自然薯を使ったおまんじゅう。レシピは生徒たちが試作を繰り返して考案したもので、市内の高齢者施設で行われる敬老の日のイベントでプレゼントされる予定。自然薯はすりおろして、生地に練り込む。餡は、白餡と卵の黄身を合わせ、秋の月をイメージしてつくった。生徒は、「丸めるとき、しわを作ったら蒸し上がりにひびが入ってしまうから大変だった。元気に長生きして欲しいという気持ちで作った」と話していた。敬老の日のイベントに高校生は参加しないが、かわりにメッセージカードが添えられるという。

山口 2021.09.16 18:11

【山口】「地元の魅力を知る」山口県長門市で中学生が職場見学

地元の新たな可能性を知ってもらおうと、山口県長門市の中学生が地域の魅力発信に取り組む事業所の職場見学をした。 長門市の農業法人・日置で行われた職場見学には深川中学校の生徒4人が参加した。深川中学校では地元の魅力を再認識してもらおうと、近年、市内で新たに起業するなどした15の事業所に分かれて、それぞれ職場見学をした。去年2月に設立された農業法人日置では約17ヘクタールの大規模農地で米や小麦、野菜などを栽培している。収穫した米粉や果物を使った加工食品グラノーラの製造・販売も行っていて、魅力ある特産品づくりに取り組んでいる。16日は情報通信技術ICT化が進む農業機械などについて説明を受けた。また、6次産業化支援施設ながとラボでは、加工食品グラノーラの製造を行っていて、生徒たちは袋詰め作業を体験した。深川中学校では職場見学を通じて生徒たちに将来の夢や志を持つきっかけになればと話している。

山口 2021.09.16 18:11

【山口】新型コロナウイルス山口県内24人の感染を発表

新型コロナウイルス、山口県内では24人の感染が発表され山口市の就学前施設が、クラスターと認定された。 感染が発表されたのは10才未満から60代までの男女24人で山口市が16人、周南市・下松市・岩国市がそれぞれ2人などとなっている。年代別では10歳未満が13人、20代が4人などとなっている。このうち山口市の就学前施設では園児12人を含む職員や園児の家族など17人が陽性と分かった。これまでに発表された職員や園児3人とあわせて20人となり県はクラスターと認定した。県によるとこの施設では15日、職員や園児など115人を検査し今回の17人の感染が分かったということで16日残りの園児約50人を検査している。この施設は今月26日まで休園となっている。これで県内の感染者はのべ5469人となった。

山口 2021.09.16 17:17

島根原発 県と松江市「意見聞いて判断」 2号機再稼働に向けて

15日、原子力規制委員会は、中国電力が再稼働を目指している島根原発2号機の安全審査について正式に合格としたが、再稼働には立地自治体である島根県と松江市の「同意」が必要となる。 島根県 丸山達也知事:「県民の方々も参加される安全対策協議会や島根県の原子力安全顧問そして関係自治体などの意見をよく聞いて総合的に判断する。」 島根県の丸山知事は、再稼働への同意について総合的に判断していくとした上で「ポイントとなる点は安全性、必要性、避難対策」だと話した。 松江市 上定昭仁市長「まずは関係する省庁から必要性、安全性、あるいは避難対策についてうかがっていくというのが最初のステップであると考えている。」 上定市長はその上で、住民説明会を開くなど市民から意見を聞いた上で総合的に判断したいと話した。

島根 2021.09.16 12:56

【山口】うそ電話詐欺・中国籍の男2人を逮捕

ショッピングセンターの従業員などを名乗り山口県周南市に住む80代の女性に電話をかけ、キャッシュカードをだまし取り約166万円を盗んだとして中国籍の男2人が逮捕された。 詐欺などの疑いで逮捕されたのはいずれも中国籍で下関市豊田町の会社員王紹鋒容疑者31歳と大阪府太子町の無職雍ブンセン容疑者26歳。周南警察署によると、ことし6月、周南市に住む80代の女性にショッピングセンターの従業員などを名乗る人物から、「あなたのクレジットカードを使って服を買おうとした女がいる」「キャッシュカードを調べる」などとうその電話があり、女性の自宅ポストにキャッシュカードを入れるよう指示されたという。王容疑者と、雍容疑者は女性がポストに入れたキャッシュカードを回収し、合わせて約166万円を引き出し盗んだ疑いが持たれている。雍容疑者は同様の手口の詐欺未遂などで2度、逮捕・起訴されている。警察は捜査を進める中で今回の犯行も雍容疑者のものであると断定、さらに王容疑者の関与も明らかになったことからそれぞれを逮捕した。警察は2人の認否を明らかにしていない。

山口 2021.09.16 12:15

【山口】山口県医師会が早めの受診を呼び掛け

新型コロナウイルスの患者の重症化リスクを防ごうと山口県医師会は、早めの受診を呼びかけている。 県医師会は先月以降、新型コロナに感染した約750人を対象に症状が現れてから医療機関を受診するまでの日数を調べた。その結果、酸素投与が必要な中等症、または重症化するリスクは発症から3日以内に受診した場合、5.5%だったのに対し、4日を過ぎて受診した場合は15.5%。3倍近い差が出たことを報告し、体調が悪いときは早めに受診するよう呼びかけている。山口大学医学部付属病院の松永和人副病院長は、「受診はできるだけ早く、可能であれば72時間以内に来ていただくこと。3倍程度違うので早期受診をしていただくことが1つは重症化へ進むことを防ぐためにも重要」と話していた。また40歳以上でワクチンを1回または接種していない患者で重症化した割合は12.2%だったのに比べ、2回接種した人は5.9%だったことを挙げワクチンは重症化を防ぐ効果があるとして接種を呼びかけている。

山口 2021.09.16 00:00

【山口】柳井商業跡地「現行案を生かして整備」

市民の間で賛否が分かれている柳井商業高校跡地への複合型図書館の建設計画について、山口県柳井市の井原市長は現行の案を生かし事業を進めていく考えを15日表明した。 井原健太郎市長は、柳井市議会の特別委員会で現行案を生かした形で複合型図書館の整備を進めていくという方針を示した。柳井商業高校跡地の利活用を巡って市は、約20億円をかけて防災や子育て機能をともなった複合型図書館を建設する基本構想案を2018年に示していたが、賛成・反対双方の市民団体が設立されるなど市民の間で賛否が分かれていた。この状況について井原市長は「市民への説明が不十分だった」とし、今年7月に市民82人を委員とする市民会議を設置。跡地の利活用策について改めて意見を聞いた。15日井原市長が示した跡地の利活用の方向性では、複合型図書館の構造などは現行案のままとする一方、市民会議で出された意見を踏まえ、内部のレイアウトなどは変更を加えるとしている。また、防災機能を備えた芝生広場については防災パーゴラやソーラー照明の設置などより防災機能を強化したものにするとしている。また、柳井商業高校跡地の周辺にはバタフライアリーナやサンビーム柳井など文化・スポーツ施設が集約されている。市では今回、このエリアを「防災・文教・交流ゾーン」と定義。バタフライアリーナについては10億円以上をかけ耐震改修や空調・照明の新設などの大規模改修を行い、災害時には約1000人を収容できる避難所として活用する計画も示した。市では来年度予算案に事業費を計上する方針。

山口 2021.09.15 23:34

【山口】下松の放火事件・検察は懲役7年を求刑

去年9月、両親が住む山口県下松市の家に火を放ち、全焼させたとして放火の罪に問われている男の裁判員裁判で、検察側は懲役7年を求刑した。 現住建造物等放火の罪に問われているのは下松市の無職・松本浩幸被告46歳。起訴内容などによると松本被告は去年9月、両親が住む市内・西市の家でタオルのような物に灯油をかけた上、ライターで火を放ち全焼させたとされている。両親に借金を申し込み断られたことが動機とされ、統合失調症だった松本被告の責任能力が争点となっている。15日開かれた裁判で検察側は、松本被告は、犯行のタイミングを見計らうなど、合理的で一貫した行動を取っていたなどとして、心神喪失の状況には至っていなかったと指摘。責任能力があったとして懲役7年を求刑した。一方、弁護側は「松本被告は、犯行当時、行動のコントロールができず心神喪失の状態だった」などとして無罪を主張した。判決は今月22日に言い渡される。

山口 2021.09.15 23:34

日暮れに騒々しい黒い影の正体は? 米子市のけやき通りの木や電線群れ

9月13日午後6時ごろの米子市。電線に群がる黒い影が騒がしい音を響かせていた。 Q何の鳥か知っていますか? 通行人:「知らない。ちょっとやかましいなと思う」「フンをされたり、近くに住んでいてこの声がしたらうるさいよね。」 8月下旬頃から米子市周辺で見られるようになったこの光景。その正体は・・・。 米子水鳥公園ネイチャーセンター 神谷要館長:「ちょっとびっくりされるかもしれないが、あれはムクドリという鳥で、秋になると群れて塒(ねぐら)に集まって休むようになる。」 その正体はムクドリ。体長24センチほどの野鳥で、3月頃から繁殖期を迎え、この時期になると、若鳥を中心に群れをつくる。米子市周辺では、毎年、けやき通り付近の木や電線で見られることが多く、天敵から身を守ったり、エサの在りかなどを情報交換するといわれている、 米子水鳥公園ネイチャーセンター 神谷要館長:「若鳥がよく集まってくるのは繁殖がうまくいった年やうまくいってない年によって変わる。今年は(繁殖がうまくいき)ちょっと多いのかもしれない。」 今年は繁殖がうまくいったのか、例年より若鳥が多く集まっているという。騒音やフンなど、住民にとって悩ましいムクドリ。気温が下がるにつれて米子市内周辺にいた群れは次第に少なくなるという。

鳥取 2021.09.15 19:53

新型コロナ 新たな感染 鳥取4人 島根2人 クラスター関連の感染も確認

新型コロナウイルスについて14日の検査で鳥取県で4人、島根県で2人の感染が確認された。 鳥取県で感染が明らかになったのは米子保健所管内で3人、鳥取市保健所管内で1人。 このうちの1人は県内22例目のクラスターとなった陸上自衛隊第13旅団米子自動車教習所・駐屯地内隊舎の関連で合わせて28人のクラスターとなった。 また、14日にクラスター認定された鳥取県の日吉津保育所関連で 新たに1人の感染が判明し、保育所は引き続き休園している。 関係者の感染が明らかになり今月10日から臨時休校していた米子市立加茂小学校と明道小学校について、13日から一部を学年・学級閉鎖とした上で学校を再開していたが、15日から全校で授業が再開された。 同じく臨時休校していた鳥取県日吉津村の日吉津小学校については16日から学校を再開する。 一方、島根県で感染が明らかになったのは松江市と浜田市でそれぞれ1人。 累計の感染者数は1525人となった。

鳥取 2021.09.15 19:26

給食にシャインマスカットが登場 鳥取県 特産品の魅力を知って

給食の時間になり生徒が運ぶトレーの上にあるのはシャインマスカット。15日、鳥取県北栄町の北条中学校では今月3日に初出荷を迎えたばかりの北栄町の特産品シャインマスカットが給食にサプライズで登場した。このサプライズ給食は北栄町が毎年行う取り組みの一つ。 町が費用の一部を負担し地元食材を使ったメニューを小中学校に提供することで魅力やおいしさを伝えようとするもの。 ワッフルと一緒に提供され生徒はそれぞれの好みの食べ方でシャインマスカットを味わっていた。 北栄町は今後も年に2回ほど地元の特産品を使った給食を提供していきたいとしている。

鳥取 2021.09.15 19:26

間もなく新そばの季節も…大雨で収量大幅減 「玄丹そば」生産者も困惑 松江市八束町 

秋風に揺れる白い花。10月にはいよいよ新そばの季節を迎える。中海を臨む松江市八束町では15日、今年も地元産の「玄丹そば」の花が満開を迎えた。 由志園アグリファームでは、約35ヘクタールの畑で「玄丹そば」を栽培している。来月には、そばの実の刈り取り、出荷を控えている。 しかし、畑を見渡すと満開の花を咲かせる畑がある一方で、一部の畑では、花が咲いていない。今年はある異変が起こっているという。 由志園アグリファーム 渡部卓也専務:「7月8月の長雨豪雨、天候不順でこういう風に草だらけになってしまった。」 今年は7月~8月にかけての大雨の影響で、そばが芽を出さず根腐れを起こすなどして一部の畑で影響が出ていた。去年は好天に恵まれ例年にない豊作だったが、今年は収穫量が落ち込むことを生産者は懸念していた。 由志園アグリファーム 渡部卓也専務:「この状態だと、3分の1くらいしか収穫量はないと思うコロナ禍もいつまでも続かないと思ってるんで今年は需要が出ると思って精一杯作ってるんだけども、天災というこういう状態の中でどうしようもないかなと思う。」 松江市八束町の由志園内にある日本料理店「竹りん」。大根島で育った玄丹そばを使ったメニューが人気だ。 しかし、玄丹そばを扱う多くの店では新型コロナの影響で客足が減り、そばが大量に余ってしまう事態も発生していた。 今年は店内の感染対策をより徹底することで、秋の行楽シーズンに向けた集客に期待をしているが、こうした中、そばの出荷量が減ることに店側では頭を悩ませていた。 由志園竹りん 犬谷秀久さん:「これから行楽シーズンで紅葉もきれいになる。新そばを食べていただく機会が少なく条件が厳しくなったのは大変残念に思ってる。」

島根 2021.09.15 19:25

台風14号に備えて 避難所のコロナ対策 ”可能な限り多く開設”密になりにくい環境を作って対応

今週末にかけて山陰地方に接近すると予測される台風14号。鳥取県は15日、関係者を集めて災害警戒会議を開いた。 会議には県の担当者と気象台、中国電力などのインフラ企業が集まって、今後予想される対応について確認をした。 気象台によると、台風14号は今朝6時時点では東シナ海に停滞しているが、明後日17日には進路を変え、その後は山陰を通過する恐れがあるという。 会議では河川や道路などの事前パトロールや収穫前の農作物に対する排水や防風対策のほかに、避難所のコロナ対策についても確認した。 鳥取県平井伸治知事:「避難の際に新型コロナの流行が、第5波が残って続いているところである。従来よりも踏み込んだ避難所の設営が必要になってく」 鳥取県は市町村と協力して可能な限り多くの避難所を開設することで、密になりにくい環境をつくって対応するとしている。

鳥取 2021.09.15 19:23

【解説】島根原発2号機 再稼働への道のり 立地自治体の「事前了解」いつ?

原子力規制委員会は島根原発2号機の安全対策の「審査書」を決定。安全審査は15日正式に合格となった。島根原発2号機の再稼働に向けた流れを見ていく。 原子力規制員会が審査書案を了承したのが、今年6月。これが事実上の合格だった。そしてそのあと、原子力規制委員会のHPで1か月間国民からの意見が公募された。寄せられた国民の意見を参考に再び議論が行われ15日に原子力規制委員会が正式に合格を決定した。 再稼働に必要なものがこのあと2つある。まず1つは立地自治体である島根県と松江市の同意だ。そして中国電力は「工事計画」と「保安規定」の認可を原子力規制委員会から得る必要がある。そのためたとえ今すぐ立地自治体が同意をしたとしても、すぐ再稼働するということにはならない。 そもそも島根県や松江市は住民が参加する安全対策協議会や関係自治体の意見もよく聞いたうえで判断するとしているため、今年度中の再稼働は厳しいのではないかともみられている。

島根 2021.09.15 19:17

【山口】敬老の日を前に地元のお菓子をプレゼント

今月20日の敬老の日を前に、感謝の気持ちを込めて山口県長門市のお年寄りに地元のお菓子が贈られた。 長門市の深川養鶏は毎年、敬老の日を前に地元のお年寄りに卵を使ったお菓子を贈り、感謝の気持ちを伝えている。新型コロナウイルスの影響で、ことしも去年に引き続き、リモートによる贈呈式が行われた。お年寄りたちに贈られたのは、夏みかんの皮を使ったマドレーヌや、卵をたっぷり使ったバームクーヘンなどの詰め合わせだ。今年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されたため、五輪とメダルにちなみ、丸いお菓子を集めたという。深川養鶏では、長門市内の約1000人のお年寄りにお菓子を贈ることにしている。

山口 2021.09.15 18:08