中国のニュース

癒やされると話題に タコクラゲを展示

鳥取市にあるとっとり賀露かにっこ館に今、タコクラゲが展示され、見る人に癒しを与えると話題になっている。
タコクラゲはその名前の通り外見がタコに似ていて、温暖な海域や夏の海で見かけることが多いクラゲ。かにっこ館では、2匹のタコクラゲがかわいらしい水玉模様の傘をゆらゆらと揺らし、水槽内を泳ぐ姿を見ることができる。
今年6月から展示を始め、当初8月いっぱいまでの予定だったが、来館者からの反響が大きいことから当面の間、展示を続けることにしている。

鳥取2020.09.23 19:23

合銀が野村證券と業務提携 3か所に拠点

山陰合同銀行は、証券関連事業で業界最大手の野村證券と業務提携し、新たな証券ビジネスに乗り出す。23日は、その拠点となるコンサルティングプラザを松江・米子・鳥取の3か所に開設した。
このうち松江店では開設式が行われ、山陰合同銀行の山崎頭取が「地方における証券ビジネスの新しい取り組みで両者の強みを生かしていきたい」と挨拶した。
今回の業務提携は、地方銀行が持つ地域に根付いた顧客基盤と証券会社が持つ専門的なノウハウや多種多様なサービスの両者を活かし、補いあうことを狙いとしている。野村證券は、山陰合同銀行とごうぎん証券の証券顧客口座を引き継ぎ、今後口座の一括管理を行う。一方、山陰合同銀行では、野村証券から社員の出向や営業支援を受け、証券など金融商品を販売したり、アフターフォローなど顧客対応などを行っていくとしている。
山陰合同銀行の山崎徹頭取は「十分にお客様に届けて来れなかった色んな金融情報や金融サービスをこれから提供できる。その部分で取引が増えていくのではないかという期待を持っている。」と話した。
山陰合同銀行では11月には、倉吉・出雲・浜田にも拠点を開設し、将来的には法人向けのサービスも視野に入れ展開していくとしている。

島根2020.09.23 19:22

小学生が稲刈りに挑戦

実りの秋です。岡山県美作市の小学生が今日、昔ながらの稲刈りを体験しました。

秋空のもと、黄金色に実った稲穂、美作市の勝田小学校の田んぼで育ったコシヒカリです。稲刈りは、学校で取り組んでいるお米の学習の一環として、毎年、2年生と5年生を対象に行なっているものです。今年も児童30人が参加し、初めて鎌を手にして恐る恐るの様子でしたが、地域の人たちに教わりながら1株ごとに要領を覚えるとスイスイ刈り取っていました。昔ながらの手作業で収穫の喜びを味わった児童達、収穫したお米も、近く味わう予定だと言う事です。

岡山2020.09.23 19:22

おせち商戦 早くもスタート

来年のお正月に向け早くも「おせち商戦」スタートです。岡山市のデパートではコロナ禍でも楽しめる、おせちの予約が今日から始まりました。

無病息災の願いを込めたアマビエ様のまんじゅう入りおせちに、家族の人数にあわせて、和、洋、中や子供向けの料理を重箱から選べるものも。岡山高島屋では今日から特設コーナーを設けて正月用のおせちの予約受付を始めました。

コロナ禍でのお正月という事で、感染予防として、ひとつの重箱に一人前ずつ料理を詰めたものが特徴で、例年の2倍にあたる28種類が用意されています。予約受付は12月25日までとなっています。

おせち料理を家で作らない人が増えたため、予約注文型のおせち市場は年々広がっていますが、来年の正月も巣ごもり需要が見込まれるため「おせち商戦」は、ますます熱を帯びそうです。

岡山2020.09.23 19:21

高校生が1日警察署長 交通安全呼びかけ

21日から始まっている秋の全国交通安全運動。23日倉吉警察署では湯梨浜学園高等部の書道部の生徒が手がけた交通安全を呼びかける作品の寄贈式が行なわれた。
作品は車のヘッドライトをイメージするなど交通安全の啓発を目的に制作したもので、23日から倉吉警察署で展示される。また、書道部の部長である田中希良さんが一日警察署長に任命され、「最近多い危険運転や飲酒運転による事故を一つでも多くなくし、これからの交通安全をしっかり守っていってください」と警察署員を激励していた。
30日まで行われる秋の全国交通安全運動は、子供をはじめとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保などが重点項目となっている。倉吉警察署の安達課長は「秋口は、夕暮れや夜間にかけての事故が多発する時期になる。車の運転手はライトの早期点灯、歩行者の方は反射材の活用をお願いしたい」と話す。
警察によると山陰両県の交通事故による今年の死者数は鳥取県で11人島根県で10人と、いずれも去年の同じ時期より少なくなっているということで、引き続き事故防止を心掛けてほしいと注意を呼びかけている。

鳥取2020.09.23 19:20

玉野市で山岳救助訓練

山間部での救助を想定した消防隊員の訓練が今日、岡山県玉野市で行われました。

訓練が行われたのは玉野市の王子が岳の山頂付近です。

玉野市消防本部の消防隊員15人による訓練で、目的は崖から落ちたケガ人を救助すること。隊員たちは木にロープに巻き付け30メートル下の崖に落ちた人を引き上げようとしました。しかしロープが体重に耐えられないと判断すると岩に巻き替えます。

崖の上にいる隊員達は、崖の下の様子が見えにくい上、ロープを引き上げる時に岩に擦れて切れる恐れがあるため、互いに大きな声を掛けあいながらケガ人の救助にあたりました。

玉野市消防本部は岡山県の消防ヘリとも救助訓練を重ねて技術の向上を目指します。

岡山2020.09.23 19:19

河井夫妻から現金授受の広島市議に辞職勧告決議案提出

議員辞職勧告決議案を提出したのは、共産党広島市議団。

裁判で現金受け取りを指摘された13人の広島市議のうちの7人が受領を認めたとされるが、すぐに返却しておらず辞職すべきとしている。

しかし広島テレビの取材によると、この決議案は議会で否決される公算が高いとみられる。

共産党の中森辰一幹事長は『否決になる可能性はある。これが今の広島市議会のお金に対する考え方、選挙に対する考えなんだということを市民に知っていただく』と報道陣に話した。

決議案は、開会中の9月定例会の最終日となる25日、審議される。

広島2020.09.23 19:14

河井被告公判 安芸太田前町長「現金受け取りの際に押し問答」

東京地裁であった案里被告の裁判に、証人として出廷した安芸太田町の小坂真治前町長。

小坂前町長は、去年4月克行被告が自宅を訪れた際「テーブルに白い封筒を置き、『これを』と言って差し出した」と証言。「案里候補の当選に向けての活動要請だと思った」と、現金20万円の受領を認めた。そして「押し返すと、克行被告が『まあまあ』と、また私の方に封筒を返した」。「2,3回繰り返して、この場は私が引き受けようと思った」と証言した。

さらに克行被告が、過去の参院選の当選者の票数などの資料を使って、案里被告の選挙戦を分析していたとも語った。

広島2020.09.23 19:10

福山市の100年あまりの歴史の食堂 暖簾おろす

23日、最後の日を迎えたのは福山市の食堂「稲田屋」。
1919年、福山駅前で創業した。

名物は醤油と砂糖、そして串に刺したホルモンを「秘伝のタレ」で甘辛く煮た「関東煮」と、牛と豚6種類の肉が乗った肉丼。

最終日の店内は、午前11時の開店と同時に満席となった。社長の膝の状態が悪化したことや新型コロナの影響で決まった閉店。
訪れた客は101年の歴史が詰まった料理をじっくりと味わった。客は「両親と一緒に来たときに、夕食でここで食べた記憶というのが、今記憶がよみがえりながら食事してる感じ。感慨深い。しっかりと味をかみしめて食べた。」と語った。

用意した串700本と肉丼・肉皿およそ80人前は2時間で完売となった。

稲田正憲社長「私の味を支持していただいた方が結構おられたので、ありがたいといことだと思う。あとは引き継いでいただける人がいれば幸いかと思う。」と話し、後継者を募り、この味と店を託すという。

広島2020.09.23 18:37

「獺祭バー」来月東京にオープンへ

「山口の日本酒で東京を元気にしたい」と「獺祭」を提供するバーが来月オープンすることになり、23日、一足早く報道陣に公開された。
東京・新丸の内ビルディングに来月1日からオープンするのが「獺祭バー」。岩国市の旭酒造が製造する「獺祭・磨き二割三分」を中心に提供する期間限定のコンセプトバーで、オススメの飲み方は日本酒ではちょっと珍しい「ロック」。オリジナルグラスの畜光材の青い光が消えるまでの5分ほどでクイっと空ければ氷で薄まり過ぎることなくキュッと締まった飲み口を味わえるという。「獺祭バー」は、本来は、東京オリンピックを機に日本を訪れた外国人観光客に日本酒の魅力を伝えようと準備してきたが新型コロナウィルスの感染拡大で状況が一転、当面は、東京の活気づくりに一役買えればと話している。獺祭バーは、来月1日から1年半の期間限定で東京駅近くの新丸の内ビルディングにオープンする。今後は、獺祭のカクテルなども考案して、来年の東京オリンピックを迎えたいとしている。

山口2020.09.23 18:32

新型コロナへの対応は

9月定例山口県議会は23日、代表質問が行われ季節性インフルエンザの流行期に備えた新型コロナウイルスへの県の対応などについて質問が相次いだ。
県議会の代表質問は自民党と公明党、民政会が行い、いずれも季節性インフルエンザの流行期に備えた新型コロナウイルスへの対応について県に質した。村岡知事は「現在感染者数は減少しているが私は感染拡大への警戒を一層強めていかなければいけないと認識を新たにしている」と述べた。県は新型コロナ関連126億円を含む補正予算案を9月議会に提案している。季節性インフルエンザの流行期に想定される1日最大4000人の発熱患者に対応するための検査装置の導入や小学生以下の子どもが無料でインフルエンザの予防接種を受けられるように県が全額負担する経費などを盛り込んでいる。村岡知事はインフルエンザと新型コロナは臨床的に判別が困難なことから、市町や医師会の協力のもと、かかりつけ医など身近な医療機関で相談・診療・検査ができる体制を10月中を目途に整備する考えを示した。また、感染リスクの高い医療従事者や地域をまたいで活動する事業者が安心して業務を継続するため、現在、予防保健協会や山口大学で個別のニーズに応じた検査への準備が進められていることを明らかにし、県も促進していく考えを示した。県議会はあすから一般質問が行われる。

山口2020.09.23 18:24

「つまんでちょんまげ」岩国市長に報告

山口県岩国市の特産品・日本酒に合うおつまみが統一ブランド、その名も「つまんでちょんまげ」として売り出されることになり、23日、生産者らが福田市長に報告した。
岩国れんこんのチップスに「由宇とまと」を使ったドライトマト。岩国市の特産品・日本酒のブランド力を活かし酒に合うおつまみをみやげ用に商品化したもので、統一ブランド「つまんでちょんまげ」として13種類が売り出される。ブランドを統一することで売り場で目に付きやすくなることが期待されていて、去年から試験販売を行い、商品の改良を重ねていた。今回新たにラインナップされた「高森牛と岩国れんこんのしぐれ煮」を試食した岩国市の福田市長は「すごく柔らかい。噛めば噛むほど良い味が出る」と話していた。「つまんでちょんまげ」13種類の土産品は、来月1日から岩国錦帯橋空港の売店など県内6か所で販売される。

山口2020.09.23 17:33

キャラバン隊が交通安全を呼びかけ

21日から、秋の交通安全運動が行われている。23日は山口県光市でキャラバン隊が子どもたちに交通安全を呼びかけた。
光市では子どもたちに交通安全を呼びかけるため、光警察署の署員や県交通安全学習館のオリジナルキャラクターまなぶ君などの、交通安全キャラバン隊が市内の保育園などを周った。県内では小学生の交通事故のうち、全体の半数以上を低学年が占めている。これから小学校に通う子どもたちに、交通ルールを考えるきっかけにしてほしいと今回、実施された。23日は横断歩道の渡り方をまなぶ君がレクチャーした後、子どもたちに交通ルールを学ぶことができる塗り絵と下敷きがプレゼントされた。キャラバン隊の活動は28日にも行われ、23日と合わせて光市内すべての保育園や幼稚園をまわる予定。

山口2020.09.23 17:07

放火の疑いで83歳の男を逮捕

先月15日、山口県山口市阿知須の自宅に火を放ち全焼させたとして83歳の男が放火の疑いで逮捕された。
非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは山口市阿知須の無職・西村元次容疑者83歳。警察によると、西村容疑者は先月15日午後3時ごろ、山口市阿知須にある2階建ての自宅に火を放ち、全焼させた疑いがもたれている。この火災で、西村容疑者は首などにやけどを負っていて、駆けつけた消防により病院に搬送されていた。その後、警察では西村容疑者の犯行と認め、23日、逮捕したもの。西村容疑者は警察の調べに対し、「私がやったことに間違いない。」と容疑を認めている。警察では今後、動機などについて捜査を進めることにしている。

山口2020.09.23 16:59

豪雨で被災の寺を応援

山口県周南市の寺では23日、檀家から提供された食料品などのバザーが開かれた。売り上げはことし7月の豪雨で被害を受けた熊本県の寺に全額寄付される。
バザーが開かれたのは周南市の徳応寺。30年以上前から彼岸の時期にバザーを開いていて、売り上げは毎年地震や豪雨などで被害を受けた地域に全額寄付している。ことしは7月の豪雨で床上浸水などの被害があった熊本県人吉市の本願寺人吉別院に寄付する。23日は檀家から提供された食料や衣類、食器など約300点が並べられ訪れた人はお目当ての商品を次々と購入していた。また23日は豪雨の被災者の追悼や彼岸の法要も同時に行われた。

山口2020.09.23 16:29

就実大学で対面授業再開

新型コロナウイルスの影響でオンライン授業が続いていた岡山市の就実大学に学生たちが戻ってきました。

1限目にあわせ多くのマスク姿の学生が登校してきた就実大学です。後期が始まった今日から対面授業が再開されました。3000人の学生が通う就実大学では検温、消毒の他、エレベーターを使用禁止にして階段を一方通行にしたり、教室に入室できる学生の数を半分にするなど感染防止対策を徹底しました。

新型コロナウイルスの影響で入学式が中止された他、前期は大半の授業をオンラインでおこなっていたため、1年生にとっては半年遅れの大学生活のスタートです。就実大学では受講する学生が80人を超える一部の授業については動画配信するなど、感染防止対策を講じながら対応していくと言う事です。

岡山2020.09.23 16:15

台風12号接近に備え 鳥取県が連絡会議

鳥取県は23日、台風12号に係る、災害警戒連絡会議を開いた。会議には、県や気象台の担当者などが出席し、台風12号の今後の動きについて確認した。
鳥取地方気象台によると、台風12号は23日夕方から夜に鳥取県に最接近する見込みだという。この台風による、強風や高潮の影響は少ないとみているが、山地を中心に秋雨前線を伴う雨が降り、台風通過後、週末にかけて総雨量が多くなる可能性があるとしている。
鳥取県では、収穫前の農作物への排水対策などを行うよう呼び掛けている。

鳥取2020.09.23 12:23

安全運転呼びかけ 死亡事故多発警報受け

今月に入って死亡事故が多発し、県内全域に警報が発令されている岡山県で今日、交通ルール順守を改めて呼びかける街頭活動が行われました。

JR岡山駅前では通勤通学時間帯にあわせて警察官や県の職員が出て、啓発用チラシなどを配って交通ルールの順守を呼びかけました。岡山県内では今月11日から交通事故が多発し、7人が死亡している事から、「死亡事故多発全県警報」が発令されていて、ドライバーに、より一層の安全運転が求められています。

警報は今月29日までで、期間中、岡山県警は取り締まりなどを一層強化するとしています。

岡山2020.09.23 11:59

福山の民家強盗 犯行グループ一部が他の強盗にも関与

ことし2月、福山市内の民家から現金約2900万円を奪った犯行グループの一部が、別の強盗事件に関与していたことが分かった。23日朝、警察は「強盗致傷」などの疑いで、福山市川口町の無職・身野康信容疑者。「盗品等運搬」の疑いで、大阪府豊中市の無職・岩田孝太容疑者の身柄を、広島地検に送った。この事件では、実行役の当時大学生の男と勧誘役の無職の男をすでに起訴。捜査関係者によると、この2人が県外の別の強盗事件にも関与していたことが分かった。

広島2020.09.23 11:50

彼岸の中日で墓参り

22日は秋分の日、彼岸の中日。山口県内の墓地でも朝から墓参りに訪れる人の姿があった。
秋の彼岸の中日は祖先を敬い亡くなった人々をしのぶ日。山口県周南市の緑地公園にある大迫田墓地公園でも線香を手向けて先祖に手を合わせる人の姿が見られた。4連休最後となる秋分の日は、多少薄雲が広がる程度で穏やかな天気が続き、最高気温は各地でおおむね平年並みにとどまった。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるとおり、この先は、もう夏の厳しい暑さが戻ることはなく、順調に秋が深まっていく見通し。

山口2020.09.22 19:54

4連休最終日、マリンスポーツを満喫

山口県光市ではマリンスポーツを体験するイベントが開かれた。

光市や下松市から30人が参加した海と渚の自然体験フェスティバル。参加者は全員ライフジャケットを身に着けクルーザーや操船が簡単なヨットに乗ってマリンスポーツを体験した。このイベントは海と日本プロジェクトの一環として県セーリング連盟が毎年7月の海の日に合わせて行っているもの。ことしは新型コロナウイルスの影響で、2か月遅れでの開催となった。サーフボードの上に乗って
海面を進むサップでは参加者対抗のレースも行われた。参加者はボードの上から落ちないようにバランスを取りながら、ペアで協力して懸命にボードを前に進めていた。参加者の数を減らすなど例年よりも規模は縮小されたが親子や兄弟で4連休の最終日を楽しんでった。

山口2020.09.22 19:49

周南市・市民との懇談会開催へ

山口県周南市では市民との協働によるまちづくりを進めようと藤井市長と市民との懇談会を開く予定で現在、参加者を募集している。

懇談会は去年4月の市長選挙で掲げた「市民の声を聞くまちづくり」との公約に生かすためのもので周南市では現在、参加者を募集している。今年度中に3回から4回の開催を予定していて対象は市民で構成される団体または市内で活動を行っている団体に所属している人。参加者は1回につき10人程度に限定する。1回目は11月5日、「女性が生き生きと活躍できる社会」をテーマに意見交換を行う予定。藤井市長は「少子高齢化社会において女性の力が重要でまちづくりには女性の目線は外せない、周南市が住みやすくより魅力のある街になることを願い最初にこのテーマとした」と話している。1回目の参加者は10月15日まで、募集していて周南市「市民の声を聞く課」、電話0834-22-8808で受け付けている。

山口2020.09.22 19:47

ゴミ拾い日本一を目指して

高校生のゴミ拾い日本一を決めるスポGOMI甲子園の山口県大会が周南市で開かれた。

周南市の緑地公園で開かれたスポGOMI甲子園山口県大会には県内の高校から7チーム21人が参加した。日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環として去年から行われている。スポGOMI甲子園とは燃えるゴミは100グラムで10ポイント、ペットボトルは100グラムで50ポイントなど集めたゴミの種類や量で与えられるポイントを競う大会。制限時間は1時間。参加者は競技エリアとなった公園の中を目を凝らして歩き回り、中にはオリジナルのゴミ箱を持参するなどそれぞれのチームが楽しみながらゴミを拾っていった。競技の結果、萩高校のチームが優勝し、ことし11月22日に開かれる全国大会に出場することになった。

山口2020.09.22 19:47

久しぶりの大会に汗

県障害者陸上競技大会が22日、山口県山口市で開かれ、東京パラリンピックへの出場を目指す選手たちも久しぶりの大会に汗を流した。

山口市で開かれた県障害者陸上競技大会には県内の総合支援学校やスポーツ団体などで競技をしているおよそ100人が参加した。新型コロナウイルスの影響により、ことし5月には県障害者スポーツ大会が中止となっていて、障害者陸上の公式試合は、ことし初めての開催となる。女子100mと200mに出場した八木明歩選手は去年、日本パラ陸上競技選手権200mで優勝し東京パラリンピックへの出場を目指している。およそ13ヶ月ぶりの公式試合は41秒42でゴール、八木選手は「コロナで練習できなかったことを考えたら出来はよかった方と思っている」と話している。大会では砲丸投げや走高跳の競技も行われ、選手たちは、久しぶりの公式試合に汗を流していた。

山口2020.09.22 19:43

鳥取砂丘 連休最終日も多くの人でにぎわう

鳥取砂丘の名物、ラクダのライド体験には、多くの人が並ぶ様子が見られた。並んでいる人は「すごい大人気だよね。初めて乗るので私たち(家族)楽しみ」と話していた。
4連休初日から、にぎわいが続いていた鳥取砂丘。最終日の22日も大勢の観光客が訪れ、三密を防げる開放的な環境を楽しんでいた。
訪れた人は「こんなに人がいるとは思わなかった」、「観光業の方は大変だったと思うので、三密回避しながらこうやって来るのもいいのかなと思う」等と話していた。
4連休最終日は、砂丘前の道路で渋滞は見られなかったが、駐車場は満車に近いほど多くの車が止まっていた。

鳥取2020.09.22 19:38

新しい観光を 遊覧船で日の出楽しむツアー

新しい観光を生み出そうと、遊覧船で海に出て、自然の中で日の出の風景を楽しむツアーが松江市で行われた。
ツアーは地方創生を目指す松江市の企業などが新しい観光資源としての可能性を探るために開催した。松江市は宍道湖に沈む夕日が有名だが、1日の始まりには中海から昇る朝日を船で楽しんでもらおうという試み。出発から約1時間後、空や水面をオレンジ色に染めながら太陽が昇ってくると歓声があがっていた。
参加者は「感動の一瞬。生きててよかった。きょうの日はたぶん、一生忘れないと思う。だんだんだね」と話していた。ツアーの主催者は、「手ごたえを感じることができた」とし、今後なるべく早く事業化を実現したいとしている。

島根2020.09.22 19:38

鳥取空港に「コナン」の新コーナー登場

鳥取空港で人気漫画「名探偵コナン」の新しい装飾がお披露目され た。鳥取空港では「名探偵コナン」に関連したオブジェなどの展示物が利用客やファンから人気となっていて、約2年に1度、装飾をリニューアルしている。今回は壁画やトイレの扉のデザインなどが一新されたほか、原作の中で主人公たちが通った米花保育園をモチーフにしたキッズコーナーも完成した。また、歴代の単行本に描かれたイラストを楽しめるミニライブラリーも新たに設けられ名探偵コナンの歴史を体感することができる。
鳥取県空港港湾課の谷課長補佐は「ファンの方はもちろん喜んでもらえると思うし今コナンファンじゃない人でもコナンに魅力を感じてもらえるんじゃないかな、鳥取空港にも魅力を感じてもらえるんじゃないかなと思っている」と話す。
新たに鳥取空港に加わった「名探偵コナン」の魅力は、国際線ターミナルで楽しむことができる。

鳥取2020.09.22 19:37

水木ロードにもにぎわい GoTo効果も

境港市にある水木しげるロードにも大勢の人が訪れ、観光を楽しんでいた。新型コロナ対策として入館制限を行っている水木しげる記念館では、入り口付近に長蛇の列が。GoToトラベルキャンペーンを利用した人も少なくなく全国各地から観光客が訪れていた。
新型コロナの影響で長い間、閑散としていた水木しげるロード。この4連休のにぎわいで活気が戻っていた。お店の人は「この4連休は、おかげさまで以前のような賑わいが。(観光客の)皆さんも喜んでやっと外に出られるかなという感じで。もっと早く(コロナに)終息してもらいたいと思う」と話していた。

鳥取2020.09.22 19:35

呉海軍関係者らが追悼式

戦争で亡くなった海軍関係者の追悼式が呉市で行われた。呉海軍墓地で行われた追悼式には遺族や海上自衛隊の関係者らおよそ500人が集まった。毎年、秋分の日に行っている追悼式は、50回目となる。ことしは新型コロナウイルス対策で参列者は例年の半数となった。

墓地には戦艦大和の乗組員をはじめとする海軍の関係者13万人以上の御霊が眠っている。父を亡くした女性は「立派にみんななって孫もだから安心してくださいと(伝えた)」「また来年も来たいと思う」と慰霊した。遺族の高齢化も進み、今後の継承も課題になっているという。

今年は呉海軍墓地創設130年大和や青葉、伊勢など海軍関係の犠牲者の合同追悼式付近の長迫小学校の児童らも参加した。

広島2020.09.22 19:21

熊野町「筆まつり」ネット配信で

全国一の筆の産地安芸郡熊野町では秋分の日に「筆まつり」が行われるが今年は、感染防止でネットを活用している。

使い古された筆を火で焚き上げる恒例の「筆供養」…今年、観客の姿はない。全国の筆の8割を生産する熊野町では「秋分の日」に「筆まつり」が行われ毎年、5万人の人出でにぎわう。

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で一帯での筆の販売やイベントが中止となった。そこで、初めて企画されたのがネット配信だ。時間ごとに内容が異なり書道パフォーマンスや化粧筆のメイクレッスンなども楽しめる。

熊野筆事業協同組合の城本健司常務理事は「(私たちの)筆に対する気持ちが全国のみなさんに伝われば」とイベントにかけた思いを語ってくれた。ネット配信は27日までだ。

広島2020.09.22 19:16

4連休最終日 広島スケッチ 観光地にぎわう

4連休最終日のきょう、広島市の原爆資料館には長い行列ができるなど県内の観光地は多くの旅行客などで賑わった。

原爆資料館には午前8時半の開館前から200人以上が列を作った。資料館では感染対策のため入館できる人数を30分あたり150人までに制限している。連休中はほとんどの時間帯で上限に達したという。

旅行者からは様々な声が聞かれた。
滋賀県から旅行者は「子どもが修学旅行でここに来る予定だったけどコロナで来られなくなった。GoToトラベルだからだいぶ安くなった」埼玉県から旅行者は「人混みははちょっと怖いけど手洗いうがいをしっかりして」と気を付けながらの旅を楽しんだ。

秋の花が見ごろを迎えた庄原市の備北丘陵公園には4日間で、およそ2万人が訪れた。連休中は230万本のコスモスが楽しめるイベントと、サンフレッチェ広島の応援イベントを同時に開催。新型コロナウイルスの感染拡大後、初めての大きな催しだ。

観光で訪れた親子は…子「大きく咲いているところがきれいだ」父「マスクが大変だけどこうやって花を見ると元気が出るというか心が癒やされるね」と自然に親しむ。備北公園管理センターの幡司賢さんは「たくさんの方に来園頂いてうれしい限りではあるんだが心配の中でということで広い公園なのでゆっくりしてもらえたと思う」とイベントの安全にも気を配る。

一方、JR広島駅には大きな荷物を抱えた家族連れなどの姿が多く見られた。東京都から帰省した父は「コロナ禍なのでいろいろ気を遣ったけどお好み焼きが食べられてよかった」子「宮島に行って楽しかった」別の東京都から帰省した親子は…子「墓参りとかコストコに行った買い物したのが楽しかった」母「お盆は(感染者が)すごかったので我慢して、今帰らないとまた1年帰れないと思った」

JRの担当者によると、外出自粛が呼びかけられた今年のゴールデンウィークに比べると、利用客は増えているものの去年の半分以下にとどまっているという。

広島2020.09.22 19:14

広島市 新型コロナ スーパー銭湯でクラスター

広島市で新たに8人が新型コロナウイルスに感染した。このうち7人は、広島市安佐北区の「スーパー銭湯ゆーぽっぽ」で行われた大衆演劇の劇団員と観客で、広島市は、クラスターと認定した。一連のクラスターでは、あわせて劇団員6人、観客3人の感染が確認されている。

観客は、今月9日から20日までの舞台を鑑賞しており、広島市は、体調不良などあればコールセンターまで連絡してほしいとしている。

広島市新型コロナウイルス感染症コールセンター082ー241ー4566 県内の感染者数はのべ487人に

広島2020.09.22 19:00

高齢者が参加 交通安全教室

死亡事故に占める高齢者の割合が全国的に高まる中、高齢ドライバーの交通安全意識を高めてもらおうと今日、玉野市の自動車教習所で体験型の教室が開かれました。

秋の交通安全運動に合わせて開かれたものです。参加したのは玉野市などに住む65歳以上のお年寄り50人で、実際に安全運転サポート車に乗って、ペダルを踏み間違えた時の急発進を抑える機能や自動ブレーキの性能を体験するなどしました。

岡山県内では今年に入って昨日までに50件の死亡事故が起きています。この内、半数が65歳以上の運転者によるものだと言う事で、こうした教室を通じて交通安全意識を高めてもらえたらと話しています。

岡山2020.09.22 15:12

彼岸の中日 墓参り 静かに手を合わせ…

22日は秋分の日、彼岸の中日。山陰各地の墓地では朝から墓参りに訪れる人が見られた。
このうち鳥取市の丸山墓苑でも朝早くから花や水を手にして墓参りをする人の姿が見られた。訪れた人たちは、墓石を磨いたりするなど墓を丁寧に掃除し花を供え線香をあげ、静かに手を合わせていた。墓参りに訪れた人は「今私たちがあるのはご先祖様のおかげなので当然いま生きている者の務めとしてお参りをさせていただいた」と話していた。

鳥取2020.09.22 12:52

敬老の日に火の用心の贈り物

敬老の日の今日、岡山市ではお年寄りの健康と火の用心を呼びかけるイベントが行われました。

このイベントは高齢者への「住宅用火災警報器」の普及に向けて岡山市消防局が敬老の日に合わせて企画したものです。

岡山市の洋菓子店では65歳以上のお年寄りに市消防局のマスコット桃之介がプリントされた保冷バッグとケーキのセットがプレゼントされました。

岡山市消防局によりますと、住宅火災における死者のおよそ7割が高齢者ということで、市消防局は引き続き、警報機の取り付けと火の用心を呼びかけていくとしています。

岡山2020.09.22 12:13

全日本BMX 岡山勢が男女V

来年の東京オリンピックで正式種目となるBMXフリースタイルパーク。

岡山市で開かれている全日本選手権は、きょう決勝戦が行われ、男女ともに岡山ゆかりの選手が優勝を飾りました。

宙を舞う自転車、華麗な技が会場を沸かせます。

岡山市役所駐車場で行われた全日本BMXフリースタイルパークの決勝戦です。

新型コロナの影響で主要大会が相次いで中止される中、迎えた今年初の全日本選手権で、観客の入場を制限するなど感染防止対策が講じられました。

全国から集まった選手たちの中で、多くのファンを魅了したのは女子注目、地元、岡山市に本拠地を構える大池水杜選手です。

空中で両手を大きく広げるフリーハンドをはじめ、スーパーマンなど初披露の大技で連覇を果たしました。

また男子には、環太平洋大学の中村輪夢選手が登場。

セブンツー・トゥ・テールウイップの大技を初披露するなど、こちらも他を寄せ付けず、みごと連覇を達成。

来年へ大きな弾みを付けました。

ともに地元岡山でアベック優勝を果たした大池選手と中村選手。

来年の東京オリンピックに向けいっそうモチベーションをあげていくと話していました。

岡山2020.09.22 12:12

コロナ収束願い 高校生が奉納揮毫

きょうは国連が定めた国際平和デーでもあります。

岡山県護国神社ではコロナの収束と世界平和を願って地元の高校生たちが奉納揮毫を行ないました。

奉納揮毫は名古屋市の活動団体が全国51か所で同日開催したものです。

岡山県では岡山南高校など2つの高校の書道部が参加し、南高の1、2年生16人は縦3メートル、横4メートルの大きさの紙の上で曲に合わせて舞いながら息の合った筆さばきを披露しました。

きょうは香川県の琴平高校書道部も同じように奉納揮毫を行ない、コロナの早期収束を祈願したと言う事です。

岡山2020.09.22 12:11

広島市で廃材など保管の倉庫燃える火事

火事があったのは広島市安佐北区深川の倉庫。
22日午前7時11分ごろ付近の人から「倉庫が燃えている。山に燃え移るかもしれない」と消防に通報があった。
消防が消防車9台を出して活動したところ、火は2時間半後に消し止められた。この火事で倉庫1棟が全焼したが、他には燃え移らずけが人はいなかった。
警察によると、倉庫は廃材など不要なものを保管していたという。警察と消防で出火原因を調べている。

広島2020.09.22 11:59

竹久夢二で感じる 日本の秋

美人画で知られる岡山県出身の画家、竹久夢二が生まれ育った瀬戸内市の夢二生家記念館で、秋をテーマにした企画展が開かれています。

瀬戸内市の夢二生家記念館は、竹久夢二が生まれてから16歳まで過ごした所で、蔵を改装した展示室には秋を感じさせる美人画や風景画など、およそ30点が展示されています。

新月の下で砧を打つ女性を描いた作品は、ふるさとの母親を思って描いた夢二の郷愁の思いが込められています。作品は、夢二が少年期を過ごした岡山を思わせる風景が描かれ、見る側がどこか懐かしい思いに浸れるのも企画展の見どころです。この企画展は12月13日まで開かれています。

岡山2020.09.22 11:16

防府天満宮 裸坊やおんな神輿が中止に

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、毎年11月に行われている防府天満宮の裸坊の奉仕やおんな神輿が中止になった。

 防府天満宮の御神幸祭「裸坊祭」は、無実で左遷された菅原道真の御霊を慰めるための神事。毎年、白装束に身を包んだ裸坊たちが神輿を担ぎ、道真が上陸したとされる勝間の浦の御旅所に向かう。
 防府天満宮によると新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ことしは11月28日から2日間、規模を大幅に縮小して神職だけで御神幸祭が行われる予定で、裸坊の奉仕やおんな神輿は中止するという。マスク着用などの感染予防策をとれば当日の参拝は可能で、防府天満宮では3密を避けて祭りを盛り上げる方法を考えていくとしている。

山口2020.09.21 19:40

山口県内の満百歳以上の高齢者は1365人

 山口県内で今年度、満百歳を迎える高齢者は、6年連続で増加し680人となった。また、満百歳以上の高齢者は1365人とこちらも過去最多となっている。

 山口県長寿社会課によると、今年度、満百歳を迎える高齢者は大正9年(1920年)4月1日から大正10年3月末までに生まれた人たちで、去年より75人多い680人となった。男性は85人、女性は595人で、2015年度から6年連続で増加していて過去最多となっている。
 また、9月15日時点の満百歳以上の高齢者は、去年より163人多い1365人となり、こちらも過去最多となっている。県内の最高齢者は、男性は防府市の江川修策さん107歳で、女性は111歳だが住所と名前は非公表。

山口2020.09.21 19:40

湊山球場ありがとう!67年の歴史に幕

かつて球児たちの熱戦が繰り広げられてきた米子市の市営湊山球場が、22日閉鎖されるのを前に最後となる記念試合が行われた。
高校野球やプロ野球など数多くの熱戦の舞台となった湊山球場。米子城跡の史跡公園の整備に伴い、いよいよ67年の歴史に幕を下ろす。21日、閉鎖を前に最後の記念試合が行われ、地元のスポーツ少年団と「米子錦海クラブ」が、対戦した。平均年齢68歳の米子錦海クラブのメンバーはかつてこのグラウンドでプレーした元高校球児。世代こそ違うが、それぞれ球場への思いを胸に熱のこもったプレーを披露していた。
長年市民にも親しまれてきた球場とあって別れを惜しんで駆け付けた市民の姿も見られた。また、バックネット裏では高校時代にこの球場で熱戦を繰り広げた今は亡き星野仙一さんのパネルや市民から寄せられた高校野球の写真なども展示されていて訪れた人達は、足を止めて見入っていた。
長い歴史を刻み、多くの球児や市民の思い出や熱い思いが詰まった湊山球場。閉鎖となる22日は、市民に無料開放される。

鳥取2020.09.21 19:39

4連休 山口県内の観光地は

 コロナ禍の4連休。山口県内の観光地に訪れた人たちは、マスクの着用や密を避けるなど新型コロナウイルスの感染防止対策をとりながら連休を満喫していた。

 国の名勝・長門峡。天気に恵まれた21日は阿武川沿いの遊歩道をウォーキングしたり、川で水遊びを楽しんだりする子どもの姿があった。午前10時ごろ、道の駅「長門峡」の駐車場は満車に。訪れた人たちは、マスクの着用や密を避けるなど新型コロナウイルスの感染防止対策をとっていた。
 国宝・瑠璃光寺五重塔がある山口市の香山公園にも久しぶりの家族との再会を楽しむ人の姿があった。静岡から帰省した人は「コロナ禍でなかなか帰ってこれず、両親も心配だったので様子を見に帰ってきた」と話していた。また、園内を散策したり、五重塔を背景に写真を撮ったりする人の姿も見られた。

山口2020.09.21 19:37

松江城 緊急事態宣言以降で最多の来場者

4連休3日目の21日、島根県有数の観光地である松江城もコロナ禍とは思えないほどの賑わいを見せた。松江城にはこの連休中、1日あたり2000人が訪れていて、緊急事態宣言以降では最も多い数となった。
東京からの観光客は「前から来てみたいと思っていたのと、空いているのではと思って」。また大阪からの観光客は「(コロナ禍での旅行は)初めて、楽しいけどマスクしないといけないので今までとは違う」と話した。
そして、船頭によるガイドや歌を楽しみながらお堀を巡る堀川遊覧船も多くの人が利用していた。
堀川遊覧船のスタッフは「(忙しいのは)ありがたい。みなさん待ちに待って、この連休を楽しみにしておられたと思う」とうれしそうに話していた。

島根2020.09.21 19:36

山口県下松市 長~い木の風呂

 9月21日は「敬老の日」。山口県下松市のレジャー施設では長寿を祝うイベントが行われている。

 温泉の湯舟に浮かんでいるのは長~い木。長い木と一緒に入って長生きしてもらおうと企画されたイベントが、下松市のくだまつ健康パークで行われている。この丸太は世界遺産・熊野古道がある三重県で切り出されたヒノキで、長さは1.5m、重さは18キロもある。利用者は浮かべられたヒノキの丸太との珍しい混浴を楽しんでいた。
 くだまつ健康パークの北谷博幸支配人は「コロナ禍でなかなか思い切って遊びたいという気持ちが起こらない中で、少しでも楽しんで頂ければ」と話していた。
 ヒノキの丸太は男女それぞれの温泉の大浴場に6本ずつが浮かべられていて、ヒノキの香りを楽しみながら入浴できる。この長~い木の風呂のイベントは、22日までくだまつ健康パークで開かれている。

山口2020.09.21 19:34

山口県 新型コロナ感染者2人目の死者

 山口県は新型コロナウイルスに感染し入院していた、60代の男性が死亡したと発表した。県内での感染者の死亡は2人目。

 山口県健康増進課によると、亡くなったのは県内に住む60代の男性。男性は新型コロナウイルスに感染し県内の病院に入院してい たが、21日に亡くなった。県は遺族の意向により詳細については公表しないとしている。山口県内での感染者の死亡は、9月9日に初めて80代の女性が亡くなっていて、今回の男性は2人目となる。

山口2020.09.21 19:33

福山2900万円強盗 男2人を逮捕

今年2月、福山市内の民家から多額の現金が強奪された事件で、現金を運んだなどとして、21日、男2人が逮捕された。

「盗品等運搬」などの疑いで逮捕されたのは、大阪府豊中市の無職、岩田孝太容疑者(22)と、福山市の無職、身野康信容疑者(48)だ。

警察などによると、身野容疑者は福山市坪生町の介護士の女性の資産情報を、何者かにSNSで提供…。
その後、別の男が今年2月、女性宅に宅配業者を装って侵入し、女性の両手を粘着テープで縛り、カッターナイフを突きつけて、顔面を複数回蹴るなどの暴行を加えた上、金庫にあった現金およそ2900万円を奪った疑いだ。

また、岩田容疑者は同じ日に、兵庫県明石市の雑居ビル内で何者かから依頼を受け、強奪した現金をJR新大阪駅まで運んだ疑いだ。

一方、警察はこれまでに、実行役である当時大学生の鈴木駿太被告ら2人を「強盗致傷」などの罪で起訴していたことを明らかにした。
鈴木被告らは、犯行への協力を呼び掛けるSNSの募集に応じており、警察は「闇サイト」でつながったグループの犯行とみて調べている。

広島2020.09.21 19:13

コロナ禍がきっかけ… 呉駅近くに新たな商店街を設立

JR呉駅の東側で営業する飲食店などが、新たな商店街組織を設立した。
コロナ禍への対策も取り入れながら、賑わいのある街づくりを目指す。

JR呉駅の東側にある通りに、新たな商店街として設立したのは「駅よこ0番地商店街」。
参加したのは、飲食店を中心に、理容院やバイク店など16店舗だ。
商店街設立の発起人で、弁当販売の「山崎家」の店主・河野さんも、通りの賑わいに期待を寄せる。

■駅よこ0番地幹事長 山崎家河野元春さん
「今は個々が自分の店のためだけにやっていたけど、今度はここら一帯を盛り上げるために、みんなが協力しようと。」

きっかけは、コロナ禍…。
店舗内での「3密」を避けるため、呉市がオープンスペースとして、店先の歩道の活用を推進したことだった。
しかし、感染予防策だけでなく、気軽に立ち寄ってもらえる空間作りに注目。
参加店舗を募ったところ、多くの賛同があったことから、新たな商店街の設立を決めた。

■駅よこ0番地副会長くれ星製麺屋・板倉一雄さん
「ずっと下を向いていたんだけど、昔みたいに、みんなで助け合えるような商店街になったらいいなと思う。」

今後は、商店街一帯を使った催しの開催などで、活性化を目指すとしている。

広島2020.09.21 19:00

敬老の日 100才の名誉市民をお祝い

敬老の日の21日、福山市では100歳となった名誉市民のもとを市長が訪問し、祝福した。

福山市の枝広市長が訪問したのは、6月1日で100歳となった松本卓臣さんだ。
福山商工会議所会頭などを務めた松本さんは、福山市の産業や活性化に貢献したとして、2003年に名誉市民となった。

福山市には、今年度100歳を迎える人が、7月末時点で182人いる。

広島2020.09.21 18:59

岡山県内100歳超え1627人

岡山県内の100歳以上の高齢者は1627人で、30年連続で過去最多を更新した事がわかりました。

岡山県のまとめによりますと、県内に住む100歳以上の高齢者は今月15日時点で1627人で、去年より206人多く、30年連続で過去最多を更新したという事です。

男性が170人で女性が1457人で、市町村別では岡山市が482人、倉敷市が309人などとなっています。

県内の最高齢は久米南町の直原千代さん111歳です。

一方で65歳以上の割合を示す岡山県の高齢化率は30.2パーセントで、全国平均の28.4パーセントを上回っています。

岡山2020.09.21 17:03

広島市で新たに3人 新型コロナ感染確認

広島市で21日、新たに3人の新型コロナウイルスの感染が確認された。
感染が確認されたのは、50代から70代の3人だ。

広島市によると、50代の2人は前日に発表された80代の感染者の同居家族で、そのうちの1人は広島市中央卸売市場東部市場内の事業者の従業員だという。

この従業員はマスクと手袋を付け、仕分けや加工作業をしていた。市場は共用部分を消毒するなどし、通常通り取引を行うことにしている。
広島県内の感染者はのべ479人となった。

広島2020.09.21 14:43

経営者など対象に 消毒作業の講習会

新型コロナウイルス対策として企業の経営者などを対象に消毒作業の講習会が松江市で行われた。
この講習会は、島根県中小企業家同友会が企画したもので、地域に消毒を請け負う業者が多く存在しないことから会員同士連携して消毒作業ができるようになることを目的としている。この日は、事業所内で感染者が出たことを想定し、防護服の正しい脱着方法や作業道具の使い方などを学んだ。
野津代表理事は「(感染者が発生した時)経営が一日も早く再開できて営業が再開でき、企業存続がちゃんとはかっていけるということが一番の目的」と話す。
受講者は、消毒作業ができるコロナバスターズとして認定され、今年中に100人程度の認定を目指すという。

島根2020.09.21 12:16

10月閉鎖に リス舎で最後のふれあい

10月で閉鎖することが決まっている倉吉パークスクエアのリス舎では、多くの人が最後のふれあいを楽しんでいる。
倉吉市の倉吉パークスクエア内にあるオープンケージには10匹ほどの二ホンリスがいて秋に恒例となっている一般公開ではケージ内に入ってリスを観察することができる。しかしこのリス舎は、周辺で県立美術館の建設工事が始まるのに伴い、10月で閉鎖することが決まっていて、ここでリスが見られるのは今年が最後。
訪れていた人は「ちょっと寂しいね。(譲渡先の神戸市立王子動物園で)元気に楽しく過ごしてくれたら」と話していた。
一般公開は10月11日(日)まで、土日祝日の午後1時~3時に行われている。

鳥取2020.09.21 12:14

広島市安佐南区 機械部品工場で火事

20日夜、広島市安佐南区のコベルコ建機・沼田工場で火事があった。

午後8時50分頃「炎は未確認だが数回爆発音が聞こえた」と工場の警備員が通報。消防車13台が出動し約1時間後に鎮火した。

工場内にある大型の冷凍庫などが燃えたという。けが人はいなかった。出火当時、工場は稼働しておらず作業員もいなかったという。

広島2020.09.21 12:04

敬老の日 長寿の動物をお祝い

敬老の日の21日。広島市の安佐動物公園ではキリンやライオンなど5種類の動物の長寿を祝う表彰状を入り口に掲示した。

なかでも1971年の開園から飼育されている2羽のチリーフラミンゴは推定で52歳以上。フラミンゴの寿命は40年から50年ほどと言われているが病気もなく元気な姿をみせている。

来園者は「ピンク色でかわいかった」や「これからも長生きしてほしい」と話していた。

安佐動物公園では先着500人にご長寿動物の写真が付いたポケットティッシュが配られ敬老の日の主役をPRした。

広島2020.09.21 11:58

連休2日目 温泉旅館にも多くの宿泊客

4連休2日目の20日、松江市の玉造温泉の旅館にも多くの宿泊客が訪れている。
玉造温泉では新型コロナの影響で宿泊客が大幅に減少していたが、この連休中はにぎわいが戻ってきている。84の客室がある玉造グランドホテル長生閣では、この連休中はすべて満室となっているという。
松江市からの宿泊客は「松江市内から(地元に)貢献しようということと、少し贅沢できたら」と話した。
宿泊客の中には県内在住者が購入できる「しまねプレミアム宿泊券」を利用する人もいて、普段とは違った形の旅行を楽しむ姿も見られた。

島根2020.09.20 19:47

やまぐちジビエフェスタ

 野生動物の食肉・ジビエをもっと身近に感じてもらおうと、山口市でジビエフェスタが行われた。

 ジビエフェスタは、農林業被害対策として捕獲されたシカやイノシシの活用方法を広く知ってもらおうと開かれた。会場ではイノシシの肉を使った角煮丼などが振る舞われた。試食した参加者は「イノシシの角煮丼は豚肉よりもおいしかった。ほろほろしてて」と話していた。
 ジビエフェスタではこのようなジビエの試食のほか、シカの皮革を使ったレザークラフトのワークショップも行われた。イベントを企画したのは、レザークラフトの商品化を進めている山口市の地域おこし協力隊員、中岡佑輔さんだ。
 山口県では農林業被害防止のため、イノシシやシカなどが毎年2万頭以上捕獲されているが、実際にジビエとして流通しているものは1割以下。また皮革が利用されているものは1%未満だ。中岡さんは今後もジビエフェスタを開催していきたいとしている。

山口2020.09.20 19:13

船から転落か 大久野島沖で男性が不明

19日、広島県竹原市の大久野島沖で無人の小型船がみつかり、船に乗っていたとみられる70代の男性が行方不明だ。
20日も捜索したが、発見には至っていない。

19日午後1時10分ごろ、「無人の小型船がゆっくり旋回している」と、近くを通りかかった貨物船の船長から通報があった。
呉海上保安部によると、船を管理しているのは豊田郡大崎上島町に住む74歳の男性で、何らかの原因で海に転落したとみられる。
男性の家族によると、19日の朝、「一人で船に乗って釣りに行く」と告げ、自宅を出たという。
呉海上保安部などが、20日も日没まで一帯を捜索したが見つからなかった。

広島2020.09.20 19:07

広島ドラゴンフライズ 宮島で必勝祈願

来月のプロバスケットボールB1リーグの開幕を前に、20日、広島ドラゴンフライズが必勝を祈願した。

選手やスタッフは2、宮島の厳島神社で必勝を祈願した。
昨シーズンは、B2で40勝7敗と、圧倒的な強さで西地区優勝。クラブ初となるB1リーグ昇格を決めた。
今シーズンは新たに3選手が加わり、B1リーグでの上位進出を狙う。

朝山正悟キャプテンは、「全てが挑戦になるシーズンだと思う。思いきり、この舞台(B1)で全てを出し切る。そんなシーズンにしたい」と語った。

広島ドラゴンフライズは10月3日、敵地・大阪で開幕を迎える。

広島2020.09.20 18:27

メモリアルカップ・柔道

 山口県独自の高校生のための大会・メモリアルカップの柔道競技が、19日に萩市で行われた。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、選手は試合以外はマスクを付け、試合中は大きな声を出さないことなどが求められた。男子団体決勝は、全員3年生の高川学園Aと、1・2年生で構成された高川学園Bの対戦だった。大将戦、高川学園Aはキャプテンの中村選手。対するBチームは1年生の曽根選手だ。中村キャプテンは開始1分、一瞬の隙をついた。押さえ込みで見事1本勝ち。3年生チーム高川学園Aが優勝を飾った。また女子の団体戦も、高川学園Aが優勝を果たしている。

山口2020.09.20 15:21

福山市で民家全焼 2人がやけど

20日朝、福山市沼隈町で住宅が全焼する火事があった。

火事があったのは福山市沼隈町常石の住宅だ。
消防によると、午前9時前、「建物が燃えている」と付近の住民から通報が相次いだ。
消防車5台が出動し、2時間後に消し止めたが、木造2階建ての住宅およそ150平方メートルが全焼した。
隣接する住宅などの一部も焼けた。
警察によると、出火当時、この家に住む30代の男性が家におり、火事の騒ぎに気付いて戻ってきた60代の母親と逃げる際、2人が足にやけどを負ったという。
現場近くには造船所や小学校などがあるが、それらへの延焼はなかった。

広島2020.09.20 12:21

【山口県】地元特産品を使った商品で地域に元気を

地域に元気を届けようと、地元の特産品を使った菓子などを販売するイベントが山口県岩国市の菓子店で始まった。
岩国市の菓子店「錦果楼」の22周年を記念して19日に始まったイベントでは、市特産の「岸根栗」を使った新作のお菓子や、郷土料理の岩国寿司の即売会など、盛りだくさんの内容となっている。地元の特産品を使った商品を販売することで、地域を元気づけようと、錦果楼を運営するあさひ製菓が企画した。あさひ製菓の濵岡賢次統括部長は「岩国市全体が経済的に非常に厳しい状況になっていると思う。楽しいイベントを開催して、地元の人に楽しんでもらい、県外の人にも来てもらうのは意義があると思い開催した」と話していた。22周年にちなんですべてのケーキが22%引きになるほか、菓子や特産品の詰め合わせ福袋も限定販売されている。「錦果楼22周年祭」は、9月22日まで開かれている。

山口2020.09.19 19:22

【山口県】音楽文化向上を 一流音楽家が指導

一流の音楽家から指導を受けるワークショップが19日から山口県宇部市で開かれている。
ワークショップは、地域の音楽文化の向上や世代を超えた交流などを目的に、19日から3日間の日程で行われる。講師を務めたのは、岩国市在住で日本フィルハーモニー交響楽団の首席ヴァイオリン奏者を務めた石井啓一郎さんと、妻でピアニストの啓子さん。初日の19日は、プロの演奏家やアマチュアなど県内の小学生から60代までの、あわせて18人が参加し、一流音楽家の指導を受けた。参加者は、「表現や音の質などについて指導していただけるので、すごく勉強になる」と話していた。ワークショップは20日も行われ、参加者は21日に宇部市内のホールで開かれるコンサートで練習の成果を披露する。

山口2020.09.19 19:22

4連休初日 久々ににぎわい戻る

シルバーウイーク初日は天候にも恵まれ、山陰を代表する観光地などでは、久々に賑わいが戻ってきた。このうち、新鮮な地元野菜が並ぶ鳥取市の農産物直売所には朝から多くの買い物客が訪れていた。店の一角では、彼岸花を販売していて、熱心に花を選ぶ人の姿も見られた。一方、鳥取県を代表する観光地・鳥取砂丘でも開放的な気分を味わおうという観光客で、連休初日から賑わいを見せてい た。中には、GoTоキャンペーンを利用して訪れたという県外からの観光客もいた。砂丘すぐそばの駐車場も満車状態になるなどいつもの連休の光景が戻りつつあった。

鳥取2020.09.19 18:42

広島クリエイターのデザインTシャツ展示会

新型コロナの影響で活動の場が減った写真家やイラストレーターたちによりデザインされたTシャツの展示会が広島市内で開かれている。

カラフルな気球や、街の写真があしらわれたデザイン…広島市中区の広島アンデルセンに飾られたTシャツは、市内で活動する写真家やイラストレーターなどがデザインしたもの。新型コロナウイルスの影響で仕事が減ったクリエイターの作品をより多くの人に見てもらおうと写真や映像の制作を手掛ける会社が企画。およそ60人がデザインしたTシャツ200種類が並ぶ。

企画したライフマーケット元圭一さんは「僕たちのデザインとか写真とか、イラストレーションとか、そういったもので世の中を少しでも元気にできれば」と展示会に込めた思いを語ってくれた。

展示会は、広島市中心部の5か所を会場に今月27日まで開かれている。

広島2020.09.19 18:11

4連休スタート 移動活性化 観光地も増

新型コロナによる自粛規制が徐々に緩和される中19日から4連休がスタートした。

JR広島駅では朝から帰省客や観光客の姿が多く見られた。関西から息子を迎えた父親は息子と自粛規制が緩和され初めての再開に…「9か月ぶりか。でかくなっててびっくりした。違う人かなと思ったら息子だった」とほおを緩めた。また大学再開で県外へ出発した大学1年生は「今から大学の方へ帰る。普通に楽しみだ。まだ友達とか少ないので作りたい」と明るく話した。

一方、原爆資料館では30分あたり150人までの制限を設け見学者を受け入れている。京都からの観光客は「広島の方が京都より観光客の方がいそうな感じがする」という。原爆資料館の4連休の予約は一部の時間帯を除き十分空きがあるという。

広島2020.09.19 18:07

廿日市市 犬の散歩中ひかれ男性死亡

18日夜廿日市市の市道で犬の散歩中だった男性が軽自動車にはねられる事故があった。男性は頭蓋骨骨折などで死亡した。

事故があったのは廿日市市前空3丁目の市道だ。18日夜8時半過ぎ犬の散歩中だった67歳の男性が軽自動車と衝突。さらに男性はそのはずみで反対車線で右折待ちをしていた別の軽自動車にも衝突した。はねられた男性は頭蓋骨を折るなどで死亡が確認された。

車を運転していた2人にケガはなかった。最初に衝突した軽自動車を運転していた60歳の女性はJR前空駅に家族をむかえに行く途中で後に衝突した49歳の男性は帰宅途中だった。

現場は信号のない片側1車線の交差点で警察が事故の原因について捜査をしている。

広島2020.09.19 12:22

境港市の医療従事者が新型コロナ感染

鳥取県は18日、新たに1人新型コロナウイルスへの感染が確認されたことを発表した。鳥取県内では36例目の感染確認。感染が確認されたのは、境港市に住む50代の女性で済生会境港総合病院に勤務する医療従事者。鳥取県によると、済生会境港総合病院には鳥取県西部で発生した建設業クラスター関連の新型コロナウイルス陽性者4人が今月12日に入院。女性は翌13日にそのうちの1人の検査の介助を個人防護具を着用して行ったという。女性は17日に37.4度の発熱と吐き気の症状が出たため仕事を休み、18日にPCR検査を受けたところ陽性が確認された。現在、入院協力医療機関に入院していて、症状はないという。女性の濃厚接触者は、職場関係者と家族の13人でそのうち11人はPCR検査で陰性を確認。19日に残る2人のPCR検査が行われる予定。済生会境港総合病院では、18日から救急外来と新規入院を中止し、4連休明けの23日も外来診療と健康診断を中止することを決めた。医療従事者の新型コロナウイルス感染確認は鳥取県では初となる。

鳥取2020.09.19 00:03

GoToEatキャンペーン飲食店募集開始

飲食業界を支援する国の事業「GoToEatキャンペーン広島」に参加する飲食店の募集が始まった。

「GoToEatキャンペーン広島」は、1万円分の食事券を8000円で販売することで、飲食店での消費を促する。18日から、この「食事券」を利用できる店舗の募集を開始…。県内で2500店舗を集め、75億円分の「食事券」を販売する予定だ。

参加できるのは、国のガイドラインに基づく感染防止対策に取り組む店舗に限り、接待を伴う店などは対象外だ。事務局のJTB広島支店営業第一課岡花大樹グループリーダーは「このキャンペーンを通じてみなさんの気持ちが前向きになるように事務局としてしっかりとバックアップしていきたいと思う」とキャンペーンに期待する。今月24日と25日には、広島市と福山市で飲食店向けの説明会が開かれる。

広島2020.09.18 20:41

1人で4年10万筆超 核廃絶署名活動 忍岡妙子さん

平和公園で観光客らに被爆の実相をガイドしている女性が、核兵器廃絶を訴える署名を4年かけて10万筆以上集めた。

署名を集めたのは広島市に住む忍岡妙子さんだ。忍岡さんは小学校の教師として平和教育をしていた経験から退職後は平和公園の碑めぐりのガイドや被爆体験伝承者として活動している。

2016年からは毎日のように原爆ドームの前に立ち「ヒバクシャ国際署名」を集めている。署名は18日までで10万7700筆にのぼる。忍岡妙子さんは「ちょっとでも足を止めてここは平和について考えていく場所だと感じてもらえたらそれもありがたい」と署名活動に込めた気持ちを語る。

署名は県被団協に届けられ、全国で募った署名とともに来月国連へ提出される予定だ。

広島2020.09.18 20:36

コインランドリーに相次ぐ異業種参入

コインランドリー事業への注目が高まっている。異業種から参入もあり、その狙いと、最新のコインランドリー事情を取材した。

18日、広島市佐伯区五日市にオープンしたコインランドリー。中四国で初めてとなる最先端の洗濯機が並ぶ。導入されている洗濯機はタッチパネル式の最新型のもので、だに退治のオプションをつけることができるし柔軟剤も3種類の中から選ぶことができる。

ワンタッチで洗濯物の中身を見えなくする機能も付いている。また、専用のアプリでスマートフォンと洗濯機を接続するとパネルを触らずに操作できコロナ禍でも安心だ。

この店は「サニクリーン中国」によるはじめてのコインランドリーだ。クリーニングサービスなどで培ったノウハウを生かそうと参入した。朝から雨が降ったきょうは子育て中の主婦などがさっそく訪れていた。

コインランドリー向けの洗濯機を納品している山本製作所によるとここ5年で受注数はおよそ1.5倍に増えておりコインランドリーの人気が高まっているという。

客は「天気が悪い時に洗濯物が乾かないので洗濯物がすごく沢山あるので」またほかの客は「携帯にあと何分だよとお知らせが来るのはすごくいいなと思った」と新しい店のサービスに満足した様子。

軽自動車を販売するダイハツ広島販売もコインランドリー事業に参入だ。19日、西風新都店の隣に開店する。顧客の7割が女性であることからコインランドリーに注目し、車の点検などの待ち時間を有効活用してもらう狙いだ。洗濯終了のお知らせを電話で受けられるサービスもある。進化を続けるます便利になるコインランドリー。今後も増加の勢いは止まりそうにない。

広島2020.09.18 20:31

河井被告公判 「口裏合わせ」要求か 県議証言

河井被告夫妻による買収事件で、きょう、証人として出廷した広島県議が案里被告から渡された現金について「あれなかったことでいいよね」と口裏合わせを求めるような電話があったと証言した。

きょうの案里被告の裁判には、平本徹広島県議が出廷した。県議選中の演説会に案里被告が来た後、平本県議の妻が「『案里さんからこれを渡せと言われた』と白い封筒を見せていた」と現金30万円の受領を認めた。

「あぶないお金だと思った」「私も近くにいたのになんで妻に渡したのかという憤りをおぼえた」とも証言。また、去年12月には案里被告から電話があり、「『平本さんあれなかったことでいいよね』と言われた」「口裏合わせだと感じた」と証言した。

証人尋問中には、案里被告が小さな声で笑い、注意される場面もあった。

一方、きのう出廷した下原県議は報道陣に改めて裁判で証言した内容を説明したが、詳細は避けた。下原康充県議は「検察から会見等々も含めて止められている。支持者、有権者の皆様に大変なご迷惑をかけたこと慙愧に堪えない次第です。心からお詫びを申し上げたいと思う」と記者に答えた。

また、おととい出廷した奥原県議はきょうから始まった県議会本会議を欠席した。久しぶりに姿を現したのが、渡辺県議。克行被告からの現金受け取りを認めるも「寄附金」だと主張している。体調不良で欠席していた議会に半年ぶりに出席した。報道陣からの問いかけには…

渡辺典子県議と記者のやりとり
Qどういった思いで(証人として)出廷しているか
「弁護士の方に言ってもらってもらいたい」

そして13人が現金を受け取ったとされる広島市議会でも動きが。公明党と市民連合の2会派が13人全員に対し議会の場で説明することを求める決議案を提出した。これとは別に議員辞職勧告決議案を出す動きもあり、市議会最終日の25日にどちらも審議される。議会事務局によると、「このような事態はおそらく初めて」という。一連の事件にまつわる混乱は続いたままだ。

広島2020.09.18 20:25

福山市老舗大衆食堂「稲田屋」 閉店惜しみ大行列

福山市中心部の商店街にある大衆食堂が、来週100年余りの歴史に幕を下ろす。長年親しんだ味を求めて、多くの人が、連日行列を作っている。

午前10時半、福山市の商店街に出現した行列…。その目的は、食堂「稲田屋」だ。「閉店」を聞きつけた人たちが、午前11時の開店目指して、駆け付け開店前に70人が列をなした。

名物は、醤油と砂糖。そして秘伝のタレでホルモンを甘辛く煮込んだ「関東煮」や、牛や豚など6種類の肉が乗った「肉丼」だ。福山駅前に創業したのは1919年だった。現在の場所に移ってから空襲の被害を受けたが、間もなく再建…。庶民の味として親しまれていた。

午前5時から仕込み作業をするのは5代目の店主・稲田社長だ。働きづめの40年で、体は限界に達していた。更に、コロナ禍も重なり、今月23日の昼の営業で、暖簾を下ろすことにした。稲田正憲社長は「いつか人間は引退しなきゃいけないし、全部そのままでいけるということはまずないと思う。『うまい』と言わせてみせると、それができたら最高だったと思うけど、まあできたかどうかわからないね。それは。」と語る。

本来は、昼と夜に営業しているが、きょうは開店から1時間20分で完売…。利用客からは、閉店を惜しむ声が聞かれる。「(就職直後に)工場長が食べ行こうや飲み行こうやいうて連れてきてもらったのがここなんだよ。是非行かにゃいけんいうてね。」他の客も「家族で何かあるとすぐここに来ようというのがみんなの合言葉だったので、いいとこだったのでなくなるのはとてもさびしい。」と店とともに作られた想い出に浸る。

大正から令和までの1世紀を、駆け抜けてきた食堂・稲田屋…。稲田社長は、この味を引き継いでくれる人をこれから選ぶことにしている。

広島2020.09.18 20:12

錦帯橋をバイクで渡橋の男性が損害賠償金支払う

ことし7月、山口県岩国市の国の名勝・錦帯橋をバイクで渡った男性が市に損害賠償金を約3万2000円を支払った。錦帯橋のタイヤ痕はこれまでに全て消えているという。
この事件はことし7月、岩国市に住む男性が錦帯橋をバイクで渡り橋板にタイヤ痕をつけたもの。男性は警察に対し「SNSに投稿するため」などと動機を話していて、罰金20万円の略式命令を受けた。岩国市によると、男性は16日市に損害賠償金3万2000円余りを納付したという。損害賠償金は事件後、調査にあたった職員などの人件費に対するもの。事件直後、錦帯橋では橋板322枚にタイヤ痕が付着していたが、今月1日の調査時点で全て自然に消滅したことがわかり、岩国市はタイヤ痕の除去にかかる費用を男性に求めていない。

山口2020.09.18 20:11

江島氏が経産副大臣に

菅内閣の副大臣・政務官人事が行われ、山口選挙区選出の江島潔参議院議員が経済産業副大臣と内閣府副大臣に就任することになった。
江島参議院議員は、17日夜、加藤官房長官から副大臣就任の電話を受けたという事で、18日夕方官邸に入った。江島議員は、2013年に参議院山口選挙区の補欠選挙で初当選し現在2期目、2015年には第3次安倍内閣の国土交通大臣政務官を務めた。これから経済産業副大臣・兼・内閣府副大臣としてコロナ禍で衰弱した日本経済の立て直しや福島復興の現地対策にあたることになる。

山口2020.09.18 19:38

全国高校サッカー鳥取県大会組み合わせ

第99回全国高校サッカー選手権鳥取県大会の組み合わせが18日決まった。大きく2つに分けたブロックのうち1つでは、大会11連覇を目指す米子北と鳥取東がシード。その米子北は、初戦、倉吉西と八頭の勝者と対戦する。一方、もう一つのブロックでは境と米子工業がシード。さらに県総体代替大会の準決勝で米子北に勝利し、西部地区優勝を果たした米子東も同じブロックに入った。大会は10月17日(土)に開幕し、順調に日程が進めば、決勝戦は11月1日(日)にAxisバードスタジアムで行われる予定。

鳥取2020.09.18 19:36

乳児殺害・母親に懲役6年の判決

去年10月、山口県周南市で生後間もない乳児を殺害したとして殺人の罪に問われていた母親の裁判員裁判。山口地方裁判所は18日母親に対し、懲役6年の判決を言い渡した。
判決を受けたのは周南市須々万本郷の会社役員・二家本佳代子被告42歳。判決などによると二家本被告は去年10月、自宅に隣接する倉庫で前の夫との男の子を出産。その後、出産を家族に知られたくないと思い、男の子の首などを両手でつかみ頭部を複数回、木材に打ちつけ殺害した。18日、山口地裁で開かれた判決公判で小松本卓裁判長は「前の夫との子であることなどを考慮しても出産に関して被告が家族に相談することは困難な状況にはなかった」と認定。それにも関わらず、被告は「家族に相談することなく、男の子を殺害することを決意していて、犯行に至る経緯にやむを得ない事情があるとはいえず、厳しい責任非難が妥当」などとして懲役6年を言い渡した。検察側の求刑は懲役10年だった。

山口2020.09.18 19:32

対策して 松江市の中学校 体育館で運動会

松江市の中学校で、運動会が行われた。例年の運動会とは違い、感染症対策に配慮した上で生徒たちは、各競技に汗を流した。
18日、松江市総合体育館で行われた松徳学院中学校の運動会。中高一貫校の松徳学院は、毎年、高校と合同で、学内のグラウンドで開催しているが、今年は新型コロナウイルスや熱中症対策として、初めて屋内、そして中学校単独で実施した。
競技は、生徒同士が距離を開け、密にならないよう、対策が施されている。各競技が終わるごとに、生徒たちは、手や使った道具を拭き、除菌対策も念入りに行っていた。
玉入れも、3チーム同時で競うのは密になるため、1チームずつ、しかも玉を入れる人数は例年の半数である9人に絞って行われた。さまざまな制限がありながらも参加した約80人の生徒は気持ちよい汗を流していた。生徒は「コロナの中でいい思い出があんまりなかったのでこういうスポーツ大会ができてとてもうれしかった」と話していた。
また、観覧できるのは3年生の保護者のみで、子どもたちの中学校最後の運動会を見守っていた。
いつもとは違う、今年の運動会。生徒たちは、さまざまな対策の中、スポーツの秋を堪能していた。

島根2020.09.18 19:29

鳥取大丸に東急ハンズが期間限定オープン

鳥取市の百貨店に、19日、豊富な品ぞろえで人気の雑貨店「東急ハンズ」が開店する。
鳥取市にある鳥取大丸の特設会場で19日から開催されるのが、「東急ハンズトラックマーケット」。キッチン用品やバス用品健康雑貨など、約3000種類の商品が並ぶ。新型コロナウイルスの影響を受ける中、お客さんに楽しさを提供したいと鳥取大丸が7月に出店を打診し、わずか2か月で実現。19日のオープンを前に、準備が大詰めを迎えていた。
今回の出店では、マスク関連の衛生用品を20点以上扱っている。また、東急ハンズの直営店でしか手に入らない、オリジナルブランド商品やこだわりの化粧品やタオルなどが並ぶ。
鳥取大丸の高井良さんは「周っていて、面白いなって物が沢山あるので、特に目的なく来ていただいてもこれがあったら家の時間が楽しくなるなっていうものがそろっている。少しでも鳥取の方が、おうちの中で笑顔になれば」と話す。
この「東急ハンズトラックマーケット」は19日から来年3月まで約半年間、開催される。

鳥取2020.09.18 19:28

大山グルメ楽しんで アンテナショップ開店

大山寺参道沿いに18日オープンしたのは、鳥取県西部の特産品などを販売するアンテナショップ。
店内には、大山周辺で収穫された日南町産のトマトや日野町産のしいたけなど地元の特産を活かした30種類の加工商品などが販売されている。
大山乳業の牛乳や地元産の竹炭を使い、砂糖菓子をちりばめた「星空ジェラート」や大山寺の住職も開発に参加した「だいせん参り名物権現だんご」などがあり、訪れた買い物客はここでしか味わえない大山グルメを楽しんでいた。
地域商社大山時間の権田部長は「(農産品などは)大山の恵みをたくさん受けているので生産者の方がこだわりを持って商品としてつくっている。しっかりと大山エリアの魅力を伝えたいと思っている」と話していた。

鳥取2020.09.18 19:27

出雲弁のラジオ体操 完成したCDを寄贈

誰もが知っているラジオ体操の音声を『出雲弁』にしたCDが完成し松江市に寄贈された。
出雲弁のラジオ体操は「出雲弁保存会」が県内にある制作会社と製作したもので、17日収録したCDが松江市に寄贈された。誰もが子どものころから慣れ親しんだラジオ体操の力で、失われつつある方言への関心を呼び起こし伝承へと結び付けていこうという狙い。ラジオ体操第一は、宍道町周辺の出雲弁。そして、第二は松江の城下周辺の出雲弁が使われている。
松江市ではCDを公民館などに貸し出して利用してもらうことにしている。

島根2020.09.18 19:26

マンドリルの赤ちゃん公開

5頭目の家族が産まれ賑やかになった。山口県周南市の徳山動物園で産まれたばかりのマンドリルの赤ちゃんが公開されている。
徳山動物園では今月8日にオスのマンドリルの赤ちゃんが産まれ翌日から公開されている。コロナ禍で不安な日が続く中明るい光のような存在になって欲しいと飼育員が“ヒカル”と名付けた。徳山動物園のマンドリルはこれで5頭となる。マンドリルは中央アフリカ西部の熱帯雨林に生息するサルだ。母親のロマンのお腹にしっかりとしがみついているかわいい姿を見ることができる。マンドリルは暖かい場所に生息しているためこれから冬にかけては暖房が効いた部屋で見ることができるという。

山口2020.09.18 17:56

サイバー犯罪への対処訓練

サイバー犯罪への対処訓練が18日、山口県宇部市で行われた。
県内のインフラ事業者や警察官など112人が参加しオンラインで行われた訓練。山口県警サイバーテクニカルアドバイサーを務める川口洋さんが考案したシステムを使い、ショッピングサイトにサイバー攻撃が発生したという想定で行われた。訓練は、20チームに分かれて行われた。サイバー攻撃で売り上げが下がらないように不正アクセスやサイト内容の改ざんなど次々と発生するサイバー攻撃に対し防御策を考える。参加者はチームで状況を確認しながらパスワードを変更したり攻撃対象者からの通信を遮断したりしてサイバー攻撃に対処していた。県警では、県内の重要インフラ事業者などに対しセキュリティー強化を呼びかけていて今後も訓練を実施していくことにしている。

山口2020.09.18 16:38

新型コロナの影響で中小企業66%が売上高減少と回答

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で山口県内の中小企業の66%が売上高が減少したと回答したことが県中小企業団体中央会の調査でわかった。
県中小企業団体中央会が従業員300人以下の800事業所を対象にことし7月1日に行った実態調査には423の事業所が回答した。新型コロナウイルスの感染拡大による経営の影響について売上高が減少したと回答した事業所は66%にのぼり取引先・顧客からの受注減少が44%、資金繰りが困難も17%あった。売上髙減少と回答した事業所を業種別にみると印刷関連が100%、食料品が86%、運輸業が81%などとなった。従業員などの雇用環境の変化については労働日数を減らした従業員がいると答えた事業所と、子どもの休校のため休んだり遅刻・早退をしたりした従業員がいると答えた事業所がそれぞれ17%あった一方、特に変化はないと回答した事業所が63%にのぼった。感染対策として実施した労働環境の整備については時短勤務の導入が11%、テレワークの導入が9%にとどまった。県中小企業団体中央会では「今後も新型コロナウイルスの感染状況をみながら事業者の意見を吸い上げ中小企業への支援策を県や全国中央会を通じて国に要望していきたい」としている。

山口2020.09.18 16:26

新型コロナ長門市「人権擁護条例案」を提案

新型コロナを巡っては感染した人や医療従事者に対する差別や偏見が問題となっている。山口県の長門市議会には18日、新型コロナウイルスに感染した人などの人権を守るとする条例案が上程された。
長門市の江原市長は「市民、事業者、市が一丸となり、感染症に関連した人権の侵害を未然に防止するとともに人権の侵害による被害に適切な対応を行い、もって人権が尊重された心豊かな地域社会を実現するため条例を定める」と述べた。条例案では、まず新型コロナウイルスに感染した人や医療従事者、またその家族に対する誹謗中傷が、インターネットや会員制交流サイトを中心に広がっているとし、こうした行為は決してあってはならない、などとしている。その上で市民の責務として市などが発信する情報をもとに正しい知識を持つことなどを定めている。罰則規定はない。新型コロナ感染症について、人権に関わる条例案が議会へ提出されたのは、県内で初めてだ。江原市長は、「今のところ市内で感染者はいないが、条例により、もしも感染者が確認された場合に備えたい」などと話している。この条例案は、来月5日に採決される。

山口2020.09.18 16:14

高校生川に転落し死亡

17日夜、山口県和木町で友人と川沿いの遊歩道を歩いていた男子高校生が川に転落し、死亡した。
17日午後9時すぎ和木町瀬田の小瀬川沿いで男子高校生が友人と歩いていたところ何らかの理由で川に転落した。一緒にいた友人が家族に連絡し、警察や消防が捜索にあたったところ、約40分後に転落したとみられる地点から約9メートル下流の川底で、心肺停止状態の男子高校生を発見、病院に搬送されたが、午後11時前に死亡が確認された。死亡したのは岩国市今津町に住む17歳の男子高校生。岩国警察署によると死亡した高校生は友人と共に川沿いの幅2、5メートルの遊歩道を歩いていて、前を歩いていた友人が「ドボン」という大きな音がしたため振り返ったところ川に転落している高校生を発見したという。2人はスマホのゲームをするため現地にいて、事故は帰宅する際に起きたという。現在、警察と消防で詳しい事故の原因を調べている。

山口2020.09.18 16:01

広島県議会 新型コロナ対策含む補正予算案審議

広島県議会・9月定例会の本会議が開会。新型コロナウイルスの対策費222億円を含む、一般会計で約334億円の「補正予算案」が提案された。主なものは、医療従事者への支援金として12億5100万円。また、収益の悪化がつづく公共交通機関の支援に、38億4600万円を充てている。可決されると、年間の累計で過去最大となる約1兆2400億円の予算額となる。

広島2020.09.18 11:52

岸氏が防衛相に初入閣

安倍内閣が16日総辞職し、約7年8か月続いた長期政権が幕を閉じた。16日発足した菅内閣には、山口県の山口2区選出の岸信夫さんが防衛大臣として初入閣した。
安倍前首相は「経済再生そして国益を守るための外交に1日1日全力を尽くしてきた。この間様々な課題に国民とともにチャレンジすることができたのは私の誇り。厳しい時も苦しい時も支えていただいたすべての皆様に心より感謝申し上げたい」と述べた。2012年から続いた第2次安倍政権は、約7年8か月続き、憲政史上最長となったが、安倍前首相は先月末、自身の体調問題を理由辞意を表明。16日午前の臨時閣議で、全閣僚の辞表をとりまとめ安倍内閣は総辞職した。職員から花束と拍手を贈られ、官邸を後にした安倍前首相。第2次政権発足以降の連続在職日数は2822日。通算の在職日数は3188日といずれも歴代最長として幕を閉じた。16日召集された臨時国会では、安倍政権を官房長官として支えた菅義偉総裁が第99代内閣総理大臣に選出された。本会議終了後、菅総理は早速、組閣作業に着手した。山口2区選出の岸信夫衆議院議員のもとには、午後3時50分、防衛大臣として入閣を告げる電話がかかっていた。岸さんは、参議院議員として2回、衆議院議員として3回の当選を重ね、これまでに防衛大臣政務官、外務副大臣などを歴任していて今回が初めての入閣となる。岸さんは「山口県には岩国基地がある。岩国以外にも陸海空の自衛隊があるのでそういう意味では国防を担う県と言えると思う。それだけに防衛大臣という仕事、もちろん山口県だけを見るわけではないので、全体を見ていく訳だが、国防を担う重さをしっかり噛みしめていかないといけない」と述べた。16日朝、自宅で祖父の岸信介元総理の仏壇に大臣就任を報告したという岸さん。今後は、地元の米軍岩国基地の問題や、イージス・アショアに代わるミサイル防衛のあり方など安全保障政策の最前線でその手腕が問われることになる。

山口2020.09.16 19:51

9月県議会開会

9月山口県議会が16日開会し新型コロナウイルス対策を盛り込んだ総額179億円の補正予算案が提案された。
9月県議会には一般会計の総額が179億円の補正予算案など17の議案が提案された。補正予算案のうち新型コロナウイルス関連は126億円。感染拡大の防止としてインフルエンザの流行期に想定される1日最大4000人の発熱患者に対応するための検査装置の導入や新型コロナとインフルエンザが同時に流行する事態を避けるため小学生以下の子どもが無料でインフルエンザの予防接種を受けられるように県が全額負担する経費などが盛り込まれている。村岡知事は県内経済について「この感染症を巡る状況は不確実性が高いため、それが企業や家計のマインドに与える影響を含めて、今後の動向を注視する必要があるとされていて、私としては引き続き今後の経済情勢等を踏まえながら適切に対処していく考え」と述べた。9月県議会は今月23日に代表質問があり来月5日まで20日間の日程で行われる。

山口2020.09.16 18:20

ドローンで堤防を点検

山口県防府市の山口河川国道事務所では台風などによる水害に備え佐波川の堤防などの点検を毎年行っている。16日は初めてドローンを使い普段は人の目が届かない場所の点検も行われた。
山口河川国道事務所では毎年台風などの時期に合わせて佐波川の河口から約26キロ上流までの区間で堤防や護岸、橋の点検を行っている。これまでは目視での確認を行っていたが、今回初めてドローンを導入し川の中心にある橋脚など人の目が届かない場所の点検も行った。また、点検する場所にあわせて小型や中型のドローンを使い分けるという。点検は17日まで行われる。

山口2020.09.16 18:19

F-35B追加配備「大きな影響を与えるものでない」

山口県の米軍岩国基地に最新鋭ステルス戦闘機F-35Bを追加配備する計画について、岩国市や県は16日、「生活環境に大きな影響を与えるものではない」との見解を示した。
米軍岩国基地には来月以降、最新鋭のステルス戦闘機F-35B約16機が配備される計画。常駐するFA18ホーネット約12機を更新するもので、岩国の米軍機は4機程度増える見込み。国は14日、機種更新前後の騒音予測コンターを地元側に示した。うるささ指数W値70以上のエリアは周防大島町などで増える一方、W値75以上の地域については「大きな変化はない」とし、「市街地側への影響は大きくないと認識している」などと説明している。また機種特有の問題点については「必ず改善を行うなど適切な対応が講じられ運用されている」としている。国の説明を受け、県や岩国市は生活環境への影響について整理し、16日の県議会の基地議連役員会などに示した。それによると、「全体としては騒音に与える影響は小さい」、「飛行の安全に影響する問題はないと国も確認している」などとし、「F-35Bへの機種更新は基地周辺住民の生活環境に大きな影響を与えるものではないと考えられる」と結論づけている。岩国市議会では今月24日に全員協議会を開き防衛省の担当者が出席して説明や質疑が行われる予定で、福田市長は「内容を聞いたうえで総合的に判断する」と話している。

山口2020.09.16 18:17

徳山大学公立化有識者会議で検討始まる

山口県周南市の徳山大学の公立化について検討する有識者検討会議の初会合が16日開かれた。有識者検討会議は学識経験者や地元商工団体など10人の委員で構成されている。
徳山大学の公立化は周南市の藤井市長が去年の選挙戦で公約のひとつに掲げていた。16日は、最近の大学を取り巻く環境として18歳人口が減少しても逆に、公立と私立の大学数は増加傾向にあることや、直近10年間で公立化した大学は、志願倍率が上昇傾向にあることなどが報告された。徳山大学の入学者数は現在、県外出身者と留学生で全体の7割程度を占めていて、直近5年でも入学定員280人に対し周南市出身者は20人以下、県内出身でも70人から100人程度となっている。会議では今後、新学部などの設置や経営状況などについて検討し今年度中にあと4回開催して来年2月に、報告書をとりまとめることにしている。次回は、来月14日に開かれる。

山口2020.09.16 18:13

母親に懲役10年を求刑

山口県周南市で生後間もない乳児を殺害したとして殺人の罪に問われている母親の裁判員裁判で16日検察側は懲役10年を求刑した。
殺人の罪に問われているのは山口県周南市須々万本郷の会社役員・二家本佳代子被告42歳。起訴内容などによると二家本被告は去年10月、自宅に隣接する倉庫で前の夫との間に生まれた男の子を出産した後、首などを両手でつかみ頭部を複数回、木材に打ちつけ殺害したとされている。16日の公判で検察側は二家本被告が「妊娠した子どもを殺害すれば妊娠自体を隠すことができると考え、及んだ自己中心的で身勝手な犯行」などと指摘し、懲役10年を求刑した。一方、弁護側は被告に子どもを育てたいという思いがあったとした上で、「妊娠したことを家族に説明できず、育てていくことへの不安でパニックになっていた」などとして執行猶予付きの判決を求めた。判決は18日言い渡される。

山口2020.09.16 14:28

下関で住宅2棟が全焼、けが人なし

15日夕方、山口県下関市で住宅2棟が全焼したがけがをした人はいなかった。
15日午後5時50分頃下関市東神田町で通行人の女性から「住宅から火が出ている」と消防に通報があった。消防車など12台が出動して消火活動を行い火は約1時間50分後に消し止められた。この火事で木造平屋建ての住宅2棟が全焼した。けがをした人はいないという事だ。警察と消防で16日、実況見分を行い火が出た原因を調べる予定。

山口2020.09.15 20:16

新型コロナ特別授業「差別、偏見をなくそう」

新型コロナウイルス、山口県内ではこれまでのべ194人の感染が確認されている。感染者や医療従事者に対する差別や偏見をなくそうと15日、山口県宇部市の中学校で特別授業が行われた。
宇部市の上宇部中学校で行われた特別授業は日本赤十字社が作成した感染拡大を防ぐ啓発資料をもとに進められた。生徒は、担任の教師から新型コロナウイルスに対する不安や恐れが原因で感染者や医療従事者に対する差別や偏見が生まれると説明を受けた。生徒は新型コロナウイルスに対して不安や恐れを抱かないためにどうすればいいかを考え、視野を広くする、ニュースで正確な情報を知るなど様々な意見を出し合っていた。県内では今月12日以降、新たな感染者の発表はないが生徒たちは、これから一人一人ができることから実践していくことにしている。感染拡大の防止、また感染者や医療従事者に対する差別や偏見をなくすためには社会全体で取り組むことが大切。

山口2020.09.15 17:45

殺人の罪に問われた母親が起訴内容認める

去年10月、周南市で生後間もない乳児を殺害したとして殺人の罪に問われている母親の裁判員裁判が15日山口地方裁判所で始まり母親は起訴内容を認めた。
殺人の罪に問われているのは周南市須々万本郷の会社役員、二家本佳代子被告42歳。起訴内容などによると、二家本被告は去年10月、自宅に隣接する倉庫で男の子を出産した後、首などを両手でつかみ頭を複数回、木材に打ちつけ殺害したとされている。15日の初公判で、二家本被告は起訴内容を認めた。検察側の冒頭陳述によると、被告は、離婚した二人の男性との間にすでに6人の子どもがおり、離婚後にも、また妊娠したことからそのことを隠そうと殺害したと指摘した。一方、弁護側は起訴内容に争いは無いとした上で、「被告をとりまく家族の状況などを踏まえてほしい」とし、情状酌量を求めた。この裁判は16日結審する予定。

山口2020.09.15 16:20

子育て支援に役立てて

子育て支援に役立てて欲しいと広島市に本社を置くマックスバリュ西日本が山口県下松市に寄付金を贈った。
15日はマックスバリュ西日本の平尾健一社長らが下松市役所を訪れ、国井市長に寄付金の目録を手渡した。寄付金はイオンが全国で取り組んでいる地域振興型電子マネー・ご当地WAONの一つ、「下松市こども未来WAON」の利用金額の一部38万6318円だ。「下松市こども未来WAON」は事前に現金をチャージするプリペイド式のカードで、マックスバリュ西日本では2016年から毎年このカードで支払われた金額の0.1パーセントを下松市に寄付している。下松市では、ことしは出産を控えた夫婦や小学生などを対象にした乳児のおむつ替え体験などに使う沐浴人形を購入している。県内では下松市の他にも山口市や周南市など5つの市にご当地WAONがありマックスバリュ西日本では地元の支援のために多くの人に利用してもらいたいと話している。

山口2020.09.15 13:39

先月の山口県内の企業倒産は5件

新型コロナウイルスの感染拡大の影響などで先月、山口県内で1000万円以上の負債を抱えて倒産した企業は前の月に比べ2件増えて5件だった。
民間の調査会社・東京商工リサーチによると先月、県内で1000万円以上の負債を抱えて倒産した企業は5件で負債総額は1億4500万円だった。業種別では小売業が2件、建設業、サービス業、運輸業がそれぞれ1件で倒産の主な原因は販売不振が3件と半数以上を占めた。新型コロナウイルスの影響で倒産したのは建設業の1件だった。東京商工リサーチでは「緊急融資や金融機関・取引先の返済計画の見直しなどの支援が効果を見せ、コロナ関連破綻の大幅な増加という事態は避けられていて、山口県は8月はやや増えたものの抑制傾向に変わりはない」と分析している。

山口2020.09.15 10:11

山口県山口市・最大規模の経済対策

山口県山口市は新型コロナウイルス感染拡大の防止と市内の消費喚起策として予算総額16億3000万円とこれまでで最大規模の経済対策を発表した。
このうち最も規模が大きいのは、ことし11月から販売を予定している「プレミアム共通商品券」の発行支援で、予算額は6億8300万円となっている。1000円分の商品券13枚が1セットとなっていて、1万円で販売。登録した市内の店舗で利用でき、主に山口市民を対象に販売される予定。また、国の特別定額給付金の基準日となる4月27日より後のことし4月28日から12月末までに生まれた新生児に対し、市独自の特別給付金10万円を給付する。このほかにも、感染拡大防止のため、市が休業を要請した21の公共施設を対象に指定管理者に休業補償を行うことにしていて、予算額を3300万円あまりとしている。この補正予算案は開会中の市議会で審議されている。

山口2020.09.15 10:11

山縣本店が消毒用アルコール200本を贈呈

 新型コロナウイルスの感染症対策に役立ててほしいと、周南市の酒蔵が市に消毒用アルコール200本を贈った。

 14日は周南市の酒蔵・山縣本店の山縣俊郎社長が周南市役所を訪れ、藤井市長に消毒用の高濃度アルコールを手渡した。山縣本店は1875年に創業し、日本酒「かほり」や芋焼酎などを製造している。このたび、新型コロナウイルスの影響を受ける医療機関などの役に立てばと、焼酎造りのための蒸留釜と醸造用のアルコールを使って、手や指の消毒用アルコールを製造した。製造したのはアルコール度数64度と75度の2種類で、周南市にはそれぞれ100本ずつを贈った。周南市では64度のアルコールは市内の小中学校に、75度のものは医師会を通じて病院や介護福祉施設に贈ることにしている。

山口2020.09.14 20:01

山口ペイトリオッツ B3リーグ参加資格第1次審査に合格

 来年のBリーグ参入に大きく前進だ。山口ペイトリオッツはB3リーグの審査会で、参加資格第1次審査に合格した。

 山口県教員団を母体に結成された山口ペイトリオッツは、来シーズンの男子プロバスケットボールリーグ、Bリーグへの参入を目指している。9月10日に行われたB3リーグの理事会で、山口ペイトリオッツは参加資格の第1次審査に合格。来年のB3リーグ参戦に大きく前進した。
 第1次審査は事実上の「参入内定」ということで、今後、来シーズンのB3リーグの日程にも組み込まれることになる。来年5月末までに参加資格の最終審査が行われ、手続きが全てクリアできれば、来年6月にもプロバスケットボールチームとして正式に承認され、B3リーグにデビューすることになる。

山口2020.09.14 20:00

カヌー日本代表足立和也選手 ヤマネ鉄工所属へ

 東京オリンピック、カヌー・スラロームへの出場が内定している、山口県体育協会所属の足立和也選手が長門市のヤマネ鉄工建設に移籍することになり、14日、村岡知事に報告した。

 カヌー・スラロームの足立和也選手は、2012年から萩市を拠点に練習。2015年からは県体育協会に所属していたが、10月からは長門市に本社を置くヤマネ鉄工建設に移籍する。
 足立選手は去年10月の選考レースで東京オリンピック出場権を獲得。今回、金メダルを目指している。
 当面1年ごとの契約となるが、次のパリオリンピックも視野に入れる足立選手にとって、競技や生活面の継続的な支援が期待される。足立選手は11月にフランスで開催されるワールドカップに参戦する予定だ。

山口2020.09.14 19:59

F-35B追加配備の騒音予測は

 アメリカ軍岩国基地に最新鋭ステルス戦闘機F-35Bを追加配備する計画について、国は14日、配備後の騒音予測などを地元に示した。

 アメリカ軍岩国基地には10月以降、F-35Bおよそ16機が配備される計画だ。常駐するFA18ホーネットおよそ12機を更新するもので、岩国のアメリカ軍機は4機程度増える見込みだ。
 計画を受け、岩国市など周辺自治体や山口県は、機種更新前後の騒音予測やF-35Bの事故発生状況などを示すよう国に照会していて、国は14日に地元に回答した。
 国が示した騒音予測図では、うるささ指数W値70以上のエリアは周防大島町などで増えているが、国はW値75以上の地域については大きな変化はなく「航空機は離陸後海側へ旋回するため、市街地側への影響は大きくない」としている。また事故発生状況については、これまでに「最も重大」とされるクラスAの事故が3件発生したと説明。F-35B特有の問題についてアメリカの政府機関などが様々な指摘をしているとしたうえで、「必ず改善を行うなど適切な対応が講じられ運用されている」としている。
 岩国市は周辺環境が悪化する場合、基地機能の変更は認められないとの基本姿勢だ。今回の回答をふまえ、騒音や安全性についてどのような影響があるかを県とともに整理し、今後公表する方針。また岩国市議会は、防衛省の担当者が出席する全員協議会を9月24日に開き、今回の計画について質疑を行う予定だ。

山口2020.09.14 19:58

国勢調査でインターネットでの回答呼びかけ

 5年に1度実施される国勢調査が14日から始まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、国や山口県ではインターネットでの回答を呼びかけている。

 国勢調査は、人口や世帯の実態を把握する最も基本的な統計調査で、日本国内に住むすべての人と世帯が対象となる。調査書類の配布がはじまった14日、山口県庁ではパソコンを繰作し、回答するデモンストレーションが行われた。回答する設問は世帯の人数や性別、職業など16。回答方法は調査員による回収、郵送、インターネット回答の3種類ある。国や山口県では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ことしは調査員と接触しないインターネットでの回答を呼びかけている。インターネットは24時間回答が可能で、国は今回、インターネットでの回答率50%を目標にしている。
 国勢調査のインターネット回答は14日から、調査票での回答は10月1日から7日までとなっている。

山口2020.09.14 19:56

コロナ禍イベントで盛り上げよう

新型コロナウイルスの影響で中止となった「湯田温泉白狐まつり」。その代わりとなるイベントが11月に開かれることになった。
ことし4月に新型コロナウイルスの影響で中止となった「湯田温泉白狐まつり」。その代わりとして「ユダ・カーニバル化かされにおいでん祭」が開かれることになった。13日は、湯田温泉旅館協同組合などの関係者が集まり、まず新型コロナの終息を祈る神事が行われた。イベントは11月1日に湯田温泉にある井上公園と湯田自動車学校の2つの会場で分散して行われるという。会場では、山口市のシンガーソングライターちひろさんのステージイベントやオリジナルマスクの販売、市内のパン屋が出店する地産地消パンフェアなどが行われる予定。

山口2020.09.14 17:56

自民党総裁選挙で県連が予備選挙を開票

自民党の総裁選挙で山口県内の党員による予備選挙の開票作業が12日、山口市で行われた。
自民党の総裁選挙では全国のほとんどの県連で党員や党友を対象にした予備選挙が行われている。自民党山口県連でも今月7日に党員と党友、約2万1500人に投票用のハガキを発送し12日開票作業が行われた。山口県連では最も得票が多かった候補に県連に割り当てられた3票すべてを投票する「総取り方式」を採用している。投票者数はおよそ1万4000人、投票率は6割あまりで県連では得票の割合については公表しないとしている。関係者によると安倍政権の継承を訴える菅義偉官房長官が最多得票となり県連の3票を獲得した。自民党の総裁選挙は14日投開票される。

山口2020.09.13 15:22

リニューアルを記念してマラソンの記録会

ことし4月にリニューアルした山口県防府市のキリンレモンスタジアム陸上競技場で13日市民を対象にしたマラソンの記録会が行われた。
キリンレモンスタジアム陸上競技場のリニューアルイベントとして開かれた記録会には県内から市民ランナー21人が参加。特別講師として中国電力陸上競技部のアドバイザーを務める長門市出身の油谷繁さんが招かれた。2004年のアテネオリンピック男子マラソンで5位に入賞した経験を持つ油谷さんは、肩周りや股関節などを大きく動かすストレッチの大切さを指導していた。市が約2億1400万円をかけて改修した新しいトラックは日本陸連公認となる規格で舗装されている。ランナーたちは心地よい風が吹く中競技場の中と外あわせて5000メートルを自己記録更新を目指して走っていた。13日は地元・防府市出身で中国電力陸上競技部の森宗渚選手も指導に訪れていた。森宗選手は12日広島県で開かれた大会で自己ベストを更新し参加者からあたたかい祝福を受けていた。

山口2020.09.13 13:54

萩市で住宅など3棟全焼、遺体の身元分かる

今月10日山口県萩市で住宅など3棟が全焼し焼け跡から一人の遺体が見つかった。警察は12日遺体はこの家の世帯主の妻だったとが発表しました。
この火事は今月10日午前3時頃萩市の下小川で木造一部2階建ての住宅や車庫など3棟が全焼し、焼け跡から遺体が見つかったもの。萩警察署は12日遺体はこの家に住んでいた保育士の須川恵子さん64歳だったと発表しました。司法解剖の結果死因は焼死の疑いという。夫の眞悟さんはのどや腕にやけどをしたが命に別状はなかった。

山口2020.09.13 13:02

萩市で「献穀米抜穂式」

米の収穫を祝って毎年秋に皇室で行われる「新嘗祭」に献上する稲を刈り取る「献穀米抜穂式」が12日山口県萩市で行われた。
地元の女子中学生も参加してきのう萩市小川地区で行われたのは、献穀米抜穂式。「新嘗祭」は米の収穫に感謝する皇室の神事で、その神事に献上する米を県内では今年、橋本忠男さんが育てていた。この神事は、稲を刈り取る「抜穂」。小川地区は、2013年7月、山口・島根豪雨災害で大きな被害を受けた。橋本さんは、豪雨災害からの復旧復興に力を注ぎ、地元に農事組合法人を立ち上げた。また今回の米作りを地域の活性化に繋げるとしていた。しかし長雨、猛暑に台風襲来と、今年の米作りには、例年以上の苦労があったという。「新嘗祭」は11月23日に行われる。

山口2020.09.13 09:45

防府読売マラソン100日前

ことし12月に開催予定の防府読売マラソンまで100日となった。山口県防府市では売り上げの一部が大会の運営費として寄付される自動販売機が設置された。
ルルサス防府の自動販売機にはゴールテープを切るランナーのシルエットが大きく描かれていて売り上げの一部は防府読売マラソンの運営資金として事務局に寄付される。設置したのは大阪に本社を置く飲料メーカーダイドードリンコで、11日は西日本第一営業部の岩野保アシスタントマネージャーらが視察に訪れた。去年ことしで51回目となる防府読売マラソン。新型コロナウイルスの影響で去年は約3500人だったエントリー数を約450人にするなどことしは規模を縮小しての開催となる。ダイドードリンコでは市民に愛される大会を応援しようとマツダ防府工場内にもすでに3台の自動販売機を設置。今後もできる限り数を増やしたいとしている。岩野保マネージャーは、「自動販売機を通じて多く購入頂いて防府読売マラソンを盛り上げていく一助になれば」と話していた。防府市の池田市長は「多くの市民の皆さんがこれを見てマラソンをやるんだなと思って頂ければ。きょうこれを契機に改めて12月の読売マラソンを必ず成功させたいと改めて決意した」と述べた。防府読売マラソンは12月20日・日曜日に開催予定でKRYではテレビとラジオでレースの模様を実況生中継する。

山口2020.09.11 18:29

新型コロナウイルス新たに1人感染確認

山口県は新たに宇部市の70代女性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。この女性は、10日感染が発表された宇部興産中央病院の医療従事者と同居する母親という。
新たに感染が確認されたのは宇部市の70代の女性。この女性は10日感染が発表された宇部興産中央病院の40代の医療従事者と同居する母親だ。宇部興産中央病院での感染確認はこれで入院患者2人を含め4人となる。県では宇部興産中央病院のスタッフや入院患者の検査を範囲を広げて続けるとともに感染源の調査も進めていてクラスターの発生につながるかどうかは今後の感染の広がりをみて判断することにしている。これで県内の感染確認はのべ194人となり重症者は1人で11日午後3時半現在、調整中を含め42人が入院している。9日防府市の県立総合医療センターの看護師3人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かり一般病棟の一部で入退院の制限をしていたが行政によるPCR検査の結果病棟の入院患者全員の陰性が確認されたため11日から順次再開することになった。

山口2020.09.11 17:33

留置場で自殺未遂の男性が死亡

先月、山口県の岩国警察署で留置中に自殺を図り病院に搬送された男性が、11日、死亡したと警察は発表した。
死亡したのは広島市の40代の男性で、先月27日、拘留されていた岩国警察署で支給された服の一部を破り首を吊っているのが見つかり、病院に搬送されていた。発見当時、男性は意識不明の状態で、きょう午前10時、低酸素性脳症により死亡したという。警察は男性が何の容疑で逮捕・拘留されていたのか明らかにしていない。岩国警察署の藤井丈弘地域官は、「留置場内で自殺を図ったという事実を重く受け止める。死亡された方やご家族にお悔やみ申し上げる」とコメントしている。なお、規定通り巡回が行われ、発見後ただちに救命措置をしていたとして、県警は関係した警察官への処分は行わないとしている。

山口2020.09.11 16:50

山口大学の医学部生を激励

村岡知事は11日、山口県の医師修学資金の貸与を受けて山口大学医学部に入学した1年生を激励した。
知事を訪問したのは県の医師修学資金の貸与を受けてことし4月に山口大学医学部に入学した1年生15人。村岡知事は「地域医療を支える、守るという熱い気持ちを持って勉学に励んでほしい」と激励した。山口県の医師の平均年齢は53歳で全国で最も高くなっている。若手医師の確保に向け2009年度から始まった県の修学資金の貸与は6年間で、月20万円と15万円の2つの枠があり卒業後9年間、知事が指定する県内の医療機関に医師として勤務すれば返還が免除される。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で入学式も無かったという1年生。授業や研修もリモートで行われ不自由な生活となっているが学生たちは前向きな夢を知事に語っていた。

山口2020.09.11 14:03

1億4000万円横領容疑で逮捕

山口県岩国市内のIT関連会社から1億4000万円余りを横領したとして、経理を担当していた女が逮捕された。
業務上横領の疑いで逮捕されたのは、岩国市川下町の無職・萩原鈴香容疑者30歳。警察によると、萩原容疑者はことし2月から6月までの間、経理を担当していた岩国市内のIT関連会社の口座から現金1億4000万円あまりを横領した疑いが持たれている。萩原容疑者はことし7月、会社のキャッシュカードを使って現金635万円を引き出し横領した疑いで逮捕されていた。調べに対し容疑を認めていて、横領した金は「FXの投資に使った」と供述しているという。

山口2020.09.11 12:46

トラックにはねられ高齢の男性が死亡

11日未明、山口県周南市の国道で道路を渡っていた高齢の男性がトラックにはねられ、死亡した。
11日午前1時すぎ、周南市瀬戸見町の国道2号で道路を渡っていた近くに住む無職濱田勝美さん83歳が、防府方面から走ってきたトラックにはねられた。この事故で濱田さんは病院に運ばれたが胸などを強く打ち約1時間後に死亡が確認された。トラックの運転手にケガはなかった。現場は、信号機と横断歩道がある交差点で、濱田さんのものとみられる自転車があった。現在、警察がトラックを運転していた男性に当時の状況を聴くなどして、事故の原因を調べている。

山口2020.09.11 12:40

雲南市の男性職員 関係者など9人陰性

新型コロナウイルスへの感染が21日に確認された雲南市の50代の男性職員について、雲南保健所は男性の家族など9人についてPCR検査を行った結果、陰性だったと発表した。
新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは雲南市役所に勤める50代の男性職員で、島根県ではこの男性職員の接触者などについてPCR検査を行っている。この男性職員は、20日に市役所に出勤。息苦しさを感じ21日に仕事を休み医療機関を受診した。そして、肺炎の症状がみられたため、PCR検査を行い新型コロナウイルスの陽性が確認された。雲南保健所によると、これまでのPCR検査で、男性の家族と、男性が受診した病院の関係者。そして、雲南市の職員など9人が陰性だったという。この中には、雲南市の速水市長も含まれている。一方、この男性職員については、県外を訪れていたかも含め行動歴について島根県と雲南市では確認中として発表をしていない。島根県では雲南市役所の職員82人についても検体を取り、PCR検査を進めている。

島根2020.07.23 19:48

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース